ジャニーズ 関連記事

  • (左から)目黒蓮、ラウール、岩本照、渡辺翔太

    Snow Man・岩本照×ラウール×渡辺翔太×目黒蓮、7月スタート“ヤバ怖”ドラマで初主演

    エンタメ

     7月にスタートする日本テレビのシンドラ『簡単なお仕事です。に応募してみた』にて、Snow Man(ジャニーズJr.)の岩本照、ラウール、渡辺翔太、目黒蓮がドラマ初主演を務めることが決定。映画、舞台などさまざまな作品に出演してきた彼らが、一話完結のサスペンスホラーで“ヤバ怖”な世界を体現する。@@cutter 本作のコンセプトは、“ヤバ怖”。一話完結で「不思議・ホラー・サスペンス・パニック・ハプニング」などさまざまなジャンルの「怖い」を盛り込みつつ、ちょっと笑えるコメディ要素も織り交ぜた新感覚の不可思議な10の物語となっている。  Snow Manの4人が演じるのは、スクープ映像を収録するためにTV制作会社が募集したお金に困っている若者たちと、彼らを取材する謎の新米ディレクター。集まった3人の若者たちにカメラが密着し、怪しい仕事の実態を追跡していくが、実はこのTV制作会社にもヤバい思惑が…。  大抵の仕事を渡り歩いていたバイトマニア・サルサを演じる岩本は「僕は正直怖いものが苦手ですが、人間の興味本位なところ、『絶対に見ないでください』『閲覧注意』とかって絶対に気になると思うし、季節的にもちょっと怖いくらいがクセになる中毒性のある作品になると思うので、そのリアルさやゾワッとする感じを視聴者の皆さんにも伝えていけたらと思います」と意気込みを語る。  謎めいた新米ディレクター・モモ役のラウールは「僕の演じるモモ君(百本豪)はちょっとミステリアスなところもあるので、魅力的だなと思います。モモ君との共通点は『好奇心旺盛なところ』です。僕は実際には15歳なのですが、モモ君は20歳の設定なので、そこをナチュラルに魅せられるよう、演じていきたいと思います」とやる気を見せた。  オカルトマニアのトリハダを演じる渡辺は「心霊的なことだったり人間の本性だったり、全話を通して、1話1話の怖さのジャンルが違うので、10話の中で一つでもハマってもらえるお話を作れればと思っています」とコメント。  貧乏大学生のワンちゃん役の目黒は「視聴者のみなさんにも“ヤバ怖”なストーリーに驚いてほしいというのはもちろんですが、僕自身も純粋に撮影現場での新鮮なリアクションを楽しみながら演じたいと思います」と語った。  ドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』は、日本テレビにて7月22日より毎週月曜24時59分放送。

  • 『映画 少年たち』本ポスター

    『映画 少年たち』予告解禁 戸塚祥太がナレーションに初挑戦

    映画

     ジャニー喜多川が製作総指揮と務める『映画 少年たち』から、予告映像とポスタービジュアルが初解禁となった。予告編は戸塚祥太(A.B.C‐Z)が初めてナレーションを担当し、東西のジャニーズJr.による大迫力のダンス映像が満載となっている。@@cutter 本作は、若さ故に生まれる少年たちの抵抗・葛藤・友情を、オリジナル楽曲やダンスとともに描き出すミュージカル・エンターテイメント。ジャニー喜多川が手掛けた舞台の、初の映画化作品であり、喜多川が初めて映画の製作総指揮を務める記念碑的作品となっている。重要文化財の旧奈良監獄にて、日本で初めて撮影を行ったことも大きな話題を呼んだ。  完成したポスターでは、今をときめく東西の人気ジャニーズJr.たちが勢ぞろい。やむにやまれぬ犯罪を犯した少年たちが、自由を奪われた刑務所の中にあっても、力強く生きていこうともがきながら、自分たちの未来を願う表情が、青空の中で描き出されている。  予告編では、オリジナル楽曲のダンサブルな曲に乗せ、SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、なにわ男子(西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)らによるミュージカルシーンが登場。ほかにも、HiHi Jets、Sexy美少年らによる豪華絢爛なダンスシーン、さらには新任の冷酷な看守長役を務めた関ジャニ∞の横山裕らの姿も収めている。  今回、児童養護施設の職員として出演する戸塚が、ジャニー氏の要望に応え予告編のナレーションに初挑戦。戸塚は「少しでもSixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.ら東西ジャニーズJr.の力になれたら、と皆を応援する気持ちで挑んだのですが、予告映像を見ていたら自分もテンションが上がってしまいました(笑)。このナレーションを通じて、彼らとジョイント出来た気がします」とコメントしている。  『映画 少年たち』は2019年3月29日より全国公開。

  • 『映画 少年たち』より

    ジャニー喜多川製作総指揮『映画 少年たち』来年3月公開 東西Jr.が集結

    映画

     ジャニー喜多川が製作総指揮をとり、東西のジャニーズJr.が出演する『映画 少年たち』が2019年3月に全国公開されることが決定。本作に出演するジャニーズJr.のグループ、SixTONESのジェシーは「映画化は夢にも思っていませんでしたので、喜びとともに、正直驚きが大きかったです!!」と語っている。@@cutter 本作は、1969年の初演以来、若者たちの圧倒的な感動を呼び、幾度も上演を重ねられてきたジャニー喜多川企画・構成・総合演出の舞台『少年たち』を映画化したミュージカル・エンターテインメント。とある少年刑務所を舞台にし、様々な境遇から収監された少年たちが、抵抗や葛藤を乗り越えて友情を育んでいく姿を描いていく。キャストにはSixTONES、Snow Man、なにわ男子、関西ジャニーズJr.ら、東西のジャニーズJr.のメンバーが勢ぞろいする。  2012年、とある少年刑務所。所内の赤房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観していた。ある日、刑務所に一人の身寄りのない新入りがやってくる。彼は誰ともなじもうとせず、いつも独りぼっちで日記をつけていた。そんな頃、新しい看守長が赴任。看守長は収監された少年たちを暴力で支配しようとし始める。地獄のような日々を送るなか、新入りは自分をいじめからかばった少年と友情を育んでいく。  新入りの少年を演じるSixTONESの京本大我は「舞台版とは異なるストーリーではありますが、映画ならではの繊細で迫力のある作品になると思います」とコメント。さらに関西ジャニーズJr.のグループ、なにわ男子の西畑大吾は「サプライズ好きのジャニーさんが何を仕掛けてくるのか、今から僕自身とても楽しみにしています」と意気込みを語っている。  また関ジャニ∞の横山裕が新任の看守役、A.B.C‐Zの戸塚祥太が児童相談施設の後見人役で出演する。  メガホンを取ったのは映画『超高速!参勤交代』シリーズ、『空飛ぶタイヤ』の本木克英監督。メインのロケ地は、舞台『少年たち』のセットの元となった、明治時代に建築された「五大監獄」のひとつで重要文化財に指定されている旧奈良監獄が選ばれた。映画冒頭は、1キャメ、1カットでの8分間に渡るジャニーズJr.たちの圧巻のダンスシーンが予定されている。  『映画 少年たち』は2019年3月29日より全国公開。

  • タッキー&翼、突然の解散・引退発表にジャニー喜多川社長&ファン悲痛

    タッキー&翼、突然の解散・引退発表 ジャニー喜多川社長&ファン悲痛

    エンタメ

     2002年にCDデビューを果たした滝沢秀明と今井翼によるユニット「タッキー&翼」が解散を表明。滝沢は2018年いっぱいで芸能活動を引退し、その後はジャニーズ事務所のスタッフとして後進の育成にあたることを発表。そして今井はジャニーズ事務所を退所し、持病の治療に専念することを明かした。@@cutter 1995年、同じ日にジャニーズ事務所に入所した滝沢と今井は、ジャニーズJr.のリーダー格として絶大な人気を得ると、2002年にアルバム『Hatachi』でCDデビュー。その後、ライブツアーや音源のリリースを展開していたが、2014年に今井がメニエール病を発病。2017年にはデビュー15周年を目前にユニット活動の休止を公表。その後、活動を再開することなくCDデビューを迎えた2018年9月10日をもってユニットを解散することとなった。  今後、滝沢は、2018年いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニーズ事務所の裏方として、ジュニアの育成や舞台演出を手掛けることになり、一方の今井は、ジャニーズ事務所を退所し、心身ともに健康な状態になることに専念するとのこと。  ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、マスコミに向けたFAXの中で、今回のユニット解散について「大人として決断したことを尊重したい」とコメント。滝沢が芸能活動引退を表明したことについて「本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、このようなご報告になりました」と告白。  一方、治療に専念するため退所する今井については「責任感の強い彼にとって、仕事をしながら病気を治すことは難しく、何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、本人の希望を受け入れました。心身共に健康になった彼がまた活躍してくれる日が1日も早く来ることを心から願っています」と明かした。  突然の解散発表に、SNSには「めちゃくちゃショッキング」「言葉も見つからない」「今はただただ悲しい」などの悲痛な声が殺到している。

  • 10月期番組改編説明会に出席した石丸彰彦編成部企画総括

    TBS10月改編、月曜22時に関ジャニ∞新番組決定「“スマスマ”は意識せず」

    エンタメ

     TBSの10月期の番組改編説明会が30日、都内の同局で実施され石丸彰彦編成部企画総括らが出席。関ジャニ∞がMCを務める新番組『ペコジャニ∞!』や、中居正広がMCを務める『Momm!!』、稲垣吾郎がMCの『ゴロウ・デラックス』の方針について説明を行った。@@cutter 今年4月に深夜番組として、そして6月には休日の午後帯にスペシャル番組として放送された『ペコジャニ∞!』は、老若男女の誰もが好きな人気メニューから1品をテーマとし、「芸能界グルメ四天王(仮)」「新グルメスター」「関ジャニ∞メンバー+専門家」の3組が、日本一美味しいと思う1品をプレゼンするグルメ番組。関ジャニ∞にとっては、同局での初の冠番組となる。  石丸氏は、同番組の放送時間帯が、過去にフジテレビ系でSMAPがMCを務めた『SMAP×SMAP』の放送時間帯と重なっていることについて質問を受けると「フジテレビ系列で放送されていた『SMAP×SMAP』さんの枠だということは特に意識しておりません。おなかをペコペコにした時間帯くらいに放送したいなということが狙いで、22時といったところが一番いいのではないかと。我々のおなかの具合との見合いで編成させていただいた」と回答。  中居がMCを務めてきた音楽バラエティ『Momm!!』に関しては、9月いっぱいで終了し、中居がそのまま同時間帯の新番組でもMCを務めることを前置きしたうえで、「よりバラエティに振った企画になってくると思います」とコメント。稲垣がMCを務める『ゴロウ・デラックス』の放送継続に至った経緯に話が及ぶと、「良質な番組なので、編成させていただいたといったところでございます。本当にいい番組だと思っていますので、続けていきたい」との理由を明かした。

  • 横浜流星が映画『honey』に出演

    横浜流星、映画『honey』出演決定! 平野紫耀の親友役

    映画

     俳優の横浜流星が、2018年春に公開予定の映画『honey』で、 平野紫耀(Mr.KING/ジャニーズJr.)ふんする主人公の親友を演じていることが明らかになった。横浜は役柄について「なかなか素直になれない毒っ毛のある男の子」と明かしている。@@cutter 映画『honey』は、目黒あむが「別冊マーガレット」(集英社)で連載した同名コミックの実写版。一見すると不良なものの、心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野)が、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平祐奈)と繰り広げる恋模様を描く。横浜が演じるのは、鬼瀬の親友となる三咲渉だ。  横浜は役柄について「僕が演じる三咲渉(みさき・あゆむ)という役は、かわいらしいんだけど、なかなか素直になれない毒っ毛のある男の子です。平野(紫耀)くん演じる鬼瀬とは真逆のタイプの男の子で、素直になれないあまりに、自分の想いとは違う行動をとってしまったりするんですけど、鬼瀬や奈緒や仲間たちと出会って、少しずつ心を開いていきます。その心情の移り変わりを丁寧に演じました」とコメント。  また、「今回の現場では、鬼瀬役の平野くんとは初共演でしたが同じ年で、すごくリラックスして撮影ができたと思います。監督から最初に、『(出演者)みんなに真っ直ぐにお芝居をしてほしい』と言っていただき、それをずっと心がけていました」と撮影を述懐。「この『honey』という作品は少女漫画原作なんですが、登場人物がまっすぐに恋をして、色んなことに悩んでもくじけずに向き合っていく姿が、男子から見ても女子から見ても、すごく素敵なんじゃないかなと思っています」と物語の魅力をアピールしている。  映画『honey』は2018年春公開。

  • 大人気バラエティー『YOUは何しに日本へ?』にHey!Say!JUMP&ジャニーズWESTがガチ参戦!

    Hey!Say!JUMP&ジャニーズWEST『YOUは何しに日本へ?』過酷なロケにガチ参戦

    エンタメ

     テレビ東京で放送中の人気バラエティー番組『YOUは何しに日本へ?』に、Hey!Say!JUMPの岡本圭人と八乙女光、ジャニーズWESTの桐山照史と中間淳太が参戦するスペシャル番組『YOUは何しに日本へ?にジャニーズYOU達がガチ参戦!汗と涙の超本気コラボだよSP』が11月21日に放送されることがわかった。4人は、外国人に直撃取材を敢行。過酷なロケに挑んだ。@@cutter 本番組は、日本を訪れた外国人に密着取材し、日本を再発見するバラエティー番組。今回のスペシャル番組では、岡本と中間が空港での直撃インタビューを担当し、八乙女は秘境に住むYOU(外国人)を探し、密着取材。桐山は、街中で子どもYOUにインタビューを行い、日本で叶えたい夢を聞き、全力で叶えるコーナーに挑戦する。  岡本は、「日本人の僕にも分からないような日本の魅力を知り、改めて日本はとても海外の方々に愛されているなと思いました」と、成田空港でのインタビューを振り返る。一方の八乙女は、「地道で過酷なロケで修行のような時間でしたが、地域の人の優しさで最後は心が癒されました」とコメント。中間も「日本人では気づきにくい日本の良さを発見できる番組だと思う」と本番組への思いを語る。また、桐山は「はたして僕は今叶えたい夢を叶えてあげることが出来たのか、そしてリトルYOUが持っているユーモアやシャイな一面を楽しんでもらいたいです」とアピールしている。  さらに、11月23日に放送される『リトルトーキョーライフ』でも、本番組とのコラボ企画が実現。Hey!Say!JUMPの中島裕翔と高木雄也が番組で断髪式に密着した力士・把瑠都とともに“日本三大鍋を一日で食べる旅”に、有岡大貴と薮宏太がパンツェッタ・ジローラモとともに“日本三大ラーメンを一日で食べる旅”に出かける。  『YOUは何しに日本へ?にジャニーズYOU達がガチ参戦!汗と涙の超本気コラボだよSP』はテレビ東京系列にて11月21日18時55分~21時放送。『リトルトーキョーライフ』YOUは何しに日本へ?コラボSPは、11月23日24時12分~25時20分(20分拡大)放送。

  • 2017年1月に放送開始となるテレビドラマ『嘘の戦争』

    草なぎ剛主演、復讐シリーズ第2弾放送決定!『嘘の戦争』で天才詐欺師役

    エンタメ

     草なぎ剛が、2017年の1月に放送開始となる連続ドラマ『嘘の戦争』(関西テレビ制作/毎週火曜21時)にて、天才的な詐欺師役として主演を務めることが決定した。役柄に絡めてウソが上手いか質問された草なぎは「ウソをついても顔に出ちゃうみたいなんですよね(笑)」とコメントしている。@@cutter 本作は、幼い頃に家族を殺された主人公の一ノ瀬浩一(草なぎ)が天才的な詐欺師となって復讐を果たそうとする姿を描く、痛快エンターテインメント。かつて草なぎが主演を務め、全てを失ってホームレスになった主人公が復讐を果たす姿を描いて人気を博したテレビドラマ『銭の戦争』のスタッフが再集結し、新たな復讐の物語を描く作品だ。  草なぎは、「2年ぶりに、脚本の後藤法子さん、三宅監督、顔なじみのスタッフが揃うので、楽しいものが出来るんじゃないかと今からワクワクしています。それぞれのキャラクターも立っていて、1話ですでにストーリーも発展していく感じも見え隠れしているので、出演者のみんなとエンターテインメント性の強いドラマを作りたいなと思います」とコメント。  詐欺師に扮するということで、ウソが上手か質問された草なぎは、「自分で言うと好感度が上がっちゃうかもしれないけど、ウソをついても顔に出ちゃうみたいなんですよね(笑)すぐバレちゃう。だから、これを機会にうまくなるよ!本当、根が正直みたいでね…って、これもウソかもしれないけどね(笑)でもウソには幸せになる、いいウソもあると思う。だから懐が深い人がつくウソは、なんかいい気がします」と語っている。

  • 『山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり』より

    渡辺謙、市原悦子と初共演! 山田太一が東日本大震災の“5年後”を描く

    エンタメ

     山田太一と渡辺謙がタッグを組み、東日本大震災から5年後の人々の姿を描く『山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり』の出演者が発表され、渡辺が市原悦子と初共演を果たすことになった。渡辺は市原について「まさに“怪物”のような方」と絶賛している。@@cutter 『五年目のひとり』は、東日本大震災から5年が経過した東京のとある町を舞台に、孤独な中年男と少女が織りなす不思議な交流を通じて、震災の“その後”と“再生”を描く作品。主人公の木崎秀次を演じる渡辺は、『星ひとつの夜』『遠まわりの雨』『おやじの背中‐よろしくな。息子』など、数々の山田作品で味わい深い演技を披露してきた。また、秀次のことを気にかけ、働き先を紹介する同郷の女性・花宮京子を演じる市原は、『大丈夫です、友よ』『旅立つ人と』『やがて来る日のために』などで山田作品に参加してきた。  渡辺は初共演の市原について「まさに“怪物”のような方ですね! こちらの予想をいとも軽々と超えてくるような、素晴らしいお芝居をされるんです。山田太一先生から託された際どいセリフも嫌味なく乗り越え、人間として強く投げかけてくださるところに、懐の深さを感じました」と絶賛。  一方の市原も渡辺を、「よく気のついてくださる、やさしい方。俳優としてさまざまな“場”を知っている分、視野が広くて、それがとても頼りになりました」と称賛している。  本作には渡辺と市原のほかにも、高橋克実、柳葉敏郎、木村多江、板谷由夏、山田優ら演技巧者たち、さらには関西ジャニーズJr.の西畑大吾、現在14歳の蒔田彩珠ら若手キャストも出演する。  『山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり』は、テレビ朝日系にて11月19日21時より放送。

  • 手越祐也、小山慶一郎からの手紙に感動

    手越祐也、小山慶一郎から感謝の手紙「NEWSを大きくしてくれてありがとう」

    エンタメ

     NEWSの手越祐也が21日、日本テレビのバラエティ番組『おしゃれイズム』に出演。この日はNEWSのメンバーそれぞれから手越に対する印象を明かすメッセージや、リーダーの小山慶一郎から感謝の気持ちを伝える手紙が寄せられた。@@cutter 普段はライブなどで「歌詞なんかを忘れてもごまかすのがうまい」と自らの天然ぶりを明かす手越に対して、NEWSのメンバーの加藤シゲアキからは「雑誌のインタビューで『ゆくゆくは神になりたい』と言っていた」という驚きのエピソードが寄せられる。  一方で同局のバラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』でかなりはじけたキャラを見せていることに対して「僕の人生を、いろんな意味で変えてくれた番組なので」と番組にかける思いを語る。また、6年間欠かさずに「表に出すものではないので(内容は)すべてをあらわに書いている」という日記をつけていることを告白、わざわざ厳重に金庫で保管しているという律儀な一面を明かしていた。  また「度が過ぎたことをしても怒らないから」と、手越が普段たびたびちょっかいを出しているというリーダーの小山慶一郎からも、手越にあてた手紙が到着。  誰よりも、『NEWSを大きくしよう』『勝つぞ、このグループで!』って考えていたのは、手越なんじゃないかと思うんです。NEWSを大きくしてくれてありがとう。いつも強気でいてくれてありがとう」とねぎらいと感謝の気持ちを受け取ると、手越は「嬉しいですね。ありがとうございます!」と感激の様子であった。

  • SMAP香取慎吾、『スマステ』に生出演も解散について触れず

    SMAP香取慎吾、『スマステ』に生出演も解散について触れず

    エンタメ

     SMAPの香取慎吾が司会を務めるテレビ朝日の『SmaSTATION!!』が20日、SMAPの年内解散が正式に発表されて以降初めて放送され、香取が生出演を果たしたが、解散に関するコメントはなかった。@@cutter 番組冒頭では六本木のテレビ朝日社屋より、この日行われた特集「世界の感動メッセージ映像」を行うことを宣言、笑顔を見せていたが、同時に少し緊張した様子も表情の中に見せた。  スタジオに移動し番組が始まると、この日ゲストとして事務所の先輩である少年隊の東山紀之が登場。香取は東山が『SmaSTATION!!』に2度目の出演であり、前回はたまたま香取がインフルエンザにより、15年の番組出演の中で唯一番組を欠席していた回だったことを説明。「『SmaSTATION!!』(の中)でお会いするのは今日初めて。今日は休まなくてよかったです!」と少し安心したような表情で語ると、東山もそれを察したように「そうですね」と相槌を打っていた。  番組中、東山に対してメールにて「体形維持の秘訣を教えて」という質問が投げかけられると、東山は「運動しかないですね」と語りながら「慎吾だってやっているでしょ?」と香取に語り掛けると、香取は「いやいや、全然コミットできなくて…」と返答し笑いを誘う。  さらに東山は、特に食事制限を特にしないと明かすと、香取は「いや、(僕は)ムシャクシャ食べるんですよ」とコメント、東山は香取の表情を見ながら「テレビを見てて、そう思った。わかる!」と、笑いながら答えていた。  番組最後に香取は、東山に「三度目も来てください、お願いします!休みません!」と約束した。なお香取は、21日に草なぎ剛とともにラジオのbayfm『SMAP POWER SPLASH』(毎週日曜19時)に出演。二人からSMAP解散について語られるのか注目される。

  • 中居正広、SMAP解散を自身の口から「申し訳ありませんでした」五輪に水差した(イメージ画像)

    中居正広、SMAP解散を自身の口から「申し訳ありませんでした」五輪に水差した

    エンタメ

     SMAPの中居正広がパーソナリティを務めるニッポン放送のラジオ番組『中居正広のSome girl’SMAP』が20日にオンエアされた。SMAPの年内解散が正式に発表されて以降、メンバーの口から直接今回の解散について言及するのは、稲垣吾郎、木村拓哉に続き三人目となる。@@cutter この日の放送は、18日に44歳の誕生日を迎えた直後で「44歳になって一発目スペシャル」と銘打たれ放送された。中居は冒頭に「我々SMAPが解散することをご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳、ありませんでした」と、改めて自身の口から謝罪の言葉を発する。  さらに続けて「それともう一つ、このリオのオリンピックの期間中に発表ということを、スポーツ関係者の皆様、アスリートの方々、それを支える方々、そして、日本中の応援してくださっている皆様、自分がキャスターとしてやらせてもらっているにも関わらず、水を差すような時期だったことは申し訳なく思っております。深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と、発表がリオオリンピック期間中だったことについても謝罪した。  中居は、冷静にそして丁寧に謝罪の言葉を紡ぐ。その後中居は、「それではいつもどおり、歌!」とテンションを切り替え、そのまま放送を続行。スタッフから選曲でSMAPの「Happy Birthday」と告げられると、中居はそれが自身の誕生日に掛けてのものと察し「うわ…・酷い」と返答、苦笑いの声を上げた。  以降は7月23、24日に放送されたフジテレビの『FNS27時間テレビ』についてのエピソードや、余暇を利用して座椅子を買いに出たエピソードなどについて、通常のテンションで中居はトークを繰り広げた。

  • 木村拓哉、ラジオで謝罪

    木村拓哉、SMAP解散をラジオで謝罪「本当にごめん」

    エンタメ

     SMAPの木村拓哉がパーソナリティを務めるTOKYO FMのラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』が19日にオンエアされた。SMAPの年内解散が正式に発表されて以降、メンバーの口から直接今回の解散について言及するのは、稲垣五郎に続き二人目となる。@@cutter 番組の冒頭で木村は「今回はSMAPの件で皆さんに辛い思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕と同じように、今まで生活の一部、人生の一部として、SMAPと関わってきてくれたファンのみんなに今、本当に言葉が見つかりません。全てのSMAPファンのみんなに、ただただ申し訳ないという気持ちしかありません。本当に、ごめん」と、途中で言葉を詰まらせながら、重々しい雰囲気でコメント。  今年1月にはグループの分裂騒動が報じられたSMAPだが、今月14日には、所属事務所であるジャニーズ事務所より年内の活動を以て解散することが正式に発表された。  17日にはSMAP全員がそろう唯一のレギュラー番組として20年間人気を博した『SMAP×SMAP』の年内終了が正式に発表、続いて18日には稲垣がパーソナリティを務める文化放送のラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』にて、番組頭のコメントとして解散について言及した。  20日には中居正広がニッポン放送『中居正広のSome girl’ SMAP』(23時~)、21日に香取慎吾と草なぎ剛がbayfm『SMAP POWER SPLASH』(19時~)と、立て続けにメンバーが担当するラジオ番組の放送が控えており、解散に対するメンバーそれぞれがどのようなコメントを語るのか、注目される。

  • 『Good Time Music』にKinKi Kidsが出演

    KinKi Kids堂本光一、剛とは「挨拶もしない」 楽屋での様子明かす

    エンタメ

     まもなくデビュー20周年、36作のシングルが連続首位を獲得という記録を持つアイドルデュオ・グループKinKi Kidsの堂本光一、堂本剛の二人が、27日にTBSの音楽番組『Good Time Music』に出演。二人が普段目を合わせないという噂の真相や、ドSぶりで有名なライブでのMCの実態などを語った。@@cutter MCの及川光博から「さっきから二人は、一回も目を見つめ合って話し合ってないですよね。たまに目が合うことはないの?」と登場からの二人の様子に突っ込むと「いや、全然見れますよ。合わせてほしいですか?」と光一。対面で剛と目を合わせて見せる。しかし一方で、楽屋での様子について、座っている剛に対して光一は、目も合わせず挨拶もなしに素通りすると明かし、他のゲストから驚きの声があがった。  ライブでは事前に打ち合わせもなくMCを行っている剛は「あまり情報を知らないほうがいいですね。『そんな遊び今ハマってんの?』みたいなのがすごい新鮮」とその取り組みを語る。一方で毒舌MCを入れることで知られる光一に対し剛は「MC終わったらもうみんな傷だらけですもん」と光一の強烈な印象をコメント。  実際のMCを実演して見せるとばかりに光一は「こんなに多くの方にお越しいただいて…あ、スタンドの皆さんどうも。大丈夫、見えてないので…」とそのドSぶりを披露、笑いを誘っていた。  雑誌などのスチール撮影は「自然体ではないところを撮られるから苦手」と語る光一。対する剛も「光一は全然動かない。何十枚と撮っているのにオレだけ(動いている)」と不満げに漏らす。  すると光一は「舞台なんかならそれはまだ演技じゃないですか。だからシチュエーションをはっきりさせたい。『今回のテーマはBL』とか書いてくれれば全然やる!」と衝撃発言。すると剛から「今見てらっしゃる雑誌社の方から『あいつ、言うたぞ』ってなるぞ」とツッコまれて笑いを誘っていた。

  • テレ東音楽祭で一夜限りのシブがき隊復活でキレキレダンスを披露した薬丸裕英

    薬丸・国分・井ノ原、各局“朝の顔”が一夜限りのコラボでキレキレダンス披露

    エンタメ

     薬丸裕英が、29日放送の「テレ東音楽祭」(テレビ東京系)で、アイドル時代に活動をしていたシブがき隊のヒット曲「100%…SOかもね!」を28年ぶりに生披露。TOKIO・国分太一、V6・井ノ原快彦とともに一夜限りのシブがき隊復活を実現した。@@cutter MCの国分から「なぜこのオファーを断らなかったのか」と質問に、薬丸は「ホントだよねー」と苦笑しながらも、同局の「出没!アド街ック天国」出演20年、今年50歳と記念が重なったことからオファーがあったと説明。少年隊・東山紀之に相談をすると、「ヤッくんがやらないなら俺やるよ!」と言われ、「それだったら俺が…」と“ダチョウ倶楽部”風に承諾をしたという。  薬丸がセンター、布川敏和(フックン)パートを国分、本木雅弘(モックン)パートを井ノ原が担当。3人がお揃い黒のスーツでステージに立つと会場は大盛り上がり。現役ジャニーズ2人ともにパフォーマンスをした薬丸は28年ぶりとは思えないほどキレキレのダンスを披露。歌い終えると、3人は「よかったー」と円陣を組んで抱き合い喜ぶと、薬丸は「バク転やるの忘れた!」とアイドル当時にもやっていなかった自虐ネタで笑いを誘い、国分も「来年は『スシ食いねェ!』やりますと意欲を見せた。  見事なパフォーマンスを披露した3人だが、薬丸はテレビ東京、国分はTBS、井ノ原はNHKで、それぞれ“朝の顔”として朝の情報番組MCを務めているにも関わらず、この一夜限りのコラボのために全力で歌とダンスを披露した。  放送後、ネット上ではこのコラボについてコメントが多数投稿され、「やっくん以外は、違うけどなつかしいすぎるわ」「ヤッくん、オファー受けてくれてありがとー」「ヤッくん、振り付けは当時より上手かったわ」「ほんとに来年もやって~」と懐かしむ声や、「各局朝の顔の3人でシブがき隊、って考えてみるとスゴイね!」と奇跡のコラボに大きな反響が寄せられている。  また薬丸は放送後に、自身のブログで、「28年ぶり歌番組の生放送無事に終わりました!」と報告。「三人共 歌詞も踊りも間違えずに歌いきり太一・イノッチと舞台裏で抱き合って喜びました笑い泣き 二人に感謝!」と感激の様子を綴っている。

  • 薬丸裕英、現役ジャニーズ・国分太一&井ノ原快彦と夢のコラボ!

    薬丸裕英「シブがき隊」解散後、28年ぶり生歌披露!国分太一&井ノ原快彦とコラボ

    エンタメ

     テレビ東京の音楽番組『テレ東音楽祭』で薬丸裕英、TOKIOの国分太一、V6の井ノ原快彦の3人が、薬丸が所属していた「シブがき隊」の楽曲「100%…SOかもね!」を生歌で披露することが決定した。1988年11月に「シブがき隊」を解散して以来、28年ぶりに「100%…SOかもね!」を披露する薬丸は「歌も踊りもうろ覚えですが、現役ジャニーズと元ジャニーズのコラボレーション。是非、ご覧ください」と後輩との共演に意欲を見せている。@@cutter 薬丸と井ノ原は『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)にレギュラーとして出演、国分は『テレ東音楽祭』の総合MCを務めるため、今回のコラボ企画が実現した。出演オファーを受けたときは、解散して28年間歌っていないため、引き受けるか悩んだという薬丸だが、「太一君と井ノ原君のリクエストでお受けする事にしました。 ジャニーズシニアがんばります(笑)」と久々のパフォーマンスに気合十分の様子だ。  井ノ原は小さい頃、薬丸と話したくて、ジャニーズ事務所に「ヤックンいますか?」と電話したと明かしており、「ヤックンと一緒に歌うことができるなんて、本当に夢のようです。こういう形でこの3人でコラボレーションできるということは感慨深いです。太一くんの踊り、カッコいいですよ」と喜びを口にしている。  また、国分もジャニーズJr.時代、初めて見に行ったコンサートが「シブがき隊」で、当時は圧倒されたと振り返り、「(解散から)28年経ち、自分が“シブがき隊”を踊ることになるとは想像にもしていませんでした。ダンスに自信はありませんが、薬丸さんとイノッチと頑張ります!」と一夜限りのコラボに期待を膨らませている。当日は「シブがき隊」のイメージカラー(イエロー:布川敏和、レッド:本木雅弘、ブルー:薬丸裕英)がどんな担当割り振りになるのか見どころの一つになりそうだ。  『テレ東音楽祭』は6月29日(水)18時25分から生放送。

  • TBSの新ドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』で風間俊介と嵐・松本潤が初共演!

    風間俊介、嵐・松本潤とドラマ初共演!「しっかり刻みにいきたい」意気込み語る

    エンタメ

     松本潤が主演するTBSの新ドラマ『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』に同じくジャニーズ事務所の風間俊介がゲスト出演する事が分かった。同ドラマは、松本含む個性的な刑事専門弁護士たちが、ぶつかり合いながらも逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメント。風間は殺人に問われる被告として、松本と初共演を果たす。@@cutter 風間がゲスト出演するのは4月24日放送の第2話。今回、風間が演じるのは、口論となった男をもみ合いの末にナイフで殺害してしまう山下一貴役。正当防衛を主張する山下の担当弁護士となった深山(松本)は、山下の証言に違和感を覚え、独自の捜査を始める…。初共演となる2人の掛け合いも見どころのひとつになている。  山下という役柄について「殺人を起こしてしまった男なのですが、主人公の深山と触れ合うことで、彼の奥にあるものが明かされていきます」と語る風間。また、「今回の役をしっかり演じたら、このドラマがシリーズ化されたとしても二度と出演ができないはずの役」と意味深な発言をし、「二度目の出演がないように、しっかり刻みにいきたいなと思っています」と笑顔で語った。  TBS日曜劇場『99.9 ‐刑事専門弁護士‐』は4月17日(日)21時スタート。

  • ミュージカル『クロスハート』12月上演

    中山優馬、ミュージカル初挑戦! ジャニーズ先輩・屋良朝幸とW主演

    エンタメ

     中山優馬と屋良朝幸のダブル主演によるミュージカル『A NEW MUSICAL クロスハート』が、2016年12月に上演される事が発表された。本作が初ミュージカルとなる中山は「今は楽しみとプレッシャーが入り混じった不思議な気分です」と心境を語っている。@@cutter 本作は2007年1月に30分のミニミュージカル『ワン・ハート』として上演され「是非一本化して上演してほしい!」との多くのリクエストにより公演が決定。演出・振付・出演も行うエンターテイナーの玉野和紀脚本で、神のいたずらによって時代と環境を超えて、その関係が交錯してしまう運命をたどる登場人物たちを描く。  今回の出演に関し中山は「ダンスを教えてもらったり振付をしてもらっている僕の師匠、屋良くんと共演できることをとても嬉しく思っています」と屋良との共演に期待を寄せる一方で、初ミュージカルにプレッシャーを感じていることも語りながら「玉野さんと屋良くんにたくさん勉強をさせて頂きながら、そして自分自身が楽しみながらお客様の心を動かす力を持ったミュージカルにしたいと思います」と舞台への意気込みを語っている。  過去に玉野による作品『道化の瞳』で主演した屋良は「役者としても人生でも大先輩の玉野さんには感謝の心でいっぱいです。オリジナルに強くこだわって突き進んでこられた玉野さんの作品にまた出演させて頂ける事を本当に嬉しく思います」と、再度の出演に心躍らせ、「後輩の中山優馬とミュージカルで共演する事は初めてなので、2人でステージに立った時にどのような化学反応が起こるのかが楽しみです」と中山との共演を心待ちにしているようだ。

  • 『暗殺教室~卒業編~』製作報告会見に出席した菅田将暉

    二宮和也、山田涼介に焼肉を奢りケチ返上!? 嵐・櫻井からも「嘘だろ」

    映画

     コミックス累計発行部数2000万部を超える超人気コミックの実写映画第二弾『暗殺教室~卒業編~』の製作報告会見が22日に都内で行われ、キャストの山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平、さらには原作者の松井優征、羽住英一郎監督が出席した。@@cutter 本作は、2015年3月に実写映画化され興行収入27億円を超えたヒット作『暗殺教室』の完結編。1年後の地球破壊を宣言する謎のタコ型超生物殺せんせーと、破壊を阻止するため殺せんせー暗殺ミッションが課せられた生徒たちの成長を描き、続編となる今作では殺せんせーの悲しい過去が明かされていく。  撮影ではかなり本格的なアクションが繰り広げられたそうで、山田は、中でも菅田との一騎打ちのシーンが大変だったと言う。「今だから言えるけど、何発かもらいました。二人とも砂埃で目が開けられない状態でやっていたので、感覚だけでぶつかり合っていたんです」と明かすと、「反省した」と悲し気な顔を見せる菅田。それ対し「いいのよ」と笑顔で返す山田に、菅田は「優しいんですよ」と褒めるなど、仲睦まじいやり取りを繰り広げる。  また会見では、前作より殺せんせーの声を担当し、今作では殺せんせーの過去の姿である最強の殺し屋・死神役も演じた二宮。普段“ケチ”として知られている二宮だが、山田やスタッフに豪華焼肉を奢ったという話が上がる。二宮は大きな声で「やめましょうよ。えっ、山田くん、言いなさい。ちゃんと」と、山田に詳細を話すように促したが、「このエピソードを嵐の櫻井翔くんに言ったら、“嘘だろ”と言われました(笑)」と明かした。  現在22歳の山田だが、15歳の中学生の役を演じることについては、「まだまだ捨てたもんじゃないな、と。学生の役は30歳くらいまでは(できそう)」とニヤリ。二宮が「俺、この間中学生の役やったよ」と余裕をみせると、山田も「まだまだOKです(笑)」と満面の笑みを見せた。  『暗殺教室~卒業編~』は、3月25日より全国東宝系にて公開。

  • 滝沢秀明、「攻めるより攻められたい」

    滝沢秀明、「攻めるより攻められたい」Mっ気告白

    エンタメ

     タッキーこと滝沢秀明が17日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にゲストとして出演した。滝沢は事務所の後輩ではあるものの、城島茂曰く「タッキーって完璧なイメージがある。だから攻略法がわからない」のだという。長瀬智也から自身が女性だったら滝沢をどう攻める?と発想の転換を促された城島は「炉端焼きみたいな居酒屋な感じのお店に行きたい」と伝えると、滝沢も「僕も高級なお店よりそういうお店の方が好きですね」と答え、思いが通じた。@@cutter 一方、山口達也は「オレがもし女だったら、家で嫌がるんだろうけどベタベタしようとする。タッキーってすぐに照れた笑い方をするから、そこにMっ気が見えるよね」と滝沢を評すると、滝沢も「そうかもしれないですね。普段は願望としては男らしくSっぽくしていたいですけど、ちょっとふとした時に…」と続く。「じゃあ、赤ちゃん言葉とか使ったりするの?」と国分太一が質問を重ねると、「赤ちゃん言葉はないですけどね。ただ、攻めるより攻められたいっていうのはありますね」と語る。  ほかにも、滝沢は「昨年、V6がデビュー20周年だったので、当時バックをやっていたメンバーの同窓会みたいなことをやりました」と告白。「嵐とか山下智久とか生田斗真とかでV6の曲を歌いました」と明かすと、TOKIOのメンバー一同「いいねえ。それは」と相づちを打った。  事務所の先輩・後輩ということで、話題はジャニーズ関連が続き、国分が「夜中12時に呼ばれても、外に出る?」と聞くと、滝沢は「相手によりますね。マッチさんや東山(紀之)さん、TOKIOの皆さんはもちろん行きます」と返答。V6、嵐、KinKi Kids、関ジャニ∞も行くと答えるが、山口が滝沢の後輩となる「NEWSは?」と聞くと、「NEWS?」と思わず声が裏返ってしまった。

  • 『黒崎くんの言いなりになんてならない』完成披露舞台挨拶に登壇した千葉雄大

    セクゾ中島健人&千葉雄大、シャワーシーンでのドS指令に「あんなキワキワまで…」

    映画

     中島健人(Sexy Zone)が1日、都内で開催された映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』の完成披露舞台挨拶に、共演の小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太らと出席。映画にまつわるトークを繰り広げ、ドキリとする発言で女性ファンが多く詰めかけた会場を盛り上げた。@@cutter 本作は、累計120万部を超える同名少女漫画を原作としたラブストーリー。“悪魔級ドS男子”、「黒悪魔」こと黒崎晴人と、黒崎に「絶対服従」を命じられて翻弄されるヒロイン赤羽由宇を中心に、“エロキュン”な学園ドラマが展開される。  黒崎を演じる中島は、「(舞台挨拶の間)僕らの言いなりになってください」と挨拶。「ラブストーリーは初めて」ということだが、「自分が出ている映画にもかかわらず、すごい胸キュンしちゃいました。一つひとつのシーンにしっかりエロキュンシーンがあるので興奮する」と感想を述べた。  ヒロイン・赤羽役の小松菜奈は、中島と千葉が顔を近づける“千葉ドンシーン”に「すごい衝撃を受けた。そういう映画だったかな…」とアタフタしたことを明かしてニコリ。二人のイケメンに挟まれる役どころについて、「“翻弄される側”を楽しく演じさせて頂きました」と満足気な様子を見せた。  また、中島は劇中のシャワーシーンについて「あんな風に上から喉元に当てて“アチー!”とシャワーを浴びるのは初めて。しかもあんなキワキワまで…」と監督やプロデューサーから、バスタオルをギリギリまで下げるドS指令が下ったことを告白。千葉も監督から「“エロく浴びてください”と指示された」と語り、ボディーソープのCMをイメージして艶やかに演じたという。  舞台挨拶終盤には、中島が黒崎になりきって、渋い声で「お前はおれの奴隷だ。この映画を観たら、お前は俺の彼女だ」とドSな挨拶で締めくくり、来場した女性ファンから黄色い悲鳴を浴びた。  映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は、2月27日より全国ロードショー。

  • ドラマ『フラジャイル』第5話に安田章大(関ジャニ∞)がゲスト出演

    関ジャニ∞・安田章大、長瀬智也とドラマ初共演「すごさを改めて知った」先輩から刺激

    エンタメ

     長瀬智也(TOKIO)が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『フラジャイル』に、安田章大(関ジャニ∞)がゲスト出演することがわかった。安田が映像作品に出演するのは、2014年公開の映画『エイトレンジャー2』以来およそ2年ぶりのことであり、長瀬とは初共演。さらに今回、自身初の保育士、そして患者、かつ余命に限りある人物…と、“トリプルファースト”の役柄に挑む。@@cutter 原作は、「アフタヌーン」(講談社)にて連載中であり、コミックス累計数55万部突破の人気を誇る同名漫画。「強烈な変人だが、極めて優秀」な偏屈イケメン天才病理医・岸京一郎が、白衣は着ずに手術もせず、毒舌で周囲と対立しながらも絶対に命を救う姿を描くこれまでにない全く新しい医療エンターテインメントだ。  安田が演じるのは、第5話に登場する末期がんの患者・小早川洋行。親も彼女もおらず、すでに死ぬことを覚悟しながら保育士として働いており、余命1年の宣告を受けて緩和ケア科へ入院する。「やりたいことも無く、むしろ余命1年は長いくらい」と話し、泰然としているように見えながら、自分の人生に果てない諦めを抱えている小早川。そんな彼に対して岸は…。  安田は、事務所の先輩である長瀬との初共演に「言葉の重み、身振り手振り、岸先生のひょう依…長瀬智也さんに刺激を受けた、ということよりも、長瀬さん演じる岸先生に刺激を受け、素直に演じきることができました。そして、ただただ長瀬さんのすごさを改めて知りました」と感銘を受けた様子。  また、原作漫画のある作品への参加も初めてだが「精一杯、原作と自分の経験値を織り交ぜて演じたつもりです」と語り、「僕なりの思いをお芝居に込めて演じたつもりでいます。是非とも、“フラジャイルの小早川”に期待してください」とアピールした。  ドラマ『フラジャイル』は、フジテレビ系にて毎週水曜22時より放送。安田が出演する第5話は2月10日放送。

  • 『スマスマ』生放送にSMAP登場、後輩・櫻井翔は何を感じたのか? (※イメージ写真)

    嵐・櫻井翔、SMAP木村のコメントに「後輩としてショックを受けた」

    エンタメ

     18日放送のフジテレビ系バラエティ『SMAP×SMAP』で生放送が行われ、SMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)が登場。解散報道後、5人揃って今回の件について語るのは初めて。また、日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』月曜日キャスター担当の嵐・櫻井翔も『SMAP×SMAP』生放送の感想についてコメントした。@@cutter<今回の生放送でSMAP5人が語ったコメント全文>  木村「今日は2016年1月18日です。先週から、我々SMAPのことで世間をお騒がせしました。そしてたくさんの方々にたくさんのご心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だと、SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔をそろえて、みなさんにご報告することがなによりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったんですが、このような時間をいただきました」。  稲垣「この度は、僕たちのことでお騒がせしてしまったこと、申し訳なく思っています。これからの自分たちの姿をみて頂き、そして応援していただけるように精一杯頑張っていきますので、これからも宜しくお願いいたします」。  香取「本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。みなさまと一緒に、また今日からいっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。よろしくお願いします」。  中居「今回の件で、SMAPがどれだけ皆さんに支えていただいているのかということを改めて強く感じました。本当に申し訳ございませんでした。これからも宜しくお願いいたします」。  草なぎ「皆さんの言葉で気付いたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村君がつくってくれて、いま僕らはここに立てています。5人でここに集まれたことを安心しています」。  木村「最後に、これから自分たちは何があっても前をみて、ただ前をみて進みたいと思いますので、みなさん宜しくお願いします」。  この『SMAP×SMAP』生放送について、SMAPが所属するジャニーズ事務所の後輩、嵐の櫻井翔は『NEWS ZERO』番組内で「このままの状態だとSMAPが空中分解になりかねない"という木村さんの言葉に、後輩としてはショックを受けました。メンバーの皆さんが語られていたその表情、そしてあの『ただ前を見て進みたい』という言葉が、印象に残りました」と硬い表情でコメントした。

  • SMAP解散騒動について、メンバーが生放送で心境を語る (※イメージ写真)

    SMAP、生放送で解散騒動を謝罪 「また一緒に笑顔を作っていきたい」

    エンタメ

     解散騒動を受けてSMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)の5人が18日、「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の生放送に登場し、現在の心境を明かした。第一声、木村は「先週から我々SMAPのことでたくさんの皆様方にご迷惑をおかけしました。空中分解になりかねない状態だと思いましたので、5人がしっかりと顔をそろえて、皆さんに報告することが何より大切だと思い、このような時間をいただきました」と切り出した。@@cutter 続いて稲垣は「応援していただけるように精一杯頑張っていきますのでよろしくお願いします」と一礼し、香取は「たくさんの方を不安にさせてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪しつつ、数秒間の沈黙後「みなさまと一緒に、また今日からいっぱい笑顔を作っていきたい」と今後の意気込みを語った。  リーダーの中居は「今回の件でSMAPがどれだけ皆さんに支えてもらっているか、強く感じました。これからも宜しくお願いいたします」とメッセージを残し、草なぎは「今回の件で気付いたことがたくさんありました。今回木村君がジャニーさんに謝る機会を作ってくれて、いま僕らはここに立つことができました」と状況を説明。最後に木村が「自分たちはなにがあっても前を見て進みたいので、宜しくお願いします」と呼びかけ、5人は深々と頭を下げた。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access