クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

潔く柔く 関連記事

  • 真木よう子、松田龍平、第38回報知映画賞表彰式にて

    真木よう子、報知映画賞で主演女優賞受賞! 大人の魅力たっぷりの着物姿を披露

    映画

     「第38回 報知映画賞」主演男優賞の松田龍平と、主演女優賞の真木よう子が、18日に都内で行われた表彰式に出席した。@@cutter この日、あでやかな和服姿で登場した真木は、しっとりとした大人の魅力を醸し出しながら登壇。「去年の夏に、(撮影)現場で素晴らしい出会いをして、その方々の支えがなければ乗り越えられなかった過酷な役でした」と受賞した『さよなら渓谷』での演技を振り返ると、「その役で賞をもらえたことはこの上ない喜びでございます」と喜びを表した。  一方、『舟を編む』での演技で受賞した松田は、「言うことを聞かず、思いをぶつけてきた」と撮影時を思い返し、「石井監督のおかげでこういう賞をいただけた」と感謝の思いを語った。『舟を編む』は、作品賞、助演女優賞と3部門での受賞となる。  表彰式には、『凶悪』での演出が称えられて、監督賞を受賞した白石和彌監督への花束贈呈ゲストとして、同作で主演を果たした山田孝之も登場した。山田は、「僕は頑張ったんですけど…」と主演男優賞を逃したことを悔しがると、「ここに来られてうれしいのですが、若干複雑です」と苦笑い。「いずれは受賞できればと思っております」と意欲を見せた。  2年前まで選考委員をしていたというリリー・フランキーも、助演男優賞を受賞したピエール瀧の花束贈呈ゲストとして登壇した。ピエールが受賞した『凶悪』には、リリーも出演しており、今回の助演男優賞も実はリリー自身もノミネートされていたという。リリーは、「自分が選考委員をやっていたら、ピエールに投票した」と断言し、ピエールの受賞を喜んだ。  なお、作品賞・邦画部門には石井裕也監督の『舟を編む』、作品賞・海外部門には『42 ~世界を変えた男~』、助演女優賞には池脇千鶴(『舟を編む』『凶悪』『潔く柔く』、新人賞は吉岡竜輝(『少年H』)が輝いた。  本映画賞は、スポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として、1976年から開催。10月から行われる読者投票によってノミネートが決定し、その後、11月に選考委員による選考会が開かれて受賞が決まる。

  • 『潔く柔く』初日舞台挨拶にて

    長澤まさみ、ハロウィンは『アイアンマン』コスプレでイタズラしたい?

    映画

     女優の長澤まさみと俳優の岡田将生が26日、映画『潔く柔く』の初日舞台挨拶を都内劇場で行った。@@cutter 今月31日のハロウィンにちなんで「どんな仮装をしてみたいか」と聞かれた長澤は「着る系がいいので、アイアンマン。ちょっと顔の部分が開くけど、閉じたら何をしてもばれない。せっかくだしイタズラをしたいです」と人気アメコミヒーローへの成り切りを妄想。一方、岡田は「ジョジョ。凄い大ファンなので、一度やってみたい」とこちらも人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』を挙げながら「体を鍛えないといけないので、ムキムキにしてパッキパキで渋谷を歩いて『ヘイ!』とか言いたい」と熱弁し「次に舞台挨拶があったらジョジョの格好で出ますよ」と1人興奮していた。  同作は、いくえみ綾による累計295万部突破のベストセラーコミックを実写映画化したラブストーリー。15歳の頃に幼馴染を失くし恋することができなくなった瀬戸カンナ(長澤)と小学生時代に同級生と事故にあい自分だけが生き残った赤沢禄(岡田)が出会い、惹かれあっていく様を描く。この日の舞台挨拶には、高良健吾、波瑠、中村蒼、新城毅彦監督も出席した。  長澤は「原作のファンで、まさか演じるとは思わず、不安だったけれど、皆で一生懸命向き合って、素敵な作品を作り上げることができた」と公開初日に感無量。これまでにキュンとした瞬間を聞かれた岡田が「突然キスされるとキュンとしちゃう。実際に?……どうでしょうね? あるのかな? ないのかな? 俺、何を言ってるの? ダメじゃん」と自爆すると、すかさず長澤は「映画のシーンにかけてくれたみたいですよ?」と主演女優らしくしっかりとフォローしていた。  そんな長澤はお気に入りの劇中セリフとして、男性からつれなくあしらわれるシーンでのやり取りを挙げ「女子ならばわかってくれると思う。いくえみ男子は女の子の思い通りに行かない感じがいい」と持論を展開するも、会場のリアクションはイマイチで「あれ?ダメですかね」と頭をかいていた。  映画『潔く柔く』は全国公開中。

  • 長澤に花束を持って駆け付けた斉藤和義

    長澤まさみの美脚に釘付け、斎藤和義「足きれいだなあ~」<TIFF2013>

    映画

     第26回東京国際映画祭での公式上映を記念して、映画『潔く柔く きよくやわく』のスペシャル・トークイベントが行われ、女優・長澤まさみの魅力を語りつくすべく、犬童一心監督、古厩智之監督、新城毅彦監督、3人の監督が集結して熱いトークを繰り広げた。また、映画『潔く柔く』で主題歌を担当した斉藤和義も花束を持って駆けつけた。@@cutter 本作は、累計295万部突破のいくえみ綾の大ベストセラーコミックを実写映画化。15歳の夏に幼馴染を亡くし、恋することが出来なくなった主人公・瀬戸カンナ(長澤)が、悲しい過去を持つ禄(岡田)と出会い、新たな恋を通じて喪失感の先にある「希望」と「再生」を描く感動のラブストーリー。  原作の大ファンだったと明かした長澤は、主人公のカンナを演じるにあたって「カンナの女性としての強さや誠実さに共感しました。そんなカンナの感情表現を丁寧に演じるようにしました」とコメント。  この日行われた長澤にゆかりのある3人の監督たちによるトークイベントは、映画祭ならではの醍醐味。自分自身を語りつくされることで長澤は「恥ずかしいです」と恥らいながらも「何を言われても大丈夫」と女優魂も見せつけた。  長澤の記念すべき初主演映画『ロボコン』(03)を監督した古厩監督は、当時の長澤の印象を「まだ中学生だったよね。慣れない現場で窮屈そうに見えた。自由に動き出すとイキイキしていた」と述懐。長澤は「その頃はなにもわからないまま現場にいた気がする。ただがむしゃらにやっていた」と振り返った。  一方、犬童監督『タッチ』(05)は「ぼくは、『ロボコン』は観ていて、彼女に注目していた。立ち姿がかっこよくて、スター性があった。映画の中で輝く人。アップを撮ったとき、すごくいいなと思った」と長澤のスター性を絶賛した。  2人の監督は映画『潔く柔く』を観ており、「若い役を演じていたけれど、違和感なく観られた」(犬童監督)。「大人になってからのBarのシーンを観て、一緒に飲みたいなと思いましたね」(古厩監督)とそれぞれに感想を語った。新城監督も「彼女はまっすぐちゃんと育ってきた稀有な女優さん。それに彼女が来ると現場が明るくなる」と長澤の女優性を称賛した。トークの後半に花束を持って駆けつけた斉藤も長澤について「足きれいだなあ~。かわいいなあって…。役者さんってすごい仕事だなあって」と感心しきり。  長澤は監督たちの貴重な意見に「ありがとうございます」と素直に応え、「女優という仕事を続けていく意味がなんとなく分かった気がする。続けてみないとわからないことがまだまだたくさんある」と今後の展望も語っていた。  長澤が「好きという気持ちをぶつけて思い切り演じた」という本作は、過去にトラウマを抱えた男女のラブストーリー。新城監督は「観終わった後に温かい気持ちを持って帰っていただけたら…」とメッセージした。  第26回東京国際映画祭は10月17日より25日まで六本木ヒルズほかにて開催。映画『潔く柔く きよくやわく』は10月26日より全国公開。

  • 長澤まさみと岡田将生、『潔く柔く』をアピール

    長澤まさみ、『潔く柔く』の見所は「少女漫画ならではキュンキュンする部分」<TIFF2013>

    映画

     「第26回東京国際映画祭」グリーンカーペットイベントが行われ、映画『潔く柔く』からは長澤まさみ、岡田将生、新城毅彦監督が出席した。@@cutter 原作の大ファンだったという長澤は「わたしの演じるカンナは自分のほんとの想いを明かさない。奥に秘めた想いがあり、孤高な部分がある。そんな表情を出すのは難しかった」と撮影時を振り返った。また「少女漫画ならではのキュンキュンする部分や人とのつながりの中での成長が見所のひとつです」とアピールした。劇中では、久々の女子高生役を披露している。  一方、この日、映画『オー!ファーザー』に続き、グリーンカーペット2度目の登場となった岡田。「山で撮った高校生のときのシーンは、時間をとっていただいて撮影したので、気持ちを作りこむことが出来ました」と語り、「いろんな世代の方に観てほしい」と熱くメッセージした。  いくえみ綾のベストセラーコミックを映画化した『潔く柔く』。大切な人を亡くし、新たな恋ができずに生きてきた主人公・カンナ(長澤)と、同じくつらい過去を持つ禄(岡田)と出会い、新たな恋を通じてカンナが再生していく姿を描いている。  「第26回東京国際映画祭」は10月17日より25日まで六本木ヒルズほかにて開催。映画『潔く柔く』は10月26日より全国公開。

  • 長澤まさみ 『潔く柔く』大人女子限定トークショー

    長澤まさみ「一目ぼれしたことがない」 自身の恋愛観を語る

    映画

     女優の長澤まさみとモデルの波瑠が9日、都内で行われた映画『潔く柔く』の大人女子限定トークショーに出席した。@@cutter 「一目ぼれはしたことがない」という長澤は、同じ年齢の26歳女性から「好きとか、恋愛をする感覚がわからなくなった」と悩みを打ち明けられると「まだまだこれからじゃないですか」とはっぱをかけながら「女の人は頭と子宮で恋愛を考えると言いますよね。気になる男性がいたら、好きにならない限り付き合わなければいいし、友達として楽しめば。女の人が頑張るより、男の人を頑張らせた方がいい」と恋愛指南。それでも「でも待っていると恋愛は出来ないし、行ったら行ったで迷うし…。どうすればいいの!?」と正解のない問いに頭を悩ませていた。  同作は、少女漫画家・いくえみ綾による人気コミックを長澤と岡田将生共演で実写映画化した恋愛物語。幼馴染を亡くし、恋することができなくなった瀬戸カンナ(長澤)と小学生時代に同級生と事故にあい自分だけ生き残った赤沢禄(岡田)が惹かれあっていく姿を描く。  また長澤は、最初に付き合った彼氏が忘れられないとの悩みには「初めての経験が楽しい思い出になるのは当たり前だけれど、日々の中に幸せを見つけて、2回目でも初めての経験と思えるような気持ちの準備をした方がいい」と提案。波瑠も「いきなり断ち切るのは難しい。でも自分が変われば環境も変わるし、そばにいるべき人も変わってくる。そんな中で新たなことも見えてくるはず」とポジティブシンキングを進めていた。ただ長澤は「それでもダメなら、初めての人に自分の思う言葉をかけるのもあり」と元の鞘に収まる選択肢も与えていた。  この日のイベントには、体重103kgの恋愛アドバイザー・羽林由鶴も出席。長澤が「喋り方から真面目だと思った。それは恋愛にも通ずるし、物事を筋道立てて考える方でしょ。女性的ですね」と分析される一方、男性的と言われてしまった波瑠は「完全に見抜かれていますね。ダメですね、女子力を学びたい」と悔しがっていた。  映画『潔く柔く』は10月26日全国公開。

  • 『潔く柔く』完成披露舞台挨拶に登壇した長澤まさみと岡田将生

    長澤まさみ『潔く柔く』完成に自信、岡田将生はネガティブ発言「厳しい目で観ないで」

    映画

     18日、映画『潔く柔く』の完成披露舞台挨拶が東京国際フォーラムで行われ、主演の長澤まさみ、岡田将生をはじめ、高良健吾、波瑠、中村蒼、新城毅彦監督が登壇した。@@cutter 本作は、累計295万部突破の大ベストセラーコミック『潔く柔く』(著・いくえみ綾)を原作とした感動のラブストーリー。15歳の夏に幼なじみを亡くし、恋することが出来なくなった瀬戸カンナ(長澤まさみ)が、小学校時代に同級生と事故に遭い、自分だけ生き残った赤沢禄(岡田将生)と出会い、悲しい過去を抱えた二人の止まっていた時間が動き出す。  長澤ら7名は、壇上に設置されたレッドカーペットの階段を下りながら登場。会場を埋め尽くしたファンから大きな拍手が送られると、長澤は「もともと『潔く柔く』というマンガの大ファンで、まさか自分がカンナを演じることになるなんて思ってもいませんでした」と喜びとともに挨拶し「作品が好きなだけにすごくプレッシャーを感じていましたが、現場のスタッフ、共演者の皆さんの優しさのおかげで最後まで演じることができました」と充実の表情を見せた。長澤とともに主演を務める岡田も「いくえみ先生の描く“いくえみ男子”を精一杯演じました。どう評価されるか不安なので、あまり厳しい目で観ないでいただきたいと心の底から思っております(笑)」といきなりのネガティブ発言で会場からは笑いが沸き起こった。  恋愛映画に出演するのは久しぶりと話す岡田は「演じているときは気にならなかったけど、あとから冷静に自分の演技を観ると恥ずかしくなりました。これってダメですかね? すみません!」とまたも自信なさげだったが、長澤が「男の子からすると少女マンガのセリフって恥ずかしいかもしれませんね」と助け舟を出し「いくえみ先生のマンガに出てくるセリフってすごく良いセリフが多いのでぜひ注目してもらいたい」と本作の見どころを語った。  また、劇中では15歳の高校生を演じたことについて長澤は「私は高良君と同じ26歳なので高校生役はかなり不安でした。でも高良君に『大丈夫っしょ!』と言ってもらってからは気が楽になって、とにかく楽しんでキラキラして青春時代を演じようと思えました」と高良の言葉に救われたことを明かし、高良は「『大丈夫っしょ』って言ったのは、自分の15歳の頃の感覚が今もあるから。多分見た目もそんな変わってないと思います」と自信たっぷり。しかし、岡田は「久々に自信がないながらも学ランを着たんですが、それを見た監督にクスッと笑われて。自信ないって言ってるのに笑う監督の心情が正直よくわからない!」と再三ネガティブ発言を繰り返し、新城監督から「似合ってるから笑ったんだよ」と諭されるも腑に落ちない様子だった。  最後に長澤は「本当に優しくて温かい映画です。色んな思いが詰まっているので是非堪能してもらいたい」と話し、岡田も「人と向き合って恋愛したくなるような素晴らしい映画になっています。そして、ただの恋愛映画には留まらず、『死』というテーマも丁寧に描いているので、たくさんの人に観てほしいです」と最後はしっかりと前向きな言葉でメッセージを送った。  映画『潔く柔く』は10月26日より全国東宝系にて公開。

  • 『潔く柔く』×「キキララ」コラボ

    映画『潔く柔く』×「キキララ」コラボ決定!ファミマ限定オリジナルトートバッグ発売

    映画

     10月26日公開の長澤まさみ&岡田将生主演『潔く柔く』が、サンリオの人気キャラクター「Little Twin Stars」とコラボレーション。オリジナルトートバッグを発売することが決定した。@@cutter 『潔く柔く』は、第26回東京国際映画祭「特別招待作品」に選ばれた感涙のラブストーリー大作。原作は累計295万部を突破した、いくえみ綾の最高傑作。15歳の夏に幼なじみを亡くし、恋することが出来なくなった瀬戸カンナ。小学校時代に同級生と事故に遭い、自分だけ生き残った赤沢禄。辛い過去を抱えた二人が織り成す、喪失感の先にある「希望」と「再生」を描く感動の物語。  「Little Twin Stars」は、1975年生まれのサンリオのキャラクター。ララがお姉さん、キキが弟の双子の兄妹星という設定。これまで、有名イラストレーターや有名ブランドとのコラボなどで話題を呼んだが、映画とのコラボレーションは今回が初めてとなる。  本コラボによって発売されるオリジナル商品はトートバッグ。映画オリジナルバージョンのイラストは完全書き下ろしで、主人公のカンナと禄をイメージした髪型にアレンジしたキキとララが、映画でのキーアイテムである“日記”や“かいじゅうの画”を持ったり、原作漫画を読んでいたりと、キュートな表情を見せている。  「映画『潔く柔く』Little Twin Starトートバック」(単品1700円/前売券付2900円)は、famima.com限定で9月7日より予約販売開始。  『潔く柔く』は、10月26日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access