『植物図鑑』『オオカミ少女』勢いのある恋愛映画、好調なのはなぜ?

映画

高畑充希、岩田剛典共演の恋愛映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
(C)2016「植物図鑑」製作委員会

 2014年12月に公開された『アオハライド』の興収19億円を筆頭に、2016年は『黒崎くんの言いなりになんてならない』が12億円、『ストロボ・エッジ』が23.2億円、『ヒロイン失格』が24.3億円、『orange‐オレンジ‐』が32億円、『オオカミ少女と黒王子』が10億円越えと、2015年前後から恋愛小説と少女漫画を元にした映画の好調が目立ち始めた。そして、いま、最も元気なのが『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』だ。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access