東京ドラマアウォード 関連記事

  • 「東京ドラマアウォード2018」にて『アンナチュラル』で主演女優賞を受賞した石原さとみ

    石原さとみ、主演女優賞受賞の『アンナチュラル』は「誇り」

    エンタメ

     女優の石原さとみが25日に都内で開催された『東京ドラマアウォード』授賞式にて、『アンナチュラル』(TBS)の演技が評価され、個人賞・主演女優賞に輝いた。石原は「この作品が、ずっと光のような感じがする。かけがえのないものだなと思いますね」と作品への思いを明かした。@@cutter 作品賞<連続ドラマ部門>・優秀賞、個人賞・脚本賞(野木亜紀子)も獲得した 『アンナチュラル』は、2018年1月期に放送。「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に所属する法医解剖医・三澄ミコト(石原)をはじめ、死因究明のスペシャリストたちが、不自然な死の謎を解く姿を描いた法医学ミステリーだ。石原は「こんなにも、いい意味で頑張らずに、無理をせずに、プレッシャーを感じずに、のびのびと、ドキュメンタリーのようにいられる現場っていうのは初めてだったので、すごく貴重な経験でした」と回想。  授賞式後の囲み取材で、自身にとってどんな作品になったか問われると「誇りな感じはします。自信をもって見て欲しいといえる作品」と言い「(主題歌の)米津(玄師)さんの歌詞に沿うわけじゃないですけど、辛いこともいっぱいあったんですけど、それすらも全部今愛せているし、この作品が、ずっと光のような感じがする。かけがえのないものだなと思いますね」と笑顔で話していた。  一方の野木は「法医学がテーマということがあって、基本はものすごく取材が大変だったんですけども、その中でもエンターテイメントとしてのドラマと、実際の法医学というリアリティを、どれくらいの塩梅で見せていくかということは、かなり苦労しました」と、脚本の執筆を振り返っていた。 【東京ドラマアウォード2018 受賞作品・受賞者一覧】 ■作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ 『おっさんずラブ』テレビ朝日 優秀賞『ひよっこ』NHK 優秀賞『過保護のカホコ』日本テレビ 優秀賞『アンナチュラル』TBS 優秀賞『コンフィデンスマンJP』フジテレビ 優秀賞『石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』WOWOW ■作品賞<単発ドラマ部門> グランプリ『眩(くらら)~北斎の娘~』NHK 優秀賞『あにいもうと』TBS 優秀賞『琥珀』テレビ東京 優秀賞『黒井戸殺し』フジテレビ ■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門> 優秀賞『小さな橋で』スカパー 優秀賞『Miss Sherlock』Hulu ■ローカル・ドラマ賞 『You May Dream』NHK福岡放送局 『マザーズ2017~野宿の妊婦~』中京テレビ ■個人賞 主演男優賞 田中圭『おっさんずラブ』 主演女優賞 石原さとみ『アンナチュラル』 助演男優賞 吉田鋼太郎『おっさんずラブ』 助演女優賞 阿川佐和子『陸王』 脚本賞 野木亜紀子『アンナチュラル』 演出賞 塚原あゆ子『アンナチュラル』 特別賞『アンナチュラル』制作チーム ■主題歌賞 米津玄師『Lemon』(『アンナチュラル』主題歌) ■海外作品特別賞 『お花畑から来た少年』(台湾) 『閉じた心』(ベトナム) 『KADIN(WOMAN)』(トルコ)

  • (左から)田中圭&吉田鋼太郎、「東京ドラマアウォード2018」作品賞<連続ドラマ部門>グランプリ:『おっさんずラブ』

    田中圭、吉田鋼太郎と『おっさんずラブ』で三冠「堂々と頂きます」

    エンタメ

     俳優の田中圭と吉田鋼太郎が、25日に都内で開催された『東京ドラマアウォード』授賞式に出席した。『おっさんずラブ』(テレビ朝日)で作品賞<連続ドラマ部門>グランプリおよび個人賞・主演男優賞に輝いた田中は「『おっさんずラブ』のキャスト・スタッフみんなが僕にくれた賞だと思っているので、堂々と頂きます」と喜びの気持ちを語った。@@cutter 2018年4月期に放送された『おっさんずラブ』は、結婚したいのにモテない独身男・春田創一(田中)が、敏腕上司・黒澤武蔵(吉田)やイケメン社員・牧凌太(林遣都)と織りなす「おっさんたちの純愛」を描いて人気を博した。  田中は壇上で「男性同士の恋愛の話だったりするので、登場してくる、鋼太郎さんが作ってくれる部長や、林遣都が作ってくれる牧、とにかく皆の感情を全部拾う!というつもりでやっていたので、それが楽しかったです」と撮影を述懐。囲み取材では「助演を取る前に、先に主演という形で頂くなんて夢にも思っていなかった」としつつ「『おっさんずラブ』のキャスト・スタッフみんなが僕にくれた賞だと思っているので、堂々と頂きます」と白い歯を見せた。  一方、同作の演技により個人賞・助演男優賞に輝いた吉田は「今回僕はヒロインということで、お話を頂いて(笑)。最初は慣れないヒロインですので、どうなることかと思いましたけど、主演の田中圭くんのことを、途中から本当に愛して、好きになっていけば、この役はできるんだなという風に気づきまして。ひたすら田中圭を愛していました」と笑顔。「ダイジェストを見たら、(今でも)面白いですね」とも話していた。 【東京ドラマアウォード2018 受賞作品・受賞者一覧】 ■作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ 『おっさんずラブ』テレビ朝日 優秀賞『ひよっこ』NHK 優秀賞『過保護のカホコ』日本テレビ 優秀賞『アンナチュラル』TBS 優秀賞『コンフィデンスマンJP』フジテレビ 優秀賞『石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』WOWOW ■作品賞<単発ドラマ部門> グランプリ『眩(くらら)~北斎の娘~』NHK 優秀賞『あにいもうと』TBS 優秀賞『琥珀』テレビ東京 優秀賞『黒井戸殺し』フジテレビ ■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門> 優秀賞『小さな橋で』スカパー 優秀賞『Miss Sherlock』Hulu ■ローカル・ドラマ賞 『You May Dream』NHK福岡放送局 『マザーズ2017~野宿の妊婦~』中京テレビ ■個人賞 主演男優賞 田中圭『おっさんずラブ』 主演女優賞 石原さとみ『アンナチュラル』 助演男優賞 吉田鋼太郎『おっさんずラブ』 助演女優賞 阿川佐和子『陸王』 脚本賞 野木亜紀子『アンナチュラル』 演出賞 塚原あゆ子『アンナチュラル』 特別賞『アンナチュラル』制作チーム ■主題歌賞 米津玄師『Lemon』(『アンナチュラル』主題歌) ■海外作品特別賞 『お花畑から来た少年』(台湾) 『閉じた心』(ベトナム) 『KADIN(WOMAN)』(トルコ)

  • 「東京ドラマアウォード2018」にて作品賞・単発ドラマ部門『眩(くらら)~北斎の娘~』に主演しグランプリを受賞した宮崎あおい

    宮崎あおい、出産後初の公の場で主演ドラマのグランプリ受賞に笑顔

    エンタメ

     女優の宮崎あおいが、25日に都内で開催された『東京ドラマアウォード』授賞式に出席した。主演を務めた『眩(くらら)~北斎の娘~』(NHK)が作品賞<単発ドラマ部門>グランプリに輝いた宮崎は、V6・岡田准一との第一子出産後、初の公の場となった。また、宮崎が大泉洋と共演した『あにいもうと』(TBS)は同部門で優秀賞を獲得した。@@cutter 『眩~北斎の娘~』は、天才画家として知られる葛飾北斎を陰で支え、独自の画風を切り拓いた北斎の娘・お栄/応為に焦点を当てた、朝井まかての小説『眩』を映像化した作品。  司会を務めた石坂浩二から、作品や演技を絶賛された宮崎は「気持ちがすごく伝わってきて、とてもうれしいです。ありがとうございます」と笑顔を見せていた。宮崎は今月16日に、岡田との間に第一子が生まれたことを報告していた。 【東京ドラマアウォード2018 受賞作品・受賞者一覧】 ■作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ 『おっさんずラブ』テレビ朝日 優秀賞『ひよっこ』NHK 優秀賞『過保護のカホコ』日本テレビ 優秀賞『アンナチュラル』TBS 優秀賞『コンフィデンスマンJP』フジテレビ 優秀賞『石つぶて~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~』WOWOW ■作品賞<単発ドラマ部門> グランプリ『眩(くらら)~北斎の娘~』NHK 優秀賞『あにいもうと』TBS 優秀賞『琥珀』テレビ東京 優秀賞『黒井戸殺し』フジテレビ ■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門> 優秀賞『小さな橋で』スカパー 優秀賞『Miss Sherlock』Hulu ■ローカル・ドラマ賞 『You May Dream』NHK福岡放送局 『マザーズ2017~野宿の妊婦~』中京テレビ ■個人賞 主演男優賞 田中圭『おっさんずラブ』 主演女優賞 石原さとみ『アンナチュラル』 助演男優賞 吉田鋼太郎『おっさんずラブ』 助演女優賞 阿川佐和子『陸王』 脚本賞 野木亜紀子『アンナチュラル』 演出賞 塚原あゆ子『アンナチュラル』 特別賞『アンナチュラル』制作チーム ■主題歌賞 米津玄師『Lemon』(『アンナチュラル』主題歌) ■海外作品特別賞 『お花畑から来た少年』(台湾) 『閉じた心』(ベトナム) 『KADIN(WOMAN)』(トルコ)

  • 「東京ドラマアウォード2018」授賞式

    話題のTVドラマキャスト陣続々!「東京ドラマアウォード2018」授賞式<フォト集>

    エンタメ

    “世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード」。話題のTVドラマキャスト陣が登場した授賞式の様子をお届けします!

  • 仲里依紗、「東京ドラマアウォード2017」にて『あなたのことはそれほど』で助演女優賞を受賞

    <ドラマアウォード2017>仲里依紗、『あなそれ』で「知らない引き出し見つけた」

    エンタメ

     仲里依紗と山田孝之が26日、「東京ドラマアウォード2017」の授賞式に登壇。『あなたのことはそれほど』(TBS系)の演技で助演女優賞を受賞した仲は「知らない引き出しをこの役で見つけることができた」と新境地を見出したことを明かし、出演ドラマ『破獄』(テレビ東京系)が作品賞(単発ドラマ部門)のグランプリに選ばれた山田は、津軽弁や極寒の網走での撮影の苦労を吐露した。@@cutter 『あなたのことはそれほど』は、波瑠や東出昌大、仲、鈴木伸之らの4人を中心に人間の弱さや狡さを描き出した恋愛ドラマ。『破獄』は完全無欠の看守・浦田進(ビートたけし)と、脱獄した無期懲役囚・佐久間清太郎(山田)の闘いを活写した人間ドラマ。  仲は、『あなたのことはそれほど』で演じた有島麗華の演技が評価されて、助演女優賞を受賞。「こういう地味な役をやらせてもらうのは初めてのこと」と明かし、「オファーが来た時は『どうしようかな』と不安になった」と告白。それでも「やっていくうちに楽しさを見つけることができた。実生活でも結婚して、子供がいることも重なったので、それをよく反映できた」と語った。  クールな一面をあわせ持つ同役は「(自身の性格が)明るいので根本的に難しかった」と話し、「自分のものを消しゴムでいっぱい消しながら頑張ってみました」と当時の役作りの苦労をうかがわせた。しかし、そんな苦労を通じて「自分でも知らない引き出しをこの役で見つけることができた」と満足気な様子を見せた。  また「家族にも大変喜ばれ、私自身も嬉しい。頑張った甲斐があったな」と受賞の喜びを口にし、さらに「この作品で結婚・出産がいいことなんだと再確認できた」と笑顔を弾けさせた。  『破獄』が作品賞(単発ドラマ部門)のグランプリを獲得した山田は、主役・ビートたけしとの共演は苦労したか問われると、はにかみながら「はい、緊張しました」と即答。役作りにあたって「資料を読んでどういう方だったのか調べた。怪力の持ち主ということだったので体を鍛えた。あとは津軽弁が大変でした」と苦労を明かし、さらに網走での撮影は「マイナス10度とかあった。かなり過酷だった」と振り返った。

  • 新垣結衣&星野源、「東京ドラマアウォード2017」にて『逃げるは恥だが役に立つ』で作品賞<連続ドラマ部門>グランプリを受賞

    <ドラマアウォード2017>新垣結衣&星野源、5冠達成の『逃げ恥』は「幸せな時間」

    エンタメ

     ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で“逃げ恥”ブームを生み出した新垣結衣と星野源が26日、「東京ドラマアウォード2017」の授賞式に出席。新垣が「新しい考え方を教えてもらった」と言えば、星野は「(ドラマに出演しながら)歌も同時に歌わせて頂いて、本当に幸せな時間でした」と回想。作中さながらのツーショットを久々に披露し、笑顔を見せた。@@cutter 同ドラマは、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と、“仕事として”津崎と契約結婚した森山みくり(新垣)が織りなす社会派ラブコメディ。軽妙洒脱なストーリーのみならず、エンディングで新垣や星野らが踊る“逃げ恥ダンス”も人気を博し、社会現象になった。  同作の演技で主演女優賞を勝ち取った新垣は、ピンクのロングワンピースに黒いハイヒールを合わせて登場。演じたみくりに関して「新しい考え方を教えてもらった。心の底で思っていたようなことを言わせてもらうこともあって、共感するところがたくさんあった」と述懐した。  また、MCの石坂浩二が「肩がすごくいい。アップで映っている時に肩が死んでいる人が多い。肩がすごく生きている」と称賛。それを聞いて新垣は「本当ですか? 初めて言われました…」と照れ笑いを浮かべていた。  一方の星野は、同作主題歌『恋』で主題歌賞を受賞。出演時を振り返り「歌も同時に歌わせて頂いて、本当に幸せな時間でした」とニッコリ。ここでも石坂は「手がいい。書類なんか出すのが、すごく上手い。ダンスの時の手つきもいい」と個性的な視点で褒め称え、会場の笑いを誘った。  式後半、同作が作品賞(連続ドラマ部門)のグランプリだと発表されると、二人は再びステージへ登場して久々のツーショットを披露。星野は「現場はとにかく楽しかった」と語り、「藤井隆さんと古田新太さんの出すアドリブが本当にヒドくて。あんまり笑っちゃいけないシーンなのに、本当に面白い。監督もカットをかけない」と告白。そして時おり、横にいた新垣と一緒に笑顔を見せていた。  『逃げるは恥だが役に立つ』は作品賞グランプリや主演女優賞、主題歌賞の他、演出賞(金子文紀氏)、プロデュース賞(那須田淳氏)も獲得し、計5冠を達成した。

  • 「東京ドラマアウォード2017」授賞式

    話題のTVドラマキャスト陣続々!「東京ドラマアウォード2017」授賞式<フォト集>

    エンタメ

    今年で10周年を迎え、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する「東京ドラマアウォード」。話題のTVドラマキャスト陣が登場した授賞式の様子をお届けします!

  • 堺雅人、「東京ドラマアウォード2017」にて『真田丸』で主演男優賞を受賞

    <ドラマアウォード2017>堺雅人、『真田丸』で主演男優賞を受賞も謙遜「助演を1年間積み重ねた」

    エンタメ

     26日に都内で開催された「東京ドラマアウォード2017」授賞式にて、NHK大河ドラマ『真田丸』の演技で堺雅人が主演男優賞、草刈正雄が助演男優賞を獲得。堺は「助演を1年間積み重ねて頂いたような賞。共演者のおかげ」と謙遜し、草刈は「本当に素晴らしい役を頂いた」と喜びを語った。@@cutter 『真田丸』は、2016年1月から同年12月まで放送された時代劇。堺扮する真田信繁(幸村)の激動の生涯を描いた。同作ではまた、信繁の父親・真田昌幸役の草刈は「大博打の始まりじゃ!」「では、おのおの抜かりなく」などのセリフが注目を集め、視聴者に「ハマり役」だと絶賛された。  主演男優賞の堺は「自分でこうしよう、ああしようと思って作ったのではない。父だったり主君だったり兄だったり、その時の真の主役は別の方。主演を頂いたんですけど、助演を1年間積み重ねて頂いたような賞。共演者のおかげ」と謙遜しきり。  本作の舞台は、群雄割拠の戦国時代。主役としてシリアスな表情で演技に臨むことが多かったことについて堺は「自分の意志はほとんどこの役には入っていない。脚本家の三谷さんを含め、乗せられたような、そんな役作りだった」と振り返った。するとMCの石坂浩二が「口の端がね、今まで(の出演作)はカクッて上がってたんですけど、この作品は違う。下がってました」と独特の表現で評価。会場から笑いが漏れる中、堺は一呼吸置いてから「ありがとうございます…!」と感謝の念を述べた。  助演男優賞の草刈は「本当に素晴らしい役を頂いた」とニコリ。役作りは「どちらかと言うと、緻密に計算してやるほうではない。ざっくりつかむ」と明かし、ほほ笑んでいた。  『真田丸』は今回、堺と草刈の個人賞の他、作品賞(連続ドラマ部門)の優秀賞にも選出された。 【東京ドラマアウォード2017 受賞作品・受賞者一覧】 ■作品賞<連続ドラマ部門> グランプリ 『逃げるは恥だが役に立つ』TBSテレビ 優秀賞『真田丸』NHK 優秀賞『家売るオンナ』日本テレビ放送網 優秀賞『カルテット』TBSテレビ 優秀賞『バイプレイヤーズ』テレビ東京 優秀賞『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』関西テレビ放送 ■作品賞<単発ドラマ部門> グランプリ『破獄』テレビ東京 優秀賞『未解決事件file05.ロッキード事件』NHK 優秀賞『銭形警部』日本テレビ放送網 優秀賞『五年目のひとり』テレビ朝日 ■作品賞<衛星・配信系ドラマ部門> 優秀賞『弱虫ペダル』スカパーJSAT 優秀賞『深夜食堂』NETFLIX 特別賞『精霊の守り人II 悲しき破壊神』NHK 特別賞『コールドケース』WOWOW ローカル・ドラマ賞 『朗読屋』NHK山口放送局、『遠く離れた同じ空の下で』琉球朝日放送 ■個人賞 主演男優賞 堺雅人『真田丸』 主演女優賞 新垣結衣『逃げるは恥だが役に立つ』 助演男優賞 草刈正雄『真田丸』 助演女優賞 仲里依紗『あなたのことはそれほど』 脚本賞 倉本聰『やすらぎの郷』 演出賞 金子文紀『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『あなたのことはそれほど』 プロデュース賞 那須田淳『逃げるは恥だが役に立つ』 ■主題歌賞 星野源『恋』(『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌) ■海外作品特別賞 『Nakee』タイ 『Anne(Mother)』トルコ 『ある日の午後』ベトナム

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access