2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題

2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット

2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット

2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット2匹のネズミが子猫のお世話? NYにある猫カフェが話題 ※海外メディア「People」のスクリーンショット

 ニューヨーク、ブルックリンの猫カフェでは、2匹のネズミ、エミルとレミーが子猫のお世話係をしている。一般的に敵対する関係と考えられているネズミと猫だが、保護された環境のもと2匹は母性を発揮しているようだ。海外メディアPeopleが伝えた。

続きを読む »

 Brooklyn Cat Cafeを運営するのは動物福祉団体Brooklyn Bridge Animal Welfare Coalition(BBAWC)のボランティアスタッフだ。オープンしてから1年以上が経ち、最近ではインスタグラムで各地の動物好きたちの心を捉えている。

 7月7日には、ネズミが子猫の水浴びを助ける様子をインスタグラムに投稿。エミルが丁寧に子猫の毛づくろいをする様子が映されている。またレミーもカフェの猫たちの面倒を見ているという。

 BBAWCのエグゼクティブディレクター、アン・レヴィンはHuffington Postに対し、「親を亡くし、ワクチンを注射するには幼すぎる子猫たちは、他の猫たちから隔離する必要があります。ネズミたちはそうした子猫たちと共に時間を過ごします」と話す。

 また「一緒に遊ぶのに、子猫はネズミとピッタリなサイズなのです。そしてネズミたちは子猫たちを怖がらず逃げもしないので、猫たちも傷つけません」。さすがにネズミのしっぽには反応してしまうそうだが、優しくじゃれている限り、レミーとエミルは気にしないそうだ。

 またレヴィンは、自宅で猫とネズミを近づける際には十分な準備をするよう呼びかける。レミーとエミルは若いうちから子猫と過ごすことに慣れ親しんでおり、猫たちには行き届いた餌やりと監視がなされているという事を加えた。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP