あなたには渡さない 関連記事

  • 『あなたには渡さない』第6話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』、木村佳乃は水野美紀の体調の変化に気づき…

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第6話が今夜放送される。今回は、通子が、夫の愛人・多衣の体調の変化に気づき、妊娠を疑う姿が描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  旬平が突然いなくなってから1年半が経っていた。料亭『花ずみ』本店の調理は矢場(青柳翔)が務め、新たに始めた支店の銀座店は、多衣が女将として仕切っていた。そんな中、多衣の体調の変化にいち早く気付いた通子は、彼女に妊娠しているのではないかと詰問する。  一方、笠井(田中)から、旬平の居場所が分かったという電話を受けた通子は、すぐに多衣のマンションへ行き、そのことを報告。だが多衣は、「迷惑だ」と意外な反応を見せる。さらに後日、笠井の会社に贈賄疑惑がかかっているという雑誌記事が、通子の目に飛び込んで来た。動揺が重なった通子は、気づくと、旬平が現在働いている定食屋の前に来ているのだった。  はたして、多衣の子どもの父親は一体誰なのか、笠井は逮捕されてしまうのか。何もかも捨てて家を出た旬平のいまの姿とは?  そして子どもについては一切口をつぐんでいた多衣が、ついに動き出す。    土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第6話は、テレビ朝日系にて今夜12月15日23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』第5話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』木村佳乃は復讐のため水野美紀を旅行へ誘う

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第5話が今夜放送される。今回は、通子が仕掛ける復讐と、明かされる多衣の真意が見所だ。二人の愛憎バトルから目が離せない展開となっている。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  通子は、復讐を目的に、多衣を薪能を観るための一泊旅行に誘い、二人で会場へ向かう。しかし、途中で席を離れた通子は、芯太郎が離婚したはずの妻といる姿を目撃してしまう。それを見てさらに怒りに震える通子は、先に客室に向かっていた多衣に向かい「脱ぎなさい」と告げる…。この行動に隠された通子の思惑とは? さらに、多衣が通子のために用意した6000万円の出所が初めて明らかになる。  全てを知った通子は、その足で芯太郎のもとを訪れる。通子は、彼にどうしても確かめたいことがあったのだ。そして後日、自分の料亭『花ずみ』の今後について、通子は従業員たちに、驚きの報告をする。その決断を聞いて驚がくの表情を浮かべる旬平は、ある行動に移るのだった…。  正妻と愛人が、ついに真正面からバトルを勃発させる第5話。愛憎地獄の中で繰り広げられる復讐劇は、一体どのような展開を迎えるのだろうか。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第5話は、テレビ朝日系にて今夜12月8日23時15分放送。

  • 衝撃のセリフと怒涛の展開が話題を呼んでいる『あなたには渡さない』場面写真

    木村佳乃『あなたには渡さない』、衝撃セリフ連発の特別動画公開

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)から特別動画が到着。公開された2本の動画には、劇中の衝撃的なセリフの数々や、名シーンが収められている。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  公開された動画は『衝撃セリフ集』と『特別ダイジェスト』の2本。『衝撃セリフ集』は、これまで放送された第1話~第4話を中心に、視聴者の度肝を抜いた癖の強すぎるセリフをピックアップ。旬平の愛人・多衣が第1話で言い放った「ご主人をいただきにまいりました」に始まり、そんな多衣に応戦する通子の「15、6の娘じゃあるまいし、たかが中年の遊びでしょ!?」といったインパクト大のセリフを収録。さらに娘の優美(井本彩花)が母・通子に向かって放つ「アンタの身体が苛立ってるの感じてるんだから!」といった言葉や、通子の“女”の部分に惹かれる老画家・六扇(横内正)の「目だけで抱かせてくれ」、通子が多衣に対して向けた「今夜、この姑息な人を馬鹿にしきった泥棒女をどうやってこらしめてやろうか」といったセリフも収められている。  併せて公開された『特別ダイジェスト』は、本作の山場となる第5話を楽しむために第1話~第4話の内容をダイジェストで振り返ることができる90秒の動画。愛人からの宣戦布告、夫からの裏切り、料亭の女将という新たな門出、そして明らかになったさらなる裏切りなど、第5話で通子が“鬼”に変ぼうするまでの過程がまとめられている。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』は、テレビ朝日系にて毎週土曜23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』第4話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』大量の注文を前に木村佳乃と水野美紀は手を組むが…

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第4話が今夜放送される。今回は、通子と、その夫の愛人・多衣が共同戦線を張るかと思いきや、衝撃の展開を迎える様子が描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  順調に客足を伸ばすものの、まだまだ厳しい状態が続いている通子の料亭『花ずみ』。そんな中、一本の電話が入る。相手は元仲居の八重(荻野目慶子)で、八重はライバル店『勝浪』に来た注文を、こっそり『花ずみ』に譲るというのだ。八重が、『勝浪』の板長・前田(柴俊夫)と道ならぬ関係があったことを知る通子は、それがまだ続いているのかと八重に尋ねる。八重は『勝浪』を辞めて前田とも別れるつもりだと話す。  そして八重が譲った注文を機に、『花ずみ』に1000人分の弁当の注文が舞い込んでくる。人手が足りないから無理だと渋る旬平に対し、通子は多衣にも手伝ってもらうつもりだと告げた。  そうしてやってきた弁当の仕込み当日。多衣がきびきびと厨房の仕事を手伝う中、急にものすごい勢いで扉が開き、ある女がなだれ込んで来る。その女は、服に血をつけながら通子にすがるが…。    土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第4話は、テレビ朝日系にて今夜12月1日23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』第3話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』通子の前に“もう一人の愛人”が登場

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演する土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の第3話が今夜放送される。今回は通子の前に義父の愛人だった女性が出現し、夫の愛人・多衣と通子も巻き込んだバトルを繰り広げる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子をひそかに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  旬平が多衣のマンションに通っていることを知り、自分の中にあった旬平への未練を自覚させられた通子。  そんな中、通子に大角六扇(横内正)から電話が。六扇は、料亭『花ずみ』の仲居・堀口八重(荻野目慶子)と旬平の前の『花ずみ』板長・前田秀治(柴俊夫)がデキているから用心した方がいいと語る。これほど『花ずみ』のために尽くしてくれている八重が? にわかには信じられない通子。だが半月後、六扇の予言を裏付けるように、盛況だった『花ずみ』の客足に陰りが見え始め、八重はライバル店のスパイなのかという疑惑が持ち上がる。  さらに、『花ずみ』に“もう一人の愛人”が出現する。それは旬平の父親で先代板長の愛人だった鶴代(萬田久子)。その後ろから多衣も現れ、通子と旬平は驚きを隠せない。義父の愛人だった鶴代と、夫の愛人の多衣…。最初は別々の場所に座っていた鶴代と多衣だが、やがて2人の愛人は通子を巻き込んだバトルを展開し始める。女将として、そして女として、通子は彼女たちにどう立ち向かっていくのか―。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第3話は、テレビ朝日系にて今夜11月24日23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』で水野美紀&萩原聖人がラブラブペアルック披露

    水野美紀&萩原聖人がラブラブペアルックで木村佳乃と直接対決

    エンタメ

     木村佳乃主演のドラマ『あなたには渡さない』の第2話(テレビ朝日系/11月17日23時45分)が今夜放送。第2話では、愛人・多衣(水野美紀)と、ヒロインの夫・旬平(萩原聖人)がペアルックを披露。木村と水野の女同士のバトルが激化していく様が描かれる@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平、旬平の愛人・多衣、通子の幼なじみで通子を密かに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  「お銚子の九谷焼に似た派手なお布団でした」「彼女の体に溺れた」など、濃厚なセリフの応酬も話題を呼んでいる本作。第1話のラストでは、多衣の元を訪れ、旬平との婚姻届を6000万円で買ってほしいと告げた通子。その大金で倒産寸前だった料亭『花ずみ』の立て直しを図ると逆襲に出たが、そうした愛する男をめぐる女同士の戦いは、やがて商売人同士での腹の探り合いにも発展していく。  今夜放送の第2話のあるシーンでは、多衣と旬平が全く同じ模様のスウェット姿のペアルックで通子の前に出現。自分との離婚はあくまでも料亭を立て直すための方便だと考えていた通子に、多衣は旬平とのラブラブぶりを見せつける。多衣はペアルック姿を見せつけることで、通子への強烈なマウンティングを展開。女同士のさらなるバトルが激化していく。自分をめぐる2人の女と鉢合わせしてしまった旬平の心情にも注目だ。  ドラマ『あなたには渡さない』第2話は、テレビ朝日系にて今夜11月17日23時45分放送。

  • 『あなたには渡さない』第2話場面写真

    今夜『あなたには渡さない』、女将・木村佳乃の奮闘始まる

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演するドラマ『あなたには渡さない』の第2話(テレビ朝日系/11月17日23時45分)が今夜放送。今回は、木村演じる“本妻”と、水野扮する“愛人”の婚姻届を巡る対決と、木村が料亭『花ずみ』の女将としてデビューする姿が描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子を密かに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  金沢の多衣の元を訪れ、旬平との婚姻届を6000万円で買ってほしいと告げた通子。平凡な主婦だった通子が、その6000万円で新しい料亭『花ずみ』を始めると聞いた多衣は、金を用意する明日まで、金沢で待っていてほしいからと、通子に旅館を紹介する。だが旅館の一室に入った通子は、多衣がどうしてこの宿に通子を泊まらせたのかに気付き、怒りに震える。  次の日、再び通子と対面した多衣は「担保はあなた自身。あなたに賭けてみたくなった」と6000万円を振り込むことを確約。さらにもう一つ担保があると言い、旬平の母親から預かっていたというある帯を、通子に手渡す。  新生『花ずみ』に向けて動き出す中、芯太郎が様子を伺いに訪問。軽口を叩きながらも通子を優しく激励する。そんな様子を意味深に見つめる旬平。さらにそこに多衣までが現れ、四角関係の当事者が一堂に会し一触即発の空気に。  そうして、いよいよ通子が女将を務める新『花ずみ』の開店日を迎え…。  『あなたには渡さない』第2話は、テレビ朝日系にて今夜11月17日23時45分放送。

  • 『あなたには渡さない』第1話場面写真

    木村佳乃VS水野美紀、『あなたには渡さない』今夜スタート

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が共演するドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)が今夜スタート。第1話では、木村演じる“本妻”と、水野扮する“愛人”によるバトルのきっかけが描かれる。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説『隠れ菊』を現代版にリメイク。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原聖人)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子を密かに思う芯太郎(田中哲司)の4人が大人の濃厚なラブ・サスペンスを展開する。  有名料亭『花ずみ』の前に1台のタクシーが止まる。そこから出てきたのは、上島通子(木村)。彼女は20年前にこの料亭の板長で一人息子の旬平(萩原)のもとに嫁いだが、経営には一切関わらずに専業主婦として生活してきた。その通子がこの場所を訪れたのは、結婚前にあいさつに来て以来、2度目だった。ある決意を固めた通子は、門の中に入っていく。  その2日前。旬平から「金沢から酒造会社の社長が来るから、今から東京駅に迎えに行ってくれ」と言われた通子は、目印に一本の菊を持って東京駅へ。てっきり男性社長だと思って待っていた通子の前に現れたのは、着物姿の多衣(水野)。多衣は、通子を自身が泊まっているホテルのティーラウンジに誘うと、突然、亡くなった通子の義母との思い出を語りだす。「仕事の息抜きに何度か金沢に来てくださって」と自分の知らない義母の姿を楽しそうに話す多衣に、戸惑う通子。  そんな通子に多衣が勝ち誇った顔で「わたくし、ご主人をいただきにまいりました」と言い放つ…。  ドラマ『あなたには渡さない』第1話は、テレビ朝日系にて11月10日23時15分放送。 

  • テレビ朝日『あなたには渡さない』試写会イベントにて

    水野美紀、妻から夫を奪う愛人役 木村佳乃と“バトル”も「憎めない」

    エンタメ

     女優の木村佳乃と水野美紀が2日、俳優の田中哲司、萩原聖人と共に新ドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の試写会イベントに出席。水野は「木村さんのようなこんなに憎み難い人はいない」と、和気あいあいの撮影の中での役作りの苦労を明かした。@@cutter 本作は連城三紀彦の小説「隠れ菊」を現代版にリメイクしたラブ・サスペンス。夫の愛人から突如離婚届を突きつけられる主人公・通子(木村)、通子の夫・旬平(萩原)、旬平の愛人・多衣(水野)、通子の幼なじみで通子を密かに思う芯太郎(田中)の4人が繰り広げる。  ドロ沼の愛憎劇となるが「現場は軽快で楽しい」と笑顔の木村。子を持つ木村、水野、田中は育児に関しての情報交換を行っており、「本番前に、夕飯何にする? このレシピにこれを加えるとおいしいよとか言っていて、『よーいスタート』で役に入る」「常に子どもの話になるよね」などと、プライベートの話題で盛り上がっていることを明かした。  水野演じる多衣は、妻から夫を奪う愛人として通子と女同士のバトルを繰り広げるキャラクター。木村との“愛憎劇”について聞かれた水野は「本当に天真らんまんで憎めない。そこが演じる上で苦労していますね」と木村の性格が演技に影響していることを告白し、苦笑した。  一方、木村は「女性同士のドロドロした戦いを美紀さんとやらせていただくのは楽しみだった」と微笑み、「1話のホテルのシーンは、美紀さんが鬼のような表情になるのが印象的で。テストを何回もやったのですが全部少しずつ表情を変えられていて、凝視してしまった。勉強になった」と振り返った。  作品タイトルにかけ「誰にも奪われたくないもの」という質問が飛ぶと、木村は3歳の時に祖母からもらったウサギのぬいぐるみと回答。「前に娘がぬいぐるみを見つけてきて、『これ、ちょうだい』と言われたのですが本気で『ダメ!』って。大人気もなく…。今は娘の手が届かない高いところに飾っています」と明かしていた。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』は、テレビ朝日系にて11月10日より毎週土曜23時15分放送。

  • 『あなたには渡さない』収録現場で15歳の誕生日を迎えた井本彩花(中央)と、祝福する木村佳乃(右)と山本直寛(左)

    国民的美少女・井本彩花、15歳の誕生日に木村佳乃から本気ビンタ

    エンタメ

     2017年に開催された「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝き、現在女優として活動中の井本彩花が、15歳の誕生日を迎えた23日に、現在撮影中のドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/11月10日より毎週土曜23時15分)で共演する木村佳乃から本気ビンタを浴びる一幕があった。@@cutter 同作は、連城三紀彦の小説『隠れ菊』を基にするラブ・サスペンス。夫・旬平(萩原聖人)の愛人・矢萩多衣(水野美紀)から、「ご主人をいただきにまいりました」と宣戦布告された主人公・上島通子(木村)が、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらう形で費用を捻出し、自らが女将となって料亭を立て直していく様を描く。連ドラデビュー作となる本作で井本は、旬平と通子の娘で、高校生の優美役を演じる。  旬平と別れた通子と優美が2人で暮らし始めるアパートに、上島家の長男で一人暮らし中の一希(山本直寛)が訪れるシーンが撮影されたこの日。リハーサルのために木村、井本、山本がアパートの部屋に入ったところで、スタッフから「本日、10月23日は井本彩花さんの15歳の誕生日で~す!」との言葉が。驚きの表情を浮かべる井本のところへ、木村が大きな花束を満面の笑みで手渡し。感動で目をうるませる井本は「素敵な方々と一緒に15歳のスタートが迎えられたので、本当にうれしいです。これからもよろしくお願いします!」と挨拶した。  和やかなムードの撮影現場だったが、この後には通子と優美による親子ゲンカのシーンの撮影が。監督から「本当に叩いてほしい」と言われた木村は、井本に「ごめんね。でも、自分も若い頃に同じ状況だったら本当に手を上げてもらった方がお芝居をしやすいと思うだろうから。本気でいくね」と話すと、頬を叩かれるのは人生初だという井本は「いいえ。ありがとうございます!」と返答。木村や監督から「ここでのお芝居が誕生日プレゼント」と言われた井本は「はい! 頑張ります!」と応え、あらためて気合の表情を浮かべ撮影に挑んでいた。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』は、テレビ朝日系にて11月10日より毎週土曜23時15分放送。

  • 土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』に出演する井本彩花

    国民的美少女・井本彩花、『あなたには渡さない』で連ドラデビュー

    エンタメ

     2017年に開催された「全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリを受賞した14歳の井本彩花が、11月スタートのドラマ『あなたには渡さない』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)で、木村佳乃と萩原聖人の娘役として連続ドラマデビューすることが決定した。@@cutter 同作は、連城三紀彦の小説『隠れ菊』を基にするラブ・サスペンス。夫・旬平(萩原)の愛人・矢萩多衣(水野美紀)から、「ご主人をいただきにまいりました」と宣戦布告された主人公・上島通子(木村)が、多衣に旬平との婚姻届を6000万円で買い取ってもらう形で費用を捻出し、自らが女将となって料亭を立て直していく様を描く。井本は、旬平と通子の娘で、高校生の優美役を演じる。  井本は、連ドラ初出演について「最初に聞いた時は本当にビックリしました。自分にできるのかとても心配でしたが、台本や原作を読み込んで役を理解していくうちに、少しだけ自信がつきました」と語る。大人の愛憎劇を描く本作については「私がこの大人の作品に入っていいのかなって(笑)思いました。大人の男女の激しいバトルを描いたドロドロ劇の中で、私の演じる高校生・優美役をどう演じていこうか、すごく考えています」と意欲を見せる。  共演の木村については、「すごく明るくて気さくで、優しい方でした。撮影の合間にたくさん話し掛けてくださったおかげで緊張もほぐれました。木村佳乃さんに『失敗を恐れずに何でもやっていいよ』という言葉をいただけてうれしかったです」と語る。また、自身が演じる優美については、「優美は少し暗い性格の女の子ですが、お母さんの通子はすごく芯が強くて明るい女性なので、そのDNAを受け継いだ娘として、暗いだけではない、通子のような明るさも併せ持つ女の子であるように表現しないといけないなと思っています」と分析。  さらに「見て下さる方々に、感動をお届けできるような女優さんになりたいです。そして、いつか魅力的でキレイな女性になれたらいいなと思っています」とアピールした。  土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』は、テレビ朝日系にて11月10日より毎週土曜23時15分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access