邦画 コメディ 関連記事

  • 「卓球王国」12月号表紙

    新垣結衣&瑛太、映画『ミックス。』公開日発売の卓球専門誌「卓球王国」表紙に登場!

    映画

     新垣結衣と瑛太がW主演を務めた、卓球を題材にしたラブストーリー映画『ミックス。』。10月21日から公開になるが、同日21日に発売される卓球専門誌「卓球王国」12月号で、2人が表紙を飾ることが明らかになった。同誌でスポーツ選手以外が表紙を飾るのは、1997年の創刊20年以来、初めてだという。@@cutter 本作は、かつての“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、恋と仕事に敗れた多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの萩原(瑛太)と卓球のミックスペアを組んで、全日本選手権出場を目指すラブコメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、蒼井優らも名を連ねている。  卓球を題材にした本作には、劇中「卓球王国」が登場したり、「卓球王国」がマスコミ向けプレスシート用の「用語解説」部分に協力したりと、何かと縁が深い。同誌は、数ある卓球専門誌の中で唯一書店で販売されており、No.1の発行部数を誇る。これまでも3号にわたって『ミックス。』を取り上げてきた「卓球王国」だが、10月21日発売の12月号の表紙には、いよいよ新垣と瑛太が登場する。  気になる同誌の内容は、新垣と瑛太が、よりディープな卓球シーンでの演技について語るインタビューや、劇中で卓球指導を行った川口陽陽の監修による「ミックスダブルス」の攻略法、題して「ミックスダブルス勝ち方の肝」という特集も掲載。川口は「映画『ミックス。』は誰が見ても感動と爽快感がミックスしていて思わず『いいね!』と言いたくなる作品です。10月21日『卓球王国』を片手に劇場にたくさんの方が足を運んでいただけたら嬉しいですね」とコメントしている。  映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開。

  • 『帝一の國』ブルーレイ&DVDの豪華絢爛版に収録されるビジュアルコメンタリーに6人が集結

    『帝一の國』BD&DVD発売!菅田将暉、野村周平、竹内涼真らのコメンタリーも収録

    映画

     菅田将暉が主演を務めたコメディ映画『帝一の國』のブルーレイ&DVDが、11月29日に発売されることが決定し、豪華絢爛版の特典として、菅田、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大が参加したビジュアルコメンタリーが収録されていることが発表された。併せて、コメンタリー収録時の貴重な6ショットも公開になった。@@cutter 『帝一の國』は、「ジャンプSQ.」(集英社)で2010年から連載されていた、古屋兎丸による同名コミックの実写版。劇中では、名門・海帝高校を舞台に、総理大臣になることを夢見る1年生・赤場帝一(菅田)が、内閣入りを約束される生徒会長の座を奪うために、エリートたちが立候補者に名を連ねる生徒会長選挙に挑む姿が描かれた。  今回発売となるブルーレイ&DVD 豪華絢爛版には、大人気のメインキャスト6人(菅田、野村、竹内、間宮、志尊、千葉)が奇跡的に一堂に会して実現したビジュアルコメンタリーを収録。他にも、メイキング、未公開映像集、海帝高校生徒会選挙政見放送、イベント集などの特典映像がたっぷり収録されている。さらにオリジナルの「トントン相撲」と40ページの豪華ブックレットが封入されるなど、豪華絢爛版はファン必携の内容となっている。  ビジュアルコメンタリーでは、キャストが「トントン相撲」の新たな遊び方を発見。『帝一の國』のシーン再現ごっこができるとのことだが、果たしてその遊び方とは…。  映画『帝一の國』ブルーレイ&DVDは11月29日 リリース(同時レンタル開始)。3枚組の豪華絢爛版は、ブルーレイ8600円(税抜)、DVD6800円(税抜)。本編のみ収録の通常版は、ブルーレイ4700円(税抜)、DVD3800円(税抜)。

  • 丸山隆平『泥棒役者』、関ジャニ∞の主題歌『応答セヨ』入りの予告編解禁

    丸山隆平『泥棒役者』、関ジャニ∞の主題歌『応答セヨ』入りの予告編解禁

    映画

     丸山隆平(関ジャニ∞)の映画単独初主演となる新作『泥棒役者』の予告編映像とポスタービジュアルが解禁となった。また本作の主題歌は関ジャニ∞の新曲『応答セヨ』に決定、公開された予告編でも使用されている。@@cutter かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある主人公・大貫はじめ(丸山)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。  だが、忍び込んだ豪邸で、はじめは、絵本作家の家主(市村正親)、訪問してきた編集者(石橋杏奈)、セールスマン(ユースケ・サンタマリア)たちから、「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々に間違えられてしまう。捕まりたくない一心で、はじめはそのつど、かん違いされた「役柄」を必死に演じることに…。  公開された映像では、何役も違うキャラクターを演じるハメになる、はじめ役の丸山の、愛嬌たっぷりの豊かな表情が映し出される。そしてポスターには、キャスト陣が豪邸の中に一堂に会し、勢揃い。クセ者ぞろいの8人の強烈なキャラクターが伝わってくるようだ。  本作のメガホンをとったのは『小野寺の弟・小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史。西田監督とのトークセッションの上で制作された主題歌は、ポルノグラフィティの新藤晴一が作詞。前向きで温かいメッセージがこもった世界観に仕上がっている。  映画『泥棒役者』は、11月18日より全国公開。

  • 佐野勇斗、映画『ミックス。』PRで“佐野クエスト”に奮闘中!

    佐野勇斗、M!LK塩崎太智も応援に駆けつけ“佐野クエスト”絶賛奮闘中!

    映画

     『リーガルハイ』『デート~恋とはどんなものかしら~』などを手掛けたヒットメーカー・古沢良太が、新垣結衣と瑛太のダブル主演で贈る、卓球の“混合ダブルス(=ミックス)”をテーマにしたロマンティックコメディ映画『ミックス。』。10月21日の公開に先がけて、本作へ出演する佐野勇斗をメインに据えたWEBスペシャル企画“佐野クエスト”が実施されている。@@cutter 本作は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通して小さな“奇跡”を起こすロマンティックコメディ。失恋し無職となった元天才卓球少女・多満子(新垣)は、元プロボクサーである萩原久(瑛太)と共にミックスペアを組み、全日本卓球選手権への出場を決意する。  佐野が本作で演じるのは、卓球マニアで知識も豊富な“インテリ派”ながら不登校になってしまった引きこもりの高校生・佐々木優馬。WEBスペシャル企画“佐野クエスト”では、9月に都内で行われる卓球大会への出場に向けて奮闘する佐野の様子を、本作公式のツイッターやインスタグラムで公開している。  本企画への挑戦が決まった当時、「豪華キャスト陣の中から代表として大会に出させていただくので、作品に恥じないよう、楽しみつつ、映画『ミックス。』をより多くの人に知ってもらうため、1勝と言わず優勝を目指して精一杯頑張ります!」と意気込みを示していた佐野。  ある日の練習には、佐野が所属する5人組ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーである塩崎太智も駆けつけ、「レッスンや仕事の後に『卓球練習に行ってくる!』と言うのを何度も聞いているので、すごく頑張っているなと思っていました。沢山練習して 頑張っている姿を見ているので、1試合でも多く勝ってほしいです」とエールを送っている。  映画『ミックス。』は、10月21日より全国ロードショー。

  • 『素敵なダイナマイトスキャンダル』に出演する柄本佑、前田敦子、尾野真千子、三浦透子

    前田敦子&尾野真千子、柄本佑主演『素敵なダイナマイトスキャンダル』に出演

    映画

     柄本佑が主演を務める映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』に、前田敦子、三浦透子、尾野真千子が出演していることが発表された。豪華女優陣と共演した柄本は「母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します」とコメントを寄せている。@@cutter 冨永昌敬監督がメガホンを取った本作は、嘘のような実話をもつ伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭の生い立ちをベースにした青春グラフィティ。母親が若い男とダイナマイト心中したという過去を持つ主人公・末井を演じる柄本は、「母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します」としみじみ。  「現場では主に前田さん三浦さんと一緒でした。尾野さんは爆発してしまっていたので」と明かす柄本は、「前田さんのあっけらかんとした明るい軽さと三浦さんの飄々とした佇まいは見ていてとても心地良かったです。そして母親が尾野真千子という、いやぁホント贅沢な現場でした」と振り返っている。  本作で柄本と初共演を果たし、天然な妻・牧子を演じた前田は「のちに夫になる彼を『はいはい』とたしなめつつもおもしろがって支えています。浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました」と役柄を紹介。  一方、電波な愛人・笛子役の三浦は「笛子さんの人生を想うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝われば嬉しいです」と期待を込める。  また、爆発な母・富子役の尾野は「実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず不安もありました。でも出来上がりを観たときこんな伝え方があったのかと自信を持ちました」と胸の内を明かしている。  映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、2018年3月全国公開。

  • 『トリガール!』矢本悠馬インタビュー

    矢本悠馬、年齢関係なく「どんどん絡む」 “俳優”としての野望と貪欲さ

    映画

     『おんな城主 直虎』で井伊家家臣・中野真之を演じ話題になっている矢本悠馬。『ゆとりですがなにか』や『仰げば尊し』などのドラマでも、独特の個性をいかし注目を集めているが、そんな彼の最新作映画『トリガール!』が公開中だ。「こんなに悪ふざけをとおしたのは初めて」と笑顔で語った矢本が「楽しかった」という撮影を振り返るとともに、自身の野望を語った。@@cutter 矢本演じるのは人力飛行サークル「Team Birdman Trial」の設計責任者・古沢だ。おかっぱ頭に眼鏡、そしてしゃくれという非常に濃いキャラクターだが「僕は欲にまみれた俳優なので、いかに目立つかを考えてやりたい放題してしまいました」と笑顔で語る。  矢本の言葉通り、劇中の古沢のキャラは癖がすごい。「やりたい放題」という言葉がぴったりだが、そこにはメガホンをとった英勉(はなぶさつとむ)監督との信頼関係があるからこそ出来上がったキャラクターなのだ。  「初めてお会いしたとき、英監督とは『ノリがあうかも』と感じたんです。台本に書かれているキャラクターを壊したいんだなって思ったんです」と第一印象を語ると、実際、本番前に英監督から「いろいろな人の個性盗んじゃうんでしょ?」とつぶやかれたという。「そのときから、説明ゼリフは覚えましたが、それ以外はセリフを覚える必要ないんだなって思って……そこからはいい意味での悪ふざけしまくりでした」。  その結果、失敗したと感じたこともあったという。「クランクインのときに、アゴをしゃくれさせて顔を変えちゃったんです。まあ悪ふざけなのですが、そこでやってしまったので、結局最後までしゃくれ顔を演じなくてはならなかったんです。結構つらいときもあって途中で後悔しました」と苦笑い。  とにかく「撮影は楽しかった」としみじみ語った矢本。本作出演者のなかでは、年齢が上だが「これまで参加した作品は、結構若い現場で、僕は年齢的に上のことが多いんです。でもいつも一番下みたいな扱いを受けています」とおどける。そこには矢本なりの配慮があるという。その理由を「やっぱり年上は、下の人間を緊張させたら終わりじゃないですか。できる限り現場では、スタッフさんやキャストの人たちみんなになめられようと思っているんです。あとは結構緊張するタイプなので、現場が楽しい雰囲気だと自分もやりやすくなりますしね」と語る。@@separator ムードメーカーの矢本だが、現在放送中の『おんな城主 直虎』では、珍しく大先輩に囲まれた現場を経験している。「これまであまり人の演技を観ることがなかったのですが、一緒に芝居をしている周りのキャストの方々がベテランの方ばかりなので、しっかり観察したり、食事に行ったときにはいろいろ話を聞いたりしています」と貪欲に取り組んでいるという。  それでも「スタンスはこれまでと一緒なので、先輩に対してもどんどん絡んでいって面白がってもらっています。そこの距離感は変わらないです」とポリシーを貫くと「長丁場なのでいろいろと挑戦しています。あまり作品ごとに芝居のテーマは持たないようにしていますが、(柴咲)コウさん、田中美央さん、ムロツヨシさん、高橋一生さん、市原隼人さん、小林薫さんなどすごい方々と一緒にお芝居しているのだから、本番では食らいついて、なんとか爪痕を残そうと頑張っています」と心情を吐露した。  矢本といえば、現在27歳であるにも関わらずフレッシュなルックスをいかし、学生の役を演じることが多い。どの作品でも違和感なく見えるが「精神年齢的に学生をやるのはエネルギーを使うんです。なんとなく大人がやる学生の芝居に見えてしまうことがあって……。制服とかは、まず鏡の前に立って、制服を着ている自分にコスプレ感がなくなるまで馴染ませるんです。自分をしっかり騙さないと違和感がすごいんです」と苦悩を語る。  そんな矢本の次の一手は「作品ごとに違う顔を見せる役者になりたい。サイコパスだったり、静かな役だったり……。あとは大人の役をやりたい、大人になりたい!」と茶目っ気たっぷりに答えてくれた。(取材・文・写真:磯部正和)  映画『トリガール!』は絶賛公開中。

  • 映画『噓八百』

    中井貴一&佐々木蔵之介W主演『嘘八百』ポスタービジュアル解禁

    映画

     中井貴一と佐々木蔵之介がW主演を務める映画『嘘八百』より、ポスタービジュアルが解禁。ポスターは、中井が演じるイカサマ古物商と、佐々木が扮する落ちぶれた陶芸家が、一発逆転の大勝負を企む表情を捉えている。@@cutter 千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という「真っ赤なウソ」で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く本作。キャストには、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣も名を連ねている。  メガホンを取ったのは、2016年日本アカデミー賞優秀作品賞・最優秀脚本賞を受賞した『百円の恋』で知られる武正晴監督。脚本は、武正監督と『百円の恋』でタッグを組んだ足立紳と、NHK連続テレビ小説『てっぱん』などを手がけてきた今井雅子が担当した。  解禁されたポスタービジュアルは、中井が演じる空振りばかりの古物商・則夫と、佐々木がふんする落ちぶれた陶芸家・佐輔の骨董コンビが仕掛ける「真っ赤なウソ」に掛けた、真っ赤な色彩が目を引くデザインに仕上がった。二人の企み顔、いや決意の表情は、一発逆転の大勝負にかけるロマンと、どんでん返しとなる大波乱のドラマを予感させる。  映画『嘘八百』は2018年1月より全国公開。

  • 映画『斉木楠雄のΨ難』の場面写真

    橋本環奈、山崎賢人につきまとう!? 『斉木楠雄のΨ難』から場面写真到着

    映画

     山崎賢人主演の最新作『斉木楠雄のΨ難』の場面写真が解禁となった。今回初解禁する場面写真では、学園のアイドル照橋心美(橋本環奈)や自称“斉木の相棒”燃堂力(新井浩文)、中二病にどっぷり浸かる海藤瞬(吉沢亮)、暴走族元総長の窪谷須亜蓮(賀来賢人)、熱血学級委員長の灰呂杵志(笠原秀幸)など、主人公・斉木楠雄(山崎)を取り巻くワケありのクラスメートたちの姿が映し出されている。@@cutter 本作は、2012年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のシリーズ累計発行部数500万部を超える麻生周一原作のギャグコメディの映画化。とんでもない超能力を持っている主人公・斉木楠雄はPK学園に通う高校生で、目立たず、普通に生きたいと思っているのだが、文化祭でワケありのクラスメートたちに囲まれてしまう。次から次へと斉木にふりかかる災難。超能力が吹き荒れる学園。そしてまさかの地球滅亡。斉木はこれらの危機を乗り越えることができるのか。  脚本・監督は『銀魂』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一。キャストはほかに、楠雄の父・國春役の田辺誠一、母・久留美役の内田有紀なども出演し、福田組常連のムロツヨシや佐藤二朗も登場する。  場面写真では照橋が斉木にしつこくつきまとうカット、燃堂、海藤、窪谷が真顔で立ち尽くしているカット、そして燃堂に“カンチョー”をおみまいされて、お尻が丸出しになって驚きの表情を見せる灰呂のカットなど、エンターテイメント性あふれる本作の“カオス”な世界観と福田流のシュールさが垣間見える。  映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国ロードショー。

  • 佐野勇斗

    佐野勇斗、『ミックス。』で人生初の卓球大会出場! 特別企画“佐野クエスト”も開始

    映画

     俳優の佐野優斗が、映画『ミックス。』のWEBスペシャル企画「佐野クエスト」で9月に都内で行われる卓球大会に出場することがわかった。@@cutter 新垣結衣と瑛太がダブル主演を務める『ミックス。』は、不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。佐野が演じる佐々木優馬は、クラブメンバーの中でも卓球への愛情があふれる卓球マニア。知識が豊富なインテリ派で学校生活に馴染めず、不登校になってしまった引きこもりの高校生というキャラクターだ。  「佐野クエスト」では、佐野が大会に挑むまでの奮闘記を映画『ミックス。』公式ツイッターとインスタグラムで展開。毎週木曜日に配信し、初回配信は17日を予定している。  佐野は「卓球経験は学校の授業で何度かやったことがあるくらいで、本格的に始めたのは映画の出演がきまってからでした。『ミックス。』を通じて卓球をやらせていただき、改めて卓球の魅力や面白さを知りました!」とコメント。さらに、「今回“佐野クエスト”という企画で卓球大会に出場すると聞き、最初は初心者なのに正直大丈夫かなと心配でしたが、また卓球をやらせてもらえることがすごく嬉しかったです。豪華キャスト陣の中から代表として大会に出させていただくので、作品に恥じないよう、楽しみつつ、映画『ミックス。』をより多くの人に知ってもらうため、1勝と言わず優勝を目指して精一杯頑張ります」と意気込みを語っている。  映画『ミックス。』は10月21日より全国公開。

  • 新垣結衣の『ミックス。』オフショットにファン歓喜「奇跡の可愛さ」 ※映画『ミックス。』インスタグラム

    新垣結衣の『ミックス。』オフショットにファン歓喜「奇跡の可愛さ」

    エンタメ

     映画『ミックス。』の公式インスタグラムが、14日に更新。ヒロインを演じる新垣結衣のオフショットが公開され、ファンからは「奇跡の可愛さ」など絶賛の声が寄せられている。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育によって“天才卓球少女”として将来を期待されたものの、現在は失恋して無職の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサー・荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描く。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねている。  インスタグラムに投稿された写真には、キャストが勢ぞろいした映画のポスターを持ちながら、柔らかな笑顔を見せる新垣の姿が収められている。この写真は、過日に行われた取材で納められたオフショットとのことだ。  写真を見たファンからは、「天使だしお姫様だし女神様だしとにかくもうだいすきです!」「な…なんでこんなに可愛いんだ死にかけた。奇跡の29歳…。癒しをありがとうございます」「この髪型どストライクです」「奇跡の可愛さ」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/mix_pingpong/

  • 映画『ミックス。』場面写真

    新垣結衣&瑛太『ミックス。』 “頭ポン”の胸キュンシーンなど新場面写真が到着

    映画

     新垣結衣と瑛太ダブル主演する映画『ミックス。』から、新たな場面写真が到着。瑛太演じる萩原が、新垣演じる多満子の頭をなでる場面ほか、キャスト陣の劇中シーンが公開された。@@cutter 『ミックス。』はかつて母のスパルタ教育により“天才卓球少女”として将来を期待されるも、現在は失恋、無職の独身女・多満子が、妻と娘と別れた元プロボクサーの荻原が卓球の男女混合のミックスダブルスを通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語。  キャストには他に、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世ら個性派が集っている。  今回解禁された写真は6枚。写真では、萩原が少し首をすくめる多満子の頭になでる胸キュンシーンが披露されている。  そのほかにも、乗り込んできた江島(瀬戸)を制する萩原、酔った表情の多満子と同じ卓球チーム「フラワー卓球クラブ」に所属する弥生(広末)が絡み合う場面、多満子と元恋人の江島の出会いの場面、「フラワー卓球クラブ」でペアを組む落合夫婦(遠藤、田中)のツーショット、さらに弥生とペアを組む優馬(佐野)のユニフォームに身を包んでのツーショットなどが公開されている。  映画『ミックス。』は10月21日より全国公開。

  • エリザベスに扮した山田孝之、映画『銀魂』 初日舞台挨拶にサプライズ登壇

    山田孝之、“顔出し一切なし”の着ぐるみ姿で『銀魂』舞台挨拶に登壇!

    映画

     映画『銀魂』の初日舞台挨拶が14日、都内で行われ、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登壇した。@@cutter 公開前から、いい意味での“悪ふざけ”で作品を盛り上げていた「チーム銀魂」。この日、舞台挨拶の話題をさらったのはエリザベスだった。小栗や菅田、橋本らがそれぞれ映画に関するエピソードを披露するなか、福田監督がエリザベスを気にし始める。すると突然、エリザベスから「暑い、断ればよかったかな」という声が。登壇者を含め、客席がいっせいにエリザベスの方を向くと、福田監督が「なかの人誰かわかります?」と問いかける。会場からは「孝之~」という声があちこちから上がると、エリザベスは「なかなんてないすっよーいない、いない」と反応。  その声で、エリザベスのなかに山田が入っていることが判明すると、客席からは悲鳴に近い歓声が上がった。エンドロールでエリザベスの声を俳優の山田孝之が担当していることは明記されているが、壇上にいるエリザベスのなかに、山田が入っていると思っている人は皆無だっただろう。  福田監督は「最初から(山田が)入っているって聞いて、ほかの人がおもしろい話をしていても、エリザベスが気になって集中できなかったよ」と苦笑いを浮かべると、小栗は「いやぁ、エリザベスのおかげで舞台挨拶が締まったよね」と笑顔を見せるが「俺だったら絶対やれない。本当にすごい」と一切顔出しせずに、初日を盛り上げた山田に脱帽していた。  すると山田は「自分からやるっていっちゃったんですよね」と着ぐるみのなかからつぶやくと「みなさん真夏に、着物で激しい撮影をしていてすごく大変そうだったのに、僕は涼しいなか3分ぐらいで終わっちゃったから、多少稼動したほうがいいかなと思って…」と志願した理由を語る。そんな山田の行動に、小栗は「こんな頑張りも観られるのが『銀魂』です」と語ると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。  本作は、累計発行部数5100万部を突破している空知英秋の大人気コミックを『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田雄一監督が実写映画化。江戸時代末期、宇宙から来襲した「天人(あまんと)」たちが台頭するなか、江戸で万事屋を経営する侍・坂田銀時(小栗旬)と仲間たちが戦いに挑む姿を面白おかしく描く。

  • 山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』予告編解禁! ゆずがまさかの“ヤバい”主題歌担当

    山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』予告編解禁! ゆずがまさかの“ヤバい”主題歌担当

    映画

     山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』の予告編が解禁された。ゆずの新曲「恋、弾けました。」が主題歌になることが発表され、ゆず曰く「アドレナリンが出まくる、アップテンポでサイキックで胸キュンなナンバー」になったとコメントを寄せている。@@cutter 『斉木楠雄のΨ難』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されている麻生周一原作の同名コミックの実写映画化。とんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄が、ただ普通に暮らしたいだけなのに、妄想しまくりの美女や、超能力をもってしても気配が読めないくらいのバカなど、ワケありクラスメイトたちとのやっかいな友情や恋に巻き込まれ、災難が次から次へと降りかかる姿を面白おかしく描く。    予告編では、たかが文化祭なのに地球滅亡の危機に見舞われるほか、橋本環奈や新井浩文、吉沢亮ら存在感抜群の普通じゃない仲間たちの恋と友情に巻き込まれる楠雄が登場する。また、壁ドンすれば校舎崩壊…など、とんでもない超能力の片鱗なども見ることができる。    同作に主題歌「恋、弾けました。」を書き下ろしたゆずは、楽曲について「原作も読ませていただき、作中から様々なヒントを得て、楽曲に反映させました」と語る。「聴いていて脳内が弾けてアドレナリンが出まくる、アップテンポでサイキックで胸キュンなナンバー」になったと自信をのぞかせ、加えてゆずは映画について「実写のクオリティが高い!」と太鼓判を押した。    原作の麻生は「実写斉木の主題歌をゆずがやってくれると聞いた時は『大の大人がこんなはしゃぐ?』ってくらい喜びました!!」と大興奮な様子。昔からゆずが大好きだと公言し「中学生の頃ゆずが主題歌やってるからという理由で映画を観に行った事があるんですが、その頃の自分に教えてあげたい!」とも。麻生にとってゆずは、とても心強い味方になったようだ。    ゆずも太鼓判を押す『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国ロードショー。

  • 映画『斉木楠雄のΨ難』新ポスタービジュアル

    山崎賢人、『斉木楠雄のΨ難』新ビジュアル解禁! やっかい過ぎるおバカな仲間勢揃い

    映画

     山崎賢人主演のコメディ映画『斉木楠雄のΨ難』の新ポスタービジュアルが解禁となった。ビジュアルでは、斉木楠雄と楠雄にむだにカラんでくるやっかいすぎる仲間たちが宙を舞い、平穏に終わるはずの文化祭が一転、なぜか地球滅亡の危機に巻き込まれていく様子を“不必要なまでに”迫力満点に表現している。@@cutter 本作は、2012年より「週刊少年ジャンプ」で連載中のシリーズ累計発行部数500万部を超える麻生周一原作のギャグコメディの映画化。とんでもない超能力を持っている主人公・斉木楠雄(山崎)はPK学園に通う高校生で、目立たず、普通に生きたいと思っているが、ワケありのクラスメートたちに囲まれる毎日を過ごしている。やっかいな恋と友情に、超能力も吹き荒れ、そしてまさかの地球滅亡の危機に。斉木は地球滅亡の危機を乗り越えることが出来るのか…。  監督は『銀魂』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズで知られる福田雄一。キャストには山崎のほかに、照橋心美役に橋本環奈、燃堂力に新井浩文、窪谷須亜蓮役に賀来賢人、海藤瞬役に吉沢亮、楠雄の父・國春役に田辺誠一、母・久留美役に内田有紀など人気、実力派キャストが並ぶ。福田組常連のムロツヨシや佐藤二朗も出演する。  映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国ロードショー。前売りは7月14日より公開劇場にて発売(※一部劇場を除く)。前売りの特典としてポストカードセット(2枚入り)がつく。

  • 映画『銀魂』、“万事屋”メイキング映像到着!

    『銀魂』“万事屋”メイキング映像到着! 銀ちゃん全力疾走に神楽から苦情も

    映画

     小栗旬主演による人気コミックの実写版映画『銀魂』のメイキング映像が到着。主人公・坂田銀時(小栗)と、従業員の志村新八(菅田将暉)、居候の怪力美少女・神楽(橋本環奈)が集う“万事屋”の面々による、撮影時の様子が公開された。@@cutter 映画『銀魂』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックを原作とするSF時代劇。宇宙人・天人(あまんと)との攘夷戦争で白夜叉と恐れられた銀時が、新八や神楽と共に“紅色の妖刀”を持つ辻斬りに対峙する。  今回、解禁となったメイキング映像は、銀時の営む便利屋“万事屋銀ちゃん”のセットで仲よく撮影を行うスリーショットからスタート。SNSなどで話題を集めた、原作ファンにはおなじみの“カブト狩り”のエピソードを収録した当時の様子も収められている。  また、福田雄一監督と小栗、菅田、橋本の3人それぞれによるやり取りも収録。「この後、銀ちゃん陸上部の走り方で走らなきゃいけない」と話す福田監督に対して、「ケンブリッジ飛鳥ですね」と冗談を交えて答える小栗や、3人が疾走するシーンでは「銀ちゃん、速すぎるんですよ」とこぼす橋本に向かい、福田監督が「でも(神楽は)夜兎族だからね(笑)」と応えるなど、楽しさ溢れる撮影現場の雰囲気が伝わる内容となっている。  映画『銀魂』は、7月14日より全国ロードショー。

  • 新垣結衣&瑛太、『ミックス。』“ダサカワ”ユニフォーム姿解禁

    新垣結衣&瑛太、『ミックス。』“ダサカワ”ユニフォーム姿解禁

    映画

     新垣結衣と瑛太の共演作として話題を呼んでいる映画『ミックス。』から、場面写真が解禁。新垣と瑛太が“ダサカワ”なユニフォームをまとった姿が初公開となった。@@cutter 映画『ミックス。』は、母のスパルタ教育で“天才卓球少女”として将来を嘱望されたものの、現在は失恋して無職である28歳の独身女・多満子(新垣)が、妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの荻原(瑛太)と卓球のペアを組み、全日本選手権出場を目指して奮闘する姿を描くロマンティックコメディ。キャストには、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、蒼井優、斎藤司(トレンディエンジェル)、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、田中美佐子、遠藤憲一、小日向文世らも名を連ねた。  解禁された場面写真は、全部で5枚。緑を基調に、所属する「フラワー卓球クラブ」の赤文字とカラフルで可愛らしい花々がデザインされたユニフォームをまとって、真剣な表情で卓球台に向かう多満子と荻原の姿が収められている。  ほかの場面写真には、吉岡弥生(広末)と佐々木優馬(佐野)、落合元信(遠藤)と落合美佳(田中)が、笑顔の多満子と卓球場で集まっている様子や、試合会場で不安げな表情を見せる姿のほか、足を痛めた多満子を気遣う荻原の姿が収められている。果たして、多満子と荻原は全日本選手権出場という目標を達成することができるのだろうか?  映画『ミックス。』は、10月21日より全国公開。

  • 丸山隆平『泥棒役者』映像解禁! 市村正親がエプロン一枚のキョーレツキャラで登場

    丸山隆平『泥棒役者』映像解禁! 市村正親がエプロン一枚のキョーレツキャラで登場

    映画

     丸山隆平(関ジャニ∞)が、映画単独初主演を飾る『泥棒役者』の特報映像が解禁された。映像では1人で何役もコミカルに演じ分けていく丸山を映し出す。また、「泥棒が役者になる!?はたして彼は正体をバラさずに次々と別人になりすまし、この豪邸から逃げきることができるのか」という声優・平田広明によるナレーションが映像の中のおかしみを演出している。@@cutter 監督はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、『TIGER & BUNNY』等多数の脚本を手がけ、『小野寺の弟・小野寺の姉』で初監督を務めた西田征史。本作は西田作・演出の同名舞台の映画化であり、高畑充希、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、高畑充希、片桐仁、峯村リエら豪華な個性派キャストが一癖も二癖もあるキャラクターに扮して、痛快な群像会話劇が繰り広げる。  かつて金庫破りの泥棒をしていた大貫はじめ(丸山)。現在は足を洗い溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑)とささやかながら幸せな同棲生活を送っていたが、昔の仲間・則夫(宮川)から泥棒稼業に誘われる。初めは断るつもりだったが、美沙に過去のことをバラすと脅され、渋々応じるはじめ。だが盗みに入った豪邸で、豪邸の家主の絵本作家・前園俊太郎(市村)、そして屋敷にやってきた編集者(石橋)、セールスマン(ユースケ)から、“豪邸の主人”“絵本作家”“編集者”など次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめは、その“役”を必死に演じるハメになる。    映像では、もじゃもじゃヘアーの丸山が、正体がバレたくない一心で“豪邸の主人”“絵本作家”“編集者”と、次々に演じ分ける姿や、マッシュルームカットの市村が長いキャリアの中でも類を見ない振りきったキャラクターで登場。裸エプロン…のように見えるエプロン姿も映し出され、予測不可能な展開に期待が膨らむ映像となっている。  映画『泥棒役者』は11月18日より全国ロードショー。

  • 『劇場版 お前はまだグンマを知らない』予告解禁! 群馬先行公開決定

    間宮祥太朗、崩壊…『劇場版 お前はまだグンマを知らない』予告解禁! 群馬先行公開

    映画

     間宮祥太朗主演の『劇場版 お前はまだグンマを知らない』の予告編が解禁された。間宮含め、登場人物たちは顔面崩壊し、最高のおバカ映画であることが予告映像からもわかる爆笑必至なものとなっている。また、舞台が“グンマ”ということもあり、群馬先行公開が決定した。@@cutter 同作は、今年3月に関東圏のみで放送され、当時リアルタイム検索で1位になるなど、話題をさらった井田ヒロト原作の同名深夜ドラマの劇場版。主人公の神月役には映画『帝一の國』などで見せた美顔を封印し、顔面崩壊、捨て身の熱演を見せる間宮が務める。また、間宮のほか、グンマ愛を炸裂させる個性的なクラスメイトに吉村界人、馬場ふみか、入江甚儀、加治将樹ら注目の若手が顔をそろえる。加えて、群馬出身のロバート・山本、某国大統領役でレイザーラモンRG、ライバル地区・栃木からはU字工事の二人、茨木からは磯山さやかが登場。群馬県の“あるある”を圧倒的熱量で描く。    公開された予告映像では、謎多き土地グンマに転校してきた、とある高校生・神月紀(間宮)が、登校初日からグンマの強烈なからっ風にフッ飛ばされそうになりながら必死にペダルをこぐシーンから始まる。新たな学校生活にワクワクドキドキだったが、意図せずして「海がない」とグンマの事を小バカにしてしまったことで、神月がグンマ人にいたぶられ、トチギ人、イバラキ人には襲われ、トイレで泣き叫ぶシーンが映し出される。そして、一目ぼれしたグンマの美少女・篠岡京(馬場)には、「むっつりドスケベ変態野郎」と罵られ、白目むくほどの大ダメージを受ける神月。イケメン間宮がこれでもかと崩れていく崩壊っぷりが見ものだ。    『劇場版 お前はまだグンマを知らない』は、7月15日より群馬先行公開。7月22日より池袋シネマ・ロサ他全国公開。

  • 映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』映画化決定

    榮倉奈々、“死んだふり”を繰り返すぶっ飛び妻熱演!夫・安田顕で伝説コミック実写化

    映画

     2010年に「Yahoo!知恵袋」に投稿されたことから話題になった『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』が、榮倉奈々と安田顕をW主演に迎え、映画化することが決定した。小出恵介と野々すみ花らが共演し、監督は『デトロイト・メタル・シティ』などで知られるコメディの鬼才・李闘士男が務める。@@cutter 本作は、ハンドルネームK.KajunskyがYahoo!知恵袋に投稿したものが原作。内容にインスパイアされた「ほぼ日P」がボーカロイド・初音ミクで作った同名オリジナル楽曲を発表し、そのミュージック動画はニコニコ動画で再生回数1位を獲得し、現在200万回以上の再生を記録している。さらにコミックエッセイ化もされ、現在第3巻まで発売、発行部数累計15万部を超える人気をみせている。  サラリーマンのじゅん(安田)が仕事に疲れて帰宅すると、玄関で妻のちえ(榮倉)が口から血を出して倒れていた。慌てて介抱するじゅんだったが、傍らにはケチャップ。ちえは死んだふりをしていただけだった。それから、ちえはじゅんが帰宅すると必ず死んだふりをする。理由を聞いても「月が綺麗ですね」とちえは笑うだけ。寂しいだけなのか。それともSOSのサインなのか。  榮倉は本作について「ある夫婦の一風変わったコミュニケーションが優しく描かれている映画になってます」と語る。「なんでもない日常の中で起こるささやかな出来事で感情が揺さぶられる。現実世界に生きる私たちがリアルに感じ、見ている景色をスクリーンでも感じていただけると思います」と本作をアピールする。一方、安田は「この作品をきっかけに”夫婦”について、いい意味であらためて思うこともあり、具体的ではなくて申し訳ないのですが、それは観てくださる方々それぞれに感じていただけると嬉しいです」とコメントを寄せた。  映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は2018年春、全国公開。

  • 映画『レオン』で主演を務める知英

    知英、長編映画初主演! 竹中直人と入れ替わるハチャメチャコメディで“おっさん”に

    映画

     知英が映画『レオン』で初主演を務めることがわかった。知英が演じるのは地味なOL・小鳥遊玲音(たかなしれおん)。交通事故に遭った玲音は、竹中直人扮するワンマン社長・朝比奈玲男と心が入れ替わってしまう。知英は「入れ替わったときは、竹中さん演じる朝比奈玲男になりきり、エロオヤジ社長炸裂でやりきりました。気分は爽快でした」と感想をもらし、竹中は「知英は本当にチャーミングで優しく美しく時には男っぽく柔らかな女性でした。知英はたくさんの可能性を秘めた女優です。コメディエンヌとしても素晴らしいテンションを持ち備えた方だな…と感じました」と知英を評している。@@cutter 本作はスマホマガジン「Hot‐Dog PRESS」で連載し、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画(漫画:大倉かおり、原案:清智英)の映画化。地味な派遣OL・小鳥遊玲音と女好きなワンマン社長・朝比奈玲男は、偶然同じ車の事故に巻き込まれ、心が入れ替わってしまう。ところが、この事故は社長の右腕として働いていた男たちの罠だった。2人の心が入れ替わっているため、事態はややこしくなっていく。  監督には、阿部寛主演の『アット・ホーム・ダッド』(CX‐KTV・04)や『ドラゴン桜』(TBS・05)、そして昨今では 福士蒼汰主演の『お迎えデス。』(NTV・16)といった、TVドラマを数多く手掛けている塚本連平。脚本は、2015年の映画『ヒロイン失格』やアニメ『TIGER&BUNNY』などで注目されている吉田恵里香が担当する。  映画『レオン』は、2018年全国ロードショー。

  • 内村光良×知念侑李「ZIP!」爆笑コント再び?『金メダル男』BD&DVD収録決定!

    内村光良×知念侑李「ZIP!」爆笑コント再び?『金メダル男』BD&DVD収録決定!

    映画

     内村光良と知念侑李(Hey! Say! JUMP)が二人一役を務めた映画『金メダル男』のブルーレイ&DVD特典に、『金メダル男』×NTV「ZIP!」コラボ撮りおろし特別映像が収録されることが決定した。@@cutter 映画『金メダル男』は、主人公の秋山泉一(内村/知念)が、子供のころに徒競走で金メダルを獲ったことをきっかけに、世の中のすべての金メダルを獲るために一等賞に挑み続ける姿を描くコメディ・エンタテインメント。共演には、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳などの豪華俳優陣が名を連ねている。  収録されることが決定した映像は、映画公開時に『金メダル男』が「ZIP!」とコラボレーションをして話題となった、内村と知念の特別コント映像。スポーツテストでも一等賞を目指す泉一を演じた知念は、華麗な「反復横跳び」を披露。一方、大人となった泉一を演じた内村は、敏しょう性を生かしてティッシュ配りを最速で行うというコミカルな姿を見せている。「ZIP!」の放送を見逃した人をはじめ、もう一度見たかった人にも、抱腹絶倒の爆笑映像を堪能することができる。  今回、本作のブルーレイ&DVDプレミアム・エディション(初回限定版/3枚組)に収録される特典映像は計225分。各キャストの素顔や、撮影の裏側が垣間見えるメイキング映像に加え、内村と知念が語り尽くす特別インタビュー(約20分)、総勢25名にも及ぶキャストコメント映像集など、初公開を含む貴重な映像が収められている。  映画『金メダル男』ブルーレイ&DVD プレミアム・ディションは、4月12日発売。

  • 『斉木楠雄のΨ難』ティザーポスター

    山崎賢人、ピンクの髪に! 実写『斉木楠雄のΨ難』ビジュアル&特報映像解禁

    映画

     麻生周一原作漫画を奇才・福田雄一の脚本・監督で映画化される『斉木楠雄のΨ難』の出演キャストとキャラクタービジュアルが発表となった。すでに発表されていた主演・山崎賢人のほかに、照橋心美役に橋本環奈、燃堂力に新井浩文、窪谷須亜蓮役に賀来賢人など人気、実力派キャストが並ぶ。もちろん福田組常連のムロツヨシや佐藤二朗も出演。さらに、特報とティザーポスターも完成し、解禁となった。@@cutter 本作は2012年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の累計発行部数450万部を超える異色の大人気ギャグコメディの映画化。原作の麻生は福田監督を熱望し、原作ファンだった福田も快諾。主演・山崎も含めて相思相愛で映画化された。山崎演じる斉木楠雄はPK学園に通う高校生で、目立たず、普通に生きたいと思っているのにとんでもない超能力を持っている。年に一度の文化祭<PK祭>の日には、穏便にやり過ごしたいだけなのに、ワケありのクラスメートたちに囲まれてしまう。  山崎と初共演となる橋本は「斉木楠雄が超能力者という何でもありの世界で、福田監督を笑わせたくて、もっともっと面白くしようと考えましたが、他の皆さんが面白すぎて笑いを堪えるのが、とにかく大変でした」と振り返り、新井は「剃りと眉毛が元に戻るまでの期間、何の仕事もできなかったので、麻生先生に補償金頂きたいです」と冗談交じりのコメントを寄せている。  特報映像ではベートーベン『運命』交響曲第五番第一楽章に乗せて山崎が「今、山崎賢人って実写やりすぎじゃね?と思いましたね。あなたの考えることはお見通しです。なぜなら僕は超能力者だから」とナレーション。奇才・福田テイストがふんだんに盛り込まれた映像となっている。  映画『斉木楠雄のΨ難』は10月21日より全国ロードショー。

  • 『金メダル男』内村光良、クランクアップで男泣き?

    『金メダル男』内村光良&知念侑李、クランクアップで男泣き&サプライズ!? 秘話公開

    映画

     内村光良×知念侑李(Hey! Say! JUMP)と豪華キャストが集結した映画『金メダル男』のブルーレイ&DVDリリースに先駆け、本作のプレミアム・エディションに収録される特典映像「メイキング映像~『金メダル男』への道~」より、原作・脚本・監督・主演の4役をこなした内村と知念のクランクアップエピソードが解禁。最後のシーンを撮り終えた内村が、男泣き寸前だったことが明らかになった。@@cutter 本作は、主人公の秋山泉一(内村/知念)が、子供のころに徒競走で金メダルを獲ったことをきっかけに、世の中のすべての金メダルを獲るために一等賞に挑み続ける姿を描く。共演は、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳など豪華俳優陣が名を連ねている。  知念は昨年11月28日にクランクアップ。水泳シーンを撮るためプールサイドに現れた知念に、22歳の誕生日とクランクアップを祝し、突如バースデーソングと拍手が鳴り響く。内村監督はじめ、スタッフ全員が仕掛けたサプライズに知念は、「すごく嬉しいです」と驚きと嬉しさを隠せない様子で感謝の気持ちを伝えた。しかし、その後まさかの“撮りこぼし”が発生。12月4日、今度こそ本当にクランクアップを迎えた知念は、雨天により撮影中止となっていたシーンをやっと撮り終えることができた。  一方の内村は、昨年12月5日にクランクアップ。最後の撮影シーンとなる社交ダンスに臨んだ内村は、相手役の木村と息を切らしながら必死に踊り終えると、知念がサプライズで駆けつけ、出演者・スタッフからのメッセージカード入りアルバムをプレゼント。さらにアルバムだけでなく、木村からはメッセージ入りの「がんばったで賞」金メダルを贈られた内村は、「毎日ギリギリの綱渡りでしたがなんとか乗り切って、一人ひとりの力が結集した作品です」と感謝を述べ、「泣きそう」と男泣き寸前の様子だった。  2人のクランクアップエピソードの他にも、225分にのぼる特典映像には、各キャストの素顔や撮影の裏側が垣間見えるメイキング映像、内村と知念が語り尽くす特別インタビュー、総勢25人にも及ぶキャストコメント映像集などが収録される。  映画『金メダル男』ブルーレイ&DVD プレミアム・ディション(初回限定版/3枚組)は、4月12日発売。

  • 清水富美加×松井玲奈『笑う招き猫』、豪華キャスト&予告編解禁!

    清水富美加×松井玲奈『笑う招き猫』、豪華キャスト&予告編解禁!

    映画

     清水富美加と松井玲奈が漫才コンビ役に初挑戦した青春映画『笑う招き猫』から、ポスタービジュアルと出演者情報、予告編が解禁。清水と松井が漫才の練習をする姿や、ケンカをしている様子が一部明らかになった。@@cutter 第16回小説すばる新人賞を受賞した山本幸久による同名小説の実写版である本作は、若手漫才コンビ「アカコとヒトミ」が、お笑いの世界で奮闘し、挫折しながらも、固く結ばれた女の友情のもと、夢を追いかける姿を描く。解禁となったポスタービジュアルに収められているのは、主人公のヒトミ(清水富美加)とアカコ(松井玲奈)が、青空のもと、お互いに笑顔でたたずんでいる姿だ。漫才の練習中なのか、二人の間にはマイクに見立てた木の枝が置かれている。  また、追加の出演者情報も解禁。アカコの幼馴染みとして落合モトキや荒井敦史ら若手注目俳優が出演し、アカコとヒトミの大学時代の先輩・和田として浜野謙太、友人の土井として前野朋哉ら個性派俳優も参戦。そして、アカコとヒトミが所属するお笑い事務所のマネージャー永吉役には、芸人から俳優まで幅広い活躍を見せる角田晃広(東京03)がふんする。さらに、アカコとヒトミの事務所の社長岩倉役に岩松了、ヒトミをいつも優しく見守る父親と母親役で菅原大吉と戸田恵子といったベテラン陣も脇を固める。  予告編には、アカコとヒトミのリアルなケンカの様子が収められているほか、衝突を繰り返しながらも、周囲の人たちとの関わりの中で成長していく二人の姿が、Mrs.GREEN APPLEの主題歌と共に爽やかに描かれている。併せて公開となったドラマ版の予告では、映画版とは一味違う、2 人が様々な事にチャレンジする様が面白おかしく描かれているので、こちらも要チェックだ。  映画『笑う招き猫』は4月29日新宿武蔵野館ほか全国ロードショー。ドラマ『笑う招き猫』(全4話)は、MBSにて3月19日より毎週日曜日24時50分~ただし、初回は25時05分~、TBSにて3月 21日より毎週火曜日25時28分~ただし、初回は25時45分~。さらに、Amazon プライム・ビデオにて、3月22日水曜日より独占配信決定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access