超大作「のぼうの城」エレカシ主題歌音源解禁!迫力の本予告映像が公開

本予告映像解禁

本予告映像解禁 (C)2011「のぼうの城」フィルムパートナーズ

その圧倒的なスケールゆえ、映画化実現まで8年の月日を要した、興奮と感動のスペクタクル・エンタテインメント超大作「のぼうの城」。11月2日(金)からの公開を前に、本作に感銘を受けたエレファントカシマシによる主題歌音源、そして迫力の本予告映像が解禁となった。

続きを読む »

本予告映像は、エレファントカシマシが書き下ろした主題歌「ズレてる方がいい」の楽曲にあわせ、豊臣軍2万人VS忍城軍500人の大規模な合戦や、圧倒的勢力の石田三成が仕掛ける驚天動地の“水攻め”戦術、そして両軍の痛快で愛すべキャラクターたちが織りなす濃密な人間ドラマなど、見どころ満載の映像に仕上がっている。本映像は、明日7月14日(土)より全国の主要劇場に登場予定だ。

累計130万部を突破した和田竜による同名大ベストセラーを、日本を代表する監督=犬童一心&樋口真嗣がタッグを組んで映画化した本作。主演の野村萬斎は公開に先立ち、「“乗り越える力”を信じられる作品だと思います。迫力の合戦シーンはもちろん、親子愛・友情・ロマンス、様々な要素がぎっしり詰まっており、人の死や生きるということも描かれています。本当に盛り沢山で、老若男女みな楽しめる、三世代で手を繋いで観に来て頂きたい作品。人間臭さも垣間見られる希望に満ち溢れた群像劇を、どうぞご期待ください」とコメントを寄せている。

天下統一目前の豊臣秀吉は唯一残された敵=北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす「忍城」もその一つ。そんな中、忍城では、その不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)”と呼ばれる成田長親が城を治めることに。迫りくる天下群に緊迫する仲間たちを前に、長親は「北条にも豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気な長親だったが、秀吉より預かった2万の兵を進め忍城に迫る石田三成軍に思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」!たった500人の軍勢VS2万人の大軍。驚天動地の戦いの火ぶたが切って落とされた…!

「のぼうの城」は11月2日(金)、全国超拡大ロードショー

PAGE TOP