クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ふしぎな岬の物語 関連記事

  • 阿部寛、ローマ人だった面影隠しに一苦労?

    阿部寛、ローマ人から便利屋に!役作りに一苦労「すごく筋肉が残って…」

    映画

     およそ190センチの長身に端正な顔立ち。二枚目から三枚目までこなす器用さを持ち合わせ、彼でなければできない登場人物を生み出し続ける阿部寛が、吉永小百合が主演だけでなく初プロデュースも務めた映画『ふしぎな岬の物語』で、またしても特異なキャラクターに挑んでいる。@@cutter 原作は、森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」。千葉県に実在するカフェをモチーフに書かれた。成島出監督(『八日目の蟬』)の手で映画化された本作は、吉永、阿部のほか、笑福亭鶴瓶、竹内結子らのキャストによって人と人との絆を紡ぎ、第三十八回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞グランプリなど2冠を獲得した。  「人はそれぞれいろんな傷を抱えていて、みんなが輪になって支え合って生きている。そんな温かさを思い出させてくれる作品」と阿部。  そんな阿部が演じるのは、岬の先端で小さなカフェを営む悦子(吉永)の甥で、何かと問題を起こす浩司。悦子のカフェのすぐそばで便利屋を営み、番犬よろしく、悦子を守る使命感に燃えている、子どもの心のまま大人になったような人物だ。阿部へのオファーは吉永から直々のものだった。  「大役だと思いましたね。普段は何も起こらない、のどかな岬の空気をかき乱すというか、動かしていく役。ちょっとお騒がせなヤツなんだけど、内面はそれほど描かれていないんです。正直、どう演じたらいいのだろうかと悩みましたね」と告白するが、同時にやりがいがあったと振り返る。「前にやったことがあると感じるような役はあまり好きじゃないんです。新しければ新しいほどいい。お、こんな役が来たか、難しいなと思うような役ほど好きです」。@@separator 特に難しく、印象に残っていると明かすのは、終盤に訪れる、吉永と阿部、ふたりきりのシーン。この7分ほどの大事なシーンを、成島監督はテストなしの長回しで撮影した。  「もちろん事前に脚本は読んでいます。でも、この長ゼリフを、吉永さんがどういう気持ちで言うのか、全く想像できなかったんです。実際に、吉永さんの口から悦子の気持ちを聞いたとき、『こういう気持ちだったのか!』と、自然と浩司の気持ちになって涙が出ました。改めて人が演じることの説得力というか、吉永さんのすごさを感じましたし、テストをしないという成島監督の作戦が、僕にとっても有難かった。あの芝居を2度やるのは無理だと思います」。事実、観客の心を掴んで離さない、とても緊迫した力強いシーンに仕上がった。  お騒がせ役とあって、浩司は本編の笑える箇所も多く担っている。中でもプロレス興行でレスラーが足りなくなり、便利屋を営む浩司が助っ人をするシーンが可笑しい。ここで阿部は見事な肉体を披露! と思いきや、大胸筋の線をマジックで書いて登場する。  「実はすごく筋肉が残っちゃってたんです。『テルマエ・ロマエII』の。便利屋なのに妙に美しい筋肉が付いちゃってた(笑)。このままだとおかしいから、上から線を書いて、監督に『やりすぎですかね』って見せてみたんです。そしたら『これで、やりましょう』って。僕としては、大丈夫かなって思いもあったんだけど、監督が『浩司らしいから、このままで』って(笑)」。筋肉を隠すための線だったとは、阿部ならではの裏話だ。(取材・文・写真:望月ふみ)  『ふしぎな岬の物語』は10月11日より全国ロードショー。

  • 吉永小百合、映画『ふしぎな岬の物語』完成報告会見にて

    吉永小百合、阿部寛と共にモントリオールへ「フランス語を練習したい」

    映画

     映画『ふしぎな岬の物語』の完成報告会見が16日東京都内で行われ、企画・主演を務めた吉永小百合のほか、共演の阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶が出席した。@@cutter 同作は、日本を代表する女優・吉永小百合が映画『孤高のメス』『八日目の蝉』で知られる成島出監督と共に、人生で初めて企画も手掛けた意欲作。千葉県明鐘岬に実在する喫茶店を舞台に綴られた作家・森沢明夫による『虹の岬の喫茶店』が原作で、8月21日から9月1日まで行われる第38回モントリオール世界映画祭のワールドコンペティション部門へ正式出品される。  映画祭への正式出品に吉永は「とても嬉しくて、本当はこの4人で行きたいけれどそれぞれのお仕事の都合で“テルマエ浩司(阿部寛)さん”と一緒に行くことにしました」と阿部のヒット作『テルマエ・ロマエ』と今回の阿部の役名にかけた冗談を放ちながら「しっかりとアピールできるようにトレーニングしたいと思うし、フランス語で挨拶しなければならないと思うので練習したい」と意気込み。同行する阿部は「“テルマエ浩司”です」と挨拶しながら「現地でどんな反応をしてくれるのか、劇場に最後まで残って確かめたい」と期待を込めるも「吉永さんがフランス語を勉強なさるということで、まずいなと思っています」と大先輩でもある吉永の挑戦に触発されているようだった。  一方の竹内は「女優という道を志したからには一度は同じ場所に立ってみたいと願っていた吉永小百合さんの作品に呼んでいただけたのは光栄。こんなに撮影現場で大らかな気持ちでいられたこともなかったし、伸び伸びと撮影が出来ました」と嬉しそうに語り「ここまで俳優に寄り添ってくれるプロデューサーもなかなかいないし、人に気を使わせないように吉永さんが気を使われているように思える部分もあった」と大御所とは思えぬきめ細やかな気配りに感謝。そんな竹内に吉永は「日本映画も色々とあるけれど、私たちの世代から竹内さんの世代へと引き継いでもらって、素敵な作品に出演し続けてほしい。ご一緒して気持ちが良くて楽しかったです」と願いと称賛の言葉をかけていた。  映画『ふしぎな岬の物語』は10月11日全国公開。

  • 『ふしぎな岬の物語』で、吉幾三が27年ぶりの映画出演。旧知の笑福亭鶴瓶とも共演した。

    吉幾三、27年ぶりに映画出演! 憧れの吉永小百合との共演で「いい緊張感があった」

    映画

     日本を代表する女優・吉永小百合と、『八日目の蝉』などで知られる成島出監督が共同企画として立ち上げた映画『ふしぎな岬の物語』。主演の吉永を筆頭に、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶ら豪華キャストが集結した本作に、なんと「俺ら東京さ行ぐだ」などでお馴染みの吉幾三が出演することが明らかとなった。吉にとって、本作が27年ぶりの映画出演となる。@@cutter 本作は、のどかな岬村でカフェを営む柏木悦子(吉永)や、そこに集う人々を描いた作品。吉が演じたのは、浩司(阿部)とみどり(竹内)が通っていた中学校の行吉先生。成島監督の「軽妙な雰囲気に優しい存在感を持った、田舎の先生」というイメージを具現化できる人物として、製作サイドがオファーし、それを快諾。『ドン松五郎の大冒険』(87)のダンプカーの運転手役以来、なんと27年ぶりの映画出演となった。  吉が出演したシーンは、定年を間近に控えた行吉先生が問題児だった浩司を心配し、悦子が切り盛りする岬カフェを久しぶりに訪れる場面と、中学校を訪れた浩司とみどりに出会う場面の2つ。短い時間の中だが、独特の存在感を発揮している。  吉は、久しぶりの映画出演について「27年ぶりに映画独特の雰囲気を楽しませてもらいました。たくさんの人が一つ一つ、手作りしてできる様子は大好きですね」と話す。  更に「吉永さんとの共演は短い時間ではありましたが、ずっと変わらない憧れの方なので、いい緊張感がありました。今度はまたじっくりお芝居できればと思います。役を通しての人との出会いがある。なんだか、また演技にはまってきましたね」と、今後の映画出演に対し前向きな姿勢を見せた。  『ふしぎな岬の物語』は10月11日全国公開。

  • 2014 東映ラインナップ発表会にて

    40年以上の時を経て『人造人間キカイダー』実写映画化!「禁断の扉を開きます」

    映画

     国内大手の映画配給会社・東映が30日、2014年公開の新作ラインナップ発表記者会見を東京都内のホテルで行い、1970年代に放送された石ノ森章太郎原作の人気特撮ドラマ「人造人間キカイダー」を映画化する『キカイダー REBOOT』(下山天監督)の製作を発表した。@@cutter 心優しき人造人間キカイダーが最大の敵とバトルを繰り広げる『キカイダー REBOOT』でタイトルロールを演じるのは、これが映画初主演の若手俳優の入江甚儀。ヒロイン役には佐津川愛美が決定しており、長嶋一茂、原田龍二らが脇を固める。映画『SHINOBI』『Blood ブラッド』のほかAKB48のPVも手掛けている下山天監督がメガフォンを取り、5月24日より劇場公開される。  1973年の映画『飛び出す人造人間キカイダー』以来となる劇場版製作に東映取締役の白倉伸一郎氏は「放送当時は『仮面ライダー』と人気を二分するほどの作品だったにもかかわらず、40数年間実写映像化することができなかった。深いテーマを持つ『人造人間キカイダー』を、真正面から取り上げて描くのが難しかった」と難航の歴史を振り返りながら「脚本作りに2年をかけて、40数年間ポシャってきた企画がついに実現することになりました。禁断の扉を開き『人造人間キカイダー』を真っ正面から描きます」と発表した。  また、実写製作決定の一報から話題の『魔女の宅急便』を手掛ける清水崇監督は「僕は宮崎監督ではありません」とジョークを飛ばしながら「すでに賛否両論の声をいただいているけれど、新しい世界観で新しいキキを好きになってもらいたい。ホラーばかり撮ってきた僕にとっても挑戦となりましたが、期待していただいても結構です」と並々ならぬ自信を覗かせた。  東映ではこのほか、吉永小百合が企画・主演を務める『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)、瀬戸康史と北乃きい共演作『僕は友達が少ない』(及川拓郎監督)、剛力彩芽が主演を務める『L・DK』(川村泰祐監督)、人気ドラマの映画シリーズ『相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(和泉聖治監督)、さだまさし原作の『サクラサク』(田中光敏監督)、玉木宏と石原さとみ共演の『幕末高校生』(李闘士男監督)、市川海老蔵、柴咲コウ、伊藤英明共演のホラー『喰女 クイメ』(三池崇史監督)、唐沢寿明がスーツアクターを演じる『イン・ザ・ヒーロー』(武正晴監督)、三浦春馬主演の日中合作映画『真夜中の5分前』(行定勲監督)、日本とトルコ合作の映画『エルトゥールル(仮題)』(田中光敏監督)など24作品を予定している。

  • 『ふしぎな岬の物語』製作発表にて

    吉永小百合、映画企画に初挑戦! 鶴瓶の役はもともとタモリだった?

    映画

     映画『ふしぎな岬の物語』の製作発表が、18日都内で行われ、本作の主演で企画にも携わる吉永小百合をはじめ、阿部寛、笑福亭鶴瓶、成島出監督、原作者の森沢明夫が登壇した。@@cutter 本作の原作は森沢明夫の『虹の岬の喫茶店』。舞台は、穏やかな生活が日々営まれている、どこか懐かしさが漂う里。その岬の先端に立つ小さなカフェに集まる人々と女店主の心温まる交流が描かれる。小さなカフェの女店主の悦子を吉永小百合が演じるほか、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶など豪華キャストが名を連ね、『孤高のメス』『八日目の蝉』を手掛けた成島出が監督を務める。  本作で初めて映画の企画に携わった吉永。共演者に先立って成島監督とともに登場すると「長いこと俳優一筋でやってまいりましたが、今回初めて企画という立場として関わることになり緊張しております」と冒頭の挨拶を述べると、成島監督も「吉永さんと映画を撮るという長年の夢が、まさかこういう形で実現するとは今でも信じられません」と喜びを語り、「この映画の素敵なキャストを紹介します」と阿部寛、笑福亭鶴瓶をステージに呼び込んだ。  吉永演じる悦子を献身的に守り続ける甥・浩司役の阿部は「この役はかなりの大役だと思っています。そして大先輩、吉永さんとの初の共演なので全精力を注ぎたい」と意気込みを語るも、役作りについては「監督から、(『男はつらいよ』の)寅さんと、『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンと、石立鉄男さんを参考にしろと言われて悩んでます(笑)」と撮影を前に不安を吐露していた。  また、悦子と浩司を支えてきた人情派・タニさんを演じる鶴瓶は「今回は吉永さんに愛される役。熱い関係なんです(笑)。こんな役、僕がやっていいんでしょうか? 」と恐縮していたが、「この役の話が来たときに、タモリさんに話したら『あの役は、もともと僕のところにオファーが来てた。でも3月はいいともが終わるから忙しくて断った』と悔しそうに言ってましたよ(笑)」と大のサユリストとして知られるタモリとのエピソードを披露。  さらに鶴瓶は「今回は吉永さんから(出演依頼の)手紙をいただき、びっくりしました。これは絶対断れないでしょ?(笑)。本当に嬉しかった。タモリさん、そういうことです! 」と勝ち誇ったように話すと、吉永は「すみません、タモリさん(笑)」と申し訳なさそうにタモリに向けてメッセージを送り、会場は笑いに包まれた。    映画『ふしぎな岬の物語』は2014年秋、全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access