成宮寛貴、及川光博のNGシーン絶賛!? 『相棒‐劇場版』新作で新旧相棒の共演実現

『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて

『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて

『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて水谷豊、成宮寛貴『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて水谷豊、成宮寛貴『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて水谷豊、成宮寛貴『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて水谷豊『相棒-劇場版III‐』製作報告会見水谷豊『相棒-劇場版III‐』製作報告会見水谷豊『相棒-劇場版III‐』製作報告会見成宮寛貴『相棒-劇場版III‐』製作報告会見成宮寛貴『相棒-劇場版III‐』製作報告会見及川光博『相棒-劇場版III‐』製作報告会見及川光博『相棒-劇場版III‐』製作報告会見及川光博『相棒-劇場版III‐』製作報告会見伊原剛志『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて伊原剛志『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて石坂浩二『相棒-劇場版III‐』製作報告会見石坂浩二『相棒-劇場版III‐』製作報告会見宅麻伸『相棒-劇場版III‐』製作報告会見宅麻伸、釈由美子『相棒-劇場版III‐』製作報告会見釈由美子『相棒-劇場版III‐』製作報告会見和泉聖治監督『相棒-劇場版III‐』製作報告会見

 映画『相棒‐劇場版III‐』の製作報告会見が12日、品川プリンスホテルにて行われ、水谷豊、成宮寛貴、伊原剛志、釈由美子、宅麻伸、及川光博、石坂浩二、和泉聖治監督が登壇した。

続きを読む »

 テレビシリーズのスタートから12年、これまでシリーズとして4本の劇場版が製作され、今秋スタートした『season12』も初回視聴率19.7%を記録するなど、モンスターコンテンツとして成長した『相棒』。特命係の2人がメインとして活躍する作品としては約3年半ぶりとなる本作の舞台は、東京から300キロ離れた絶海の孤島“鳳凰島”。そこで起きたある事故の調査に特命係の2人が赴き、島に隠されたある"謎"に立ち向かう。

 杉下右京を演じる水谷は「最近は水谷さんと呼ばれるよりも、『杉下さん』、『右京さん』と呼ばれることが多くなってまいりました。これは、まさに相棒の力だと思います。これからはもう割り切って杉下右京でいようかな(笑)」と笑顔で挨拶し、「テレビシリーズが始まった時の夢が映画化でしたので、寺脇(康文)さんと1本目の映画ができた時は『夢が叶った』と思い、2本目は及川みっちゃんと、そして3本目はナリヒロ(成宮寛貴)と映画を作ることが出来て本当に感無量です」と喜びを語った。

 劇場版初登場となる甲斐享役の成宮は「僕は普段ナリヒロって呼ばれたことないですから(笑)」と水谷にツッコミを入れるも、「僕は映画ということで緊張してたのですが、水谷さんに『ドラマの雰囲気を変えず、2人のコンビネーションを大事にしよう』とアドバイスをいただいてからは落ち着いて撮影に臨むことが出来ました」と水谷に感謝の気持ちを述べながら、撮影を振り返った。

 また、本作では成宮と及川による新旧相棒の共演が実現。共演シーンについて成宮は「すごく勉強になりました! こうやってNGを出せばいいのかと(笑)。及川さんはNGのリカバーがすごく上手!」と及川の演技を絶賛したものの、及川は「共演シーンは台本15ページくらいあったので楽しむ余裕なんてなかった(笑)。緊張して脇汗かきましたよ!」と苦労をにじませていた。

 『相棒‐劇場版III‐』は2014年4月26日より全国公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP