クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

コッホ先生と僕らの革命 関連記事

  • 「勝利への脱出」

    サッカー映画を思う存分味わえる「ヨコハマ・フットボール映画祭2013」開催

    映画

     サッカーの魅力を映画で体験することができる「ヨコハマ・フットボール映画祭2013」が開催されることが決定した。@@cutter 同映画祭は今年で3回目。2011年から日本国内初となるサッカー映画を集めた映画フェスティバルとして開催されており、初年度は映画祭のチケットが前売りでソールドアウトするという記録も作っている。  前回の開催からさらに規模をスケールアップした今年は、世界中から集められた50本を超えるサッカー映画の中から、厳選された7作品を上映。  アフリカ大陸を舞台に、ヨーロッパ行きを夢見る若いサッカー選手の光と影を描いた「ソカ・アフリカ」、異文化との交流に奮闘する女子選手たちの姿に迫った「フットボール・アンダーカバー」、アナーキストクラブとして世界中から人気を集めるドイツ随一のクラブ=ザンクト・パウリのサポーターたちの姿を見せる「狂熱のザンクトパウリ・スタジアム」は日本未公開の作品で、プレミア上映される。  さらに、イタリアの国民的俳優アルベルト・ゾルティによる傑作コメディ「ローカル・サッカー・クラブのヒーロー」や、前・町田ゼルビア監督のアルディレスやペレが自慢の足技を映画内でいかんなく披露し、シルベスター・スタローンが主役のゴールキーパーを演じた「勝利への脱出」を特別上映。その他にも、香川真司選手の活躍で日本からも注目が集まるマンチェスター・ユナイテッドの絶望と再生を描いた「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」や、イングランドから初めてドイツにサッカーを伝えた教師と少年たちの感動の実話「コッホ先生と僕らの革命」など秀作がずらりと並ぶ。  映画祭期間中には、日本サッカーミュージアムの特別展示会や豪華ゲストが出演するトークショー、映画祭スタッフやゲストが参加してサッカーと映画を語るオープニング・パーティーなどイベントも盛りだくさん。サッカーファンと映画ファンが集い、その世界を存分に楽しむことができるフェスティバルといえる。サッカー好きも映画好きも、その世界に酔いしれる3日間になりそうだ。  ヨコハマ・フットボール映画祭2013は、2月11日、16日、17日にブリリア ショートショートシアターで開催

  • 「コッホ先生と僕らの革命」

    日本人初のブンデスリーガー・奥寺氏も太鼓判!今だからこそ教師と生徒のあり方を見つめ直す映画「コッホ先生と僕らの革命」

    映画

      ドイツ・サッカーの父として語り継がれる人物、コンラート・コッホの実話を基に描いた映画「コッホ先生と僕らの革命」。今年はオリンピックイヤーであり、昨年からのなでしこジャパンの活躍により今まで以上にサッカーが盛り上がっている中、“ドイツ・サッカーの誕生秘話”と言われるサッカーファン必見の内容となっている。 @@cutter  世界を代表するサッカー強豪国ドイツ。しかし19世紀末、帝国主義下のドイツでは反英感情が根強く、学校での英語の授業も実施されていなかった。そんな中、地方都市の名門校にイギリスからドイツ初の英語教師コンラート・コッホが赴任する。コッホは、イギリス=英語に対する生徒たちの強い偏見と無関心さを目の当たりにし、英語の授業にサッカーを取り入れることを思いつく。これがドイツ・サッカー誕生の瞬間であった。   ここまで聞くと単純なサッカー映画として見られがちだが、実際は、教師の熱意によって自由を規制され心を閉ざしていた生徒たちが夢と希望、そして、笑顔を取り戻すまでの成長を描いた感動の物語である。規律と慣習のみを重んじる教師や親の元で育った少年たちは、型破りなコッホ先生の授業=サッカーを通じて、フェアプレーの精神や仲間を思いやるチームプレーの大切さを肌で感じ、自らの足で人生を切り開いていけることを学んでいく。   日本初のブンデスリーガーとなった奥寺康彦氏は、「サッカーというスポーツの素晴らしさを改めて感じた映画だった。学ぶ・信じる・戦うといった、人間が形成されるうえで必要な要素を当時のサッカーを通して如実に表現している作品だ」と、本作はドイツ・サッカーの誕生秘話を知るだけでないというコメントを寄せた。   先日実施された教師を目指す学生を集めた試写会でいち早く本作を観た生徒たちは、今後の教育のあり方だけでなく、周りの人への思いやりや協調性という、社会を生きる中での人とのつながりを考えさせられた様子。ある学生は、「スポーツを通じて得ることができるたくさんのものを改めて感じることができました。今、問題になっているいじめ問題や教師のあり方などに対して考えさせられました。子供たちだけでなく教師にも観て欲しいと思います」とコメントしている。   今日の日本では、学校教育やいじめ問題が話題となっているだけでなく、希薄になっている人間関係も見直されようとしている。そんな現代だからこそ、本作を通じて教師と生徒のあり方を見つめ直すとともに、コッホ先生が教えるフェアプレーの精神、チームワークの大切さなど、人との関わりをどう築いていくべきなのかを改めて考える、良いきっかけになるのではないだろうか。   「コッホ先生と僕らの革命」は2012年9月15日(土)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

  •  

    ロンドン・オリンピック×「コッホ先生と僕らの革命」“ガッツポーズ”フォト特集

    映画

    <div class="content" id="stay_top" style="width: 620px;"> <div align="center"> <img alt="ロンドン・オリンピック×「コッホ先生と僕らの革命」“ガッツポーズ”フォト特集" height="409" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/main_img.jpg" width="620" /></div> <div class="koch_contents"> <div class="lead"> <p> 4年に一度のオリンピックが、2012年ロンドンで開催され、活躍した選手たちの“ガッツポーズ”は、観る者を魅了し、感動を与えてくれた。「コッホ先生と僕らの革命」では、サッカーを通じて成長していく生徒と先生の姿を描き、試合前後の彼らの“ガッツポーズ”も、オリンピック選手同様の感動がある。何かを成し遂げた人たちの“ガッツポーズ”は勇気と希望を与えてくれる! 景気の低迷やネガティブなニュースが多く飛び交い、憂鬱な現代に元気を与えるべく、そんなコッホ先生と生徒たち、そして、オリンピック選手たちの“ガッツポーズ”シーンを集めてみました。</p> </div> <div id="m1"> <img alt="2012年ロンドン・オリンピック“ガッツポーズ”集" height="83" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/guts_title.jpg" width="620" /> <div class="guts_in"> <p class="guts_lead"> 7月25日(開会式は7月27日)~8月12日まで開催されたロンドン・オリンピックは、今年で第30回(夏季)を迎えた。204の国と地域から約11,000名の選手が参加し、26競技302種目が行われ、世界中の人々に勇気と感動を与えた。日本は、金メダル7個、銀メダル14個、銅メダル17個、合計38個を獲得し、史上最多となった。</p> <div class="main_photo"> <img alt="内村 航平 体操男子個人総合決勝" height="460" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/photo/001.jpg" width="470" /></div> <div class="text_area"> <p> 内村 航平 体操男子個人総合決勝<br /> 他のライバルたちを寄せ付けず、安定した演技で圧倒。金メダルを獲得。<br /> <span>(C)AFLO</span></p> </div> <ul class="thumbnail"> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="内村 航平 体操男子個人総合決勝" height="90" name="1" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/001.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="ウサイン・ボルト 陸上男子4x100mリレー決勝" height="90" name="2" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/002.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="マイケル・フェルプス 競泳男子100mバタフライ" height="90" name="3" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/003.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="吉田 沙保里 女子フリースタイル55kg級" height="90" name="4" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/004.jpg" width="90" /></a></li> <li class="right_side"> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="福原 愛 卓球女子団体" height="90" name="5" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/005.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="平野 早矢香 卓球女子団体" height="90" name="6" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/006.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="太田 雄貴 フェンシング男子フルーレ団体" height="90" name="7" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/007.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="藤井 瑞希、垣岩 令佳 バドミントン女子ダブルス" height="90" name="8" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/008.jpg" width="90" /></a></li> <li> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="村田 諒太 ボクシング男子ミドル75kg級" height="90" name="9" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/009.jpg" width="90" /></a></li> <li class="right_side"> <a href="javascript:void(0)" onclick="return false;"><img alt="寺川 綾 競泳女子100m背泳ぎ" height="90" name="10" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/s_photo/010.jpg" width="90" /></a></li> </ul> </div> </div> <div id="m2"> <img alt="「コッホ先生と僕等の革命」 予告編" height="74" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/trailer_title.jpg" width="620" /> <div class="trailer_in"> <iframe allowfullscreen="" frameborder="0" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/OdV3QRdmNhg" width="480"></iframe></div> </div> <div id="m3"> <img alt="作品紹介" height="127" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/about_title.jpg" width="620" /> <img alt="「コッホ先生と僕等の革命」" height="62" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/about_logo.jpg" width="620" /> <div class="about_in"> <p> ドイツ・サッカーの父として語り継がれるコンラート・コッホの実話を描いた感動作がここに誕生した。<br /> 1874年ドイツは帝国主義思想の真っ只中。学校では規律と服従だけが教え込まれ、生徒たちは自由を規制されていた。そんなある日、イギリスから帰国した新任の英語教師が就任。この人物こそがコンラート・コッホである。コッホは、生徒たちが反発するイギリス帝国の母語・英語の勉強にサッカーを活用することを思いつく。学校や保護者からの反対が強い中、コッホが教えたかったのは“自分の未来は自分で切り開ける”こと。規律に縛られていた生徒たちは、サッカーをきっかけに、徐々に自分たちの意志で行動し始め、革命を起こしていく。</p> <ul> <li> <a href="http://www.crank-in.net/movie/work/187656"><img alt="作品情報" height="59" name="rolloverImage" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/btn_info_off.png" width="199" /></a></li> <li class="official"> <a href="http://kakumei.gaga.ne.jp/top.html" target="_blank"><img alt="公式サイト" height="59" name="rolloverImage" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/images/btn_official_off.png" width="199" /></a></li> </ul> </div> </div> </div> </div> <div align="center"> <span style="background: rgb(255, 255, 255); font-size: 10pt; display: block;"><font color="#000000">(C)2011 DEUTSCHFILM / CUCKOO CLOCK ENTERTAINMENT / SENATOR FILM PRODUKTION</font></span></div> <script type="text/javascript"> var tag=document.createElement('link'); tag.setAttribute("tyle","text/css"); tag.setAttribute("rel","stylesheet"); tag.setAttribute("href","http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/css/koch.css"); document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(tag); </script><script type="text/javascript" src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.2/jquery.min.js"></script><script type="text/javascript" src="http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/hc/2012/koch/js/koch.js"></script>

  • 「コッホ先生と僕らの革命」(C)2011 DEUTSCHFILM / CUCKOO CLOCK ENTERTAINMENT / SENATOR FILM PRODUKTION

    現役ドイツNo.1イケメンサッカー選手も大絶賛!「コッホ先生と僕らの革命」特別動画が解禁

    映画

    ドイツにサッカーをもたらした一人の英語教師の実話を描いた感動作「コッホ先生と僕らの革命」(9月15日公開)。このたび、ドイツ代表選手を含んだプロサッカー選手限定で行われた試写会の映像が公開され、超一流の代表選手らが絶賛コメントを寄せている。@@cutter 「コッホ先生と僕らの革命」は、今やサッカー強豪国となったドイツにサッカーをもたらした一人の英語教師コンラート・コッホの実話を描いた感動作。後に彼は“ドイツ・サッカーの父”と呼ばれるように…。 今回公開された映像は、ドイツにて超一流のサッカー選手を集めた試写会の模様を映し出している。その中にはドイツ代表選手の姿もあり、2010年に開催されたFIFAワールドカップの3位入賞に貢献した中心選手バスティアン・シュヴァインシュタイガーは「観るまでは期待していなかったんだ」と正直に言うものの、鑑賞後は「子供たちの演技が素晴らしかった」と大絶賛。「120年前は、ドイツでサッカーに逆風が吹いていたとは、意外で面白い」と今では考えられないと驚きのコメントも寄せている。 また、つい数ヵ月までは日本代表の香川真司選手とドルトムントで一緒にプレーしていたドイツ代表のマッツ・フンメルス選手は「期待を裏切らない内容」と語り「プロ選手にも薦めたい。自分が初心を忘れていると気づいたらこの作品をみるべきだ」とも。 19世紀末、帝国主義では強烈な反英感情が高まる中、地方都市の名門校にイギリスからドイツ初の英語教師コンラート・コッホが赴任する。コッホはイギリス=英語に対する生徒たちの強い偏見と無関心さを見て、授業にサッカーを取り入れる。これがドイツ・サッカー誕生の瞬間である。本作は、偏見や階級、国籍に対する差別意識を持った生徒たちが、自分を犠牲にしてまで真の教育を授けようとするコッホの熱意に触れ、夢と勇気と希望を取り戻すまでの成長物語。 「コッホ先生と僕らの革命」は2012年9月15日(土)よりTOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー

  • 澤選手の恩師・大高富太郎氏

    なでしこ澤穂希の恩師が熱く語る!「コッホ先生と僕らの革命」トークイベント

    映画

      ドイツ・サッカーの父として今なお語り継がれる人物コンラート・コッホの実話を基に描いた作品「コッホ先生と僕らの革命」が、いよいよ9月15日より公開となる。これを記念して未来のスターの卵たち=ジュニアサッカーチームの選手たちを招待したトークイベント付き試写会が開催され、なでしこJAPAN・澤穂希選手の恩師である大高富太郎氏が登壇した。@@cutter  本作は、サッカーを通してチームプレイやフェアプレイの大切さを生徒たちに教え、現代の日本でも問題になっている学校教育やいじめなどを解決しようと努めるコッホ先生の姿を描いた感動作。   府中にあるジュニアサッカーチーム府ロクサッカークラブで監督を務め、澤選手を日本を代表するスター選手へと育て上げた大高氏も、「私も教師をやっていたので、この時代の先生の偉さを感じましたね。サッカーを通して、チームプレイ、フェアプレイの大切さを教え、また希望を持つことの大切さに繋がっていくストーリーがとても良かったです」と、コッホ先生の姿に感動と共感を覚えたと話す。   小学校4~6年生の3年間、澤選手を監督していたという大高氏は、その頃からすでに、澤選手の素質を見出していたとか。「彼女の力を大きく伸ばしたのは他チームとの対外試合だと思います。彼女は当たりの厳しいラフプレイすれすれのプレイにも負けず多くの対外試合を経験していました。6年生になる頃には、技術もずば抜けていたので将来日の丸をつけて戦うサッカー選手になるだろうなと確信しました」。   また、将来プロのサッカー選手を目指し、日夜努力しているサッカー少年&少女に対してはこのようにアドバイスを送っている。「やはり、一(いち)に練習ですよね(笑)みんながやらないことをやる、秘密の特訓が大切です」。   「コッホ先生と僕らの革命」は2012年9月15日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー

  • 感動の実話

    オリンピックイヤーに、ドイツ・サッカーの起源を題材にした感動作「コッホ先生と僕らの革命」公開決定&予告編解禁

    映画

    ドイツ・サッカーの父として今なお語り継がれている人物コンラート・コッホの実話を描いた感動の映画「コッホ先生と僕らの革命」。“ドイツ版「いまを生きる」(89)”と言われる本作が、ロンドンオリンピックが行われることでスポーツ熱が高まる今年、公開されることが決定。これにあわせ予告編、ならびにポスター画像が解禁となった。@@cutter 1874年ドイツ。帝国主義の中、規律と服従だけを教え込まれていた子供たちの前に、ある日現れたイギリスから来た英語教師コッホ。“敵国”の馴染みない英語に反発する生徒たちに、コッホが取り入れた手段はサッカーだった。学校、保護者からの「サッカー反対」を押し切ってまでコッホが生徒たちに教えたかったのは「未来は明るい」ということ。子供たちは初めて自分の意志で行動を起こし、サッカー反対の大人たちに立ち向かう-。 予告編では、自らを犠牲にしてまで真の教育を授けようとするコッホの教えに、心を閉ざして生きてきた生徒たちの意識の変化、成長を描いた感動作であることが伝わる映像となっている。 主人公コッホを演じるのは、「グッバイ、レーニン!」(03)、「イングロリアス・バスターズ」(09)などドイツ映画界を牽引する若き演技派俳優ダニエル・ブリュール。2012年オリンピックイヤーに、サッカー強豪国ドイツの知られざる真実を通じ、夢や希望、そして信念を貫く大切さを教えてくれる感動の実話が公開される。 「コッホ先生と僕らの革命」は9月15日(土)TOHOシネマズ シャンテ他、全国順次ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access