クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 関連記事

  • 水谷豊&成宮寛貴が明かす、劇場版『相棒』第3弾の裏側とは

    水谷豊は父であり、兄であり、弟!?『相棒』3代目コンビが明かす手応えとは

    映画

     ドラマはシーズン12を重ね、劇場版も第3弾が公開となる『相棒』シリーズ。『相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』では、水谷豊扮する主人公・杉下右京と、成宮寛貴扮する3代目相棒のカイトこと甲斐享の警視庁特命係のふたりが、かつてない地で難題に直面。インタビュー中も、右京とカイトを相手にしているような空気を醸し出すふたりに話を聞いた。@@cutter 「輿水(泰弘)さんの脚本は、実際に手にするまで出来上がりがまるで予測できないんです。でも今回、噂がね、流れてきたんですよ。どうも絶海の孤島に行くらしいって(笑)。そうなったら舞台のほとんどは、そこになるだろうと思っていました」と話し始めた水谷。  ハードな撮影が待つに違いないロケーション。しかし水谷は「“期待”しましたね」と続ける。「今までにないシチュエーションですから。相棒ふたりが絶海の孤島に行って、そこで何かが起きている。それもおそらく小さなことではなくて、日本の国そのものが関係するようなことが。出来上がってきた脚本は、期待を上回るものでしたよ」。  ある事故をきっかけに島に乗り込んだ右京とカイトは、それが事故ではなく事件だと気付き、さらなる大きな事実に直面する。「最初はすぐに帰るつもりだったんですよ」とカイトとしての感想を漏らす成宮。「でも右京さんが、見つけちゃったから。事件に繋がる糸口を」。水谷も右京風に「僕はティーセットしか持って行ってなかったんですけどね。着替えもなにもナシです」と応じる。本編では、孤島でも紅茶をすする右京の姿を見ることができる。  「ハブに注意と言われたり(水谷)」「スズメバチの巣を和泉監督が発見して駆除したり(成宮)」とジャングルならではの撮影エピソードが飛び出すも、「大変だとは思わなかった」と口を揃えるふたり。逆に嵐の場面では、ワンシーズンを経ての映画クランクインだったことで、相棒としての感触が芽生えていた手ごたえを感じた。  「本番でも全く豊さんの声が聞こえないんですよ。そうした状況で、あ、豊さん、いまセリフ終わったなとか、俺、いま言い終わりましたよ、みたいなコミュニケーションがありましたね」と成宮が明かすと、水谷も大きくうなずく。さらにドラマと映画を通じ、水谷は成宮の成長を感じているとも。「エピソードを重ねていくうちに、やれることが増えてくるんです。おそらく俳優さんによっては減る人もいると思うんですけど(笑)、ナリはね、増えてますよ。だからこれからも楽しみです」。@@separator 本作では及川光博演じる2代目相棒の神戸尊とカイトの対面シーンがあるのも話題。でも水谷はいたってクールだ。「神戸君は特命係を離れて警察庁へ行きました。ということは、隣のビルにいるわけですよ。だから次に劇場版ができるときには、出ることになると思うよって及川みっちゃんに言ってたんです。僕の中ではイメージがあった。だって、隣のビルですから(笑)。右京にとっては嬉しい瞬間でしたよ。顔には出しませんでしたけどね(笑)」。  そしてカイトが入ったことによってもたらされた新しい風を次のように表現した。「父が息子を見るような眼をしているときがあるって言われるんです。そんなこと、僕は意識してないんですよ。でもそれだけ『相棒』の世界観も広がったんじゃないかと。まぁ、ナリに言わせるとね。僕は兄貴にも見えるし、ときどきは弟に見えるらしいんですけど(笑)。とにかくナリは感受性というかアンテナがちゃんと備わっている俳優さん。だからカイトくんが入ったことによって広がった世界というのは、確実にありますね」。  大先輩からの言葉に成宮も、「相棒がなぜこんなにも愛され続けているのか、現場で実感しています。相棒の世界を大事にしつつ、それをぶっ壊して新しいところに形を変えていってもいい。本番ギリギリまで上を目指す姿勢とか、僕は豊さんから本当に多くのことを勉強させてもらっています。スペシャリストの集まりをまとめているのは、やっぱり豊さんなんです」と言うと、水谷は「いやいや~。もっと言って(笑)」と照れ隠ししていた。  普段は見られないジャングルでの展開に目が行きがちな本作。だが、『相棒』が社会派エンターテインメントの名作といわれるゆえんを、ジャングルではないラストのくだりにこそ感じることができる。「結論の出ない問題を扱いながらも、相棒ワールドとしての結論は出さなければいけないのが『相棒』。そのときの結論の出し方はいつも見事。今回の終わり方も、僕もナリも、脚本も監督の演出も、みんなが同じ方を向いていました」との水谷の言葉も、本編を観れば納得だ。(取材・文・写真:望月ふみ)  『相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』は4月26日より公開。

  • 水谷豊、『相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』にて

    水谷豊「相棒は本当に人気があるのかも…」 相棒イベント、2000人が大熱狂

    映画

     『相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』のプレミアムイベントが13日、都内にて行われ、主演の水谷豊、成宮寛貴をはじめ、伊原剛志、釈由美子、宅麻伸、川原和久、山中崇史、大谷亮介、六角精児、小野了、片桐竜次、山西惇、神保悟志、石坂浩二、和泉聖治監督が登壇した。@@cutter この日のイベントには2000人ものファンが集結。撮影はコツコツとした地味な作業のため、あまり『相棒』人気を実感していないという水谷だが、「でも、このようなことを目の当たりにしますと、相棒は本当に人気があるのかもしれませんねぇ」と右京節。山西も「こんなに多数ご来場いただきまして、本当にお前ら、ヒマか?」と角田課長の名台詞で、会場を相棒ワールドに包みこんだ。  本作の舞台が絶海の孤島・鳳凰島であることから、「島には行けないな…と思っていたんですが、行けました!」(山中)、「ご想像通り僕は島には行けませんでした」(神保)と島に行った行かない論争が巻き起こる一幕も。水谷は居残り組に対して「根に持っている人がいるんですね」と驚きの表情。当の本人は行きたくなかったのか、島に向かう空港で「ナリ(成宮)にもう逃げられないよ。逃げるなら今だよ!と話していた(笑)」と明かした。成宮も「ハブ注意とか、見たことがない虫がいっぱいいたりで、動物的感覚になりましたね」と過酷なロケ現場を振り返る。さらに「豊さんはポケットに(ハブ避けに)マングースを入れてました」と突っ込むと、水谷が「そうね」とポケットに手をやるノリツッコミをするなど、板についた相棒っぷりを見せた。  『相棒』誕生から14年。芸能界にもファンは多く、釈は「昔から大ファンの相棒に参加させていただいて光栄です」と満面の笑み。本日はドレススタイルで華を添えるも、劇中では軍服姿で元陸上自衛隊員役を演じる。宅間は念願の出演を果たすが「小料理屋・花の里に行くことができませんでした…」とファンならではの恨み節で笑いを誘った。  東京から約300キロ離れた絶海の孤島で起きたある事故の調査に特命係の二人が乗り出したことをきっかけに、事故調査はやがて殺人事件調査へと変貌し、やがて国の権力者たちが暗躍する得体のしれない大きな謎の真相へと突き進んでいく。  『相棒-劇場版III-巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』は4月26日より全国公開。

  • 右京さんとコナンくんが夢の共演を果たした雑誌「エンタミクス」

    杉下右京と江戸川コナンがまさかの共演!『相棒』『名探偵コナン』夢のコラボ実現

    映画

     水谷豊演じる『相棒』の杉下右京と『名探偵コナン』の江戸川コナンが、新創刊のインドアエンタメ総合誌「エンタミクス」の表紙でまさかの共演を果たした。@@cutter 新作映画『相棒‐劇場版III‐ 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(4月26日公開)と『名探偵コナン 異次元の狙撃手』(4月19日公開)の公開日が1週違いであるため、プロモーション時期が合致したという理由で、“2人の名探偵”のコラボレーションが実現した。  「エンタミクス」編集長は、今回の表紙ビジュアルのについて「コナンくん、右京さんが実際に同じ世界に居合わせた場面を想定して、まずは、それぞれの身長差をリアルに合わせ、立ち位置のバランスを詰めていきました」とコメント。  ポージングについては、多くのアイデアが出たということだが、最終的には「夢コラボを象徴しようということで、江戸川コナンの『真実はいつもひとつ!』と、杉下右京の『ひとつ、よろしいですか?』の決めポーズ交換に落ち着きました」とのこと。  表紙サンプルをもとに撮影が行われたが、水谷は自らポージングや角度を提案。レアなボーナスショットまで披露したという。  杉下右京と江戸川コナンが夢の共演を果たした「エンタミクス」は、3月20日発売。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access