クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

銀の匙 Silver Spoon 関連記事

  • 『銀の匙 Silver Spoon』最終章掲載の「週刊少年サンデー」49号表紙ビジュアル

    荒川弘『銀の匙』少年サンデー本日発売号より最終章突入 完結まであと4話

    アニメ・コミック

     荒川弘の『銀の匙 Silver Spoon』の最終章が、本日発売の「週刊少年サンデー」49号から掲載され、残り4話で完結することが発表された。@@cutter 本作は、『鋼の錬金術師』『アルスラーン戦記』で知られる漫画家・荒川弘による酪農青春グラフィティ。主人公の八軒勇吾が、寮があるという理由で大蝦夷農業高校(エゾノー)に入学。農業の厳しい現実にぶつかりながら悪戦苦闘の日々を送り、手探りながらも自分の進路や生き方について学んでいく、汗と涙と泥まみれの青春を描く。  2011年の連載開始以来、累計発行数は1500万部を突破し、「マンガ大賞2012」大賞も受賞した人気作。アニメ化だけでなく、Sexy Zoneの中島健人主演で映画化もされた。そして、本日発売の「週刊少年サンデー」49号より最終章に突入し、残り4話で完結することが発表された。最終章の冒頭シーンでは主人公・八軒の大蝦夷畜産大学受験の合否がついに発表される様子が描かれているが、果たしてその結果は…。  『銀の匙 Silver Spoon』が掲載された「週刊少年サンデー」49号は、小学館より本日発売。価格は320円(税込)。

  • 中島健人のサプライズバースデイが用意されていた『銀の匙』舞台挨拶 

    中島健人「俺、幸せ」と号泣! 『銀の匙』舞台挨拶でサプライズバースデイ

    映画

     映画『銀の匙 Silver Spoon』公開記念舞台挨拶が9日に行われ、中島健人(Sexy Zone)、広瀬アリス、市川知宏、哀川翔、竹内力、中村獅童、安田カナ、吉田恵輔監督が登壇した。@@cutter 当日は、13日に誕生日を迎える中島にサプライズでバースデイケーキと『銀の匙』原作・荒川弘の直筆サインをプレゼント。タマコ役の安田カナが中島の元に届けた。中島はみるみるうちに涙声になり「こんなに祝ってもらったことないんで、俺幸せです」と叫び、目頭を押さえた。  そんな中、哀川は中島に対し「主演ってだけではなく、『映画を成功させる』っていう気持ちが出ていた。素敵、大丈夫よ。芸能界でもやっていける」と太鼓判。竹内も「頭がいいし、現場でもムードメーカーを買って出てくれた。このまま芸能界の荒波ををぶっちぎっていただければ」とエールを送っていた。  中島は2人のコメントに感化されたのか、「ひとりの男として、20代を男っぽく生きていきたい」と力強く宣言。しかし、こみあげる涙が止まらないようで、「こんなに豪華な皆さんに祝ってもらうのは、これで最後なんじゃないかと思う。こんな幸せな現場はありません」と感極まっている様子だった。  舞台挨拶では撮影時の話題も挙がった。司会者から「本作に出てきた中で好きな動物は何?」という質問に、中島は勘違いしたのか、「鶏を追いかけるシーンがあったんですけど、3日かかったんですよ。なかなか鶏が逃げてくれなくて大変だった」と回答。広瀬が「好きな動物の話ですよ」と突っ込むと、中島は「いや、追いかけても捕まえられないのがいいんですよ」と見事な切り替えしをして、会場の笑いを誘っていた。  最後に中島は「最高の作品です。昨年夏にしっかりと作ってきたこの作品が、春風に乗せて皆さんに届けられればと思います。応援し続けてもらいたい」とアピールして締めた。  本作は、荒川弘の1500万部超大人気コミックの映画版。北海道の農業高校を舞台に、夢や目標を持てなかった主人公・八軒勇吾やその仲間たちが酪農現場に向き合う姿を描く。

  • 『銀の匙』御影アキ役で、“酪農女子”になれた広瀬アリス

    『銀の匙』御影アキ役の広瀬アリス、プレッシャー乗り越え“酪農女子”になれたと実感

    映画

     荒川弘の大人気漫画を映画化した話題作『銀の匙 Silver Spoon』で、Sexy Zoneの中島健人演じる八軒勇吾の同級生“御影アキ”役に抜てきされた広瀬アリス。オーディションに受かった瞬間、その責任の重さから「プレッシャーで押し潰されそうだった」と語る彼女は、いかにしてその重圧をはねのけ、御影アキというヒロインを演じ切ったのか。ファッション雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルを務めながら女優業にも意欲を見せる広瀬の、映画に懸ける“本気度”を探ってみた。@@cutter 本作は、「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の同名漫画を、『麦子さんと』『純喫茶磯辺』などの俊英・吉田恵輔監督が映画化した異色の青春ドラマ。偏差値教育に挫折した都会の高校生・八軒勇吾(中島)が北海道の農業高校に自ら飛び込み、厳しい酪農実習や部活動を通して成長していくさまをリアルかつコミカルに描く。  広瀬が演じる御影アキは、都会から逃げるようにやって来た主人公・八軒を広い心で受け止める酪農女子。乗馬とばんえい競馬に夢中の活発な女子高生だ。多くの人々に愛される人気ヒロインに抜てきされた広瀬は、「わたし自身、原作の大ファンなので、オーディションに受かったと聞いた時は正直戸惑いました。わたしがアキを演じることに『え?』と思う方はたくさんいると思う。それはわたしが一番よくわかっていること。だから、最初はプレッシャーに押し潰されそうだった」と胸中を告白。追い込まれた広瀬は、「これはもう120%の力を出さなきゃダメだなって。自分がどれだけアキに近づけるか、勝負するしかない」と決意を固める。  そして、クランクイン前に行われた強化合宿で、さらにその思いは強まった。「北海道の帯広で約1ヵ月間、みんなで合宿をしたんですが、朝4時に起きて酪農の実習をしたり、乗馬やばんえい競馬の練習をしたり、アキの世界にどっぷり浸っていたら、いつの間にか(役のためにバッサリ切った)ショートヘアもツナギの服も馴染んできて。モデルや女優のわたしじゃなくて『酪農女子』に少しは近づけたかな?」と手応えを感じたという。@@separator また、スタッフや共演者に恵まれたことも、リラックスして役に取り組めた要因の一つだと広瀬は語る。吉田監督については、「映画を観ていただければわかるのですが、あのフワッとした柔らかい感じは、まさに監督の世界観。撮影中もジョークを飛ばして現場を和ませてくれたので、自然体でカメラの前に立つことができました。こんなに素の自分をさらけ出した現場は初めて」と手放しで絶賛する。ほぼ同世代の共演者についても、「映画の雰囲気そのままにみんな和気あいあいとしていて楽しかった。わたしの学生時代は仕事がメインだったので、こういう高校生活にずっと憧れていた」と目を細める。     広瀬の演技に対する真摯な姿勢は、代役なしで乗り切った体当たりのアクションシーンにも現れている。例えば乗馬。「合宿へ入る前に3ヵ月間、個別で特訓を受けました。練習中、馬が止まらなくなってパニックになったこともありましたが、障害物を飛ぶシーンはほぼ一発OKだったのでぜひ観てほしい!」と自信のコメント。クライマックスのばんえい競馬に関しても、「ばんえい馬を初めて見た時は怪獣みたいに大きくてビックリしました。1トンもある巨体にソリを付けてわたしが操るなんて絶対無理だって思ったんですが、ライバル役の黒木(華)さんと2人で空き時間にずっと練習して、気が付いたらジョッキーばりにムチでバシバシたたいていましたね(笑)」。  御影アキを少しずつ自分の中に引き寄せながら、作品にのめり込んでいった広瀬。スクリーンに映るその佇まいは、まさに酪農女子そのもの。「この映画は酪農のキレイなところばかりじゃなく、経済動物のあり方や牧場経営の難しさなどもしっかりと描いている。だから、酪農とは無縁の方も、大人の方にもぜひ劇場に足を運んで観ていただきたい。泥臭くったって、キラキラ輝いている青春映画もあるんだ!ってことをアピールしたいですね」。クリクリッとした大きな瞳を輝かせながら、広瀬は本作へのあふれんばかりの愛を言葉に乗せた。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『銀の匙 Silver Spoon』は3月7日より全国東宝系にて公開。

  • 広瀬アリス、映画『銀の匙 Silver Spoon』メガネ試写会に出席

    中島健人、黒木華を絶賛「惹き込まれる、引力がすごい」 映画『銀の匙』で共演

    映画

     Sexy Zoneの中島健人が、17日に東京都内で行われた映画『銀の匙 Silver Spoon』メガネ試写会に出席した。@@cutter 中島は、この日、本作で演じた主人公の八軒勇吾のトレードマークでもあるメガネ姿で登場。「(撮影前に役柄に合う)メガネを選ぶだけでも3日はかかった」という、作中同様の少し野暮ったい姿ながら、王子様キャラは健在。  この日登壇した吉田恵輔監督から、「八軒はシャープな(タイプ)メガネをかけてるんだけど、それをやると(中島は)かっこよくなっちゃう。格好良すぎるのも困る」とベタ褒めされると、まんざらでもない様子で「困るね〜」と自身でも納得した様子。メガネを外した普段の中島とメガネをかけた八軒になりきった中島の違いを、声のトーンを変えてステージで表現してみせて、会場を沸かした。  ヒロイン・御影アキ役を務めた広瀬アリスは中島について、「3年前に1度共演したときから、わたしには星がキラキラ飛んでる(ように見える)」と語り、「(今回の再共演時も)『お久しぶりです、キラン』って相変わらずだった」と王子様ぶりを暴露。  また、本作でお金持ちの農場の娘・南九条あやめ役に扮している黒木華が、第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞したことについてコメントを求められた中島は、「華ちゃんは不思議な雰囲気の持ち主で、しゃべっていても惹き込まれる、引力がすごい」と絶賛し、受賞を祝福した。  この日のトークショーには、上島竜兵、哀川翔もメガネ姿で登場。試写会に訪れた一般客も全員がメガネを着用するという異例のイベントとなった。  本作は、大人気コミック『鋼の錬金術師』でも知られる荒川弘の同名マンガを原作にした、酪農青春映画。北海道の農業高校を舞台に、酪農の現場とそれに向き合う主人公たちの成長を描く。  映画『銀の匙 Silver Spoon』は3月7日より全国東宝系で公開。

  • アニメで八軒演じる声優・木村良平も中島健人を絶賛!

    中島健人、声優初挑戦! アニメ『銀の匙 Silver Spoon』にゲスト出演

    アニメ・コミック

     現在、フジテレビ「ノイタミナ」枠にて放送中のアニメ『銀の匙 Silver Spoon』に、同原作の実写映画『銀の匙 Silver Spoon』の主演・中島健人(Sexy Zone)がゲスト出演することが決定した。中島は、3月6日放送の第8話に出演する。@@cutter アニメ『銀の匙 Silver Spoon』放送に、実写映画の公開が重なることから、その記念として実現した今回のコラボレーション。中島が演じるのは、主人公の八軒勇吾(はちけんゆうご)と同じ学校の寮で生活する生徒「青山」。  原作の「青山」は、後姿のみの登場であったが、アニメではキャラクターの顔もしっかりと描かれているほか、中島が実写映画で演じた主人公・八軒との会話のシーンも用意されている。  今回が声優初挑戦となる中島は、普段の元気の良いキャラクターと少し異なり、この日はやや緊張した面持ちでスタジオ入り。アフレコ開始当初は、通常の演技と声の演技との違いに少し戸惑いを見せていた中島だったが、音響監督からのアドバイスを受けると、徐々に感じを掴み、見事本番は一発OK。  中島は「緊張したけどとっても楽しかった! また声優にチャレンジしてみたい」と声優業に意欲的だ。アニメ版の八軒を演じる声優・木村良平も「画面上でのコミュニケーションがちゃんと取れていたのが凄い」と絶賛していた。  実写映画『銀の匙 Silver Spoon』は、3月7日公開。

  • 映画『銀の匙 Silver Spoon』完成披露に馬に乗って登場した広瀬アリス

    中島健人、酪農映画でも王子様キャラ全開!?『銀の匙』完成披露に白馬に乗って登場

    映画

     映画『銀の匙 Silver Spoon』の完成披露イベントが、29日、都内で行われ、主演を務めたSexy Zone・中島健人をはじめ、広瀬アリス、黒木華、哀川翔、中村獅童、吹石一恵ら豪華キャスト陣と吉田恵輔監督が登壇した。@@cutter この日、中島と広瀬は馬にまたがり颯爽と登場し、撮影現場で猛練習を積んだ乗馬の腕前を披露。まるで白馬の王子様のような姿に集まった約600人の女性ファンからの黄色い声援は鳴り止まず、中島は投げキッスの大サービス。さらに、“牛”も加わり、会場を映画の世界感で包みこんだ。  本作は北海道の農業高校を舞台に、酪農の現場と、それに向き合う人々の姿を描いた、汗と涙と泥にまみれた青春グラフティ映画。眼鏡姿の地味な役で酪農や乗馬に挑んだという中島だが、溢れ出るキラキラは押さえられなかったようで、「エキストラの方たちに投げキッスをしていた」(黒木)「撮影中にも即興でピアノを弾いていた」(吹石)「北海道に恋人(馬のあっちゃん)ができた」(広瀬)と女性陣からキラキラエピソードが噴出。  寒い北海道での長期間ロケで結束が固まったメンバーはとにかく仲良し。中島が共演者の市川知宏のモノマネをしたり、獅童が「真面目に演技しているのに中島に笑われた」と訴えれば、中島は「勝手にふざけてNGを出してた!」と反発。哀川は、自分を含めた獅童と竹内の強面三人衆を指して「ここだけ見たら何の映画かわからない」と自虐ネタ。さらに、唯一の芸人でありながら、この日なかなかフルスロットルが入らない上島竜兵の「くるりんぱ」を竹内力がアシストしたり、「どうぞどうぞ」を全員で行うなど、終始笑いが絶えなかった。  しかし、最後は中島が「食に対するありがたみや、命を美味しくいただくことの大切さが詰まっています。そして、この映画を見て新しい青春を感じていただければ嬉しい」と、作品にかけた真摯な思いを込めて締めくくった。  『銀の匙 Silver Spoon』は3月7日より全国公開。

  • 人気原作を実写化した青春映画が2014年公開!

    あなたはどっち派? リア充『銀の匙』と非リア充『はがない』対照的な青春映画が公開

    映画

     友達作りの部活動を描いた異色青春エンターテイメント『僕は友達が少ない』と、酪農に夢中な学生たちの日々を描く青春グラフィティ『銀の匙 Silver Spoon』が今年の春に公開される。両作とも注目の若手俳優陣を起用し、それぞれが大ベストセラーを原案に実写映画化しているが、「リア充」と「非リア充」の対照的な青春を描いている点も見逃せない。@@cutter シリーズ累計発行部数622万部を記録した平坂読のライトノベルを映画化した『僕は友達が少ない』=通称“はがない”は、主演に『貞子3D2』『JUDGE/ジャッジ』の実力派若手俳優・瀬戸康史と、『上京ものがたり』『爆心 長崎の空』の演技派女優・北乃きいを迎え、誰もが一度は感じる学生生活の切ない想いを描いた“非リア充”青春映画。金髪ハーフで目つきが悪いことから友達がいない主人公・羽瀬川小鷹(瀬戸)は、クラスメイトの風変わりな美少女・三日月夜空(北乃)に誘われ、友達作りの部活「隣人部」に所属する。  一方、荒川弘の人気漫画を映画化した『銀の匙 Silver Spoon』は、Sexy Zoneの中島健人を主演に迎え、農業高校に通う男子高校生の実習や部活に悪戦苦闘する日々を描く“リア充”青春映画。寮があるという理由で大蝦夷農業高校(エゾノー)に入学した八軒勇吾(中島)は、汗と泥にまみれながら、ときおり突拍子もないことをしでかしながら、青春を精一杯生きていた。だがある日、農業の厳しい現実に直面することになる。  対照的な2作品だが、どちらも人生で一度きりの青春を謳歌する若者たちの等身大の姿を爽やかに描いており、これまでの学生ものとは一線を画するユニークな視点が楽しめる“新感覚”の青春映画と言えるだろう。  『僕は友達が少ない』は2014年2月1日より全国公開。『銀の匙 Silver Spoon』は2014年3月7日より全国公開。

  • ゆず新曲「ひだまり」が『銀の匙 Silver Spoon』主題歌に決定!

    ゆずの新曲「ひだまり」が映画『銀の匙 Silver Spoon』主題歌に決定!

    映画

     ゆずの新曲「ひだまり」(発売未定)が、2014年3月7日公開の映画『銀の匙 Silver Spoon』の主題歌に決定した。@@cutter 原作は、テレビアニメ化もされた累計1200万部突破の人気コミック。北海道の農業高校を舞台に、酪農の現場と主人公たちの友情、恋、“命”と真摯に向き合う姿を描く。吉田恵輔監督がメガホンを取り、主人公・八軒勇吾をSexy Zoneの中島健人、ヒロイン・御影アキ役を広瀬アリスが演じる。  その主題歌に決定した「ひだまり」は、岩沢厚治の作詞・作曲によるミディアムチューン。原作コミック、映画のあらすじを読みこんだ上で、今年の夏頃に制作を開始。劇中の舞台となる北海道の壮大な草原が浮かぶような軽やかなアコースティックサウンド、温かい光が差し込むようなメロディ、誰もが通る青春の葛藤や儚さ、幸福感を綴った歌詞が、本作の世界観をさらに盛り上げる。  岩沢は「この映画はどの年代にも共通する“青春時代”を描いているんじゃないか。それは自分たちにもあったし、現在を生きてゆく中での“青春”というものが人それぞれにあるんじゃないか、というテーマを掲げて作りました。タイトルにもあるように、音や言葉の中に“光”が見えるように、それも凄く眩しいものではなく、“一筋の希望”をキラキラした音で表現できないかなと思いました」と曲に込めた思いを語った。  また、北川悠仁は「がむしゃらに生きていく若者たちのストーリーを、自分たちの音楽で輝かせたり支えることができればと思いました。自分たちの持ち味であるアコースティックサウンドとハーモニーをふんだんに使い、“ひだまり”のように優しくもしっかりとした光を表現しました。シンプルでありながら強さを感じる曲なので、その世界観と、今ゆずが目指している音とが交わった楽曲になったと思います」と自信を見せた。  ゆずの曲で元気をもらっているという主演の中島健人は「ゆずさんの曲が自分の映画の主題歌になるなんて思わなかったです。今回、映像を観て、台本を読んで、この曲を作ってくださって…僕の成分も入っているのではないでしょうか(笑)」と喜びを隠しきれない様子。オファーした吉田監督も「ラストにこの曲が掛かると何度見ても泣きそうになります」とその出来に大満足のようだ。  ゆずが主題歌「ひだまり」(発売未定)を歌う『銀の匙 Silver Spoon』は、2014年3月7日より全国公開。

  • 『銀の匙』実写映画化!主人公・八軒勇吾役にSexy Zone中島健人

    『銀の匙』実写映画化!Sexy Zone中島健人が酪農&乗馬に体当たりで挑む

    映画

     現在、フジテレビ ノイタミナ枠でTVアニメが絶賛放送中の『銀の匙 Silver Spoon』が、2014年春に実写映画化されることが決定した。@@cutter 本作は、『鋼の錬金術師』をはじめ、多くの大人気コミックを生み出し続ける荒川弘の最新作にして、現在までに累計1000万部超のメガヒットを記録している同名コミックの実写化。北海道の農業高校を舞台に、酪農の現場と、それに向き合う主人公たちの青春を描いた原作は、個性豊かな登場人物が織りなす仲間との友情、恋の行方、夢と現実の狭間での葛藤、農家の社会問題、そして“命”と真摯に向き合う姿がユーモラスに描かれており、全く新しいタイプのエンターテインメント作品として、「マンガ大賞2012」ほか様々な賞に輝いている。  この映画化にあたり、主人公・八軒勇吾(はちけんゆうご)役に、今最も輝きを放つ若手として多方面から注目される中島健人(SexyZone)が決定。グループきっての“王子様キャラ”である中島が、メガネ姿で泥にまみれながら、酪農や乗馬に体当たりで挑む姿は要注目だ。そして、ヒロインの御影アキ(みかげあき)役には、そのまっすぐな瞳と透明感のあるルックスで、現在人気急上昇中の広瀬アリス。その他、八軒のクラスメイト駒場一郎役に、若手実力派として急成長をみせる市川知宏など、今をときめくフレッシュな若手俳優陣が集結した。  主演の中島は、「今回チャンスを与えていただいて感謝しています」と喜びのコメント。「この作品がなかったら経験の出来ない酪農体験や乗馬練習を通して、違う生き方を今回見ることが出来ました。この映画を通して僕が経験したことをまだ知らない人に伝えていけたらなと思います。まわりの友人の誰もが知っている原作の映画化で、ものすごくプレッシャーを感じていますが、過熱している『銀の匙』の勢いを止める訳にはいかないので、僕がもっと火をつけてやろうと思っています」と意気込みを語った。  ヒロイン御影アキを演じる広瀬は「酪農は初めてで、わからないことだらけで、全てが手探りの状況ですが、少しでも御影アキに近づけるよう、原作ファンの方も楽しく観ていただけるよう、私もスタッフ・キャストの方々と頑張っていきたいです」と語る。  原作者の荒川氏は「まず、キャスト一覧を見て吹きました!(笑)」とのこと。「この豪華出演陣がどのように演じてくださるのか楽しみにしています。みなさんもお楽しみに! ばんえい競馬も出るよ!」と荒川氏自身も完成を楽しみしている様子だ。  吉田恵輔監督のメガホンのもと、汗と涙と泥にまみれた青春グラフィティ映画『銀の匙 Silver Spoon』は2014年春公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access