世にも奇妙な物語 関連記事

  • 浜辺美波

    『世にも奇妙な物語』浜辺美波のかわいすぎる“大根”アクションに「圧倒的眼福」

    エンタメ

     浜辺美波が、『世にも奇妙な物語’19 雨の特別編』(フジテレビ系)『大根侍』に出演。体を張ったアクションシーンで大根を振り回すなど、終始に散りばめられた奇妙な設定に、「シュールすぎ」といった声のほか、「浜辺美波ちゃんだからハマる役!」と配役絶賛の声が続々と寄せられている。@@cutter ある日、浜辺演じる女子高生・立川樹(浜辺)は、大根の入ったレジ袋を提げ歩いていると、すれ違いざまに男(小手伸也)とぶつかってしまう。浪人風の男は腰に差した大根で斬りかかってくるが、命乞いをする樹に免じて決闘は1ヶ月後に。「もし逃げたら(樹の憧れの先輩)翔(井上瑞稀)を斬る」と言い放ち去った男を放心状態で見つめる樹。するとそこへ「わしの弟子にならぬか」と腰に大根を差した老人が現れる。  大根を刀に見立てた設定、樹が老人のもとで野菜たちと一緒に修行を積む姿に前半こそ「シュールすぎ」「じわじわくる」といった声が寄せられていたが、後半で樹が決闘に合わせて道着姿に変身すると、SNS上では、「可愛さに凛々しさが加わって最高すぎて倒れそう…」「圧倒的眼福」「似合いすぎててずっと見てられるわ」とラブコールが殺到。  さらに、男との決闘シーンでは大真面目に大根を振り回すその姿に「シュールと可愛さが入り混じって最高」と、設定と配役バランスに関する言及が続々。「美波ちゃんにこれやらせた人、天才(笑)」「浜辺美波ちゃんだからハマる役!」と言った声も続いていた。

  • 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』場面写真(左から)タモリ、佐藤二朗

    佐藤二朗『世にも奇妙な物語』で“ストーリーテラー”タモリと謎の共演

    エンタメ

     俳優の佐藤二朗が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)にゲスト出演することが発表された。佐藤は、タモリが毎回ストーリーテラーとして登場するパートに登場し“奇妙な世界”を繰り広げる。@@cutter 短編ドラマをオムニバス形式で送る『世にも奇妙な物語』は、毎回、斬新で多様なラインナップを取り揃え、おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが奇妙な世界へといざなう人気シリーズ。今回は、その“聖域”とも言えるストーリーテラーパートに、『謎の男』として佐藤が登場し番組を盛り上げる。  激しい雨が窓を打つ山小屋に、ずぶ濡れの謎の男(佐藤)が入ってくる。外の様子を伺う謎の男に、突然「あなたも雨宿りですか」とテラー(タモリ)が声をかける。「ラジオでも聞きますか」と何事もないように山小屋の古いラジオに手をかけるテラー。ラジオから音楽が流れると「音楽はお好きですか」と不敵な笑みを浮かべるのだが、やがて、場面が変わって、男がテラーに刃物を向ける事態へと発展する。  実は10年以上前に『世にも奇妙な物語』に企画を提出したことがあるという佐藤。その企画はボツとなったそうだが、今回の出演について「歴史あるこの番組の“聖域”、ストーリーテラーパートに出演とは光栄だ」と喜びを語り、「タモリさんという巨星と絡むのも光栄。タモリさんと紡ぐ奇妙な世界にご期待を乞う」とアピールしている。  番組では、その他、郷ひろみが戦隊ヒーローを演じるユーモラスな『永遠のヒーロー』、吉田羊が神隠しにあった息子の母を演じる『しらず森』、木村文乃が種から生えた人間を育てる『人間の種』、玉森裕太が恐怖のピアノ楽曲を奏でる『さかさま少女のためのピアノソナタ』、浜辺美波が女子高生主人公のシュールなアクション・コメディー『大根侍』と、個性的なラインナップが用意されている。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』浜辺美波の場面写真

    浜辺美波、『世にも奇妙な物語』に初主演 “大根”で殺陣アクション披露

    エンタメ

     女優の浜辺美波が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、シュールなアクションコメディー『大根侍』の主演を務めることが分かった。浜辺は、野菜を武器に戦う女子高生を演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』には、2017年の『しりとり家族』『しりとり家族ふたたび』以来2度目の出演、主演を飾るのは今回が初となる浜辺。共演には、大根を武器に主人公に戦いを挑む不思議な男役で小手伸也、主人公の憧れの先輩役でHiHi Jets/ジャニーズJr.の井上瑞稀が出演する。  女子高生・立川樹(浜辺)は、憧れの先輩・萩山翔(井上)の大好物であるブリ大根を作るべく、大根の入ったレジ袋を提げ歩いていると、すれ違いざまに男(小手)とぶつかってしまう。大根を刀のように腰に差す浪人風の男は、樹にいきなり大根で斬りかかってくる。大根の先が腕をかすめ、そこから血が…。命乞いをする樹に「決闘は1ヵ月後にしてやる」と言う男。樹の生徒手帳にある先輩の写真を見つけ「もし逃げたら、代わりにこやつを斬る。(それまでに)せいぜい腕を磨くがいい」と言い放ち、去っていった。  樹がぼう然としていると「わしの弟子にならぬか」と老人の声が。「わしの指導を受ければ、必ずあの男に勝てる!」半信半疑だった樹だが、その老人のもとで野菜を武器に修行を始めるのだった…。  浜辺は「『大根侍』というタイトルを先に聞いて、どんな感じなんだろう? と想像を膨らませていたのですが、実際に台本を頂いて、読めば読むほど不思議すぎる世界が広がっていました」と作品の印象を語る。苦手だという殺陣についても「今回、大根や様々な野菜を使って殺陣をするシーンがありました。たくさん練習して挑んだシーンなのでぜひチェックしてみてください」とメッセージを残している。  本格アクションで浜辺と相対する小手も「全力で身体も張らせていただきましたし、面白い内容になっていると思いますので、ご期待ください!」と意気込みを語った。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』に出演する(左から)黒島結菜、玉森裕太

    玉森裕太、『世にも奇妙な物語』で禁断のピアノソナタを弾いてしまう音大生役

    エンタメ

     Kis‐My‐Ft2の玉森裕太が、『世にも奇妙な物語 ‘19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、恐怖のピアノ楽曲を奏でるサスペンス作品「さかさま少女のためのピアノソナタ」の主演を務めることが決定した。玉森は音大生を演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』には2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」以来2度目の出演となる玉森裕太。今月末には主演映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の公開も控えている。共演には、若手女優の黒島結菜が、ピアノの天才的才能を持つ同級生・吉野役で出演。黒木の友人・野下役で大内田悠平も出演する。  コンクールで思うような成績を残せず、自分には才能がないのではと落ち込む音楽大学のピアノ科に通う黒木(玉森)。そんなある日、薄暗い道に見慣れない古本屋を発見。その古本屋でふと目に止まった古いドイツ語の楽譜集の中から落ちてきた赤黒いシミのついた楽譜に、何か“引かれるモノ”を感じた黒木は、余白に書かれていたドイツ語を翻訳してみる。するとそこには『さかさま少女のためのピアノソナタ』『絶対に弾いてはならない』と書かれていた。  気になってソナタについて検索してみると、たどり着いたサイトには「この曲をもし弾き間違えたなら、必ずや手を失うだろう」と書かれていた。どうしても楽譜が気になり、そのピアノソナタに挑戦することを決意する黒木。弾き始めると突然まわりの音が消え、ピアノ以外の音が聞こえなくなり、ふと見上げると、外で降っていた雨、メトロノームや壁時計の秒針もすべて止まり…。それは天才ピアノ少女にまつわる悲劇の序章だった。  玉森は、「前回の出演から5年ぶりということで懐かしさもありましたし、また声をかけていただきとてもうれしかったです!」と喜びをコメント。台本については「とても不思議な感覚になりました。“絶対に○○してはいけない”と言われると、ついやってしまいたくなる気持ちが分かります」と共感する部分を話しつつ、もし絶対に弾いてはならない呪われた曲があっても「挑戦しないと思います(笑)」と回答している。  ピアノ経験ゼロの黒島は「台本を読んで天才ピアニストということにゾッとしました(笑)」と話す一方、「出来るかなという心配はありましたが、練習の成果を見ていただけたらと思います」と自信をのぞかせた。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』場面写真

    木村文乃、『世にも奇妙な物語』初主演 『なつぞら』子役・粟野咲莉も登場

    エンタメ

     女優の木村文乃が、『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』(フジテレビ系/6月8日21時)で、ハートフルな不可思議物語「人間の種」の主演を務めることが決定した。木村は、とある事情で結婚という幸せに踏み切れないOLを演じる。@@cutter 『世にも奇妙な物語』で主演を務めるのは初めてとなる木村。共演には、植物として生まれ変わる木村の母親役に、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のヒロインの子役時代で話題をさらった粟野咲莉、難しい役どころを演じ10代でありながら異彩を放つ演技で注目を集める山田杏奈、数々の映画・ドラマに出演し多彩な役どころで実力派女優として活躍する岡本玲らが、頭から芽が出た不思議な姿で登場する。  デザイン会社に勤めるごく普通のOL・春田緑(木村)は、3年以上付き合った恋人からプロポーズされるも、返事をすることができなかった。誰にも言えない悩みを抱えたまま帰路に着いたその夜、「幸せの種」という名の植物の種を購入する。ある日の夕方、その種を植えた花壇から子供の手が生えていることに気付く。恐る恐る土を掘ると、そこから出てきた少女・希(粟野)は「あなたのお母さん」と名乗る。その日から、緑と頭に芽の生えた希の不思議な親子生活が始まったが…。  2014年の「ニートな彼とキュートな彼女」でヒロインを演じて以来、『世にも奇妙な物語』への出演が2度目となる木村は、「どんな怖い目に会うのかと思いきや、とても心温まるお話を任せていただいたのでホッとしています」と安心した様子。また、作品については「今回出演させていただいた『人間の種』自体は怖くないお話で、ハートウォーミングなお話です。心が通うシーンを楽しんでいただけたらと思います」とコメントを寄せている。  粟野は、共演する木村について「私がこんな綺麗な方のお母さんになるのか!と不思議な感じがして緊張しました。でも、撮影の合間に私の足にタオルを掛けてくださったり、お話ししてくださったり、木村さんがお母さんみたいな感じに優しくしてくださって、とてもうれしかったです」と話している。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’19 雨の特別編』は、フジテレビ系にて6月8日21時放送。

  • 国仲涼子が出演する『世にも奇妙な物語’18秋の特別編』より

    国仲涼子、産後復帰第一作で『世にも奇妙な物語』に初主演

    エンタメ

     女優の国仲涼子が、『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』(フジテレビ系/11月10日21時)内の『あしたのあたし』で主演を務めることが発表された。第二子出産後の復帰作として、『世にも奇妙な物語』シリーズの初主演を果たす国仲は、主婦を演じる今作について「私も主婦なので、こういう主婦の身に起きる奇妙なストーリーは、刺激的でおもしろい話だなと思いました」とコメントしている。@@cutter 本作は、弁当屋でアルバイトをする35歳の主婦・斉木香織(国仲)が主人公。香織は夫とは倦怠期に入り、刺激のない退屈な生活を送っていた。ある日、香織のスマホ画面にバナー広告らしきものがポップアップされ、そこには“あしたのあたし”という文字が。興味本位でアクセスすると、香織本人が画面に現れ、元彼の医者と再会を果たすという映画の予告編のような動画が流れる。以来、動画の内容が翌日現実に起こることが繰り返されていき…。  国仲は今作のストーリーについて「映画の予告ってとてもかっこいいし、ドキドキしますよね。きっと1度は“予告の中のヒロインになれたらな”と空想することってあると思うんです」と共感を示し「普段、客観的に自分の生活を“物語”として見ることはないと思うので、“予告の中に自分が主人公として登場する”という題材がおもしろいと思いました」と感想を語った。  「最初この台本を読んだ時、“怖い話だな”と思ったんです」と明かした国仲だが「でも読み返してみると、“意外とコメディ?”って思えてきて。きっと、見ている人の捉え方によっていろいろな見方ができる作品なんだと思います。元彼に偶然再会して、しかもデートまでしちゃって…。全体的にひやひやするんじゃないかな(笑)。ぜひ楽しんで見てもらえたらうれしいです」と視聴者にメッセージを送った。  『世にも奇妙な物語 ’18秋の特別編』は、フジテレビ系にて11月10日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語’18春の特別編』「城後波駅」場面写真

    今夜放送『世にも奇妙な物語』 ガチャピン&ムックが慰安旅行で失踪!?

    エンタメ

     本日放送のドラマ『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系/5月12日21時)に『ポンキッキーズ』の人気キャラクター、ガチャピンとムックが出演。レギュラー番組終了後、初となるテレビ出演は俳優として本人役を演じることとなった。@@cutter 『世にも奇妙な物語』は毎回、斬新なラインナップの短編ドラマを取りそろえ、ストーリーテラーのタモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へいざなう人気シリーズ。ガチャピンとムックは「城後波駅」に本人役で出演する。  レギュラー番組を卒業して慰安旅行に出かけたガチャピンとムック。ところが二人は道中で行方不明に。二人を探し出すドキュメンタリーを撮りたいと考えたディレクターの岸本(岡田義徳)は、元番組担当プロデューサーの武田(有馬自由)に失踪した二人の状況を聞き出し、二人が最後に送ってきた動画を見せてもらう。そこには、二人がある“都市伝説”について話す様子が収められていた…。  本作への出演についてガチャピンは「一人で見るとこわいけど、家族や友だちといっしょに見るともっとこわいからお楽しみに…フフフフ」と含みをもたせたコメント。ムックは「いつもはガチャピンだけなのに、わたくしも呼んでいただいて光栄です」と語っている。  また今回は『世にも奇妙な物語』初出演となる唐沢寿明が主演を務めるエピソード「不倫警察」も放送。唐沢演じる真面目なサラリーマンが不倫問題に巻き込まれる様子を描いたブラックコメディーとなっている。  ドラマ『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』はフジテレビ系にて5月12日21時放送。

  • 白石麻衣が主演を務める『フォロワー』

    白石麻衣、単独初主演『世にも奇妙な物語』で“インフルエンサー”に

    エンタメ

     乃木坂46の白石麻衣が、『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系/5月12日21時)内の『フォロワー』でドラマ単独初主演を務めることが発表された。劇中でSNS上のインフルエンサーに扮する白石は「これが現実に本当にあったら怖い、ぞっとするストーリーだと思いました」とコメントしている。@@cutter 本作は、フォロワー数ナンバーワンを目指す写真投稿SNSの“新女王”で、キラキラな“港区OL_ハル”こと藤田小春(白石)が、実際はまったく違う生活を送りながらキラキラした投稿を続けていくうちに、ライバルや熱心なフォロワーとの関わりの中で直面する恐怖を描く心理サスペンスホラー。共演には都丸紗也華、佐伯大地らが顔をそろえる。  白石はシリーズへの出演について「昔からずっと続いている番組なので、その中に入って作品が作れるということで、お話をいただいた時は本当にうれしかったです」と回想。  単独初主演に関しては「(自分が演じる役)ひとりで物語が進んでいくので、撮影が始まった時はとても緊張したのですが、監督さんや周りのスタッフさんなど皆さんが優しくて、本当にあたたかい現場なので、撮影が進むにつれてリラックスして楽しんでやれるようになりました」とコメント。  役どころについては「女子からしたら鼻につく、反感を買ってしまうような役ですが、今までこういうキャラクターを演じたことが無かったので新鮮です」と明かし、「SNSを必死にやっている女の子になりきって、楽しみながら演じさせてもらいました。結末は言えないのですが、本当に奇妙な話になっているので、ぜひたくさんの方にスリルを味わっていただけたらと思います」と見どころを語っている。  『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』は、フジテレビ系にて5月12日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』「明日へのワープ」場面写真

    三浦春馬、『世にも奇妙な物語』でタイムワープ 共演に佐久間由衣

    エンタメ

     俳優の三浦春馬が、『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(フジテレビ系/5月12日21時)で放送されるSF作品『明日へのワープ』に主演することが発表された。三浦は「いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました」と作品への想いを明かしている。@@cutter 本作は、映画監督を夢見る青年・小林峰雄(三浦)が、1錠服用した途端24時間分の記憶が完全に無くなる謎の薬“アイリウム”によって、記憶を薬でコントロールできるようになる姿を描くヒューマンSF作品。本作でもタッグを組んだ植田泰史が演出を手掛けた『世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編』のエピソード『JANKEN』以来7年ぶり、2回目のシリーズ主演を務める三浦は、「植田監督が撮ってくださるということで、僕自身、成長した何かを現場に置いていければ良いなと思いながらやらせていただきました」と述懐。  物語については「自分と向き合う時、(現実から)逃げてしまうような弱さって誰もが持ち合わせていると思うのですが、そんなところに僕も共感しました」とコメント。注目してほしいシーンに関しては「“アイリウム”という薬による“世にも奇妙な世界”を経験した後の恋人とのシーンで、自分のパートナーを見た時、“あぁ本当に存在するんだなぁ”と感極まりました。“大切な人が明日いなくなるかもしれない”という可能性は0%じゃないわけで、いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました」と話している。  一方、峰雄の同棲中の恋人・須藤由紀を演じる佐久間由衣は、「小さい頃から『世にも奇妙な物語』を見ていたので、お話をいただいた時には、本当にうれしくて、“私が出ていいのかな”ってびっくりしました。歴史ある番組に出演させていただけて光栄です」と喜びのコメント。三浦との共演については「3年以上ずっと一緒にいるカップルという設定で、自分で事前に想像して作っていったという部分もあるのですが、実際、目の前に立たれている三浦さんのたたずまいにすごく助けられて、役に入ることができました。連続ドラマとは違った短編ならではの難しさと楽しさを経験できました」と振り返っている。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』は、フジテレビ系にて5月12日21時放送。

  • 『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』「寺島」に出演する吉岡里帆

    吉岡里帆、『世にも奇妙な物語』初出演&初主演!「1シーンごとの伏線を感じ取って」

    エンタメ

     女優の吉岡里帆が、フジテレビ系で14日に放送される『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』内のサイコスリラー作品『寺島』で、シリーズ初出演、初主演を果たすことが明らかになった。吉岡は短期間での撮影を振り返り「1シーンごとにいろいろな伏線が張ってあるので、その伏線を感じ取ってもらいたい」と熱を込める。@@cutter カサギヒロシによる特別読み切り漫画を基にする本作。初連載が決定したものの、アシスタントがやめて困っていた漫画家の山崎(峯田和伸)の元に、寺島ひな(吉岡)がアシスタントとして現れる。そのうち寺島は、山崎に小学生時代の友だちだった小林摩子(大後寿々花)のことを語り出すのだが…。  「『世にも奇妙な物語』というのは私にとって特別なドラマで、放送されるのを楽しみにしているドラマでした」と語る吉岡は、「『世にも奇妙な物語』だからこそできる作品がたくさんあると思います。そんな作品の一つに携われるのはすごくうれしいです」と喜びのコメント。  撮影は、短期間に集中して行われたようで、それも初めてだった吉岡は、「すごく短い期間でも心震わすことができる脚本が魅力で、私にとってはすごく刺激的でした」と振り返る。作品の見どころについては、「なにげない会話とか表情、目配せなど、1シーンごとにいろいろな伏線が張ってあるので、その伏線を感じ取ってもらいたいですね」とアピール。本作は、「半年かけて一作品を作るチームが10年間あたためてきた思いのつまった作品」だそうで、「すべてのシーンに意味があるのでそこを楽しんで見ていただきたいです」と意気込みを見せている。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』は、フジテレビ系にて10月14日21時放送。

  • ドラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』に出演する岩田剛典

    岩田剛典、『世にも奇妙な物語』初出演&初主演!運命の恋テーマに「あったらいいな」

    エンタメ

     岩田剛典が、人気ミステリードラマ『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』(フジテレビ系/10月14日21時)の第1弾出演者として決定。EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのメンバーでもある岩田は、俳優としても活躍。今作で、本ドラマシリーズの初出演、初主演となる。@@cutter 岩田が出演する作品は“運命の恋”をモチーフにした「運命探知機」。『世にも奇妙な物語』ならではの究極のラブストーリーで、運命の恋を信じきれない独身男性の不器用な心の動きを岩田が演じる。また、主人公の“運命の人”となるヒロインには、女優の石橋杏奈が決定。浅香航大、玄理、丸山智己ら個性派俳優も名を連ねている。  “運命の人、運命の恋、永遠の愛”を信じきれない29歳の独身男性・和泉涼平(岩田)は、ある日、腕時計のような機械を拾う。音が鳴りやまないその不思議な機械。思わず装着しようと腕に当てると、ベルトが勝手に巻き付きロックされ、「運命探知機ヲ、起動シマス」と機械音が…。  「小さい頃から、その季節が来ると楽しみにしてきた風物詩的なシリーズでした」とこのシリーズの印象を語る岩田は「子供心をとてもくすぐられた記憶があって、そういう作品に携われるチャンスをいただけたのは本当にうれしいです」と出演の喜びを明かす。  撮影に充実感も覚えた一方で、“運命の人、運命の恋、永遠の愛を信じられますか?”と問われ、「あるわけないとは思わないです。あったらいいなっていう思いはありますし、心のどこかで“運命の恋”があったらすてきだと思います。もしも“運命探知機”があったら、その指示に従って“運命の人”に出会ってみたいですね」と返答。ロマンチストな一面ものぞかせている。  『世にも奇妙な物語’17秋の特別編』は、フジテレビ系にて10月14日21時放送。

  • すみれ、窪田正孝とツーショット

    すみれ、窪田正孝とツーショット 『世にも奇妙な物語』オールアップに笑顔

    エンタメ

     女優のすみれが26日、窪田正孝とドラマ撮影の際のツーショットをインスタグラムに公開した。ファンからは、「おふたりとも素敵です!」「窪田くんとのツーショット羨ましい」などのコメントが寄せられている。@@cutter 投稿されたインスタグラムの画像には、笑顔で親指を立てたポーズのすみれと窪田が寄り添うように立っている。「『#世にも奇妙な物語』 窪田正孝くんとオールアップ後に」と書かれていることから、『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』(フジテレビ)の撮影終了後に撮られた写真だということがわかる。  「私にとっては日本語でのお芝居は特にまだまだ勉強しなきゃだけど、彼の才能は抜群で、溢れ出ていますので是非見てみてください!受付嬢の役で出演させて頂きました!初ホラー系ですね」と窪田の演技を絶賛した。  ファンからは「かっこいい」「チューボーですよ以来の共演?窪田くんとのツーショット羨ましいです」「素晴らしいツーショット」との喜びの声や、「ひゃー!すみれちゃん出るのね。めっちゃ楽しみー」「勿論録画!!!楽しみ」「窪田くんだー。演技うまいよね。世にも奇妙な物語、怖いけどすみれちゃん出るなら頑張ってみるよ」など、ドラマに期待する声が多くあがった。  『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』はフジテレビ系にて5月28日21時~23時10分放送。

  • 『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』西島秀俊、窪田正孝、高橋一生ら豪華主演陣発表

    『世にも奇妙な物語』西島秀俊、窪田正孝、高橋一生ら豪華主演陣発表

    エンタメ

     フジテレビで26年続く人気ドラマ『世にも奇妙な物語』。28日に放送となる春の「特別編」にて、西島秀俊、窪田正孝、高橋一生、松重豊ら豪華俳優が主演することが分かった。@@cutter 西島主演の『通いの軍隊』は筒井康隆の同名小説が原作。会社に通うように人々が軍隊に午前9時から午後5時までだけ参加し戦争をしている、というもしかしたら近い未来にありえなくもないと思わせる世界が描かれる。戦闘シーンは、実際に富士山麓の静岡県裾野市で撮影が行われた。  西島は「『奇妙』ならではの一筋縄ではいかない、普通の戦争ものではない、なにか本当にブラックユーモアにあふれた作品になっていると思います。ぜひ期待して見ていただけるとうれしいです」と自信を見せる。  SF伝奇漫画家・諸星大二郎原作の『夢みる機械』で主演を努める窪田は、漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年を演じる。今回、初めて『奇妙』に出演することになった窪田は「全力で立ち向かいました。世の中がどんどん便利になりたくさんの機械が生活を支えてくれている時代なので、このストーリーにはどこか真実味を感じました」と語る。  クイズを愛する二人の姿が描かれる『クイズのおっさん。』は、松重豊と高橋がW主演。高橋演じるしがないサラリーマンの前に、ある日松重演じるクイズのおっさんが現れ追いかけ回されるという話。主演の2人は共演を楽しんだそうで、高橋は今作品について「純粋な気持ちでお客さんとしてテレビの前でドラマを楽しんでいただけたらと思います」と視聴者へメッセージを送っている。  『世にも奇妙な物語‘16春の特別編』はフジテレビ系にて5月28日21時~23時10分放送。

  • 『イマキヨさん』場面写真

    野村周平・有村架純、『世にも奇妙な』主演決定 過去人気作のリメイクに挑戦

    エンタメ

     『世にも奇妙な物語』25周年を記念して2週連続放送される特番『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP~傑作復活編・映画監督編~』に、有村架純、野村周平、藤木直人の出演が決定した。視聴者の人気投票で、上位に選ばれた過去作品のリメイクに挑む。@@cutter 同特番では、11月21日に視聴者からの人気投票で上位にランクインした作品を新たな出演者により復活させる「傑作復活編」が、28日に日本を代表する映画監督&キャストでおくる「映画監督編」が放送される。  今回明らかになったのは、「傑作復活編」3本の出演者たち。嵐の松本潤主演で放送された『イマキヨさん』には野村、親友同士の悲しい物語『昨日公園』に有村、草刈正雄が主演した『ズンドコベロンチョ』には藤木直人の主演がそれぞれ決定した。  有村が主演を務めることとなった『昨日公園』は、オリジナルは男性の親友2人の物語。今回は女性同士という設定で、久々に再会した親友を、死の運命から救おうと奔走する主人公が描かれる。収録を終えた有村は「『世にも奇妙な物語』ならではの最終的にはぞっとしてしまうところもありながら、感動的な2人の表情が印象的な作品ができたと思います。私も親友がいるので共感しながら演じています」と明かす。  座敷わらしのようなおじさん「イマキヨさん」に憑りつかれた大学生役を演じる野村は、「自分が一番人気の作品に出演させていただくのは、とても光栄です」と喜びをコメント。「前作を超えられるように頑張っています」と意気込んだ。前回に続き今回もイマキヨさん役を続投する酒井敏也にも注目したい。  『世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP』はフジテレビ系にて、21日「傑作復活編」、28日「映画監督編」を各日21時より放送。

  • 『世にも奇妙な物語』好きな作品ランキング30発表

    『世にも奇妙な物語』好きな作品ランキング発表!1位は松本潤主演『イマキヨさん』

    エンタメ

     『世にも奇妙な物語』が今年で25周年を迎えたことを記念して「一番好きな奇妙作品」をホームページにて募集。約9万件に及ぶ応募により、上位30作品が選出、嵐の松本潤主演で2006年に放送された『イマキヨさん』が1位に選ばれた。@@cutter 1位に輝いた『イマキヨさん』は、松本演じる主人公が2年間付き合った彼女にふられるところから物語が始まる。そこへ突如現れた、一人暮らしの人につく座敷わらしのようなおじさん・イマキヨさんに翻弄される姿を描く。  2位にはKis‐My‐Ft2玉森裕太主演でホログラム映像のコンシェルジュと主人公を描いた『ニートな彼とキュートな彼女』、3位には通学バスの中で戦国武将の空想にふける少女を能年玲奈が好演した『空想少女』がランクインしている。  今後は上位30作品の中から5作品を選び、新たなキャストで制作され秋に放送する予定。作品タイトルは追って発表される。 「一番好きな奇妙作品大募集」トップ30は以下のとおり。 1位:『イマキヨさん』 2位:『ニートな彼とキュートな彼女』 3位:『空想少女』 4位:『昨日公園』 5位:『才能玉』 6位:『はじめの一歩』 7位:『ズンドコベロンチョ』 8位:『懲役30日』 9位:『BLACK ROOM』 10位:『美女缶』 11位:『夜汽車の男』 12位:『雪山』 13位:『自殺者リサイクル法』 14位:『ロッカー』 15位:『23分間の奇跡』 13位:『自殺者リサイクル法』 14位:『ロッカー』 15位:『23分間の奇跡』 16位:『時の女神』 17位:『来世不動産』 18位:『過去からの日記』 19位:『13番目の客』 20位:『迷路』 21位:『どつきどつかれて生きるのさ』 22位:『トイレの落書』 23位:『自販機男』 24位:『相席の恋人』 25位:『峠の茶屋』 26位:『思い出を売る男』 27位:『ハイ・ヌーン』 28位:『石油が出た』 29位:『サブリミナル』 30位:『栞の恋』

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access