るろうに剣心 関連記事

  • 土屋太鳳、『るろ剣』アクション練習風景公開「5年前の私です」

    土屋太鳳、『るろ剣』アクション練習風景公開「5年前の私です」

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が30日、自身のインスタグラムで、出演した映画『るろうに剣心 京都大火編』のアクションの練習風景を収めた動画を公開した。ファンからは「太鳳ちゃんの身体能力に脱帽!」などの声が上がっている。@@cutter 家族から『るろうに剣心 京都大火編』のテレビ放送の連絡を受けたという土屋。CM等で巻町操を演じた自身の姿を見つけたことが嬉しかったようで、「操ちゃんを演じるにあたって初めて本格的に取り組んだアクションの練習での動画を何回か載せようと思います」と言葉を添え、アクションの練習風景を収めた3つの動画を公開。「ちなみに5年前の私です」とも記している。  飛び蹴りや関節技を見事に決める土屋の姿を収めた動画を見たファンからは、「跳び蹴りされたい」「カッコエエ」「運動神経良いから決まってる」「動きがキッレキレ、素晴らしいです」「太鳳ちゃんの身体能力に脱帽!」「熱量がすごい」などのコメントが寄せられている。  土屋が出演した『るろうに剣心 京都大火編』は、和月伸宏による漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(集英社)の実写版第2弾。土屋は、主人公・緋村剣心(佐藤健)と戦う江戸城御庭番衆の頭・四乃森蒼紫(伊勢谷友介)を慕う巻町操を演じた。 引用:https://www.instagram.com/taotsuchiya_official/

  • 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』

    藤原竜也は“クズ”が似合う!? これまで演じたぶっ飛んだ役を紹介

    映画

     藤原竜也・伊藤英明が初共演を果たす映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』が、6月10日より全国公開となる。“クズ俳優”の異名を持つ藤原は、これまで数々の強烈なクズを演じて人気を博してきたが、本作でも新たなクズ役を熱演している。今回は、藤原が演じてきた代表的なクズ役を振り返るとともに、本作で演じる殺人犯・曾根崎のクズっぷりを紹介する。@@cutter 映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件から22年後に、自身の犯行を告白した曾根崎雅人(藤原)と、犯人を22年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)が繰り広げるサスペンスを描く。出版した本を手に、会見・サイン会・TV出演とキャンペーンを展開していき、一躍時の人となっていく曾根崎。彼は5人目の標的でもあった牧村に向かって「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ」という衝撃的な言葉を放つ。  藤原はこれまで務めてきたクズ役でも記憶に残るセリフを残してきた。借金漬けの自堕落な青年・伊藤カイジ役を務めた『カイジ ~人生逆転ゲーム~』では、高額なビールを我慢できず飲んでしまったときに放った「キンキンに冷えてやがる」というセリフが印象的。山田孝之と共演した『MONSTERZ モンスターズ』では「思い通りにならないやつはいらない。俺の世界から出て行け」という超自己中なセリフも披露した。  また、幼女を殺害した凶悪犯・清丸国秀を演じた『藁の楯 わらのたて』では、「反省しています。どうせ死刑になるなら、もっとやっとけばよかったかなって」と衝撃発言。さらに、人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心 京都大火編』では、カリスマ的な悪・志々雄真にふんし、「強ければ生き、弱ければ死ぬ。単純明快な真実だ」という名言を残している。  映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は6月10日より全国公開。

  • 佐藤健、書籍『るろうにほん 熊本へ』発売 熊本地震復興のため自ら企画

    佐藤健、書籍『るろうにほん 熊本へ』発売 熊本地震復興のため自ら企画

    エンタメ

     俳優・佐藤健が、書籍『るろうにほん 熊本へ』を発売することがわかった。本書は、熊本県内各地での魅力あふれる人々との出会いから、守るべき日本の伝統文化と、そしてその未来について考える、“ロードムービー的BOOK”。さらに、書籍の売り上げの一部は熊本の地元自治体に寄付される。@@cutter 熊本は、佐藤主演の映画『るろうに剣心』の撮影で度々訪れており、縁の深い場所。今回、熊本地震の復興に少しでも役に立てたらと佐藤自らが本書を企画、熊本の地元自治体の協力のもと、昨年7月と8月に、熊本県内にて撮影が行われた。  本書の中で佐藤は、熊本市、阿蘇市、南阿蘇村、宇城市、上天草市、合志市、高森町、産山村を巡っており、熊本のおいしい食べ物や素敵なお店、風景など、ガイドブックとしても活用できるよう、様々なスポットも紹介している。また、震災直後の熊本城や阿蘇神社の写真も収められており、忘れてはいけない震災の記録としても貴重な資料となっている。  撮影を終えて、佐藤は「今回旅したところはすべて本当に素敵なところばかりですし、まずはこの本に載っている場所を起点に、ぜひ行って、味わって、経験してみてください。そして、その先てのみなさんがまだ見ぬ素敵な場所を見つけてくれたら、より嬉しく思います」と自身の熊本への思いとともに、本書をアピールしている。  『るろうにほん 熊本へ』4月14日発売。

  • 土屋太鳳、緋村役・佐藤健が撮影した写真を公開 『るろ剣』への思い※土屋太鳳インスタグラム

    土屋太鳳、緋村役・佐藤健が撮影した写真を公開 『るろ剣』への思い

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が22日、自身の公式インスタグラムを更新。映画『るろうに剣心』シリーズで共演した佐藤健が撮影した写真を公開し、「“巻町 操”という役に出会えたことは本当に奇跡だった」と同作への思いを綴っている。@@cutter 『るろうに剣心』は、幕末の志士として暗躍した「人切り抜刀斎」こと緋村剣心が、明治の世を舞台に繰り広げる戦いを描いた人気漫画。2012年に佐藤を主演に迎えた実写映画一作目が公開し、土屋は二作目の『るろうに剣心 京都大火編 』と三作目の『るろうに剣心 伝説の最期編 』に、剣心とともに戦う少女・巻町操役で出演していた。  土屋は「昨日の夜、ひさしぶりに観た映画『るろうに剣心』の世界。この作品と“巻町 操”という役に出会えたことは本当に奇跡だったと、あらためて思い知りました」と言葉を添えて、操の衣装に身を包んで笑顔を見せる自身の姿を公開。また、「感謝をこめて今を生きようと思います。次の奇跡に辿りつくためにも。懐かしい写真!実は、Photo by 緋村。ありがとうございます」と撮影したのが佐藤だったことを明かしている。  写真を見たファンからは、「操ちゃんのアクションは本当にかっこよくて引き込まれました」「操ちゃん可愛い」「面白い役どころだったね!」といったコメントが寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/taotsuchiya_official/

  • 佐藤健が実写版『亜人』で主演!

    『亜人』、佐藤健主演で実写映画化!「楽しみに待っていて頂いて大丈夫」と自信あり

    映画

     2012年より「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の、桜井画門による人気コミック『亜人』が、佐藤健主演で実写映画化されることが決定。主人公の永井圭を演じる佐藤は「楽しみに待っていて頂いて大丈夫」と自信をのぞかせている。@@cutter 原作では、殺しても死なず、何度でも命をリセットできる新人類、通称・亜人と化した主人公の圭が、国家権力と繰り広げる熾烈な戦いが描かれてきた。佐藤は原作について「二年ほど前に今回のお話をいただき、すぐに原作を読みました。一読者として楽しませて頂いたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました」とコメント。  その理由については、「原作を映画化する意義がしっかりと見えたからです。それは、“死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる“ということです」と話し、「絶対に死なない亜人は殺してもすぐに復活するため、捕獲拘束するために麻酔銃などで眠らせようとします。戦闘中腕に刺さった麻酔が全身に巡ることを避けるため自らで麻酔の刺さった腕を切り落としながら、更に自らで自らの頭を銃で撃つ(リセットする)ことで損傷された腕を復活させながら、俳優たちが戦闘している『画』が見えました」とも語っている。  メガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督。本広監督は、「佐藤さんはずっとご一緒したいと思っていた役者の一人で、クールで達観したように見えて、実は熱いものを芯に秘めている感じが、本作の主人公にぴったりだと制作陣と満場一致で決定しました。『るろうに剣心』で魅せた身のこなしも、アクションが肝の今作で現場を引っ張ってくれる存在になるのではと期待しています」と佐藤に期待を寄せている。  映画『亜人』は2017年全国東宝系にて公開。

  • 中堅・若手俳優が活躍する注目時代劇作品をご紹介

    小栗旬、阿部サダヲ、松坂桃李、堺雅人… “時代劇”で活躍する中堅・若手俳優たち

    映画

     2016年1月…堺雅人、大泉洋、長澤まさみら旬の俳優陣が顔を揃えるNHK大河ドラマ第55作『真田丸』がスタートし、好調な滑り出しを見せている。作品によって賛否両論はあるものの、時代劇はやっぱり日本人の心に根付く不可欠なジャンルの一つ。とくに近年の映画業界では、未来を担う中堅・若手俳優陣が時代劇への出演を切望し、並々ならぬ意欲を見せている。@@cutter ここ1~2年を振り返ってみても、『るろうに剣心』シリーズの佐藤健、『蜩ノ記』の岡田准一(V6)、続編公開も決まった『超高速!参勤交代』の佐々木蔵之介や知念侑李(Hey!Say!JUMP)、『猫侍』シリーズの北村一輝、『駆込み女と駆出し男』の大泉洋や戸田恵梨香や満島ひかりなど、シリアスな王道ものから壮絶アクション、奇想天外なコメディまで、様々な切り口の時代劇が視聴者を楽しませ、俳優陣もこれをキッカケに新境地を拓いている。そして迎えた2016年も、『真田丸』の出航の合図と共に時代劇の話題作が続々と登場する。  まずは、1月23日公開の映画『信長協奏曲』。いきなり変化球で申し訳ないが、本作は同名人気コミックを開局55周年のフジテレビが「アニメ」「ドラマ」「実写映画」で一挙に描く大型プロジェクト。ドラマ版に続き、主人公の高校生・サブローと織田信長の1人2役に挑む小栗旬ほか、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)など、若手を代表する豪華俳優陣が集結している。もしも信長が現代からタイムスリップした高校生だったら…?と、SFと時代劇が融合した奇想天外な世界観が観る者を戦国時代へとタイムスリップさせてくれる。@@separator 一方、5月公開の映画『殿、利息でござる!』は、『武士の家計簿』の磯田道史原作を『予告犯』『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』で知られる中村義洋監督が映画化した実話ものだ。阿部サダヲ、妻夫木聡、瑛太、松田龍平、千葉雄大、重岡大毅(ジャニーズWEST)、竹内結子ら中堅・若手の実力派が勢ぞろい。江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に、年貢の取り立てや労役で疲弊した宿場町を救うため、藩に貸した金の利息を住民に配る「宿場救済計画」に尽力する人たちの姿を痛快に描いている。  また、昨年暮れには、中村勘九郎、松坂桃李が主演し大好評を博した舞台『真田十勇士』が、同キャストで映画化されることが発表され、時代劇初挑戦となる大島優子が共演者として名を連ねた。『天空の蜂』『20世紀少年』『TRICK<トリック>』などの名匠・堤幸彦監督がメガホンを取り、9月に公開を予定している。天下統一を目前にする徳川家康と豊臣秀吉の遺児・秀頼の対立が激化する中、真田十勇士は、果たしてどんな活躍を見せてくれるのだろうか?今からワクワクが止まらない。(文:坂田正樹)  現在、クランクイン!ビデオでは「人気俳優×時代劇」特集を実施中。本コラムで紹介した作品も一部配信を行っている。

  • 宝塚雪組公演『るろうに剣心』制作発表会の様子

    宝塚版『るろうに剣心』ビジュアル初お披露目 アニメ版剣心・涼風真世も登場

    エンタメ

     宝塚雪組公演『るろうに剣心』の制作発表会が都内にて行われ、話題を集めるビジュアルが解禁された。雪組トップスターの早霧せいな扮する緋村剣心、トップ娘役の咲妃みゆ扮する神谷薫、望海風斗扮するオリジナルキャラクターである伝説の新選組隊士・加納惣三郎ら、総勢8名がパフォーマンスを披露。さらにスペシャルゲストとしてアニメ版で剣心の声優を務めた元宝塚トップスター・涼風真世と、原作者の和月伸宏も登壇した。@@cutter これまでに『逆転裁判』シリーズ、『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』などを成功させてきた宝塚歌劇が、小池修一郎脚本・演出により、今度は超人気コミック『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』を初ミュージカル化する。早霧、咲妃は『ルパン三世~王妃の首飾りを狙え!~』で好評を得たコンビだ。  パフォーマンスで「おろ?」のセリフも披露した早霧は、「人斬りという過去を持ちながらも、より多くの人を笑顔にするという使命を持ちながら剣心は生きている。みなさんを笑顔にしたいという思いは自分と重なります」と挨拶。咲妃は「原作を読んだ時の印象を大切に、天真爛漫な薫を演じたいと思います」と意気込みを語った。  また涼風からは「興奮しました。まるで宝塚のために『るろうに剣心』があるのではないかと思いました」、和月からも「『るろうに剣心』は本当に恵まれている。バッチリ合っていて感動しました」との言葉が贈られ、オリジナルキャラを出す案は和月から出たことも明かされた。  ほか鳳翔大(相楽佐之助役)、彩風咲奈(斎藤一役)、彩凪翔(武田観柳役)、大湖せしる(高荷恵役)、月城かなと(四乃森蒼紫役)が登壇した。  宝塚雪組公演『るろうに剣心』は、宝塚大劇場にて2016年2月5日~3月14日、東京宝塚劇場にて4月1日~5月8日まで上演。

  • 土屋太鳳、「ベストアクション女優賞」優秀賞選出に感激

    土屋太鳳、「ベストアクション女優賞」受賞!「私を信じてくれて心から感謝」

    エンタメ

     女優の土屋太鳳が、「ジャパンアクションアワード2015」にて、「ベストアクション女優賞」優秀賞を受賞した。一般投票をもとに選出される同賞について、土屋は自身のブログでファンへの感謝の気持ちを綴るとともに、アクションへの強い思い入れや、映画『るろうに剣心』での撮影を振り返った。@@cutter ファンの投票によって自身が選ばれたことを知った土屋は、「本当に本当に、本当に嬉しいです…!ありがとうございます!」と大感激の様子。「アクションは、本当にずっと憧れ」「仕事をはじめてからは、アクションの作品に出演したいと七夕の短冊で願い続けてもきました」と並々ならぬ情熱を明かす。  今回のアワード選出のきっかけとなった『るろうに剣心』については「アクション部の方々は経験のない素人の私を信じてくださって、『出来るよ!きっと出来るよ!』と声をかけ続けてくださいました」と振り返る。  そして「『アクション』という言葉と『土屋太鳳』という名前を繋げて下さった『るろうに剣心』アクション部の方々と、現場や制作に関わられた全ての方々、観て下さった方々に、心から感謝をしたいと思います」と思いを込めた。  「ベストアクション女優賞」にはこのほか、武井咲、秋元才加、清野菜名、山本千尋が優秀賞に選出されている。

  • 『るろうに剣心』の世界が5日間だけ渋谷に復活!

    『るろうに剣心』5日限定で特別展示会開催! 佐藤健、伊勢谷友介ら着用の衣装も

    映画

     佐藤健主演の大ヒット映画『るろうに剣心 伝説の最期編』ブルーレイ&DVD、『るろうに剣心』全3作品を収めた「るろうに剣心 コンプリート Blu‐ray BOX」(数量限定生産)が1月21日より発売。それを記念して20日から、5日間限定でタワーレコード渋谷店にて、『るろうに剣心』スペシャル展示イベントが開催される。@@cutter 本イベントでは、数々の場面写真やキャラクターパネル、幻のポスターなどに加え、佐藤健や伊勢谷友介、藤原竜也ら『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』のキャスト陣が着用した劇中衣装や、小道具なども展示。めったに見ることのできない貴重なアイテムが勢揃いしている。  全シリーズを観た人も、これから観るという人も楽しめる展示会なので、『るろうに剣心』の世界が5日間だけ甦る貴重なこの機会を是非チェックして欲しい。  タワーレコード渋谷店8階「Spece HACHIKAI」にて、1月20日~24日(11時~21時)に開催。同店舗で「るろうに剣心 コンプリート Blu‐ray BOX」を購入した人には先着で『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』プレスシートを贈呈。※数量に限りあります。

  • 『るろうに剣心 伝説の最期編』ブルーレイ&DVD 2015年1月21日に発売

    るろ剣『伝説の最期編』早くもBD&DVD発売 120分超えメイキング映像も収録

    映画

     大ヒット映画『るろうに剣心 伝説の最期編』のブルーレイ&DVDが2015年1月21日に発売。「京都大火編/伝説の最期編」 の全貌を追った貴重なメイキング映像も収録した、ファン必携のアイテムだ。さらに同日、映画『るろうに剣心』3作品を全て収めた『るろうに剣心 コンプリートブルーレイBOX』も数量限定生産にて発売される。@@cutter 封切りからわずか3ヵ月半という驚異的早さでのリリースとなった『るろうに剣心 伝説の最期編』。ブルーレイ&DVD豪華版の特典映像ディスクには、全編ビジュアルコメンタリーとイベント映像集を収録。また初回生産限定特典として、特製アウターケース、デジパックの他、キャラクターカード10枚とオリジナルブックレットの封入を予定している。  さらに、ブルーレイ豪華版には120分を超える「京都大火編/伝説の最期編」メイキング映像を収録。全国縦断大規模ロケに密着し、キャストのインタビューから、撮影中のオフショット映像、稽古シーンなど舞台裏も交え、作品の完成までの道のりを追っている。藤原竜也が全身を覆う志々雄真実になる瞬間、剣心VS志々雄のラストバトル舞台裏など初公開映像も満載。  クランクアップで主演・佐藤健が「一生になかなかできない経験をさせて貰ったなっていう気持ちです。ともに戦ってくれてありがとうございました。支えてくれたから剣心でいることができました」と語る通り、極限まで追い込んだキャストの動き、表情。一切の妥協をしないスタッフ達の情熱が伝わる、珠玉のメイキング映像となっている。同時発売となるブルーレイボックスには、シリーズ3作品の本編ディスクと上記メイキングに加え、全ての作品の特典映像ディスク(DVD)も収録される。  また、アミューズ公式オンラインショップ「ASMART」で、同作のブルーレイもしくはDVDを購入すると、アスマートオリジナル特典『るろうに剣心 伝説の最期編』スペシャルディスク(DVD)が付属。他ではみられない秘蔵映像が収録されるとのことだ。  『るろうに剣心 伝説の最期編』ブルーレイ豪華版は7600円(税別)/DVD豪華版は5700円(税別)。ブルーレイ通常版は3800円(税別)/DVD通常版は2900円(税別)。

  • 『るろうに剣心』を手掛けたウイリアム・アイアトン代表取締役社長、辞任

    『るろうに剣心』製作総指揮のワーナー・ジャパン代表取締役社長、辞任

    映画

     ワーナー・エンターテイメント・ジャパンの代表取締役社長・ウイリアム・アイアトンが2015年3月付で辞任することが、20日発表された。アイアトンは、1988年に同社に入社。マネージング・ディレクターとして、数多くのヒット作配給に尽力し、2006年より最上級幹部として着任してきた。@@cutter 劇場用映画作品の制作・配給、ホーム・エンターテイメント、テレビジョン、コンシューマープロダクツと多岐にわたる日本でのローカル事業を統括してきたアイアトン。これまでに製作総指揮を手掛けてきた作品は『るろうに剣心』3部作に加え、『最後の忠臣蔵』(10)『パラダイス・キス』(11)『許されざる者』(13)『黒執事』(14)などがある。  それ以前にはマネージング・ディレクターとして、中国映画『Hero』(03)『LOVERS』(04)、韓国映画『僕の彼女を紹介します』(04)『デスノート』シリーズ、『マトリックス』3部作、『ハリーポッター』シリーズ、『ラストサムライ』(03)『硫黄島からの手紙』(06)などの買付・配給戦略を成功させた。  アイアトンのリーダーシップのもと同社は、2001・2003年と最優秀外国映画配給賞 経済産業大臣賞を受賞するなどその功績が認められており、会長兼CEOのケビン・ツジハラは「日本におけるアイアトンの名前はワーナー・ブラザースの代名詞と言ってもよく、代表者にこれほどふさわしい人はいませんでした」と称えている。アイアトン辞任後は、ワーナー・ブラザース・インターナショナル・シネマズのミラード・L・オゥクス前社長が代表に就任するという。

  • 『るろうに剣心』まさかのくまモンとのコラボが、グッズにまで!

    『るろうに剣心』×くまモンコラボ、「今度は本当だモン!」“最狂”くまモン登場

    映画

     エイプリルフールのジョークとして『るろうに剣心』と熊本のゆるきゃら・くまモンのコラボ、「新・剣心役にくまモン大抜擢!」ニュースは日本中を驚かせ(?)、本作の公式サイトは4月1日の1日間だけで驚異の58万アクセスを記録。だが、くまモンとのコラボはジョークで終わらず、遂に映画グッズとして特製ストラップが登場した。@@cutter 今コラボレーションは、5月3日より全国の劇場で発売される『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)と、『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開)の劇場前売券の購入者特典として、くまモンと本作のキャラクターがコラボした特製ストラップが配布されるというもの。ストラップは剣心バージョンのくまモンだけにとどまらず、なんと最狂の敵・志々雄真実バージョンのくまモンも含んだセットで展開。  販売される前売券は全3種類。“剣心くまモン&志々雄くまモンストラップセット”がついた『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』セット券、2800円(税込)。 “志々雄&十本刀クリアファイル”がついた『るろうに剣心 京都大火編』前売券、1400円(税込)。“剣心クリアファイル”がついた『るろうに剣心 伝説の最期編』前売券、1400円(税込)。各特典は先着3万枚限定となる。  今回連続公開される2作は、原作の中でも最も人気の高い「京都編」をベースにしており、宿敵・志々雄真実(藤原竜也)、四乃森蒼紫(伊勢谷友介)、瀬田宗次郎(神木隆之介)ら注目の新キャラたちも登場。特典のみならず、本編にも期待が高まっている。  『るろうに剣心 京都大火編』は8月1日より、『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より全国公開。

  • くまモンが剣心に!?

    『るろうに剣心』主演交代!? 佐藤健からなんとくまモンに!

    映画

     佐藤健主演の大ヒット映画『るろうに剣心』の続編であり2部作連続公開となる『るろうに剣心 京都大火編』(8月1日公開)と『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開)。すでにビジュアルなども解禁され、あとは本編完成を待つばかりとなっていた本作だが、このたび主人公の剣心を演じる佐藤の交代が発表された。佐藤に代わり主演を果たす俳優は…なんとくまモンだ。@@cutter 宿敵・志々雄真実役に藤原竜也、四乃森蒼紫役に伊勢谷友介、瀬田宗次郎役に神木隆之介と超豪華な新キャストが顔を揃える本作。彼らと主演の佐藤が豪華共演を果たすと思いきや、実はくまモンと藤原、伊勢谷、神木の豪華共演ということであったらしい。    くまモンの主演抜擢は、昨年8月、熊本ロケ時の陣中見舞いでくまモンが本作の撮影現場に訪れたことがきっかけ。その際、くまモンと大友啓史監督は意気投合し、くまモンの才能に惚れ込んだ大友監督が「くまモンの“剣心”が見てみたい!」とオファー。そのオファーに、くまモン応えたというわけだ。この急展開に佐藤は「熊本ロケでお会いしたとき、確かにくまモンは体のキレが良いなと思っていたんです。でもまさかこんなことになるとは…。ポスター撮影までしていたなんてびっくりです」とコメントし、悔しさをにじませた。  また、突然の主演交代を知らされた志々雄真実役の藤原は「えっ!? このタイミングでですか?」とやや困惑の様子だったが、「くまモンならできると思う。僕も最狂の敵として、受けて立ちます!」とくまモンの演技力に期待を寄せる。    一方、映画初主演が決定したくまモンは「映画に主演することは夢だったから嬉しいモン!(プレッシャーは?)全然! だってやりたかったんだモン! 毎日くまモン体操をやっているから大丈夫!」と大ヒット作の続編というプレッシャーなどまったく感じていない様子。ヒロイン・武井咲との共演についても「夏に会ったときに『かわいい!』と言ってもらったし、息もばっちりだモン!」と自信をのぞかせた。    ……というのは、本日4月1日<エイプリールフールの日>限定のお話。『るろうに剣心』続編の主人公はあくまで佐藤健である。だが、本作の公式サイトは本日のみ全てくまモン主演仕様に模様替。キュートなくまモンが、剣心衣装で炎の中に佇むポスタービジュアルなども公開中となっている。くまモンの主演はエイプリールフール情報だが、そんなくまモンから「後日、重大発表があります!」とのこと。こちらは真実とのことらしいので、どんなことを発表するのか…続報を待ちたい。    『るろうに剣心 京都大火編』は8月1日より、『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より全国ロードショー。

  • 佐藤健、『るろうに剣心』クランクアップ!

    『るろうに剣心』続編クランクアップ! 佐藤健「ここまで愛した役は初めて」

    映画

     今夏、2部作連続公開される『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』がクランクアップを迎え、主人公・緋村剣心を演じた佐藤健が、「ここまで愛した役は初めて」と本作への思い入れを明かしている。@@cutter 2部作連続公開となる本作は、原作中のクライマックスにあたり、シリーズの中で最も人気の高い「京都編」を描く。撮影期間は6ヵ月に及び、エキストラは延べ5000人、また茨城・山形・熊本・滋賀・兵庫・京都・長野・栃木・千葉・神奈川・東京と全国1都1府9県の全国縦断大規模ロケを敢行。総移動距離は地球の半周分となる約2万kmを記録した。  本作の撮影を終えた佐藤は「今回改めて剣心を演じる上で、どんどん思い入れが強くなりました」と語る。さらに、「剣心っていう人間を客観的に見てみると、自分の中に住んでいる友達みたいな感じなんです。僕はその友達が大好きでほっとけなくて守りたくて、それほど剣心に対して愛情があって…すごい良い奴なんですよ。こういう感覚は初めてです。もちろんどの役に対しても愛情はあるんですが『もっと演じていたい』『ずっと演じていたい』と思えたのは初めてでした」と強い想いを告白。  また、前作以上に激しさが増したアクションシーンについて「普通の現場よりもけた違いの集中力で現場にいなければいけないし、常に気を引き締めていないといけなかった」と振り返った。  そして、本作については「確かな手応えというものを感じています」と自信を覗かせる。また、“剣心”という役を演じ切った現在、「一生の内で中々できない経験をさせてもらったなという気持ちです」とコメントした。  『るろうに剣心 京都大火編』は8月1日、『るろうに剣心 伝説の最期編』は9月13日より全国公開。

  • 映画『るろ剣』特報解禁!謎のベールに包まれた最狂の敵、志々雄登場

    映画『るろ剣』特報解禁!謎のベールに包まれた最狂の敵、志々雄登場

    映画

     映画『るろうに剣心』続編の特報映像がついに解禁された。瀬田宗次郎、四乃森蒼紫、翁、巻町操と原作での人気キャラクターのビジュアルが解禁される中、その姿がいまだ謎のベールに包まれている志々雄真実の姿も、映像には収められている。@@cutter 続編となる『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2部作連続公開という前作を大きく上回る壮大なスケールで描かれる。動乱の幕末が終わり明治という新たな時代を迎えた東京を舞台にした前作に続き、本作では「京都編」をベースに、日本制圧を目論む新たな敵が待ち受ける京都が舞台となる。   公開された映像には、剣心が「刀を取れ、志々雄真実」と、対峙する志々雄に言葉を発する場面も収められている。  前作に引き続き、緋村剣心を演じる佐藤健は「前作以上にひとつひとつのアクションがハード」とアクションの過酷さを語り、「ハードルは高くなっているし、続編というだけで難しい事も理解していたので、どうやったら前作を超えられるものを作って、また皆さんに好きだと言ってもらえるだろうということをずっと考えていました」と、さらなる高みを見据え、剣心を演じていることを明かす。  スケールとアクションだけでなく、長編ならではの緻密な物語設定と、主人公・剣心の最大の敵となる宿敵・志々雄真実との戦いを描く『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年夏2部作連続全国公開。

  • 映画『るろ剣』続編、土屋太鳳が演じる巻町操のビジュアルが解禁!

    映画『るろ剣』続編、巻町操ビジュアル解禁 土屋太鳳が本格アクション初挑戦

    映画

     映画『るろうに剣心』の続編から、瀬田宗次郎、四乃森蒼紫、翁に続き、注目の若手女優・土屋太鳳が演じる巻町操のビジュアルが解禁された。@@cutter 『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』と2部作の続編となる本作。ビジュアル解禁第3弾となる今回は、御庭番衆先代御頭(四乃森蒼紫の師匠)の孫娘である巻町操のビジュアルを初公開。  土屋演じる操は、四乃森蒼紫に恋心を寄せる男勝りな少女。本作では本格的なアクションに初挑戦しており、優等生や美少女を演じることが多かった土屋にとっては、女優としての新境地となるキャラクター。土屋自身「この役を取らなかったら自分が今まで踏ん張ってきた意味がない」と強い信念を持ってオーディションに臨んだといい、巻町操役を勝ち取った。  操というキャラクターについては「ふざけることもすごく好きで、操ちゃんに近い部分が多い」と自身と重ねる。初挑戦となるアクションに対しては「演技をしながらアクションするのが難しかった」と語るも、幼少時から日本舞踊やクラシックバレエをやっていたという土屋の身体能力の高さには、監督&スタッフも太鼓判を押している。  『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年夏2部作連続全国公開。

  • 伊勢谷友介『るろうに剣心』四乃森蒼紫役のビジュアル解禁!

    伊勢谷友介『るろ剣』四乃森蒼紫役のビジュアル解禁! 神木に続きイメージ通り!?

    映画

     映画『るろうに剣心』の続編から、神木隆之介演じる瀬田宗次郎に続き、伊勢谷友介演じる四乃森蒼紫と、田中泯演じる翁のキャラクタービジュアルが解禁された。@@cutter 2014年夏に2部作連続公開となる『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』。前作に続き、同キャラクターを務める佐藤健、武井咲らキャスト陣もさることながら、今回は続編から登場する新キャラクターに大きな注目が寄せられている。  このたび、先日解禁された神木演じる瀬田宗次郎に続き、伊勢谷の四乃森蒼紫、田中の演じる翁のビジュアルが公開に。  キャラクタービジュアルに注目が集まる本作だが、前作以上にスケールアップしているのが見応え十分のアクションシーン。伊勢谷は「撮影が続く中で足が動かなくなることもあり、悔しい思いをしながら撮影を進めています。アクションチームは目指すところが高いので追いつくので精一杯」とアクション監督・谷垣健治率いるアクションチームのレベルの高さと撮影の過酷さを語る。  一方、本作の大友啓史監督が「史上最強の68歳」と太鼓判を押す田中もまた、今までのダンサーとしての経験を活かす為に幾度となくトレーニングを積み重ねて役作りに励んでおり、「もう少しすると動かなくなると思うので必死に戦っている状況」と極限の状態で撮影に挑んでいるとコメントを寄せた。  原作ファンの間で最も人気の高い「京都編」をベースに、描かれた『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年夏2部作連続全国ロードショー。

  • 神木隆之介演じる瀬田宗次郎のビジュアル解禁!

    『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』注目の続編新キャラクター、ついに解禁!

    映画

     映画『るろうに剣心』待望の続編、『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』。このたび、続編からの新キャラクター、神木隆之介演じる瀬田宗次郎のビジュアルが解禁された。@@cutter 2014年夏に2部作連続公開となる『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』。主人公・緋村剣心役の佐藤健、神谷薫役に武井咲に続き、蒼井優、青木崇高、江口洋介らも出演する。そして、本作では、剣心の後継者であるにもかかわらず最大の敵となる宿敵・志々雄真実役に、藤原竜也が決定している。  今回、待ちに待って公開された神木演じる瀬田宗次郎のビジュアル。本作の公開決定発表後からウェブ上で囁かれていたキャスト予想では、「瀬田宗次郎は神木隆之介しかいない」という声が上がっていたほどのハマリ役だ。  そんな神木は、前作『るろうに剣心』公開時の続編が決まっていない段階から瀬田宗次郎に憧れを抱いており、人一倍思い入れのある宗次郎を演じるに当たり、人生で初めて髪を染めて撮影に挑んでいる。次郎のトレードマークである青い衣装に合わせて、撮影のたびに、時間をかけて、ブリーチをし髪を紺色に染めているという。  公開されたビジュアルでは、トレードマークである青い衣装に身を包んだ宗次郎が、何か標的を狙っているともとれる表情で一点を見つめているもの。この1枚を見るだけでも神木がハマリ役であるという事がわかる。  2部作連続公開という前作を大きく上回る壮大なスケールで描かれる本作。『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年夏2部作連続全国ロードショー。

  • 四乃森蒼紫役に伊勢谷友介、瀬田宗次郎役に神木隆之介の起用が決定!

    『るろうに剣心』続編 四乃森蒼紫役に伊勢谷友介&瀬田宗次郎役に神木隆之介

    映画

     先月3日に、製作決定とともに、主人公・緋村剣心の宿敵・志々雄真実役に藤原竜也の起用が発表となった映画『るろうに剣心 京都大火編』、『るろうに剣心 伝説の最期編』。このたび、その藤原に続き、四乃森蒼紫役に伊勢谷友介、瀬田宗次郎役に神木隆之介の起用が発表された。@@cutter 昨年8月25日に全国329館で公開、初登場第1位を獲得し、興行収入30.1億円を記録した大ヒット映画『るろうに剣心』。続編製作決定に、SNS上では「前作も面白かったので今から続編が楽しみ」「四乃森蒼紫は誰になるんだろうか」「十本刀のキャストも気になる」等、続編製作決定を喜ぶとともに、早くも<京都編>に出演するキャストを予想する声が上がり、続編決定が発表されたわずか1日だけでツイッターでの『るろうに剣心』に関する呟きは20200件まで急上昇した。  剣心を狙う・四乃森蒼紫役の伊勢谷、剣心の宿敵・志々雄の部下で剣心に匹敵する天賦の剣才・瀬田宗次郎役の神木のほか、柏崎念至/翁役に田中泯、大久保利通役にTHE BOOMの宮沢和史、伊藤博文役に小澤征悦、明神弥彦役に大八木凱斗、駒形由美役に高橋メアリージュン、沢下条張役に三浦涼介らの出演も決定した。  今回、四乃森蒼紫役にキャスティングされた伊勢谷は「僕は、『週刊少年ジャンプ』を読んでいた時にちょうど「るろうに剣心」の連載が始まっていたので、どんな実写になるのかなと楽しみに待っていました」と心待ちにしていた様子。「アクションシーンの撮影は大変だと思いますが、役者としては自分の限界に挑戦するというのは、とてもありがたいことですし役者冥利につきます」とコメントし「四乃森蒼紫は、表面的には感情をおさえながらも内面では色々抱えているキャラクターなのでバランスを大事にして演じたいと思っています」と意気込みを語った。  瀬田宗次郎役の神木は「今回、このような素晴らしい大役を演じさせて頂ける事になり、とても光栄に思っております。ずっと憧れていた役なので、十分過ぎる程気合いが入っています」と明かす。「原作ファンの方々の期待を裏切る事無く、且つ、オリジナリティのある瀬田宗次郎をお見せ出来ればと思っております。そして、この映画に欠かせない、アクション。精一杯、練習しておりますので、皆様、是非ご期待下さい」とアピールした。  『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年夏2部作連続 全国ロードショー。

  • 『るろうに剣心』が、『金曜ロードSHOW!』にて早くも地上波初放送決定!

    映画『るろうに剣心』、『金曜ロードSHOW!』にて地上波初放送決定!

    映画

     先日、続編公開が発表されたばかりの映画『るろうに剣心』が、早くも今月26日の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、地上波初放送されることが決定した。@@cutter 『るろうに剣心』は、1994年から1999年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、単行本(全28巻)の累計発行部数が5700万部を超える大人気コミックの映画化。昨年8月25日に全国329館で公開され、初登場第1位を獲得、興行収入30.1億円を記録した大ヒット作である。  主人公・緋村剣心を演じた佐藤健は、元々原作の大ファンで、自身も魅了された剣心の圧倒的なアクションを徹底したトレーニングと高い身体能力で体現。剣心の持つ<優しさ>と人斬りとしての<狂気/強さ>という2面性を見事に演じきり、映画ファンならず、原作ファンをも納得させた。  今月3日には、ファン待望の<京都編>を2部作で製作し、2014年に『るろうに剣心 京都大火(前編)』『るろうに剣心 伝説の最期(後編)』として続編公開が発表されたばかり。続編にも期待が高まるなか、1作目にあたる本作の地上波初放送は注目必至であることは間違いない。  『るろうに剣心』は、7月26日日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて21時より放送。

  • 映画『るろうに剣心』続編決定!宿敵・志々雄真実役に藤原竜也

    佐藤健主演『るろうに剣心』続編は2部作連続公開! 宿敵・志々雄真実役に藤原竜也

    映画

     佐藤健主演の映画『るろうに剣心』の続編製作が決定した。原作ファンの間で最も人気の高い「京都編」をベースに、2部作連続公開となることが明らかになった。また、「京都編」の宿敵・志々雄真実役を藤原竜也が演じるという。@@cutter 動乱の幕末が終わり明治という新たな時代を迎えた東京を舞台に描かれた前作に続き、続編となる「京都編」では『るろうに剣心 京都大火編』(前編)と『るろうに剣心 伝説の最期編』(後編)と、前作を大きく上回るスケールで描かれる2部作連続での公開となる。  主人公・緋村剣心には前作で<優しさと人斬り>という2面性を見事に演じきり、また圧倒的なアクションで原作ファンも納得させた佐藤健。そして、剣心を温かく迎え入れた神谷薫役に武井咲。その他、前作に引き続き蒼井優、青木崇高、江口洋介らも引き続き出演する。監督も前作と同じく大友啓史が務める。  そして、本作では剣心の後継者であるにもかかわらず最大の敵となる宿敵・志々雄真実役に藤原竜也が決定。佐藤とは本作が初共演となる。  続編製作が決定したことに佐藤は「もう一度剣心を演じることができる幸せと、更なる大きなハードルを越えなければいけないプレッシャーを感じ、気が引き締まる思いです」とコメントする。また、「京都編」がベースということについて「原作ファンの1人としても『るろうに剣心』を実写化するなら欠かせないと思っていたクライマックスとも言える物語なので、描くことができて嬉しいのですが、同時に実写化するのがとても難しいテーマ」と明かす。原作ファンの人たちにも納得してもらえるものを作ることを前提に「とにかく監督を信じ、原作の魂を汲んで丁寧に剣心を演じ、そして前作を超えるスケールアップしたアクションに挑戦したいと思っています」と語っている。  また、新たに志々雄真実役に決定した藤原は「自分も剣心世代として子供の頃アニメを通じて観ていましたが、今回まさか志々雄役のオファーをいただくなんて思ってもいませんでした」とオファーに対し驚いたことを明かす。「原作の中でも最も人気のあるキャラクターだと思いますし、演じさせていただくにあたり勿論色んな意見があると思いますが一生懸命取り組みたいと思います」とコメントを寄せた。  『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』は2014年夏2部作連続 全国ロードショー

  • 「おおかみこどもの雨と雪」

    「おおかみこども」「レ・ミゼラブル」映画館で観たい映画TOP1

    映画

     2012年に公開された邦画・洋画の中から、映画館従業員が“映画館で観ることを薦めたい”ベスト1作品を投票する「ワーナー・マイカル映画館大賞2012」を実施し、邦画1位には「おおかみこどもの雨と雪」、洋画1位には「レ・ミゼラブル」が選ばれた。@@cutter 全国60劇場、496スクリーンを展開する(株)ワーナー・マイカルは従業員が投票で選ぶ“映画館で観ることを薦めたい”ベスト1作品を投票する「ワーナー・マイカル映画館大賞2012」を実施。6回目となる今回は、58劇場と従業員約1,800名の投票が集まった。  「ワーナー・マイカル映画館大賞」とは、社員・アルバイトを問わず映画館で働く者として、映画を観る楽しさを共有し、社内コミュニケーションを高める目的で、社内報企画として2007年からスタートしたもの。  映画館で日々、観客に接する従業員が薦める作品という趣旨からか、玄人受けする作品より、“大きなスクリーンで楽しく観る作品”が上位にランクされる傾向にあるようだ。 「ワーナー・マイカル映画館大賞2012」投票結果 ■邦画部門 TOP10 1位「おおかみこどもの雨と雪」(210票) 2位「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(144票) 3位「BRAVE HEARTS 海猿」(115票) 4位「テルマエ・ロマエ」(106 票) 5位「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルムゼット」(87 票) 6位「劇場版 SPEC~天~」(83 票) 7位「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」(80 票) 8位「麒麟の翼 劇場版 新参者」(69 票) 8位「のぼうの城」(69 票) 10位「悪の教典」(57票) 10位「るろうに剣心」(57票) ■洋画部門 TOP10 1位「レ・ミゼラブル」(305票) 2位「ダークナイト ライジング」(223票) 3位「最強のふたり」(170票) 4位「アベンジャーズ」(150票) 5位「007 スカイフォール」(79票) 6位「ドラゴン・タトゥーの女」(76票) 7位「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」(69票) 8位「幸せへのキセキ」(64票) 9位「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(55票) 9位「TIME/タイム」(55票) 9位「メン・イン・ブラック3」(55票) <調査実施概要> ・投票期間:2013年1月8日~2013年1月20日 ・集計サンプル:本社と全国58劇場で働く社員・パート・学生アルバイト1,751名 ・調査対象:2012年1月1日~12月31日公開作品

  • 到着ロビーに現れた佐藤健

    台湾でも「るろ剣」旋風! 佐藤健、ファン熱狂熱烈歓迎の舞台挨拶

    映画

     今年8月に全国公開され、ロングラン大ヒットを記録した映画「るろうに剣心」が、12月7日より台湾で劇場公開がスタートした。この公開に合わせ、前日6日に主演・佐藤健が現地入りを果たすと、空港には約250人ものファンが集結。到着ロビーは黄色い声援で包まれた。@@cutter 台北・松山空港の到着ロビーに佐藤の姿が現れると、待ち構えていたたくさんのファンが一様に黄色い声援を投げかけた。現地メディアも20社以上が詰めかけ、報道のカメラとファンに囲まれた佐藤はあっという間に身動きが取れない状態に。車に乗り込むまでの10分間、もみくちゃにされながらもファンと交流していた。  TV、雑誌、新聞など50社以上のメディアが集まった記者会見では、「少林寺拳法とブレイクダンスを小さい頃からやっていたと聞いたのですが…」と佐藤のパーソナルな質問まで飛び出るほど。すると佐藤は、「そんなことを知ってもらっていることにびっくり」と驚きを隠せない様子だったという。  当初台湾全土で10館の公開だったという本作だが、日本での大ヒット、釜山国際映画祭での反響を受け15館に拡大。舞台挨拶にはプレミアチケットをゲットできたラッキーなファン250名が来場し、佐藤を迎えた。佐藤が中国語で挨拶をすると、叫び声にも似た歓声があがっていたそうだ。最後に彼は、「台湾でもこんなにたくさんの方が僕の映画を観に来てくれて本当に嬉しい。請看我的電影(どうぞ映画を楽しんでください)」とメッセージを送った。  これまでにシンガポール、フィリピン、香港、台湾で上映されている本作だが、新たにスペインでの配給も決定。12月14日よりロサンゼルスで開催される「LA Eiga Fest2012」ではオープニング作品として上映される予定だ。  映画「るろうに剣心」は2012年12月26日(水)、ブルーレイ&DVDリリース。レンタル/オンデマンド配信も同時スタート

  • 映画「るろうに剣心」で主演を務める佐藤健

    最弱&草食!? 佐藤健に男性ファンが多い理由

    映画

    8月25日に公開される映画「るろうに剣心」で主演を務める佐藤健。佐藤健という人は、不思議なくらいアンチが少ない俳優だと思う。しかも、興味深いのは、男性からの人気が高いということ。@@cutter 「るろうに剣心」のキャスティングが発表されたときにも、「武井咲より可愛い」という男性の意見が多数、ネット上で見られたほどだ。 かつては男性に存在しなかったタイプの「華奢&可愛い」現代人ルックスもあるだろうが、出世作が「気弱で、すぐ気絶する、史上最弱のライダー」=「仮面ライダー電王」だった影響もあるだろう。 「仮面ライダー電王」のときから、表情・仕草で多数の人格を演じ分けられる達者さは、一部で話題になっていたが、さらに大化けしたのは、なんといってもNHK大河ドラマ「龍馬伝」の岡田以蔵役だ。 それまで彼のことをよく知らなかった男性層が、佐藤健の演じる「人斬り以蔵」に夢中になったのも記憶に新しい。@@separator キャスティングが発表された当初は「イメージが違う」「弱そう」「華奢すぎる」「ガムの(CMの)にいちゃんか」といった否定的な見方が多かったにもかかわらず、いざ番組が始まってみると、評価が大絶賛に変わっていったのは鮮やかだった。 教養もなく身分も低く、仲間から見下され、のけ者にされた「捨て犬」のような目と、武市半平太を崇拝・盲信し、最初の一人目を殺してしまったときの「狂犬」化した表情の変化・演技力には、「涙が出た」「切なすぎる」という声が続出していた。 これまで「岡田以蔵」を演じた面々は、勝新太郎や萩原健一、竹中直人、哀川翔などだったが、佐藤健の演じた「繊細さと狂気を持ち合わせている以蔵」は新しい以蔵であり、一部では「司馬遼太郎の世界の“以蔵”には佐藤がいちばん近い」という評価もされていた。 また、2011年1月15日放送分「チューボーですよ!」に出演した際には、巨匠・堺正章に「(『龍馬伝』での共演について)福山くんはどうでした?(中略)芝居のこととか話してくれたりとか? 芝居のことだとあなたのほうが上だもんなあ」と言わしめ、「ないです。まっったくないです!」と焦りつつ、「ちょっと……ビックリしました、今(笑)」と巨匠の肩に手をかける人懐っこさと、不敵さも見せつけていた。 そういえば、映画「るろうに剣心」のうたい文句は「草食系最強!」。映画自体は一部で原作ファンの抵抗もあり、公開前にややケチがついてしまった感はある。だが、人斬り以蔵に続き、案外ハマり役な気がするのだけど……。(文:田幸和歌子)

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access