第42回日本アカデミー賞 関連記事

  • (左から)篠原涼子、深田恭子、安藤サクラ、松岡茉優

    深田恭子、安藤サクラ、平手友梨奈ら豪華女優の華やか衣装を振り返り<第42回日本アカデミー賞>

    映画

     1日に行われた「第42回日本アカデミー賞授賞式」。深田恭子、安藤サクラ、欅坂46・平手友梨奈ら豪華女優陣が華やかな衣装で登場し、会場およびファンを魅了した。@@cutter 映画『空飛ぶタイヤ』で優秀助演女優賞を受賞した深田は、真っ白なドレスで登場。胸元が大きく開いたカッティングがセクシーな1着で大人の色気を見せつけた。  2度目の最優秀主演女優賞を見事に射止めたのは、『万引き家族』の安藤。黒のシックなドレスで登場した彼女は、シンプルながらも個性を放つ印象的な1着で、涙ながらにスピーチを披露した。  一方、『響-HIBIKI-』にて新人俳優賞を手にした欅坂46の平手は中性的な顔立ちの彼女の雰囲気が一層引き立つグレーのブレザーを着用。アシンメトリーなプリーツスカートでアレンジされた制服を着こなした。  同じく新人俳優賞受賞の芳根京子はブラックドレスで。シンプルでシックな1着だ。暗い色が目立ちがちのブラックドレスを、持ち前の華やかさでキュートに魅せていた。  上白石萌歌は上品なレースがふんだんに使われた、こちらもシンプルなドレスを着用。少しクリームがかった優しい色合いが、彼女のキュートで魅力的な表情を引き出している。  篠原涼子は黒い長袖のドレスを着用していたがシンプルながらも、大人の魅力を醸し出すあたりはさすが。メリハリのある体型で大人の女性の着こなしを見せつけた。  『勝手にふるえてろ』で主演女優賞、『万引き家族』で助演女優賞を受賞した松岡茉優はオフショルダーの衣装で登場。パイピング柄が特徴の爽やかな1着をブラックヒールで締めることでメリハリのある印象を持たせている。  各自の個性が光る一幕を見せた「第42回日本アカデミー賞授賞式」。結果発表とともに、女優陣の華やかな衣装がSNSでは大きな話題となっていた。

  • 第42回日本アカデミー賞授賞式

    「第42回日本アカデミー賞」授賞式フォト特集

    映画

    日本映画に携わる映画人たちの祭典「第42回日本アカデミー賞」授賞式が3月1日(金)に開催となった。2018年に公開された作品の中で頂点に立った作品・俳優は? 豪華スターが集結した授賞式の模様をお届けします。

  • 『万引き家族』が最優秀作品賞を受賞

    <第42回日本アカデミー賞>『万引き家族』が最優秀作品賞受賞で8冠! 是枝監督作品が連覇

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ『万引き家族』が最優秀作品賞はじめ、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演女優賞、最優秀音楽賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞の8冠に輝いた。是枝監督作品は『海街diary』(第39回)、『三度目の殺人』(第41回)に続き、3度目の最優秀賞となった。@@cutter 最優秀賞を受賞した安藤サクラ、故・樹木希林さんの代理・内田也哉子をはじめ、松岡茉優、リリー・フランキーらスタッフ&キャストたちが笑顔や涙を見せる中、松崎薫プロデューサーは「ちょうど1年前のこのぐらいの時期に撮影が終わったのを覚えています。それから1年で多くの方々に観ていただき、カンヌでパルムドール、アメリカのアカデミー賞、そして最後、日本アカデミー賞で最優秀作品賞をいただけたこと感謝します」と挨拶。  続けてリリーは「こんなに華やかな場所や海外に連れて行ってくれた作品」としみじみ語ると「つらいお別れもありましたが、この映画の魔法にかけられて、楽しい時間を過ごすことができました」と感謝を述べる。また、安藤は「素敵な時間をありがとうございます」と目を潤ませると「撮影からたった1年しかたっていないとは思えないような1年でした。(子役の城)桧吏、(佐々木)みゆ、やったね! ありがとう」と喜びを爆発させる。  一方、こういう場で機転の利く発言が多い松岡だったが「なにも浮かびません…」と感極まって涙を浮かべる。そんな『万引き家族』を一緒に作り上げた仲間たちの姿に是枝監督は「長い旅を作品と一緒に続けてきましたが、いいラストを迎えることができました」と感慨深い表情を浮かべていた。 <日本アカデミー賞優秀作品賞一覧(★は最優秀賞受賞作品)> ★『万引き家族』 『カメラを止めるな!』 『北の桜守』 『孤狼の血』 『空飛ぶタイヤ』

  • 最優秀アニメーション作品賞を受賞した『未来のミライ』、登壇した上白石萌歌

    <第42回日本アカデミー賞>『未来のミライ』が最優秀アニメーション作品賞に

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、細田守監督の『未来のミライ』が最優秀アニメーション作品賞を受賞。同監督作品は、 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』に続き、5作品連続で最優秀賞を受賞した。@@cutter 本作は、4歳の甘えん坊の男の子“くんちゃん”が、未来からやってきたセーラー服姿の女の子“ミライちゃん”と共に時空を超えて家族のルーツに出会う物語。この日は、細田監督が欠席のため、スタジオ地図の斎藤優一郎プロデューサーが登壇したが「細田監督が実際の子どもたちをモデルに発想した作品です」と語ると「僕らの何気ない日常の中にこそ、輝きや喜び、奇跡があるということをたくさんの方々と共有できたことがうれしいです」と笑顔を見せた。  くんちゃんの声を務めた上白石萌歌は「すごくびっくりしています」と感極まった表情を浮かべると「細田監督が子どものように作品を育ててきた過程を実感していたので、私の中でも大切な作品です。初めての声優体験が4歳の男の子。大きな壁がたくさんあったのですが、自分のすべてを吹き込んだ作品です」としみじみ語っていた。  中学生のミライちゃんの声に命を吹き込んだ黒木華は「細田監督と仕事をすると、いつもいろいろな世界に連れて行っていただけます。この映画を通じても、自分の未来にも思いを馳せることができました」と作品に感謝。じいじ役の役所広司も「僕は細田監督のファン。完成した作品を観てたくさん感動しました」と作品の出来に太鼓判を押していた。 <日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞一覧(★は最優秀賞受賞作品)> ★『未来のミライ』 『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』 『ペンギン・ハイウェイ』 『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』 『若おかみは小学生!』

  • 最優秀監督賞を受賞した是枝裕和

    <第42回日本アカデミー賞>最優秀監督賞&脚本賞は『万引き家族』是枝裕和監督 自ら発表

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、最優秀脚本賞および最優秀監督賞を『万引き家族』の是枝裕和監督が受賞。共に2年連続となり、自身が発表し、受賞するという結果になった。@@cutter 脚本賞を受賞した是枝監督は「いまの僕の映画のスタイルは、脚本が完成してから撮影にはいるんじゃないんですよね」とつぶやくと「現場で役者さんと一緒に作っていく。それがとても楽しんです」と笑顔を見せる。特に本作は、故・樹木希林さんにはプロットの段階から、内容を読んでもらったという。  是枝監督は樹木さんから「あなたが肉体を撮ろうとしているのがわかったので、入れ歯を外して、髪を伸ばして参加するわ」と言われたことを明かすと「それだけではなく、僕が書いていないセリフを現場で口にされたりしたのを、脚本に入れることがあった。その意味では、今回僕の名前での受賞ですが、希林さんと一緒にもらった賞だと思います」と感謝を述べた。  続けて最優秀監督賞を受賞した是枝監督は、小学校で講演したというと、子どもたちから「映画監督って何をする仕事ですか?」と問われ、照明や撮影、美術など技術を持っている人と比べると、監督という仕事は曖昧で、説明することの難しさを感じたという。だからこそ「スタッフやキャストが評価されて初めて、ここに立てる存在。いい監督とはどんなものだろうと自分に問いかけることが続いていくと思う」と述べた。  また日本映画界への提言を求められた是枝監督は「うーん」と悩みつつも、スタッフ部門に衣装賞がないことを挙げると「ぜひ作っていただけたら」と控えめに語っていた。 <日本アカデミー賞優秀監督賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★是枝裕和『万引き家族』 上田慎一郎『カメラを止めるな!』 白石和彌『孤狼の血』 滝田洋二郎『北の桜守』 本木克英『空飛ぶタイヤ』 <日本アカデミー賞優秀脚本賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★是枝裕和『万引き家族』 池上純哉『孤狼の血』 上田慎一郎『カメラを止めるな!』 那須真知子『北の桜守』 林民夫『空飛ぶタイヤ』

  • 最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ

    <第42回日本アカデミー賞>安藤サクラ、最優秀主演女優賞受賞で涙 子育てとの葛藤明かす

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、『万引き家族』の安藤サクラが、『百円の恋』(第39回)に続く、2度目の最優秀主演女優賞に輝いた。安藤は、子育てと映画という共に全てをかけて臨む“大切なもの”にどう向き合うか「自分の中で必ず決着をつけます」と力強く語っていた。@@cutter 『万引き家族』は、これまで家族を描き続けてきた是枝裕和監督が“家族を超えた絆”を描いた衝撃の感動作。安藤は高級マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋で、デコボコ家族の妻・信代を演じたが「出産して半年、子どもを抱えながら映画の現場に来ている罪悪感を持っていました」と胸の内を明かす。また、撮影当時は気づいていなかったというが、こうした安藤の母性と向き合おうとすることによって生じる葛藤を「是枝監督が拾ってくださった」と感謝を述べる。  最優秀賞受賞を聞いた瞬間、目に涙を浮かべた安藤は「この会場にいながら、これからどうやって子育てをしながら作品に携わっていけばいいのかわからないんです」と悩ましい表情を浮かべる。続けて「『万引き家族』の撮影で感じたのは、子育ても24時間、映画の現場も24時間、全力で臨まなければいけない。私の目標は妻として母として、健やかな日常を送ること。でも一方で、父(奥田瑛二)の影響で、小さい頃から映画の現場を観させてもらい、活力をもらえる場所。どうやって両立させたらいいのか…」と葛藤の日々だという。  それでも、こうして日本映画界の素晴らしい先輩たちが一堂に会した現場にいたことで「これまで関わった先輩方と過ごした時間を、これから私が生きていく人生に活かしていけたらと強く思いました。こうやって素晴らしい賞をいただけたので、必ず自分の中で決着をつけて、また映画の世界に戻ってきたい」と力強く語っていた。 <日本アカデミー賞優秀主演女優賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★安藤サクラ『万引き家族』 黒木華『日日是好日』 篠原涼子『人魚の眠る家』 松岡茉優『勝手にふるえてろ』 吉永小百合『北の桜守』

  • 最優秀主演男優賞を受賞した役所広司

    <第42回日本アカデミー賞>役所広司、3度目の最優秀主演男優賞を受賞「びっくり」

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、『孤狼の血』の役所広司が最優秀主演男優賞を受賞。役所にとっては『Shall we ダンス?』(第20回)、『うなぎ』(第21回)以来、3度目の最優秀主演男優賞となるが「素晴らしい賞をいただいてびっくりしました」と喜びの声を口にした。@@cutter 『孤狼の血』は、過去数々の衝撃作を世に送り出してきた東映が、俊英・白石和彌監督と共に、過度のコンプライアンスを重視する映像業界と現代社会に挑戦状を叩きつけた衝撃作。役所は「警察じゃけ、何をしてもええんじゃ」と手段を選ばない行動でやくざと対等に張り合う刑事・大上章吾を演じた。圧倒的な演技を見せたものの、役所は受賞の瞬間「本当に意外でした」とつぶやく。  優秀主演男優賞は今回で20回目となり、最優秀賞は3度目となる。それでも「僕は2年連続でいただいて以来、ずっともらっていなかった。最優秀賞というのは難しいんだなと感じていました」と明かすと「今日は素晴らしい賞をいただけてびっくりしました」と胸の内を明かす。  さらに役所は撮影地となった広島県・呉市に思いを馳せると「街の人が本当に協力してくださいました。そんな中、西日本では大きな災害があり、復興にも時間がかかっています。今日は『孤狼の血』がたくさん賞をいただいたので、少しは元気を出してもらえたら」と語っていた。  また、反目しながらも強い信頼関係で結ばれた部下・日岡を演じた松坂桃李について役所は「本当に素晴らしい俳優さん。今回僕が主演でしたが、助演と主演を変えてもいいぐらい」と称賛を送ると、松坂も「この役は同世代には渡したくないと思うぐらい、役所さんと過ごさせてもらった時間は宝物のようなひと時でした」と感謝を述べていた。 <日本アカデミー賞優秀主演男優賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★役所広司『孤狼の血』 岡田准一『散り椿』 舘ひろし『終わった人』 濱津隆之『カメラを止めるな!』 リリー・フランキー『万引き家族』

  • 最優秀助演女優賞を受賞した樹木希林さん(代理:内田也哉子)

    <第42回日本アカデミー賞>樹木希林さん、『万引き家族』で最優秀助演女優賞を受賞

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、『万引き家族』の樹木希林さんが最優秀助演女優賞を受賞。最優秀助演女優賞の受賞は『悪人』(第34回)以来2度目。代理で出席した実娘の内田也哉子が、感謝の気持ちを述べた。@@cutter 『万引き家族』は、これまで家族を描き続けてきた是枝裕和監督が“家族を超えた絆”を描いた衝撃の感動作。樹木さんは、入れ歯を外し、白髪を伸ばした年金受給者の初枝を演じた。  2018年9月15日、75歳で逝去された樹木さん。内田は「生前母が『時が来たら誇りを持って脇にどけ』と口にしていましたが、文字通り今日それができると思います」と語ると、2012年に樹木さんが『わが母の記』で最優秀主演女優賞を受賞した際、全身がんであることを発表したことに触れる。  「なんでこんな晴れの場で…と思いましたが『いろいろな方に迷惑がかかるでしょ』と話しているのを聞いて、なんて母はまっとうな心を持ったアナーキストなんだ」と懐かしそうに語ると「残された時間がわずかなとき、母は自分の周りの人に謝っておきたいと話したんです。58年間の役者人生において、映画作りという真剣の場で、彼女の言動で人を傷つけたこともあったと思います。この場でお詫びを申し上げます。そして1つ1つの稀(まれ)な出会いに心より感謝申し上げます」と締めくくった。  司会を務める西田敏行は、樹木さんと共に司会をしたことを懐かしむと「あなたを真似したいのですが、あなたの真似はできません。唯一無二の存在です。本当に素晴らしい先輩でした」と追悼の意を述べていた。 <日本アカデミー賞優秀助演女優賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★樹木希林『万引き家族』 樹木希林『日日是好日』 篠原涼子『北の桜守』 深田恭子『空飛ぶタイヤ』 真木よう子『孤狼の血』 松岡茉優『万引き家族』

  • 新人俳優賞を受賞した中川大志

    <第42回日本アカデミー賞>新人俳優賞・中川大志「オーディションに呼んでください」

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、新人俳優賞を受賞した中川大志をはじめ、伊藤健太郎、成田凌、吉沢亮ら若手俳優が登壇。中川は「ご一緒したい人がたくさんいます。監督、プロデューサーのみなさん、オーディションに呼んでください」とアピールしていた。@@cutter 次世代の日本映画界を背負って立つ、若手有望株が顔をそろえた新人俳優賞。『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』で受賞した中川は「自分にとって憧れの場所」と目を輝かせると「これからも映画の世界にいたい。この会場にはご一緒したい人がたくさんいます」と笑顔ながらに語った。  『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』で受賞した成田は「映画の現場に行くたびに未熟さを痛いほど感じました」と苦笑いを浮かべると「この賞をいただけてとてもありがたいと思うとともに、ホッとしました。またこの場に帰ってきたい。そのときは自信を持って立ちたいです」と今後の活躍を誓っていた。  『コーヒーが冷めないうちに』で受賞の伊藤は、映画を初めて試写室で観たときに塚原あゆ子監督から「観ている人を幸せにできる俳優になれる」という手紙をもらったことを明かすと「この言葉を心にとどめていい映画を作っていきたい」と誓っていた。  『リバーズ・エッジ』で受賞した吉沢は「この映画でベルリン国際映画祭をはじめ、いろいろな映画祭に呼んでいただけました」と笑顔を見せると「映画を愛する人の前でお話させていただき、熱を感じる瞬間が多かった。映画ってエネルギーがあるんだなと感じる年でした。これからも映画の現場に携わっていきたいです」としみじみ語っていた。 <日本アカデミー賞新人俳優賞一覧> 上白石萌歌『羊と鋼の森』 趣里『生きてるだけで、愛。』 平手友梨奈『響-HIBIKI-』 芳根京子『累 -かさね-』『散り椿』 伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』 中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』 成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』 吉沢亮『リバーズ・エッジ』

  • 新人俳優賞を受賞した平手友梨奈

    <第42回日本アカデミー賞>新人俳優賞・平手友梨奈「すごくいい経験ができた」

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、新人俳優賞を受賞した平手友梨奈をはじめ、上白石萌歌、趣里、芳根京子ら若手女優が登壇。平手は初めての映画出演での受賞に「すごくいい体験をさせていただいたと思います」とはにかんだ笑顔を見せた。@@cutter 次世代の日本映画界を背負って立つ、若手有望株が顔をそろえた新人俳優賞。映画『響-HIBIKI-』で受賞した平手は「芝居に対して自分に嘘をついているんじゃないかと疑問があったのですが、そんなことなく自然体でやれました」とはにかむと「初めての映画の現場、皆さんに出会えてよかった。すごくいい体験をさせていただきました」と晴れやかな表情を見せた。  『羊と鋼の森』で受賞した上白石は「お芝居を始めて8年、まだまだ思い悩んだり、苦しんだりすることが多いですが、間違いなく演じることに助けられている自分がいます」と女優業が自身にとって大きな存在であることを明かすと「これからもより一層、責任と覚悟を持って、誰かの明日の活力になりたい」と力強く宣言した。  『累 -かさね-』『散り椿』で受賞した芳根は「どちらの作品も逃げたくなるような高い壁でした。でもあのとき正面から向き合ったからこそ、ここに立てました」と満面の笑みを浮かべると「これからもいろいろな人生に挑戦していきたいと思います」とさわやかな表情で語った。  また『生きてるだけで、愛。』で受賞した趣里は、作品で共演したプレゼンターの菅田将暉に「菅田さんから盾を受け取れてうれしい」と破顔すると「私は生きてきて映画というエンターテインメントに何度も救われてきました。これからも支えてくれる人々に感謝するとともに、誰かの心に寄り添えるような女優になりたいです」と強い視線で語っていた。 <日本アカデミー賞新人俳優賞一覧> 上白石萌歌『羊と鋼の森』 趣里『生きてるだけで、愛。』 平手友梨奈『響-HIBIKI-』 芳根京子『累 -かさね-』『散り椿』 伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』 中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』 成田凌『スマホを落としただけなのに』『ビブリア古書堂の事件手帖』 吉沢亮『リバーズ・エッジ』

  • 最優秀助演男優賞を受賞した松坂桃李

    <第42回日本アカデミー賞>松坂桃李、最優秀助演男優賞受賞「財産のような作品」

    映画

     第42回日本アカデミー賞授賞式が1日、都内で行われ、『孤狼の血』の松坂桃李が最優秀助演男優賞を受賞した。松坂は「僕にとって財産のような作品」と感激を口にした。@@cutter 『孤狼の血』は、過去数々の衝撃作を世に送り出してきた東映が、俊英・白石和彌監督と共に、過度のコンプライアンスを重視する映像業界と現代社会に挑戦状を叩きつけた衝撃作。松坂は犯人を捕まえるためなら手段を択ばない狂犬のような刑事・大上章吾(役所広司)とコンビを組むエリート刑事・日岡秀一を演じた。  松坂は受賞の瞬間、驚いた表情を見せると「すごくうれしい」とつぶやく。さらに実感を込めて「本当にすごくうれしいです」と語ると、20代半ば、マネージャーと“違う色の作品に挑戦したい”と話していたとき、白石監督の『凶悪』という作品を観て、白石作品への出演を熱望したという。  そんな中、「『彼女がその名を知らない鳥たち』で、これまで演じたことがないようなゲスな役をいただきました。僕でいいのですか? と聞いたら、白石監督が『お願いします』と言っていただけて……とても刺激になりました」と白石監督との出会いが転機となったことを明かすと「また短いスパンで『孤狼の血』に呼んでくださって、さらに役所さんとご一緒できた。本当に財産のような作品です」と感無量な表情を浮かべていた。  白石監督は「僕の想像を超える芝居をしてくれる。頼もしい」と松坂を評すると、松坂は「現場で白石さんが喜ぶと、もうちょっとやってもいいのかなと思う。笑い声があると安心するんです」と懐かしそうに語っていた。 <第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞一覧(★は最優秀賞受賞者)> ★松坂桃李『孤狼の血』 岸部一徳『北の桜守』 ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』 西島秀俊『散り椿』 二宮和也『検察側の罪人』

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access