クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

相棒-劇場版III‐ 関連記事

  • 『相棒‐劇場版III‐序章』が登場!事件の結末は、映画への序章となる!

    『相棒』からSPドラマ“序章”が登場! 劇場版につながる“謎”のはじまりを描く

    エンタメ

     14年間高視聴率を記録する、大人気シリーズ「相棒」のスペシャルドラマ『相棒‐劇場版III‐序章』が、動画配信サービス「dビデオ powered by BeeTV」にて配信されることが決定した。@@cutter ドラマ「相棒」は言わずと知れたテレビ朝日系列の人気刑事ドラマシリーズ。 2000年の初放送以来、約14年間も続いており、現在までにスピンオフ作品を含めた4作の劇場版が公開されている。さらに4月26日からは、5作目となる『相棒‐劇場版III‐巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』の公開も控えている。  本作は、『劇場版III』のきっかけとなる殺人事件を描いたスペシャルドラマ。物語は、特命係・杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)が、ある重要な殺人事件の調書を読んでいる所から始まり、伊丹憲一(川原和久)ら捜査一課が事件の真実に辿り着くまでを描いている。事件の舞台である廃船寸前の貨物船という“密室”で発見された2つの死体の“謎”に込められた、哀しい真実が最大の見所となる。  キャスト陣には、テレビでお馴染みのレギュラーメンバーのほか、釈由美子、風間トオルら『劇場版III』に出演する豪華キャストが脇を固める。さらに、脚本は『相棒‐劇場版‐絶対絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』やテレビシリーズを手掛ける戸田山雅司が描き下ろし、テレビシリーズでもメガホンを取る近藤俊明が監督を務めるなど、オール「相棒」スタッフによる作品となっている。  水谷は「本作品では『劇場版III』に繋がる大きな“謎”の始まりが描かれています。『劇場版III』を観る前に『序章』を観ると、より映画が楽しめるかもしれません」と期待をあおり、成宮は「いつもと違う視聴者にも『相棒』を見てもらうきっかけとなったら嬉しいです」と語り、ファンは勿論、ファンならずとも楽しめる、緻密かつ重厚なミステリー作品に仕上がった本作をPRした。  dビデオスペシャル『相棒‐劇場版III‐序章』(全4話)は、「dビデオ powered by BeeTV」にて3月29日より配信開始。

  • 2014 東映ラインナップ発表会にて

    40年以上の時を経て『人造人間キカイダー』実写映画化!「禁断の扉を開きます」

    映画

     国内大手の映画配給会社・東映が30日、2014年公開の新作ラインナップ発表記者会見を東京都内のホテルで行い、1970年代に放送された石ノ森章太郎原作の人気特撮ドラマ「人造人間キカイダー」を映画化する『キカイダー REBOOT』(下山天監督)の製作を発表した。@@cutter 心優しき人造人間キカイダーが最大の敵とバトルを繰り広げる『キカイダー REBOOT』でタイトルロールを演じるのは、これが映画初主演の若手俳優の入江甚儀。ヒロイン役には佐津川愛美が決定しており、長嶋一茂、原田龍二らが脇を固める。映画『SHINOBI』『Blood ブラッド』のほかAKB48のPVも手掛けている下山天監督がメガフォンを取り、5月24日より劇場公開される。  1973年の映画『飛び出す人造人間キカイダー』以来となる劇場版製作に東映取締役の白倉伸一郎氏は「放送当時は『仮面ライダー』と人気を二分するほどの作品だったにもかかわらず、40数年間実写映像化することができなかった。深いテーマを持つ『人造人間キカイダー』を、真正面から取り上げて描くのが難しかった」と難航の歴史を振り返りながら「脚本作りに2年をかけて、40数年間ポシャってきた企画がついに実現することになりました。禁断の扉を開き『人造人間キカイダー』を真っ正面から描きます」と発表した。  また、実写製作決定の一報から話題の『魔女の宅急便』を手掛ける清水崇監督は「僕は宮崎監督ではありません」とジョークを飛ばしながら「すでに賛否両論の声をいただいているけれど、新しい世界観で新しいキキを好きになってもらいたい。ホラーばかり撮ってきた僕にとっても挑戦となりましたが、期待していただいても結構です」と並々ならぬ自信を覗かせた。  東映ではこのほか、吉永小百合が企画・主演を務める『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)、瀬戸康史と北乃きい共演作『僕は友達が少ない』(及川拓郎監督)、剛力彩芽が主演を務める『L・DK』(川村泰祐監督)、人気ドラマの映画シリーズ『相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(和泉聖治監督)、さだまさし原作の『サクラサク』(田中光敏監督)、玉木宏と石原さとみ共演の『幕末高校生』(李闘士男監督)、市川海老蔵、柴咲コウ、伊藤英明共演のホラー『喰女 クイメ』(三池崇史監督)、唐沢寿明がスーツアクターを演じる『イン・ザ・ヒーロー』(武正晴監督)、三浦春馬主演の日中合作映画『真夜中の5分前』(行定勲監督)、日本とトルコ合作の映画『エルトゥールル(仮題)』(田中光敏監督)など24作品を予定している。

  • 『相棒-劇場版III‐』製作報告会見にて

    成宮寛貴、及川光博のNGシーン絶賛!? 『相棒‐劇場版』新作で新旧相棒の共演実現

    映画

     映画『相棒‐劇場版III‐』の製作報告会見が12日、品川プリンスホテルにて行われ、水谷豊、成宮寛貴、伊原剛志、釈由美子、宅麻伸、及川光博、石坂浩二、和泉聖治監督が登壇した。@@cutter テレビシリーズのスタートから12年、これまでシリーズとして4本の劇場版が製作され、今秋スタートした『season12』も初回視聴率19.7%を記録するなど、モンスターコンテンツとして成長した『相棒』。特命係の2人がメインとして活躍する作品としては約3年半ぶりとなる本作の舞台は、東京から300キロ離れた絶海の孤島“鳳凰島”。そこで起きたある事故の調査に特命係の2人が赴き、島に隠されたある"謎"に立ち向かう。  杉下右京を演じる水谷は「最近は水谷さんと呼ばれるよりも、『杉下さん』、『右京さん』と呼ばれることが多くなってまいりました。これは、まさに相棒の力だと思います。これからはもう割り切って杉下右京でいようかな(笑)」と笑顔で挨拶し、「テレビシリーズが始まった時の夢が映画化でしたので、寺脇(康文)さんと1本目の映画ができた時は『夢が叶った』と思い、2本目は及川みっちゃんと、そして3本目はナリヒロ(成宮寛貴)と映画を作ることが出来て本当に感無量です」と喜びを語った。  劇場版初登場となる甲斐享役の成宮は「僕は普段ナリヒロって呼ばれたことないですから(笑)」と水谷にツッコミを入れるも、「僕は映画ということで緊張してたのですが、水谷さんに『ドラマの雰囲気を変えず、2人のコンビネーションを大事にしよう』とアドバイスをいただいてからは落ち着いて撮影に臨むことが出来ました」と水谷に感謝の気持ちを述べながら、撮影を振り返った。  また、本作では成宮と及川による新旧相棒の共演が実現。共演シーンについて成宮は「すごく勉強になりました! こうやってNGを出せばいいのかと(笑)。及川さんはNGのリカバーがすごく上手!」と及川の演技を絶賛したものの、及川は「共演シーンは台本15ページくらいあったので楽しむ余裕なんてなかった(笑)。緊張して脇汗かきましたよ!」と苦労をにじませていた。  『相棒‐劇場版III‐』は2014年4月26日より全国公開。

  • 水谷豊&成宮寛貴、新相棒による初の映画版!

    “相棒”史上最高密度のミステリー!『相棒-劇場版III-』特報映像が解禁

    映画

     本日10月16日、ついに放送開始した『相棒season12』。その中で劇場版の15秒映像が放送されたが、この度ロングバージョンの『相棒-劇場版III-』特報映像が解禁となった。@@cutter 2000年の誕生以来、10年以上にわたり圧倒的な高視聴率とともにファンに支持され続けているモンスタードラマ『相棒』。水谷豊扮する杉下右京の“相棒”も寺脇康文・及川光博に続き、昨年の「season11」より成宮寛貴に変わり、右京との新鮮なコンビネーションで「相棒」ワールドに新たな魅力と可能性をもたらしている。  さらに、映画でも『相棒-劇場版-』(08)の大ヒットを皮切りに、『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』(09)、『相棒-劇場版II-』(10)、『相棒シリーズ X DAY』(13)でヒットを飛ばし、映画界においても唯一無二のモンスターコンテンツとして不動の地位を確立。そして、本日スタートした新シーズンのドラマとともに、テレビ朝日開局55周年記念作品として、『相棒-劇場版III-』が2014年GW公開となる。  解禁された映像には、鍵となる絶海の孤島や、謎の武装集団、ジャングルの中を走り抜ける相棒の二人が描かれている。ある種、密室と言える島での事件に対して、右京と亨はどう立ち向かうのか、期待が高まる。  「男性が馬に蹴られ死亡した事故」を報じた新聞の小さな三面記事。それは、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)にはありふれた記事に見えた。一方、元警視庁特命係、現警察庁長官官房付・神戸尊(及川光博)は、その記事を発端に、上司である警察庁次長・甲斐峯秋(石坂浩二)より密命を受ける。事故は、ある実業家が個人所有する東京から300キロ離れた太平洋に浮かぶ島で起き、そこでは元自衛隊員たちが共同生活を送っているという。そして、島には妙な噂があることがわかり、それを特命係に調査をさせようというのだ。果たしてその噂とは? 絶海の孤島で特命係を待ち受けるものとは? 巨大な密室で今“事件”がはじまる。  『相棒-劇場版III-』は、2014年GW全国公開。

  • 『相棒』劇場版最新作では、“絶海の孤島”を舞台に活躍する、特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐亨(成宮寛貴)

    『相棒』劇場版三弾の舞台は絶海の孤島!連続ドラマ版season12も放送決定

    映画

     大人気シリーズ『相棒』から、待望の『劇場版III』の製作が決定。また、連続ドラマ版の『season12』の始動も同じく発表された。@@cutter 2000年の誕生以来、10年以上にわたり圧倒的な高視聴率とともにファンに支持され続けているモンスタードラマ『相棒』。水谷豊扮する杉下右京の“相棒”も寺脇康文・及川光博に続き、昨年の「season11」より成宮寛貴に変わり、右京との新鮮なコンビネーションで『相棒』ワールドに新たな魅力と可能性をもたらしている。このたび、2013年の10月から放送される新シーズンとなる『相棒 season12』のドラマとともに、テレビ朝日開局55周年記念作品として、2014年GW公開を目指し『相棒―劇場版III―』の製作が開始された。  今回の新作映画&新シリーズの製作決定について、水谷は「今回で映画が3本目。こんな事があるんだ、とすごく嬉しかったですね。1作目、2作目からさらに洗練された作品になると思います。タイムリーなテーマで、社会的であり、エンタテインメントとしても楽しめます。来年GWに映画公開、その前にシーズン12…。成(なり)とは2シーズン目に突入し、ふたりの相棒としての関係はまたちょっと違う世界にいきます。楽しみに待ってて下さい。我々、期待に応えますよ!」とファンにとって嬉しいコメントを寄せる。  一方、成宮は「相棒の映画に相棒として出演できるという事は感無量です」と語る。「ドラマの撮影中にも、『映画みたいですね』と豊さんとよく話しをしているくらい、ドラマもスケールが大きいですが、実際映画の撮影に入ってみると、今日はヘリコプター、昨日は船での撮影。映画はもっとスケール大きかったです(笑)。これからも豊さんのお芝居を学んで、素敵なコラボレーションしていきたいです」と意気込みを語る。  映画第三弾の舞台は“絶海の孤島”。閉ざされた島で何が起こったのか?始まりは新聞の小さな三面記事だった。「男性が馬に蹴られ死亡した事故」を報じたその記事は、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と甲斐享(成宮寛貴)にはありふれた記事に見えた。一方、元警視庁特命係、現警察庁長官官房付の神戸尊(及川光博)は、その記事を発端に、上司である警察庁次長甲斐峯秋(石坂浩二)より密命を受ける…。  撮影は5月16日に沖縄県にてクランクイン。沖縄ロケ後、都内に移動、7月上旬にクランクアップ。沖縄ロケは、普段人が足を踏み入れない過酷な自然を探し、辿り着いたロケ地。梅雨の土砂降りの雨の中、約1ヵ月間、密林・岩礁・断崖・滝といった大自然の中でロケを行った“かつてない”『相棒』映像となっている。  出演は、水谷豊、成宮寛貴の特命係の2人に加え、ゲストに伊原剛志、釈由美子、風間トオル、宅麻伸が決定。いつものレギュラー陣も総出演し、どう事件に関わっていくのかも見所となる。更に、及川光博と石坂浩二の出演も決定。『相棒』映画に初出演となる成宮と及川との新旧相棒の初共演はファン必見。石坂の映画への登場も、『相棒』ならではの組織的なスケール感を予感させ、さらに期待は膨らむ。  『相棒―劇場版III―』は2014年GW全国ロードショー  『相棒 season12』は2013年10月放送開始

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access