TBS 関連記事

  • 『わたし、定時で帰ります。』第8話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子ら制作4部のメンバーに次々とトラブルが

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第8話が今夜放送される。制作4部は赤字必至の案件を担当することになり、厳しい予算とスケジュールの中で作業を進めていた。そんな折、ディレクターを務める賤ケ岳(内田有紀)に、夫の母親が倒れたとの連絡が入る。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  福永(ユースケ・サンタマリア)の昔のクライアントで、赤字必至な星印の案件が、厳しい社内審査をなぜか通ってしまう。  ディレクターには賤ケ岳が任命され、残業を免れない厳しい予算とスケジュールの中、制作4部のメンバーは作業を進める。  そんな中、賤ケ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から「おふくろが倒れた…」と連絡が入り、陽介は一人で急ぎ熊本に帰省することに。東京に残り、一人で双子育児と仕事に奮闘する賤ケ岳であったが…。  一方、一緒に住み始めて順調そうな結衣(吉高)と巧(中丸雄一)だったが、ひょんなことからけんかになってしまう。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第8話は、TBS系にて今夜6月4日22時放送。

  • 『集団左遷!!』第7話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、本部に異動した福山雅治の前に新たな難問が

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が今夜放送。第7話では、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動した片岡(福山)に、新たな難問が発生。業績が低迷する総合百貨店を巡る告発メールの調査に乗り出そうとする。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  片岡は、蒲田支店の廃店により本部の融資部へ異動。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが、会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷にあえいでいた。  金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任及びウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を再び社長に就任させるというものだった。  だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)のもとに「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが…。  日曜劇場『集団左遷!!』第7話は、TBS系にて今夜6月2日21時放送。

  • 山下智久とのライバル関係が反響を集めた要潤

    山下智久、要潤との“凸凹コンビ”が「面白すぎる」と反響 『インハンド』第8話

    エンタメ

     山下智久主演のドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が5月31日に放送され、山下演じる紐倉と要潤演じる遠藤匡晃のやりとりに「凸凹コンビ(笑)」「夢の共演だけど面白すぎる」「険悪なのにコミカル」と大きな反響が寄せられた。@@cutter 紐倉は、SNSで話題になっている“呪いの血のポスター”に興味を持つ。それは園川(柄本明)が会長を務める巨大企業キガシマホールディングスのポスターで、園川の息子であり後継者候補の直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことが発端だった。モデルの頭部が血のように赤く染められた“呪いの血のポスター”は、直継の自殺と関係しているのか? 紐倉は、高家(濱田岳)、牧野(菜々緒)と共に直継の自殺の真相を調べることに。  そんな3人の前に、経産省のアドバイザーであり、紐倉の大学の同期でもある遠藤匡晃(要潤)が現れる。紐倉に対し、「お前は一切この事件にかかわるな」と攻撃的な遠藤だが、「僕が内閣官房のアドバイザーをしていることが気に食わないんだろう」と涼しい顔で全く動じない様子の紐倉。さらに遠藤の性格を「まわりくどい」と一蹴するなど、終始けんか腰なやりとりに「要潤、やっぱいい。回りくどいキャラまた出て欲しい」「山ピー博士がすっかりユルくなっちゃって要潤に吹きだしてるのが楽しかった」「要潤ってなんでこんなに最高なのだろう」とラブコールが殺到。  調べを進めるうち、直継は気性が大変荒かった祖父の血(通称:鬼の血)と自分の血の遺伝子型が一致していることに絶望し自殺したことが判明する。「『お前には“鬼の血”が流れているから気を付けろ』と何度も忠告したのに…」と息子の死を悔やむ園川に紐倉は、「鬼の血が遺伝するかどうかなんて考え方はナンセンスだ」としたうえで、「遺伝子やデータなんかより先入観の方がよっぽど人間にとって危険だ」と熱く語る。この言葉に、SNS上では、「今の台詞、めっちゃ心に響いた…」「グッときた。泣きそう」と多くの反響が寄せられた。  「人間の性格は遺伝子で決まるのか環境で決まるのか」という問題を真っ向から取り上げた第8話。特異体質に対する当事者の苦悩に希望をもてるアンサーを示した内容にSNS上では「色々と考えさせられる」「生きていく上で心に留めておきたいことだと感じた」といった声も上がっている。

  • 10月期のTBS日曜劇場で主演を務める木村拓哉(左)と共演の鈴木京香

    木村拓哉、10月期TBS日曜劇場で主演 鈴木京香と12年ぶり共演

    エンタメ

     俳優の木村拓哉が、10月スタートのTBS日曜劇場(毎週日曜21時)で主演を務めることがわかった。本作で木村は、パリに二つ星の店を持つ、フランス料理の天才シェフを演じる。共演は、鈴木京香。木村とは2007年放送のTBS日曜劇場『華麗なる一族』以来、12年ぶりのタッグとなる。@@cutter 本作は、挫折した男がもう一度夢に向かう、“大人の青春”をかけたヒューマンストーリー。木村演じる“二つ星”天才シェフが、“三つ星”を目指そうとするも、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。そんな時、ある重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまう。どん底まで落ちた彼だったが、鈴木演じる女性シェフと出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。世界最高の三つ星レストランを作り上げるため、再び立ち上がる。  撮影は、ミシュランガイドの協力のもと、日本のテレビドラマでは前例がない、フランス・パリの三つ星レストランでも予定しているという。そのような異例の撮影に加え、プロ級の料理の腕前を持つことでも知られる木村のシェフ姿にも注目だ。  木村は「今回共演してくださる皆さん、スタッフと、全力で作っていこうと思っています。京香さんとの共演はかなり久しぶりになるので、現場でまた一緒に作業させていただく事を、楽しみにしています」とコメント。  一方の鈴木は「『華麗なる一族』では、敵対する役柄だったにもかかわらず、現場を力強く牽引していく木村さんに、何度も助けてもらいました。今回は、同じ夢に向かっていく同士の役です。全力で星を取りにいきたいと思っています!」と意気込みを語っている。  木村が主演するTBS日曜劇場は、10月より毎週日曜21時放送。

  • TVアニメ『まちカドまぞく』は、TBSにて7月11日25時28分から放送開始!

    TVアニメ『まちカドまぞく』7月放送決定 キャスト&ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     ポンコツ系庶民派まぞくとクール系筋トレ魔法少女が織りなすTVアニメ『まちカドまぞく』の放送開始日が7月11に決定し、併せて、メインキャスト&キービジュアルが解禁となった。@@cutter 『まちカドまぞく』は、伊藤いづもが「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)で連載中のファンタジック系コメディ。闇の一族の末裔で、ある日突然「魔族」としての力が覚醒した主人公の女子高生・吉田優子が、自身と敵対する光の一族に選ばれし同級生の「魔法少女」千代田桃に挑んでいく。  今回発表されメインキャストは、小原好美、鬼頭明里、高橋未奈美、高柳知葉の4名。小原は、ある朝、魔族の力に目覚める主人公・吉田優子(シャミ子)役で、対する、シャミ子のライバルである魔法少女・千代田桃を鬼頭が担当する。また、シャミ子のご先祖様であるリリス役を高橋、桃と同じ魔法少女の陽夏木ミカン役を高柳が演じる。今回公開されたキービジュアルには、吉田優子と千代田桃の2人がメインに描かれている。  監督は『斉木楠雄のΨ難』の桜井弘明、シリーズ構成は『五等分の花嫁』の大知慶一郎、キャラクターデザインには『うらら迷路帖』『この美術部には問題がある!』の大塚舞が参加。アニメーション制作は、『うらら迷路帖』『キルミーベイベー』などで知られるJ.C.STAFFが担当する。  TVアニメ『まちカドまぞく』は、TBSにて7月11日25時28分から放送開始。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第7話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、酔った向井理の告白に吉高由里子は…

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第7話が今夜放送される。酔っ払った元婚約者の晃太郎(向井理)から、恋人の巧(中丸雄一)のいる前で「今でも好きですよ」と言われた結衣(吉高)は絶句する。一方、結衣の実家からは、母親が家出したとの連絡が…。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎に、絶句する結衣とフリーズする巧。    その日の帰り道、結衣に突然実家の父・宗典から「お母さんが家出した」と連絡が入る——。  結衣が急いで実家に帰ると、母・美園から「離婚してほしい」というメッセージが送られてきてから、連絡を拒絶されているという。  一方、福永(ユースケ・サンタマリア)から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話は、TBS系にて今夜5月28日22時放送。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第7話場面写真

    『わたし、定時で帰ります。』プロデューサーが明かす、ヒロインへの思いと仕事観

    エンタメ

     女優の吉高由里子が主演する火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)。「働き方改革関連法」が施行された平成から令和への移り変わりのタイミングに、“定時で帰る”ことをモットーとするヒロインや、さまざまな立場でそれぞれの“仕事観”を持った登場人物の姿が描かれ、毎回放送後には大きな反響が寄せられている。そんな本作の新井順子プロデューサーに、物語やヒロインへの思い、後半に向けての見どころなどを聞いた。@@cutter 朱野帰子の同名小説を基にする本作は、過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していくさまを描く。  今回のドラマは、これまで『アンナチュラル』や『中学聖日記』などを手掛けてきた新井プロデューサーにとって、初の「お仕事ドラマ」となる。「(原作は)タイトルからして今の時代を象徴していると思いました。特に大きな事件は起こらないのですが、日常のささいな出来事で人間ドラマが作れるなという印象でした」。  当初は「定時に帰るなんて勇気いるな」とヒロインの結衣についても感じていたというが、取材を進めていくと、「定時で帰ることは当たり前の人も多いんだと目が覚める思い」だったという。「“テレビ局は特殊な世界だから”とか“分かってないな~”と言われるのは嫌だったので、新人やワーキングマザーなど、さまざまな立場の人に取材を重ねました」。 @@insert1  「結衣のような30を過ぎたくらいの年代は、上からは“下をなんとかしろ!”と言われ、下からは“あの上司なんとかしてください!”と言われる。どっちの気持ちも分かるし、どっちともうまくやりたい。中間で大変な年代なんです」と話す。結衣という人物を描くにあたっては、「定時に帰っていくのに嫌みがないようにしよう。あとはおせっかいになりすぎないように」気を付けたそう。  そんなヒロインを演じる吉高は「“結衣=吉高”なんじゃないかというくらい、せりふを自分のものにして話している。アドリブも『え? 本当にそう思ってるの?』と吉高さんに聞きたくなるくらい、結衣としての言葉なのか、吉高さん自身がそう思って話しているのか分からないほど、ハマって演じてくれています」と太鼓判を押す。@@separator ドラマも後半に差し掛かり、物語はさまざまな観点で大きく動き出す。ユースケ・サンタマリア演じるブラック上司・福永と結衣の対決を軸に、第6話で向井理演じる晃太郎の弟だと判明した柊(桜田通)の動き、結衣、巧(中丸雄一)、結衣の元婚約者・晃太郎の三角関係…。「晃太郎の“今でも好きです”宣言から、結衣と巧の関係に変化が。そんな中、結衣は仕事でトラブルが重なり、何かと晃太郎と一緒にいる時間が増えてきて…。結衣は巧と晃太郎の関係はどうなっていくのか…。さらにそこに圧をかけてくる福永の存在。後半は、チームワークを大切にし始める結衣の変化にも注目してほしいです」。 @@insert2  「仕事とプライベートは直結している。仕事があくせくしてくるとプライベートにも影響してくる。仕事とプライベートは“イコール”なものだから、どっちかに偏りすぎてもダメだと思うんです」と語る新井プロデューサー。「働くって支えあい。困ったときはお互い様ですもんね」とも。  各局特番が顔をそろえた平成最後の4月30日にも、“定時”に平常通りに放送され“平成最後に放送された連続ドラマ”となった本作。遅くまでの撮影やロケが続いたりなどはなく、「連ドラを撮影しているのに、きついっていう瞬間がない」と語るように、現場でもテーマに沿って「働き方改革」が行われているそうだ。終盤に向けて、仕事でもプライベートでも、令和に生きるヒロインがどんな選択をするのか、引き続き視聴者から大きな反響が寄せられそうだ。(取材・文:編集部)  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』は、TBS系にて毎週火曜22時放送。

  • 2020年4月期に、堺雅人主演で『半沢直樹』続編放送決定

    『半沢直樹』続編、2020年4月スタート決定 出向先でも“倍返し”なるか?

    エンタメ

     俳優の堺雅人が主演を務め、最終回で42.2%の高視聴率を記録した2013年放送の日曜劇場『半沢直樹』(TBS)の続編『半沢直樹(仮)』が、2020年4月から放送されることが決定した。前作に続き、堺が主演を務める。@@cutter 2013年に放送されたドラマ『半沢直樹』は、ドラマ化もされた『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞した人気作家・池井戸潤による小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(文春文庫)が原作。銀行に入社したら一生安泰といわれていたバブル時代に銀行員になった半沢直樹(堺)が、銀行の内外に現れる「敵」と戦い組織と格闘していく様子を描いた。放送時は、主人公の決めゼリフ「倍返し」が流行語となるなど社会現象を巻き起こした。  7年ぶりに復活する続編は、前作に続き池井戸の半沢シリーズ『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』を映像化。東京中央銀行のバンカー・半沢が、大阪西支店融資課長から本部営業第二部次長に転じ、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作はその半沢が、出向先の東京セントラル証券に赴任するところから物語が始まる。  果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」できるのか。伊與田英徳プロデューサーはドラマ化について「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」と意気込みを語っている。  日曜劇場『半沢直樹(仮)』は、TBS系にて2020年4月より毎週日曜21時放送。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第6話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子&中丸雄一は向井理と鉢合わせし…

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が今夜放送される。結衣(吉高)は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、店主の王丹(江口のりこ)らに結婚を報告。そこに偶然やって来たのは、結衣の元婚約者の種田晃太郎(向井理)だった。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  晃太郎が独立するとのうわさを聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。  そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。  一方、結衣は巧を連れて上海飯店に行き、王丹らに結婚の報告をする。そこに偶然、晃太郎がやって来て…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話は、TBS系にて今夜5月21日22時放送。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第5話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子は顧客のハラスメントに立ち向かう

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が今夜放送。第5話で結衣(吉高)は、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)と取引先の関係を不審に思い、彼らが一緒に映っている動画を見て憤慨する。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  ある日、制作4部のメンバーは、ランダー社から緊急の要件だと呼び出される。先日OKがでたはずの20周年サイトのデザインに「ピンとこない!」と言われ、困り果てる結衣たちだったが、中西(大澄賢也)らに「桜宮さんに任せておけば問題なし!」と笑顔で言われ、桜宮との関係を不審に思う。  数日後、吾妻(柄本時生)に呼び出されて外にでると、ランダー社の草加がいて、中西らと一緒に露出の多いユニフォームを着てランニングをする桜宮の動画を見せられる。その話を聞いて憤慨する結衣は、ランダー社へ打ち合わせに向かうが…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第5話は、TBS系にて今夜5月14日22時放送。

  • 『集団左遷!!』第4話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、福山雅治の蒲田支店に大型融資案件が相次ぎ…

    エンタメ

     福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第4話が今夜放送。第4話では、快進撃を続けてきた蒲田支店に対して、とうとう銀行本部が総攻撃を仕掛けてくる。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  蒲田支店廃店か、存続か、ノルマ達成期限まで残り4ヵ月…。  街中で商談会のチラシを配っていた片岡は、三嶋(赤井英和)から自社ビルを建てる予定だと聞く。うまくいけば20億円の融資につながる。さらになんと花沢(高橋和也)が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。  この2つの融資が成立すれば、ノルマ達成に大きく前進する。またとないビッグチャンスに、片岡は本部からまた妙な邪魔をされないよう横山常務(三上博史)に直接釘を刺しに行く。しかし、横山は思わぬ言葉を片岡にかける…。  日曜劇場『集団左遷!!』第4話は、TBS系にて今夜5月12日21時放送。

  • 『インハンド』第5話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久の過去を知る元上司・時任三郎が登場

    エンタメ

     山下智久が変わり者の天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が今夜放送される。紐倉(山下)の過去を調べていた牧野(菜々緒)は、彼の元上司・福山和成(時任三郎)を訪ねる。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  紐倉は、5年前に亡くなった元助手・入谷(松下優也)とのつらい記憶がフラッシュバックするたびに、ないはずの右手が痛む幻肢痛に苦しんでいた。そんな紐倉の様子を見かねた高家(濱田岳)は治療を勧める。だがそんな高家に、紐倉は激しく当たる。  ある日、牧野は高家に、紐倉について書かれた海外のネットニュースを見せる。そこには「危険な実験をしていた日本人科学者Hとは?」「助手が謎の自殺!」など、気になる記述が…。  実は、牧野が勤務する内閣官房サイエンス・メディカル対策室では、紐倉をアドバイザーとして雇う話が持ち上がり、紐倉の過去を調べていたのだ。そして牧野は、最先端の科学技術を駆使したビジネスで大成功しているフューチャージーンという会社の情報を手に入れる。CEOを務めているのは紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)時代の元上司・福山。福山なら紐倉の過去について知っていると考えた牧野は、高家を連れてフューチャージーンを訪ねる。  福山の口から語られた紐倉の過去とは…。そして、ついに紐倉の義手の秘密が明らかになる。  『インハンド』第5話は、TBS系にて今夜5月10日22時放送。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第4話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子は柄本時生の非効率な働き方を指摘するが…

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が今夜放送。今回は、結衣(吉高)の同僚・吾妻(柄本時生)の非効率な働き方が騒動を巻き起こす。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  福永(ユースケ・サンタマリア)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという話が入る。部内で結衣と晃太郎(向井理)が話しをしていると、児玉(加治将樹)が、深夜のオフィスで自宅にいるかのように過ごす吾妻の姿を目撃したという。結衣たちは吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、なかなか直らない。  そんななか、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)がやってくる。明るく優しく接してくれる桜宮が気になる吾妻は、桜宮にいいところを見せたいと、結衣に仕事効率アップの方法を相談し改善しようとするが、そんな時にトラブルが発生する…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第4話は、TBS系にて今夜5月7日22時放送。

  • 吉川愛

    吉川愛を諭す山下智久の言葉に「すごく心に響いた」と反響 『インハンド』第4話

    エンタメ

     山下智久が主演を務めるドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が3日に放送され、紐倉(山下)が、自分の行動を悔いて自殺を図ろうとした恵奈(吉川愛)を諭す姿に、SNS上には「すごく心に響いた」「自分の経験から痛いほど感じてるのかも」など反響が寄せられた。@@cutter※以下、内容にネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリー。  第4話では、紐倉が牧野(菜々緒)に相談され、外務事務次官・源田創子(紫吹淳)宛てに届いた「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状について調査をすることに。調べを進める中で、脅迫状に記載された源田の娘・恵奈(吉川)と他3人(内1人は自殺、1人は自殺未遂、1人は行方不明)が友人であり、同じ治験のアルバイトをしていたことを突き止める。  助手の高家(濱田岳)が、治験のアルバイトを実施した製薬会社へ潜入捜査をすることで、次第に製薬会社側の過失が明らかに。終盤、ウイルスに感染している状態で、治験アルバイト時に処方された鎮痛剤を飲んだことで起こした“脳症”が全ての原因だったことを知った恵奈は、「(3人を)治験のアルバイトなんかに誘った私が悪かった」と自分の行いを悔いて自殺を図ろうとする。そんな恵奈に紐倉は、「感情の奴隷になるな」と叱りつつ、「僕ら人間は感情に振り回される生き物なんだ」「でも感情があるから人間なんだ。前を向いて生きていくんだ」と語りかける。  これにSNS上では「紐倉博士いつも泣かせにくるうぅぅ」「紐倉博士『人間は笑顔になれる唯一の生物だ だからもっと笑えばいい』この言葉に助けられたのはドラマの恵奈だけじゃない」など、紐倉の言葉に心動かされた反響が続々。  さらに、同話で紐倉が過去に助手を死に追い込んだような描写があったため、「自分に向けて言ってるようだった」「自分の経験から痛いほど感じてるのかも」と紐倉の過去を推測するツイートも多く寄せられた。  また、恵奈役を務めた吉川について、「え、吉川愛ちゃんってはじこいのエトミカの子だったの!?」と、3月まで出演していた『初めて恋をした日に読む話』での役どころ(エトミカ)とのギャップや演技力に驚く声が続出。「エトミカ、また出んかな。 ちょこちょこ研究室に遊びに来てもおかしくなさそうなキャラだし」と再登場を期待するツイートも寄せられていた。

  • 『インハンド』第4話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久は“人を自殺させる病原体”の謎を追う

    エンタメ

     山下智久がロボットハンドの天才科学者を演じる、金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が今夜放送される。紐倉(山下)は、「人を自殺させる病原体」についての調査を行うが…。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。    右手が義手の天才寄生虫学者・紐倉哲(山下智久)は、自宅兼研究所で義手のメンテナンスを受けていた。お人よしの助手・高家春馬(濱田岳)は、そんな紐倉の横で研究所の中をせっせと掃除している。そんな2人の元へ、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴(菜々緒)がある相談をしにやって来る。  外務事務次官・源田創子(紫吹淳)宛に「人を自殺させる病原体をバラまく」という脅迫状が届いたというのだ。ただの嫌がらせのようにも思えるが、脅迫状に名前が記載されている女性の1人は実際に自殺しており、もう1人は自殺未遂、男性も2日前から行方不明になっていた…。そして次のターゲットは創子の娘・恵奈(吉川愛)だという。  本当に“人を自殺させる病原体”などが実在するのかを確かめるため、牧野は紐倉を訪ねてきたのだった。「可能性はゼロじゃない」という紐倉は、珍しく自ら調査協力を申し出る。  一方で、少しずつ明かされてくる紐倉の過去。牧野の同僚・御子柴(藤森慎吾)の調べによると、5年前までアメリカ疫病予防管理センター(CDC)で働いていた紐倉は、ある事件が原因でクビになったという。5年前の紐倉に、一体何があったのか? 紐倉の脳裏にフラッシュバックする過去の辛い記憶とは…。  『インハンド』第4話は、TBS系にて今夜5月3日22時放送。

  • 『わたし、定時で帰ります。』第3話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子は新入社員・泉澤祐希に悩まされ…

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が今夜放送。結衣(吉高)の会社で顧客とのトラブルが発生し、原因とみられる新入社員・来栖(泉澤祐希)は何度電話しても通じない。翌朝とがめられた来栖は、教育係の結衣に辞表を提出する。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  巧(中丸雄一)の実家にあいさつに向かおうとしていた結衣のところに、晃太郎(向井理)から、ファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散され、炎上していると連絡が入る。巧の両親へのあいさつをドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに―。  結衣は撮影現場で来栖がスマホで撮影していた様子を思い出し、何度も来栖に電話をかけるが、通じない。  翌朝、何事もなかったように出社した来栖をとがめると、その直後に来栖は結衣を呼び出し、辞表を提出する。口癖のように「辞めようかな…」と言う来栖に対して、教育担当の結衣はどう向き合うのか…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第3話は、TBS系にて今夜4月30日22時放送。

  • 『集団左遷!!』第2話場面写真

    今夜『集団左遷!!』、支店の廃店撤回を目指し福山雅治らは奮闘するが…

    エンタメ

     俳優・歌手の福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)の第2話が今夜放送される。蒲田支店長の片岡(福山)は、ある企業から融資の相談があったと部下から報告を受ける。だが、その話の裏には蒲田支店に襲いかかる本部の思惑があった。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  「半年で融資額プラス100億円を達成したら蒲田支店の廃店を撤回してほしい」と、無謀にも横山常務(三上博史)に直訴した片岡。そのことを部下たちに伝えるが、案の定、副支店長の真山(香川照之)たちからは猛反発される。それでも頑張るしかない、と片岡は頭を下げる。  そんな折、法人営業2課課長の横溝(迫田孝也)が、「町田エネラル」から5000万円の融資の相談を受けたと報告。片岡はさっそく横溝と町田社長の元へあいさつに向かうが…。  そこには、蒲田支店に襲いかかる本部の思惑があった。一筋縄ではいかない相手に、片岡と蒲田支店は…。そして、片岡は思いもよらない選択をする。銀行員のプライドとは何か。片岡が守るべきものとは…。  日曜劇場『集団左遷!!』第2話は、TBS系にて今夜4月28日21時放送(75分スペシャル)。

  • 『インハンド』第3話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久は元恩師・観月ありさと対決

    エンタメ

     山下智久がロボットハンドの天才科学者を演じる、金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話が今夜放送される。紐倉(山下)の恩師・瀬見まき子(観月ありさ)が経営する美容団体のアンチエイジング治療で、認知症に似た症状が続出していることが分かった。紐倉は調査を始めるが…。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  変わり者だが天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室で、気の向くままに好きな寄生虫の研究をしている。ある日、紐倉は助手の高家春馬(濱田岳)を連れて、大学時代の先生であり、現在はパナシアンビューティーという美容団体のCEOを務める瀬見まき子の講演を聞きに行く。  パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」をうたい文句にしたアンチエイジング治療が試験的に行われていた。だがその治療を受けた会員の数名に、認知症に似た症状が現れていることが発覚する。  治療による副作用なのか…? 疑いを持った紐倉は、高家と官僚の牧野巴(菜々緒)と共にパナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた。そんな中、高家に死の危機が迫る…。  金曜ドラマ『インハンド』第3話は、TBS系にて今夜4月26日22時放送。

  • 菜々緒、『インハンド』インタビューフォト

    菜々緒、デビュー10年で確立した“悪女キャラ” 「無駄なことは何一つなかった」

    エンタメ

     女優の菜々緒が、東京大学を首席で卒業した容姿端麗、頭脳明晰なエリート官僚・牧野巴役を務める連続ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)。これまでもドラマや映画で数々のインパクトあるキャラクターを演じてきた菜々緒が、「数少ない“悪女”じゃない役」と笑顔で語った役柄に挑む強い思いを吐露した。@@cutter 菜々緒演じる牧野は、山下智久演じる人嫌いでドSの天才科学者・紐倉哲と、濱田岳扮する正義感が強く熱血漢の助手・高家春馬に対峙するエリート官僚。「漫画原作なので、読んだときのイメージを大切にしつつも、あまり原作に引っ張られすぎず、現場で山下さんと濱田さんのキャラクター作りにしっかり対応しながらやっていきたい」と抱負を語る。    菜々緒は、山下や濱田と同じ作品やCMに出演した経験はあるが、ガッツリと芝居で対峙するのは初めて。最初、自身がイメージしていた紐倉と、山下が作り上げたキャラクターに違いがあり戸惑ったというが、相手の出方にアジャストし、キャラクターの理解を深めていく現場は「非常に新鮮」だと目を輝かせる。 @@insert1  近年、精力的に女優活動を行い、役柄の幅も広がっている印象を受ける菜々緒だが「そう言っていただける方もいるのですが、やっぱりまだ悪女というイメージが強いと思います」と冷静に自己分析する。続けて「先日も(ドラマの)中打ち上げがあったのですが、みなさんに『会ったらぶん殴られるんじゃないかと思った』って言われましたから」とおどけながらエピソードを披露する。    「いますぐにそのイメージを変えたいとは思っていないんです。このまま悪女や強い女性のオファーをいただいてもなんの問題もないので」と“悪女キャラ”に焦りはまったくないというが、一方で「でも視聴者は同じようなキャラクターを見ると飽きてしまうと思うんですよね。私自身もすごく飽きっぽい性格なので、刺激や変化があった方が楽しいですからね」と変化への期待もあるという。  その意味で、本作で演じる牧野は「良い転機になるのかな」という予感があるキャラクターだという。「強い女性ではあるのですが、世のため人のために何ができるかと思っている人。私自身メイクで柔らかい表情を作ったり、しゃべり方にすごくこだわって演じています」。 @@insert2@@separator 今年でデビュー10年を迎える菜々緒。これまでを振り返り「無駄なことは何一つなかった」と胸を張る。“悪役”というキーワードも菜々緒にとっては誇りだ。「悪役って普通は避けて通りたがると思うんです。私も最初は抵抗がありました。でもやっていくうちに、頑張っているところを見てくれる方もいて、次につながりました。失敗もたくさんありましたが、それも全てが糧になっています。果敢に挑戦することの大切さを学んだ10年です」。 @@insert3   プライベートでも、仕事でも「クリアしたとき、そこで満足してしまうから」という理由で明確な目標は立てないという。仕事の大小に関わらず、常に全力で向き合うことで、道は開けることを知った10年。不安だった“悪女キャラ”もいまは個性となり花開いた。そんな菜々緒だが、本作で演じる牧野巴という役は、彼女をまた新たなステージへと誘う重要かつ大切なキャラクターのような気がする。(取材・文:磯部正和 写真:高野広美)    金曜ドラマ『インハンド』は、TBS系にて毎週金曜22時放送。 @@insert4

  • 『わたし、定時で帰ります。』第2話場面写真

    今夜『わたし、定時で帰ります。』、吉高由里子は職場復帰した内田有紀の葛藤に気づき…

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が今夜放送される。結衣(吉高)の先輩社員、賤ヶ岳八重(内田有紀)は双子の出産後、育児休暇から復帰し、仕事と子育てを両立させようとはり切っていた。だがそんな矢先、担当案件にトラブルが発生。夫からは双子が熱を出したと連絡が入る。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  結衣(吉高)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田)が職場復帰する。復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。  そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱を出したと連絡が入る。子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に結衣は…。  火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話は、TBS系にて今夜4月23日22時放送。

  • 『集団左遷!!』第1話場面写真

    福山雅治&リストラ寸前銀行員の下剋上始まる! 今夜『集団左遷!!』スタート

    エンタメ

     俳優・歌手の福山雅治が主演を務める日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜からスタート。第1話では、福山演じる新支店長・片岡が「頑張らなくていい」というまさかの指令を受けてしまい、頭を悩ませる。@@cutter 本作は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化。50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンたちの下克上ストーリーを描く。  大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋はある日、蒲田支店の支店長への昇任人事を受ける。50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった…。  徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われる片岡。  頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…はたして本当にそれでいいのか、片岡は悩む。  そしていよいよ支店長としての出勤初日、朝礼での着任挨拶もそこそこに蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなったと連絡が入る。融資額が5000万円と聞き、片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)を連れて融資先の会社へと向かう。合流した担当者の平正樹(井之脇海)と共に社長の行方を追うのだが…。  「ん? これって頑張っていいんだっけ…?」横山の言葉がよぎり、葛藤する片岡。と、そこへ、副支店長の真山徹(香川照之)から、二日後、蒲田支店に臨店(※各支店の融資状況が正しいかどうかチェックする検査)が入るとの連絡が。  頑張らなくていいと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。果たして蒲田支店は生き残れるのか?  「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」50歳の支店長・片岡の戦いが始まる。  日曜劇場『集団左遷!!』は、TBS系にて今夜4月21日21時放送(初回は85分スペシャル)。

  • 『インハンド』第3話にゲスト出演する観月ありさ

    観月ありさ、『インハンド』で山下智久と初共演 “美のカリスマ”女社長に

    エンタメ

     女優の観月ありさが、山下智久がロボットハンドの天才科学者役で主演を務める金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第3話(4月26日放送)にゲスト出演することが決定。今作で山下と初共演する観月は、“美のカリスマ”女社長を演じる。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の天才科学者・紐倉哲が、お人好しの助手・高家春馬(濱田岳)と美人官僚・牧野巴(菜々緒)の2人と共に、科学が巻き起こすさまざまな難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  観月が演じるのは、科学的なアンチエイジング治療を行う会社のCEOで、紐倉の大学時代の先生でもある瀬見まき子。科学者としての知性に溢れ、10年前よりもさらに若く美しい“永遠の美”を自ら体現し、さらに不気味な怪しさも併せ持つキャラキターだ。  瀬見がCEOを務める会社パナシアンビューティーでは、上級会員向けに「不老不死」をうたい文句にしたアンチエイジング治療を試験的に行っていた。だが、治療を受けた会員の数名に認知症に似た症状が現れていることが発覚。紐倉、高家、牧野は、治療による副作用なのか、パナシアンビューティーの内情を調べ始める。瀬見が異常なまでに“若さ”に対して執着を持つのには、過去のある出来事が関係していた…。  観月は役作りについて「美容業界で成功している女社長役ということで、ピシッとしつつも華やかな雰囲気を出せるよう意識して演じました。瀬見の根底にある切なさが、華やかであればあるほど際立つような気がしたので、髪も巻き巻きにしたりと見た目にもこだわっています」と明かし、「“美への執着”は同じ女性として共感できる部分はありますが、瀬見のような女性は今まで演じたことがない役柄だったので、新鮮な経験をさせていただけてとても楽しかったです」と感想を語った。  山下の印象については「お芝居をしている時のひとつひとつの所作がとても美しい方」とコメント。そして「第3話は紐倉の過去にも少し触れられていたり、いろいろな要素が詰まっています。紐倉と瀬見の過去の関係性に加え、それぞれの“今”も色濃く描かれているので、楽しんで見ていただけると思います。またアンチエイジングがテーマなので、特に女性の方には興味深い内容になっていると思います」とメッセージを寄せている。  観月ありさがゲスト出演する金曜ドラマ『インハンド』第3話は、TBS系にて4月26日22時放送。

  • 『インハンド』第2話場面写真

    今夜『インハンド』、山下智久&濱田岳はウイルスの感染ルートを調べるが…

    エンタメ

     山下智久がロボットハンドの天才科学者を演じる、金曜ドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話が今夜放送。第2話では、日本ではまだ発見例のないウイルスの謎をめぐって、山下、濱田岳、菜々緒の3人が力を合わせて調査に乗り出す。@@cutter 本作は、「イブニング」(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名コミックが原作。山下演じるロボットハンドの義手を持った変わり者の科学者・紐倉哲が、天才的なひらめきと科学的な方法で次々と難事件を解決していくヒューマンサイエンスミステリーとなっている。  変わり者だが、天才的な頭脳を持つ寄生虫学者・紐倉哲(山下)は、巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。一方、医者としての道を断たれて紐倉の助手になったお人好しの高家春馬(濱田)は、早速ドSな紐倉からいいように使われていた。  ある日、病院から紐倉の元に感染症の疑いがある意識不明の女性について、調べてほしいという依頼が来る。紐倉がその女性の血液を調べてみると、“ハートランドウイルス”という日本ではまだ発見例のないウイルスが検出された。感染ルートを調べることにした紐倉と高家が感染女性の自宅を訪ねてみると、出てきたのは9歳の息子・渉(込江大牙)だった。母親について話を聞くが、渉には心当たりはない様子。  そんな中、新たな感染者が出たという連絡が入る。情報を聞きつけた内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)が、紐倉たちの元へ飛んでくる。紐倉、高家、牧野は、再び3人で力を合わせて問題解決に挑んでいく。だが調べを進める中で、予想外の事実が明らかになり…。  金曜ドラマ『インハンド』第2話は、TBS系にて今夜4月19日22時放送。

  • 日曜劇場『集団左遷!!』でナレーションを担当する貫地谷しほり

    福山雅治主演『集団左遷!!』、ナレーションは貫地谷しほりが担当

    エンタメ

     俳優・歌手の福山雅治が主演を務め、4月21日にスタートする日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系/毎週日曜21時)のナレーションを、女優の貫地谷しほりが担当することが発表された。@@cutter 江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』(講談社文庫)をドラマ化した本作は、50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山)と、リストラ寸前の行員たちが協力して大逆転に挑む、サラリーマンの悲哀と笑いが巻き起こす下克上を描いたストーリー。ごく普通のサラリーマンが組織の理不尽さに果敢に立ち向かっていく姿を、コミカルかつユーモラスに、時にエネルギッシュに描く。出演は福山のほか、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、市村正親、三上博史ら。  ナレーションを担当する貫地谷は、これまでにも『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)などのドキュメンタリー番組をはじめ、ジャンルを問わず多くの番組でナレーションを務め、その落ち着いた語り口に定評がある。本作でも、視聴者がドラマの世界観やストーリーを受け止めるための重要なナビゲーターの役割を果たす。  「ドラマに出演する皆様のとても濃いお芝居に負けないようにがんばりました」という貫地谷。自分が画面に登場しないドラマのナレーションをするのは今回が初めてで、収録を振り返り、「ドキュメンタリー番組のナレーションは風景や人物に寄り添って紡いでいくという印象が強いのですが、今回は熱のこもった出演者に負けないように、こちらも“当てていく”というような感じでしたね。本編の映像を拝見して監督も凝って制作してらっしゃるのも感じましたし、そこに負けない“パンチ”を意識しながら演じました」と語っている。  日曜劇場『集団左遷!!』は、TBS系にて4月21日より毎週日曜21時放送(初回は85分スペシャル)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access