市原隼人と成宮寛貴がお互いを称賛、手塚治虫原作の時代劇「陽だまりの樹」で初共演

NHKBS時代劇「陽だまりの樹」に出演する成宮寛貴、市原隼人

NHKBS時代劇「陽だまりの樹」に出演する成宮寛貴、市原隼人

NHKBS時代劇「陽だまりの樹」主演の市原隼人と共演者の成宮寛貴NHKBS時代劇「陽だまりの樹」に出演する成宮寛貴、市原隼人NHKBS時代劇「陽だまりの樹」主演の市原隼人NHKBS時代劇「陽だまりの樹」主演の市原隼人NHKBS時代劇「陽だまりの樹」に出演する成宮寛貴NHKBS時代劇「陽だまりの樹」に出演する成宮寛貴

 NHKBS時代劇「陽だまりの樹」の初回完成試写会と出演者による記者会見が東京・渋谷区のNHK放送センターにて行われ、主演の市原隼人と共演者の成宮寛貴が出席し、それぞれの役柄についての意気込みを語った。当日は、制作統括の後藤高久エグゼクティブ・プロデューサーらも同席。2人のキャスティングについて「市原さんは人と話すときは目をそらさない。目力があって、笑った目が優しくてまさに万二郎そのもの。成宮さんはしっかりしていて、やんちゃで可愛いところが良庵にぴったり」と、自信のキャスティングであることを明かした。

続きを読む »

 本作は、漫画家・手塚治虫が自らのルーツを描いた傑作マンガ「陽だまりの樹」が原作。幕末を舞台に固い友情で結ばれた武士と医者、対照的な2人の若者の生き様を描く。

 主演の常陸府中藩士・伊武谷万二郎役の市原は、時代劇初主演。「素晴らしい原作で、演じることに感謝したい」と前置きしてから、役作りについて「まずは武士道について学びました。武士道は深くて面白い。忠義というものに引き込まれていきました」と熱く語った。市原の作品への思い入れは深く、時代劇での難しい所作や立ち回りも「楽しい!」ときっぱり。そして、「不器用なところが僕に似ている」と笑顔で語った。まさに、義に生きた男・伊武谷にぴったりのキャスティングとなった。

 一方、伊武谷と友情で結ばれた蘭方医・手塚良庵役の成宮は「目的を見つけたら、猛ダッシュするところが似ている」と自分との共通点を語った。女にだらしなく、情に厚い男・手塚をチャーミングに演じている。

 初共演の2人、「ユーモアがあって、いつも新鮮。芝居に対して責任感が強い」(市原)。「すごい、真面目ですね。一生懸命取り組む姿勢が素晴らしい」(成宮)。とお互いを称賛した。

 最後に2人は、「壁にぶちあたっても2人はいつも諦めない。夢や希望をもらえる作品になっている。この作品をいま放送できることはとても意味のあること」と結んだ。

 1月20日にクランクイン、撮影は中盤を迎えている。黒川芽以演じるおせきをめぐっての、2人の恋の鞘あても見どころのひとつ。他の共演者に、西岡徳馬、池上季実子、笹野高史、古手川祐子、津川雅彦らが顔をそろえている。

 BS時代劇「陽だまりの樹」はBSプレミアムにて4月6日から(午後8時~8時43分)放送開始(全12回)

誕生日

もっとみる

PAGE TOP