コラム

  • 有村架純『中学聖日記』 熱いファンが支え、批判から高評価へ

    有村架純『中学聖日記』 熱いファンが支え、批判から高評価へ

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)が佳境を迎え、がぜん注目を集めている。婚約者のいる中学校教師と教え子の禁断の恋を描くとあって、当初は批判の声も目立った。批判の対象としては、物語の設定のほかに、有村演じる末永聖の相手役・黒岩晶に抜てきされた新人の岡田健史が「中3には見えない」との声があった。だが、回を重ねるにつれ、その状況に徐々に変化が見られてきたのだ。

    中学聖日記

    有村架純

    岡田健史


  • 霜降り明星、最年少M‐1王者は10代で漫才を披露していた“異端児”

    霜降り明星、最年少M‐1王者は10代で漫才を披露していた“異端児”

    エンタメ

     2日に行なわれた漫才日本一決定戦『M‐1グランプリ2018』(ABCテレビ・テレビ朝日系)を制したのは、26歳のボケ担当のせいやと25歳のツッコミ担当の粗品からなる20代のコンビ霜降り明星だ。2人は共に小学生、高校生という10代の頃から人前で漫才を披露していたという。

    霜降り明星

    ライターコラム

    M‐1グランプリ2018


  • 『下町ロケット』 “俳優・吉川晃司”からにじみ出る渋さとカリスマ性

    『下町ロケット』 “俳優・吉川晃司”からにじみ出る渋さとカリスマ性

    エンタメ

     第2章「ヤタガラス編」では、無人トラクターの開発が描かれる阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。主演の阿部と共に、2015年放送の前作からこのドラマをけん引しているのが、帝国重工の財前道生を演じる吉川晃司だ。2019年には歌手デビュー35周年を迎える彼の、もう1つの顔“俳優・吉川晃司”に迫りたい。

    下町ロケット

    吉川晃司


  • 松田龍平の涙が共感と感動を与えた『獣になれない私たち』

    松田龍平の涙が共感と感動を与えた『獣になれない私たち』

    エンタメ

     俳優の松田龍平が、女優の新垣結衣と共にダブル主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。これまでは新垣演じるヒロイン・晶と田中圭扮する京谷の恋愛模様が物語の中心になっていたが、28日放送の第8話では、松田が演じる恒星の人物像にフォーカス。クライマックスで恒星が見せた涙は、見る者に大きな感動と共感を与えた。

    獣になれない私たち

    松田龍平


  • 橋本環奈、佐々木希、吉岡里帆ら“日本三大美人”女優たちの活躍ぶり

    橋本環奈、佐々木希、吉岡里帆ら“日本三大美人”女優たちの活躍ぶり

    エンタメ

     俗に日本三大美人といわれるのが、秋田美人、京美人、博多美人。いずれも日本海側で、その類の資料をひもとくと、良質な水や日当たりが美白に影響しているとか、それらしき根拠めいたものが書かれていたりもするのだが、日本三大美人が本当なら美人女優の産地になっていてもおかしくないはず。果たして現在、芸能界で日本三大美人は活躍しているのだろうか?

    ライターコラム

    佐々木希

    壇蜜

    加藤夏希


  • 『中学聖日記』岡田健史は年上女性を惑わす“小悪魔男子”か?

    『中学聖日記』岡田健史は年上女性を惑わす“小悪魔男子”か?

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が11月27日に放送された。晶(岡田健史)からのアプローチを拒んでいた聖(有村)が、その愛に引きずられ始めた。そこには、魔性の高校生とも言うべきか、晶の小悪魔テクニックが隠されていた。

    中学聖日記

    岡田健史


  • 『下町ロケット』古川雄大が挑む“やりすぎ”悪役演技に注目

    『下町ロケット』古川雄大が挑む“やりすぎ”悪役演技に注目

    エンタメ

     18日放送の第6話で、第2章「ヤタガラス編」がスタートした阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。新章突入のタイミングでTEAM NACSの森崎博之や甲本雅裕らが演じる新キャラクターが登場。その中でも特に注目したいのが、日本のミュージカル界をけん引する古川雄大の活躍だ。

    古川雄大

    下町ロケット


  • 竹内まりや、デビュー40周年 その魅力が未だ色あせないワケ

    竹内まりや、デビュー40周年 その魅力が未だ色あせないワケ

    映 画

     本日、デビュー40周年を迎えた竹内まりや。そのライブのベストシーンを集めた映画『souvenir the movie~Mariya Takeuchi Theater Live~』が、2週間限定で公開中だ。40年という年月を念頭に置いてこの映画を観ると、デビュー当時からほぼ変わらないと彼女の美しい佇まいと声に、あらためて驚きを覚える人も多いのではないか。

    竹内まりや

    山下達郎

    映画

    ライターコラム


  • 『獣になれない私たち』新垣結衣の“会心の笑顔”の意味

    『獣になれない私たち』新垣結衣の“会心の笑顔”の意味

    エンタメ

     女優の新垣結衣演じるヒロインの“堂々めぐり”の恋の行方に注目が集まってきたドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。21日に放送された第7話では、ヒロインがついに大きな決断を下すことに。そこで新垣演じるヒロインが見せた“笑顔”について考察していきたい。

    獣になれない私...

    新垣結衣


  • 綾瀬はるか、吉岡里帆、倉科カナ…グラビアアイドル出身女優たちの活躍

    綾瀬はるか、吉岡里帆、倉科カナ…グラビアアイドル出身女優たちの活躍

    エンタメ

     きらびやかな芸能界の第一線で活躍中の女優たち。どういうルートをたどって女優になったのかはそれぞれだが、今回はグラビアアイドルから演技の世界へ活躍の場を広げている女優たちをクローズアップしてみた。

    綾瀬はるか

    倉科カナ

    吉岡里帆

    優香


  • 『中学聖日記』有村架純の岡田健史への思いを“カメムシ”から読み解く

    『中学聖日記』有村架純の岡田健史への思いを“カメムシ”から読み解く

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が20日に放送された。この回のキーワードは、「カメムシ」と「IKEA」である。

    中学聖日記

    有村架純

    岡田健史


  • 『下町ロケット』尾上菊之助の“闇落ち”で、今夜からの第2章に期待

    『下町ロケット』尾上菊之助の“闇落ち”で、今夜からの第2章に期待

    エンタメ

     11日放送の第5話で、物語の第1章「ゴースト編」がフィナーレを迎えた阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。物語は第2章へ向けて、一旦の大団円を迎えると思いきや、尾上菊之助演じるキャラクターがラスト5分でまさかの“闇落ち”。多くの視聴者を驚かせる事態となった。

    下町ロケット

    尾上菊之助


  • 『獣になれない私たち』野木亜紀子が“路チュー”で描く男女のギャップ

    『獣になれない私たち』野木亜紀子が“路チュー”で描く男女のギャップ

    エンタメ

     女優・新垣結衣と脚本家・野木亜紀子のタッグが話題の『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。各キャラクターたちのこじれた恋模様や謎が謎を呼ぶストーリー展開も気になるが、何気ない描写にも脚本家・野木の視点や社会分析が盛り込まれていて見逃せない。

    獣になれない私...

    新垣結衣


  • 『中学聖日記』岡田健史、“普通じゃない”魅力と連ドラ大抜てきの理由

    『中学聖日記』岡田健史、“普通じゃない”魅力と連ドラ大抜てきの理由

    エンタメ

     ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で、有村架純演じる教師・末永聖と恋に落ちる中学生・黒岩晶を演じている岡田健史。全くの新人で、本ドラマがデビュー作にもかかわらず「二番手」という大抜てきであること、さらに「19歳の新人俳優が中学生を演じる」ということなどから、放送開始前にすでに大きな話題を呼んでいた。そんな新人ながら、岡田が本作のメインに選ばれた理由をひも解きつつ、彼の“普通じゃない”役者としての魅力に迫る。

    中学聖日記

    岡田健史


  • 『獣になれない私たち』 新垣結衣がメンタル崩壊? シュールな演出で巧みに表現

    『獣になれない私たち』 新垣結衣がメンタル崩壊? シュールな演出で巧みに表現

    エンタメ

     女優の新垣結衣と俳優の松田龍平が主演を務めるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に続く、人気脚本家・野木亜紀子とのタッグが話題の本作だが、第5話では、新垣演じるヒロインのメンタル崩壊を予感させるシーンが描かれた。見る者の目を奪ったシュールな演出に迫りたい。

    獣になれない私...

    新垣結衣

    水田伸生

    ライターコラム


  • 『下町ロケット』 物語を彩る“芸人バイプレイヤーズ”に注目

    『下町ロケット』 物語を彩る“芸人バイプレイヤーズ”に注目

    エンタメ

     企業間の生き馬の目を抜く競争と、物作りに命を懸けた人間たちのドラマを描く『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。多彩な登場人物が繰り広げる群像劇が見どころの本作を盛り上げる原動力となっているのは、意外にもバラエティーや舞台でおなじみの芸人たちだ。

    下町ロケット

    立川談春

    イモトアヤコ

    古坂大魔王


  • 『中学聖日記』 夏川結衣、中嶋朋子に共通する過去の役柄とは?

    『中学聖日記』 夏川結衣、中嶋朋子に共通する過去の役柄とは?

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)。この物語には2人の重要人物が登場する。それが主人公の女性教師・聖(有村)の母親役を演じる中嶋朋子と、生徒・晶(岡田健史)の母親・愛子役の夏川結衣である。2人に共通しているかつての役柄とは?

    中学聖日記

    夏川結衣

    中嶋朋子


  • 『大恋愛‐』ムロツヨシが見せる“新しいイケメン像”

    『大恋愛‐』ムロツヨシが見せる“新しいイケメン像”

    エンタメ

     ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系/毎週金曜22時)で、俳優のムロツヨシが大当たりしている。“ラブストーリーの名手”大石静が脚本を手掛ける王道恋愛ドラマで、主演の戸田恵梨香を相手にまさかの(?)“二枚目”ぶりを発揮しているのだ。

    大恋愛~僕を忘...

    ムロツヨシ

    ライターコラム


  • 『下町ロケット』徳重聡 “21世紀の石原裕次郎”から怪演俳優への脱皮

    『下町ロケット』徳重聡 “21世紀の石原裕次郎”から怪演俳優への脱皮

    エンタメ

     豪華俳優陣の共演や多彩なゲスト出演者の登場で高視聴率をキープしているドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。パート1の大ヒットを受けて、放送前から高い注目を集めていた本作の中で、1番の“伏兵”として視聴者を驚かせたのは、孤高のエンジニアを演じる俳優・徳重聡で間違いないだろう。

    下町ロケット

    徳重聡


  • 『獣になれない私たち』新垣結衣が脱・清純派? 際どいセリフにドキドキ

    『獣になれない私たち』新垣結衣が脱・清純派? 際どいセリフにドキドキ

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、2016年の『逃げるは恥だが役に立つ』に続き、脚本家の野木亜紀子とタッグを組んだドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。行きつけのバーの常連客や、元カノと同棲している恋人、職場の個性的な面々に振り回されるヒロインを時にコミカルに演じる新垣だが、第4話では際どいセリフで“脱・清純派”を思わせる演技を見せつけた。

    獣になれない私...

    新垣結衣


  • 有村架純『中学聖日記』は松嶋菜々子『魔女の条件』と何が違う?

    有村架純『中学聖日記』は松嶋菜々子『魔女の条件』と何が違う?

    エンタメ

     女優の有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が10月30日に放送された。女教師と男子生徒との禁断の恋を描くラブストーリーと言えば、1999年にオンエアされ、高い視聴率を記録した松嶋菜々子、滝沢秀明がダブル主演を務めた『魔女の条件』(同系)を想起させる。2作はどう違うのか触れてみたい。

    中学聖日記

    有村架純


  • 主演作『ヴェノム』公開! 実力派俳優トム・ハーディの軌跡を振り返る

    主演作『ヴェノム』公開! 実力派俳優トム・ハーディの軌跡を振り返る

    映 画

     昨日2日に公開となった映画『ヴェノム』は、実力派として業界内で高い評価を得てきたトム・ハーディにとって、新たなマイルストーンとなった作品だ。ボックスオフィスによると、全米初公開週末の売り上げは8000万ドル(約89億6000万円)と、トムの主演作ではこれまでで最高。現在もトップ5内に君臨しており、まだまだ数字は伸びそうな勢いである。

    トム・ハーディ

    ライターコラム

    ヴェノム

    映画


  • じわじわと人気拡大…ついに4DX上映が実現! 『シャークネード』の軌跡

    じわじわと人気拡大…ついに4DX上映が実現! 『シャークネード』の軌跡

    映 画

     映画『シャークネード ラスト・チェーンソー4DX』が2日より公開される。本シリーズと長く付き合ってきた身としては、いよいよというより、未だに信じられない。なぜなら、一連の『シャークネード』シリーズは、アメリカのケーブルTV局syfy(サイファイ)チャンネルで放送していたテレビ映画。syfyチャンネルは、ホラーやSFなどの作品を得意としており、『シャークネード』は、その中のタイトルのひとつに過ぎず、本国アメリカでも映画館での上映は、一部イベントなど特別な機会のみだった。しかし、ここ日本では単なる上映ではなく、体感型の4DX上映。ただただ驚くばかりである。

    シャークネード...

    アイアン・ジー...

    映画

    続編(映画)


  • 『獣になれない私たち』 “獣キャラ”菊地凛子の本領発揮はこれから?

    『獣になれない私たち』 “獣キャラ”菊地凛子の本領発揮はこれから?

    エンタメ

     女優の新垣結衣が“空気読みまくり”“物分かり良すぎ”なヒロインを演じるドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。公私を問わず全方位に気を配る主人公と対照的なキャラクターとして登場するのが、菊地凛子演じるデザイナーの呉羽。ドラマが中盤に向かって波乱の展開を迎える中、今後は彼女の存在が物語の台風の目になりそうだ。

    獣になれない私...

    菊地凛子


  • 『下町ロケット』 イモトアヤコ、表現力増した“女優”としての進化

    『下町ロケット』 イモトアヤコ、表現力増した“女優”としての進化

    エンタメ

     作家・池井戸潤×TBSの鉄板コラボでファン待望のパート2がスタートした『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)。主演の阿部寛をはじめ、竹内涼真や土屋太鳳ら前作から引き続き登場する豪華キャストも話題だが、パート2から本作に仲間入りを果たしたイモトアヤコの“女優”として進化に注目が集まっている。

    下町ロケット

    イモトアヤコ


ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access