ジャッジ! 関連記事

  • 映画『ジャッジ!』撮影を振り返る永井聡監督

    妻夫木聡と衝突し、北川景子のハグを拒否? 『ジャッジ!』永井監督が撮影裏話を語る

    映画

     妻夫木聡と北川景子が共演した映画『ジャッジ!』のブルーレイ&DVDが7月9日にリリースされた。本作は広告業界の舞台裏を描いているが、その舞台裏である映画の撮影現場はいったいどんな様子だったのか。今だからこそ語れる秘話&裏話を、メガホンを取った永井聡監督に聞いてみた。@@cutter 本作は、世界有数の広告祭に審査員として参加することになった新人クリエイター(妻夫木)が、同僚(北川)の力を借りながら、自社制作のCMにグランプリをもたらすべく悪戦苦闘するヒューマンコメディ。笑いあり、涙あり、ラブあり、不正あり? 妻夫木&北川をはじめ、豪華俳優陣が演じるフィクションのようでフィクションでないハチャメチャキャラも必見だ。  永井監督といえば、大塚製薬カロリーメイト「とどけ、熱量。」やサントリーBOSS「ゼロの頂点」など、数多くのヒットCMを手掛ける売れっ子ディレクター。広告業界では泣く子も黙る存在だが、映画の土俵に上がれば新人、それなりに戸惑いもあったと思うが、本人はこう述懐する。  「異業種の監督が長編を撮ると、ビジュアル主義になる傾向がありますが、僕はそうしたくなかった。特に今回はコメディだったので、役者と役者の演技を軸にして、幅広い年代の方々に楽しんでいただける作品にしたかった」。  また、CMと映画の大きな違いは、「役者の取り組み方」だと言い切る。「CMの場合、制作側が役者さんを完全にコントロールします。15秒、30秒の演出って役者さんもどうなるかわからないので、まかせるしかないんですね。ところが映画になると、役への思いもあって、いろんなアイデアをぶつけてくる」と明かす。とくに本作は、一にも二にも役者の色。CMと映画の違いもあるが、ここまで役者の表現力を堪能できる作品はそう多くない。  「妻夫木くんと北川さんの演技へのアプローチが対象的だったのも面白かったですね。妻夫木くんは、いろいろ自分なりに考え抜いて、話し合いの中からどんどん盛っていくタイプ。一方、北川さんは僕が言ったことを、冗談も含めて全て脚本に書き留めるメモ魔。話を聞き逃さず、そこから役を作ろうとするタイプですね。二人ともプロ意識が素晴らしい」。@@separator ところが撮影2日目に衝突が起こる。原因は、永井監督と妻夫木の役作りのズレだ。「妻夫木くんはもっとオドオドして、声の出し方も奇妙で、極端な人物をイメージしていたのですが、僕は逆に、普通に見えるけど、なんかだらしなくて要領が悪い。そんな等身大の人物に寄せたかった。トヨタのCMで妻夫木くんが演じている“のび太”のイメージに近づけたくなかったんです」と吐露。  今から思えば、あの日、腹を割ってとことん役について話し合ったから、撮影も迷うことなくスムーズに行けたと振り返る永井監督。だが、北川との関係は、皮肉なことにまったく逆のスタンスだったと打ち明ける。「北川さんの役は孤高の存在なので、あえて僕は距離を置きました。一度、ハグしようとした北川さんを拒否したくらいですからね。本当はすごく仲良くしたかったんですが、すべては映画のため」と苦笑する。  最後に、豪華キャスト演じるキャラの中から永井監督のイチオシを聞いた。「みんな面白いけど、試写会では松本伊代さん演じる経理の松本さんがバカ受けでしたね。これ、言ってもいいのかな? 実は脚本を書いた澤本さん、松本さんも大好きなんですが、一番のお気に入りは原田知世さんなんですね。追っかけをやっていたくらいですから。だから、なんで松本さんがキャスティングされたのか、いまだに謎」と、笑いながら暴露した。  早くも2作目の準備に入っているという永井監督。談笑で彼が手掛けたいくつかのCMを称賛していたら、「実は次回作で…あ、いや、やめときましょう」と言葉をさえぎった。それが誰なのか、それが何を意味するのか定かではないが、永井監督は、映画といういばらの道を突き進む覚悟を決めたようだ。「ファンタジーとだけ言っておきます」。いい意味で、期待を大きく裏切る作品が頭をよぎった。(取材・文・写真:坂田正樹)

  • 妻夫木聡、北川景子らが出演したコメディ映画『ジャッジ!』

    妻夫木聡、パンツ一丁でダメ男を熱演!北川景子はツンデレ女子で妻夫木を振り回す?

    映画

     ここまで暴露していいの!? そんなことを思ってしまうほど、広告業界の裏側が赤裸々につづられていく映画『ジャッジ!』。だが、暴露とはいえ、本作はコメディ作品。知られざる広告業界を描くにしても、ユーモアと笑いがたっぷり。 なかでも、妻夫木聡、北川景子、豊川悦司など、豪華俳優陣のハジけた演技は一見の価値アリの面白さだ。@@cutter 主人公・太田喜一郎を演じるのが妻夫木聡。彼の役どころは、真面目で広告に対する情熱は人一倍だが腕はイマイチという、大手広告代理店のお人好しな若手社員。そのため、手柄は自分のもの、失敗は部下のせいという、身勝手な上司・大滝の尻拭いをさせられる毎日だ。そんな苦労続きで、ダメダメ節炸裂の喜一郎を、妻夫木は見事に体現。合コンでは「あいつキモイ」と女性陣からトイレで陰口を叩かれ、CMの企画を作ってみれば、先輩社員から「なんだこれ!」と説教されと、これだけならブルーな感じだが、ここが妻夫木のすごいところ。確かにキモイし、確かにダメだし…と、喜一郎の完璧なダメっぷりに笑えてしまうのである。  これら以外にも、パンツ一丁で蟷螂拳(とうろうけん)を披露したり、『うる星やつら』のラムちゃんのTシャツを着て「アイ・アム・オタク!」と大声で自己紹介したり、ちくわでビールを飲んでみたりと、体を張った笑いが盛りだくさん。これまでの妻夫木のイメージがガラリと覆るだろう。  また、ハジけているのは妻夫木だけではない。喜一郎の同僚・大田ひかりを演じる北川景子も、超がつくほどのツンデレ女子を好演。喜一郎をバカ呼ばわりしていたひかりが、徐々に喜一郎の真面目で素直な部分を見直しつつも、でも、やっぱり高飛車という振れ具合は、そこに振り回される喜一郎の姿も相まって、楽しいやり取りに仕上がっている。  ほかにも、その場の雰囲気に合わせて適当な返事で物事を進めていく、“ザ・口先”なクリエイターの大滝を豊川悦司が演じ、かつてはやり手だった窓際社員・鏡さんにふんするリリー・フランキー、経理の松本さんに“永遠の16歳”松本伊代、居酒屋のおっちゃんに竹中直人、ちくわ会社の社長とそのバカ息子にでんでん&浜野謙太、など、豪華キャストが揃っている。そして、その誰もが笑えるのだから、『ジャッジ!』が面白くないはずがない。隅々まで楽しんでほしい。

  • 妻夫木聡の筋肉美を絶賛した北川景子

    妻夫木聡「40になっても裸でいられる役者でいたい」に北川景子も絶賛!

    映画

     映画『ジャッジ!』初日舞台挨拶が11日、丸の内ピカデリーにて行われ、主演の妻夫木聡、北川景子、鈴木京香、豊川悦司、永井聡監督、脚本を担当した澤本嘉光が登壇した。@@cutter 本作は、大手広告代理店に勤務する新人広告マンが、世界最大の広告祭で審査員を務めることになったことから起こる出来事をユーモラスに描いたコメディ映画。落ちこぼれ広告マンを妻夫木聡が、その偽の妻役を北川景子が演じる。  妻夫木が演じた大田喜一郎は、劇中、情けないほどにダメぶりを発揮するが、その演技が素晴らしいという評判だ。そんな評価に「実際の僕はもうちょっとまともなんですよ」と妻夫木は苦笑いを見せると「(三谷幸喜監督の)清州会議やトヨタのCMののび太などダメな男の印象なんですかね。でも僕の原点でもある『ウォーターボーイズ』でも裸になっていますし、ダメ男の集大成の作品として頑張りました」と最後は胸を張った。  そんな妻夫木のダメ男っぷりが見どころの一つでもあるが、共演した北川は「パートナーとして選ぶなら(天才だけれどいい加減な豊川演じる)大滝よりも、真面目で愚直な妻夫木さんの方がいいです」と発言。しかし横で喜ぶ妻夫木に、北川は「妻夫木さんではなく(妻夫木演じる)喜一郎さんですよ」と訂正。律儀な北川に「そんなに念を押さなくても……」と劇中の喜一郎のようにダメ!? 男ぶりを披露し、場内を沸かせた。  また妻夫木は劇中、パンツ一丁になるシーンがあるが「この年でパンツ一丁で蹴られるなんて……」と振り返ると「40歳になっても裸でいられる役者でいたい」と変わった!? 抱負を語ると、北川は「筋肉は素晴らしかったです」と妻夫木の肉体を絶賛していた。  永井聡監督は「劇中、エースコックやトヨタなど、実名を使うことを許可していただいた。このことによって普段グレーな業界にリアリティを持たせることができました」と感謝を述べると「いつもCMでは、キャストティングについて理想を述べるのですが、この映画では豊川さんや鈴木さんなど、理想通りのキャストの方が出演してくれたので、逆にプレッシャーになりました」と胸のうちを明かしていた。  映画『ジャッジ!』は全国公開中。

  • イチャイチャを暴露され、慌てる妻夫木聡と北川景子

    妻夫木聡と北川景子がイチャイチャ? 監督がまさかの爆弾発言

    映画

     映画『ジャッジ!』のレッドカーペット・セレモニーと舞台挨拶が19日に行われ、キャストの妻夫木聡、北川景子、木村祐一、チャド・マレーン、永井聡監督、脚本家の澤本嘉光が登壇した。@@cutter ブラックスーツで現れた妻夫木は「本日は立見のお客さんがいらっしゃると聞いて、“さくら”だろうと思ったんですけど、本当に楽しみにして来てくれて嬉しい」と第一声の挨拶。ピンクのドレス姿の北川も「寒い中来ていただき、本当にありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。  どこか挙動不審のように見えるチャドは、挨拶代わりに出身のオーストラリア国歌を披露。木村から「なんでいきなりやねん。お前はフリがなさすぎんねん」と突っ込まれると、「この歌詞は『オーストラリア人喜べ、僕たちには土地がいっぱいあるんだよ』っていう意味なんです」と意味不明の返事で笑いを誘った  永井監督は主演の妻夫木と北川について「2人がとても仲良くて、ディレクションしようと思ったが間に入れなかった」とこぼすと、妻夫木は「いや、イチャイチャしてたって感じを出すのやめてくださいよ」とすかさず制止。便乗した木村は「明日のyahooトピックスは『妻夫木聡と北川景子がイチャイチャ』で決まりやな」と軽妙なトークで会場を笑いの渦に巻き込んだ。  本作で落ちこぼれ広告マンを演じる妻夫木は「最近バカな役多いです。しかも、フジテレビ関連の作品が多い」と愚痴をこぼしたが、「成長物語でもあるし、成し遂げたときの感動もある。そして、正月映画としては最高に笑える映画です。とにかく笑ってください」とアピールした。  本作は、テレビCMの頂点を決める世界最大の広告祭を舞台にしたヒューマン・コメディー。審査員として参加することになった大手広告代理店の新人広告マン・太田喜一郎(妻夫木)と、苗字の読みが同じため“偽の妻”として太田に同行することになった「大田」ひかり(北川)が、自社のCMをグランプリにしなければクビという条件を突きつけられ奮闘する姿を描く。  映画『ジャッジ!』は1月11日より全国公開。

  • サカナクションが妻夫木聡主演『ジャッジ! 』に楽曲提供

    妻夫木聡主演のコメディ映画『ジャッジ!』にサカナクションが楽曲提供

    映画

     来年1月に公開される妻夫木聡主演のコメディ映画『ジャッジ!』の主題歌とエンディング曲にサカナクションが楽曲提供することが決まった。@@cutter 映画『ジャッジ! 』は脚本にソフトバンク「ホワイト家族」シリーズを生んだCMプランナーの澤本嘉光氏、監督は「グリーンDAKARA」などを手掛けたCMディレクター・永井聡氏が担当するなど、日本のCM業界のトップクリエイターが参加した妻夫木聡主演の爆笑コメディ。サカナクションは、本作の主題歌に2010年8月にリリースされた「アイデンティティ」とエンディング曲に、エレクトロクラブサウンドが印象的な新曲「ユリイカ」(発売未定)を提供する。  主人公の心情と「アイデンティティ」の歌詞の内容が重なる点から映画サイドがサカナクションにオファー。澤本氏は「脚本を書いている時は頭に常に流れていた。どうしても必要だったので協力してくれて死ぬ程嬉しい」と感激の様子。永井氏は「『ユリイカ』の世界観が無国籍で、海外を舞台にした映画の空気とマッチしている」と作品とのコラボを絶賛した。  2007年にメジャーデビューしたサカナクションは、日本の文学性を内包した歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性など、様々な表現方法を持つ5人組バンド。今年3月にリリースした6枚目となるアルバム『sakanaction』はバンド史上初のオリコン週間1位を記録し、新世代のイノベーターとして注目を集めている。  サカナクションの山口一郎は「過去に発表した楽曲が映画の主題歌として取り上げられることは非常に光栄」と語り、「駆け出しの時期に妻夫木さんが僕らの作品を聴いていることを知ったときは励みになった。このような形で一緒に仕事ができて本当に光栄です」と喜んだ。  また、妻夫木も「大好きなサカナクションさんと映画で繋がれることに狂喜乱舞してます。独創的で人の心を躍らせる音楽が映画を盛り上げてくれること間違いなし」と楽曲に太鼓判を押した。  映画の舞台は、世界一のテレビCMを決める国際広告祭。上司(豊川悦司)の替え玉で審査員として参加することになった広告マン・太田喜一郎(妻夫木聡)が、世界中のくせもの審査員たちとグランプリ争奪戦の駆け引きを繰り広げる爆笑コメディ。太田の偽の妻を演じる大田ひかり(北川景子)との恋の行方も見どころ。さらに、リリー・フランキー、鈴木京香、荒川良々、竹中直人といった、個性豊かなキャストが多数登場。1シーンも見逃せない仕上がりになっている。  映画『ジャッジ!』は2014年1月11日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access