麒麟がくる 関連記事

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見にて

    木村文乃が光秀の正室役 二度目共演の長谷川博己「今回はすごく円満」と笑顔

    エンタメ

     2020年放送のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の新出演者発表会見が17日に都内で開催され、主演を務める俳優の長谷川博己をはじめ、新キャストの木村文乃や吉田鋼太郎らが出席。長谷川は「素晴らしいキャストの方々に集まっていただきまして」と感謝したほか「期待していただいて構いません」と胸を張った。@@cutter 大河ドラマとして初めて明智光秀を主人公とする『麒麟がくる』は、池端俊策による脚本を基に、明智光秀(長谷川)が歩む人生をフル4K撮影で描く。会見では、光秀の正室・煕子を木村文乃が、守護代・斎藤道三の側室・深芳野を南果歩が、斎藤道三有力家臣の一人・稲葉良通を村田雄浩が、明智家に仕える家臣・藤田伝吾を徳重聡が演じることが発表。  また、畿内を中心に勢力を広める武将・松永久秀は吉田鋼太郎、光秀の盟友・細川藤孝は眞島秀和、室町幕府末期の幕臣・三淵藤英は谷原章介、東海最強の武将・今川義元は片岡愛之助、のちの秀吉である藤吉郎は佐々木蔵之介、織田信秀の継室・土田御前は檀れい、足利義昭は滝藤賢一が務めることが明らかになった。そして、語りを市川海老蔵が担当することも明かされた。  長谷川とはドラマ『雲の階段』以来、二度目の共演となる木村は「一度目の時も今回も、決してハッピーエンドというわけではない」としたうえで「(長谷川さんは)大変ご多忙なご様子なので、役者としても役としても、そばにいて支えることができたら」とコメント。長谷川は「ドラマの時にも夫婦になりましたよね。確かね。離婚しましたけどね(笑)。役の中では。今回はすごく円満な関係なのでうれしいです」と白い歯を見せた。  一方の吉田は長谷川について「私生活を知り抜いている」と言い「非常に冷静。声を荒げない。それから感情に振り回されない。反面、飲んでギターが弾けないくせにギターをかき鳴らしながら歌いまくる」と意外な一面を暴露。滝藤や谷原からも期待溢れる言葉を受けた長谷川は「なんとなく明智の気持ちがわかった気がします。色々な重圧も多かった方だと思いますし」と言い「期待していただいて構いません。すごいものを見せられると、自信を持って言います。見せます!」と宣言していた。  大河ドラマ『麒麟がくる』は2020年にNHKにて放送開始。

  • 長谷川博己、大河ドラマ『麒麟がくる』クランクイン取材会に登場

    長谷川博己「俳優人生のすべてが出る」 大河『麒麟がくる』クランクイン

    エンタメ

     俳優の長谷川博己が4日、都内で開催された2020年大河ドラマ『麒麟がくる』クランクイン取材会に出席。明智光秀役で主演を務める長谷川は前日クランクインを迎え、「僕の俳優人生のすべてが出るんじゃないかと思う」と決意を新たにした。@@cutter 第59作目の大河ドラマとなる『麒麟がくる』は、応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。稲葉山城のセットの前で行われた取材会には、共演者の門脇麦、西村まさ彦、沢尻エリカ、堺正章、本木雅弘、制作統括の落合将氏が登壇した。  今回、衣装が初お披露目されたが、長谷川は「素敵な衣装にすごいセット。やはり大河ドラマのスケール感は違う。僕自身も心が躍動していて、僕の俳優人生のすべてが出るんじゃないかと。日々引き締めてやっていかないといけないなと思いました」と力強い表情でコメント。    初日は、本木と西村との3人のシーンだったそうで「客観的な立場で見ながらやらせていただいて。いい緊張感があり、自然と役に入れました」と振り返り、「すごく新鮮でした」と新たな感覚を感じたという。  同じく前日クランクインを迎えた沢尻は、「ついに始まったかという感じで、感情が高ぶって気が引き締まる思いです。皆さんの熱がすごくて、現場がすごく楽しい」と満面の笑み。一方、まだクランクインしていない門脇は「撮影が始まるが本当に楽しみで、すごくワクワクしています」と興奮気味に明かした。  今回、初めて4Kで戦国大河が撮影されるが、沢尻は「映像がすごくきれいで。衣装も映えていました」とその技術に感動したという。本木も「衣装の素材感も映るみたいで。完成した作品を見るのが楽しみですね」と期待していた。  大河ドラマ『麒麟がくる』はNHK総合ほかにて2020年1月より放送。

  • 大河ドラマ『麒麟がくる』で明智光秀の菩提寺を訪れた、長谷川博己

    長谷川博己、明智光秀の菩提寺を訪問 大河主演に「必ずいいものにします」

    エンタメ

     俳優の長谷川博己が20日、自身が明智光秀役で主演を務める2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の撮影開始を前に、光秀の菩提寺である滋賀県・西教寺を訪れ取材に応じた。長谷川は、光秀の墓前でドラマの成功を誓ったことなどを明かした。@@cutter 『麒麟がくる』は、第59作目の大河ドラマ。応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。今回、光秀の菩提寺となっている西教寺を訪れた長谷川は、明智一族の墓や、光秀の妻・熙子のお墓参りをし、光秀直筆の書状なども見学した。  見学を終えた長谷川は「今日拝見した明智光秀の書状から、光秀の字から繊細さがすごく伝わってきました。明智光秀については、まだハッキリとした正体はつかめないところがありますが、今日ここに来て、書状などを見せていただき、何か少し近づけたなという気がしました」と光秀の書状から感銘を受けたという。  さらに、お墓参りの際には「『私が明智光秀をやらせていただきます、よろしいでしょうか』とお伝えしまして、きっと許してくださるのではないかなと思います。『必ずいいものにします』と念を込めました」と、ドラマの成功を誓ったことを明かした。  また、これからの撮影について尋ねられると「明智光秀を演じることがとても楽しみで、今からすごく興奮しているのですが、できるだけ平常心で、あまりまだ作り込まず、自分を空の状態にして、お墓参りなどしていろんなことを経験して、少しずつその容器を埋めていければといいなと思っています」と、意気込みを語った。  大河ドラマ『麒麟がくる』は、2020年1月よりNHK総合ほかにて放送。

  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会見に登場した沢尻エリカ

    沢尻エリカ、声を詰まらせ感無量 初の大河はすべてを捧げる「集大成」

    エンタメ

     女優の沢尻エリカが8日、NHK放送センターにて行われた2020年大河ドラマ『麒麟がくる』出演者発表会に出席し、戦国時代の武将・斎藤道三の娘で、のちに織田信長の正室となる帰蝶(濃姫)として出演することが発表された。芸能生活20年にして初の大河に沢尻は「沢尻エリカの集大成だと思っています」と感極まりながら語っていた。@@cutter 沢尻のほか、斉藤道三役の本木雅弘、織田信長役の染谷将太、門脇麦(駒役)、ナインティナインの岡村隆史(菊丸役)、高橋克典(織田信秀役)、西村まさ彦(明智光安役)、上杉祥三(平手政秀役)、尾美としのり(土岐頼芸役)、石川さゆり(明智牧役)、堺正章(望月東庵役)も出席した。  それぞれが、大河ドラマの重みをかみしめるようにやや緊張した表情を浮かべるなか、沢尻は、感極まって言葉を詰まらせながらも「12歳で芸能界に入り20年。右も左も分からず、ただがむしゃらに生きてきました。この世界でたくさん失敗して、挫折しながらを学んできたすべてのものを、この作品に捧げたいと思います。沢尻エリカの集大成です」と力強く宣言。続けて、登壇者を見渡すと「こんなに素晴らしいキャストのみなさんと共演させていただく機会を与えてくれて感謝です」と感無量な表情を浮かべていた。  沢尻と同じく、大河ドラマ初出演となる岡村は「ド緊張しています」と顔を引きつらせるが「ほぼ(岡村が出演している情報番組)『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合/毎週金曜19時57分)のおかげだと思っています。チコちゃんさまさまです。みなさんに迷惑をかけてはいけないと歴史の勉強を始めたのですが、スタッフから『やらなくていいです』と言われ、ただボーっとしている状態です」と発言し会場の笑いをとっていた。  制作統括の落合将プロデューサーは「これまでのイメージとは違う人物像が観られる大河にしたい」と話すように、織田信長役の染谷や、斎藤道三役の本木らには、かなり斬新な役へのアプローチ方法が期待されるが、染谷は「制作陣からも革新的な信長と言われています。どんな信長になるのか自分でも楽しみです」と目を輝かせると、本木も「共演者、視聴者をねちっこく刺激したい」と抱負を語っていた。  明智光秀役として大河ドラマで主演を務める長谷川は「まだラーメン作りを終えたばかりで大河の重厚さにはついていけていませんが」と現在放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)での役柄を引き合いに出して笑いを誘っていたが、表情を引き締めると「ものすごく豪華なキャストの真ん中に立たせていただき、いまから武者震いしています。勝算はあります」と強い視線で語った。  大河ドラマ『麒麟がくる』は2020年1月より放送。

  • 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』制作・主演発表会見に登場した長谷川博己

    長谷川博己、光秀で2020年大河主演「三日天下じゃなく…」と笑顔

    エンタメ

     俳優の長谷川博己が19日、都内で2020年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』の制作・主演発表会見に出席。晴れ晴れとした笑顔で主人公・明智光秀に抜てきされた喜びをあらわにし、笑いまじりに「明智光秀は三日天下ですけど、これをやり遂げた後は1年くらい天下がほしいです」と意気込みを語った。@@cutter 今回発表された『麒麟がくる』は、第59作目の大河ドラマ。応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。制作統括の落合将は、斎藤道三や織田信長、今川義元、足利義明らとともに「群像劇として描きたい」と展望を語っている。  東京オリンピックイヤーである2020年の大河主演に大抜てきされた長谷川。脚本を担当する池端俊策から「人間の内面を表現できる俳優さんではピカイチ。ぜひ長谷川さんとやりたいと思った」と言われ、開口一番「感動してます」と喜んだ。「大河の主演をやるというのは、俳優にとって1つの目標。オファーされた時も、最初は実感が沸かなかったですが、今こうやって皆さんにフラッシュをたかれて“あ、これはスゴいことなんだな”と実感してます」と語った。  自身が演じる明智に関して「謎めいたミステリアスな人物。池端先生の明智光秀像が鮮烈に伝わってきて“これはやらなければならない”という気持ちになった。長旅になりますけど、これを乗り越えた後に、人が見れないような景色を見れるのでは」と思いを馳せた。さらに「明智光秀は三日天下ですけど、これをやり遂げた後は1年くらい天下がほしい」と言って報道陣の笑いを誘い、「“今の日本にも必要な人材なんじゃないかな”と思えるように演じていけたら」と意気込みを語った。  長谷川は、今年10月から同局の連続テレビ小説『まんぷく』でも、安藤サクラ演じるヒロイン・今井福子(後の立花福子)の夫・立花萬平を演じる。明智光秀との共通点を問われると、言葉に詰まる様子を見せて「まず朝ドラをやらないといけない。そっちのほうで頭がいっぱい。申し訳ないです」と笑っていた。  大河ドラマ『麒麟がくる』は、2020年1月よりNHK総合ほかにて放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access