クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

CSI:科学捜査班 シーズン1 関連記事

  • 『CSI:科学捜査班』がリミテッドシリーズで復活か(※『CSI:科学捜査班 シーズン1』より)

    『CSI:科学捜査班』、20周年記念にリミテッドシリーズで復活か

    海外ドラマ

     2000年から2015年の15シーズンにわたり放送された犯罪捜査ドラマの金字塔『CSI:科学捜査班』。米CBS局で初放送を迎えてから今年で20年になるが、同ドラマのリバイバル企画が進められているという。@@cutter 世界で最も視聴された海外ドラマに2度輝いたという『CSI:科学捜査班』シリーズ。米ネバダ州の“眠らない街”ラスベガスの科学捜査班が、最新科学を駆使して凶悪犯罪事件の解決に活躍するさまを描く。  The Hollywood Reporterによると、CBS局はオリジナルシリーズのクリエイターであるアンソニー・E・ズイカーやジェリー・ブラッカイマーと、20周年を記念する新リミテッドシリーズについて協議しているという。  ブラッカイマー率いる製作会社のブラッカイマー・テレビジョンはコメントを断ったとのことだが、情報筋の話ではブラッカイマーが中心となり、すでに海外ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シリーズのジェイソン・トレイシーを脚本家に迎えているらしい。  リミテッドシリーズは本家シリーズのようにラスベガスが舞台となり、再出演を期待されるオリジナルキャストの中には、10シーズンにわたりCSIチームを導き、最終シーズンのシーズン15のフィナーレにも登場したギル・グリッソム役の俳優ウィリアム・ピーターセンも含まれているという。  『CSI:科学捜査班』も『X‐ファイル』や『ツイン・ピークス』のように、復活した人気シリーズの仲間入りを果たすのか、今後の続報に注目だ。

  • オリジナルキャスト集結でシリーズフィナーレを迎える『CSI:科学捜査班』

    『CSI:科学捜査班』、シリーズフィナーレにオリジナルキャストが集結!

    海外ドラマ

     今年5月にシーズン15で終了することが正式決定した犯罪捜査ドラマの金字塔『CSI:科学捜査班』。人気ドラマに相応しいフィナーレを飾るため、降板したオリジナルキャストが集まり、2時間スペシャルとなるシリーズ最終話の撮影に挑んだという。@@cutter シーズン12で降板したキャサリン・ウィロウズ役のマージ・ヘルゲンバーガーが、シーズン9で降板したギル・グリッソム役のウィリアム・ピーターセン、シーズン14で降板したジム・ブラス警部役のポール・ギルフォイル、サラ・サイドル役のジョージャ・フォックス、グレッグ・サンダース役のエリック・ズマンダと一緒に写る撮影現場での写真を自身のツイッターに投稿。「このギャングと今日は楽しんだわ!」とオリジナルキャストの集結を喜んだ。  シーズン15は22話から18話に製作話数が減り、本国アメリカでは第18話の放送が今年2月に終了していた。その後、正式に打ち切りが決定し、絶大の人気を誇った長寿ドラマとそのドラマを支えてきたファンに敬意を払うため、エピソードの追加製作が決まり、シリーズフィナーレとなる最終話にオリジナルキャストが顔を揃えることになった。  ただしE!Onlineによると、シリーズ終了が正式決定する前に降板することが伝えられたニック・ストークス役のジョージ・イーズはフィナーレに登場しないという。新CSI捜査官としてシーズン12からチームに仲間入りしたジュリー・フィンレイ役のエリザベス・シューも出演しないとのことだ。  米ラスベガスを舞台に最先端の科学テクノロジーを駆使して事件を解決へと導く科学捜査官達の活躍を描く『CSI:科学捜査班』。後発の『CSI』スピンオフよりも長く続いた同ドラマは、どのようなグランドフィナーレを迎えるのか。終了を惜しむ声と共に、長編映画並みのスケールになりそうな最後のエピソードへの期待が高まる。

  • 人気海外ドラマ『CSI:科学捜査班』がシーズン15で終了へ(※写真はドラマスタート時のメンバー)

    人気長寿ドラマ『CSI:科学捜査班』シーズン15で終了へ 最終話はグリッソム登場

    海外ドラマ

     犯罪捜査ドラマの金字塔『CSI:科学捜査班』が15年の歴史に幕を閉じることが決まった。アメリカでは打ち切りが決まる前の2月にシーズン15の放送が終了しているが、2時間の最終エピソードを製作し、ストーリーに終止符を打つことをCBS局が発表した。Us WeeklyやE!Onlineなどが伝えた。@@cutter 事実上の最終話となる2時間エピソードは9月27日(現地時間)にて放送予定だという。2000年10月に始まった『CSI:科学捜査班』のオリジナルキャストで、シーズン9で降板したギル・グリッソム役のウィリアム・ピーターセンと、シーズン12で降板したキャサリン・ウィロウズ役のマージ・ヘルゲンバーガーが、残りのキャストと共に最終話に登場するそうだ。CBSの発表後、マージは自身のツイッターに「やった!このクルーと一緒にまた犯罪を解決できるなんて、きっと楽しくなるわ」とつぶやいた。  巨大都市ラスベガスを舞台に、最先端の科学テクノロジーを駆使して事件を解決へと導く科学捜査官たちの活躍を描く『CSI:科学捜査班』。米ニールセンの調査では、12年間視聴率ランキング・トップ10にランクインし、全米視聴率ナンバー1ドラマとしての地位を確立した。同ドラマのヒットにあやかり、『CSI:マイアミ』、『CSI:ニューヨーク』のスピンオフが誕生。今年3月からは最新スピンオフ『CSI:Cyber(原題)』の放送が始まっている。  『CSI:科学捜査班』の終了で、現在CSIシリーズとして残るのは『CSI:Cyber(原題)』のみ。『CSI:科学捜査班』にD・B・ラッセル役で出演していたテッド・ダンソンは、同じ役で同スピンオフに出演する。

  • 『CSI:科学捜査班』ニック・ストークス役のジョージ・イーズが降板

    『CSI:科学捜査班』最後のオリジナルキャスト、ニック役ジョージ・イーズが降板!

    海外ドラマ

     本国アメリカでの2000年の初放送から今年でシーズン15を迎えた人気長寿海外ドラマ『CSI:科学捜査班』。そのシーズン1からCSIメンバーのニック・ストークス役でレギュラー出演していたジョージ・イーズが同ドラマを降板するそうだ。E!NewsやTV Guideなどが伝えた。@@cutter TV Guideによると、ジョージ演じるニック・ストークスがどのようにしてチームを離れることになるのかは不明とのこと。シーズン15の最終話が最後の出演となるとのことだが、そのシーズン15は去る10月、編成上の都合で当初予定されていた22話のエピソード数から18話に製作本数が減ることが伝えられた。  ジョージやドラマを放送するCBS局から正式なコメントは出ていないという。  ジョージは2013年のシーズン14の放送が始まって早々、製作側と意見の違いから、一時出演を休止したが、第9話から番組に復帰していた。  先シーズンのシーズン14をもって、やはりシーズン1から出演していたジム・ブラス警部役ポール・ギルフォイルが降板したことにより、ジョージはシーズン1からのオリジナルキャストとして残っていた最後の1人だった。  実際にはシーズン1から出演しているキャストとして、サラ・サイドル役のジョージャ・フォックスやグレッグ・サンダース役のエリック・スマンダ、検視官アル・ロビンス役のロバート・デヴィッド・ホール、デヴィッド・フィリップス役のデヴィッド・バーマンが残っているが、サラはレギュラー昇格したのがシーズン2からなど、最初からレギュラー出演ではなかったため、オリジナルキャストにカウントされていない。  シーズン15の最終話は2015年春に放送予定だが、シーズン16の製作はまだ決定していない。『CSI』シリーズでは新たに、FBIを舞台にしたスピンオフ、パトリシア・アークエット主演の『CSI:Cyber(原題)』の放送が2015年から予定されている。

  • 人気海外ドラマ『CSI』のスピンオフ『CSI:Cyber(原題)』に出演するルーク・ペリー

    『ビバヒル』ルーク・ペリー、『CSI』スピンオフに出演決定

    海外ドラマ

     人気海外ドラマ『CSI:科学捜査班』のスピンオフドラマ『CSI:Cyber(原題)』に、学園ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』のディラン役で人気を博した俳優ルーク・ペリーが出演することになった。@@cutter FBI特別捜査官エイヴリー・ライアンとチームが、高度化するサイバー犯罪に挑む『CSI:Cyber(原題)』。TV Lineによると、ルークが演じるのは、活動の場を民間セクターに移した元FBI捜査官ニック・ダルトン。関係筋の話では、パトリシア・アークエット演じるエイヴリーとの間に訳ありの事情があるという。ルークは主要キャストではないようだが、複数回登場する可能性があるとのことだ。  シリーズ化が決定している『CSI:Cyber(原題)』の製作総指揮は、お馴染みのジェリー・ブラッカイマー、アン・ドナヒュー、アンソニー・E・ズイカーなど。エイヴリーのモデルになっている実在のサイバー心理学者メアリー・エイケンも製作に携わる。  本シリーズにはパトリシアのほか、青春海外ドラマ『ドーソンズ・クリーク』のジェームズ・ヴァン・ダー・ビークが、戦場科学捜査に詳しいFBI特別捜査官イライジャ・ムンド役、海外ドラマ『アリーmy Love』のピーター・マクニコルが、エイヴリーの上司となる副局長のスタブロス・シフター役、バウ・バウから本名で活動を始めたラッパーの俳優シャド・モスが、元ハッカーの"ベビーフェイス"ことブロディ・ネルソン役でレギュラー出演することが決まっている。  『CSI:Cyber(原題)』は米CBS局にて、2015年明けのミッドシーズンでの放送を目指し、製作される予定だ。

  • 『CSI:科学捜査班』をシーズン14で降板するポール・ギルフォイル

    ポール・ギルフォイルが降板『CSI:科学捜査班』オリジナルキャストのブラス刑事役

    海外ドラマ

     現在アメリカではシーズン14が放送中の人気海外ドラマ『CSI:科学捜査班』。そのシーズン1からレギュラー出演していたジム・ブラス警部役ポール・ギルフォイルが降板することが明らかになった。@@cutter Varietyによると、ポールは現行のシーズン14をもって降板するとのこと。ポールの意向ではなく、製作側の決定だったと関係者は話しているそうだ。本ドラマを放送する米CBS局は現地時間13日に本ドラマのシーズン15更新を発表したが、ポールが自分のキャラクターがシーズン15に戻ってこないことを知らされたのは先週の後半だったそう。ポールは21日の出演最終日に、感動的な別れのスピーチを他のキャストやスタッフに送ったという。  ポール演じるジム・ブラスは殺人課の警部。CSIチームのグリッソムの前にCSI主任を務めていたという設定だった。5月7日(現地時間)に放送されるシーズン14の最終話が出演最後となるが、ブラス警部の退陣劇がどのようになるか、詳細は伝えられていない。  ポールの降板により、シーズン1の始めからレギュラー出演するキャストは、ニック・ストーク役のジョージ・イーズのみとなる。サラ・サイドル役のジョージャ・フォックスはシーズン9と10でレギュラー出演ではなくなっており、シーズン11でレギュラーに返り咲いた。ほか、グレッグ・サンダース役のエリック・スマンダや検視官アル・ロビンス役のロバート・デヴィッド・ホールはシーズン1からの出演だが、レギュラー昇格となったのはシーズン3から。デヴィッド・フィリップス役のデヴィッド・バーマンはシーズン10からだ。  『CSI』シリーズはマイアミ編とニューヨーク編も終了し、現在、本家の『CSI:科学捜査班』を残すのみ。シーズン15からまた一人、懐かしい顔が消えてしまうが、新CSI主任のD・B・ラッセルを演じるテッド・ダンソンや、ジュリー・フィンレイ役のエリザベス・シューなど、新キャストが活躍し、ドラマを引き続き盛り上げている。

  • 『CSI:科学捜査班』シーズン14にニック・ストーク役ジョージ・イーズが復帰

    『CSI:科学捜査班』を出演休止していたジョージ・イーズが復帰

    海外ドラマ

     8月に意見の相違から『CSI:科学捜査班』シーズン14への出演を見合わせていたニック・ストークス役のジョージ・イーズが、番組に復帰するようだ。 The WrapやEntertainment Weeklyなど複数のメディアが報じている。@@cutter アメリカでは10月9日に放送されたシーズン14の第3話を最後にジョージ扮するニックの出番がなかったが、Entertainment Weeklyによると、現地時間11月20日に放送予定の第9話からジョージが復帰することになるようだ。本編ではニックの不在理由について詳細に触れることはないという。  ジョージはニックの描かれ方に不満を持ち脚本家の一人と口論になったのが原因で出演を一時取りやめることになったと報じられたが、代理人を通し、出演休止は特定の脚本家との不仲ではなくクリエイーターと話しあった結果と発表していた。  ジョージ不在の間、同ドラマではシリーズ通算300話目となる第4話にオリジナル・キャストのキャサリン・ウィロウズ役=マージ・ヘルゲンバーガーや、『ビバリーヒルズ青春白書』シリーズのジェイソン・プリーストリーがゲスト出演。ジョージ演じるニックの不在を穴埋めするかのように、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シリーズのマシュー・デイヴィスが昼勤のCSI捜査官ショーン・イェーガー役でゲスト出演することが発表された。  『CSI:科学捜査班』シーズン14はアメリカで現地時間9月25日から放送が始まっている。

  • 『CSI:科学捜査班』シーズン14でニック・ストーク役のジョージ・イーズが一時出演休止に

    脚本家との衝突で 『CSI』からニックが消える!? ジョージ・イーズが出演休止に

    海外ドラマ

     人気海外犯罪ドラマ『CSI:科学捜査班』にシーズン1からレギュラー出演している捜査官ニック・ストークス役のジョージ・イーズが、最新シーズンへの出演を休止することが明らかになった。@@cutter 番組を製作するCBS局の広報担当はHollywood Reporterに対し、ジョージがシーズン14の前半の数話に出演しないことを認めているが、復帰時期に関して言及を避けつつも、ジョージの素早い復帰を願っているとコメントしたそうだ。  当初、ジョージの一時降板は、自身の演じるニックの描かれ方に不満を抱いたジョージが番組の脚本家の一人と激しい口論を交わしたことが原因だったと、Hollywood Reporterが伝えた。しかし後に、ジョージの代理人から同誌に対し、番組のクリエイターと内密に話し合いを持った結果、意見の相違が生まれたため、ジョージは番組を一時離れることにしたが、脚本家と口論はなかったとする声明が寄せられたという。  「ジョージは確実に番組に復帰します。14年間情熱を捧げてきた番組に再び参加することを楽しみにしています。彼(ジョージ)は『CSI』を支える番組のプロデューサーや脚本家の皆さんがクリエイティブの面を考え、プロとして下した選択に対し、最大の敬意を払っています」。  ジョージは最初の3話に出演した後、番組を離れるとのことで、情報筋が同誌に語った内容によると、シーズン14の第4話、キャサリン・ウィロウズ役のマージ・ヘルゲンバーガーがゲスト出演するシリーズ通算300話目の回で、FBIへ転職したキャサリンに指名されたニックが特別訓練を受けるためにクワンティコへ派遣される流れになるという。  局側とジョージ側の双方がジョージの番組復帰を話しているため、このまま降板ということはないと思えるが、ジョージは2004年にも出演料の交渉で折り合いがつかず、一時解雇されたことがあり、余談を許さない状況が続きそうだ。

  • 懐かしのメンバーと『CSI』現場復帰の記念写真

    『CSI』キャサリン役マージ・ヘルゲンバーガー、通算300話目にゲスト出演決定

    海外ドラマ

     本国アメリカではシーズン14が9月25日より放映予定、日本でも大人気の海外長寿ドラマ『CSI:科学捜査班』。その最新シーズンのシリーズ通算300話目にあたる回に、オリジナルキャストの一人だったキャサリン・ウィロウズ役のマージ・ヘルゲンバーガーがゲスト出演することが明らかになった。@@cutter 番組の製作総指揮を務めるドン・マッギルがTV Lineに語ったところによると、記念すべき通算300話目の回では、新しく起きた殺人事件で、迷宮入りしていた14年前の事件と同じ手口が使われ、同じ犯人像が浮かび上がるというもの。キャサリンは当時の回想シーンに登場するという。  「14年前を回想し、当時のキャサリン、ニック(ジョージ・イーズ)、サラ(ジョージャ・イーズ)、グレッグ(エリック・ズマンダ)、エクリー(マーク・ヴァン)が現れ、(どのように)登場人物たちが変化を遂げたかが分かりますよ。『CSI』の14年間を称える、非常に楽しいエピソード、情感溢れる回になるでしょう」。     残念ながらシーズン9で降板した、オリジナル・キャストの中心的人物グリッソム役のウィリアム・ピーターセンの名前は挙がっていない。  マージはシーズン12の途中で同番組を去っており、現在はCBS局の新ドラマ『Intelligence(原題)』で、『LOST』のソーヤー役でブレイクしたジョシュ・ホロウェイと共演している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access