Dlife 関連記事

  • 魔界出身のローズ伯爵、『LUCIFER/ルシファー』シーズン1を鑑賞!

    【インタビュー】魔界出身のローズ伯爵、悪魔が主人公の『ルシファー』を絶賛!「悪と正義のさじ加減が最高」

    海外ドラマ

    <meta charset="utf-8" /> <meta content="width=device-width, initial-scale=1, minimum-scale=1, maximum-scale=1, user-scalable=yes" name="viewport" /> <title></title> <meta content="index,follow" name="robots" /> <meta content="インタビュー特集" name="description" /> <meta content="クランクイン,映画,海外ドラマ,ゲーム,アニメ,セレブゴシップ,インタビュー" name="keywords" /> <meta content="2018 crankin All rights reserved." name="copyright" /> <meta content="hollywood channel" name="author" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/css/interview_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <link charset="utf-8" href="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/css/interview_smp_2.css" media="all" rel="stylesheet" type="text/css" /> <style type="text/css"> .article_interview{ margin: 0; width: 670px; } .movies { margin: 0 auto; position: relative; width: 100%; padding-top: 56.25%; } .movies iframe { position: absolute; top: 0; left: 0; width: 100% !important; height: 100% !important; } #interview p span.intName_C { color:#ff0000; font-weight:bold; } .intMain_boxB { width: 670px; margin: 0px 0 30px; padding: 0; background: #fff; } @media screen and ( max-width:479px ) { .intMain_boxB { width:100%; margin: 0 0 20px; padding:0 ; } .intMain_boxB img { width:100%; height:auto; padding:0 ; } } iframe { border: 0; max-width: 100%; } .arrow { display: inline-block; color:#FFF; text-decoration: none; background: #7e0005; padding: 10px 10px; border-radius: 5px; font-size: 20px; font-weight:bold; line-height: 30px; width:95%; text-align:left; } .arrow::before { content: ''; width: 0; height: 0; padding:0px 0px 0px 5px; border-style: solid; border-width: 5px 0 7px 7px; border-color: transparent transparent transparent #FFF; display: inline-block; vertical-align: middle; position: relative; top: -2px; margin-right: 2px; /*left: 160px;*/ } </style> <div class="content" id="interview"> <div class="intMain_boxB"> <p style="font-size:12px; text-align:right; padding-right:8px; color:#999;"> 提供:ブロードキャスト・サテライト・ディズニー</p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"> <img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/001.jpg" width="670" /></div> </div> </div> <!-- / #intMain_box --><!--/.gallLink --> <div class="article"> <div style="background-color:#570000; padding:5px; margin:0px 0px 20px 0px"> <p style="font-size:16px; line-height:1.9em; color:#FFF; ">  目の肥えた全米海ドラファンを虜にし、日本でも多くのファンがいる『LUCIFER/ルシファー』のシーズン1が、全国無料のBSテレビ局Dlifeにて放送スタート! この無料初放送を記念し、魔界出身のアーティストであり、ヴァンパイアカフェの店長も務める“VAMPIRE ROSE”こと、ローズ伯爵に同作を鑑賞してもらった。「映画はよく見に行くが、海外ドラマはほとんど見ないな」というローズ伯爵が、「見始めたら、面白くて一気に見たよ」と大絶賛! 同じ魔界出身として、色々と通じるところもあった『LUCIFER/ルシファー』の魅力を語ってくれた。</p> <p style="font-size:12px; line-height:1.9em; color:#FFFFFF; text-align:right;">(取材・文:安保有希子/写真:高橋ゆり)</p> </div> <p class="lead">  地獄の王座を放棄し、現在は天使の街“ロサンゼルス”で高級ナイトクラブ“ルクス”のオーナーをしている悪魔、ルシファー・モーニングスター。イケメンかつチャーミングで、カリスマ性にあふれた彼は、大好きなワインや美女、音楽などに囲まれた地上での隠居生活を楽しんでいた。そんなある日、“ルクス”の前で友人のポップスターが殺害され、ルシファーはロサンゼルス市警の女性刑事クロエと出会う。最初こそ息の合わない2人だったが、互いに興味を持ち、コンビを組んで様々な事件に挑んでいく! </p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/002.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:20px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">久しぶりに海外ドラマにハマった!</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ローズ伯爵は、普段、あまり海外ドラマをご覧にならないそうですが、そんな中でも、これまでご覧になり、面白かった作品はありますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>人気のある海外ドラマは何シーズンも続いているだろう? だから、見ようかなと思っても、時間がかかるから観ないんだ。ただ、我輩の友が面白いからと貸してくれた『ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ』は、映画版の『ターミネーター』シリーズが好きだったから、ハマったよ。それ以外、タイトルは知っていても、見てないな。ただ、映像作品は好きだから、洋画・邦画を問わず、映画はよく観に行くぞ。 </p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/003.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――では、ローズ伯爵にとって、久しぶりの海外ドラマとなる、『LUCIFER/ルシファー』シーズン1はいかがでしたか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>面白かったよ! 一気に見たぞ。単純に、“ルシファー”というワードが好きだからな。我輩は、前にヴィジュアル系のバンドを組んでいたのだが、そのバンド名の候補にルシファー(堕天使)という名前があがっていたんだ。そういった縁もあって、ルシファーというキャラクターに自然と興味が湧いたな。あと、ルシファーは怒ると目が赤くなり、本気で怒った相手には悪魔の素顔を見せたりするよな。そういうところが面白いポイントの1つだったぞ。同じ魔界出身として、できれば、もっと素顔を見せてほしかったがな(笑)。</p> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――1つということは、他にも面白いポイントが?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>もちろんあるぞ! 最初は、普通に刑事ドラマなんだよ、軽いノリのタイプの。それが、徐々に魔界のネタが入ってくる。そんなちょっと中二病をくすぐる感じが個人的に好きだな(笑)。でも、魔界のトラブルはレベルが違うな。特に、第1話から登場しているルシファーの兄弟天使、アメナディエルが面白かったぞ! 強面なのに天使というギャップも最高だが、ルシファーとは正反対の性格で、自分にも他人にも厳しい。そんな彼の動きに注目してほしいな。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/004.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:20px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">ルシファーが○○ならもっと最高だった!?</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――主人公・ルシファーはいかがでしたか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>そもそも、我輩とルシファーは似てるな。魔界出身でしかも、我輩はヴァンパイアカフェの店長で、彼はバーのオーナー。設定の共通点が多いから、自然とルシファーの魅力にぐいぐい引き込まれていったぞ。最初に登場した時のルシファーを見て、完全に悪魔だな! と思っていたら、物語が進むとちょいちょい天使の片鱗が出てくる。その悪と正義のさじ加減が最高だな。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/005.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――設定だけじゃなくて、ルシファーもローズ伯爵も筋肉がムキムキなところも似ていますね。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>よく見ているな。だが、ビジュアルでいうと、ルシファーが長髪だったらよかったなぁ。登場する男性キャラクターのほとんどが短髪だから、長髪は目立つし、我輩みたいに長髪の方がより悪魔らしいだろう(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/006.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――そんなルシファーには、相手の“心の奥に隠してある秘密や、欲望を話させる”という特技があります。ローズ伯爵がルシファーの前に立ったら、何を話してしまうと思いますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>ドラマの人間たちは、事件解決のヒントとなる欲望や、アメリカ大統領になりたいなど、大きな欲望を告白するだろう? でも、我輩だったら? と考えると、そんな欲望がないな…。せいぜい、1ヵ月後に控えているワンマンのライブを成功させたいとか、お金がほしいとか……なかなか小さいだろ(笑)。</p> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ヴァンパイアカフェの店長としての欲望もないですか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>GW後でお客様がいつもより少ないから、しもべ達にたくさん来てほしいな……これも小さいか(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/007.jpg" width="670" /></div> </div> <div style="background-image: linear-gradient(90deg, #050000, #99070a, #500304); margin:10px 0px 10px 0px; padding:5px 0px 5px 0px;"> <p style="font-size:20px; line-height:1.3em; color:#FFF; margin: 2px auto; padding:5px 0px 0px 10px; font-weight: bold;">しもべ達も好きそうな世界観になっていく</p> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――ルシファーには、クロエという美人な女性刑事の相棒がいます。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>悪魔には美女が必要だからな! 画面に出てくると、ぱーっと華やぐ。刑事の前は女優だったという設定もいいと思うぞ。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/008.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――そんな彼女と出会ったことで、ルシファーの人生は大きく変わります。ローズ伯爵にも、クロエのような“バディ”といえる存在の人はいますか?</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>制作物に関してはコイツ、現場に行く時はコイツ、といった感じで、それぞれの分野でバディは違う。でも、みんな、付き合いが長くて、信頼できる者たちばかりだ。あと、信頼してるバディといえば、ヴァンパイアカフェの料理長だな! 我輩と料理長の社員2人でお店をやっているんだが、全然意見が合わないんだよ(笑)。でも、最終的には、2人で意見を戦わせ、協力して1つの物を作り上げていく。ちょっとルシファーとクロエのコンビに似てないか? ルシファーは無茶をするだろう。空気は読まないし、勝手に動くし、自由に発言するし、かなりフリーダム(笑)。そんなルシファーを見て、クロエはちょっと怒ることはあっても、厳しく問い詰めたりしないよな。“まぁ、いっか”という感じ。我輩たちもそんな関係性なんだよ。そういう関係性が、仕事をしていくバディとしはいいのかなと、今、話していて気がついたぞ(笑)。</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/009.jpg" width="670" /></div> </div> <p class="lead" style="font-weight:bold; color:#e10000;">――最後に、これからDlifeで放送が始まる本作の魅力を一言でお願いします。</p> <p class="lead"> <span style="font-weight:bold; color:#a18337;">ローズ:</span>単なる刑事ドラマではない! だな。序盤は、刑事ドラマの要素が強いが、6話以降は物語がかなり展開していく。我輩のしもべ達も好きそうな世界観になっていくから、まずは6話までは絶対に見続けるんだ。しもべ達よ今宵は、『LUCIFER/ルシファー』を楽しめ!</p> <div class="photo"> <div style="width:100%; padding-bottom:12px;"><img alt="『LUCIFER/ルシファー』シーズン1" border="0" src="https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cifeature/interview_2019_lucifer/images/010.jpg" width="670" /></div> </div> <p style="font-weight:bold; font-size:19px; padding:10px 0px 5px 0px; line-height:20px;">『LUCIFER/ルシファー』シーズン1は、5月20日(月)21時から全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ)にて無料初放送。</p> <p style="font-size:12px; margin:10px 0px 10px 0px;">(C)Warner Bros. Entertainment Inc.</p> <div style="margin:20px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="https://dlife.disney.co.jp/program/drama/lucifer_s1.html" target="_blank">『LUCIFER/ルシファー』シーズン1 Dlife番組公式サイト</a></div> <div style="margin:0px 0px 20px 0px; text-align:center;"> <a class="arrow" href="https://twitter.com/fromVampireRose" target="_blank">ローズ伯爵(VAMPIRE ROSE)ツイッター</a></div> </div><!--▲--><!--article--><br /> </div><!--end-->

  • 『グッド・ドクター』の日米版を徹底比較!

    山崎賢人主演で日本版も大ヒット! 感涙必至の医療ドラマ『グッド・ドクター』日米版を徹底比較

    海外ドラマ

     2018年7月期に放送された山崎賢人主演のドラマ『グッド・ドクター』。このドラマは2013年に韓国で放送されたテレビドラマを原作に、山崎演じるサヴァン症候群の研修医が命と向き合う姿が描かれ、多くの視聴者の涙を誘った。そんな話題作のアメリカ版『グッド・ドクター 名医の条件』が1月19日よりDlifeで放送開始。ここでは日本版と比較しながら、本作の4つの注目ポイントに迫りたい。@@cutter■日米ともに“リアルな演技”が話題! 俊英フレディ・ハイモアは、子役出身の“名優”  日本版では山崎が演じた研修医の主人公。アメリカ版では、子役として1999年に俳優デビューを果たし、映画『ネバーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』などに出演したフレディ・ハイモアが主人公のショーン・マーフィーを演じている。ショーンは自閉症でありながら、高いIQと驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の新人外科医。日本版は山崎のリアルな演技が高く評価されたが、アメリカ版の主人公を演じたフレディも、入念なリサーチに基づいた熱演を披露。ショーンの話し方や、細やかな目の動き、さらに手の仕草に至るまで徹底したリアリティで貫かれている。眩しいくらいの純粋さと高い知性を持ちながら、時には“社会の常識”に戸惑うショーン。そんな主人公を見事に表現したフレディは、本作の演技で第75回ゴールデングローブ賞テレビドラマ部門の男優賞にもノミネートされている。 @@insert1 ■主人公の“忖度なし”の名ゼリフに注目!  日本版で話題になったのが、主人公に扮した山崎が口にする名ゼリフの数々。「夢は生きる力をくれます。簡単にあきらめてはいけません」といった言葉や、「悲しい時は悲しい、痛いときは痛いと言わないとダメです」など、シンプルながら核心を着く言葉が多くの視聴者の胸を打った。そんな純粋な主人公から放たれる言葉の力強さはアメリカ版でも健在。ショーンが病院へやってくる第1話『雨の日の匂い』では、初対面で自分を邪険に扱ったものの、新人外科医とわかり丁寧に接するようになったクレアに対して、「なぜ最初に会った時は失礼で、その次は感じよくなって、今は友達になろうとしてるの?そのうちのどれが本当の君?」と痛烈な一言。さらに、研修医として病院に迎え入れられたものの、メレンデスから「君は善良だし、明らかに賢いが現場には向かない」と冷たくあしらわれたショーンは、「メディカルスクールのどの外科医よりも先生の方が優秀だし学べることが多いです。でも、あなたはとても傲慢だ。その方がいい医者になれますか?」と言い放つ。ショーンの“忖度なし”の言葉の数々は、見る者に驚きと感動を与えてくれる。@@separator■主人公を取り巻くキャラクターたちに注目!  日本版では、上野樹里演じる女性医師と主人公の絆や、藤木直人扮するエース医師と主人公の関係性が物語を牽引していったが、アメリカ版は主人公を取り巻くキャラクターたちの群像劇としても楽しめる。ショーンをサポートするクレア・ブラウン(アントニア・トーマス)は、知性と優しさにあふれた女性医師。彼女は同僚のジャレッド・カルー(チュク・モデュー)と“付かず離れず”の関係を続けており、劇中でも二人の微妙な距離感が表現されている。また研修医を束ねる外科の主治医ニール・メレンデス(ニコラス・ゴンザレス)は、傲慢な性格で自信家という役柄。ショーンの知識や記憶力を認めながらも、自閉症である彼が外科医のメンバーとなることに強い反発心をいただいている様が描かれている。またショーンの才能を高く評価し、病院に招き入れた院長のアーロン・グラスマン(リチャード・シフ)と、外科医の最高責任者マーカス・アンドリュース(ヒル・ハーパー)の“院長の座”をかけた駆け引きも緊張たっぷりで目が離せない。 @@insert2 ■斬新な映像とスケールの大きさに注目!  アメリカは『Dr.HOUSE/ドクターハウス』や『ER 緊急救命室』、『グレイズ・アナトミー』など、多くの傑作メディカルドラマが生まれた国。本作もそれらのドラマに負けない斬新な映像が特徴だ。特にショーンの脳内のイメージや記憶をCGで視覚化する革新的な医療ビジュアルには目を奪われる。さらに臓器移植がモチーフの第3話『ひとつの命』では、ヘリやパトカーを使った大規模なロケを展開したり、クライマックスには緊急の“路上手術”が行われるなど、日本版にはないアメリカ版ならではのスケールの大きさも本作の魅力だ。  このほかにも、物語を通じて描かれるショーンの成長や、真剣に命と向き合うショーンに触発され変わっていく周囲の人々の姿など、本作は注目ポイントが多数。2018年に放送された日本版を見た人も、新たな医療ドラマの傑作として、アメリカ版を楽しめること間違いなしだ。  『グッド・ドクター 名医の条件』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて、1月19日(土)22時より放送開始。 @@insert3

  • 心理学者の晴香葉子氏が海外ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』に女性がハマる理由を解説!

    犯罪ドラマに女性がハマる理由とは? 心理学者・晴香葉子氏が分析

    海外ドラマ

     FBIの最強プロファイラー・チームが凶悪事件に挑む犯罪捜査サスペンスドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。全米ではこの秋からシーズン14に突入する超ロングヒット番組である本作には女性ファンも非常に多い。イケメンキャストが魅力的なのはもちろん、観ると「スッキリする」「よく寝られる」という、犯罪ドラマでは“意外な”女性視聴者の声も少なくない。そこで、本作に女性がハマる理由を解き明かすべく、心理学者の晴香葉子氏に話をうかがった。@@cutter 本作は、FBIに実在するエリート捜査官チームBAU(Behavioral Analysis Unit=行動分析課)が、プロファイリングを駆使してシリアルキラーの犯行を食い止めるべく奮闘する姿を描く。日本でも多くファンを抱える人気ドラマで、近年は、本作にハマる女性が急増しているという。 @@insert4 ――『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は、捜査・犯罪ドラマというジャンルになるのですが、女性から非常に人気があります。どういったところが、「女性がハマる理由」になっているのでしょうか?  犯罪ドラマである本作には、ゾッとするような内容のエピソードもありますが、女性が次も観たくなるポイントがたくさんあります。主なポイントをいくつかご説明しますね。  まず、BAUのメンバー1人1人が非常に魅力的であること。人気が高まったドラマが終わると、“ロス現象”が起こりますよね。連続ドラマでは、登場人物に“また会いたくなる”という心理が人気を左右するポイントになります。ストーリーももちろんですが、人的魅力が大事なんです。BAUメンバーには、女性がまた会いたくなる要素が満載です。 @@insert1 ――確かに、長年観続けていても、会いたくなるメンバーたちですね。それは、どのような要素からでしょうか?  個性的で、それぞれが何かのプロフェッショナルであること。ホッチをはじめ、リーダー的立場の人にも威圧感がないこと。共感型リーダーシップが求められている昨今、ホッチはそのお手本のような人物です。凶悪犯罪を捜査していても穏やかで、常に冷静で客観的。メンバー全員がやるべきことに集中しています。勇敢でユーモアもあって、みんな笑顔が素敵ですよね。そして、とても優秀な人たちですが、自分の気持ちを素直に話します。裏表がないことが人間味となって、親しみを感じさせます。 ――男性メンバーも女性メンバーも率直に話す人ばかりですよね。ほかには、どんなポイントがありますか?  言語心理学で使う“ポライトネス”という、単なる丁寧さや礼儀正しさではなく、会話の心地よさを表す言葉があるのですが、BAUメンバーはお互いを尊重し、程よい距離感で対話が行われているので、心地よさが視聴者にも伝わります。  働く女性が増え、上司から高圧的な態度をとられてストレスを感じている女性も多いですよね。そういった女性は、特にBAUメンバーのような関係を心理的に求めています。彼らは、自分の考えを押し付けず、相手の語尾を奪ったりもしないですし、あうんの呼吸で協力し合って事件を解決していきます。この“ポライトネス”も、現代社会で働く女性たちにとって、また観たいと思わせるポイントになっていると思います。 @@insert2 ――確かに!BAUメンバーの絶妙な距離感は心地よさを感じます。本作を観ると「スッキリする」「よく寝られる」という感想も寄せられているのですが、これにも心理学的な要因がありますか?  あります。本作は、「フィクションであり」「被害者の描写が少なく」「一話で完結する」この3点が揃っています。これは心理的にとても大切な要素で、本作のようなドラマを観ると安心感を得ることができます。その為、視聴後に「スッキリする」という感想が寄せられるのも納得です。 ――とても興味深いです!詳しく教えてください。  まず、本作は昨今のドラマによくある次のエピソードを観させるために、ドキドキしたシーンで終わり「続く」となる手法をとっていないですよね。一話完結で、必ずといっていいほどできるだけ血を流さないで済む方法で事件を解決します。こうすることで、視聴後にモヤモヤが残りにくくなります。  また、フィクションであるとわかって観ているので過度の恐怖心は抱かず、フィクションの中で起こっている悲劇として、客観的に距離を持って1人で見ることができます。  そして、「悲しい」「かわいそう」といった被害者への強い感情移入が起こらないように被害者の描写を少なくしているところも大きなポイントです。さらに、プロファイリングはたいてい当たり、必ず解決します。最後には、犯人が「どうしてそうなったのか」という説明もあるので安心感につながっています。 ――なるほど。犯人のプロファイリングは詳細に行われても、被害者は深く掘り下げないので、怖い思いは伝わってこないのですね。  そうなんです。あと、1時間ほど非日常の世界に浸かることで、リフレッシュ効果もあります。私たちは、起きている間に2万もの瞬間を体験していると言われていて、それは<良い瞬間><悪い瞬間><記憶に残らない無数の瞬間>に分かれます。良い瞬間はハッピーな気持ちにしてくれますが、思い出し難いんです。逆に、悪い瞬間の方は追いかけてくるかのように何度も思い出してしまいます。そんな時に、本作のような非日常的なドラマを観ると、日常のことを忘れることができて、観終わった後、気持ちを切り替えることができるんです。 ――人間の心理は面白いですね!気持ちが高まった後に、解決してホッとできるということですね。  それが安眠効果にもつながるのだと思います。いつも使っていない脳を使うことで、リフレッシュできるんです。 @@insert3 ――最後に、ほかにも心理学の観点からこういった効果があるというものがあれば教えてください。  本作には、プロファイリングの情報や社会データ的な情報も満載ですよね。私たちはフィクションとして接した恐怖心であっても、本能的に危険を察知し、危険を回避したいという衝動が起き、警戒態勢に入ります。ソファーに座って、ゆったりと観ていたとしても、警戒態勢中は、集中力が増し、記憶力もアップします。学習効果が高まっている状態で、様々な情報が本編の内容から入ってくるので「勉強になった」と感じます。  働いている女性は、「勉強したい」という「習得の欲求」が強い人も多いので、この「勉強になった」と感じることはとても大事なことです。 ――『クリミナル・マインド』は、心理学的にも優れたドラマなんですね!なんとなく面白いと思ってこれまで観ていましたが、その理由がわかりました。大変勉強になるお話をありがとうございました。(取材・文:清水久美子/撮影:高野広美)  『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン1は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、8月20日(月)より放送開始。毎週月曜日から水曜日22:00~22:54。

  • 『クリミナル・マインド』リード役のマシュー・グレイ・ギュブラーとリードの日本語吹替えを担当する森久保祥太郎の対談が実現!

    『クリミナル・マインド』マシュー×森久保 初対談(後編)「マシューに会いにアメリカへ」

    海外ドラマ

     FBIの最強プロファイラー・チームが凶悪事件に挑む犯罪捜査サスペンスドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。2005年に放送が開始され、全米ではこの秋からなんとシーズン14に突入!超ロングヒットとなっている。クランクイン!では、本作の人気キャラクターのリード役を第1話から演じ続けているマシュー・グレイ・ギュブラーの来日を記念し、リードの吹替えを担当する森久保祥太郎との対談を独占取材!2年振りに再会した“日米リード役”の二人の楽しい対談の様子を前後編でお届けする。@@cutter FBIに実在するエリート捜査官チームBAU(Behavioral Analysis Unit=行動分析課)が、プロファイリングを駆使してシリアルキラーの犯行を食い止めるべく奮闘するドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』。BAUの一員で、IQ187の天才ドクター、スペンサー・リードを演じるマシュー・グレイ・ギュブラー(以下、マシュー)と、天才だけに早口で難しいセリフが多いリードの日本語吹替えを担当している森久保祥太郎(以下、森久保)。マシューはこれまで度々来日し、森久保との親交を深めてきたが、改まって二人で対談するのは初。ここでしか聞くことのできない貴重な話が次々と飛び出した。 @@insert1 ■今度は僕がマシューに会うためにアメリカに行きたい ――アメリカではまもなくシーズン14が始まり、ロングヒットを記録している本作ですが、新しいシーズンが始まると、新しいキャストが増えることも魅力の1つだと思います。収録現場では、新キャストに何かイタズラを仕掛けたりするのですか? マシュー「イタズラの儀式があるけど、ここでとても話せる内容じゃないんだ(笑)。新しく入ってくる人たちは緊張しているので、それをほぐすには恥ずかしい目に遭うのが一番だからね。でも、好きだからこそイタズラするんだよ」 森久保「僕らの吹替えのチームも、すごく仲がいい。番組の内容は陰惨なものが多いから、逆に現場は楽しくするようにしている。シーズンが終わると、みんなで旅行したりしています」 ――長く続いている作品だと関わる人たちの結束力も強くなりますよね。 森久保「本当にそうですね。こんなに長く続く海外ドラマの吹替えを担当させてもらったのは、『クリミナル・マインド』が初めて。アニメーションと比べて、吹替えはちょっと芝居が違うので、この作品を長くやらせてもらっていることで本当に成長できました。マシューのおかげだよ!」 マシュー「アメリカの作品に出てくれたら、今度は僕が英語の吹替えをするよ!」 森久保「本当(笑)いいね、それ!」 @@insert2 ――森久保さんはたくさんのアニメーション作品でご活躍されていますが、マシューにオススメの出演作品を教えてもらえますか? 森久保「Do you like Baseball?」 マシュー「Yes!」 森久保「そしたら、『メジャー』がオススメだね。日本からメジャーリーグに行くストーリーで、僕が主人公をやっているんだ」 マシュー「Oh!日本の選手はメジャーリーグでもたくさん活躍しているよね。僕もヒデキマツイが好きだったから、その作品、ぜひ見てみたい!」 ――マシューは監督業もしていますが、もし森久保さんを監督するとしたら、どんな作品がいいですか? マシュー「それは面白い質問だね。そうだなぁ、魔法を使えるクールな男の話がいいな」 森久保「面白そう!マシューが監督して、(僕の)吹替えも頼むね(笑)」 マシュー「もちろん!英語の吹替えは任せて」 ――マシューは今回4度目の来日ということで、既に日本のいろんなところに行かれたということですが、森久保さんがマシューをどこかに連れて行くとしたら、どこに行きますか? 森久保「マシューは中目黒まで行っちゃってるくらいの日本通だから悩むなぁ…。街と自然、どっちが好き?」 マシュー「選べないくらい、両方好き!」 @@insert3 森久保「そうだなぁ、日光東照宮とかはどうかな?クリエイティブなマシューは、いっぱい刺激を受けそうだよね」 マシュー「ありがとう、ぜひ行ってみたいね!」 @@insert4 ――それでは、マシューは森久保さんがアメリカに来たらどこに連れて行きたいですか? マシュー「そうだな…ニューオーリンズに連れて行きたいな。あんな場所は世界中どこにもない。本当に特別な場所だよ。パリとジャマイカをミックスしたような街で、最もユニークな場所だと思う」 森久保「ニューオーリンズ!音楽の街というイメージがあるよ」 マシュー「そう!音楽も最高だけど、食べ物もおいしいよ」 森久保「行ってみたいね。何度も日本に来てもらっているから、今度は僕がマシューに会いにアメリカへ行きたいな」 マシュー「絶対に来てね!」 @@insert5  取材後も、まだまだ話し足りなさそうに笑顔で談笑している二人の姿は、“リード役”という枠を超えて本当に“ブラザー”のように見えた。(取材・文:清水久美子/写真:高野広美)  『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン1は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、8月20日(月)より放送開始。毎週月曜日から水曜日22:00~22:54。

  • 『シカゴ・ファイア』宣伝マンに元消防士の芸人ワタリ119が就任!

    元消防士芸人ワタリ119、『シカゴ・ファイア』描写に「救助シーンや道具がリアル」

    海外ドラマ

     命をかけて火災や事故現場に挑む熱き消防士たち活躍を描く海外ドラマ『シカゴ・ファイア』が、無料初放送として全国無料のBSテレビ局Dlifeにて4月4日より放送が決定。これを記念して、元消防士という異色の経歴を持つ芸人「キラキラ関係」のワタリ119が宣伝マンに就任し、「救助のシーンとか、救助の現場で使う道具とかがリアルですね」と元消防士ならではの視点で本作の魅力を語った。@@cutter 『シカゴ・ファイア』は、シカゴ消防局51分署を舞台に、自らの命をかけて救助活動にあたる消防士たちの活躍と、チームの絆を描いたヒューマンドラマ。はしご第81小隊の小隊長ケイシー(ジェシー・スペンサー)と、レスキュー第3小隊の小隊長セブライド(テイラー・キニー)が対立しながらも、いざ現場となれば一転して、信頼し合い救助に向かう。  3年8ヵ月の消防士歴を持ち、芸人歴は今年2年目というワタリ119。「他のドラマとか映画って火の中にいるシーンばかりで、ハーネスやロープとか、はしご車を使っている作品ってあまり見ないですよね。このドラマはそういう部分を描いているのがかっこいいと思います」と元消防士らしい見どころを紹介。さらに、「今までの消防ドラマって、現場の熱い友情を描いているものが多かったんですけど、このドラマの登場人物たちはそれぞれ失敗したり、人間味があって共感出来ます」と付け加えた。  また、ドラマ内では恋愛ネタも多いが、実際には「僕が聞いた話では、恋愛関係になると大体噂で広まって、持ち場を離されるみたいです。恋愛禁止ではないんですけど、身内になってしまうと仕事に影響が出るからだと思います。でも、ドラマみたいにあんなに人間関係がぐちゃぐちゃにはならないし、職場結婚は結構ありました」と、消防士の世界の“リアルな裏話”も披露してくれた。  『シカゴ・ファイア』は、Dlifeにて4月4日より毎週水曜21時ほか無料初放送。

  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は4月7日(土)22時から全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて放送!

    マーベル映画5週連続放送!「アイアンマン」藤原啓治が語る“マーベルの魅力”とは?

    映画

     現在公開中の『ブラックパンサー』が全世界興行収入10億ドルを突破し、世界中で驚異的な大ヒットを記録しているマーベル映画。4月27日からは、あの『アベンジャーズ』シリーズの最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も公開され、さらなる注目を集めること必至だ。同作の公開を記念し、全国無料のBSテレビ局・Dlifeでは、無料初放送2作品を含む計5作品が5週連続放送される。@@cutter 同局の特別編成「マーベル フェス!」では、3月17日に放送される『アイアンマン2』から始まり、無料初放送となる『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』まで、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を観る前に制覇しておきたい作品が並ぶ。この豪華な編成に、マーベル作品にゆかりのある著名人からコメントが到着した。  『アイアンマン』でトニー・スターク役の日本語吹き替えを務める、声優の藤原啓治は「アイアンマンの魅力は、成長し変化していくこと」と語る。「マーベルのヒーローは、いかにも完全無欠の正義の味方、という訳ではなく、各キャラクターの影の部分も含め描かれる事で、ド派手なアクションはもちろんだけど、人間ドラマとしての見応えもあるとこが、面白さのポイントだと思います。特にアイアンマンの魅力は、彼が成長し変化していくことだと思います。調子に乗って失敗したり…そんなところも気に入っています」と熱い思いを寄せた。  一方、マーベル・コミックの人気シリーズを原作としたテレビドラマシリーズ『マーベル インヒューマンズ』に出演した女優のすみれは「アイアンマンは、演じているロバート・ダウニーJrがかっこいいのはもちろんですが、一見ラフに見えて、実は頭が良くて色々なことを考えているところが魅力だと思います。映画をシリーズで見ると、彼の成長がみえる反面、だんだんとアベンジャーズの中で彼の立場が複雑になっていって、世界(敵)との戦いだけではなく、自分との戦いも描かれているのがよくわかります」と分析。加えて「実は、仲間と協力すると言うスタイルは、自分らしくないけれども、アベンジャーズや、恋人ペッパーの存在によって彼の心が変わっていく、その人間っぽさや、男の人特有の考え方も見られるので、この5作品を見れば、まさにアイアンマンの全てがわかると思います!」と5作通しての視聴を勧めている。  また、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描いたマーベルのテレビドラマシリーズ『マーベル エージェント・オブ・シールド』に出演した俳優の尾崎英二郎は「これだけの規模と作品数で“1つの壮大な世界観”を構築したスーパーヒーローの映画シリーズは存在しません」と断言。「映画の成功から、彼らを陰で支えた人々を描くテレビドラマまでがヒットしました。“全てが繋がっている”というコンセプトの上に生まれた、まるで永遠に続いてくれるかのような英雄伝・新たな神話の如く、驚異的な広がりを見せています。一言に“ヒーロー映画”と言っても、1人1人の個性が際立ち、異彩を放っています。葛藤を抱えながらも、それを乗り越えて平和を守るヒーローやヒロインたちは、どこか身近で、愛嬌があり、そして心強い味方であることが人気の要因だと思います。中でも魅力なのは、アイアンマン。ロバート・ダウニーJr.演じる主人公の人間的な奥行きが、シリーズを重ねるごとに深みを増していきます。仲間と共闘し絆を培い、やがてリーダーとして誰よりも友人たちや社会の人々のことを思うようになっていく…。切れ味のいい挑発的なセリフを次々と繰り出して観客の笑いを呼ぶ彼の存在が、奇跡的な人気を生んだのだと思います」とアイアンマンの魅力に言及した。  これらのコメントからも、今回の連続放送を楽しむ鍵はアイアンマンにあることがわかる。トニー・スタークはなぜアイアンマンになったのか。その後、アベンジャーズを結成し、彼はなぜウルトロンを作ったのか。アイアンマンの視点で、時系列順に作品を観ていくことで、よりマーベル作品の世界を堪能することができるだろう。この5作品を観れば『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をさらに楽しめること間違いなしだ。  全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて、『アイアンマン2』は3月17日(土)22:00から放送、『アベンジャーズ』は3月24日(土)22:00から放送、『アイアンマン3』は3月31日(土)22:00から放送、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は4月7日(土)22:00から放送、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は4月14日(土)22:00から放送。

  • 大内田悠平、山田裕貴、前原滉が浜松を旅する『男子旅』は10月13日放送!

    人気俳優が“ホンキで遊ぶ”旅『男子旅』レギュラー復活! 竹内涼真、出演回も再放送

    エンタメ

     今注目の若手俳優3人が日本各地を旅する『男子旅』が10月6日よりレギュラー番組として復活することがわかった。新たにスタートする放送では、毎月、新エピソードが2話ずつ登場。初回の10月6日の放送では勝地涼、笠原秀幸、郭智博が能登を、10月13日放送回では山田裕貴、前原滉、大内田悠平が浜松を旅する。@@cutter 『男子旅』は、今注目の若手俳優3人が、ロードバイクや車等で「神宿る処」を廻り、明日へのエネルギーを充電する“ホンキで遊ぶ”旅を決行する姿を描く番組。人気の俳優たちが、ホンキで遊び、本音で語り、ハプニングに笑い、旅を通してさらにお互いを理解し、発見していく様子が話題を呼んでいる。  さらに、ドローン撮影等を駆使した日本各地の圧巻の絶景や、その場所ならではのグルメ、地元の人との出会いも見どころだ。  また、2016年に放送され、好評だった旅の再放送も決定。10月20日には千葉雄大、久保田悠来、磯崎亮太の北海道知床の旅、10月27日には矢野聖人、竹内涼真、福山康平のしまなみ海道の旅が放送される。  『男子旅』は、全国無料のBSテレビ局Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:258)にて、10月6日(金)23時55分から放送スタート。

  • ハリウッド版『水戸黄門』!? 超個性派メンバーが難事件を解決『NCIS』が熱い!

    ハリウッド版『水戸黄門』!? 超個性派メンバーが難事件を解決『NCIS』が熱い

    海外ドラマ

     全米ドラマ視聴率8年連続No.1を記録した、大ヒットドラマ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』。本国アメリカのみならず、日本でも高い人気を誇る作品で、新シーズンが放送される毎に話題を呼んでいる。“犯罪捜査”ドラマには、高い視聴率を取り続ける人気作が数多く存在しているが、その中でも、一際、日本で高い人気を誇っている『NCIS』の魅力はどこにあるのだろうか。人気の理由をひも解いていくと、日本の超長寿ドラマ『水戸黄門』と繋がる魅力が見えてきた。@@cutter 『NCIS』は、ワシントンD.C.を拠点として活動する海軍犯罪捜査局(NCIS)を舞台にした捜査ドラマ。NCISの特別捜査官であり、元海兵隊一等軍曹のスナイパーという経歴を持つ、リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン)が、個性豊かな部下や仲間たちとともに、アメリカ海軍やアメリカ海兵隊の将兵が関わる事件を捜査していく。  ストーリーは1話完結で(1)事件発生(2)リーダーの基で得意分野を活かしたメンバーが捜査(3)事件が解決して一件落着、という明快な順番で物事が進んでいく。単純な展開と思わせておいて、1話1話深いテーマがあるのは、さすがの一言。犯罪捜査ドラマなのに、なぜか見ていると安心感も生まれ、全米で大ヒットしたことも1回見るだけで納得できる。  この定番でありながら、絶対的な構図は、あの『水戸黄門』にも共通する部分があると思う。『水戸黄門』も、1話完結の明瞭なストーリー展開で、黄門さまをリーダーに、助さん、格さん、そして八兵衛や飛猿、弥七らが絶妙なチームワークで毎回、旅先で起こる数々の事件を解決していく。  NCISの個性豊かなメンバーたちも、チームを率いるギブスは、ロマンスグレーのイケオジ?で、厳しさと優しさを兼ね備えたまさに黄門さま。正義感が強いものの、お調子者で、女好きなトニー(マイケル・ウェザリー)は助さん、オタク気質だがコンピューターの知識では誰にも負けない真面目なマクギー(ショーン・マーレイ)は格さんと言ったところだろうか。そのほかにも、ゴシックファッションを身にまとう科学捜査のスペシャリストのアビー(ポーリー・ペレット)、ベテラン検死官のダッキー(デビッド・マッカラム)など強いキャラクター性を持つメンバーたちが、頼り甲斐があり、絶対的なリーダーであるギブスを中心として、事件を解決していくのだ。@@separator そして、キャラクターを丁寧に描き、魅力的な人物に仕上げていることも、二つの作品に共通する魅力だ。『NCIS』では、チームのメンバーたちが得意分野を生かして捜査を行い、事件を解決するというのが主軸となるストーリーであるが、それに加え、メンバーの過去や家族関係、プライベートをシーズンを通して描いており、それによって視聴者はより物語にのめり込むことができる。そして、『水戸黄門』も同様に、それぞれに過去やプライベートがあり、助さん格さんもともに結婚、格さんにいたっては一男一女ももうけている。キャラクターを深く描いているからこそ、感情移入しやすい人物ができあがることに加えて、“飽きさせない”ということにも繋がり、長く愛される作品となっているのだろう。  さらに、『NCIS』も『水戸黄門』も一筋縄ではいかない事件もあるが、基本的には「勧善懲悪」の世界が描かれているという共通点がある。必ず、「一件落着」すると思いながら見ることができるからこそ、家族で安心して楽しめるお茶の間ドラマになっている。  この「安心感を持てる」ということが、日本で長く愛されるドラマの1番の要因ではないだろうか。是非、この秋は家族で楽しめる「正統派」ドラマを堪能してみて欲しい。  『NCIS ネイビー犯罪捜査班』シーズン3は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、月曜から水曜22時より放送中。

  • 『男子旅』に出演する大久保祥太郎、志尊淳、根岸拓哉にインタビュー

    志尊淳「素の状態で楽しんだ」 根岸拓哉&大久保祥太郎と北海道で“男子旅”

    エンタメ

     注目の若手俳優3人がロードバイクで日本各地を旅するDlifeのオリジナル番組『男子旅』。2016年8月、スペシャル番組としてスタートし、大好評を博したことからレギュラー番組として全10回をオンエア。そして、2017年の夏、Dlife開局5周年スペシャル番組として、さらにパワーアップして帰ってきた。今回は、同じ事務所でプライベートでも仲がいいという志尊淳(22)、根岸拓哉(21)、大久保祥太郎(21)の3人が、神宿る処、北海道・神威岬を目指し、洞爺湖から積丹半島を駆け抜ける。雄大な大自然を舞台に、さらに絆を深めた3人が、旅の思い出を熱く語った。@@cutter 北の大地に降り立った3人は、羊蹄山の元で川遊びやツリーハウスを堪能し、ウニや話題のシメパフェに舌鼓。さらに、積丹ブルーの息を呑む絶景を求めて海に潜り、神秘の世界にも挑んだ。「これでいいのかな?と思うくらい、仕事を忘れて素の状態で旅を楽しんだ」という志尊。「確かにほぼ普段の姿」と大久保が同意すると、一方で、「普段の会話がたくさん見られるので、そこはちょっと恥ずかしかった」と照れる根岸。「時折、真面目な顔をすると笑ってしまう」という3人は、今回の旅で“素の自分”をさらけだしたようだ。  最年長ということでリーダーを務める志尊と、ちょっとふざけるのが好きな弟キャラの根岸、その間に大久保が入ってバランスを保つという絶妙な関係性は、長年の付き合いの賜物。それでも、今回の旅で意外な一面が垣間見られたという。志尊に対して大久保は、「やっぱり、年上だからか、まとめるのがうまいなぁって思いましたね。あとは、僕たち2人といるときは、普段、テレビで観るときと全く違う顔をしているので、そこは視聴者の皆さんにとって面白いんじゃないですかね」とポイントを伝授。  根岸に対して志尊は、「ふざけても、あとで改めてメールしてきて謝ってきたりっていうのが意外でした。恋愛や仕事のこととか、真面目な話も結構したしね」と語ると、大久保は、「ロードバイクで坂を登るときに、意外と負けず嫌いだなぁって思いましたね。いつスイッチが入るかわからない。あとは、改めて身長がでかいなぁって思いました(笑)」と楽しそうに振り返る。そんな大久保について志尊は、「みんなに合わせる対応力がやっぱり凄い。今回も根岸がふざけているときは合わせるし、僕がまとめるときはついてきてくれる。バランスをとるところが、さすが子供の頃からこの世界にいるだけあるなぁって改めて思いました」と称賛した。@@separator また、とくに思い出に残っている場面を聞くと、3人そろって“ダチョウの牧場”を挙げる。「たまたま牧場へ行こう!ってなったときに、頭の中で“牛の乳搾りをして、それを飲んで、アイスとか食べて”って勝手に想像していたら、なんとダチョウの牧場だったんです!」と目を丸くする志尊。  さらに、「あれ?おかしいな?いやいや、牛もいるだろうと思って見渡してもいない。しょうがないのでエサをあげてみたら、軍手はつままれるし、指を噛まれるし、とにかく怖い。なのにディレクターさんから、“中に入ってみようか”って言われて入ったら、今度は飼育員さんから、“ダチョウの後ろ蹴りはライオンでも一撃”って脅かされて。そうしたら、ボスのダチョウが僕らに気づいて、全員を引き連れて襲ってきたんですよ!エサ投げて逃げました」と興奮気味に語ると、根岸も大久保も大笑い。「いやぁ、改めてテレビって怖いなぁって思いました」と、最後は志尊が冗談まじりに締めくくった。(取材・文・写真:坂田正樹)  Dlife開局5周年スペシャル『男子旅~北海道・ニセコ~』は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて8月18日23時~24時放送。

  • 『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』放送記念イベントに登場した杉山すぴ豊氏、花輪英司、C.B.セブルスキー氏

    『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』放送記念イベントにマーベルファン集結!

    アニメ・コミック

     最新マーベルTVアニメ・シリーズ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』の全世界初放送を記念して、都内でマーベルファン約40名を招いた試写&トークイベントが行なわれ、アイアンマン(トニー・スターク)役の声優・花輪英司とアメコミ評論家の杉山すぴ豊氏が登壇。“マーベルの魅力を未来へつなごう!”と題して熱く語り合った。また、イベント終盤にはシークレットゲストとして、マーベル・エンターテイメント バイスプレジデントのC.B.セブルスキー氏が登場し、観客からの質問に真摯に答えた。@@cutter 本アニメは、マーベルのキャラクター原案・監修のもと、ウォルト・ディズニー・ジャパンが3年ぶりに国内製作を手掛けた完全オリジナルのストーリー。アイアンマンやキャプテン・アメリカなどマーベル・ヒーローたちで結成した最強チーム“アベンジャーズ”に加え、悪の組織ヒドラの遺伝子操作によって創り出された超人的能力を持つマコトら少年たちによる“フューチャー・アベンジャーズ”が登場し、ヴィランたちとの壮絶な戦いを通して成長していく姿を描く。  3年前に日本で製作された『マーベル ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』が大好きだったという杉山氏は、「あれから3年、本作の製作が発表された時、国内外で凄まじい反響だった」と述懐。「スタッフはほぼ同じですが、じゃあ、声は誰がやるんだ?って話になったとき、こちらも前作をほぼ踏襲し、アイアンマンはもちろん花輪さんだった!」と嬉しそうに語る。「ここでリパルサー!って叫んでくれる?」と杉山氏がムチャぶりすると、花輪は「前作と今回の新作とは微妙に違う」と解説した上で2パターン披露。これを聞いた杉山氏は、「新作のほうがより破壊力を増したようだね」と独自の視点から感想を語っていた。  内容については、「前作は、主人公が普通の子供たちだったので、あまり危険なところへは行けなかったけれど、今作は超能力者なので、どんどん危険な戦いに挑んでいるところが面白い!」と進化した物語を評価。これに対して花輪も、「毎回、次はどんなヴィランが出てくるのか、ワクワクしながら観ることができますね」と追随する。  さらに杉山氏は、「マーベル作品の人気を支えていく新しい世代を育てるためにも、この作品の面白さを次世代に伝えいくことは私たちの使命。マーベルのTシャツを着た子供がいたら「君、センスいいね!」と褒めちぎったり、生まれてきた子供には本作の主人公と同じマコトという名前を付けてもらったり、とにかく何でもいいからファンを増やしたい」と会場の笑いを誘いながら熱く語る。  そんな中、観客から「本作のキャラクターが、凄く人気が出たら、今後、マーベルコミックスに出る可能性はありますか?」というストレートな質問が飛ぶと、セブルスキー氏は、「イエス!」と躊躇なく断言。「すでに我々は、ここに出てくるキャラクターをどういう風にマーベルコミックスの中に入れようか、という話を進めているよ!」とうれしいサプライズ発言が飛び出した。  TVアニメ・シリーズ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、7月22日(土)8:00~世界初放送スタート。

  • 『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』編成枠

  • アイアンマン、都内の小学校に現れる!「マーベル特別授業」にサプライズ登場

    アイアンマン、小学校に現れる!「マーベル特別授業」にサプライズ登場

    アニメ・コミック

     テレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』が、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)で全世界初放送されるのを記念して、10日に都内の小学校にて「マーベル特別授業」が行なわれマーベル・エンターテイメント バイスプレジデントのC.B.セブルスキー氏が登壇。“未来のアベンジャーズを目指そう!マーベル・ヒーローの魅力”をテーマに、小学3~4年生の生徒約60人の前で熱弁を振るった。また、授業終盤、サプライズゲストとしてアイアンマンが登場すると、生徒たちから大きな歓声が沸き起こった。@@cutter 本アニメは、マーベルのキャラクター原案・監修のもと、ウォルト・ディズニー・ジャパンが3年ぶりに国内製作を手掛けた最新テレビアニメ・シリーズ。アイアンマンやキャプテン・アメリカなどマーベル・ヒーローたちで結成した最強チーム“アベンジャーズ”に加え、悪の組織ヒドラの遺伝子操作によって創り出された超人的能力を持つマコトら、少年たちによる“フューチャー・アベンジャーズ”が登場し、ヴィランたちとの壮絶な戦いを通して成長していく姿を描く。  教壇に立ったセブルスキー氏は、「私たちマーベルは、映画やコミック、アニメ、オモチャなどいろいろなものを作っていますが、一番大きな仕事は“ヒーロー”を作ること。私たちは強くて華やかなスーパーヒーローだけがヒーローだとは考えていません。むしろ、真のヒーローは、スーツの中にいる人間たちだと考えています」と強調する。  アベンジャーズをはじめ、今回のアニメにも登場するヒーローたちも派手なスーツを着ているが、「それは戦うための“制服”に過ぎない」と語るセブルスキー氏。「マーベルが伝えたいのは、どんな国の、どんな人でも、本当にいいことをして、正義の味方としてがんばっていれば、誰でもヒーローになれるということ。そして、年齢も関係ありませんし、特別な能力がなくても大丈夫。毎日、お父さん、お母さんのお手伝いをする、友達が困っていたら助けてあげる、そういう小さな積み重ねがやがてパワーになって、ヒーローになれるんです」と熱い思いを語った。  Q&Aコーナーでは、さまざまな質問が飛び交い、セブルスキー氏も真摯に対応。中でも「アベンジャーズはいつ誕生したのですか?」という問いに、「1962年だから55年前。なんと『ドラえもん』より古いんだよ!」と答えると、「おおーっ!」という大きなどよめきが。さらに、授業終盤にサプライズゲストとしてアイアンマンが教室に現れると、この日一番の大歓声が沸き起こり、子供たちは大興奮。最後はみんなで記念写真を撮ったり、握手をしたり、子供たちにとっては最高の授業となったようだ。  テレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』は、Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて7月22日より世界初放送スタート、毎週土曜8時~8時30分放送、再放送は毎週月曜18時より放送。

  • 日本オリジナル新テレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』Dlifeで世界初放送!

    日本オリジナルTVアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』7.22世界初放送!

    アニメ・コミック

     全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル:BS258)は、マーベルのキャラクター原案・監修のもと、ウォルト・ディズニー・ジャパンが3年ぶりに国内製作を手掛けたテレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』を7月22日より全世界初放送することを発表。あわせて、同作のキービジュアルも公開した。@@cutter 同作は、映画でもお馴染みのアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ハルク、ソー、ワスプなど、マーベル・ヒーローたちで結成された最強チーム「アベンジャーズ」に、悪の遺伝子操作によって創り出された超人的能力を持つ少年たちが弟子入りし、“フューチャー・アベンジャーズ”としてヴィランズと戦いながらヒーローへと成長していく姿を描くアクション・アドベンチャー。  悪の組織ヒドラの遺伝子操作によって創られた少年戦士たち(マコト、アディ、クロエ)を救ったアベンジャーズは、未熟だが超人的能力を持つ少年たちを“フューチャー・アベンジャーズ”として弟子入りさせ、スーパー・ヒーローにすべく徹底的に鍛えることに。やがて成長した少年たちはアベンジャーズとタッグを組み、地球存亡を懸けて悪に立ち向かう。  アニメーション制作は、国内で数々のヒット作を生み出すマッドハウス社が担当。マーベルの世界観をそのままに、特殊能力を使った技とバトルシーン、そしてアベンジャーズが、少年たちの成長に心を動かす様子は、国内オリジナル製作ならでは見所だ。  テレビアニメ『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』は7月22日より世界初放送スタート、毎週土曜日8:00~8:30(再放送:毎週月曜18:00~)。

  • MVやCMなど話題の作品を数多く手がけるダンスユニット「HIDALI」

    嵐も安室奈美恵も欅坂46も惚れた! 話題のダンスユニット「HIDALI」とは?

    エンタメ

     ミュージックビデオ(MV)やCMなど巷で話題になっている動画の振り付けを数多く手がける、ダンスユニット「HIDALI」をご存知だろうか?嵐の『GUTS!』や『誰も知らない』、デビュー15周年のハワイライブの構成と振り付けを始め、人気沸騰中のアイドルグループ欅坂46の『僕たちの戦争』の振り付けも担当する日本屈指の振付師集団だ。今回は、そんな多くのアーティスト、企業が熱い視線を送っている注目の「HIDALI」を紹介したい。@@cutter 「HIDALI」は、世界的ダンスグループ「無名」「WORLD ORDER」の元メンバーだった野口量、笹尾功、叶実花子を中心に2013年3月に設立されたクリエイティブカンパニー。空間を活かした作品づくりをモットーに、MVやアーティストの振付演出、ライブファッションショーのステージングなど幅広く活動している。  前述の嵐、欅坂46を始め、NHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングとなった、安室奈美恵『HERO』のMV振り付けも担当。最近では、2016年12月20日に開催された「YouTube FanFest Japan 2016」のピコ太郎PPAPライブステージ、りゅうちぇるが出演し、クールな“イケちぇるダンス”を披露して話題となった「スーツのはるやま」のCMなど、多数のメディアで活躍している。  さらに、還暦を超えたダンサーのトリ(TORI)が着物姿でストリートダンスを踊る動画の振り付けも「HIDALI」が担当。おばあちゃんが表参道の路上で、クールに踊る姿は、日本のみならず世界中で話題を呼んだ。  その他にも数えきれないほど話題作を手掛けている「HIDALI」が、新たに手掛け注目を集めているのが、シンガーソングライターchayのキュートなダンスが印象的な「海ドラに恋して」。この楽曲は、全国無料のBSテレビ局「Dlife」の開局5周年を記念して制作されたもので、「蹴れば壊れる ドアもろすぎない?」「いつ寝てんの? この主人公」「やたら出てくる大統領」など思わず笑ってしまうような“海外ドラマあるある”がテンポのいいリズムとダンスにのせて楽しそう紹介されている。海外ドラマを見たことがある人はもちもん、海外ドラマを見たことがない人でも楽しめる内容になっているので、是非チェックしてみて欲しい。「海外ドラマって面白そう!」と感じてもらえるはずだ。  また、普段は、ギターを弾きながら歌っているchayが、この楽曲では初めてダンスを披露。手の動きや表情で、歌詞を表現したダンスは、思わず真似したくなってしまう可愛さだ。Dlifeの公式ツイッターにも「この曲可愛いし、振り付けも可愛い。覚えたい」「chayちゃんが踊ってる!!かわいー!」といった声が寄せられている。公式サイトでは、「HIDALI」による振り付けレクチャー動画も公開されているので、キュートなダンスをマスターしてみるのはいかがだろうか?

  • 圧倒的な臨場感が話題のドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』

    『コード・ブルー』だけじゃない!“コード”がタイトルになっている日米話題のドラマを紹介

    海外ドラマ

     山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、浅利陽介ら豪華出演者たちが、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターとして活躍するドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命~』(フジテレビ系)。7月から待望の新シリーズがスタートすることが発表され、歓喜したファンも多いのではないだろうか?実は、ドラマのタイトルにもなっている「コード・ブルー」は、医療界ではよく知られた専門用語。ブルーの他にもレッド、オレンジ、ホワイトなどさまざまなカラーで“現場の状況”を表している。そこで、今回は日米の医療ドラマで“コード”をタイトルにしている話題のドラマをご紹介したいと思う。@@cutter そもそも、「コード」とは、アメリカやカナダ、オーストラリアといった諸外国の医療、事故、犯罪現場において使用される専門用語で、多くの人が瞬時に情報を共有するために用いられる言葉だ。  冒頭でも少し触れたが、2008年に初放送されて以降、大好評を博した『コード・ブルー~ドクターヘリ救急救命~』をまずは紹介したい。タイトルにある「コード・ブルー」は心肺停止などの重症患者が発生したことを表す言葉だ。ドラマでは、フライトドクターとして一時を争う現場で命を救うことに奔走するドクターたちの姿が描かれており、タイトル通りの緊迫感と生死の境で繰り広げられる人間ドラマが見どころとなっている。  7月からの新シリーズでは、ドクターヘリ専門研修を終え一人前に成長した藍沢耕作(山下)、白石恵(新垣)、緋山美帆子(戸田)、藤川一男(浅利)がかつての自分たちのような未熟な医師たちを教える立場になり、新たに生まれた迷いや葛藤と向き合う姿を活写する。  次に紹介するのはアメリカ発のドラマ。搬送患者が多すぎて救急処置室(ER)のリソースが足りない状態を指す「コード・ブラック」をタイトルとした『コード・ブラック 生と死の間で』を紹介したい。これまでにも『ER』や『クレイズ・アナトミー』など、数々の医療ドラマが世界的ヒットを記録したアメリカでも異色の医療ドラマで、その圧倒的なリアリティが話題となっている。@@separator 本作は、全米でもっとも忙しい架空の病院、LAのエンジェルス記念病院のERを舞台に、医師や看護師たちが患者の命と向き合う姿を描いたドラマ。患者数が許容量を超える「コード・ブラック」が起こるのは、通常、年間平均5回といわれる。しかし、エンジェルス記念病院では年間300回にも及ぶ。数秒で患者の命を判断しなければならないERで、ドクターたちは圧倒的スピードと医療スキル、チームワークを駆使し、患者を救うべく奮闘する。  このドラマ、なんといってもその圧倒的な臨場感がすごい。次々と患者が運び込まれ、あちこちで命のやりとりが行われる。まさに、自分がそこにいるかのような騒々しさと緊張感、緊迫感が画面からリアルに伝わってくる。長々と人間ドラマが語られるわけではないのに、患者たちの背景もしっかりと見るものに印象付けられ、どの命も決して軽くないことを実感する。  そして、主人公の指導医リアン・ロリッシュを演じるのはオスカー女優のマーシャ・ゲイ・ハーデン。同僚からは“パパ”と呼ばれる彼女は、リスクの高い治療方法で命を救うことで有名。そんなハーデンを始めとした登場人物たちそれぞれが抱える悩みや孤独、傷が見え隠れし、余白を想像せずにはいられない。ドハマリ必須のドラマだ。  『コード・ブラック 生と死の間で』は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、5月13日から日本初放送。

  • 『ラプンツェル あたらしい冒険』でラプンツェルの日本語吹替えを担当した中川翔子

    中川翔子、“ラプンツェル”との出会いに感謝! 32歳になった“今”想うこととは?

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットを記録した、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』の半年後を描いたテレビアニメーション『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章となる『ラプンツェル あたらしい冒険』で映画同様、ラプンツェルの日本語吹替えを担当した中川翔子。6年前の映画公開時「大きな夢がかなった」といっていた中川だったが、映画以上にセリフがあり、しかも新曲を含む歌も披露することに「映画公開から6年後の未来に、まさかこんな嬉しいことが待っているなんて」と喜びを爆発させた。彼女の芸能生活のなかで、「ラプンツェル」との出会いは、とても大きなものだったという――。@@cutter 「すごく落ち込んだときや、何か新しいことをするとき、いろいろなタイミングで繰り返し『塔の上のラプンツェル』を観ているぐらい、自分のなかにはいつもラプンツェルの存在があったんです」と語った中川。映画公開から6年、そんなラプンツェルは「あたらしい冒険」として中川の、そしてファンのもとに帰って来た。  「映画のアフレコをしたときは、25~6歳ぐらいだったのが、もうレベル32(32歳)になる年なんです。自分のなかの32歳って、父が亡くなった年でもあって『この年を自分は超えられるのかな』とか『30代ってどうなっていくんだろう』と、とても意識していた年齢なんです。そんな年に、こうしてまた素晴らしい作品に出会える運命に感謝です」。  「どうなるか分からない」と思っていた30代。しかし、現在の中川は、声優をはじめ、ライブやミュージカル、ドラマや映画など、非常に精力的に幅広い活動をしている。「本当にありがたいことに、いろいろなチャレンジをさせていただいていますが、そんな私の人生と、今回のラプンツェルの新しい冒険とが重なっているような気がしていて、そういう意味でも本当に大切な作品になりました」。@@separator また本作では、歌唱シーンも中川が担当しており、『美女と野獣』や『アラジン』などディズニー映画で数々の名曲を手掛けたアラン・メンケンの新曲を華麗に歌い上げている。「ものすごいプレッシャーでした。普段の自分の歌い方とは違い、ラプンツェルとしての息遣いや、吐息交じりにしてみたりと、音響監督の方と話し合いながら進めていきました。アラン・メンケンさんの書き下ろしの曲もメチャクチャ良くて『末永く愛されますように』という気持を込めて歌いました」と熱い思いを語った。  中川がラプンツェルに共感する理由は、自身と似ているところだという。「塔の中に閉じ込められてしまったからという部分もありますが、趣味をいっぱい見つけて好きなことを楽しむ名人なんですよね。母と二人暮らしだったり、友達は動物だけみたいな部分も、私も猫が友達だったり、家の中の趣味ばっかりだったりするので似ているんです。まあ、私は自主的に引きこもっているのですが(笑)。情緒不安定なシーンもすごく共感できるんです。私もコンサートの前とか『自分なんか消えてしまえばいいのに』って思っているのですが、幕が開くと『行くぞ!』みたいにテンションが上がったり…。そういう部分が自分とリンクしてすごくリアルなんです」。  「物語自体は6年前の映画で完結しているし、絵のタッチも変わっている。『大丈夫なの?』って思う人もいるかもしれませんが、ご安心ください。間違いなく表情、出てくるキャラクターを含め、よりパワーアップして、ファンは絶対満足できる作品になっています」とラプンツェル好きの中川も太鼓判を押す本作。「ラプンツェルの声を続けられるように、長生きしたい。100歳までラプンツェルを演じられるという新しい夢に挑戦していきたいです」と目を輝かせながら語ってくれた。(取材・文・写真:磯部正和)  『ラプンツェル あたらしい冒険』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて5月14日(日)18:05~日本初放送。

  • 『ラプンツェル あたらしい冒険』は5月14日放送

    『ラプンツェル あたらしい冒険』 放送日時決定! 中川翔子が歌う新曲も初公開

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットした映画『塔の上のラプンツェル』のその後を描くテレビアニメーション『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章となる長編アニメーション『ラプンツェル あたらしい冒険』が5月14日よりDlifeで日本初放送されることがわかった。また、ラプンツェルを演じる中川翔子がシリーズとしては初めて歌唱を担当した、歌唱シーン映像も公開された。@@cutter 本作は、2011年に劇場公開された『塔の上のラプンツェル』の6ヵ月後を描いた物語。晴れて両親の元にユージーンと戻り、幸せな生活を取り戻したラプンツェルだったが、プリンセスとしての王宮での慣れない暮らしやしきたりを窮屈に感じ始める。天真爛漫で探究心が旺盛なラプンツェルは、自分のさらなる可能性を信じて、もっと外の世界を知りたい!と切望し、そして…。  今回の放送日時決定に合わせ公開された映像では、中川が「ラプンツェルといえば歌ですよね。私は声の吹替と歌も担当しています」と、新曲「髪に風うけて」を紹介。その後、ラプンツェルが金色の髪をなびかせて、お城を抜け出し、また悪者に立ち向かう姿と共に、同曲を歌い上げるシーンが公開された。同曲は、『美女と野獣』や『アラジン』などディズニー映画の名曲を手がけた、天才作曲家アラン・メンケンによる楽曲。耳に残るキャッチーなメロディを中川が伸び伸びと歌い上げている。  『ラプンツェル あたらしい冒険』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて5月14日18時5分より放送。また、6月にはディズニー・チャンネルでの放送も決定している。

  • 『ラプンツェル あたらしい冒険』Dlifeオリジナルポスターアート公開!

    ラプンツェルの“大人っぽい”キュートなビジュアル解禁! 続編が5月に日本初放送

    アニメ・コミック

     世界中で大ヒットを記録した、ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のその後を描くテレビアニメーション『ラプンツェル ザ・シリーズ』の序章となる『ラプンツェル あたらしい冒険」のポスターアートが解禁された。これまで公開されていたキービジュアルとは違い、復活した長い金色の髪を抱える、大人っぽいラプンツェルが、大親友のカメレオンのパスカルとともに描かれている。@@cutter 本作は、2011年に公開された『塔の上のラプンツェル』の6ヵ月後を描いたテレビアニメーション。晴れて両親の元へユージーンと戻り、幸せな生活を取り戻したラプンツェルは、家族やユージーンの愛に包まれた生活を送る反面、プリンセスとしての王宮での慣れない暮らしやしきたりを窮屈に感じ始めていた。天真爛漫で探究心が旺盛なラプンツェルは、自分のさらなる可能性を信じて、もっと外の世界を知りたいと切望し始める。  映画『塔の上のラプンツェル』のラストで、ユージーンを救うために茶色く短くなったはずのラプンツェルの髪の毛だったが、本作ではまた長く金色の髪が復活。また、『美女と野獣』や『アラジン』など、数々のディズニー作品の名曲を手がけた作曲家アラン・メンケンが新曲3曲を含むすべての音楽を手がけているところも見どころとなっている。  ラプンツェル役は映画と同様、中川翔子が担当し、歌唱シーンを含め、すべての吹替えを担当している。中川は「またラプンツェルの声を演じることができて嬉しいです。ラプンツェルは好奇心の固まりで、一歩踏み出す勇気や、冒険に向かっていく勇敢な姿、周りの人を元気にしたりと私の憧れのプリンセスです。テレビシリーズでは、見たいと思っていたラプンツェルの姿がたくさん見られる作品になっています」と本作についてコメントを寄せている。  『ラプンツェル あたらしい冒険』は、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて5月日本初放送。

  • 「Dlife×BSフジ」海外ドラマ特集 サムネイル

  • コールソン役のクラーク・グレッグとコールソン役の声優・村治学がファンイベントに登場

    クラーク・グレッグ初来日、『アベンジャーズ』コールソン復活の秘話を語る!

    海外ドラマ

     海外ドラマ『エージェント・オブ・シールド』のコールソン役で人気の俳優、クラーク・グレッグが初来日。日本でのシーズン3の放送開始などを記念して、26日、都内にてファンイベントを開催した。クラークはステージに登場するなり、「こんにちは」「ありがとうございます」と日本語で挨拶、集まったファンを湧かせた。@@cutter 「Dlife開局5周年スペシャル 第1弾 マーベル・サタデー」として来年1月よりオンエアされる『マーベル エージェント・オブ・シールド シーズン3』。同シリーズは大ヒット映画『アベンジャーズ』のスピンオフドラマで、映画同様ジョス・ウェドン監督や原作者スタン・リーらが製作総指揮を担当し、国際平和維持組織シールドの活躍を描く。  その最新作となるシーズン3では、スーパーパワーを使える“インヒューマンズ”の存在で世界が混乱する中、フィル・コールソン率いるシールドが彼らを保護しようと活動を続ける。『アイアンマン』『アベンジャーズ』などに登場し、切れ者でありながら部下への信頼が厚い理想の上司として人気のコールソンを演じるのがクラークだ。  この日のイベントでは、冒頭での挨拶に続き、「日本食が大好き」「お寿司のメニューは大体日本語で言える」と日本びいきなところを見せたクラーク。今回の来日でも東京に滞在後は京都も訪れるという。  コールソンの魅力について、「普通の人間であって、死ぬこともある。『アベンジャーズ』の中で死んでしまうんですけど、ファンの方々がSNS上で“ハッシュタグ”を使ったムーブメントを起こしてくれて、マーベルとディズニーから『もしかしたらコールソンは死んでいないかも』ということになり、ドラマにまでなった」と笑う。そして「どこにでもいる普通の男の唯一の取り柄が、周りにいる人の親身になるというところ」が愛されるポイントだという。  イベントでは、コールソンの吹替えを担当する声優・村治学も登場。村治は「『思わず、わ!本物や~』と思いました」と初対面の印象を語り、「とても優しい方。他の日本版キャストの声優も一緒にいましたが、クラークさんから写真を撮ろうと声をかけてくれました」とエピソードを紹介した。するとクラークは、会場にいた日本語版キャストたちをステージに呼び寄せ、「ロスに帰ったら脚本家に『エージェント・オブ・シールド』を東京で撮りたいと話すよ」とリップサービスした。  『マーベル エージェント・オブ・シールド シーズン3』は全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、2017年1月21日21時より放送。また、ブルーレイ&DVDのリリースはセル、レンタルとも2月3日開始。

  • 『セカイマ!』囲み取材会に出席した、小籔千豊

    小籔千豊、休養中の後輩・ノンスタ井上にメッセージ「真摯に対応していただけたら」

    エンタメ

     お笑い芸人の小籔千豊が14日、都内にて行われたBSテレビ局・Dlifeの新番組『セカイマ!』の囲み取材会に登壇。その中で、当て逃げ事故を起こし休養中の芸人仲間・NON STILE 井上裕介に対して、小籔は「ちゃんと被害者の方に対応して、頑張ってもらいたいなと思います。真摯に対応していただけたら」とメッセージを送った。@@cutter 2017年3月に開局5周年を迎える、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)。その新番組の『セカイマ!』は、人気芸人・小籔千豊が、ファッション、趣味、 ゴシップ、セレブ、グルメ、エンターテインメントなどのジャンルから、独自目線でトピックスを厳選。オトナ女子に「世界の今」を届けるSNS発信の情報エンターテイメント番組となっている。   小籔はキャスティングされたことを聞いた時「俺でええんかと思った。もうちょっと男前のやつのほうがいいのでは」というが、「まあ、僕くらいブサイクなほうがリアルなんかなと。初めてブサイクに生まれてよかったなと思いました」と話し、笑いを誘った。  番組では小籔がパジャマ姿になり、ゆったりとした雰囲気で進行していくが、「他のバラエティより自分の素に近い、嫁はんや子どもたちとおる時に近い」状態だという。  最後に「楽しいお休みを過ごして明日から1週間頑張らなあかんなという時に、ぼーっと観るにはいい番組かなと思います。月曜日からまた頑張るためのサプリのような存在になればと思います」とアピールした。  Dlifeオリジナル番組『セカイマ!』は2017年1月15日(日)よりスタート(毎週日曜23時55分~24時25分)。

  • 人気イラストレーター・カツヤマケイコさんが話題の海外ドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』を紹介!

    女性初のワトソン君! ルーシー・リューの美しさにカツヤマケイコさんもメロメロ

    海外ドラマ

     的確なコメントとキュートなイラストで女性を中心に人気を集めるイラストレーターのカツヤマケイコさん。3児のママであるという境遇も多くの女性から共感を集めているカツヤマさんが、オススメの海外ドラマを紹介するコラムも3回目となった。今回は、あの世界的に有名な名探偵、シャーロック・ホームズが現代のニューヨークで活躍する姿を描く『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』をご紹介!“シャーロックもの”のドラマは数多く製作されているが、そのいずれも未見というカツヤマさん。果たして本作の感想は!?@@cutter 今回紹介するのは『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』。主役はジョニー・リー・ミラーとみんな大好きルーシー・リューです!みなさん、ルーシー大好きですよね?ドアジア顔でいわゆる欧米型美人ではないルーシーが、アメリカ、ハリウッドで活躍しているのを見て、嬉しくなってしまうのは私だけでしょうか…。アジア人だってアメリカで活躍できるんだぞ!という誇らしい気持ちになります。ルーシー、日本どころか中国出身でもなく、生まれも育ちもニューヨークだっつーのに。  ルーシーを応援している自分の、欧米人の造形の憧れ、平たい顔族のコンプレックスが、否応なしに浮き彫りになってしまいます。しかしアンジーの彫刻のような顔を美しいと憧れる一方で(あ、ちなみに主演のジョニー・リー・ミラーはアンジーのもとダンナですね)本当にルーシーが美しいと思うのです。知的な佇まいや品のある雰囲気も込みで。日本の男性もおめめパッチリ、目頭が切れた顔ばっかりヨシとせず、ルーシーのようなアジア的美しさにも目を向けてほしい。昔よく飲みに行っていた店のバーテンが「好みのタイプは冨永愛」と言って、私の中でめちゃくちゃ評価があがった。って何の話やねん。ルーシーの話と己のコンプレックスの話しかしてないやんけ。  気を取り直し、肝心のドラマの内容ですが、なんとこれ、NYが舞台の現代版『シャーロックホームズ』なんですよ。って全部タイトルに盛り込まれてるから想像はついていたでしょうけど。『シャーロックホームズ』といえば最近では、ロバート・ダウニー・Jr.の『シャーロックホームズ』、ベネディクト・カンバーバッチの『SHERLOCK』と、さんざんこすられていることもあって「またシャーロック!?」と上記2作品を見てもないのに食傷気味の私。しかしこの作品、舞台NYって以外にも、大胆なアレンジがされているのです。@@separator くだんのルーシーはなんと名前もそのまま「ワトソン君」の役なんですよ!初の女性ワトソン君!斬新!しかもジョニー演じる主役のホームズは薬物依存者で、更正のためにロンドンからニューヨークに来たという設定。草葉の陰のコナン・ドイルの心中やいかに…。そして毎度起こる事件や、それを解決する二人の活躍は、私なんかが語れるレベルではありません。  なんてったって小学生の頃に毎週見ていた『火曜サスペンス』と『土曜ワイド劇場』が私の「サスペンスドラマ」のベース。それ以降はほとんどサスペンスドラマを観ないまま現在にいたっているので、クライマックスに崖が出てこないだけでももう「しんせーーーん!」となるレベルなんですよ。  なので毎回の事件、推理、真相には「おおおおほっほほおお~!!」となっています。(何その感想…)一体誰がこんな推理劇を考えるんだろう…。私が想像する「推理」の範疇を(といっても時刻表睨むレベルなんですけどね)超えすぎていて唸るしかない。  ロンドンで何かあったっぽいホームズ自身の謎やホームズとワトソンがこの先恋愛関係に発展するのかなど、シーズン通して気になる要素もたくさんあるし、ルーシーの話ばっかりしてたけど、アンジーに生気を吸い取られたのか『トレインスポッティング』以来パッとしなかったジョニーの活躍もこれから期待したいと思ってます。  『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン1は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、毎週日曜23時から放送中。

  • 人気イラストレーター・カツヤマケイコさんが海外ドラマ『デビアスなメイドたち』を紹介!

    カツヤマケイコさんが紹介!『デビアスなメイドたち』はオシャレ版『家政婦は見た』!?

    海外ドラマ

     キュートなイラストと的確なコメントで幅広い層から人気を集めるイラストレーターのカツヤマケイコさん。3児の母でもあるカツヤマさんが、オススメの海外ドラマを紹介!前回は『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 シーズン2』を独自の視点で紹介してくれたが、今回は『デビアスなメイドたち シーズン3』。いきなりシーズン3から見始めるという無謀とも思える試みに挑戦したカツヤマさんだが、はたして感想は…?@@cutter イラストレーターのカツヤマケイコです。前回ご紹介した『ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言2』はご覧になられましたか?ミーガンハント、めちゃくちゃ可愛かったでしょうよ!これがきっかけで、また時間を見つけてはドラマにハマる生活になってしまいました。ガッツリドラマだけを見る時間はないので私はだいたいアイロン当てながら鑑賞することにしてます(笑)。  さて、今回紹介するのは『デビアスなメイドたち シーズン3』。あの大人気ドラマ『デスパレートな妻たち』のマーク・チェリーが製作総指揮なんだって!『デス妻』も見てねーし、マーク・チェリーも誰だか知んねーけど!  でも、絶大な人気があったことだけは知っている。今回も期待できるぞ~!と喜んでいたのも束の間。なんと今回はシーズン3から見て欲しいとのこと…。「マジか。無理だろ。絶対話についていけないに5億点!」と思いつつ見始めたのですが…。オープニングで流れる「これまでのあらすじ」、しぬほど人が出てきて問題や事件や色恋沙汰をめまぐるしく展開するんだけど、1mmも「これまで」がわかんないまま本編に突入したよね。愕然だよね。  だってこの話、ビバリーヒルズの豪邸で働くメイドたちが主役のオシャレ版『家政婦は見た』なわけですよ。まず主役のメイドが4人いる。それぞれが働くセレブ家族がいる。んでそこで殺人や不倫、家族のヒミツなどのドラマが展開するんだから、登場人物は多いし、場面展開も多いし、それを凝縮したあらすじなんかこれまで見てきた人だけの「おさらい」でしかないっつーの!!@@separator ちょっと文句が長くなったけど、ようはオープニング時点で「ついていけないに5億円、さらに倍!」になったとです。なんで・す・が!!自分でも今、びっくりしてるけど、めちゃくちゃ面白くて3話まで一気に見てしまった。「え?たった3話?」とお思いでしょうが、3話分しかもらえなかったんです(涙)。アイロンを当てる洗濯物もとっくになくなっていました。続きが超気になる!  しかし、「シーズン3」から見始めても、たった1話で人間関係ほぼわかる仕組みになっているなんて、さすがアメリカドラマ、構成力がハンパない。セリフで説明されるわけでなく、ドラマがグォングォンと動いている中で自然にわかるんだからな~。もちろん人間関係の説明だけに終わらず、本筋もオモシロイ。天才か!天才なんか!  ストーリーはサスペンスコメディーということもあり詳しくは語りませんが(それは見てのお楽しみ)、私は今回改めて思ったのは、キャラが魅力的ならそれだけで見続けてしまう、ということ。見終わったときの「あぁ、またアイツらに会いたい!」感ってわかります?(勝手に)ちょっと友達になってる的な。「カルメン、男見る目なさすぎて心配。もっとアンタに合ういい男いるよ!」的な。「ゾイラ、絶対それはヒミツにしちゃダメ!」的な。そんなドラマにまた出会えたこと本当に感謝してる…。してるから、続きを早く見させてください…。  『デビアスなメイドたち シーズン3』は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、毎週土曜21時から放送中。

  • 「ディズニー・オン・クラシック」初の年越しコンサート開催!

    ディズニーの名曲で年越し! 「ディズニー・オン・クラシック」大晦日コンサート開催

    エンタメ

     ディズニーが贈る初のジルベスター・コンサート「ディズニー・オン・クラシック ~ジルベスター・コンサート2016/2017」が12月30日、31日に開催されることがわかった。さらに、その模様はBSテレビ局・Dlifeで生放送されることも明らかになった。@@cutter 本コンサートは、指揮者ブラッド・ケリー率いるオーケストラ THE ORCHESTRA JAPANの生演奏と、ニューヨークで活躍するヴォーカリストたちの歌声により、このジルベスターコンサートのための楽曲を加えて構成されたスペシャル年越しコンサート。  この公演のためだけにプログラムされたエプコット(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)の楽曲や、『ライオン・キング』や『アナと雪の女王』など歴史に残る大ヒット映画から生まれた名曲の数々が披露され、華々しいカウントダウンが行われる。  今回の生放送は、Dlifeにとっては初の生放送となり、2017年に始まる開局5周年イヤーに向けたカウントダウンともなる。一年の最後の感動と、新たな一年の華やかな幕開けをディズニーの名曲とともに味わうことができる。  『ディズニー・オン・クラシック ~ジルベスター・コンサート 2016/2017』は舞浜アンフィシアターにて、12月30日16時開演、31日23時開演。また、31日の模様は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて、23時45分から25時30分まで生放送される。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access