クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

べっぴんさん 関連記事

  • 『べっぴんさん』百田夏菜子&蓮佛美沙子、“新鮮”な良子×ゆりショット披露

    エンタメ

     女優の蓮佛美沙子が14日、自身のインスタグラムに百田夏菜子(ももいろクローバーZ)との2ショット写真を公開した。蓮佛は「#べっぴんさん」とハッシュタグを付けつつ、「良子×ゆり ツーショット 新鮮…!」と劇中でも珍しい2ショットを見せた。

  • 『べっぴんさん』さくら役の井頭愛海、BD前最後の日振り返るも「まだ15歳」驚きの声

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演している井頭愛海が、14日に自身のブログを更新。15歳最後の日を迎えたことを報告し、ファンからは「まだ15歳だったんだね」など、驚きのコメントが寄せられた。

  • 朝ドラ『べっぴんさん』、経営方針で紀夫と健太郎が対立!次週いよいよ上地雄輔が登場

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、一度は認められたさくら(井頭愛海)と健太郎(古川雄輝)の結婚だが、一人息子と一人娘の結婚のため、家の継承問題でこじれてしまう。すみれ(芳根京子)・紀夫(永山絢斗)夫婦は潔(高良健吾)・ゆり(蓮佛美沙子)夫婦に坂東家の存続について相談、そして紀夫は実父の五郎(堀内正美)から自分を婿養子として坂東家に出した際の気持ちを聞き、さくらを嫁に出すことを決断。3年後、さくらは女の子を出産した。一方、キアリスの開発宣伝部長・健太郎は、大手商社社長の古門(西岡德馬)から「成長のスピードが重要」という助言を受け、売上を上げるためキアリスを大きく変えようと奔走。キャラクタービジネスにも進出しようとする。オイルショックによって日本の経済は大混乱に陥る中、キアリスの急速な拡大に違和感を感じていたすみれらは、今こそ焦らず慎重にと主張するが、健太郎は反論を続ける。そんな中、栄輔(松下優也)のエイスは、売上が下がり始めたことを理由に、古門から見放され資金繰りに失敗。ついに破綻し栄輔は行方をくらませる。

  • 古川雄輝、実は麻雀が大好き 「最高で3日間」ぶっ続けでプレイすることも!?

    エンタメ

     俳優の古川雄輝が10日に放送された『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合)に出演。「最高で3日間続けて麻雀をやったことがある」と、プライベートでの意外な一面を見せた。

  • 古川雄輝、30代間近で結婚願望明かす「“べっぴんさん”と何かあるといいな」

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演中の俳優・古川雄輝が5日、最新写真集『unknown』の発売記念トークイベントの前に囲み取材を行った。役者としての今後の目標を掲げた他、「“べっぴんさん”と何かあるといいな」と結婚願望を明かした。

  • 朝ドラ『べっぴんさん』、さくらと健太郎の結婚を認めようとするすみれだが…

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分では、キアリスに入社したさくら(井頭愛海)は、提案したデザインをすみれ(芳根京子)たちに却下され、「キアリスらしさ」について思い悩む。君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)は開発宣伝部に配属されるが、経営陣の身内ということで快く思わない社員たちには歓迎されない。社長の紀夫(永山絢斗)は期間限定で、若手社員だけで仮店舗を営業させ結束を強めようと考える。当初は苦戦するものの商品が完売、健太郎は同僚からの信頼を得る。一方、大阪万博が開幕し日本中がわき立つ中、「エイス」社長の栄輔(松下優也)は万博のショーを演出することに。そこで子どもたちに着せる衣装の提供をキアリスに依頼する。すみれたちは奮起しショーは大盛況となった。試行錯誤の末ついに自分なりに「キアリスらしさ」をみつけたさくらは商品審議会ですみれからデザインを認められ商品化へ。一方、周りには秘密にしながらさくらと交際していた健太郎は決意をかため、すみれたちの前で突然の結婚宣言をする。

  • 蓮佛美沙子、『べっぴんさん』オールアップに「濃密な人生でした」

    エンタメ

     女優の蓮佛美沙子が2日に自身のインスタグラムを更新。出演しているNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のオールアップを報告し、「長いとも 短いとも思う、不思議な時間。そして濃密な人生、でした」と心境を語った。

  • 『べっぴんさん』スピンオフ放送決定! 本編では描かれないエピソードで紡ぐ

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のスピンオフ番組『忘れられない忘れ物~ヨーソローの1日~』が5月6日にBSプレミアムで放送されることが決定。劇中では、本編では語られなかったアナザーストーリーが明かされるという。

  • 芳根京子、20代最初の日に『べっぴんさん』クランクアップ「最高の1年でした」

    エンタメ

     NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演中の女優・芳根京子が、28日に自身のブログを更新。誕生日を迎え、20歳となった初日の28日に、『べっぴんさん』のクランクアップを迎えたことの報告と、現在の心境を綴っている。

  • 蓮佛美沙子、『べっぴんさん』“ゆりおばちゃん”の制作過程に「大変ですねぇ」

    エンタメ

     NHKの連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演している女優の蓮佛美沙子が、自身のインスタグラムを更新。髪にカーラーを大量に巻いたメイク中の姿を披露しており、ゆり“おばちゃん”ヘアーができるまでを紹介している。

  • 朝ドラ『べっぴんさん』キアリスで働き始めたさくら、案をすみれに却下され悩む

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。先週放送分で、キアリスは創業20周年を迎え、記念パーティーで会社の成長に深い感慨を得るすみれ(芳根京子)たち。秋に行われた社員採用面接では娘のさくら(井頭愛海)や君枝(土村芳)の息子・健太郎(古川雄輝)の姿があった。すみれや社長の紀夫(永山絢斗)、君枝は二人の採用に反対するが、人事部長の中西(森優作)の説得や義兄の潔(高良健吾)の助言もあり、試験を受けさせ実力を見て判断することに。結果、優秀な成績を残した二人の入社を受け入れる。一方、栄輔(松下優也)率いる「エイス」も時代の波に乗り大きく成長していた。春になりさくらと健太郎はキアリスに入社、厳しい研修に励んでいた。

  • 『べっぴんさん』松下優也、“栄輔ロス”現象に「ちょっとだけホッとした」

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に、洋服ブランド「エイス」の社長・栄輔役で出演する松下優也。芸能界でのキャリアは9年、もともとミュージシャンで、俳優としても舞台を中心に活動していたが、今回の栄輔役で一気に知名度がアップした。自分がメインの取材が増えるなど、環境に「変化を感じています」という。そんな松下が“栄輔人気”について、そして「繊細さや微妙な心情を意識した」という栄輔役との向き合い方について語った。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access