石原さとみ、新ドラマで井浦新&窪田正孝と意気投合「すでに空気が出来上がっている」

TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』は1月12日スタート

TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』は1月12日スタート(C)TBS

TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』場面写真TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』場面写真TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』場面写真TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』場面写真TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』場面写真

 女優の石原さとみが、都内にて行われた2018年1月12日スタートの主演ドラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)の囲み取材会に、共演の井浦新、窪田正孝とともに登場した。この3人の組み合わせは初となるが、石原は「クランクインの時にはもうすでに空気が出来上がっている感じがして…」と、早くも意気投合しているところを明かした。

続きを読む »

 石原がTBS連ドラ初主演、そして同局のヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子が手掛けることで話題の本作。死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」を舞台に、同じラボで働く法医解剖医の三澄ミコト(石原)と中堂系(井浦)、記録員の久部六郎(窪田)ら個性豊かなメンバーたちとともに、不自然な死をとげた死体と向き合う、一話完結の法医学ミステリーだ。

 今回、石原と井浦は3度目の共演、そして窪田は二人とは初共演。石原は井浦について「同じ時間を共有したという意味では信頼度が高い。今回の(井浦が演じる中堂の)役柄はひどいんです、態度が悪すぎて(笑)。でもその中に見える優しさとか可愛らしさとかがちょっと愛おしく思える。それくらい安心感があります」と明かすと、井浦は「さとみちゃんは3回目になりますが、毎回いろんな形で新しい風を吹かせてくれる。現場にいると“同志”がいるという感じで安心できます」とお互い信頼し合っている様子。

 また「とても気さくで壁を感じない」(石原)、「“動”の面と“静”の面が両方あって、いつ“動”がぐっと出てくるか楽しみ」(井浦)と評された窪田は、「石原さんは一言一言感覚が研ぎ澄まされている感じで職人のよう」と感心し、井浦については「こんなに謙虚な方はなかなか出会ったことがない」と話し、笑いを誘った。

 これまで数えきれない程ドラマの主役を務めてきた石原だが、今回の役は少し違う感覚があるという。「これまでは役柄的にも自分が前面に立つことが多かったんですけど、今回は主役の責任感や苦しさみたいなものがまったくない。(共演の)松重豊さんが『そう思ってもらえるように僕たちがいるんだよ』と言ってくださったのが印象的で、みんなが同じ方向に向かっていて、手をつないで同じスピードで進んで行けている感じがします」と嬉しそうに語った。

 金曜ドラマ『アンナチュラル』は、TBS系にて1月12日より毎週金曜22時放送(初回15分拡大)。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP