クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ストロベリーナイト 関連記事

  • 『ストロベリーナイト・サーガ』に出演する(左から)亀梨和也、二階堂ふみ、江口洋介

    二階堂ふみ&亀梨和也がW主演 『ストロベリーナイト』再ドラマ化決定

    エンタメ

     女優の二階堂ふみとKAT-TUNの亀梨和也が、4月放送スタートの新ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/毎週木曜22時)でダブル主演を務めることが決定した。二階堂演じるヒロインの宿敵役として江口洋介が出演することも発表された。@@cutter 本作は、累計400万部を突破する誉田哲也のベストセラー小説『姫川玲子シリーズ』を原作にした刑事ドラマ。2010年には竹内結子主演のスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』として映像化され、2012年には連続ドラマ化、さらに2013年公開の映画では興行収入21.5億円のヒットを記録した。前シリーズから6年を経てキャスト、スタッフを一新し、まだ映像化されていない最新エピソードを加えて再構成する。  二階堂演じる主人公の姫川玲子は、ノンキャリアながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事。直感と飛躍した思考、行動力を武器に“姫川班”を率いて、数々の難事件の真相に迫っていく。亀梨は、そんな彼女の年上の部下となる巡査部長・菊田和男を演じる。菊田は生真面目な性格で寡黙な一方、その内面では曲がったことが嫌いな正義感を持ち、熱い男気を秘めた体育会系刑事。そして江口は、姫川の天敵で“ガンテツ”の異名を持つ持つクセ者刑事・勝俣健作役を務める。  本作で連続ドラマ初主演を務める二階堂は「初めての刑事役でドキドキしております。原作ファンの方々にも楽しんでいただけるような作品にできたらと思います!」と意気込み、バディを組むことになる亀梨について「とても優しい印象を持っております。シャープで知的な亀梨さんから沢山学ばせていただきたいです」とコメント。  また亀梨は自身の役柄について「原作の世界観をしっかりと読み込んで、自分の中でイメージを膨らませ、ふとした表情であり、ちょっとした言葉の端々で感じてもらえるよう、今回の『ストロベリーナイト・サーガ』に沿った菊田和男を作っていきたいと思います」と語っている。  なお本作では、姫川玲子シリーズ第一作でもある表題作『ストロベリーナイト』のほか、死体なき殺人事件の真相を暴く『ソウルケイジ』、暴力団抗争が絡んだ惨殺事件に迫る『インビジブルレイン』、さらには初の映像化となる青い仮面の猟奇的殺人鬼を追う『ブルーマーダー』など、緊迫の展開がめじろ押しのラインナップを放送。原作ファンの間でも人気の高いよりすぐりの傑作が集結する。  ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』はフジテレビ系にて4月より毎週木曜22時放送。

  • 「3年近く同じ作品に携わって幸せだった」と語った佐藤監督

    『ストロベリーナイト』監督、竹内結子の演技を絶賛&西島秀俊の可愛らしさを語る

    映画

     竹内結子が、過去に暴行されたトラウマと闘いながら難事件の捜査を進める女性刑事・姫川玲子を演じる人気シリーズ『ストロベリーナイト』。スペシャルドラマ、連ドラに続いて今年1月に公開された映画は、今年上半期の実写邦画の興行収入で第2位にランキングされる大ヒットを記録した。7月17日にブルーレイ&DVDリリースされた映画版を手掛けた佐藤祐市監督が『ストロベリーナイト』と歩んだ日々を振り返った。@@cutter 2010年11月に2時間ドラマとして放送されたパイロット版を皮切りに、2012年1月クールの連続ドラマ、映画公開に合わせたスペシャルドラマ『アフター・ザ・インビジブルレイン』と深夜枠のミニシリーズ『ストロベリー・ミッドナイト』。どんどん広がる『ストロベリーナイト』ワールドで、連続ドラマ全11話内の4話を除く全作品の演出を手掛けたのが佐藤監督。「『ストロベリーナイト』を喋り尽くした、しゃぶり尽くした人間。そんな感じです」と笑顔で語る。  映画化が正式決定したのは、高視聴率をキープした連続ドラマの放送中。「まずスペシャルドラマをやって、出来れば連ドラになればいいね、それがうまくいったら映画までいきたいねという話は、最初からキャスト・スタッフ共々話しながら進めていました」。映画の原作は、誉田哲也によるシリーズの中から「インビジブルレイン」が選ばれた。姫川同様に悲しい過去を持つ登場人物たちの苦しみや、警察組織内部のスキャンダル隠蔽、キャリア組とノンキャリア組の葛藤などが複雑に絡み合い、作品にドラマ以上の厚みをもたらしている。  芸達者な出演者たちが揃った中でも、相変わらず圧倒的な存在感で観客を魅了しているのが竹内結子だ。彼女の女優人生の中でも、間違いなく代表作のひとつになったといえるだろう。「3年近く、結子さんが演じる姫川玲子のことを考えて生きてきました。それほど姫川を大切にしてきましたが、竹内さんにやっていただいて本当に良かったと思います。姫川の生き様が本当に切なくて、なぜそれまでして事件に立ち向かって走らなければいけないのだろうと思うのですが、そうしないと倒れそうだからきっと姫川は走り続けている。そんな彼女を見ていると、泣けてきましたね。今では、姫川玲子といえば竹内結子さん以外考えられないとおっしゃっていただいていますが、嬉しい半面、この先、姫川役以上の新しい自分を見せていかないといけない竹内さんはすごく大変だなと思います」と、佐藤監督も手放しで絶賛する。@@separator そんな姫川に密かに思いを寄せるのが、常に側にいてさり気なく彼女をガードする部下の菊田和男。西島秀俊は、原作より大幅に膨らませた菊田役を見事に演じきった。「西島さんとは、『ストロベリーナイト』で初めてご一緒しましたが、非常にバランスの良いキャスティングになったと思います。こんな言い方をしたら失礼かもしれませんが、西島さんは可愛らしいというか(笑)、お芝居に対してまっすぐに立ち向かっていく人ですね。西島さんの言葉で、『芝居をやる方法が2通りあったとします。ひとつは間違いがないけれどどこかで見たことがある、もうひとつは新しいけれど間違えるとヤバイことになってしまう。どちらでやるかと聞かれたら、必ず後者を選びます。僕は常にリスクがある方を選ぶ役者ですから(笑)』と、半分本気・半分冗談でおっしゃっていたのがすごく印象的でした」。こちらも評価が高い。  この2人の微妙な関係に亀裂を生みかねない存在が、映画で初登場した大沢たかおが演じる若き暴力団幹部・牧田勲だ。姫川同様に強烈なトラウマを抱える牧田は、ヤクザと警察官という関係を超えて姫川の中に入り込んでいく。「大沢さんとも初めてでしたが、仕事への取り組み方がものすごく紳士的で素敵な方でした。現場というのは必ずしも予定通りになるわけではないですが、そういうところもしっかり自分の役に受け入れていくというスタンスでやっていらっしゃる。しっかり話しあい、キャッチボールをしながら進めることができました。連続ドラマから続けてきたチームに、映画から新参者として入ってくるのはやり辛いと思いますが、比較的早い段階で馴染んでくださいました」と、大沢のプロ意識にも改めて脱帽といったところ。  この素晴らしい3人の役者のケミストリーが、『ストロベリーナイト』シリーズの最後にふさわしい傑作を生み出した大きな理由といえるだろう。  ファンにとっては、また姫川が活躍する姿もぜひ見てみたいところだが、「正直、今の僕の中では、けっこうやりきった感があります。映画の公開から半年近くたって振り返ってみると、過去に闇を抱えた姫川玲子という女性刑事をかなり描くことが出来たので、この世界を更に掘り下げて新しく撮りたいとは思っていないですね。僕は今までコメディっぽい作品をやってきましたが、『ストロベリーナイト』でちょっと違う毛色のハードなものを撮ることが出来ました。僕自身もすごく楽しめたし、3年近く同じ作品に携わってキャラクターを育てることが出来たのは幸せだったし、それだけ掘り下げられたなとも思うし。もし続編を撮れと言われたら、ファンの方々の期待が大きいぶん、ものすごいプレッシャーになるだろうし、苦労をすると思います」と、卒業宣言。改めて、人気シリーズを撮り終えた苦労と喜びを噛み締めているようだった。(取材・文・写真:平井景)  映画『ストロベリーナイト』ブルーレイ&DVDは発売中。

  • 映画版『ストロベリーナイト』BD&DVD発売記念、人気イケメン俳優投票実施!

    『ストロベリーナイト』ナンバー1イケメン俳優は誰?プライドを懸けた人気投票実施

    映画

     170万人を動員した大ヒット映画『ストロベリーナイト』のブルーレイ&DVD発売を記念して、男性出演者の人気投票を行う「もう一度観ナイト」が現在開催されている。@@cutter 今回の投票は、“もう一度見たい男性”を決定するという企画で、イケメン俳優が揃い踏みする本作ならではのイベント。6月20日~7月1日午前10時まで映画公式サイトで投票を受け付け、7月1日中に公式サイトほか、フェイスブック、ツイッター上で結果発表される。  本作は、ミステリーファンから評価の高い誉田哲也の代表作を映像化したシリーズの映画版で、主人公・姫川玲子が率いる警視庁捜査一課の“姫川班”最後の事件を描く。数々の難事件の真相に迫り、ノンキャリアで成り上がった警視庁捜査一課の姫川玲子。左目が縦に切り裂かれた4つの殺人事件が、姫川率いる姫川班の管轄で発生した。警察は連続殺人事件とみて、合同特別捜査本部を設置。そんなおり、姫川は「犯人は柳井健斗」という不審な電話を受けるが、上層部からは「捜査をするな」という指示が下る。納得のいかない姫川は、部下に姫川班を託し、単独捜査を始め、「柳井健斗」のアパートで、マキタと名乗る男と出会う…。  2010年にスペシャルドラマ、2011年に連続ドラマとしてテレビ放送されると、平均TV視聴率は15%を記録するなど、多くのファンを獲得した。主演の姫川玲子は刑事役初挑戦となる竹内結子が熱演。才色兼備の女刑事は彼女の当たり役とも言われるほど、さまになっている。そして、西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平らが連続ドラマに続いて集結し、場を盛り上げる。さらに映画版では、大沢たかお、三浦友和、金子賢、田中哲司、染谷将太ら、日本映画界を牽引する豪華キャストが出演している。  『ストロベリーナイト』ブルーレイ&DVD発売記念「もう一度観ナイト」投票受付は、7月1日午前10時まで。『ストロベリーナイト』ブルーレイ&DVDは7月17日発売。

  • 映画版『ストロベリーナイト』BD&DVD、7月17日(水)発売決定

    姫川班もこれで見納め!竹内結子主演『ストロベリーナイト』BD&DVD発売決定

    映画

     今年1月に劇場公開され、興行収入21億、動員数170万人の大ヒットとなった『ストロベリーナイト』。日本中にまさしく「ストロベリーナイト旋風」を巻き起こした本作のブルーレイ&DVDの発売が決定した。@@cutter 本作は、2010年にスペシャルドラマ、2011年には連続ドラマと今までにない新感覚の本格刑事ドラマとして男性のみならず多くの女性ファンを獲得した、誉田哲也氏の代表作の映画版。竹内結子演じる警視庁捜査一課の刑事・姫川玲子率いる姫川班が不可解な事件に挑む。意外な方向へと進む捜査、そして辿り着く真実に姫川が下した決断とは…。姫川班、最後の試練がいま、幕を開ける。  今回発売される「コレクターズ・エディション」(豪華版)では、80分以上の映像特典を収録。映画公開週の深夜に放送されたスペシャルドラマ『ストロベリーミッドナイト』(全4話)をはじめ、連続ドラマでも人気だった、姫川班お馴染み“第二の捜査会議室”こと居酒屋で繰り広げられる、無駄に熱い“居酒屋会議”が収録されている。さらには、湯田康平(丸山隆平)、 石倉保(宇梶剛士)、今泉係長(髙島政宏)ほか、捜査一課のおなじみメンバーが登場し、映画へと繋がるエピソードが展開される中、警察組織の上下関係、姫川班の恋愛事情など事件の捜査会議では決して上ることのない話などが収められており、豪華特典となっている。  姫川班から“最後の豪華版”でありファン必見の映画版『ストロベリーナイト』は、7月17日(水)「DVDコレクターズ・エディション」(税込5985円)、「ブルーレイ コレクターズ・エディション」(税込7980円)ほか発売。

  • 「ストロベリーナイト」1月26日公開

    [サスペンス&ホラー編]2013年公開の最新作を先取りピックアップ

    映画

    映画は“スリル”“緊張感”がないと物足りない!そんなサスペンス&ホラー好きの映画ファン必見、2013年に公開されるサスペンス&ホラージャンルの最新映画を一挙紹介!

  • 「ストロベリーナイト」完成披露試写会での竹内結子と大沢たかお

    竹内結子、映画「ストロベリーナイト」レッドカーペットの控え室はまるで「アウトレイジ」!?

    映画

     2013年1月公開の映画「ストロベリーナイト」のレッドカーペット&完成披露試写会が六本木ヒルズ・アリーナにて開催され、竹内結子、大沢たかお、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、武田鉄矢ら豪華キャスト陣が佐藤祐市監督と共にレッドカーペットに登場し、ファンとのふれあいを楽しんだ。男性キャストの中で紅一点の竹内は、「皆さん黒のスーツ姿で、レッドカーペットの控え室はまるで『アウトレイジ』みたい。怖い!」とコメントし、会場を沸かせた。@@cutter 本作は、誉田哲也の小説「姫川玲子シリーズ」が原作。2012年1月から3月までフジテレビ系列にて放送された人気テレビドラマの映画化。今回の映画化では、シリーズ最高傑作との呼び声が高い「インビジブルレイン」を原作として物語が展開する。  この日は、ほぼ全編に雨が降り注ぐ本作とタイトルの「ストロベリーナイト」にちなんで、イチゴ型の雨(ウレタン製)が降り注ぐ中をキャスト陣が登場するという凝った演出が行われた。  本作で初めて刑事役に挑戦した竹内は、高校時代に犯罪被害にあいながらも刑事となる道を選び、圧倒的男社会の中でノンキャリアとしては異例のスピード出世で27歳のときに警部補に昇進した姫川玲子刑事を演じている。「姫川の、やると思ったらとことんやるところやまっすぐなところ、周りの人に愛着を持っているところが好き」と役へ愛着を感じていることを明かした。  劇場版で参加、竹内とのラブシーンも話題の大沢は「ドラマを見ていて、姫川のファンでした。生の姫川に会えて良かった。かっこよかったです」と竹内の熱演を称賛した。本作で大沢は、竹内と禁断の恋に落ちる暴力団幹部をクールに演じている。  一方、若手刑事を演じ、現場のムードメーカーでもある丸山は「重厚感のあるキャスト陣に囲まれ、若さいっぱい、元気いっぱい頑張りました」と熱くアピールし、会場から大きな声援を浴びていた。キャスト陣が作品について語る中、高嶋が「『インビジブルレイン』を映画化しないで欲しかった。なぜなら姫川班が終わってしまうから…」とネタバレの失言をしてしまったが、武田が「この映画が当たればまた簡単に作られるよ」とフォローし、事なきを得た。  また、本日地方に行っており不参加となった西島はモニターでの参加。1月に開催予定のイベントには参加すると約束していた。男だらけのキャスト陣の中で、一番やさしくしてくれた人を聞かれ、周りからの熱視線をいっせいに浴びた竹内は、「菊田さんです」とこの日欠席だった西島の役名をあげ、うまく場を収めた。  本作の重要なキーワードとなるのは“雨”。晴れの日は1シーンのみ。さまざまな種類の雨が効果的に本作の世界観を盛り上げる。禁断の恋の行方と、複雑に交錯してもつれ合う事件の真相に注目。  「ストロベリーナイト」は2013年1月26日(土)より全国東宝系にて公開

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access