クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

洋画 SF 関連記事

  • ブラッド・ピット、『アド・アストラ』引っ提げ12回目の来日決定!

    映画

     スペース・アドベンチャー映画『アド・アストラ』の主演と製作を務める俳優のブラッド・ピットが、プロモーションのため緊急来日することが決まった。9月12日には日本科学未来館にて記者会見、翌13日にはTOHOシネマズ六本木にてプレミアを予定している。

  • 梅雨にこそ…鬱になるSF映画 『ソイレント・グリーン』『ミスト』など5選

    映画

     毎日、ジメジメと降り続く雨。今回は鬱々(うつうつ)としたイメージが強い梅雨の季節に、更に落ち込む鬱SFを観まくろう! という恐るべきチャレンジ企画。来るべき未来や空想の世界を描くSFは本来、夢多き展開になるが、もしも…で始まる物語に不安の種が混じれば、悪夢の果実が実る。未来への不安が鬱SFを生むのか、鬱SFに影響されて不安な未来が生まれるのか。長雨を眺めつつ、そんな問いについて考えてみるのもいいかも。

  • ジョージ・クルーニー、SF『世界の終わりの天文台』映画化で監督&主演

    映画

     2016年の映画『マネーモンスター』以来、映画に出演していない俳優のジョージ・クルーニー。3年ぶりの映画出演で選んだ作品は動画配信サービスNetflixで制作されるSF。米作家リリー・ブルックス=ダルトンのデビュー作『世界の終わりの天文台』の映画化になるという。

  • アナ・ケンドリック、ユーチューバー出身監督が描くSFスリラーで主演

    映画

     映画『ピッチ・パーフェクト』シリーズの女優アナ・ケンドリックが、ジョー・ペナ監督の新作SFスリラー『Stowaway(原題)』で主演を務めるという。Varietyが報じた。

  • 『スター・ウォーズ』、ハン・ソロ着用のジャケットがオークションに

    映画

     不動の人気を誇るSF映画シリーズの『スター・ウォーズ』。エピソード5の『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』で、ハリソン・フォード演じるハン・ソロが着ていたジャケットが英オンライン・オークションサイト「Prop Store」でオークションに出品されている。

  • 人類がついに立ち上がる!『スカイライン』続編、10月公開

    映画

     映画『スカイライン‐征服‐』の続編『スカイライン‐奪還‐』が、10月13日より全国公開されることが決定。謎の生命体の姿などを収めたポスタービジュアルが解禁となった。

  • 『スター・ウォーズ』エピソード9、 J・J・エイブラムスがメガホンで公開日は延期

    映画

     2019年5月に全米公開予定だった人気SF超大作シリーズ『スター・ウォーズ』のエピソード9。監督に決まっていた映画『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレヴォロウの降板を受けて再調整が発生し、同年12月20日(現地時間)に公開が延期されたという。また、新3部作の最終章でメガホンを取るのは、2015年のエピソード7にあたる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を監督したJ・J・エイブラムスだ。

  • 『マクロス』ハリウッド実写化、『ワンダーウーマン』ジェイソン・フュークスが脚本か

    映画

     日本のアニメ『超時空要塞マクロス』『超時空騎団サザンクロス』『機甲創世記モスピーダ』の3作品を再編して制作された1980年代のアメリカのアニメ『Robotech(原題)』の実写映画化が進んでいるが、大ヒット映画『ワンダーウーマン』の原案に携わったジェイソン・フュークスが脚本を執筆するとDeadlineが伝えた。

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』監督、鋭い質問に動揺?「それを言わせるのか」

    映画

     『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開(12月15日)に先駆け、11日、スペシャル・ファン・ミーティングが都内で行われ、緊急来日したライアン・ジョンソン監督が登壇。日本のファンのためだけに駆けつけたというジョンソン監督は、「映画は、L.Aに戻って数日作業をしたら完成する。あとは公開を待つだけだよ」と語り、ファンの期待を煽った。

  • 『ブレードランナー 2049』日本版ポスターが解禁

    映画

     SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー 2049』より日本版ポスターが解禁。ポスターには、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードが演じる二人のブレードランナーと、物語のカギを握るキャラクターが描かれている。

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルーク・スカイウォーカー役声優に島田敏

    映画

     『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、ルーク・スカイウォーカー役の声優を島田敏が担当することが決定した。島田は「30年の時を超え、30年分のルークの重みを受け止めながら演じたい」と意気込みを語っている。

  • 押井守&田中敦子、『ゴースト・イン・ザ・シェル』を語る 監督や少佐への思いとは

    映画

     士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』を基に、スカーレット・ヨハンソンを主演に迎えてハリウッドで映像化された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。8月23日にブルーレイ・DVDが発売された本作について、『攻殻機動隊』のアニメーションを手掛けてきた押井守と、主人公・少佐の声優を務めてきた田中敦子に、実写版の感想や少佐への想いについて語ってもらった。

  • リドリー・スコット、38年ぶりに“エイリアン”を語る「新しい形態の生物」

    映画

     SFホラーの金字塔『エイリアン』シリーズに繋がり、原点を描くと言われる映画『エイリアン:コヴェナント』から、シリーズの創造主であるリドリー・スコットが、38年ぶりにエイリアンについて語るインタビュー映像が到着した。

  • 『マイティ・ソー 』最新作、日本版予告解禁! ドクター・ストレンジ登場が世界初公開

    映画

     新『アベンジャーズ』へのカウントダウンとなる、マーベル・スタジオが贈る最新映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の日本版予告が解禁された。世界に先がけて、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の出演シーンが世界初公開となったほか、マイティ・ソー(クリス・ヘムズワース)とハルク(マーク・ラファロ)らによる“新チーム”が登場するなど、ファン垂涎の内容となっている。

  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』S・ヨハンソン、華麗なワイヤーアクションの裏側公開

    映画

     士郎正宗によるSF漫画『攻殻機動隊』を基に、スカーレット・ヨハンソンを主演に迎えてハリウッドで実写化された映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。8月23日にブルーレイ&DVDの発売を迎える本作から、スカーレットが挑んだ華麗なワイヤーアクションの裏側を明かす特別映像が解禁となった。

  • 『アバター』続編、クオリッチ大佐が「全4作の悪役」キャメロン監督がコメント

    映画

     来年からニュージーランドのウェリントンで続編全4作が同時撮影されると伝えられているジェームズ・キャメロン監督のSF大作『アバター』。1作目に登場したキャラクターの多くが戻ってくるが、キャメロン監督いわく4部作となる続編全編でクオリッチ大佐が悪役として登場するという。

  • びしょ濡れ神対応にファン700人が感激!新スパイダーマン トム・ホランドが登場

    映画

     映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンプレミアが7日、都内で行われ、新スパイダーマンを演じるトム・ホランドとジョン・ワッツ監督が登壇。台風5号の影響で強い雨の吹き付ける中、日本のファンの熱烈な歓迎を受けたトムが「こんなに雨が降ってしまって申し訳ない!これはスーパーヒーローの映画だけれど、みなさんはスーパーファン!」と大感激。「僕も濡れるよ!」と雨に打たれて、大歓声を浴びた。

  • 『猿の惑星:聖戦記』新予告解禁 シーザーが復讐の旅へ

    映画

     『猿の惑星』シリーズ最新作となる映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』から、新予告が解禁。主人公のシーザーと、彼の家族を殺害する大佐の関係性が明らかになった。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access