“相棒”史上最高密度のミステリー!『相棒-劇場版III-』特報映像が解禁

水谷豊&成宮寛貴、新相棒による初の映画版!

水谷豊&成宮寛貴、新相棒による初の映画版!

 本日10月16日、ついに放送開始した『相棒season12』。その中で劇場版の15秒映像が放送されたが、この度ロングバージョンの『相棒-劇場版III-』特報映像が解禁となった。

続きを読む »

 2000年の誕生以来、10年以上にわたり圧倒的な高視聴率とともにファンに支持され続けているモンスタードラマ『相棒』。水谷豊扮する杉下右京の“相棒”も寺脇康文・及川光博に続き、昨年の「season11」より成宮寛貴に変わり、右京との新鮮なコンビネーションで「相棒」ワールドに新たな魅力と可能性をもたらしている。

 さらに、映画でも『相棒-劇場版-』(08)の大ヒットを皮切りに、『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(09)、『相棒-劇場版II-』(10)、『相棒シリーズ X DAY』(13)でヒットを飛ばし、映画界においても唯一無二のモンスターコンテンツとして不動の地位を確立。そして、本日スタートした新シーズンのドラマとともに、テレビ朝日開局55周年記念作品として、『相棒-劇場版III-』が2014年GW公開となる。

 解禁された映像には、鍵となる絶海の孤島や、謎の武装集団、ジャングルの中を走り抜ける相棒の二人が描かれている。ある種、密室と言える島での事件に対して、右京と亨はどう立ち向かうのか、期待が高まる。

 「男性が馬に蹴られ死亡した事故」を報じた新聞の小さな三面記事。それは、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)にはありふれた記事に見えた。一方、元警視庁特命係、現警察庁長官官房付・神戸尊(及川光博)は、その記事を発端に、上司である警察庁次長・甲斐峯秋(石坂浩二)より密命を受ける。事故は、ある実業家が個人所有する東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ島で起き、そこでは元自衛隊員たちが共同生活を送っているという。そして、島には妙な噂があることがわかり、それを特命係に調査をさせようというのだ。果たしてその噂とは? 絶海の孤島で特命係を待ち受けるものとは? 巨大な密室で今“事件”がはじまる。

 『相棒-劇場版III-』は、2014年GW全国公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP