わたし、定時で帰ります。【反響】 関連記事

  • (左から)吉高由里子、向井理

    向井理、吉高由里子に衝撃の“告白” ときめく視聴者殺到『わたし、定時で帰ります。』第6話

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第6話が21日放送された。向井理演じる種田の予想外の行動に、SNSでは「全女子が憧れるシチュエーション」と大きな反響を呼んでいる。@@cutter 種田が独立するとのうわさを聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。業界のやり手である旧友に彼が誘われているというのだ。  そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)のディレクターデビューが決定する。種田(向井)はさまざまな助け舟を出すが、「口を出しすぎではないか」と疑問を抱く来栖。経験が無いなりに努力するのだが、中々うまくいかず、「文句言ってる暇があったら、クライアントが何を求めているのか、死ぬ気で考えないとダメだ」と言われたことをきっかけに衝突してしまう。「種田さんに僕の気持ちなんて分かんないですよ」と言い放った来栖。その言葉は、種田が弟・柊(桜田通)に言われた言葉と全く同じだった。  落ち込む種田に、結衣は「言い過ぎたことを後でくよくよ悩む」「飲めそうに見えて3杯目から人格変わる」など、種田の欠点をいくつも挙げていく。「そこまで言うなよ、傷つくだろうが!」とツッコみながらも、結衣の「今みたいに弱いところもっと出しちゃったほうがいいんじゃない?」というアドバイスに、憑き物が落ちた様なすがすがしい表情を見せた種田。彼自身も、知らないうちに人を傷つけていた自分に悩んでいたのだ。そして、独立するのはやめたと結衣に告げ、騒動はひと段落する。  一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店を訪れて結婚を報告。そこに偶然、種田が来店する。独立をやめた種田に対し巧が「蹴った理由ってなんなんですか? まさか、結衣ちゃんだったりして」「まだ結衣ちゃんのこと好きだなんてありえないですよね」とカマをかける。すると、種田は「いや…好きですよ。今でも好きです」と言ってのける。そして2人の間に挟まれる結衣。  そんな衝撃展開に、SNS上は騒然となった。「種田くん20000点満点」「うらやましいぞ主人公」「語彙力なさすぎて種田さんやばいしか言えない」といった興奮の声が殺到。「きゅんきゅんから抜け出せない」「全女子が憧れるシチュエーション」「ヤケ酒3杯からの本音どストレート告白は天才」と種田にときめくファンが続出し、放送終了後にはツイッターのトレンドに同作タイトルと「種田さん」がランクインするなど、大きな盛り上がりを見せていた。

  • (左から)吉高由里子、向井理

    セクハラに対抗! 吉高由里子&向井理に称賛の声 『わたし、定時で帰ります。』第5話

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第5話が14日放送。派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)にセクハラ行為を繰り返す取引先を対処した結衣(吉高)と種田(向井理)に「種田さん、惚れてまうやろ」「東山の感覚は本当に好き」と称賛の声が集まっている。@@cutter ランダー社から20周年サイトのデザインが「ピンとこない」と言われてしまった制作4部。困り果てる結衣たちだったが、中西(大澄賢也)らに「桜宮さんに任せておけば問題なし!」と笑顔で言われ、桜宮との関係を不審に思う。  実際桜宮はランダー社の飲み会へ頻繁に招待されており、「ランダーの社員に桜宮がセクハラされている」という匿名の通報があったほど。結衣は仕事のために自分を犠牲にする彼女に対し「そういうのは好きじゃないよ」と告げるが「仕事が終わるまでの我慢」とお茶を濁されてしまう。「気を持たせるくらいのほうが仕事がうまくいく」スタンスの桜宮は、今までずっとこのような仕事のやり方をしてきたのだ。  そんなある日、桜宮は中西に電話で呼び出され、「試作品のモニターに」と肌の露出の多いウェアを着てランニングするように言われる。その様子を撮影していたランダー社の草加(田本清嵐)に動画を見せられた結衣は怒り心頭。ランダー社へ打ち合わせ、もとい殴り込みに向かうのだが…。  セクハラやパワハラという、労働において最も身近と言っても過言ではない問題を取り上げた第5話。自分の技術に対する自信のなさから接待をやめられない桜宮に「実際桜宮さんみたいな人、たくさんいると思う」「若い頃に笑顔で流してしまったセクハラとかを思い出して苦しくなってしまった」と共感する視聴者が相次ぎ、どこか現実とリンクするドラマの展開に「『断ると雰囲気が…』ってなったら、その会社がそもそもおかしい」などの議論が多数飛び交っていた。  そんな桜宮に対しハッキリと、しかし相手のことを思って意見を言った結衣や、ランダー社との関係を切るように水面下で手をまわしていた種田の行為が明らかになると「種田さん」がトレンド入りするほどSNSは大盛り上がり。「正面切って言ってくれた吉高と準備万端で部下を守った向井理がもう最高だった」「会社の人間としてあの種田さんのようになりたい」「全ての上司に見てもらいたいドラマ」といった大きな反響が寄せられている。

  • 吉高由里子

    吉高由里子、夢なき同僚に放った“名言”に視聴者拍手『わたし、定時で帰ります。』第4話

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第4話が7日放送され、結衣(吉高)が同僚の夢なし男・吾妻(柄本時生)に言った「生きる意味」や「幸せ」に対する考えが、視聴者から大きな反響を呼んでいる。@@cutter 福永(ユースケ・サンタマリア)にネットヒーローズの常務・丸杉から制作4部のある社員がひどいサービス残業をしているという指摘が入る。部内で結衣と晃太郎(向井理)が話をしていると、児玉(加治将樹)が、深夜のオフィスで自宅にいるかのように過ごす吾妻の姿を目撃したという。しまいには「あの人、会社に住んでますよ」と言われてしまう始末。結衣たちは吾妻を呼び、無駄なサービス残業や、非効率な仕事ぶりを指摘するが、彼自身は改善するつもりがない様子。  そんな中、新規案件のヘルプとして、派遣デザイナーの桜宮(清水くるみ)がやってくる。明るく優しく接してくれる桜宮が気になる吾妻は、桜宮にいいところを見せたいと、結衣に仕事効率アップの方法を相談し改善しようとする。しばらくは結衣の目からみても順調だった吾妻。しかし桜宮と同じ時間に帰りたいがあまり、あるトラブルが発生。締め切りが迫る中、種田がピンチヒッターとなり修正を行うが…。  憧れの桜宮に「夢とかないんですか? ありますよね?」と言われた挙句、仕事でミスを犯してしまった吾妻は「人生なんてただの暇つぶし」と意気消沈してしまう。家に帰らなかった理由を「家に帰ったってやることないし、アパートで1人でいるよりはマシってだけ」と言い放つ。  毎日仕事だけの人生、一体何があるのかと問う吾妻に、結衣は「私たちには給料日がある」「人生の使い方は人それぞれ」と笑顔を見せ、やりたいことが大きな夢や目標でなくても、自分が幸せであれば良いのではないか? と語りかける。このシーンに視聴者からはSNS上に「単純なようで深いセリフ」「いい言葉すぎて家で拍手が巻き起こった」と好評の声が殺到。  現代社会における幸せとは何か、夢や目標の在り方などさまざまな要素が交差した第4話では「すごく心に沁みてしまった」「給料日を楽しみに働く感覚は久しく忘れてた」と、心を動かされたファンが多数見受けられた。

  • (左から)吉高由里子、向井理

    吉高由里子を導く向井理が“理想の上司”と話題 『わたし、定時で帰ります。』第3話

    エンタメ

     女優の吉高由里子が残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第3話が30日に放送された。向井理演じる晃太郎が、自分のミスを認めようとしない新入社員を諭す姿が、「理想の上司」などと視聴者の間で話題を呼んでいる。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  巧(中丸雄一)の実家にあいさつに向かおうとしていた結衣のところに、晃太郎(向井)から、ファイアーストロング社のCM撮影時に撮られたと思われる動画がSNSで拡散し、炎上していると連絡が入る。あいさつをドタキャンし、結衣もクライアントに謝罪に向かうことに。結衣は撮影現場で来栖(泉澤祐希)が動画を撮影していたことを顧客に指摘されたため、話を聞こうと何度も電話をかけるも通じない。  翌朝、何事もなかったように出社した来栖。友人とのグループチャットに動画を投稿したら、仲間内の1人が面白がって拡散してしまったと言い訳をし、悪びれる様子もない。そんな彼を晃太郎が咎めると、「じゃあ辞めます」とヤケクソの様に宣言されてしまう。その直後、大手スポーツ用品メーカーのウェブサイト制作のコンペを任された結衣と来栖。スポーツ経験が全くない結衣、そして自分の存在意義を見失った来栖はこの課題にどう立ち向かうのか…。  第3話では、入社早々やらかしてしまった来栖、そして企画案に頭を抱える結衣など仕事上の悩みにフォーカスしたストーリーが展開されたが、その中でも視聴者の心を掴んだのは向井演じる晃太郎の後輩たちに対するアドバイス。スポーツ経験のない結衣をフットサルに誘い企画のアイデアを導いたり、来栖の細かい発言を記憶し、見事にアメとムチを使い分ける姿に視聴者は大興奮。  晃太郎が「来栖、やれるか」と目をしっかり見据えてほほ笑むシーンには、こみ上げるものがある者も多かったよう。SNSでは「種田さん泣ける」「理想の上司」「来栖が羨ましい」といった羨望の声が殺到。そのほかにも「正しく叱って、褒める。理性と感情の絶妙なバランス」「ちゃんと来栖くんに自信を付けさせて、前に進ませようとしてくれてる」など、数多くの称賛が寄せられている。

  • 吉高由里子

    中丸雄一から吉高由里子へのプロポーズに胸キュン 『わたし、定時で帰ります。』第2話

    エンタメ

     女優の吉高由里子が、残業ゼロ生活を貫くヒロイン役で主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が、23日に放送。育児休暇から復帰した先輩社員、賤ヶ岳八重(内田有紀)の様子を心配する結衣(吉高)に対しプロポーズを敢行した巧(中丸雄一)。その健気な姿にときめく視聴者が続出している。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  結衣(吉高)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳(内田)が職場復帰する。復帰早々、張り切り過ぎている賤ヶ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。  そんな中、制作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。ディレクターには賤ヶ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。一方、賤ヶ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、子供が熱を出したと連絡が入る。  子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ヶ岳を見て、結衣は巧とのデート中に「私は産休も育休もしっかりとる…」と改めて決意する。その言葉を聞いた巧は「それは、結衣ちゃんなりのプロポーズ?」と尋ね、結衣の手に指輪を握らせた。「これは!?」と驚く結衣に「これは?」と巧がオウム返しをした後、2人はそろって「あれだ~~!」と絶叫。「両親に会うまでに渡そうと思ってさ」と、緊張していたのかぎこちない笑顔を浮かべる巧からのプロポーズに、結衣は心底喜ぶのであった。  結婚、出産、育児という悩みに焦点を当てた第2話。夜景の見えるお洒落なバーで行われたプロポーズに対し、SNSでは「めっちゃ理想」「私もあんなプロポーズされたい」「突然のプロポーズに泣いてしまった」と胸キュンするファンのつぶやきが多数寄せられた。  また、プロポーズ後のタイミングで現れた部長・福永(ユースケ・サンタマリア)に結婚予定であることがバレてしまい、もし破談になった時を考え不安になる結衣に「大丈夫、僕たちはちゃんと結婚する」と巧が言い切ったシーンでも「胸キュンが止まらない」「こういう人と結婚したい」と感激する視聴者が相次いでいる。

  • 吉高由里子

    吉高由里子×中丸雄一のラブラブキスがかわいい 『わたし、定時で帰ります。』初回

    エンタメ

     女優の吉高由里子が主演を務めるドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の第1話が16日に放送された。ヒロインの結衣(吉高)と恋人の巧(中丸雄一)のキスシーンが「かわいすぎる」などとツイッター上で大きな話題を呼んでいる。@@cutter 本作は、作家の朱野帰子による同名のお仕事小説を映像化。過去のトラウマから“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL・東山結衣(吉高)が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していく様を描く。  東山結衣はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をこなし、定時になるときっぱり退社する。行きつけの中華料理屋でビールをたしなみ、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしているが、新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前にくせ者社員たちが立ちはだかる。  個性が強い同僚たちに囲まれながらも、結衣はポリシー通り定時に仕事を切り上げ、恋人の巧と甘い時間を過ごす。巧の趣味であるキャンプに行こうと話す結衣に「そんなこといって、キャンプあんまり好きじゃないでしょ、疲れるから。無理しなくていいよ」と、何気ない会話に含まれる巧の優しさに、ツイッター上では視聴者が大興奮。  また巧の「そろそろ、うちの両親に結衣ちゃん紹介しなきゃね」という言葉に沸き立つ結衣。そこで巧が「じっとして! じっとして!」と笑いながらなだめてキスをする2人のラブラブシーンに対し、「キッス可愛い」「けっこうガッツリいくなぁ」「イチャイチャからのキスシーンにはやられました」「このシーンだけを何回見たことか。笑」といった声のほか、ドラマのタイトルをもじった「中丸くんとキスをしたいので、明日、わたし、定時で帰ります」というユーモアあふれるツイートも見受けられた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access