クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊 関連記事

  • 佐野岳、『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』にて

    平成ライダーVS昭和ライダー対決に決着!わずか760票差で平成ライダーの勝利!

    映画

     映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』の初日舞台挨拶が29日都内にて行われ、井上正大、半田健人、佐野岳、小林豊、志田友美、白石隼也、速水亮、菅田俊、板尾創路、藤岡弘、柴崎貴行監督の11名が集結した。平成ライダーと昭和ライダー、どちらが勝つのか映画のエンディングがファン投票にゆだねられ、この日結果が発表された。全国総投票数約277万票を集め、わずか760票差で平成ライダーが勝利した。@@cutter本作は、現在放送中の「仮面ライダー鎧武/ガイム」をはじめとする15人の平成ライダー、そして仮面ライダー1号をはじめとする15人の昭和ライダー、総勢30人のライダーたちによる対決を描く。  平成ライダーの勝利受け、現在放送中の「仮面ライダー鎧武/ガイム」で活躍中の佐野は「どちらが勝ってもいい作品だなと思います。素敵な先輩たちの胸を借りるつもりで臨んだ作品です」とコメント。  撮影中に藤岡に会ったという仮面ライダーバロンを演じる小林は、「仮面ライダーは無限の可能性を秘めている。若い君たちがその新たな可能性を未来へと伝えていって欲しいといっていただいた」と撮影時の貴重なエピソードを披露した。  一方、柴崎監督は「いろんなライダーへの想いを詰め込んだ作品。子どもたちに強いメッセージを込めて作っている」と会場に呼びかけた。  この日、舞台挨拶の最後に登壇した藤岡は、ファン投票の結果を聞かされ、「ぼくの本心は平成ライダーに勝ってもらいたいと思っていました。イキのいい若者たちが活躍して先へとつなげって行ってほしい」と後輩たちに心からのエールを送り、「仮面ライダーは永遠に不滅だ!」と力強いメッセージを残した。第1作の放送開始から数えて43年が過ぎた今なお衰えない人気を誇る「仮面ライダー」の集大成となる本作で藤岡弘、が38年ぶりに本郷猛として仮面ライダー1号に変身。藤岡は「感動的な変身だった。体中が震えた」と述懐。  これまでもライダー同士の対決は描かれてきたが、どれも勝敗をはっきりと描くことは無かった。今作では『勝ち負け』にこだわり、平成ライダーが勝つバージョンと昭和ライダーが勝つバージョン、2つのエンディングが用意されていたが、ファン投票で勝利した平成バージョンが上映される。  映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は公開中

  • 仮面ライダーディケイド演じる井上正大にインタビュー!

    井上正大「藤岡さんと闘ったとしても負けたくない」平成ライダー・ディケイドが挑む

    映画

     強いのは昭和か、平成か。その答えを出すべく、新旧全仮面ライダー30人が一大バトルを繰り広げる映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』が3月29日から公開となる。そんな夢のような作品で主演を務めるのが、仮面ライダーディケイド/門矢士を演じた井上正大だ。「やはり、現場での感動はすごかった」と、今回の撮影を振り返る井上に、ライダーへの思いやライダーから得たものなど、様々なことを聞いた。@@cutter 井上が演じてきた仮面ライダーディケイドとは、“過去の仮面ライダーの世界を渡り歩く”という物語のため、クウガやアギト、龍騎、ファイズなど、多くのライダーが登場。出会ったライダーに変身したり、仮面ライダー自体を武器に変形させたりと、とにかくにぎやかな作品であった。それゆえ、「本作のキャストのみなさんとは、今回はライダーだらけですごいね、といった話になるのですが、僕はあまり感じなかったんですよ。というのも、ディケイドのときがライダーだらけで、僕がいれば、絶対にほかのライダーがいっぱい出る。だから、ライダーといえば大勢」と井上は笑う。「ただ、たくさんの仮面ライダーとは共演していても、藤岡弘、さんや半田健人さんなど、各ライダーの主役の方とお会いしたのは初めてだったので、やっぱりテンションは上がりました」。  これぞ、元祖・仮面ライダーパワーというものか。だが井上、「実は僕、スーパー戦隊派だったんですよ」と明かす。「小学生のとき、ちょうどクウガやアギトだったと思うのですが、雰囲気の暗い感じが苦手で見れませんでした。ディケイドから9年前の出来事ですから、僕は9歳くらいなんですよ。結構いい歳なのにダメでしたね…」。  しかし、運命の出来事が!「最近、思い出したのですが、中学2年生のときに文化祭で演劇をやったんです。その劇で演じたのは、僕の身長が低かったのもあるのでしょうが、“ちびっこ仮面ライダー”という役。そして、学校の先生に“ライダーキーーック!!”ですよ(笑)。当時から僕は仮面ライダーになってライダーキックをしていたんだと、不思議な縁を感じました」。  まさに、なるべくしてなったともいえる、井上の仮面ライダーディケイドだが「ディケイドがなければ、今の僕はない」と断言する井上に、当時の一番の思い出を聞いてみると、「肉離れです」との答えが返ってきた。  「アクション監督の宮崎剛さんのもと、クランクインの前に蹴りとか突きとか、アクションの練習をしていたんですが、まぁ、まったくできなくて…。そんな自分に腹が立ち、ちょっと頑張りすぎたんですよね。横蹴りをした瞬間、ハムストリングのところを肉離れしてしまって…。第1話の撮影時、歩くのもちょっとしんどかったなか、走るシーンとかをやっていたんです。あれはもう、完全に死ぬ気で走っていました」。  その怪我もあり、もっと練習を積んでアクションを! と思ったそうだが、ディケイドゆえの高い壁が。「やっぱり僕の仮面ライダーは、いろんなライダーに変身しなくてはいけないので、とりあえず基本のディケイドに変身しておく必要があるんです。そうなると、すぐに“変身!”となるため、自分でアクションをできる回数が本当に少なかった。きちんとアクションできたのは、全31話中数話だったと思います。しかも、撮影ではかっこいいアクションを目の当たりにしていたんですよ! 自分もできるようになりたいと、アクションへの思いは募っていきました」。@@separator そこで、『仮面ライダーディケイド』の放送終了後に始めたのが、格闘技テコンドーだった。「色々な格闘技があるなか、テコンドーの蹴り技が一番きれいだったんです。だから、単にやってみたいという興味を持ったし、いつか映像で使えるかなという思いもあり、テコンドーを始めました。でも、実際にやってみると奥が深くて、精神的にもタフになる。得られるものがとにかく多いんです。実際、『仮面ライダー』の撮影で使う前に、映画『テコンドー魂~REBIRTH~』になったし、もっと強くもなりたいですよね。少し前までは最強の白帯を目指していたんですが、上手くなろうと思うと、帯の色を上げないと限界があることに気づいて、今は黒帯を目指しているところです。実は、明日がその帯の試験で…。正直、今から緊張しています(笑)」。  『仮面ライダーディケイド』終了後、ますます強くなっている井上に、仮面ライダーファンの間では、ディケイド最強説がささやかれていると話すと、「ちょっと設定が強いんですよね」と井上は苦笑する。「平成ライダーは昭和ライダーと比べて、気合いで変身ではなく、機械任せみたいなところがあって。そんななかでも、ディケイドはすごい設定なんですよ。一時期僕も思っていたんです、強すぎだな、と(笑)。だから、今回の映画はちょうどいい感じに仕上がっています。そして、各ライダーの世界に旅をする感覚が、5年前よりもより一層深く、お腹が満たされるような感じがしました。ディケイドの旅はこれが本当に最後だなぁって」。  それだけ、今回の映画への満足度が高かったということだろう。しかし、エンディングの勝敗は別もの。「票とかではなく、やっぱり勝ちたい」ときっぱり。「平成ライダーとしてもそうですが、僕が生身で藤岡さんと闘ったとしても負けたくない。でも、越えられない壁みたいなものをきっと感じるんでしょうね。というわけで、平成ライダーに一票で(笑)」。(取材・文:安保有紀子)  『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は、3月29日より全国公開。

  • 「平成VS昭和」注目の劇場開票速報が発表!

    「平成ライダーVS昭和ライダー」大差をつけて平成が優勢 劇場開票速報

    映画

     映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』公開記念特番“平成VS昭和。君はどっちだ!?”劇場開票速報イベントが22日都内で行われた。@@cutter 平成ライダーVS昭和ライダーという対決が描かれる本作。その掟破りな内容もさることながら公開前から話題を集めているのが、平成勝利か昭和勝利か、といういずれかのエンディングをファン投票(インターネット投票と劇場投票の2種類で展開)によって決定するという前代未聞の試み。全国300館以上で実施された劇場投票は19日に締め切られており、この日は注目の投票状況がMCを務めたイベントプロデューサーのショッカーO野と本作のプロデューサー・白倉伸一郎氏により発表された。  開票速報を前に白倉プロデューサーは、平成ライダーVS昭和ライダーという企画に至った経緯について「そもそもは『スーパーヒーロー大戦2014』という企画をしていたのですが、『鎧武』は平成ライダー15作目ということで、昭和ライダーもちょうど15人。そこで画が浮かんできたんです」と説明。「平成ライダーが勝つバージョンも昭和ライダーが勝つバージョンも作っているので、どちらかが封印されちゃうのは勿体ないんですよね(笑)」と、どちらのバージョンも既に全国の劇場に納品済みで、今回の投票も“ガチ”で行うことも強調した。  そして注目の開票速報(開票率30%)は、北海道から沖縄まで地域別に発表されたが、なんとすべての地域で平成ライダーが昭和ライダーに大差をつけて圧倒。昭和ライダー世代のショッカーO野もこの状況に「大丈夫か!? もうちょっと健闘しろよ、昭和!」と嘆いたが、「劇場に足を運んで投票するのはちびっ子と親御さんなんですかね。でもwebでどこまで昭和ライダーが票を伸ばせるか楽しみ!」とインターネット投票が締め切られる25日まで目が離せないと期待を煽った。  映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は3月29日全国公開。

  • 映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』の完成披露試写会に出席した藤岡弘、

    初代ライダー・藤岡弘、「CGがあったら良かった」 傷だらけの当時を振り返る

    映画

     新旧の仮面ライダーたちが激突する映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』の完成披露試写会が、12日、都内で行われ、初代仮面ライダーの藤岡弘、をはじめ、井上正大、半田健人、佐野岳、板尾創路、雛形あきこらが登場し、舞台挨拶を行なった。@@cutter 初代仮面ライダー・本郷猛として約38年ぶりに変身ポーズを披露した藤岡は、「(撮影中)佐野君は自分の出番が終わったのに帰らず、私のアクションシーンを見ていてくれて、昔の自分を思い出した。その真剣な眼差しを見たときに、平成の俳優も映画界を背負っていけると思った」と最新の「仮面ライダー鎧武」役の佐野をベタ褒め。当の佐野も「生身のアクションシーンを間近で見て感動しました。カッコよくてキレキレだった」と初代ライダーの現役ぶりに舌を巻いていた。  また藤岡は「ライダー全員が集まった時は、43年間ライダーが続いていることにジーンとした。ファンの応援に対する責任も感じたし、色々な思い出が蘇った」と遠い目をしつつ「でも時代の格差を感じたね。我々はアナログ時代で体を張っていて、CGがあったら良かったなぁと思う。命綱がないのは当たり前で、傷、打撲、裂傷。撮影への恐怖があった」とワイルドな昭和時代を回想。ついには「我々は傷だらけ。後遺症を背負ってボロボロです。ワッハハ!」と豪快な愚痴で会場を沸かせていた。  平成の仮面ライダーと昭和の仮面ライダーが激しいバトルを繰り広げる本作では、勝敗の結末をファン投票で決定。この日は結末を伏せる形で本編上映が行われた。なお現在は、昭和ライダー軍団が30万票差で平成ライダー軍団を圧倒しているという。仮面ライダーディケイド役の井上は「平成はまだまだ負けていないと言いたいけれど、票を確認したら30万票差。家に帰ったら1万票くらいを平成ライダー軍団に投票したい。清き1票を」と呼びかけた。  約10年ぶりに仮面ライダーファイズを演じた半田は「カンが戻っているか不安だったけれど、話をもらってからモチベーションも上がって、現場に入ってからは10年前の続きをやっているような感覚になった」と凛々しい表情。一方、佐野は板尾が変身する仮面ライダーフィフティーンとの死闘を見どころに挙げるも「フィフティーンが印象的過ぎて、板尾さんが夢の中に出てきました。板尾さんがマフィアになって拳銃を持っていた」とトラウマになっているようだった。 映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は3月29日より全国公開

  • 強敵を打ち破ってきた、 歴代ライダー必殺技映像が公開!

    『平成ライダー対昭和ライダー』歴代ライダーたちの必殺技映像が解禁

    映画

     前代未聞のライダー対決を描いた『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』の公開を記念して、数々の強敵を打ち破ってきた、歴代ライダー必殺技映像集が解禁となった。@@cutter “平成ライダーが勝つのか、昭和ライダーが勝つのか”、映画のエンディングをファン投票によって決める、という映画業界初の試みに挑戦している本作。2月9日から公式サイト、劇場では3月1日より、投票がスタートしており、3月7日時点でWEBだけの投票数は198万票にのぼる反響ぶりだ。気になる結果発表は公開初日にて劇場で発表される。  公開への期待が高まる中、今度は平成ライダー15人、昭和ライダー15人、総勢30人の歴代ライダーの必殺技を集めた映像集が、3月7日中に公式サイトで公開される予定だ。数々の強敵たちを打ち破ってきた歴代ライダーたちの必殺技「ライダーキック」から「ナギナタ無双スライサー」まで見ることができる激アツな映像集なので、ライダーへの想いがさらに高まることは間違いない。  昭和から平成へ、世代を超えて受け継がれてきた仮面ライダーの集大成ともいえる本作。井上正大、半田健人、桐山 漣、佐野 岳、白石隼也ら若手キャストはもちろんのこと、38年ぶりに仮面ライダー1号に変身する藤岡弘、や、映画オリジナルとなる仮面ライダーフィフティーン役として板尾創路が出演するなど、ライダーファンから何かと話題を集めている。  『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』は3月29日公開。

  • 鈴村健一・神谷浩史が、映画『仮面ライダー』に出演決定!(文化放送A&G 公式サイトからのスクリーンショットより)

    人気声優の鈴村健一&神谷浩史、映画『仮面ライダー』最新作に出演決定

    アニメ・コミック

     文化放送A&Gで放送中のラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』のパーソナリーを務める鈴村健一と神谷浩史が、3月29日公開の映画『平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』にゲスト出演することが決定。文化放送A&G公式サイトで発表された。@@cutter 特撮の特撮による特撮のための同ラジオ番組のパーソナリーを務める鈴村と神谷。もちろん2人は大の特撮好きだ。さらに同番組はタイトルにもあるように“東映公認”。    鈴村と神谷が出演する映画『仮面ライダー』の最新作は、 “平成ライダー対昭和ライダー”という掟破りのライダー対決が繰り広げられるということで、ライダーファンの間で話題となっている作品。38年ぶりに藤岡弘、が仮面ライダー1号に変身するほか、仮面ライダーXの速水亮の参戦も決定している。  そんな本作で、人気声優の鈴村と神谷がどのような役を演じているのかは、公開までシークレットとのことだ。  ラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』は、文化放送にて毎週金曜日24時30分から放送中。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access