クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

永遠の0 関連記事

  • 映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』より

    二宮和也主演『ラストレシピ』特報映像&新ビジュアル解禁

    映画

     嵐の二宮和也が主演を務める映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』から、特報映像と新ビジュアルが解禁。二宮が、西島秀俊、宮崎あおい、綾野剛、西畑大吾、竹野内豊ら豪華キャスト演じるキャラクターと織りなす、壮大なドラマの模様が一部明らかになった@@cutter 本作は、田中経一による同名小説の実写版。どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮)が、70年前に天皇の料理番だった山形直太朗(西島)が考案した幻のフルコースの謎を追う姿を描く。  解禁された映像では、佐々木が山形の考案したフルコースを再現するように要請されるシーンが映し出されるほか、投獄された山形に銃がむけられる緊迫の場面なども収められており、シリアスなドラマが展開することがうかがえる内容に仕上がっている。  メガホンを取ったのは、第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『おくりびと』の滝田洋二郎監督。企画を秋元康が手掛けたほか、脚本は『永遠の0』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した林民夫が担当した。さらに、絢爛豪華なメニューの映像化と出演者への調理指導には、料理界の重鎮・服部幸應が全面協力している。  映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』は11月3日より全国公開。

  • 作品賞を受賞した『永遠の0』で監督を務めた山崎貴

    <日本アカデミー賞>『永遠の0』 8冠達成!司会者・西田敏行「今年は岡田イヤーだね」と祝福

    映画

     第38回日本アカデミー賞授賞式が27日に都内で行われ、『永遠の0』が最優秀作品賞を受賞し、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀美術賞、最優秀撮影賞、最優秀照明賞、最優秀録音賞、最優秀編集賞の8冠を達成した。@@cutter 自身も2冠を達成している岡田は、「自分が参加した作品が2つノミネートされていてうれしかったです」と答えると、司会の西田敏行から、「今年は岡田イヤーだね!」と祝福の声をかけられ、照れまくり。    本作に出演した三浦春馬も、「自分もこの作品に参加できたことを光栄に思っております」と謙虚にコメントし、共演者の井上真央も、「監督、岡田さんはじめ、現場の方々のこの作品に懸ける思いがとても強かったので、私自身も本当にうれしいです」と満面の笑顔を見せた。    また、山崎監督は、「エンタテインメントなので、できるだけたくさんの方に観ていただきたかった。多くの方に愛していただいた作品だったので、本当によかったです」と、締めくくった。   <日本アカデミー賞優秀作品賞:作品一覧(★は最優秀賞受賞作品)> ★『永遠の0』 『紙の月』 『小さいおうち』 『蜩ノ記』 『ふしぎな岬の物語』

  • <第38回日本アカデミー賞>総合司会を務めた俳優の西田敏行、女優の真木よう子

    <日本アカデミー賞>『永遠の0』岡田准一、話題賞受賞に「凄く誇りに思います」

    映画

     第38回日本アカデミー賞授賞式が27日に都内で行われ、『永遠の0』で話題賞・俳優部門を受賞した岡田准一が最優秀助演男優賞に続きスピーチに立ち、「この場にたびたび立てて幸せです」と受賞を喜んだ。@@cutter 話題賞とは、ニッポン放送の「オールナイトニッポン(全国36局ネット)」を通じて、一般聴取者の投票によって選出されたもの。最優秀助演男優賞受賞の興奮冷めやらぬ中、本賞の俳優部門を受賞し、再びステージに登場した岡田は、「こうして話題になる作品に参加させていただいき、本当に幸せです」と、笑顔で語った。    さらに岡田は自身の演技論にも触れ、「昔、ある役者さんに、感情が動くのが芝居だと言われたことがあります。それを観て、観客の皆さんの心が動いてくれるんだということを教えていただいたのですが、今、それを思い出しました。少しでもたくさんの方の心が動いていただいて、この賞がいただけたということを凄く誇りに思います」と、全国の映画ファンに感謝を述べた。    なお、話題賞・作品部門には、佐藤健主演の時代劇アクション『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』が2部作で受賞した。

  • <日本アカデミー賞>最優秀主演男優賞は『永遠の0』の岡田准一!男優初の2部門制覇

    映画

     第38回日本アカデミー賞授賞式が27日に都内で行われ、『永遠の0』の岡田准一が最優秀主演男優賞を受賞。最優秀助演男優賞(『蜩ノ記』)と共に2冠を達成した岡田は、「昔、緒形拳さんから『難しい環境かもしれないが、お前は芝居に向いている、続けなさい』と言われ、その言葉を胸にここまでやって来られた」と明かし、受賞をかみしめるように喜んだ。@@cutter 男優で初めて2冠を達成した岡田は、「僕がここにいられるのも、人を思うことの大切さを教えてくれた第1回受賞者の高倉健さんがいてくれたおかげです。それから、先ほど、助演男優賞のスピーチで言った『感情が動く時に人は観てくれる』とおっしゃってくれたのは第2回受賞者の緒形拳さんでした」と告白。  さらに、「その時に、緒方さんから『お前は芝居に向いている』と。辛いことはたくさんあるし、芝居をやるには難しい環境かもしれないけれど、『お前は芝居を続けなさい』とおっしゃっていただいて、(その言葉を胸に)なんとか続けることができました。僕が向いていると言われたのが、芝居と格闘技しかなくて(笑)。20年前、何もできなかった僕が、いろんな方に出会って、人間を作っていくことことを教えられました」と感謝しきり。最後は、「またここに帰ってこられた時に本当の実力を認めてもらえたと思いますので、僕も精進します、誰かまた連れて来てください」と、締めくくった。   <日本アカデミー賞優秀主演男優賞:男優一覧(★は最優秀賞受賞者)> 阿部寛(『ふしぎな岬の物語』) ★岡田准一(『永遠の0』) 佐々木蔵之介(『超高速!参勤交代』) 中井貴一(『柘榴坂の仇討』) 役所広司(『蜩ノ記』)

  • 『アナと雪の女王』TSUTAYAレンタルランキング 総合1位に!

    『アナ雪』TSUTAYAレンタル総合ランキング1位! 4部門制覇の快挙も

    映画

     大手レンタルビデオチェーンを展開するTSUTAYAは、独自のビッグデータを集計分析した「TSUTAYA年間ランキング」を発表。2014年の「DVD・ブルーレイレンタル年間ランキング」の総合1位には、今年大旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』が輝いた。関連商品を含めると、年間総合ランキング4部門で1位獲得という快挙を成し遂げた。@@cutter 『アナと雪の女王』は、老若男女の幅広い層に支持され、リリースから2ヵ月未満でレンタル回数が200万回を突破するなど、歴代最速記録を更新。更に、子供や孫と楽しむために、劇中歌を歌いながら鑑賞したいなど、レンタルのリピーターや商品購入にも拡がり、「DVD 販売」「サウンドトラックCD販売」「サウンドトラックCDレンタル」部門でも見事トップ獲得の結果に。  2位は、「倍返しだ!」のセリフと共に大流行となったTVドラマ『半沢直樹‐ディレクターズカット版‐』(1~6巻)。3位には「文庫総合ランキング」1位を獲得したベストセラーの実写化『永遠の0』がランクイン。さらに、第86回アカデミー賞監督賞を受賞したSF映画『ゼロ・グラビティ』。ジョニー・デップと『パイレーツ・オブ・カリビアン』のゴア・ヴァービンスキー監督による最新作『ローン・レンジャー』が続いた。 「DVD・ブルーレイレンタル総合ランキング年間ベスト20」<集計期間:2014年1月1日~12月10日/TSUTAYA調べ>」 1位:『アナと雪の女王』 2位:『半沢直樹‐ディレクターズカット版‐』(1~6巻) 3位:『永遠の0』 4位:『ゼロ・グラビティ』 5位:『ローン・レンジャー』 6位:『モンスターズ・ユニバーシティ』 7位:『謝罪の王様』 8位:『ワールド・ウォーZ』 9位:『ウルヴァリン:SAMURAI』  10位:『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』 11位:『清須会議』 12位:『風立ちぬ』 13位:『劇場版 SPEC~結~ 爻ノ篇』 14位:『怪盗グルーのミニオン危機一発』 15位:『劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇』 16位:『REDリターンズ』 17位:『そして父になる』 18位:『グランド・イリュージョン』 19位:『アメイジング・スパイダーマン2』 20位:『テッド』 ※ドラマ作品は巻数の不均衡を調整するため、1巻あたりのレンタル回数を集計しランキングを作成

  • 宮沢りえ「私を支えて引っ張ってくれた」吉田大八監督に感謝

    岡田准一「日本の心や男を演じられる存在に」報知映画賞で主演男優賞受賞

    映画

     「第39回 報知映画賞」表彰式が17日、都内にて行なわれ、主演男優賞受賞の岡田准一(『永遠の0』)、主演女優賞受賞の宮沢りえ(『紙の月』)ら各賞受賞者が出席。受賞の喜びや抱負を語った。@@cutter  『永遠の0』で零戦パイロット役の演技で受賞した岡田は「大先輩や事務所の皆様が『岡田に賞を獲らせてやりたい』」と常々語っていたことを感慨深げに振り返り、「日本の心や男というものが演じられる存在になれるように精進していきたい」と今後の抱負を明らかにした。  一方、宮沢は二の腕を露にしたシックな黒ドレスで登場。7年ぶりの主演に不安があったことを吐露しつつ、吉田大八監督に対して「緻密に丁寧に、志高く演出をし続け、私を支えて引っ張ってくれた」と感謝の思いを述べる。花束贈呈ゲストとして登壇した池松壮亮は「宮沢さんの覚悟が実を結んだ」と賞賛の言葉を贈った。また、同作での光る演技が評価されて助演女優賞を受賞した大島優子は、宮沢と対照的に純白のワンピースで登壇。「(演技賞とは)縁遠いものだと思っていました」と言葉を噛み締め、「この賞を糧にこれからも頑張っていきたい」と喜びの丈を語っている。さらに秋元康がサプライズ登場すると、込み上げるものを我慢するようにうつむく一幕も。  『ホットロード』の演技で新人賞を獲得した「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣は「この賞にふさわしい表現者として成長していきたい」と抱負をコメント。花束贈呈ゲストとして登壇したEXILEのリーダー・HIROは「メンバーのなかからこんな人間が現れて光栄です」と喜びを表わした。  なお、作品賞・邦画部門には安藤桃子監督の『0.5ミリ』、作品賞・海外部門には『ジャージー・ボーイズ』、監督賞には小泉堯史(『蜩ノ記』)、助演男優賞には津川雅彦(『0.5ミリ』)が輝いた。新人賞には登坂とともに小松菜奈、西田征史監督が選ばれ、史上初めて3名の同時受賞となった。また今年は『アナと雪の女王』が特別賞を受賞。加えて同映画賞の第2回、第37回にて主演男優賞を受賞している高倉健さんが特別賞に選ばれていたが、所属事務所の高倉プロモーションの意向により辞退した。

  • 映画『永遠の0』を手掛けた山崎貴監督にインタビュー

    岡田准一主演『永遠の0』、ブルーレイ&DVD豪華版特典に山崎貴監督自ら大興奮!

    映画

     8週連続1位を獲得し、ロングランヒットを続け87億円の興行収入を突破している岡田准一主演の感動大作『永遠の0』が、ブルーレイ&DVDでリリースされる。山崎貴監督が作品への思いはもとより、自ら監修し、「史上最強のものが出来たと思います」と胸を張る、豪華版の特典として収められた特別コンテンツの“ARカード”の魅力などを語った。@@cutter 「僕には常にエンターテインメント作品を撮っているという意識があるんです。だから多くの人に観ていただけることはすごく大切」と話す監督。『永遠の0』も、年齢、性別を問わず幅広い層に支持された。「有難いことです。この作品で特徴的なのは、若者の映画だということ。戦争映画って、エライ人が出てきて悩んでいるイメージがありますが、僕の場合は、前線で戦った人たちの思いを描きたかった」。  その前線で戦うのが主人公の宮部久蔵。零戦の搭乗員でありながら、「生きて帰りたい」とはっきり口にする、戦時中としては特異な人物だ。しかしその宮部もやがて特攻を志願。本編では、生きることにこだわった宮部がなぜ特攻を選んだのか、その謎に迫っていく。宮部に扮した岡田准一を監督が振り返る。  「岡田さんはリアル宮部でした。実は堤真一さんから『岡田くんはのめり込むとすごい』という話を聞いていたんです。そのこともあって、宮部には岡田くんがいいんじゃないかと。格闘技を始めたら師範をとっちゃうような人でしょ。恐ろしいほど求道的なんですよ。今回、宮部を演じるというより、宮部そのものになってほしかったんですけど、まぁ、宮部でしたね。特にだんだん狂気に駆られていく過程では、話しかけづらいほどでした」。  さて、山崎監督といえば『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズをはじめ、ドラマとCG、VFXを組み合わせて作品を作り上げることに定評がある。本作でもVFXがふんだんに取り込まれている。話しぶりからもVFX好きは歴然だ。  「今はコンピューターのレンダリングとかが非常に新しいアルゴリズムを使うようになって、すごく実写っぽいものが作れるようになってきているんです。技術だけでいったら、ウチの会社(白組)じゃなくてもできる。そこで優位性を保つためには見せ方のセンスが必要。今回の場合は、第二次世界大戦のレシプロ機が大好きな人や、趣味で空母を何隻も作っている人、米軍機のマーキングに関してものすごく詳しい人といったかなりマニアックな人たちの力を借りて、魅せることにこだわりました」。@@separator ブルーレイ&DVD豪華版の初回生産限定分は、豪華外箱仕様でスペシャルブックレット付きだ。「いやー、ブックレットが本当に豪華。零戦メイキングなんかもすごいし、ボリュームたっぷり」と満足そうに語りながら、監督が「あ、ARはご覧になりました?」と目をキラキラさせて自らのタブレットを取り出し始めた。豪華版にはARカードが付いており、専用アプリをダウンロードすることで、カードにスマホやタブレットをかざすと、目の前に空母・赤城と、そこから飛び立つ零戦が映し出されるのだ。  「私のわがままで作ってもらいました(笑)。空母の下の海もちゃんと動いてます。自分の手の中に赤城があって、零戦が飛ぶんですよ! 1日中でも見ていられます」と大興奮の監督。  「まさにデジタル時代の飛び出す絵本ですよね。DVDを買ってくれる人は、この作品をすごく好きになってくれた人のはず。特に豪華版を買ってくれる方は、僕の大好きな人たちですから、その人たちに『きゃ~』って言ってもらえたら嬉しいです」。  確かに、筆者も「おお~っ」と声を上げてしまった。本編はもちろん、監督も「AR史上最強のものができた」と胸を張る特典も楽しみにしてほしい。(取材・写真:望月ふみ)  『永遠の0』ブルーレイ&DVDは7月23日(水)リリース開始。

  • 映画『永遠の0』、山崎監督が監修を務めた圧巻映像のARアプリ配信決定!

    『永遠の0』圧巻映像が出現する無料ARアプリ配信決定、山崎貴監督が監修

    映画

     「観客動員数8週連続1位」「邦画実写歴代6位」といった記録を打ち立て大ヒットとなった映画『永遠の0』が、7月23日に遂にブルーレイ&DVDで発売となる。それを記念して、山崎貴監督が監修を務め、白組・ROBOT制作の圧巻映像が出現する無料ARアプリの配信が決定。本作ブルーレイ&DVD豪華版にARカードが封入されることもわかった。@@cutter 本作は、現代に生きる青年・佐伯健太郎(三浦春馬)の視点を通し、60年前の太平洋戦争で特攻出撃により帰らぬ人となった祖父・宮部久蔵(岡田准一)の姿を描いた作品。「臆病者」と呼ばれながらも、家族のもとに帰るため誰より生に執着した宮部が、何故終戦間際に特攻を選んだのか、そして宮部が命がけで残したメッセージとは何なのか…。  動員700万人、興行収入87億円を超え、人々の記憶に残る大ヒット感動作『永遠の0』が遂に7月23日にブルーレイ&DVDで登場する。豪華版には154 ページのスペシャルブックレット(初回生産限定)や、140 分にも及ぶ特典ディスクを収録。さらに、山崎監督が監修を務め、白組・ROBOT制作という日本最高峰の技術を集結したAR作品が楽しめるARカードも封入される。  専用ARアプリを起動させたスマートフォン等を映画『永遠の0』のロゴにかざすと、本編に登場した零式艦上戦闘機二一型が出現。そして、豪華版に封入のARカードにかざすと、空母赤城が大海原を航海する様子が飛び出してくる。本編の迫力さながらの驚愕のスケールと映像美をARアプリで体感することができる。尚、こちらのアプリは、7月下旬より配信開始予定。  映画『永遠の0』ブルーレイ&DVDは、豪華版と通常版の各2種類で7月23日発売。詳細は公式サイトまで。

  • 永遠の0

  • TVドラマ『永遠の0』 尾上松也が自身初の丸刈りで、初めて本格的に現代ドラマに出演

    尾上松也、ドラマ『永遠の0』で向井理と共演!初めて本格的な現代ドラマに出演

    エンタメ

     テレビ東京開局50周年、特別企画のスペシャルドラマとして2015年に3夜に渡ってドラマ化される『永遠の0』。ドラマ版の主人公・宮部久蔵役を向井理が務めることは既に発表されていたが、この度、景浦介山(戦時中)役として歌舞伎俳優の尾上松也が出演することも明らかになった。尾上は本格的に現代ドラマに出演するのは今回が初となる。@@cutter 尾上が演じる景浦は、昭和18年、二飛曹としてラバウル基地で飛曹長の宮部とともに過ごした凄腕の零戦パイロット。宮部に対して強烈な憧れと激しい嫉妬と憎悪を抱いており、戦後は暴力団幹部となる役柄。  自身初となる丸刈り頭で、初めて本格的に現代ドラマに出演する尾上は、撮影初日を終え「戦時中にタイムスリップしたみたいな。そんなセットでした。自分も役の衣装を着ているし、おのずと気合が入っております」と現場の感想を話す。  役柄に関しては「男気もあり複雑な思いを抱えた人間」と分析。「景浦の過去などは描かれずにとにかく宮部を憎みねたんでいる、という設定なので、彼の今までの生き様、今後の生き様に繋がっていくような芝居ができたらなと。実は宮部への憧れがあるような複雑な思いを景浦は抱えていると思うので、そういう心情も表現できたらと思っています」と意気込みを語った。  3夜放送という大規模の企画だからこそ、原作者・百田尚樹からも「600ページ近い原作にかなり近いもの」と太鼓判を押された本作。今後の新情報も期待して待ちたい。

  • テレビ東京、向井理を主演に迎え『永遠の0』をドラマ化

    『永遠の0』向井理主演でドラマ化決定!テレ東開局50周年特別ドラマに丸刈りで挑む

    エンタメ

     累計販売530万部を突破した国民的ベストセラー『永遠の0』が、映画化に続き、テレビ東京開局50周年特別企画のスペシャルドラマとして2015年に放送することが決定した。本作で主演を務めるのは、テレビ東京のドラマ初出演となる向井理。50周年企画の最後を飾る超大作の主演として、丸刈りで撮影に挑む。@@cutter 向井が演じるのは、「臆病者」、「卑怯者」と周囲から評されながらも天才的な操縦技術を持った零戦パイロット、宮部久蔵。本作は3夜にわたっての壮大なスケールで、昨年公開された映画版では登場しなかった人物やエピソードをより原作に忠実に描き、太平洋戦争の戦史に関してもテレビ東京のアーカイブ資料を用いて詳細に描くことで映画とは違った魅力を引き出す。  本作の主演にあたり、向井は「映像化される前から好きな作品でしたし、感銘を受けていました。このような作品に出演できると聞いて、光栄に思いました」とコメント。  自身が演じる宮部久蔵について「守るべきものがあり、その為に冷静で慎重だけれども、技術を得る為には努力家であり、冷酷な面もある人。必死に戦い、守る姿は共感します」と語り、「実在する人物ではないですが、戦争を経験した人々や残された我々の世代にも恥じないよう頑張りたいです」と意気込む。  そして、「戦争という多角的なテーマの作品ですが、当時の考え方や思想の独特な部分、それでも一所懸命に生きた我々日本人の先達の姿に、何かを感じていただける作品になると思います。是非ご期待下さい」とアピールした。  テレビ東京開局50周年特別企画スペシャルドラマ『永遠の0』は2015年に3夜放送。

  • 『永遠の0』豪華特典付きBD&DVD発売決定!

    興収86億円突破!岡田准一主演の感動作『永遠の0』BD&DVD発売決定

    映画

     観客動員数8週連続1位を獲得、興行収入86億円を突破した岡田准一主演の感動作『永遠の0』のブルーレイ&DVD発売が決定した。@@cutter 原作は、作家・百田尚樹による同名小説。2005年の初版から口コミで売れ続け、累計発行部数520万部を超える国民的大ベストセラー。太平洋戦争末期、特攻隊でありながら「生きて還る」ことに執着した宮部久蔵の謎に満ちた人生を、現代を生きる孫の健太郎が追いかけるというミステリー仕立ての斬新な内容と、時代を超えて深い感動を呼ぶ壮大な愛の物語に、多くの観客が涙した。  岡田准一を筆頭に、三浦春馬、井上真央、濱田岳、平幹二朗、橋爪功など、若手実力派からベテラン俳優が勢揃い。監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴。さらに映画に強く共感した桑田佳祐が、23年ぶりに映画主題歌を書き下ろしたサザンオールスターズの「蛍」も泣ける名曲として話題を呼んだ。  この豪華キャスト&スタッフによって生み出され、日本中を感動の渦に巻き込んだ本作がブルーレイ&DVDとなって遂に発売。ブルーレイ豪華版及びDVD豪華版の特典DISCには、あらゆる角度から本作を追い続けた秘蔵メイキング映像を収録。さらに初回生産限定仕様には、撮影日誌、場面写真・メイキング写真、美術設定集などを収録し、本作を徹底解説した120ページ以上のスペシャルブックレットを封入予定。さらに、ブルーレイ通常版は、DVD通常版と同じ、税別3800円というスペシャルプライスでの発売となる。  発売決定を記念して、劇中写真の大型パネルが東京メトロ永田町駅に登場。岡田准一ら出演者の劇中写真とポスタービジュアル全31点が全長約40メートルにわたり、5月16日から1週間掲出される。また、巨大ラッピングトレーラーも走行決定。詳細は公式サイト(http://www.eienno-zero.jp)でチェック。  『永遠の0』ブルーレイ豪華版(税別6500円)/DVD豪華版(税別6000円)/ブルーレイ&DVD通常版(税別各3800円)は、7月23日発売。

  • 『永遠の0』が『セカチュー』を超える大ヒット!

    『永遠の0』、興収85億円突破!『セカチュー』を超える大ヒット

    映画

     昨年12月21日に公開された映画『永遠の0』が、公開から93日間経った3月23日、観客動員が約693万人、興行収入は85億円を突破した。@@cutter 2006年の初版当時から口コミで売れ続け、いまや累計発行部数541万部を超える国民的ベストセラーとなった『永遠の0』を映画化した本作。作者は2013年『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞した百田尚樹。この物語に感銘を受けて映画化を熱望したのは『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督。そして出演者には、謎多き主人公の宮部久蔵役に、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で主役を務めている岡田准一。祖父・宮部久蔵の大いなるミステリーを解き明かしていく現代の若者・佐伯健太郎に、三浦春馬。宮部久蔵が愛し続け、娘とともにその帰りを待ち続けた妻・松乃に、来年NHK大河ドラマで主演を務める国民的女優、井上真央など、実力派かつ個性的な俳優陣が集結。さらに昨年活動を再開したサザンオールスターズが主題歌を担当。  この豪華キャスト&スタッフによって生み出された本作は、2004年5月8日に公開され、日本中に「セカチュー」ブームを巻き起こした、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の興行収入85億円をも超えている。また、公開後から冬休みに入ったことで観客動員は落ちの少ない興行を見せ、公開から3ヵ月たった今も、劇場によっては満員となる劇場もあるほどで、近年の作品では異例とも言える長期のロングラン上映が決定している。  客層も、当初は、原作ファンの30~60代の男女が中心だったが、ブームによる口コミの拡大に伴い、10~20代の男女にも受け入れられていった。夫婦やカップルのデートムービーとして、さらには祖父母から孫までという三世代にも渡るファミリームービーとして、まさに国民的な映画として様々な世代に受け入れられている。

  • 大ヒット驀進中の『永遠の0』

    岡田准一主演『永遠の0』桁外れの強さは「永遠」か?

    映画

     [国内映画興行]昨年の12月21日公開後、7週目の土日を迎えた岡田准一主演『永遠の0』の勢いは全く衰えず、6週連続興行ランキングトップを独走している。@@cutter 早くも累計興収66億を突破、最終興収80億到達も視野に入った。未だに土日、サービスデーには、全国上映劇場で満席も多く、今見るべき映画NO.1の地位は揺るがない。  2月1日に公開された『抱きしめたいー真実の物語―』は好スタートを切った。10代~40代の日本中の女性を虜にし、興行ランキング2位を確保した。実話ベースの作品としてロングランが予想される。  本年度アカデミー賞・各部門最多ノミネート作『アメリカン・ハッスル』、アカデミー賞の最優秀主演男優賞ノミネートのレオナルド・ディカプリオ主演『ウルフ・オブ・ウォールストリート』が1月31日に同日公開され、しのぎを削った。2月1日には、マーベルの代表作『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』が公開、各作品とも順調な滑り出しを見せた。

  • 『永遠の0』井上真央インタビュー 

    井上真央、「岡田(准一)さんの後ろ姿が目に焼き付いています」

    映画

     現在、26歳。演技の振り幅も実力も申し分ない女優・井上真央。2011年に『八日目の蝉』で名実共に日本をけん引する女優になった彼女の2013年の出演映画は、コメディエンヌぶりを見せつけた『謝罪の王様』と、まもなく公開になる戦争を題材にした『永遠の0』だ。百田尚樹の同名小説をベースに、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴がメガホンをとった本作で、第二次世界大戦へと出陣した夫の帰りを待ち続ける妻になりきった井上に話を聞いた。@@cutter 主演は岡田准一。ずば抜けた操縦技術を持つゼロ戦パイロットでありながら、「死にたくない。生きて帰りたい」と公言し、仲間から「臆病者」と蔑まれた男・宮部久蔵に扮する。必ず生きて帰ると約束した男は、しかし終戦間際になって特攻隊に志願し、帰らぬ人となる。なぜ彼は特攻を選んだのか。映画は、彼の孫にあたる佐伯健太郎(三浦春馬)の目を通じて、謎に迫っていく。  宮部が生きて帰ることにこだわった理由こそ、井上演じる妻の松乃と、娘・清子の存在だった。「あの時代に死なずに生きて帰りたいと口にすることがどれだけタブーだったか。情報としては私も知っていますが、完全なタブーとされているときに、生きると言い続けた、思い続けたというのはすごいことだと思います」と宮部の生き方に率直な感想を漏らす井上。  宮部の生きる原動力になった松乃。だが、あくまでも松乃は普通の女性であったはずと井上は言い切る。「特別な人ではないと感じたんです。きっとこういう人がたくさんいたんだろうと。岡田さんと共演したシーンでは、普通の温かい家庭の雰囲気を出したかった。結果的に、宮部は特攻を選び、松乃は哀しい経験をすることになりますが、それまでの松乃には、あくまでも明るさを持たせたいと思いました」。  映画版で印象的なのが、一時帰宅した宮部を松乃が送り出すシーン。夜明け、人気のない時間に、松乃が想いを絞り出す。「必ず、帰ってきてくださいね」と。「岡田さんの後ろ姿が目に焼き付いています。決して顔を見るのではなく、お互いにいろんなことを考えながら必死に出たの言葉が、あの言葉。それに対する久蔵さんの言葉も、必死に出たものだったと思うので、すごく切ないシーンでした」。  宮部を想い待つ戦時中と、宮部が帰って来ない戦後では、当然、松乃のあり様も変わってくる。「松乃が生き続けられたのは、久蔵さんの存在もありますが、母だったからというのが大きいと思うんです」という井上。「母としてたくましく生きている姿をきちんと出したかった。清子との関係が、妹や、近所の子供をあやしているように見えてはダメ。優しいけれど、この子を育てていかなければならないという母としての強さをちゃんと持っていたい、それが観る方に伝わればと思っていました」。@@separator 若手実力派でありながら、「いろんな作品を重ねるたびに、自分はこういうところができていなかったんじゃないかと新たに思うんです」と、女優として、真摯かつ貪欲な姿勢も忘れない。  「主演をやらせていただくときなどは、そこに至るまでの経緯や流れのヒントになるセリフやシーンがあって、それを基にお芝居を組み立てることができますが、本作ではそれがなかったので自分で空白を埋める作業をしました。岡田さんのパートは見られないので、自分の中で全てを想像して演じていくのは凄く難しかったですね。ただ、とにかく久蔵さんを想いつづける、松乃の心の中には久蔵さんが居続けているのだという意識は持ち続けていました」と振り返った。  実際に出来上がった作品を目にしたときには「こんなに思ってくれていたんだ」と感じたそう。そして「戦っている姿や、久蔵さんが追いつめられていく姿を目の当たりにしたときは、どうしても松乃としての目線で観てしまうので、いろんな切ない気持ちになりました」と述懐。  さらに宮部の生き方に絡め、「やっぱり、誰かのためにと戦っている人は強いと感じました。もし自分のためだけならば、久蔵さんも、あそこまで強くなれなかったような気がします。家族のため、大切な人のためだからこそ、人は頑張れる強さを持っているのだと思いました」と言及した。  本作を通じ、「家族のこと、家族のルーツ、祖父母のことや、祖父母の生きた時代について、もっと知りたい、聞いてみたい」と思うようになったと話す井上。これは、本作を観た多くの人が抱く感想と重なるだろう。  「後世にメッセージとして残すべき作品に携われたのは光栄なことなので、本当に参加できてよかったです。今はまだ戦争経験者の方がいらっしゃる時代ですが、戦争の記憶はこれからどんどん薄れ無くなっていきます。そうしたなか、映画を通して戦争を伝えていくのは必要なことですし、すごく重要なことだと思っています」と静かに語る。  そして「戦争映画ではありますが愛の物語でもあります。仲間との友情や、家族の愛情、いろんな愛が描かれているので、観ていて暗い気持ちになるとかではなく、希望を感じられる作品になっています。家族を想うとか、周りの人を大切にするとか、そうしたことのきっかけにもなってもらえたら嬉しいですね」と結んだ。(取材・文・写真:望月ふみ)  『永遠の0』は12月21日(土)より全国ロードショー。

  • サザンオールスターズが23年ぶりに映画主題歌を書き下ろした、岡田准一主演『永遠の0』

    サザンが23年ぶりに映画主題歌を担当!『永遠の0』EDは壮大なバラードに

    映画

     再始動を発表したサザンオールスターズ(以下、サザン)が、岡田准一主演の映画『永遠の0』の主題歌を書き下ろしたことが明らかになった。サザンが映画の主題歌を提供するのは、桑田佳祐監督による映画『稲村ジェーン』の「真夏の果実」以来、実に23年ぶり。@@cutter 8月7日にニューシングル「ピースとハイライト」(全4曲入り)が発売となるサザン。その中の1曲「蛍」が、本作の主題歌となっており、桑田がオーケストラをバックに情感豊かに歌い上げる美しいバラードとなる。映画の制作サイドから「サザンでぜひ主題歌を」という熱烈なオファーを受けるとともに、制作途中段階の映画を見た桑田が強く共感し、本楽曲を主題歌として書き下ろした。  桑田は、本作について「『家族のために必ず生きて帰る。それこそが愛ではないか。』そう信じ、『待っている人がいる』ことそのものが生きる力となり、生きる原動力となっている。現代を生きる私たちにも通ずる、そんな主人公宮部久蔵の姿に非常に大きな感動をいただきました。この映画の中に流れている『平和への祈り』のようなメッセージを、私なりに音楽という形を通じて、多くの方々に伝わっていくためのお手伝いが、少しでも出来ればと思っております。そして、この映画が大成功されることを心よりお祈り申し上げます」とコメントを寄せる。  本作の山崎貴監督は「伝説のグループ『サザン』が、復活そうそう僕たちの映画の主題歌をやっていただけるということに大変興奮しています」と語る。「早くみんなに自慢したかったのですが、今日までは封印して来ました。やっと言えます(笑)」とのこと。  また、主題歌「蛍」を聴いて「切なさの中に希望や覚悟が内包されている素晴らしい楽曲だと思いました。映画本篇に続けてこの曲を聴いたとき、何か『救われた』という想いがあふれてきました。画面には雲が映っていましたが、そのどこかで宮部さんが微笑んだような気がしたのです」と楽曲に感じた想いを明かした。  『永遠の0』は12月21日全国東宝系ロードショー

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access