デジタル・タトゥー【反響】 関連記事

  • 『デジタル・タトゥー』第1回場面写真

    瀬戸康史、炎上ユーチューバー役に称賛の嵐 『デジタル・タトゥー』第1話

    エンタメ

     俳優の高橋克実と瀬戸康史がダブル主演を務めるドラマ『デジタル・タトゥー』(NHK総合/毎週土曜21時)の第1話が18日に放送され、元・人気ユーチューバーのタイガを演じた瀬戸に対し「瀬戸くんの新たな一面を感じた」と好評の声が相次いでいる。@@cutter 本作は、インターネットには全く疎い50代のヤメ検弁護士・岩井(高橋)と、動画サイトで荒稼ぎする20代ユーチューバーのタイガ(瀬戸)がバディーを組んで、ネット上の中傷や個人情報の拡散に苦しむ人々と向き合い、救いだす姿を描くサスペンスドラマ。  過去には大物政治家・伊藤秀光(伊武雅刀)の疑獄事件を追いかけていたが失意の元検察を去ったヤメ検弁護士・岩井の元にタイガという若者が訪ねてくる。タイガは年に数千万円を稼ぐ人気ユーチューバーだが、ある動画をきっかけに炎上。何者かに駅のホームで突き飛ばされ殺されかけたと訴える。岩井はインターネットには疎いアナログ人間。「炎上」という単語は分かるものの、ユーチューバー、Vチューバ―など、新しい単語に戸惑うばかり。  タイガに殺害予告を出した者の特定を依頼された岩井が調査を始めると、タイガは伊藤秀光の次男だと判明する。疑念を抱えつつもこの出会いを機に2人はバディーを組み、ネットでのトラブルに苦しむ人々に手を差し伸べることとなるが…。  現代のネット社会にリンクした題材に、放送中からSNSでは大きな盛り上がりを見せていた。中でも瀬戸演じるタイガの「ユーチューバーって知ってる?」「俺タイガって言ってその世界では割と有名なんだけど」というセリフや、ネットに疎く脳内処理が追い付かない岩井に「おじさん! ついてきてる?」とはっぱをかけるシーンでは「瀬戸くんは闇抱えてる役をすると本当に憎らしい顔をする」といった称賛が殺到。爽やかなイケメンのイメージが強い彼の、決して“良い子”とは言えない演技に「今までにない瀬戸くん」「こんな役珍しい」と驚くファンの声も多数寄せられている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access