貫地谷しほり、役作りに「辛くて」と涙するも玉木宏は絶賛!『桜ほうさら』完成試写会

玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて

玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて

玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて脚本家・大森美香、玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて『桜ほうさら』完成試写会にて脚本家・大森美香、玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて脚本家・大森美香、『桜ほうさら』完成試写会にて脚本家・大森美香、『桜ほうさら』完成試写会にて脚本家・大森美香、玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて玉木宏、貫地谷しほり、『桜ほうさら』完成試写会にて

 俳優の玉木宏が、25日、都内で開催されたNHK正月時代劇『桜ほうさら』の完成試写会に出席。共演の貫地谷しほり、脚本の大森美香らと共に作品に対する思いを語ってくれた。

続きを読む »

 『桜ほうさら』の原作は、宮部みゆきによる時代劇ミステリー。冤罪により切腹となった父の汚名を晴らすため、人柄は良いが剣の腕前はさっぱりという若侍・古橋笙之介(玉木)が江戸に向かい、周囲の人たちの助けを借りながら真相解明のために奮闘する。貫地谷が演じるのは、桜の化身のような謎の美女・和香。放送予定は1月1日、NHKドラマとしては初めて全編を4Kで撮影した。

 上映終了後に登場し、マイクを握った玉木は、「日本の良き時代がとても良く現れている作品です。元日にこのような穏やかになれる作品をお届け出来るので嬉しく思っています」と挨拶。貫地谷も、「このお話を頂いた時は、4Kに映るので肌のお手入れをちゃんとしなければと思いましたが、撮影が始まると、どこまで本物の気持ちが出せるのかということが気になりました」と語った。

 今回、玉木が演じる笙之介は優しい男だが、「笙之介と同じように真っ直ぐさを見失いなわないで演じられたらと思いましたが、笙之介同様、スタッフや共演者の皆さんに助けられて出来上がった役です」と謙遜する玉木。一方、体にアザがあることで陰がある和香役について聞かれた貫地谷は、「自分自身は気が強いのでそこは同じかなと思いますが、毎朝メイクで頬にアザをつけるのが辛くて。自分の感情を役にのせるのにはすごく感情や体力がいりますが、皆さんが待っていてくれたのが凄く有り難かったです」と、感極まって涙ぐむ姿も見せた。

 お互いの印象について聞かれ、「共演させていただくのは3回めですが、いつもお芝居が上手いなと思います。彼女の空気に引っ張られたところが大きかったので、和香役が貫地谷さんで良かったです」と答える玉木。これを聞いた貫地谷も、「共演させていただく度に綺麗だなと思っています。今回の役では初めてお互いに心を通わせてお芝居をさせていただきましたが、本当に強い方だと思いました。現場では、いつ何が起きても大丈夫という感じで構えていてくださるので、自分も真似したいと思いました」と、お互いに絶賛。「玉木さんが近江八幡の撮影の時、近江牛をおごってくれたので、頑張らないといけないなと思いました」と貫地谷が撮影のエピソードを話すと、「それは最後の頃でしょ? お疲れ様でした的な感じの(笑)」とすかさず玉木が返し、息もぴったりといった様子だった。

 脚本を手掛けた大森は、宮部作品も時代劇も今回が初めて。「時代考証の先生に怒られながら作りましたが、出演者の皆さんが本当に素晴らしくて良かったと思います」と嬉しそう。「(放送日が迫った)この時期なのに、何でNHKは宣伝をしないのだろうと思っていて、(番宣番組の)『プレマップ』を全て録画してチェックしているのに1回も流れない! 間に合うのかなと思いますが、たくさんの方に見ていただきたい作品になっています」と、選挙演説さながらに喝を入れた。

 『桜ほうさら』はNHK総合テレビにて、2014年1月1日19時20分より放送。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP