カウボーイビバップ 関連記事

  • 『カウボーイビバップ』実写ドラマ版でスパイクを演じるジョン・チョー

    実写ドラマ版『カウボーイビバップ』、『スター・トレック』俳優がスパイク役

    海外ドラマ

     1998年に日本で放送されて以来、根強い人気を誇るサンライズ制作、渡辺信一郎監督のSFアニメ『カウボーイビバップ』。Netflixが制作する実写ドラマ版のキャストが発表になり、映画『スター・トレック』シリーズや『search/サーチ』の俳優ジョン・チョーが、主人公のスパイク・スピーゲル役に決まったという。@@cutter 『カウボーイビバップ』は21世紀後半の太陽系を舞台に、逃走中の指名手配犯を追跡する賞金稼ぎ、通称“カウボーイ”のスパイク・スピーゲルと彼の仲間の活躍を描く。昨年11月にNetflixでの実写ドラマ化が決まった。10話構成で制作される。  Varietyによると、スパイクの相棒で元刑事のジェット・ブラック役は、海外ドラマ『Marvel ルーク・ケイジ』の俳優ムスタファ・シャキールが演じる。記憶をなくしたタフな女賞金稼ぎのフェイ・ヴァレンタイン役は、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の女優ダニエラ・ピネダ。スパイクの元相棒で好戦的な敵のビシャス役は、映画『サバービコン 仮面を被った街』の俳優アレックス・ハッセルに決まったという。ハッカー少年のエドも登場する予定で、現在キャスティングが行われているとのことだ。  実写ドラマ化には渡辺監督がコンサルタントとして参加するという。映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のクリストファー・L・ヨストが、第1話の脚本を執筆すると共に監督を務める予定になっている。

  • 『カウボーイビバップ』が米実写ドラマ化(※映画『カウボーイビバップ 天国の扉』場面写真)

    人気アニメ『カウボーイビバップ』、ハリウッドで実写ドラマ化が決定

    海外ドラマ

     1990年代にテレビ放送された日本発の人気SFアニメ『カウボーイビバップ』。昨年、米製作会社トゥモロー・スタジオズが、米ミッドナイト・ラジオ、サンライズとともに実写ドラマ化に乗り出すと伝えられていたが、Netflixでの実写ドラマ化が決まったという。@@cutter 『カウボーイビバップ』は21世紀の太陽系が舞台。逃走中の指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎのスパイク・スピーゲルを始めとする宇宙船ビバップ号の乗組員の活躍を描く。2001年にはアニメ劇場版『COWBOY BEBOP 天国の扉』が公開された。2009年に浮上し、実現しなかったハリウッド映画版の企画では、キアヌ・リーヴスがスパイクを演じると報じられていた。  Varietyによると、トゥモロー・スタジオズとNetflixとの共同製作で、10話構成になるとのことだ。映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のクリストファー・ヨスト氏が、第1話の脚本を執筆。海外ドラマ『暴走地区—ZOO—』のジョシュ・アッペルバウム氏やジェフ・ピンクナー氏、株式会社サンライズの宮河恭夫氏、尾崎雅之氏、佐々木新氏らと共に、製作総指揮も務めるという。アニメシリーズの渡辺信一郎監督が、コンサルタントとして参加する。  実写ドラマシリーズのリリース時期やキャストなどは現時点で不明。続報に要注目だ。

  • 『ブレードランナー』空白の30年間を埋める、短編アニメ制作決定

    『ブレードランナー』空白の30年間をアニメ化 『カウボーイビバップ』監督が担当

    映画

     SF映画の金字塔『ブレードランナー』と、その続編である『ブレードランナー 2049』の空白の30年間を埋める短編アニメの制作が決定し、そのエピソードの一つを、『カウボーイビバップ』を手掛けた渡辺信一郎監督が担当することが明らかになった。@@cutter リドリー・スコット監督がメガホンを取ったオリジナル版は、人間と見分けのつかない“レプリカント”の反逆を阻止する捜査官、通称“ブレードランナー”のリック・デッカード(ハリソン・フォード)が繰り広げる戦いを、斬新なビジュアルを交えながら描いた。そのオリジナル版の舞台となった2019年から30年後の2049年の世界を舞台とする『ブレードランナー 2049』では、主人公のブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)が、埋まらない人間とレプリカントの間の深い溝や、科学者ウォレス(ジャレッド・レト)の陰謀に直面しながら、30年間行方不明だった、そして「何か」を知っている様子のデッカードと出会うこととなる。  渡辺監督が手掛ける『ブレードランナー ブラックアウト 2022』では、デッカードが姿を消した後の世界が描かれる。レプリカントは寿命を持たないよう改良されたが、2022年にアメリカ西海岸で原因不明の大規模停電が発生し、食物の供給がストップ。世界中がそれを“レプリカントが原因”と非難したことにより、レプリカントの製造は法令で禁止される。この世界の危機を救ったのが、科学者ウォレスだった。彼は人工農法によって食糧難を解決する新たなエコシステムを開発し、以前レプリカントを製造していたタイレル社を買収して新型レプリカントの製造を開始。ついには“レプリカント禁止法”の廃止を実現させる…。  『カウボーイビバップ』『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得てきた渡辺監督が手掛ける『ブレードランナー ブラックアウト 2022』の制作は追い込みに入っているとのこと。解禁された映像には、渡辺監督の「アニメ版を制作するにあたり気を付けたのは、『ブレードランナー』に最大限のリスペクトを払うこと」というコメントのほか、渡辺監督が描き出す「2022年」の世界が一部映し出されている。また、アニメ制作の発表とともに、イギー役を松田健一郎が、トリクシー役を青葉市子が、レン役を古川慎が務めることも併せて明らかになった。  映画『ブレードランナー 2049』は、10月27日より全国公開。本作の前奏となる本アニメーションは、9月26日お披露目予定。

  • 人気アニメ『カウボーイビバップ』が実写ドラマ化(映画『カウボーイビバップ 天国の扉』場面写真)

    人気アニメ『カウボーイビバップ』、実写ドラマ化企画が進行中

    海外ドラマ

     1998年に日本で放送されて以来、根強い人気を誇るサンライズ制作、渡辺信一郎監督のSFアニメ『カウボーイビバップ』。以前にはキアヌ・リーヴス主演で実写映画化の話が浮上していたが、このたび米製作会社トゥモロー・スタジオズが、米ミッドナイト・ラジオ、サンライズと共に実写ドラマ化に乗り出すという。DeadlineやThe Wrapなどが伝えた。@@cutter 21世紀後半の太陽系を舞台に、逃走中の指名手配犯を追跡する賞金稼ぎ、通称“カウボーイ”のスパイク・スピーゲルと彼の仲間の活躍を描く『カウボーイビバップ』。この度の実写化には、人気海外ドラマ『プリズン・ブレイク』のマーティ・アデルスタインや海外ドラマ『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』のベッキー・クレメンツらが製作総指揮を務めるとのことだ。脚本は映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(14)のクリストファー・L・ヨストが執筆する。  アデルスタイン氏は声明を通じて「サンライズと共に人々に愛されてきたこのアニメを実写ドラマシリーズとして、アメリカや国際的な市場にもたらすことに興奮しています」とコメントしている。  放送局や放送時期などの詳細は不明。スパイクを始め、スパイクの相棒ジェットやヒロインのフェイなど、登場人物たちのキャスティングを含む続報に注目したい。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access