仮面女子 関連記事

  • 『バリバラ』取材会の様子

    仮面女子・猪狩ともか、コントに挑戦 次の目標は「旅番組をやってみたい」

    エンタメ

     仮面女子の猪狩ともかが20日、障がい者のための情報バラエティー『バリバラ』(Eテレ/毎週木曜20時)のスタジオ取材会に出席。2018年の事故により車イス生活を送る猪狩が、今後の展望を語った。@@cutter 本番組では、5月16日、23日の2週にわたって“障がい者がいる職場”をテーマに、実際にあったエピソードを基にしたコント企画「スケッチコメディー~障害者が職場にやってきた~」を放送。今回の取材会には猪狩のほか、コントに出演する関西ジャニーズJr./なにわ男子の藤原丈一郎、女優の小島藤子、パフォーマーのTASKE、番組MCの山本シュウ、玉木幸則、大西瞳も出席した。  今回番組が制作したコントの中で、不慮の事故にあったことから車イス生活を送っている会社員を演じた猪狩は「障がいのある方をコントにするってどうやるんだろうと疑問に思ったんですけど、障がいを笑うのではなく“障害のある人たちとどう上手くやっていけるか”いうことを面白おかしく描いたコメディになっている」と話すと、続けて「障がいのある人とない人の間にまだ大きな壁があるかなと思うんですけど、その壁を少しでも薄くできるきっかけになったんじゃないかなと思います」と番組の意義を語った。  また多様性のある社会を理想とする若手社員を演じた藤原は、コントの出来について「自分の持てる力を出し切ったと思うので100点だと思います!」と断言。さらに「関西ジャニーズJr.でコントをやった時も、僕が台本を書いたりしていたので、嬉しいですよね」とご満悦の様子。  今回の番組で、改めて演技に挑戦した猪狩は「この身体になったからこそ、得られているものがたくさんあると思っていまして、それを今後大事にしていきたいと思います」と話すと「今はパラスポーツの応援に力を入れていまして、自分自身が競技を体験したり、イベントに呼んでいただく機会も増えています」とコメント。また「これは夢なんですけど…」と切り出すと「旅番組をやってみたいなと思ってて」と明かすと、MCの山本シュウが「最高やな!」と絶賛。猪狩は続けて「自分自身も楽しめますし、バリアフリーな場所も皆さんにお伝えできるので、そういうことに憧れています」とこれからの展望を言葉にした。  『バリバラ スケッチコメディー~障害者が職場にやってきた~』は、Eテレにて5月16日、23日の各日20時より放送。

  • 大ファンである西武ライオンズの始球式、仮面女子ライブを再び! ※「猪狩ともか」公式ブログ

    両下肢麻痺の猪狩ともか、仮面女子活動継続にメンバーから応援続々

    エンタメ

     “最強の地下アイドル”こと仮面女子の猪狩ともかが7日、自身のブログとツイッターを更新。4月11日に看板の下敷きとなって負った怪我と現状を受け止めて報告する彼女に、さまざまなメッセージが寄せられている。@@cutter 事故の経緯と怪我(けが)の状態が詳細に、しかし人柄の見える丁寧な文面で記された「大切な皆さまへ」というタイトルのブログには、瞼裂傷、頭部挫創と脚、肋骨、胸椎、腰椎の骨折、そして脊髄損傷による両下肢麻痺という重い文字列が並んだ。  「両脚を動かすことができなくなり、今後は車椅子での生活です。受け入れるのに時間がかかりましたが私は元気に生きています」とツイッターでも報告した彼女に、事務所は「退院後は仮面女子として活動を続け、これを事務所も支えていきます。これからも猪狩ともかを宜しくお願いします」と明言した。  また、無邪気に回復を信じていたころから、次第に現実を受け止めてたどり着いた絶望、そして周囲の応援で少しずつ前を向く過程を誠実に語った猪狩に、メンバーも心打たれた様子。リーダーの桜のどかは「本当に猪狩ちゃんはすごいよ」「やっぱり猪狩ちゃんは希望の星!!!これからもたくさん新たな夢を叶えてくれる気しかしてない!!!」とツイート。  神谷えりなは「猪狩の強さに私も勇気づけられる。こうやって前を向いて突き進んでくれて頑張ってる猪狩がいて、私たちも猪狩が帰ってくる場所をしっかり守り続けたいと思います」、陽向こはるは「いがともちゃんの強さに改めて気づきました。私達も全力で一緒になっていがともちゃんの夢を叶えたい!」、“東大アイドル”こと桜雪は「私が応援したいのに、猪狩ちゃんの強さに逆に私の方がパワーをもらってしまうくらい、猪狩ちゃんは何も変わらない猪狩ともかでいてくれてます」「笑顔の写真を見れて嬉しい」など続々と投稿。楠木まゆ、窪田美沙、胡桃そら、柏崎桃子、月野もあ、立花あんな、坂本舞菜らもメッセージを送っている。

  • 森下悠里、映画『W~二つの顔を持つ女たち~』主題歌公開レコーディングにて

    森下悠里、映画主題歌に「人生で一番恥ずかしい」 演技の参考は“六本木のカリスマ”

    映画

     グラビアアイドルの森下悠里が25日、映画『W~二つの顔を持つ女たち~』の主題歌公開レコーディングに登場。“音痴”を自称する森下は収録時を振り返り、「人生で一番恥ずかしい思いをした」と述懐した。@@cutter 本作は、新堂冬樹による同名小説を原作に、六本木に実在する「W Lounge」で働く女性たちが女探偵として事件を解決する様を描いた映画化作品。主題歌「ROPPONGI DREAM ~W REMIX~」の公開レコーディングには、森下の他に、AKB48初期に在籍していた元メンバーとしても知られる女優の加弥乃、仮面女子の桜のどか、タレントの多岐川華子や梅本静香、同曲を手がけたヒップホップ・アーティストのTOMOROが出席した。  開口一番、レコーディング時を振り返って「一番皆さんにご迷惑をかけた」と申し訳なさ気に語る森下は、「私は本当に歌が下手で音痴。人生で一番恥ずかしい思いをした」と心境を吐露。それでも「(TOMOROが)すごい優しくて、いっぱい褒めて乗せてくれた。途中から“私は歌手だ!”と思い込んで、恥を捨ててやらせて頂いた」と明かす。一方、演技面については、「(自身演じる藍染モナは)六本木の女帝で、夜のモナリザと呼ばれる女。昔、六本木で水商売の経験があったので、そのときにカリスマと言われていた人たちを想像しながら演じた」と、実在の人物を参考にしたという。    嶋野志麻役の多岐川も、本曲のデモテープを初めて聞いたときは「すごくかっこよくて“こんなの出来ないよ!”と思った」と及び腰になったことを明かしている。そして映画での役どころを「昼は教師。夜はラウンジで働く人」と説明し、「出演者は皆、それぞれ個性がすごく強い。軽く観てても(映画の世界観に)すぐ入り込めると思う」とアピールした。    映画『W~二つの顔を持つ女たち~』は、12月12日より池袋シネマ・ロサ(1週間限定レイトショー)ほか、全国で順次公開。

  • 豪華ゲストが出演するイベントが2月14日に開催決定

    “史上最強地下アイドル”仮面女子、犬山紙子らが「エスカップ」イベントにゲスト出演

    エンタメ

     栄養ドリンク剤「エスカップ」の『ホップ ステップ エスカップ』キャンペーンの一環として、2月14日に六本木ヒルズアリーナで、来場者が主役となるCMの公開撮影とサンプリングイベントが開催される。本イベントでは、人気沸騰中の地下アイドル・仮面女子、コラムニストの犬山紙子、人気プロレス団体ドラゴンゲートなどがゲスト出演することも決定している。@@cutter 『ホップ ステップ エスカップ』キャンペーンでは、学生を始めとした毎日がんばっている人たち、お笑いタレント、アイドルなどが、巨大なトランポリンで元気いっぱいジャンプするTV-CMやWeb CMを展開中。現在は第2弾となる「がんばる人々横浜篇」が配信中だ。  14日のイベントでは、このCMの第3弾の撮影が行われる。参加条件は、毎日をがんばっている15歳以上の人(未成年者は保護者の同意が必要)。会場に設置された巨大なトランポリンにチャレンジする様子を映し、後日、TV-CMでのオンエアおよびエスカップブランドサイトでの配信が行われる。  さらにこの日は、今、“最強の地下アイドル”として注目される仮面女子によるミニライブや、若い女性ファンが多く新感覚のプロレス団体として話題のドラゴンゲートによるミニパフォーマンスも予定。また、独自の切り口で多くのファンを持つ犬山紙子、地元沼津を拠点としているユニットのオレンジポートら豪華ゲスト陣も登場し、イベントを盛り上げる。  オリジナルステッカー撮影やプレゼント抽選会、カップル限定の特典など、来場者が喜ぶ企画が盛りだくさんな本イベント。CMに出演できる貴重なチャンスでもあるので、興味がある人はぜひとも参加してもらいたい。  「ホップ ステップ エスカップ」キャンペーン第3弾CM公開撮影&サンプリングイベントは、2月14日11時〜17時に六本木ヒルズアリーナで開催。※天候などにより急遽延期、中止となる場合もございます。

  • 仮面女子、『P.A.R.M.S』でのライブの模様

    “少女とメタル”の親和性とは 『LOUD PARK』出演、仮面女子マネージャーが語る裏側

    エンタメ

     音楽ジャンルとして長きにわたり歴史や伝統を築いてきた「メタル」。従来は、屈強な男たちが激しく、重厚な音色を響かせて、地面を砕くほどのデスボイスと、天をも貫くハイトーンボイスにまとわれた世界であると思われていた。しかし今、メタルの担い手が少女たちへと移りつつある。それは何故か。担い手の一組である、仮面女子のマネージャーからの証言により紐解いていきたい。@@cutter 「武器となるライブでのパフォーマンスこそメタルです」と語るのは、仮面女子のマネージャーである。同ユニットは、アメリカのヘヴィメタルバンド・slipknotを彷彿とさせる仮面を身にまとい、“最強の地下アイドル”をうたう一組。結成当初より「メタル」をテーマにしたユニットの一つで、アリスプロジェクトの率いるアリス十番とスチームガールズとアーマーガールズの混合ユニットである。  今年1月1日発売のシングル曲『元気種☆』がオリコンウィークリーチャートで首位に輝くなど、にわかに注目度も高まっているが、運営側からして何をもって「メタル」としているのかをまず伺ってみた。  「楽曲そのものにまず、メタルの要素を取り入れています。メロディからサビパートまではアイドルらしく疾走感溢れる仕上がりを意識して、間奏ではメタルへとみるみる変化していく。楽曲を手がけるクリエイター陣のこだわりでもあり、また、年中無休のライブでは、ヘッドバンキングや客席へのダイブ、ゴムボートで客席を航海するなど、予定調和を崩すようなパフォーマンスで、目に見える部分でも『メタル』を表現できるよう務めています」 。@@separator 現代のアイドルシーンでは、少女たちの魅力を最大限に発揮する上でライブの比重は高い。世界中のメタルシーンをのぞいても、ステージに立つアーティストはもちろん、観客をも巻き込み熱狂的になる様子が垣間見えるが、その共通点こそ少女たちがメタルへと傾倒しはじめた一つの理由といえそうだ。  そんな中、昨年10月、仮面女子は日本で開催された大規模メタルフェス『LOUD PARK 14』への参戦を果たした。当時の様子をマネージャーへふたたび伺うと、「ところどころにメタルの要素を取り入れていたのを理由に、かねてより“世界の名だたるメタルアーティストの方々が集う祭典に出たい”と熱望していました。そして、アプローチしはじめてからしばらく経ち、ようやく昨年お声がけいただき実現しました」とのこと。  シーンの違いについても、「会場はステージ面でいうと、アイドルシーンにはない大音量の機材がたくさん並んでおり、ふだん我々の出演しているイベントとは異なる雰囲気でしたね」と言及。しかし、「お客さんたちも初めは“嫌悪感を示されるのか?”と我々やメンバーも不安を抱いていましたが、すごく好意的でライブを楽しんでいただきました。みなさん本当に、心から“音楽”そのものを愛している方々という印象でした」。  出演者たちがアイドルではなく、ましてや、観客すべてがメタルファンというアウェーでも支持を得る少女とメタル。ここ最近では女性たちのメタルバンドも注目されているが、かつてのイメージと異なり、その主役たちの顔ぶれが変化しているように思える。今後のシーンにぜひとも注目していきたい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access