TSUTAYA映画ファン賞2012受賞作品決定!「テルマエ・ロマエ」が圧倒的人気

【日本映画部門】 1位「テルマエ・ロマエ」

【日本映画部門】 1位「テルマエ・ロマエ」(C)2012 フジテレビジョン/東宝/電通/エンターブレイン

【日本映画部門】 2位「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」【日本映画部門】 3位「のぼうの城」【日本映画部門】 4位「るろうに剣心」【日本映画部門】 5位「BRAVE HEARTS 海猿」【日本映画部門】 6位「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」【日本映画部門】 7位「黄金を抱いて翔べ」 【日本映画部門】 9位「悪の教典」【日本映画部門】 10位「おおかみこどもの雨と雪」【外国映画部門】 1位「アベンジャーズ」【外国映画部門】 2位「ダークナイト ライジング」【外国映画部門】 3位「007 スカイフォール」【外国映画部門】 5位「アメイジング・スパイダーマン」【外国映画部門】 6位「バイオハザードV: リトリビューション」【外国映画部門】 7位「メン・イン・ブラック3」【外国映画部門】 8位「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」【外国映画部門】 9位「ドラゴン・タトゥーの女」【外国映画部門】 10位「スノーホワイト」

 2012年公開の映画から映画ファンが本当に感動した、面白かった映画を選ぶ「TSUTAYA映画ファン賞2012」。日本映画部門では「テルマエ・ロマエ」、外国映画部門では「アベンジャーズ」が受賞したことがわかった。

続きを読む »

 「テルマエ・ロマエ」は、マンガ大賞2010と手塚治虫文化賞を受賞したヤマザキマリのベストセラーコミックを実写映画化した作品で、古代ローマで浴場の設計をするルシウスが現代日本にタイムスリップし、騒動を巻き起こすコメディだ。主演は阿部寛と上戸彩が務め、映画も大ヒットを記録した。同賞では、男女共に最多得票で1位、年代別でも20代~50代で1位を獲得しており、幅広い層からの支持が集まっている。

 一方の「アベンジャーズ」は、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクなど、マーベルコミックスのヒーローたちが集結して壮大なバトルを繰り広げる見所たっぷりの映画。多くのヒーローたちが一同に介し、同じ画面で見られる場面はまさに見もの。マーベルコミックスファンならずとも興奮すること間違いなしだ。同賞では、特に男性からの高い支持が寄せられ、総合1位の座に輝いている。さらに、年代別でも10代~50代までの年代で得票数1位を獲得している。

 日本映画部門の2位には「踊る大走査線 THE FINAL 新たなる希望」、3位には「のぼうの城」が、外国映画部門2位には「ダークナイトライジング」、3位には「007 スカイフォール」がそれぞれランクイン。

 また女性獲得数では総合順位と違い、外国映画部門1位は、車いす生活を送る大富豪とスラム出身の青年の友情を描いた「最強のふたり」が受賞している。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP