かわいい 関連記事

  • ※海外メディア「HuffingtonPost」のスクリーンショット

    助けを待つハトの水飲みを助けた男性! その方法とは

    気になる

     ニューヨーク市で、ハトの水飲みを助けた男性が現れた。ボタンを押すと水が噴水状に出てくる水飲み場で途方に暮れていた(?)かもしれないハトのために、男性がボタンを押してあげたのだ。海外メディアHuffingtonPostが伝えた。@@cutter 水飲み場に1羽、誰かを待つようにぽつんと止まるハトを見つけた男性は歩み寄り、すっとボタンを押した。そして水が噴き出すと、ハトは「待っていました」とばかりに水を飲み始めたのだ。この様子を収めた動画はインスタグラムに投稿され、現在400を超える「いいね!」を受けている。  この男性はニューヨーク在住のスティーブン・ペサンテス。スタテン島のフェリー乗り場で乗船を待っているところだったという。撮影した友人のマリエル・ミツコウスキは動画内で「あなたを待ってたんだね!」と笑いながら声を上げている。ペサンテスは「喜んでいたみたいでした!」「水浴びはしておらず、間違いなくニューヨーク市のおいしい水道水を楽しんでいました」とコメント。  なおマンハッタンにある野生動物リハビリセンターWild Bird Fundは、スタテン島のフェリー駅でハトが水を飲むことについて「一般的な現象だ」とツイッターでコメントした。

  • おならの音がみんなに聞こえると知った聴覚障害の少年が戦慄!(※イメージ写真)

    おならの音がみんなに聞こえると知った聴覚障害の少年が戦慄!

    気になる

     聴覚障害を持つ6歳の少年が、おならの音が周囲に聞こえるということを知り恐怖に見舞われた。教室でおならをしたその少年は、クラスメートが皆自分を見ていることに気づき、教師に理由を尋ねた。教師は「あなたのおならを聞いたからよ」。少年は「どど、どういうこと?!?!」と戸惑いを隠せなかったようだ。海外メディアMirrorOnlineが伝えた。@@cutter 米ワシントンDCにある小学校で働く少年の担任アナ・トゥルピアノは会話の一部始終をフェイスブックに投稿。内容は以下の通りだ。 少年1:なぜみんな僕を見ているの? 私:あなたのおならを聞いたからよ。 少年1:どど、どういうこと?!?! 私:耳の聴こえる人はおならが聴こえるの。 少年2:(完全に恐怖に見舞われながら)待って、どんなおならでも聴こえるの?!?!  おならをした少年以外の聴覚障害を持つ少年にもそのニュースは恐怖をもたらしたようで、少年2も驚きを隠せない。この情報に気が動転した少年は叫んで「僕のおならを聞かないように言って!よくないよ!」。聞こえてしまうのは仕方がないのだとトゥルピアノは答える。しかしそこで、誰もがおならをすることを伝えると、それも彼らにとっては驚きだったようだ。 少年3:待って、みんなするの?僕のお母さんも? 私:うん。 少年2:お父さんも? 私:うん。 少年1:…先生も? 私:うん 子供たち:爆笑  その後、会話は「聴こえる人はおならを見ることができるのか」と言った方向に展開。トゥルピアノは最後に「8年間大学に通って、こうした会話をしています」と締めくくった。投稿は、その後女優のミニー・ドライヴァーによってツイートされ拡散している。

  • ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    パグ限定50m走! パグ界のウサイン・ボルトが3年連続優勝

    気になる

     ウサイン・ボルト引退の穴を埋めるのは、この犬かもしれない。パグ界のウサイン・ボルトと呼ばれるパグのエマくん4歳だ。ベルリンで8月18日に開催されたパグ限定50m走において、5.866秒の速さで堂々の3年連続優勝を果たした。海外メディアHuffington Postが伝えた。@@cutter 今回のパグ50m走に参加したパグは全部で60匹。その中で、前回まで2年連続優勝を飾ってきたエマが今年も素晴らしい走りを見せた。  晴天のもと開催されたレースに出場したパグはさまざまで、まっすぐ走りきるパグもいれば、歩幅が小さくゆったりした走りを見せるパグ、飼い主が前を走って初めて走り始めるパグ、またゴール直前で引き返してしまうパグなども。それぞれの個性が光る大会となったようだ。  3度目の優勝を果たしたエマには、パグの顔がついた青い枕が授与された。当日は暑い天気となってたが、たっぷりの水が用意され快適な環境が保たれていたという。

  • 「ビール腹なパパと犬」2019年カレンダー ※海外メディア「HUFFPOST」のスクリーンショット

    イケメンより癒やされる?「ビール腹なパパと犬」の2019年カレンダー完成

    気になる

     2019年版の「ビール腹なパパと犬(Dad Bods and Dogs)」カレンダーが完成した。かわいい犬とちょっとお腹の出ている普通のパパを被写体にした、ちょっとユニークなカレンダーだ。@@cutter 海外メディアHUFFPOSTによると、写真に登場する犬は、ダラス、テキサス地域の3か所の動物保護センターで生活する犬たちだ。カレンダーの売り上げはこれらの動物保護センターのために使われる。すでにカレンダーに登場したわんこの数匹は里親が見つかったそうだ。  これらの写真を撮影した写真家のリッキー・ビーソンさんは「昨年はいわゆるセクシーな男性のカレンダーがたくさん販売されていたので、何か新しいことをしようと思いました」と語る。  ビーソンさんは「私が撮影したかったのは、普段の生活にいるような素敵な男性。毎日の生活の中のわんことパパのシナリオね」「このカレンダーで人々を笑顔にし、笑ってもらいたい」と続けた。

  • ※「Cara Wohr」フェイスブック

    その発想はなかった…犬がスプリンクラーを部屋に持ち込み猛暑対策

    気になる

     アメリカ、テキサス州で飼われている犬が、稼働した状態のスプリンクラーを住居内に運んできてしまった。犬なりの猛暑対策だったのかもしれないが、飼い主の女性は「どうしたらいいか、パニックでした」と海外メディアPeopleに語っている。@@cutter 海外メディアUPIによると、飼い主の名前はカーラ・ウォールさん。その犬の犬種はコリーで、名前はバルー。まだ生後5ヵ月だ。バルーは犬用のドアからスプリンクラーを持ち込んだとのこと。  バルーがスプリンクラーを屋内に持ち込み、水を撒き散らしながら遊んでいる様子を写真に収めたウォールさん。そのままフェイスブックに投稿すると、全世界から2万4000を超える「いいね!」などが殺到。さらにコメントは1万1000件以上寄せられ、これまでに12万件以上シェアされている。寄せられている声は「かわいすぎる!」「賢い犬だ」など。  ウォールさんによると、照明やテレビは水浸しになってしまったそうだが、「幸い私はウォータープルーフのマスカラをしていました」とおどけるほどには前向きな様子だ。スプリンクラーで遊ぶことはバルーのお気に入りだそうだが、今後は屋外のみで行うよう目を光らせるつもりとも語っている。 引用:https://www.facebook.com/cara.wohr

  • ※海外メディア「LAUGHING SQUID」のスクリーンショット

    何個まで入る? リスがピーナッツを頬張りまくる

    気になる

     リスが自分自身の限界に挑戦した。頰袋に、限界までピーナツを入れてみたのだ。この動画はチャレンジの途中から始まっているため、実際何個入っているかは不明である。海外メディアLAUGHING SQUIDが伝えた。@@cutter リスが頬袋の限界に挑む様子を収めたこの動画はユーチューブに投稿され、9万5000回以上再生されている。  最初は勢いよく頬張っているリスだが、終盤に入るとピーナッツの位置を調整しながらなんとか頬袋に収めようと試行錯誤する様子が見られる。その表情は真剣そのもの(?)だ。最後のピーナッツを手渡された時には、瞬時に無理だと判断したのか、ピーナツを即座に置き捨てカメラの前から去っている。  このリスは耳が欠けていることからヴァン・ゴッホの愛称で呼ばれているという。ユーチューブの動画には「おバカなリスね」「北米で一番かわいいリス!」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.youtube.com/channel/UC3339WgBDKIcxTfywuSmG8w

  • ※海外サイト「MirrorOnline」のスクリーンショット

    まんまる犬!トリミングされた日本発の犬が海外で話題に

    気になる

     まんまるにトリミングされたティーカッププードルがネットで話題だ。日本のトリマー、濱千代頼子さんがインスタグラムで紹介したその犬の名前はごまちゃん。インスタグラムの投稿には5350以上の「いいね!」が寄せられるなど大人気だ。海外メディアMirrorOnlineが伝えている。@@cutter 濱千代さんのブログによると、彼女は三重県でドッグサロン「よりこころ」を経営。あるとき、飼い犬のごまちゃんをトリミングでまんまるに大変身させた。  過去の投稿では、まだ丸くなっていないときの様子も見ることができ、大きなイメチェンに成功していることがわかる。最近の投稿では、球体となったごまちゃんをいろいろな角度から見られるよう、うしろ姿や横姿などの複数の画像がアップされている。  まんまるなごまちゃんの写真や動画はインスタグラムで大きな人気を呼び、ほかのユーザーからのコメントでは「本当に変だけどかわいい! 完璧な球体みたい」「Omgこれ最高。まるまるして見えるね笑」「見て、このひつじ犬」などの声が寄せられている。

  • ※海外メディア「BoredPanda」のスクリーンショット

    相乗効果でかわいさ倍増!“なでた犬”を紹介する少年のツイートが人気

    気になる

     なでたことのある犬を紹介する少年のツイッターアカウントが人気だ。9歳の少年ギデオン・キッドくんは、できるだけ多くの犬をなでるべく日々を送り、これまでになでた犬の数は300を超える。海外メディアBoredPandaが伝えた。@@cutter キッドくんがわんこの記録を始めたのは2016年。ネット上で人気を得るようになったのはツイッターを始めてからだ。彼のブログタイトル及びツイッターアカウント名は「I’ve Pet That Dog(僕はあの犬を撫でたことがある)」だ。ツイッターを開始してわずか1か月でフォロワー数は4万人を超え、8月には12万近いフォロワーを抱えている。  キッドは、なでたわんこの写真のみならず年齢や犬種、性格などの記述も丁寧に行なう。彼のブログによると、好きな犬種はチワワ。チワワ・ファンクラブの会員でもあるのだという。  同じわんこ好きに向けて、キッドはアドバイスとして「犬の鼻の下に手を置くと、においを嗅がせてあげられる。犬が吠えたりうなったりしたら、なでて欲しくないということ。もしなでて欲しければ嬉しそうに寄ってくるよ」と語っている。 引用:https://twitter.com/IvePetThatDog

  • サイクリストを追いかける3羽の七面鳥 ※海外メディア「UPI」のスクリーンショット

    かわいい! 小さな七面鳥たちがサイクリストを追いかける

    気になる

     ノースカロライナ州で運転中だったドライバーが衝撃の光景を目にした。3羽の小さな七面鳥たちが、サイクリストを追いかけていたのだ。サイクリストと七面鳥たちが走っていたのは反対方向だったにもかかわらず、彼はUターンをして撮影を決行したのだった。海外メディアUPIが伝えた。@@cutter 動画が撮影されたのは5月で、場所は同州の町ウェインズヴィルだ。撮影者によると「妻と昼食を鳥に出かけようとしたところ、反対方向のサイクリストが3羽の七面鳥に追いかけられていることに気付きました」。「この七面鳥たちは地元でよく知られており、5km圏内でよくぶらついています。そこは、そのエリアでサイクリストが使う道でもあります」。  そしてこの男性は撮影をするためにUターンを決行。かわいらしくも異様な光景を動画に収めることに成功したのだった。「いつも七面鳥たちがいる場所を考慮すると、撮影した場所まで少なくとも3.2kmは追いかけて走ってきたのでしょう」とコメントしている。

  • 世界一醜い犬コンテスト2018に出場した犬たち ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    世界一醜い犬コンテスト2018開催! 今年の勝者はこんなブルちゃん

    気になる

     米国、カリフォルニア州で2018年の世界一醜い犬コンテストが開催された。今年の勝者はイングリッシュブルドッグのザザ。口を閉じてもはみ出てしまう長い舌がチャームポイントだ。海外メディアSkyNewsが伝えている。@@cutter 同イベントはカリフォルニア州の都市ペタルーマにあるソノマ=マリン・フェアグラウンズ・アンド・イベンツ・センターで開催。優勝したザザと飼い主のミーガン・ブレナードさんには、賞金として1500ドル(約16万5000円)が授与された。飼い主のブレナードがザザを見つけたのはインターネットだったという。  今年で30年目を迎える同コンテストは、一般的には容姿の欠点とされる部分を披露し合い、審査員が評価するというもの。また、同イベントは里親を待っている犬が多数いることに対する認知を広めるため活用されている。  同イベントのスポークスウーマン、クリスティ・ゲントリーさんは、「住むところがなく、飼い主を探している可愛い犬たちはとてもたくさんいて、コンテストのファンの皆様にはこのイベントの趣旨を知っていただきたいと考えています」と話し、「すべての動物が安全で温かい家で生活する価値があるということを伝える、楽しくてくだけた方法なのです」とコメントした。

  • 同じを瞳を持つ友達 ※「maddenandmoon」インスタグラム

    オッドアイの猫、おそろいの瞳を持つ少年と友達になる

    気になる

     左右で異なる瞳の色を持つオッドアイの猫が、完璧な友人と出会った。同じくオッドアイの少年、マデンくん7歳だ。オクラホマ在住の彼は、ミネソタで動物保護団体に保護されているその猫と運命の出会いを果たしたのだ。海外メディアLoveMeowが伝えた。@@cutter マデンは虹彩異色症という症状で生まれつき瞳の色が左右で異なる。マデンの母親クリスティーナ・アムフェリースさんは、息子と同じ瞳を持つ猫の存在を知り、すぐにマデンにぴったりだと思ったそうだ。  その猫は2歳で、ミネソタ州のMending Spirits動物保護施設に保護されていた。同施設は「見た目も中身も美しい猫です。静かで小さな鳴き声が愛らしく、注意を引きたいときには優しくニャーと呼びかけてきます」。猫はマデンに会うなり体をすりつけ、1人と1匹はすぐに仲良くなったという。  母親のクリスティーナさんは「親友になる運命だと分かっていました。ペットの存在で少し孤独を感じなくなるなんて、面白いものです」と語る。マデンくんは、ヴァレンタインと呼ばれていたその猫を新たにムーンと名付けたそうだ。

  • ジャンプしたら着ぐるみの頭がスポーンと… ※海外メディア「newsflare」のスクリーンショット

    ジャンプしたら着ぐるみキャラの頭がスポーン! スポッ…衝撃の瞬間

    気になる

     かわいい着ぐるみキャラがジャンプした瞬間、衝撃が走った。キャラの頭が取れ、空中に浮き、本来ならば黒子に徹しなければならない「中の人」があらわになった後、再びスポッとかぶさったのだ。海外メディアnewsflareが伝えた。@@cutter それは、くまモン風のキャラとリラックマ風のキャラが楽しくジャンプする平和な光景のはずだった。しかし、リラックマ風キャラの頭部が取れてしまい、観衆はザワつきだす。しゃがんでいた男性2人は立ち上がり、一人は後ずさりしているようにも見える。同メディアによると、この動画は3月20日に北京で撮影されたもの。  その後、リラックマ風のキャラは慌てて頭部を押さえ、くまモン風のキャラはどことなく心配そうにリラックマを見ているようだ。写真撮影のためにジャンプしたと思われるが、どのような写真に仕上がったのかが気になるところだ。

  • 2匹はご近所さんで仲良し ※海外メディア「Mirror」スクリーンショット

    犬が犬を助ける!? 柵にハマった子犬をシェパードが助ける

    気になる

     メキシコ中心部に位置するサン・ルイス・ポトシで、子犬がシェパードに助けられながらピンチを脱した瞬間が動画に収められた。子犬は高い位置にある柵を通り抜けようとして、後脚は宙ぶらりんの苦しそうな体勢でしばらくもがいていた。そこに現れたシェパードが、前足で子犬の頭を撫でるように助け始めたのだ。海外メディアMirror Onlineが伝えた。@@cutter 動画を撮影したのは、教師のエディス・ゴヴェア(33)。動画では最初、子犬が柵に頭を突っ込み向こう側へ通り抜けようと必死にもがく姿が映される。しばらくすると柵のむこうがわにシェパードが登場。子犬の頭を前足で撫でるように手助けしているようだ。  しばらくしてもなかなか柵の向こう側へと行けない子犬をさらに助けようとしたのか、シェパードは途中から両前足を使い、子犬の首根っこをくわえるなどさらに応援を続けた。その結果、とうとう子犬は柵の間を通り抜けることができたのだった。  その家に住んでいるこのシェパードの名前はバニー。この子犬、マリクは近所に住んでおり、たまにバニーを訪れるのだという。動画を撮影したゴヴェアは「犬同士が愛情を示す様子は美しいです」と加えた。

  • かわいすぎる交通安全 ※「lyss121」ツイッター

    しっかりシートベルト!交通安全を守るわんちゃん

    気になる

     カリフォルニア在住の小さなわんちゃんは、車に乗る時にとても大切なことを知っている。シートベルトだ。@@cutter まだ子犬のカイアが助手席に座り、シートベルトを締めている様子を写した画像がツイッターで話題を呼んでいる。海外メディアABC Newsが伝えた。  カイアの飼い主はリンダ・レントン。姉妹のアリッサが撮影した画像をツイートしたリンダは「この写真を撮ってもらったんだけど、もっと多くの人に見てもらう価値があると思って」とコメントし投稿。子犬のカイアにとって、トラックに乗るのはこの時が初めての体験で、獣医に向かうところだったという。リンダは「カイアはとても楽しんでいたと思います」とコメント。  アリッサが撮影した画像について、リンダはとてもかわいいと思ってはいたもののここまでSNSで拡散するとは思いもしなかったそうだ。「こんなに大事になるなんて思わなかった」とStoryfulに対してコメントした。この投稿に対しては30万以上のリツイートと100万以上の「いいね」が付いている。 引用:https://twitter.com/lyss121

  • 人々が猫ちゃんを避けて歩く ※海外メディア「People」」スクリーンショット

    寝るとこなんて気にしない! エスカレーター前で堂々と寝る猫

    気になる

     にゃんこの性質をまとめると、こうなるのだろう。トルコで撮影された8秒間の動画に映る猫は、エスカレーターの降り口付近にじっと座り、周りを全く気にせずに昼寝をしている。そして降りてくる数々の人たちが、猫を邪魔せぬよう気をつけながら通り過ぎていくのだ。海外メディアPeopleが伝えた。@@cutter この動画はこれまでフェイスブック上で140万回以上再生されている。堂々と、ビクともせずに昼寝を続ける猫に、踏まないように気をつける人々。  アナドル・ケディシのブログによると、この猫はイスタンブール地下鉄のタクシム駅の猫として知られている。少なくとも過去3年はタクシム駅に住みついており、「猫がタクシム駅を所有している」とする人もいるそうだ。確かにエスカレーター前に鎮座するその振る舞いからも、その猫が駅を仕切っている感は否めない。  地下鉄乗客からの特別扱いを受けること数年、にゃんこは駅の居心地が良くなったようだ。イスタンブールには、このタクシム駅の猫以外にも数多くのにゃんこが地元民に愛され生活している。

  • 下水にはまった可哀想なわんこたち ※海外メディア「HUFFPOST」スクリーンショット

    自由はつかの間だった!? 下水にはまったわんこたち

    気になる

     米国、コロラド州で飼い主の庭から逃げようとしたわんこたちが下水道にはまる珍事が起きた。わんこは全てマスティフ犬。ジェファーソン郡保安官事務所は「犬たちは庭から逃げた後、少しばかりの自由を楽しんだようです」とツイートした。海外メディアHUFFPOSTが伝えた。@@cutter わんこたちは郡の境界まで辿りつくことはなかった。下水の穴に自ら踏み込んでしまったことで、つかの間の自由はあっけなく終わってしまったのだ。救助隊に助け出され、わんこたちは無事飼い主の元へ届けられた。  同保安官事務所はツイートで「下水道の中のマスティフを見たことがありますか?下水道にマスティフ3匹の場合はどうですか?私たちも今週まで見たことがありませんでした。West Metro Fireのおかげで皆無事救助されました」とコメント。  HUFFPOSTの質問に対して同保安官事務所は、犬たちの名前を公表するにはまず飼い主の了承を得なければならないと回答。だが、「皆愛らしい名前である」と伝えた。

  • 動物園でのプロポーズに映り込むカバの赤ちゃん ※ハーリー・ロールさんインスタグラムより

    カバの赤ちゃんの写り込みがすごい!ロマンチック画像のはずが…

    気になる

     動物園でプロポーズする様子を写した、ロマンチックなはずの写真。そこに写り込んでしまったカバの赤ちゃんが大きな話題を呼んでいる。背景にある水槽の中からプロポーズを見つめるカバの赤ちゃんの様子はなんともシュールで、インスタグラムに投稿された画像は3,000以上の「いいね!」を得ている。海外メディアUSが伝えた。@@cutter プロポーズした男性ニック・ケルブルさんと彼女のハーリー・ロールさんは、交際1周年記念でシンシナティ動物園にやってきた。二人の一番のお気に入りの動物、カバの水槽の前で行われたサプライズでのプロポーズ。すべては計画通りか…と思いきや、カバの赤ちゃん・フィオナが絶妙なタイミングで登場したことには仕掛けた側のケルブルさんも驚いたようだ。  ケルブルさんが片膝をつき求婚する間、フィオナは向こう側から水槽に顔を押し付けてこちら側をじっと見つめている。  この記念すべき瞬間を捉えた写真を、求婚を受けたロールさんがインスタグラムに投稿。「私たちの特別な日にフィオナがいてくれて本当に幸せ」とコメントしている。  なお、フィオナは2017年1月に誕生したばかりで、カバとして初めて6週間早産で保護された。

  • 猫を世話するスーパーヒーロー「キャットマン」 (※「Kolony Kats」インスタグラム)

    猫を世話するスーパーヒーロー「キャットマン」登場! 決め台詞は「猫に優しくね」

    気になる

     アメリカ、フィラデルフィア州のストリートには、日々活動する小さなスーパーヒーローがいる。“スーパーマン・ショーン”またの名を“キャットマン”、本名ショーン・グリフィン(5)は様々なヒーローのコスチュームで、ノラ猫の世話をする叔母2人の手伝いに日々奔走している。海外メディアPeopleが伝えた。@@cutter ショーンの叔母であるキアとクリスは、猫の保護と里親支援を行う慈善団体Kolony Katsを運営する。ショーンは3歳の頃から彼女たちとともに、裏庭で生活する約50匹のノラ猫に食事を与え、お腹を撫でてやるなどの世話を行っているのだ。  クリスはPeopleに対し、最初は彼に手伝わせることをためらったと話す。「ノラ猫はシャイで臆病なのに対し、彼はとても小さくてやんちゃでしたから。でも、猫たちは彼のことをとても好きになりました。特にバグという名の猫。この猫はしばらく私たちのことを避けていたんですが…」と振り返る。  「ショーンが現れるとすぐバグがやってきて、彼の足に体を擦りつけ始めたんです」とキアが続ける。「ショーンは単純に猫を引き寄せる魔力がある」と称するショーンのおかげで、バグに去勢手術を受けさせられたのだとか。  ショーンはスーパーマンなどヒーローの衣装を着るのが大好きなため、自然と“キャットマン”のヒーロー名が付けられたらしい。ちなみに必殺技は、“スーパーパワー・スクラッチ”。すべての猫たちに、同じ時間をかけて、顎の下を撫でてあげるのだ。そして、決め台詞は「猫に優しくね」だそうだ。  引用:https://www.instagram.com/kolonykats/

  • 孤高のわんこ、年配になりとうとう親友を見つける ※海外メディア「People」スクリーンショット

    孤高のわんこ、年配になりとうとう親友を見つける

    気になる

     ヌガーと名付けられたチワワのわんこは、誰にも心を開かずに生きてきた。しかし最近、とうとう心を通わせる友達を見つけることができたようだ。それまで誰も寄せ付けなかったヌガーは、新しい友達のパグ、クラレンスと前足を取り合い仲良く過ごしている。海外メディアPeopleが伝えた。@@cutter ロードアイランドのプロビデンスにある保護施設を出て、引っ越した高齢の犬向け保護施設ヴィンテージ・ペット・レスキューで2匹は出会った。  ヴィンテージ・ペット・レスキューの共同創業者クリステン・ペラルタは「ヌガーは前の施設では本当に心を開きませんでした。遊び場でも私のことを避け、膝からもすぐに逃げて行ってしまった」「でもクラレンスに会った時、ヌガーは一気に心を開きました」と語る。  パグのクラレンスも、ヌガーと同じくそれまでは心をあまり開かないわんこだったという。しかし今や2匹はいつでも一緒に過ごすまでの仲になった。  クラレンスという居心地の良い存在が、ヌガーの生活を大きく変えた。「ヌガーは完璧に変わりました」「とは言え、施設の環境での振る舞いで犬の状態をよく判断することはできませんが…」とペラルタは話している。

  • オーストラリアで“白い”赤ちゃんコアラ誕生! ※海外メディア「SkyNews」のスクリーンショット

    オーストラリアで珍しい“白い”赤ちゃんコアラ誕生!

    気になる

     オーストラリア、クイーンズランドにあるオーストラリア動物園で、珍しい白いコアラの赤ちゃんが誕生した。現在名前が検討されているところだ。そのコアラの赤ちゃんが白いのは、母親コアラのティアから受け継いだもので、アルビノ(メラニンの欠乏を引きおこす先天的な遺伝子疾患)のためではないという。ティアが以前出産した赤ちゃんコアラも同じく色素が薄いとのこと。海外メディアSky Newsが伝えた。@@cutter 同動物園の野性動物病院院長ロジー・ブースは「獣医学では、こうした白または色素の薄い毛皮の動物を“銀の遺伝子”によるものとしています。こうした毛は乳歯のようなもので、いずれは抜け落ち一般的な成獣の状態へと移行します」とコメントした。  名前の候補としてはこれまで、スノーフレーク、パール、シュガー、リリー、スノーホワイト、またアボリジニの言語で「夜明け」や「光」を意味するバリンガなどが上がっている。フェイスブック上ではこの白いコアラについて「美しい白いコアラ」などの声が寄せられている。  コアラはオーストラリア全土で個体数の減少が叫ばれており、その原因としては野焼きや病気、犬による攻撃、生息できる環境が減ってきていることが挙げられる。

  • ラブラドールがみなしご子猫を養子に? 抱っこして“猫かわいがり” ※海外メディア「METRO」のスクリーンショット

    ラブラドールがみなしご子猫を養子に? 抱っこして“猫かわいがり”

    気になる

     ラブラドールのバーニーは、生後5週の子猫エヴァと仲良しだ。一見、かわいらしいこと以外に共通点がなさそうな2匹だが、実は困難に満ちた境遇を乗り越え、お互い固い絆で結ばれているのだ。イギリス・ロンドンのある庭園で捨てられているのを発見された時、エヴァはまだ生後数日しか経っていなかった。生命の危険にさらされていたエヴァは、すぐさま動物保護施設Battersea Dogs & Cats Homeに運ばれた。海外メディアMETROが伝えた。@@cutter 同施設に連れてこられたエヴァは、看護師のメーガン・ゴールドリングにより2時間ごとに手で食事を与えられ、手厚い看護を受けた。  一方、3歳のラブラドール犬バーニーは、2014年に飼い主に手放され同施設にやってきた。そして看護師長のレイチェル・アブディーがバーニーを飼うことになった。  バーニーとエヴァが出会ってから仲良くなるまでは一瞬だった。バーニーはエヴァの世話をすることを心に決めたようで、自分の寝床で休ませ、足で枕を作ってあげ、尻尾で遊ばせてもあげるのだった。  「毎朝バーニーを連れて来るのが楽しみです。本当にエヴァと会うのが待ちきれないようで」とアブディー。「エヴァにとっても良いことです。親も兄弟もいないけれど、バーニーが親友となり一番の遊び仲間になっています。辛い時が過ぎ去り、楽しそうに一緒に遊んでいるのを見ると素晴らしい気分です」と語っている。

  • ねこの毛づくろいをするサル 種を超えた仲良しぶりにほっこり ※海外メディア「People」のスクリーンショット

    ねこの毛づくろいをするサル 種を超えた仲良しぶりにほっこり

    気になる

     サルのジョジョとねこのアランは大親友。アランの毛づくろいをするジョジョの姿は、種を超えた友情が確かに存在するのだということを、思い出させてくれる。タイでのほっこりする1コマを、海外メディアPeopleが伝えた。@@cutter 2匹は、現在タイにある動物保護施設ワイルド・フレンズ・ファウンデーション・タイランドで生活する。ジョジョは2011年に飲食店で籠の中に入れられていたところを救助され、同施設で暮らして6年。ストレスから解放され幸せな日々を送っていた。そしてつい先日、猫のアランがジョジョの元に現れたのだ。  アランは地元の若いねこだ。施設内の猿の居住エリアに迷い込み、ジョジョと仲良しに。いまでは食べ物まで分け合う仲だ。  同施設は、通常このような種を超えた交流はないというが、今回は例外とすることにした。「理想的な状況とはいえませんし、ふだんは奨励しません。ですが、アランに危害はありませんし、ジョジョはアランが大好きなようです。ですので、この2匹を一緒にいさせることにしました」と同施設のブログにつづられている。  アランは毛づくろいされるのを、ジョジョは毛づくろいしてあげるのを楽しんでいるらしい。まさに大親友となった2匹は、いまでは何をするのも一緒だそうだ。

  • 160km走行した車のボンネット内で発見された子猫 ※海外メディア「UPI」のスクリーンショット

    子猫が車のボンネット内に入り込んだまま160km走行!無事救出 

    気になる

     アメリカで約160kmを走った車のボンネット内に、生後4か月の子猫が発見されたという驚きのニュースを海外メディアUPIが伝えた。車を運転していたポール・ザイン氏は全く気付かなかったと話し、運転後に車を整備士に見せていたところ子猫が発見されたのだという。@@cutter 車を運転したザイン氏は、「整備士が猫を飼っているか聞いてきたので、飼っていないと答えた。すると、近所に猫を飼っている家はあるかと聞かれ、事態がよく理解できなかったよ」と状況を説明。  子猫を発見したのは整備士は、「最初は猫が生きているかわかりませんでしたが、車から飛び出した猫を捕まえるまでに店内で20分ほど追いかけていましたよ」と子猫は元気だったと語る。  マサチューセッツ州の都市ネイティックからコネチカット州の都市ウォリンフォードまでを運転してきたザイン氏は、信じられないと言った様子で「160キロの道のりを高速で走ってきたんだ。あの小さな生き物がエンジンのそばにいたなんて…なぜだ」と話す。  子猫はトヨタのトラックにちなみ“タコマ”と名付けられ、発見した整備士が引き取ることにしたそうだ。

  • にゃんこが赤ちゃんの頭をペロリ 超キュートな動画が話題! ※海外メディア「Mail Online」のスクリーンショット

    にゃんこが赤ちゃんの頭をペロリ 1人と1匹はベストフレンド!

    気になる

     にゃんこが人間の赤ちゃんの頭を優しく舐めるビデオが人気だ。くつろいだ様子でにゃんこの脚をつかみ、頭を乗せるご機嫌な赤ちゃんマシュー。マシューがにゃんこの身体に頭を乗せるたび、にゃんこはマシューの頭頂部を優しく毛づくろいする様に舐め続ける。それが心地よいのか、マシューはニコニコである。海外メディアMail Onlineが伝えた。@@cutter このにゃんこの名前はレムジー。マシューは頭を舐められると、何が起こってるのか疑問いっぱいの表情で起き上がりレムジーを見つめる。そして、「もう1度お願い」と言った様子で頭を元の位置に戻すのだ。  動画の中でマシューの母親はマシューに「あなたの猫ちゃんよ」と話しかける。彼女は新しく家庭にやってきたレムジーをマシューがどのように受け止めるかがわからなかったそうだが、動画を見る限り1人と1匹はすぐに打ち解けて仲良くなったようだ。  この動画が投稿されたのは去年で、同メディアによると現在まで数百万の視聴回数を得ている。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access