クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

加藤浩次「なかなか暴れられない」 狂犬ぶりを発揮する機会が減って嘆き節

映画

 マーベル・スタジオ&ディズニーが贈る異色のヒーロー集団を描いた映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。全員がはみだし者という濃いキャラクターの中で“宇宙一凶暴なアライグマ”ロケットの日本語吹替えを担当したのが、お笑い芸人の加藤浩次だ。近年、お笑いの枠を超えて目覚ましい活躍を遂げる加藤に、本作の魅力や自身が大事にしていることなどを聞いた。

狂犬キャラは「自分の原点」とキッパリ言い切る次加藤浩次

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access