東京喰種トーキョーグール 関連記事

  • グランドシネマサンシャイン開業記念ショートフィルム『TRANSPHERE』メインビジュアル

    池袋シネコン「グランドシネマサンシャイン」7.19に開業 上映ラインナップ発表

    映画

     東京・池袋の新商業施設「キュープラザ池袋」内にオープンするシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」の開業日が、7月19日に決定。併せて開業時の上映ラインナップも発表された。@@cutter 「グランドシネマサンシャイン」は、スクリーン数12、総座席数2443席を誇るシネマコンプレックス。高さ18.9m × 幅25.8mの国内最大サイズのスクリーンを誇る「IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー」シアター、体感型シアターの「4DX with ScreenX(R)」、シネマサンシャインオリジナル劇場規格「BESTIA(ベスティア)」シアターを有するほか、国内のシネマコンプレックスで初めて全スクリーンにRGBレーザープロジェクターを導入する。また、5階と12階にはそれぞれオリジナルブランドのカフェとレストランを出店することが決定している。  このたび開業記念上映作品として、日本初の全編フルサイズのIMAX(R)映像で制作された短編映画『TRANSPHERE(トランスフィアー)』が決定。映画『生きてるだけで、愛。』で長編劇場映画デビューした関根光才がメガホンを取り、主演を俳優の佐藤緋美とモデルのる鹿が務める。共演に嶋田久作を迎え、サウンドアーティストのevalaが、IMAX12chサウンドシステムを駆使した作曲と音響設計を担当する。本作は、「IMAX(R)レーザー/GTテクノロジー」シアターにて、劇場公開作品本編の上映前に観ることができる。  開業時の上映作品ラインナップも併せて発表された。7月19日からは、新海誠監督の最新作『天気の子』や窪田正孝主演の『東京喰種 トーキョーグール【S】』『トイ・ストーリー4』『Diner ダイナー』『Free!‐Road to the World‐夢』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が、7月26日からは『アルキメデスの大戦』『劇場版 仮面ライダージオウ/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』『ペット』が上映される。  「グランドシネマサンシャイン」は7月19日に東京・池袋「キュープラザ池袋」内にオープン。

  • 西尾錦(ニシオ・ニシキ)役で続投が決定した白石隼也

    『東京喰種2』白石隼也、ニシキ役で続投! 主人公カネキとの共闘も

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』で、俳優の白石隼也が前作に引き続き西尾錦(ニシオ・ニシキ)役を演じることが分かり、あわせて場面写真も解禁となった。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を突破した石田スイによる人気コミックの実写映画化の続編。東京を舞台に、人間と、人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキ・ケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマ・シュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧島董香(キリシマ・トーカ)を山本舞香が演じる。  食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり2つの世界の狭間で葛藤しながらも、今は喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらと共に生活していた。そんなある日、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」と訪れる。月山を厄介者だとして露骨に嫌な顔をしたトーカは、カネキに「あいつとは関わらないほうがいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊なにおいに目を付け、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる…。  白石が演じるのは、カネキが通う大学の先輩で喰種(グール)のニシキ。前作でカネキと対立し熾烈な戦いを繰り広げたが、今作では最愛の恋人・貴未を守るため月山に立ち向かい、カネキとも共闘する姿が描かれる。人間と喰種(グール)の間に芽生えた愛情に揺れる役どころで、劇中ではアクションだけでなくロマンスあふれるシーンも披露する。今回解禁された場面写真は、ニシキが月山と対峙する緊迫したシーンが映し出されている。  白石は「ニシキ死んじゃったね、と映画を観た方からよく言われましたが何とか生還することが出来ました。彼は不死身なのです。実写でグールをやる意味は何か、改めて正対し撮影に挑みました。続・東京喰種ではなく新・東京喰種をお楽しみに」とコメントを寄せている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は2019年夏全国公開。

  • 『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』場面写真

    窪田正孝主演『東京喰種2』、カネキのアクションシーン写真初解禁

    映画

     俳優の窪田正孝が主演を務める、2017年公開の映画『東京喰種 トーキョーグール』の続編『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』より、窪田が演じる主人公・カネキの凛々しいアクションシーンを捉えた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、全世界累計発行部数3700万部を突破した石田スイによる人気コミックの実写映画化の続編。東京を舞台に、人間と人間を食らう種族・喰種(グール)の共存をかけた闘いをダークな世界観で描く。窪田が前作に続き主人公の金木研(カネキケン)を演じるほか、カネキの最大の宿敵として立ちはだかる喰種・月山習(ツキヤマシュウ)を松田翔太、カネキと共に月山と戦うヒロインの霧島董香(キリシマトーカ)を山本舞香が演じる。  食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり2つの世界の狭間で葛藤しながらも、今は喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、トーカらと共に生活していた。そんなある日、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」と訪れる。月山を厄介者だとして露骨に嫌な顔をしたトーカは、カネキに「あいつとは関わらないほうがいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊なにおいに目を付け、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる…。  謎に満ちた「グールレストラン」の実態、カネキVS月山、人間と喰種の共存を賭けたし烈な戦いが描かれる本作では、迫力のバトルシーンが多数登場。今回解禁された場面写真は、対峙する相手に構えをとるカネキの姿が映し出され、バトルシーンへの期待が高まる1枚となっている。  映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は2019年夏全国公開。

  • 『東京喰種トーキョーグール:re』月山習役の宮野真守

    宮野真守、小林ゆう、TVアニメ『東京喰種:re』出演決定

    アニメ・コミック

     宮野真守、小林ゆうが、4月より放送のTVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』の追加キャストとして発表された。宮野は、前シリーズに引き続き月山習役。小林は、月山を慕うカナエ=フォン・ロゼヴァルトを演じる。@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2011年9月から2014年9月まで連載され、新章にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が2014年10月から連載中のダーク・ファンタジー。2014年7月から9月にテレビアニメ化(第1期)され、2015年1月から3月には第2期として『東京喰種トーキョーグール√A』が放送された。  追加キャストとして宮野、小林が発表されたが、本作はこれまでに、佐々木琲世役に花江夏樹、瓜江久生役に石川界人、不知吟士役に内田雄馬、六月透役に藤原夏海、米林才子役に佐倉綾音の出演がすでに発表されている。  前作に続き、月山を演じる宮野は「月山さんに出会えて、一緒にたくさんの感情を抱いて、僕自身すごく幸せでしたし、見てくださったみなさまからも、かなり反響をいただきました。原作の続きも読んでいて、あんなシーンやこんなシーンを演じたい!と願っていたので、とても楽しみです」とコメント。また、月山を思い慕う使用人、カナエを演じる小林は「葛藤を抱え戦い続け、大切なものを守ろうとするお姿が大変印象的です」とカナエの人柄にふれ、「カナエさんを演じさせて頂く機会に恵まれたことを本当に嬉しく思います」と語った。    『東京喰種トーキョーグール:re』は、多くの犠牲を払った『東京喰種トーキョーグール√A』から2年後が舞台。群衆に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。“喰種”を駆逐・研究するCCGは、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。その名は「クインクス」。「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京” で向き合うものとは…。    TVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』は2018年4月より放送。

  • 「週刊ヤングジャンプ」、公式アプリ『ヤンジャン!』リリース  限定コンテンツも予定

    「週刊ヤングジャンプ」、公式アプリ『ヤンジャン!』リリース  限定コンテンツも

    アニメ・コミック

     「週刊ヤングジャンプ」(集英社)が、初のスマートフォン・タブレット端末向け公式マンガアプリ『ヤンジャン!』を2018年春にリリースすることを発表した。『ヤンジャン!』では、「週刊ヤングジャンプ」本誌および「となりのヤングジャンプ」掲載作品の配信や、アプリオリジナルコンテンツの配信を予定している。@@cutter 今回配信される『ヤンジャン!』の特徴は、「週刊ヤングジャンプ」本誌とWEBサイト「となりのヤングジャンプ」掲載作品のサイマル “話”の配信。また、漫画作品のサイマル“話”配信だけでなく、アプリの特徴を活かした『ヤンジャン!』限定のオリジナルコンテンツの配信も予定されている。    『ヤンジャン!』では「週刊ヤングジャンプ」の人気作『キングダム』や『ゴールデンカムイ』、『東京喰種トーキョーグール:re』、『サラリーマン金太郎』などの人気作が配信予定。毎日配布のポイント「ライフ」を使って、数々の新作・名作漫画を無料で楽しむことが可能。有料ポイントである「ゴールド」を購入すれば、お気に入りの作品を好きなだけ読み進めることもできる。ただし、各話・作品が読めるのは一度だけ、アーカイブすることはできないので注意が必要となる。  「週刊ヤングジャンプ」初のスマートフォン・タブレット端末向け公式マンガアプリ『ヤンジャン!』は現在、公式ツイッター/公式LINEで事前登録を受付中。事前登録を行うと作品を読むために使える無料ポイント「ライフ」をアプリ配信開始時に受け取ることができる。特典内容の詳細は公式サイトにて順次発表されるようだ。事前登録は1月18日より受付を開始する。  また、今回の『ヤンジャン!』配信開始に伴い、「週刊ヤングジャンプ」本誌デジタル版の販売も毎週木曜日に各電子書店で開始される。

  • 『東京喰種トーキョーグール:re』、石川界人ら出演者発表! 新ビジュアル&PV解禁

    『東京喰種トーキョーグール:re』、石川界人ら出演者発表! 新ビジュアル&PV解禁

    アニメ・コミック

     2018年4月に放送開始される新アニメ『東京喰種トーキョーグール:re』のキャスト情報が解禁され、すでに出演が決まっていた花江夏樹ほか、石川界人、内田雄馬、藤原夏海、佐倉綾音ら豪華声優陣が集結することが分かった。また、併せて最新ビジュアルとPVも公開された。@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で2011年9月から2014年9月まで連載され、新章にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が2014年10月から連載中のダーク・ファンタジー。コミックスはシリーズ累計全世界3200万部を突破(2017年10月現在)しており、2014年7月から9月にテレビアニメ化(第1期)され、2015年1月から3月には第2期として『東京喰種トーキョーグール√A(トーキョーグール ルートエー)』が放送された。  キャスト陣からのコメントも到着し、人間を喰らって生きる“喰種”たちへ立ち向かうクインクス班の指導者・佐々木琲世を演じる花江は「キャラクターもそうですが、クインクスを演じるメンバーもとても個性の強い方々ばかりなので今から楽しみ」と思いを寄せ、班長・瓜江久生を演じる石川も「役が決まる前からこの作品に惚れ込んでいて、 アニメも原作も一視聴者として楽しんでおりました。 全身全霊で彼の人生を生きます」とアフレコへの意気込みを示す。  さらに、仲間想いな一面を持つ不良青年・不知吟士を演じる内田は「人を思いやることが出来る人なので、 ビジュアルとのギャップが出て面白そうです…!」と語り、発展途上のヘタレ捜査官・六月透を演じる藤原も「本当に嬉しくてびっくりで…今はいろんな感情 でいっぱいでございます…!」とコメント。引きこもりの捜査官・米林才子を演じる佐倉は「たくさんの読者さんの期待を背負ってのアニメ化ということで緊張もひとしお」と感想をつぶやいている。  キャストと共に解禁された最新ビジュアルには、クインクス班の個性あふれるメンバーたちが登場。「新章、開幕」を告げる最新PVでは、不穏なメロディに乗せて、それぞれの意志を示しながら“喰種”との戦いへ挑む彼らの活躍が描かれている。  テレビアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』は、2018年4月より放送開始。

  • アニメ化決定!『東京喰種トーキョーグール:re』

    『東京喰種トーキョーグール:re』アニメ化決定!“佐々木役”花江夏樹のコメント到着

    アニメ・コミック

     アニメ『東京喰種トーキョーグール』シリーズの最新作となる『東京喰種トーキョーグール:re』のテレビアニメ化が決定した@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて2011年9月から2014年9月まで連載され、新章にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が2014年10月から絶賛連載中のダーク・ファンタジー作品。コミックスはシリーズ累計全世界3200万部を突破(2017年10月現在)しており、幅広い年齢層の読者に圧倒的な支持を受けている。2014年7月から9月にテレビアニメ化(第1期)され、2015年1月から3月には第2期として『東京喰種トーキョーグール√A(トーキョーグール ルートエー)』が放送された。  『東京喰種トーキョーグール:re』はアニメ第3期にあたり、2018年にテレビアニメとして放送予定だ。  主人公の佐々木琲世役であり、『東京喰種トーキョーグール』でも主人公・金木研を演じた花江夏樹からのコメントも到着。「アニメ化おめでとうございます!東京喰種は僕にとってとても思い入れの深い作品です。『え?金木役の人じゃないの?』とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが今回は心機一転、佐々木として全力で頑張りますので宜しくお願い致します!」と意気込みを語っている。  アニメ『東京喰種トーキョーグール:re』は、2018年放送予定。

  • 『東京喰種』原作者・石田スイ、映画プレミアに来場していた

    石田スイ『東京喰種』主題歌・野田洋次郎に感謝「映画にとても合っている」

    映画

     人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』で知られる漫画家の石田スイが、12日に自身のツイッターを更新。窪田正孝が主演を務める実写映画の主題歌を担当している野田洋次郎に言及し、「映画にとても合っていると思います。野田洋次郎さん、ありがとうございました」と感謝の気持ちを綴った。@@cutter 映画『東京喰種 トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、平凡な大学生から半喰種になってしまった主人公のカネキ(窪田正孝)が、苦悩しながらもあるべき世界のあり方を模索する姿を描くSFアクション。  石田はカネキに扮する窪田を描き下ろしたイラストを添えて、「『BANKA』完成試写会で聴きたいなと思って、一切情報を遮断してましたが、先日のジャパンプレミアで実際に耳にしてまいりました」と報告。また「映画にとても合っていると思います。野田洋次郎さん、ありがとうございました。それにしてもたのしいイベントでした。あれがレッドカーペットかー」と感謝の気持ちを綴っている。  投稿を受けたファンからは、「『BANKA』良いですよね」「先生の絵とてもお美しいです」「同じ空間にいたと思うととても嬉しいです」「先生レッドカーペット歩かれたんですか? それにしても、窪田研くん素敵です、綺麗、、、!」「洋次郎の絵も描いて欲しいです!」などのコメントが寄せられている。 引用:https://twitter.com/sotonami

  • 松田凌、舞台『東京喰種トーキョーグール』ゲネプロ囲み会見に登壇

    松田凌「傷跡でも爪痕でも残ってくれれば」、舞台『東京喰種』開演

    アニメ・コミック

     俳優の松田凌、鈴木勝吾、村田充らが29日、舞台『東京喰種トーキョーグール』のゲネプロ囲み会見に登場した。主演を務める松田は「全稽古を終えて“意気込みはこうだ”という感覚がわからなかったのですが、おそらくお客様が入って完成する」としつつも、「お客様に、爪痕でも傷跡でも何か残ってくれればありがたいかなと思っています」とアピールした。@@cutter 本作は石田スイの人気原作漫画の舞台化。人を捕食する怪人・喰種(グール)と人間の戦いを描く。「あんていく」で働き始めたカネキ(松田)の前に、“美食家(グルメ)”と呼ばれる喰種・月山習(佐々木喜英)が現れた。月山を警戒する董香(田畑亜弥)は、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。しかし、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、再び接触を図る。誘われるがまま、「喰種レストラン」へと足を運ぶカネキ。その先で見たのは、衝撃的な“喰種”の世界だった…。  西尾錦役を演じる鈴木は「物語の前半なんですけど、グールの派手さというよりも、人それぞれの想いがにじみ出ています。暑苦しいまでに生きなければならない葛藤などを作品を通して発見してくれればと思います」と見どころを語る。ビジュアルを作るのに2時間ものメイクを施さなければならないというウタ役を務める村田は「素晴らしいスタッフワークで我々は気持ちよく舞台に立つことができるのだろうと思いますし、責任感もっていい芝居をしたいと思っています」と意気込みを語った。  当日はほかに佐々木と田畑が登壇。舞台「『東京喰種トーキョーグール』~或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録~」は東京・シアター1010で6月29日~7月4日まで上演。大阪・梅田芸術劇場シアター ドラマシティで7月8日~9日まで上演開始。

  • 真戸呉緒が操る“クインケ”

    大泉洋、『東京喰種』“クインケ”を持つ真戸の新ビジュアル公開​

    映画

     7月29日に公開を迎える映画『東京喰種 トーキョーグール』。本作から、大泉洋ふんする真戸呉緒が、武器である“クインケ”を持つ姿を収めた新ビジュアルが公開となった。@@cutter 石田スイによる同名コミックを基にする本作は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈(ばっこ)する東京を舞台に、平凡な大学生から半喰種になってしまった主人公のカネキ(窪田正孝)が、苦悩しながらもあるべき世界のあり方を模索する姿を描くSFアクション。大泉が演じるのは、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(喰種対策局)本局に所属する上等捜査官・真戸呉緒だ。  “クインケ”は、CCGが喰種に対抗するため、捕獲した喰種から摘出した捕食器官の赫子(カグネ)を加工し、独自に開発した武器。この“クインケ”に異常な執着を持つ真戸は、同僚たちからは変人扱いされるものの、鋭い勘と冷酷な手段も厭わない姿勢で、様々な“喰種”を仕留めてきた実績がある。  先日に解禁された特別予告では、遠目から“クインケ”がちらりと見せられるに留まっていたが、今回解禁された写真には、毒々しく禍々しい“クインケ”のビジュアルがしっかりと収められている。果たして、真戸は“クインケ”をどう操りながら、喰種たちと苛烈な闘いを繰り広げるのだろうか。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は、7月29日より全国公開。

  • 実写版『東京喰種 トーキョーグール』第6弾キャスト発表!

    実写版『東京喰種』西尾錦役ほか追加キャスト発表! 白石隼也、古畑星夏ら出演

    映画

     累計2300万部の発行部数を誇り、7月に実写映画として公開される『東京喰種 トーキョーグール』。これまでに、主人公・金木研を演じる窪田正孝やヒロイン・霧嶋薫香を演じる清水富美加など出演者の情報が明らかになっていたが、第6弾の追加キャストとして、白石隼也、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了の出演が発表された。@@cutter 本作は、石田スイによる同名コミックが原作。人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京で生活を送っていた、内気で平凡な金子(窪田)。しかし、ある事件をきっかけに半喰種となってしまい、もがき苦しむ中で喰種たちの世界にふれ、やがてあるべき急かしの姿を模索するようになる……。  今回のキャスト情報解禁に併せて、出演者それぞれのコメントも到着。カネキと同じ大学へ通い、人間と同じように生活をする喰種・西尾錦役の白石は「キャストの方々の“東京喰種”愛がものすごいです。この熱量で作っていったら必ず面白いものができるだろうなぁと思い、そんな中で、西尾錦という魅力的なキャラクターを演じられたことはひじょうに光栄でした」と振り返る。  また、トーカのクラスメイトであり親友の小坂依子を演じる古畑は「原作を知っていたので、出演が決まったときはとても嬉しかったです」と振り返る。作品の印象を「始まりの瞬間からものすごい恐怖感とスリルで鳥肌が止まらなくなり、人間と喰種の半分半分の体で生まれ変わった、カネキのなんとも言えない感情と生きる必死さに感動します」と伝えている。    このほか、20区支部の捜査官・草場一平役に前野、喰種研究家・小倉久志役にダンカン、リゼに襲われ重症を負ったカネキを処置した医者・嘉納明博役を岩松が演じる。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は、7月29日から全国ロードショー。

  • 『東京喰種 トーキョーグール』ウタ役、歌舞伎俳優・坂東巳之助に!

    『東京喰種』ウタ役、歌舞伎俳優・坂東巳之助に! 刈り上げ×ピアス×タトゥー姿公開

    映画

     累計発行部数2300万部を誇る大人気コミックを、窪田正孝主演で実写映画化した『東京喰種 トーキョーグール』が、第5弾キャストを発表し、歌舞伎俳優の坂東巳之助が“ウタ”を演じることが明らかになった。巳之助は「原作ファンの方々にも受け入れて頂けるウタさんになれていたら幸いです」とコメントしている。@@cutter 映画『東京喰種 トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生だったカネキ(窪田)が、あるべき世界のあり方を模索していく姿を描く。巳之助が演じるのは、普段の生活では人間と区別がつかない喰種が、喰種と人間との違いを明確に表す<赫眼(カクガン)>を隠すマスクを作る、マスク屋のウタだ。  巳之助は「正直、最初にお話を頂いた時はすごく迷いました。ウタさんと自分の共通点なんて、眉毛がない事とサイドが刈り上げな事くらいなので…」と冗談交じりに不安を抱いたことを告白。しかし「タトゥーにピアス、服装から常時赫眼に至るまで、スタッフの皆様が完璧なウタさんセットを用意して下さったので、腹を括って演じさせて頂きました」とも語る。  そして夏の公開に向けては、「僕自身が原作の大ファンなので不安もありますが、同じ原作ファンの方々にも受け入れて頂けるウタさんになれていたら幸いです」と期待を込めた。本作には、窪田や巳之助のほかにも、清水富美加や鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らも出演する。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日全国公開。

  • 舞台『東京喰種トーキョーグール』メインビジュアル&キャラビジュアル解禁!

    舞台『東京喰種』、メイン&主要5キャラのビジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で続編も好評連載中の人気コミック『東京喰種トーキョーグール』が舞台化。本作のメインビジュアルと共に、松田凌、鈴木勝吾、田畑亜弥、山谷花純、佐々木喜英によるキャラクタービジュアルが解禁された。@@cutter 本作は、シリーズ累計発行部数2200万部を突破する、人気の同名コミックを原作にした作品。人を喰らう正体不明の怪人「喰種(グール)」が蔓延る東京を舞台にしたダーク・ファンタジーで、2014年10月からは「週刊ヤングジャンプ」で続編にあたる『東京喰種トーキョーグール:re』が連載中、テレビアニメ化もされている。  解禁されたメインビジュアルには、教会のような場所にたたずむ、主人公・金木研(松田)、西尾錦(鈴木)、霧嶋薫香(田畑)、西野貴未(山谷)、月山習(佐々木)ら主要キャラ5名が登場。さらに、それぞれのソロショットとなる、キャラクタービジュアルも公開されている。  舞台『東京喰種 トーキョーグール』は6月29日から7月4日にシアター1010で東京公演を、7月8日から9日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで大阪公演を上演。

  • 舞台『東京喰種トーキョーグール』

    舞台『東京喰種』、新キャラ月山習ほか新キャスト発表!

    アニメ・コミック

     「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて続編が好評連載中の『東京喰種トーキョーグール』を原作とした舞台『東京喰種トーキョーグール』から、新キャラクターである月山習役の佐々木喜英をはじめとする新キャストが発表された。舞台公式サイトでは、公演チケット情報なども公開されている。@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生だった金木研(松田凌)が喰種となり、葛藤を重ねながらも、あるべき世界のあり方を模索していく姿を描くダークファンタジー。共演には、鈴木勝吾(西尾錦役)、村田充(ウタ役)、吉田友一(四方蓮示役)らが名を連ねている。  今回発表された新キャストは、全部で5人。霧嶋董香役を田畑亜弥、西野貴未役を山谷花純、芳村役を加藤忠可、イトリ役を富田麻帆、月山習役を佐々木喜英が務めることになった。  チケットはローソンチケットにて発売。オフィシャル先行でのみ購入できる、特典グッズ付の「プレミアムチケット」は1万1000円(税込)で、指定席は7900円(税込)で発売となる。オフィシャル先行は2017年5月9日の12時00分~5月14日の23時59分まで、プレリクエスト先行は2017年5月17日の12時00分~5月21日の23時59分まで、一般発売は2017年6月3日の10時00分から行われる。  舞台『東京喰種トーキョーグール』東京公演は2017年6月29日~ 7月4日までシアター1010、大阪公演は2017年7月8日~9日にて梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

  • 『東京喰種 トーキョーグール』ビジュアル解禁!

    『東京喰種』窪田正孝、“カネキ”赫眼した喰種姿お披露目! リゼ、真戸も公開

    映画

     人気コミックの劇場版『東京喰種 トーキョーグール』のティザービジュアルとキャラクター写真が解禁となった。ティザービジュアルでは、窪田正孝演じる金木研(カネキ)の、人間と区別がつかない日常の姿と左目だけ目が赤く光った状態、赫眼(かくがん)した喰種の二面性を現したデザインとなっている。また、蒼井優演じるリゼや大泉洋が扮する真戸のキャラクタービジュアルも公開された。@@cutter 本作は、累計2200万冊の発行部数を誇る石田スイ原作コミックの映画化。舞台は人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京。内気で平凡だったカネキが、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中で喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索してゆく姿を描く。    赫眼した姿や眼帯姿のカネキ、理知的で清楚な印象のリゼ、理知的で清楚な印象のリゼのビジュアルが公開されたほか、正義感あふれる亜門(鈴木伸之)、喫茶店「あんていく」でアルバイトをするトーカ(清水富美加)らの姿も解禁となった。  また、GoogleマップのAPIを活用した映画『東京喰種 トーキョーグール』のスペシャルコンテンツも4月28日より始動。スマホ、PCから東京喰種の関連ワード(喰種、グール、ghoulなど)をツイートすると、自分のツイート場所がピン立てされる(※位置情報設定をONにした場合)。そのほか、マップ上に撮影場所、動画、イベント情報等のコンテンツがピン立てされ、東京喰種の世界へ入り込んでいるような感覚を得ることもできるという。さらに、投稿ランキング上位者にはプレゼントを用意したり、ハッシュタグ付きの写真投稿をマップ内で収集する画像投稿キャンペーンなど、各種イベントを予定している。  『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日より全国公開。

  • 映画『東京喰種』、映像初公開!亜門、リゼ、真戸のビジュアルも解禁に

    映画『東京喰種』、映像初公開!亜門、リゼ、真戸のビジュアルも解禁に

    映画

     累計2200万部の発行部数を誇る人気コミック『東京喰種 トーキョーグール』が、窪田正孝の主演で今夏に実写化される。これまでキャスト情報解禁などで話題を集めていた本作であるが、公開に先駆けて、特報映像が初めて解禁された。@@cutter 同作は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が住む東京を舞台にした物語。内気で平凡だった大学生・カネキ(窪田)は、ある事故をきっかけに半喰種となってしまう。自分の存在に苦悩するカネキであったが、行きつけの喫茶店で出会った喰種の女子高生・トーカ(清水富美加)に支えられる一方、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていく……。  今回、初めて解禁された特報映像は「人間は誰も知らない、喰種の世界を―」という物々しいテロップからスタート。前半は、不安気な表情を浮かべるカネキや、何かを見つめるトーカ、正義感溢れる亜門(鈴木伸之)、不敵な笑みを浮かべる真戸(大泉洋)、理知的で清楚な印象を漂わせるリゼ(蒼井優)などの人間模様が映し出されている。  そして、後半は一変して本作ならではのアクションシーンが満載。カネキとトーカの華麗な身のこなしや、喰種の象徴であるマスクをまとったカネキと亜門の姿などの手に汗握るシーンなど、それぞれの憎悪がうず巻く中で、激しいバトルシーンが展開される。  映画『東京喰種』は、7月29日より全国ロードショー。

  • 金木研(松田凌)舞台『東京喰種トーキョーグール』

    舞台『東京喰種』、松田凌の“金木研”ビジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて続編が好評連載中の『東京喰種トーキョーグール』を原作とした舞台『東京喰種トーキョーグール』から、主人公の金木研を演じる松田凌のキャラクタービジュアルが解禁となった。@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生だった金木研(カネキ)が喰種となり、葛藤を重ねながらも、あるべき世界のあり方を模索していく姿を描くダークファンタジー。共演には、鈴木勝吾(西尾錦役)、村田充(ウタ役)、吉田友一(四方蓮示役)が名を連ねている。  黒い雲が街を包み込む不穏な様子がバックにデザインされたビジュアルには、赤く怪しげな輝きを放つ左目に手を添えながら、クールな表情を浮かべる金木の姿が描かれている。  舞台版は2015年7月に東京・京都にて上演され、原作の世界観の再現度が好評を博した。今回の公演に出演する金木役のオーディションは「週刊ヤングジャンプ」誌上にて発表、厳選なる審査の結果、松田が選出された。窪田正孝主演の実写映画も公開する『東京喰種トーキョーグール』が、舞台上ではどんな物語になるのか?上演に向けて期待が高まる。  舞台『東京喰種トーキョーグール』東京公演は2017年 6月29日~ 7月4日 シアター1010、大阪公演は2017年7月8日~9日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。

  • 映画『東京喰種』、予定通り7月29日公開決定! 「一人でも多くの方に届けたい」

    清水富美加ヒロイン、映画『東京喰種』予定通り7月29日公開決定

    映画

     清水富美加がヒロイン・霧嶋董香(トーカ)役としてキャスティグされていた映画『東京喰種 トーキョーグール』が、当初の予定通り7月29日に全国公開することを、本作の公式サイトにて正式に発表された。@@cutter 本作は、累計発行部数2100万部を突破し、TVアニメ化、舞台化もされた同名コミックの実写映画化。食物連鎖の頂点とされるヒトを狩る怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、ある事件がきっかけで半喰種となってしまった主人公・金木研(カネキ/窪田正孝)が、人間と喰種、2つの世界を知る唯一の存在として両者の衝突が激化する中、葛藤する姿を描く。    公式サイトにて、「映画『東京喰種 トーキョーグール』スタッフ一同」の言葉として発表されたコメントでは、「この度のキャストに関する一連の報道を受け、映画『東京喰種 トーキョーグール』について、多大なるご心配をお掛けしております。皆様へのご報告が遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます」という謝罪の言葉から始まり、関係各所との協議の結果、当初の予定通り7月29日全国公開する旨を発表。「(原作者の)石田スイ先生をはじめ、キャスト、スタッフ皆で作り上げた、この映画を一人でも多くの方に届けたいと思っています。応援して下さる皆様、どうか引き続き、映画『東京喰種 トーキョーグール』を宜しくお願い申し上げます」と続けている。    以下、発表されたコメント全文 この度のキャストに関する一連の報道を受け、 映画『東京喰種 トーキョーグール』について、 多大なるご心配をお掛けしております。 皆様へのご報告が遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 また、たくさんのお声かけを頂きましたこと、 この場をお借りして厚く御礼申し上げます。 関係各所との協議の結果、 映画『東京喰種 トーキョーグール』は、 当初予定の内容通り、 7月29日(土)に全国公開を致します。 喰種(グール)と人間のドラマ、 作品の持つ強いテーマを、映画を通して伝えたい。 その想いは、決して変わることはありません。 私たちの想いは、すべて映画に込めました。 石田スイ先生をはじめ、キャスト、スタッフ皆で作り上げた、 この映画を一人でも多くの方に届けたいと思っています。 応援して下さる皆様、どうか引き続き、 映画『東京喰種 トーキョーグール』を宜しくお願い申し上げます。 2017年3月14日 映画『東京喰種 トーキョーグール』スタッフ一同

  • 清水富美加出演作『東京喰種』、公式サイトがコメント発表

    清水富美加出演作『東京喰種』公式サイトがコメント発表 「公開待ってます」の声続々

    映画

     女優の清水富美加がヒロイン・霧嶋董香(トーカ)役としてキャスティグされていた映画『東京喰種 トーキョーグール』の公式サイトが13日、「映画『東京喰種 トーキョーグール』を楽しみにして下さっている皆様へ」と題し、コメントを発表した。@@cutter 本作は、累計発行部数2100万部を突破し、TVアニメ化、舞台化もされた同名コミックの実写映画化。主人公“カネキ”こと金木研を窪田正孝が演じ、ヒロイン・トーカを清水が原作のイメージに合わせ、髪を30センチカットしたことでも話題を呼んでいた。    公式サイトでは、「この度のキャストに関する一連の報道を受け、映画『東京喰種 トーキョーグール』に対し、多大なるご心配をお掛けしております。ただいま、状況を確認しております。今後につきましては、進捗を見守りながら、関係各位と協議をしてまいります」と説明し、「発表については、こちらのページに随時情報を掲載して参ります。どうぞ、よろしくお願い致します。 映画「東京喰種 トーキョーグール」スタッフ一同」と結んでいる。    今回の発表を受け、ネットでは「スタッフの皆様キャストの皆様の努力、苦労が報われますように」「公開されると信じて待ってます」「応援してます!」「夏じゃなくてもいいです。公開されるのを待ってます」等、スタッフ・キャストへの労いの言葉や“公開を待ってます”といったファンのコメントが数多く寄せられている。 引用:http://tokyoghoul.jp/

  • 『東京喰種』清水富美加“トーカ役”ビジュアル解禁!

    清水富美加、『東京喰種』トーカ役でロングヘアをバッサリ! 「小学校以来12年ぶり」

    映画

     累計発行部数2100万部を突破、アニメ化なども反響を呼んだ話題作の実写版『東京喰種 トーキョーグール』のキャラクタービジュアルが、窪田正孝演じる“カネキ”こと金木研に続き解禁された。今回、発表されたのはヒロインである通称“トーカ”こと霧島董香を演じる清水富美加のイメージビジュアル。原作さながらの姿を再現すべく、トレードマークのロングヘアを30cmもバッサリ切ったという。@@cutter 人の姿をしながらも、人を喰らう正体不明の怪物“喰種(グール)”たちがはびこる東京。冴えない大学生であった金木研は、ある事故での移植手術をきっかけに“半喰種”となってしまう。苦悩するカネキは、行きつけの喫茶店で働くトーカ(清水)と出会うが、その店の客、トーカもまた“喰種”であった。  今回、清水が演じるトーカは、ボーイッシュでクールと評価される人気キャラクター。役作りにあたり自慢のロングヘアをバッサリ切ったが「小学4年生のとき以来で、12年ぶりのショートカットになります」と告白。「ロングヘアで当たり前の生活だったので、戸惑いました」と振り返っている。  また、作品へ参加するにあたり「この映画で霧島董香を演じるチャンスを与えて頂いたからには、切らないわけにはいかないので30cmほどバッサリ行きました」とオファー当時の思いを述べ、「今ではお風呂も高速で上がれるので気に入ってます」としながら、「アクションの練習にも最適のヘアスタイルでした」と、今ではすっかり馴染んだことをコメントしている。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は、2017年夏に全国ロードショー。

  • 高畑充希、土屋太鳳、清水富美加…2016年ブレイク女優出演のオススメ映画

    高畑充希、土屋太鳳、清水富美加…2016年ブレイク女優出演のオススメ映画

    映画

     今年の映画界を振り返ってみると、超豪華キャストが名を連ねた『シン・ゴジラ』公開や、新海誠監督の『君の名は。』の興行収入210億円越えの大ヒットなど、驚かされることが少なくない一年だった。今回は、そんな今年にテレビドラマ・CM・映画で活躍した<2016年ブレイク女優>を独断と偏見で3人ピックアップ。彼女たちのキャリアを振り返りながら、それぞれが魅力を放った出演作を紹介する。@@cutter まず、「深夜の駐輪場で『拾ってくれませんか』と言ってきた野草好きな住所不定男を流れのままに養うOL役」という、冷静に考えるとツッコみたい気持ちが溢れる『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でヒロインを演じた高畑充希。NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主演として知名度を上げ、先に紹介した『植物図鑑』のほか、『怒り』では、少ない出番ながらも薫役を好演。また、『とと姉ちゃん』終了直後には蒼井優が主演を務めた映画『アズミ・ハルコは行方不明』ではキャバ嬢役に初挑戦し新境地を開拓。来年には自身初のアニメーション映画への参加となる『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の公開を控える。今後も邦画界をけん引していくであろう彼女には、持ち前の歌唱力を活かして、ぜひミュージカル映画に挑戦してほしい。  若手女優の中でも、土屋太鳳の活躍には目覚ましいものがある。昨年から今年にかけては、NHK連続テレビ小説『まれ』、『下町ロケット』『カッコウの卵は誰のもの』『お迎えデス。』『IQ246~華麗なる事件簿~』とドラマに出演し、映画では、『青空エール』『金メダル男』と話題作へコンスタントに出演。そんな彼女の出演作でもおすすめしたいのは、『まれ』に続く山崎賢人との共演作『orange -オレンジ-』だ。未来の自分から手紙を受け取り、愛する人を救うために過去を塗り替えるヒロインに扮し、引っ込み思案な少女から、愛する人を守る女性に至るまでの成長を好演している。来年には亀梨和也との共演作『PとJK』のほか、『兄に愛されすぎて困ってます』、『トリガール!』、『8年越しの花嫁』と公開作が続く。土屋の活躍はまだまだ続きそうだ。  最後は、独特なセンスの“あだ名付け”が評判を呼ぶ清水富美加。ドラマでは、『世界一難しい恋』や『家政夫のミタゾノ』といった連続ドラマに出演したほか、『素敵な選TAXI』『叡古教授の事件簿』『模倣犯』などスペシャルドラマにも出演し、様々なキャラクターを演じた。一方、映画では『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』に前作に続き姫野愛子役でヒロインを演じたほか、オムニバスのラブストーリー『全員、片想い』では千葉雄大と「あさはんのゆげ」でダブル主演を果たした。2017年以降も“イヤミス”として高い人気を誇る同名原作の映画化『暗黒女子』にて飯豊まりえとダブル主演、そして大人気コミックの実写化『東京喰種トーキョーグール』にトーカ役で出演するなど、話題作が続く。  高畑充希、土屋太鳳、清水富美加の活躍からは目が離せそうにない。   <クランクイン!ビデオにて配信中> 高畑充希出演作:『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『アオハライド』 土屋太鳳出演作:『orange -オレンジ-』『アルカナ』『鈴木先生』『赤々煉恋』 清水富美加出演作:『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』『HK/変態仮面』『となりの関くんとるみちゃんの事象』『赤々煉恋』『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』

  • 『東京喰種 トーキョーグール』、窪田正孝演じる主人公・カネキのキャラクタービジュアル解禁

    実写映画『東京喰種』、窪田正孝演じる“カネキ”ビジュアル解禁!

    映画

     累計発行部数2100万部を誇る大人気コミックを、窪田正孝主演で実写映画化する『東京喰種 トーキョーグール』のキャラクタービジュアルとロゴが初公開された。劇中のマスク・衣装デザインは、レディ・ガガやKISSなどのステージ衣装も手がけるCHRISTIAN DADAが担当することも発表された。@@cutter 本作は、人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、平凡な大学生だったカネキがあるべき世界のあり方を模索していく姿を描いた作品。読書好きの大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」で会う女性・リゼに想いを寄せるが、それは自分の運命を大きく変えることになる出会いだった…。共演には、清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋らが名を連ねる。  窪田が演じる主人公・金木研(通称:カネキ)は、ある事件をきっかけに半喰種になってしまうという役どころ。今回、解禁されたビジュアルでは、東京の町並みを背景に、喰種の象徴でもあるマスクをまとい、敵に立ち向かおうと前方を見据える姿が写っている。  この喰種のマスクは、本作にとって非常に印象的な小道具の一つ。今回、このマスク、そして衣装を担当することになったCHRISTIAN DADAの森川マサノリは、「監督と一緒に原作のイメージから膨らませて映画オリジナルに仕上げました」と、マスクデザインについて言及。萩原健太郎監督も「微妙な立体感など細部にこだわり抜きました」と出来上がりに自信を見せた。  なお、窪田が劇中で使用するマスクは、12月17日〜18日に幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2017」内の「東京喰種 トーキョーグール」コーナーで展示。さらに、ステージ限定で2分間のスペシャル映像も上映されることが決定している。  映画『東京喰種 トーキョーグール』は、2017年夏公開。

  • 映画『東京喰種 トーキョーグール』蒼井優、鈴木伸之、大泉洋

    蒼井優、『東京喰種』リゼ役に! 窪田正孝の運命を変える大喰い“グール”に

    映画

     窪田正孝が主演を務める超人気コミックの実写化映画『東京喰種 トーキョーグール』(2017年公開)にて、第二弾キャスト発表が行われ、新たなキャストとして蒼井優、大泉洋、鈴木伸之らが出演することが明らかとなった。@@cutter 本作は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の超人気コミックスの映画化作品。人を喰らう怪人“喰種(グール)”が跋扈する東京を舞台に、人々が“喰種”の脅威に恐れを感じ始めていた中、ある事故を契機に半喰種となった青年の運命を、謎の少女との遭遇や「喰種対策法」を背景に活動する国の行政機関CCGとの対決とともに描く。主役の金木研(カネキ)役を窪田正孝、ヒロインの霧嶋董香(トーカ)役を清水富美加が演じる。  蒼井は、表向きは清楚な女性、本性は“喰種”であり、カネキに目を付け捕食を狙う神代利世(かみしろ・りぜ)役を務める。大泉は喰種によって家族を奪われた過去を持つ、凄腕ながら変人扱いされているCCG・喰種捜査官の真戸呉緒(まど・くれお)役を演じる。そして鈴木は真戸のパートナーであり、秀才の一等捜査官亜門鋼太朗(あもん・こうたろう)役を担当。いずれもインパクト十分の個性派俳優陣が名を連ねている。   蒼井は今回の出演について「漫画原作の実写化が難しいことに変わりはないので、映画がその壁をどう超えるのか楽しみです」と人気コミックの新たな姿に大いに期待しながら「スタッフ皆の想いが通じ合っている撮影現場の雰囲気をとても頼もしく感じています。気負い過ぎず頑張りたいと思います」と活気あふれる現場で撮影に取り組んでいる様子。  また大泉は「役者として大きな挑戦であり、非常にやりがいを感じています」と今回のキャスティングに意欲的な姿勢を見せており、鈴木も「不安と緊張ばかりで何もない僕ですが、体当たりで演じさせていただきます」とその意気込みを見せている。

  • 『メンズノンノ』10月号カネキカット

    『東京喰種』特別企画を実施! 原作者・石田スイが第1話を“今”の画力で描きおろす

    アニメ・コミック

     『東京喰種トーキョーグール』の特別企画として、原作者の石田スイが「メンズノンノ」10月号(集英社)に同作の第1話“悲劇”を新たに描きおろした別冊付録「東京喰種トーキョーグール[悲劇]#001‐2」が収録されることが決定した。@@cutter 『東京喰種トーキョーグール』は、東京を舞台にヒトの形をし、ヒトに紛れ、ヒトの肉を喰らう「喰種(グール)」を描いたダークファンタジー。今回、石田が描きおろしたものは、「週刊ヤングジャンプ」2011年41号(2011年9月8日発売)に掲載された同作の第1話“悲劇”全42ページをカラーページ含め新たに全て描きおろす。  石田は「東京喰種の連載が始まってちょうど5年ほどの月日が流れ、まだ作品を読んだことがない人へ改めて何か発信できないかと考え、第一話のリメイクというのを試みてみました」と今回の経緯を明かす。また「作品を読んだことのある方々にも、新鮮に読んでいただけるものになっている気がしますので、5年前の第一話の絵と見比べながら楽しんでいただければ幸いです」とコメントを寄せている。  「メンズノンノ」10月号ではほかにも、 2017年夏に公開予定の映画『東京喰種トーキョーグール』で、主人公の金木研(かねき・けん)役を務める窪田正孝、霧嶋董香(きりしま・とうか)役の清水富美加、原作者・石田の鼎談記事の掲載を予定している。    「メンズノンノ」10月号は9月10日発売。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access