クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

キカイダー REBOOT 関連記事

  • 佐津川愛美、入江甚儀、高橋メアリージュン、映画『キカイダー REBOOT』完成披露イベントに登場 

    入江甚儀、『キカイダー』で映画初主演「日本の特撮魂を感じる」 

    映画

     映画『キカイダー REBOOT』の完成披露イベントが15日、都内にて行われ、キカイダーと宿敵ハカイダーがリングの上で熱いバトルを繰り広げた。この日はキャラクターのキカイダー、ハカイダーのほかに主演の入江甚儀、佐津川愛美、高橋メアリージュン、伴大介らキャスト陣と下山天監督が出席して撮影時のエピソードなどを語った。@@cutter 本作は、1972年から1973年にかけてテレビ放送された石ノ森章太郎氏原作の特撮番組『人造人間キカイダー』の映画化。伝説のヒーロー“キカイダー”が、40数年ぶりに甦る。心を持った人造人間キカイダーが、ある国家的プロジェクトの裏でうごめく陰謀に真っ向から挑む姿を描く。  この日の会場にはキカイダーカラーである青と赤の特設リングを設置されており、キカイダーと宿敵ハカイダーがバトルを繰り広げて会場を魅了した。“機械が心を持つ”“人間と機械の心のふれあい”という複雑な設定に真っ向勝負を挑む本作で主演を務める入江は「日本の特撮魂を感じる作品になっている。初主演がこの作品で良かった!」と感慨深げに挨拶した。また、アンドロイド役を演じるにあたり「どう演じていいのか悩みましたが、現場で監督と細部まで相談しながらやりました。キカイダーの中にも実際に入って演じて、貴重な経験が出来た」と初主演に渾身の演技で臨んだことを明かした。  アンドロイドと心を通わすヒロイン役を務めた佐津川は「今年2月の撮影で、5月に公開。すごいです」と興奮気味。「感情をあまり表に出さない役で難しかった」と語り、監督と相談しながら演じたことを明かした。高橋は全身アンドロイド役で本作でアクションに初挑戦。「撮影前に2週間ほど訓練を受けてだいぶ動けるようになりました。筋肉痛が大変だった」と撮影時の苦労を語った。  テレビドラマ『人造人間キカイダー』でキカイダー/ジロー役を演じた伴大介が今作では心理学者役で出演している。出演オファーについて、伴は「素直にうれしかった。現代の進んだ技術に触れ、別世界みたいな感じで驚くことばかりだった」とコメント。  企画5年、映画化までさらに2年、やっと完成にこぎつけた下山監督は「この日が来るとは思ってもいなかった。感無量。絶対に自信があります」と話し、完成の喜びをかみしめていた。最後に入江はキカイダーの青と赤と同じイメージカラーを持つ日本のサッカーチームのWカップ出場に向けてコメントを求められ「日本がんばれ!」と熱いエールを送った。  映画『キカイダー REBOOT』は5月24日より全国公開。

  • KADOKAWA 井上伸一郎氏と、東映 白倉伸一郎プロデューサーが、“キカイダー”について語った!

    『キカイダー 』プロデューサー、ヒット狙う「デッドボールでもいいから塁に出たい」

    映画

     1972年にテレビ放映がスタートし、一世を風靡した『人造人間キカイダー』が42年の歳月を経て、『キカイダー REBOOT』としてよみがえった。5月24日の公開を間近に控え、本作のエグゼクティブプロデューサーを務めるKADOKAWAの井上伸一郎氏と、東映の白倉伸一郎プロデューサーが、“キカイダー”について語る。オンタイムで見ていた『人造人間キカイダー』への思い入れが深いだけに、その話は熱かった!!@@cutter――今回の『キカイダー REBOOT』は、井上プロデューサーから企画を提案したとお聞きしました。 井上:2011年11月に白倉さんと飲んでいたとき、「来年はキカイダー40周年ですが、東映的に何か考えているのですか?」とお聞きしたところ、「特にございません」とのことだったので、私のほうで企画書を作って提案し、翌年の春ごろから動き始めた感じです。しかし、そこから撮影に入るまでは、2年の歳月がかかりました。 白倉:簡単ではなかったですよね。今回、キカイダーを新しくすることがテーマではなかったですから。そもそも、今の人間が作ると、どうしても今風にならざるを得ないじゃないですか。そういう意味で、70年代当時の人が作ると1970年代風になるし、21世紀に作ると21世紀風にならざるを得ない。放っておいても必ず現代風になってしまうので、「キカイダーとは何ぞや」ということしか、考えていないんですよ。我々はロボットではないから、ロボットがどのように考えて振る舞うのか、自我を持ったときにどう思うのかなど、正直わからないんですよね。でも、そこから目を逸らすわけにはいかないので、考えて、考えて、考え抜いた結論というのが、“ロボットだって人間だ”ということ(笑)。 井上:逆に、ロボットだからこそ、人間の心を素直に書けたと思いますよ。自我がどこにあるのか迷ったり、悩んだりなど、これ、人間がやったら恥ずかしいというか、ストレートすぎて見ていられないところを、ロボットであるがゆえに一種のクッションとなり、寓話となり得た。ここが今回のキカイダーの優れた設定だと思います。これを仮面ライダーがやったら、たぶん見てられない。 白倉:見てられないですね。戦ってくれよ、もういいからって(笑)。 ――今、仮面ライダーの話が出てきましたが、キカイダーは現在テレビで放映されていない作品。デメリットが多そうな気がします。 白倉:意外とないんですよ。日曜の朝7時30分のスーパー戦隊、朝8時の仮面ライダー、そこのコアターゲットは、低年齢層の未就学児から小学校低学年に軸足を置かなくてならず、もちろん、そのスピンオフとしての映画もそうです。また、ここ10年以上、仮面ライダーが頑張ってきたおかげで、劇場へ脚を運んでくれる方の裾野が広がってはいるのですが、テレビがある以上、その裾野のほうに軸足をずらすことはできない。どうやっても裾なんです。しかし、『キカイダー』は放送がないからこそ、これまで裾野という言い方で十羽一絡げにされてしまっていた、もう少しハイターゲットなところも狙えることができました。 井上:とはいえ、本作はオールターゲットの作品になっていますよね。大人が観ても、思春期の人が観ても、もちろん、親子連れの子どもが観ても楽しめるものにはなっている。だから、ある意味、オールターゲットの作品ではあるんですが、私が中学2年生のときに見て『人造人間キカイダー』が心に刺さったので、『キカイダー REBOOT』が10代の子に、そういうふうに感じてもらえる作品になってくれるといいなぁ、と。また、仮面ライダーやスーパー戦隊を卒業した子どもたちが、次に観る実写映画が少ないと常々思っていたので、本作が“次の実写”の役割を果たせるだろうと。@@separator――確かに、卒業した子どもたちへの実写は少ないですね。一方で、卒業した大人たちが沸いた『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』という、“往年のヒーロー単体での映画化”の前例がありますが、そのときの経験は役に立ったのでしょうか。 白倉:ギャバンは放送から30年後で、本当に世代が一巡り。パパが子どものころに観ていましたと、そのパパさんをターゲットにできるじゃないですか。だから、大葉健二さんのご出演も含めて、オールドファンと今のお子さんをターゲットにして作れる。でも、40年というと、パパを超えているんですよね。だから、ギャバンのときのノウハウというのが通用しない。かつ、ギャバンだと、30年前のギャバンで活躍なさっていたキャスト・スタッフの方々というのは、今も前線でベテランとして活躍なさっておられる。だから、旧作スタッフの手を借りることができるんですが、こと40年経つと、監督や脚本の方々等、亡くなっている方も多く、30年と40年は大きく違うんだと、ギャバンもやって、キカイダーもやって、改めて感じました。一方で、過去の証言者が身近にいると、変な言い方ですが、宇宙刑事はこういうものなんだ、と結論づけてしてしまえるため、新しいことを考えずに済む。でも、キカイダーの場合、身近にいないから、どうやればいいかを必死に考えなくてはいけないんですよね。 ――だからこそ、オリジナリティあふれるものになったと。 白倉:そうですね。 井上:もちろん、『人造人間キカイダー』のファンや、子どものころにテレビ放送を見ていた人は、何十年も前のことですから、脳内で美化されたり、醸造されたりして、俺の思い出のなかにあるキカイダーとは違う!となる方もいらっしゃると思います。そういった方々に対して、「そうじゃないよ、これが」と言うつもりはまったくありません。ただ、当時のキカイダーの本質は、私と白倉さんのなかのキカイダーで間違っていないように思います。 ――最後に、目標興収について聞くと…。 井上:目標興収は敢えて申しません。まだまだ構想はあるので、本作の続編ができたらうれしいですが、そのためにもまずは本作。クリーンヒットさせ、きちんと塁に出ること。 白倉:上手くいった暁には、最初から続編を考えていました、と(笑)。 井上:正直なところを言えば、デッドボールでもいいから塁に出たいですよね(笑)。  『キカイダー REBOOT』は5月24日より全国ロードショー。 

  • 『キカイダー REBOOT』印象的なデザインの第2弾ポスター解禁!

    『キカイダー REBOOT』第2弾ポスター解禁 善と悪の心を持つキカイダーを描く

    映画

     1971年、巨匠・石ノ森章太郎が原作を務めた『仮面ライダー』のスタートによって開幕した“変身ヒーロー”の時代。翌年、石ノ森が新たに挑んだのが『仮面ライダー』の“改造人間”に対して“人造人間=アンドロイド”を主人公とした『人造人間キカイダー』だった。このたび、映画『キカイダー REBOOT』として復活する本作の第2弾ポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter スタイリッシュな新ビジュアルとして生まれ変わったキカイダー、ハカイダーがデザインされた第1弾ポスターに続き、第2弾ポスターはキカイダーとジローが組み合わされたインパクトのあるデザイン。  キカイダーといえば、“良心回路”を埋め込まれ誕生した人造人間で、善悪の感情に挟まれ苦しみながら戦うヒーロー。右半身は“善”をあらわした青色、左半身は“悪”をあらわす赤色がお馴染みだが、ポスターは青色の部分にジローがデザインされて“善”と“悪”、そして“人”と“機械”を表したこれまでにない斬新なポスターに仕上がっている。  キカイダー(ジロー)役の入江甚儀は今回のポスターについて「キカイダーならではの左右非対称のデザインをうまく取り入れたポスターになっているなと思います。インパクトがあるので多くの人目について、キカイダーを知ってもらえたら嬉しいです」と説明し、「なかなか自分の顔がでかでかとポスターになることはなかったので、光栄です」と自身の感想も語った。  伝説のヒーローが、最新の造形&VFX技術で40年以上の時を経て復活。『キカイダー REBOOT』は5月24日より、全国ロードショー。

  • 予告編解禁!遂に動く新キカイダーが見られる!

    キカイダー、41年の時を超え再起動!予告編解禁でハカイダーとのアクションシーンも

    映画

     1972年に『8時だョ!全員集合』の裏番組として放送開始しながらも、16%という驚異の視聴率を叩き出した特撮TVドラマ『人造人間キカイダー』が41年の時を経て“REBOOT=再起動”の時を迎え、映画『キカイダー REBOOT』の予告編が遂に解禁となった。@@cutter 『人造人間キカイダー』は、原作者・石ノ森章太郎による独特なビジュアルと深いドラマ性から、同じく石ノ森が原作を務めた『仮面ライダー』と人気を二分した特撮TVドラマ。映画『キカイダー REBOOT』は脚本開発に2年という歳月をかけ、伝説のヒーロー・キカイダーを復活させた。  そしてこの度、遂に予告編が完成。新ビジュアルのキカイダーと宿敵ハカイダーのバトルシーンが満載となっており、ジロー(キカイダー)役の入江甚儀とマリ役の高橋メアリージュンが本格的なアクションを披露している。また、機械でありながら心=良心回路をを持ってしまったジローと、佐津川愛美演じる光明寺ミツコとの関係も気になる映像になっている。  今回の予告映像は「キカイダーの世界観を表現して欲しい」という制作陣からの強い要望により本作の監督であり、これまで『SHINOBI』『Blood ブラッド』などの映画から、EXILEやGACKTをはじめとした数多くのPVを手掛けてきた下山天が直々に担当。往年のファンはもちろん、初めて見る若い世代にも響く予告編となった。  また、予告編解禁に合わせて鶴見辰吾、石橋蓮司の出演も明らかになった。鶴見は、謎の科学者ギルバート・神崎役を演じる。  映画『キカイダー REBOOT』は、5月24日より全国ロードショー。

  • 写真上:左が新キカイダー、右が旧キカイダー/写真下:左が入江甚儀、右が伴大介

    『人造人間キカイダー』がデザイン一新 新旧ジローの共演も実現

    映画

     41年の時を超え、伝説のヒーローが再起動する映画『キカイダー REBOOT』のビジュアルが解禁された。「いかに旧作の良さを残すか」といったこわだりのもと、デザインを一新したキカイダーとキカイダーの宿敵ハカイダーの姿が公開になった。さらに1972年当時のジロー/キカイダー役の伴大介が出演することもわかった。@@cutter 本作は、1972年に誕生し、国民的バラエティ『8時だヨ!全員集合』の裏番組にして、驚異の視聴率16%で大健闘した特撮TVドラマ『人造人間キカイダー』の映画版。原作者・石ノ森章太郎のDNAを宿した“キカイダー”は、左右非対称のユニークなビジュアルと深いドラマ性から、「仮面ライダー」と人気を二分した伝説のヒーロー作品として有名に。これまで、実写リメイク企画が浮上したが、紆余曲折を経て、脚本に2年という歳月をかけ、遂にキカイダーが“REBOOT”=再起動する。  本作で主役・ジローに抜擢された入江甚儀は映画初主演。「大役をいただき、嬉しい気持ちでいっぱいです! 『良心回路』という心を持ってはいるけれど、機械。そんな、じれったい様なある種、アンニュイな存在になれるように、意識してどちらかに偏った芝居をしないように演じています」と気合十分。また衣装合せで、元祖ジローの伴と初対面したようで、「『大丈夫!』と声をかけて頂き、〝ジロー”のバトンを繋いでいただいた気がします」と新旧ジローの交流エピソードも明かした。  一方、謎の心理学者・前野究治郎という役柄で出演する伴は、「今回、究治郎(旧ジロー)という役名を頂きました。新ジローの入江さんは長身で、スポーツマンタイプ! 現代の若者らしいジローが今から楽しみでなりません! この作品は、観終った後に心が温かくなる“ラブストーリー”です」と生まれ変わったキカイダーの内容について触れている。  入江、伴以外に佐津川愛美、高橋メアリージュンも出演する『キカイダー REBOOT』(監督:下山天 脚本:下山健人)は、5月24日(土)全国公開。

  • 2014 東映ラインナップ発表会にて

    40年以上の時を経て『人造人間キカイダー』実写映画化!「禁断の扉を開きます」

    映画

     国内大手の映画配給会社・東映が30日、2014年公開の新作ラインナップ発表記者会見を東京都内のホテルで行い、1970年代に放送された石ノ森章太郎原作の人気特撮ドラマ「人造人間キカイダー」を映画化する『キカイダー REBOOT』(下山天監督)の製作を発表した。@@cutter 心優しき人造人間キカイダーが最大の敵とバトルを繰り広げる『キカイダー REBOOT』でタイトルロールを演じるのは、これが映画初主演の若手俳優の入江甚儀。ヒロイン役には佐津川愛美が決定しており、長嶋一茂、原田龍二らが脇を固める。映画『SHINOBI』『Blood ブラッド』のほかAKB48のPVも手掛けている下山天監督がメガフォンを取り、5月24日より劇場公開される。  1973年の映画『飛び出す人造人間キカイダー』以来となる劇場版製作に東映取締役の白倉伸一郎氏は「放送当時は『仮面ライダー』と人気を二分するほどの作品だったにもかかわらず、40数年間実写映像化することができなかった。深いテーマを持つ『人造人間キカイダー』を、真正面から取り上げて描くのが難しかった」と難航の歴史を振り返りながら「脚本作りに2年をかけて、40数年間ポシャってきた企画がついに実現することになりました。禁断の扉を開き『人造人間キカイダー』を真っ正面から描きます」と発表した。  また、実写製作決定の一報から話題の『魔女の宅急便』を手掛ける清水崇監督は「僕は宮崎監督ではありません」とジョークを飛ばしながら「すでに賛否両論の声をいただいているけれど、新しい世界観で新しいキキを好きになってもらいたい。ホラーばかり撮ってきた僕にとっても挑戦となりましたが、期待していただいても結構です」と並々ならぬ自信を覗かせた。  東映ではこのほか、吉永小百合が企画・主演を務める『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)、瀬戸康史と北乃きい共演作『僕は友達が少ない』(及川拓郎監督)、剛力彩芽が主演を務める『L・DK』(川村泰祐監督)、人気ドラマの映画シリーズ『相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(和泉聖治監督)、さだまさし原作の『サクラサク』(田中光敏監督)、玉木宏と石原さとみ共演の『幕末高校生』(李闘士男監督)、市川海老蔵、柴咲コウ、伊藤英明共演のホラー『喰女 クイメ』(三池崇史監督)、唐沢寿明がスーツアクターを演じる『イン・ザ・ヒーロー』(武正晴監督)、三浦春馬主演の日中合作映画『真夜中の5分前』(行定勲監督)、日本とトルコ合作の映画『エルトゥールル(仮題)』(田中光敏監督)など24作品を予定している。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access