クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯! 関連記事

  • 『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』で初アフレコに挑戦したヒャダイン

    ヒャダイン、アフレコ初挑戦!映画『トッキュウジャー』悪役としてゲスト出演

    映画

     夏公開の映画『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』にミュージシャンであるヒャダインのゲスト出演が決定。初のアフレコを終えたヒャダインからのコメントが届いた。@@cutter ヒャダインが演じるのは、地底から現れた悪の帝国「シャドーライン」の幹部・ナイル伯爵というオリジナルキャラクター。演技経験が全くなかったため不安を抱えながらも、自前のトッキュウ1号のフィギュアを胸ポケットに携えて収録現場に登場したヒャダイン。初めてのアフレコだったにも関わらず、持ち前の戦隊愛を前面に押し出し、トッキュウジャーとの戦いを見事に演じ切った。  収録を終えたヒャダインは「ものすごく楽しかったです。トッキュウジャーの大ファンなので、ファンの人達よりも早く劇場版の内容や映像を観ることができて、『あ、ラッキー!』って得した気持ちになりました。自分が出演、しかも悪役でトッキュウジャーをピンチに陥れるっていうのがすごく心地よかったです」とアフレコの感想を述べた。  『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』は7月19日公開。(『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』との2本立て)

  • 片岡愛之助、『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』で歌舞伎界初の仮面ライダーに!

    片岡愛之助、オネエの次は「歌舞伎風な変身ポーズ」で“歌舞伎界初”の仮面ライダーに

    映画

     「倍返しだ!」のセリフと共に、昨年大流行したTBSドラマ『半沢直樹』でオネエキャラを演じ、話題を集めた歌舞伎俳優・片岡愛之助が、今度は7月公開の『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』で“歌舞伎界初”の仮面ライダーに変身。公開アフレコを終えた片岡からコメントが届いた。@@cutter 片岡が演じるのは、「黄金の果実」を持つ最強のアーマードライダー・仮面ライダーマルス/コウガネ役。仮面ライダー鎧武と敵対する劇場版のオリジナルキャラクターで、「新しい世界を切り開く究極の神の存在」という設定だ。  “人間ではない存在感”が必要とされ、キャスティングの際は「神の雰囲気を醸し出せる風貌と目力を重視した」(武部プロデューサー)。その結果、歌舞伎俳優ならではの独特の発声と役作りで、人間ならぬ神々しい存在を見事に演じている。  今回のオファーについて「小さい頃は、仮面ライダー1号、2号、V3、アマゾンなどが好きでよく見ていました。男の子は皆、一度は変身したいと思っているはずです。僕も仮面ライダーを見て育ったので、オファーを頂いたときは喜びました。次世代の神と自負する“悪のボス”を演じますが、悪役を演じるのは楽しいです(笑)」とコメント。  ライダーの華でもある変身ポーズについては「仮面ライダー鎧武たちの変身とは違い、僕の演じる仮面ライダーマルスは“スロー”な変身で、少し歌舞伎風です。歌舞伎の雰囲気が垣間見えていれば良いなと思って演じています」と、歌舞伎俳優らしいオリジナリティを明かした。  歌舞伎界初の仮面ライダーの活躍にも注目が集まる『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』は7月19日公開。(※『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』との二本立て)

  • 『劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE(仮)』劇場版ゲスト発表記者会見 佐野岳、中山雅史

    佐野岳、憧れのゴン中山との共演に大興奮!“役者・中山雅史”は「100点満点」

    映画

     『劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE(仮)』の劇場版ゲスト発表記者会見が7日東京・JFAハウスで行われ、仮面ライダー鎧武(葛葉紘汰)役・佐野岳と、『劇場版 仮面ライダー鎧武』にゲスト出演する元サッカー日本代表・中山雅史が登壇した。@@cutter 今や夏の風物詩となった仮面ライダーとスーパー戦隊の豪華2本立て上映。今年は『劇場版 仮面ライダー鎧武』に“ゴン中山”こと中山雅史が自身の役でゲスト出演するほか、現役Jリーガーの駒野友一選手(ジュビロ磐田)と佐藤勇人選手(ジェフユナイテッド千葉)も劇中でプレーを披露するなど、Jリーグと強力タイアップすることもこの日発表された。  中山は、“憧れの存在”仮面ライダー1号のライダーベルトを装着して登場。「仮面ライダーに出演できて本当に興奮しました!まさか僕がライダーになるのかと思いましたけど、憧れの仮面ライダーに出演する以上は汚してはいけないと思いながらも嬉しかった」と喜びを語り、「中型自動二輪の免許も持っているのでサイクロンを用意してくれればサイクロンで登場してもよかったのに」と戯けて話し、報道陣の笑いを誘う場面も。  大のサッカーファンである佐野は「小さな頃に夢見ていた仮面ライダーになれて、同じく夢見ていたプロサッカー選手と共演ができて、夢が一度に叶っちゃった感じ」とJリーグとのコラボに大喜び。中山についても「小さい頃から大好きでした。ジュビロの練習を見に静岡まで両親に連れて行ってもらったこともあるくらい!」と憧れの存在を前に終始興奮気味だった。    2人の共演シーンについて、中山は「自分の未熟さを反省しました。今回は岳ちゃんに引っ張ってもらった感じですね!」と謙虚に振り返るが、佐野は「いや、僕が引っ張ってもらいました。中山さんから我が道を行く意志の強さ、前へ前へというエネルギッシュな姿勢を学びました。100点満点です!」と“役者・中山雅史”を大絶賛。これには中山も嬉しそうに「役者はそんな甘いものじゃないと思いますけど、オファーがあればね!」とまんらでもなさそうに笑顔を見せた。    『劇場版 仮面ライダー鎧武/烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE(仮)』は7月19日全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access