天才か?ただの“でくのぼう”か!? 驚天動地の“大逆転”実話「のぼうの城」、予告第1弾ついに公開!!

「のぼうの城」

「のぼうの城」 (C)2011「のぼうの城」フィルムパートナーズ

  その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の月日を要した史上最大級の戦国エンタテイメント超大作「のぼうの城」(11月2日公開)。犬童一心×樋口真嗣による異例の“ダブル監督”、さらに狂言界の至宝にして「陰陽師 II」(03)以来9年ぶりの映画主演となる野村萬斎を主演に迎えた今年最大の話題作「のぼうの城」の予告編第1弾が解禁となった。

続きを読む »

  脚本は、脚本家の登竜門と言われる「城戸賞」を2003年に受賞した和田竜のオリジナル。その脚本をもとに和田自ら書き下ろした小説は、第139回直木賞にノミネート、2009年本屋大賞2位を受賞。歴史小説ファンに加え、若年層・女性層の幅広い支持を集め、累計130万部を突破し、部数を伸ばし続ける大ベストセラーだ。

  そんな原作を、「ゼロの焦点」(09)の犬童一心と「日本沈没」(06)の樋口真嗣による異例の“ダブル監督”で壮大なスケールのもと映画化。主演の野村萬斎ほか、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、市村正親、鈴木保奈美、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜の豪華キャスト陣が両軍の痛快で愛すべきキャラクターを演じ、喜怒哀楽に溢れた濃密な人間ドラマを繰り広げる。

  実在した人物・成田長親は稀代の名将だったのか?それともただの大馬鹿ものだったのか?この度公開された予告編第1弾では、長親のコミカルなシーンや、愛すべきキャラクターたちが織りなす濃密な人間ドラマ、そして誰も見たことのない、興奮と感動を期待させる映像が織り込まれている。

  天下統一目前の豊臣秀吉は、唯一残された敵=北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす「忍城」もその一つ。そんな中、忍城では、その不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれる成田長親が城を治めることに。迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、「北条にも豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気な長親だったが、秀吉より預かった2万の兵を進め忍城に迫る石田三成軍に思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」!たった500人の軍勢VS2万人の大軍。驚天動地の戦いの火ぶたが切って落とされた…!

  「のぼうの城」は11月2日(金)、全国超拡大ロードショー。

PAGE TOP