家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~ 関連記事

  • 『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』制作発表会見にて

    滝沢秀明、東山紀之のキューピッド・遠藤憲一に「すげー! 意外」

    エンタメ

     俳優の滝沢秀明が30日、都内で行われた東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』の第1話完成試写会&制作発表会見に、共演の遠藤憲一、片岡鶴太郎、谷村美月、横山めぐみと共に登場した。@@cutter 本作は、30年前に肉親を殺した死刑囚(遠藤)に弁護士として対峙することになった祐介(滝沢)が、事件の真相を探っていく姿を描くミステリー。弁護士役初挑戦の滝沢は「役作りには苦労している」と心境を明かし、「専門用語も多く、色々な言葉がたくさん出て来るので頭の中がグチャグチャ」と苦笑い。撮影1ヵ月を過ぎた現在は「リフレッシュの時間もない。5分でも時間があれば台本を見たいし、寝るまでの瞬間まで読んでいます。そうしないと追い付かない。夢にもセリフの文字が出てきます」と奮闘ぶりを打ち明けた。  15年ぶりとなる遠藤との共演には「改めてご一緒できると聞いて嬉しかった。15年前に会ったときは強面の方なので正直ビビっていたけれど、実際は物凄く優しい方」と再共演を喜び、「思い切り胸を借りてぶつかっていこうと思っている」と気合十分。劇中で遠藤は20代という設定を自ら演じているが、「20代をやる勇気が凄い。実際に若くも見えました。さすが役者」と舌を巻いた。  遠藤といえば、東山紀之と木村佳乃を結婚させた恋のキューピッドとして知られているが、記者からその情報を聞いた滝沢は「すげー! 意外! 今度話を聞いてみたい」と初耳だった様子。自身の結婚願望については「いつかは。男はみんな憧れている。色々な愛の形もあると思う。家族愛は素敵」と憧れつつも、「上が詰まっているので、まだ。兄ちゃんたちがね」と事務所の独身先輩たちを立てていた。  東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』は、2月3日より毎週土曜23時40分放送。

  • 滝沢秀明、新ドラマ『家族の旅路〜家族を殺された男と殺した男〜』で主演&主題歌担当

    滝沢秀明、新ドラマで主演&主題歌担当 泣けるサスペンスで弁護士役に

    エンタメ

     滝沢秀明が、2018年2月スタートの新ドラマ『家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で、主演と主題歌を担当することが発表された。初の弁護士役に「新鮮ですし、チャレンジ」と思いを寄せる滝沢は、「人間ドラマを是非じっくり観ていただきたい」と作品の魅力を語った。@@cutter 本作は、30年前に起きた一家惨殺事件を巡り、さまざまな人物たちが交錯する“骨太の泣けるサスペンス”。一家惨殺事件の犯人とされた死刑囚のもとを、ある女性に再審請求を依頼されたことから訪れた青年弁護士・浅利祐介(滝沢)。しかし、その死刑囚は祐介の両親と祖父をかつて殺害した犯人だった…。  弁護士としての使命感と自身の過去に揺れる弁護士・祐介を演じる滝沢は「弁護士という肩書きはあっても、ひとりの人間としてどう事件に向き合っていくかがとても重要だと感じました」と役柄の印象を語り、「祐介は弁護することによっていろいろと苦悩しながら成長していく人物だと思いますので、僕も一緒になって成長していきたいです」と意気込みを明かす。  またソロで主題歌を担当するにあたり滝沢は「ドラマは作品の力もさることながら、音楽の力というのも大切だと思います」と語る。「物語と音楽のイメージが合致したときに、とても大きな流れを作り出すと思いますし、この作品の放送が終わっても、視聴者の方々がこのドラマの名場面が浮かぶような、そんな主題歌にしていきたいです」と意欲を示す。  さらに「僕らと一緒にドラマの世界観に入っていただき、是非、このドラマの一話、一話で起きる出来事を、一緒になって考えて感じて、苦悩していただけたら嬉しいです」と視聴者へメッセージを届けた。  新ドラマ『家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~』は、東海テレビ・フジテレビ系にて2018年2月3日より毎週土曜23時40分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access