クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

極道大戦争 関連記事

  • 三池崇史監督×ジョージ・ミラー監督、笑顔の2ショットを独占公開

    三池崇史×ジョージ・ミラー、日米バイオレンス監督対談 笑顔の2ショット独占公開

    映画

     日本から世界に挑み続ける三池崇史監督の『極道大戦争』と、オーストラリアからハリウッドの頂点に昇りつめたジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』…日米バイオレンス映画の巨匠による最新作が6月20日より全国公開される。奇しくも、お互いが原点回帰ともいえる作品を同日公開する三池監督とミラー監督の夢の対談が実現した。@@cutter 『極道大戦争』は、“ヤクザヴァンパイア”による壮絶な戦いを描いたヤクザアクション。三池監督がデビュー4半世紀を経て、原点となる“Vシネマ・スピリッツ”を甦らせた意欲作だ。一方の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、ミラー監督が生み出した伝説的バイオレンス・アクションシリーズの30年ぶりの最新作であり、全編ノンストップでアクションが展開する超大作である。  三池監督は『マッドマックス』最新作を「痺れましたよ。こんなに面白い映画が、キャリアを重ねても作れるものなんだなと思いました」と絶賛。ミラー監督も「新たに作ったおかげで、世界中のフィルムメーカーから良い言葉をもらえたのが本当に嬉しい」と原点回帰の手応えを感じたようだ。  また、三池監督は『マッドマックス』を観て「世界中の映画人は物を作れない理由を状況のせいにできなくなった」とも。「エネルギーをがんと突きつけられたような気がしました」と続ける。ミラー監督からエネルギーを突きつけられたのは三池監督だけではなかったようで、「1週間前にスティーブン・スピルバーグから電話をもらって、今、三池監督が言ってくれたようなことを彼もすごく興奮しながら言ってた」とミラー監督は明かす。  さらに、『マッドマックス』シリーズ直撃世代だったという三池監督が、ミラー監督に向けて「最初に映画を撮りだした頃の情熱はまだあるつもりなのですが、自分で自分を焚き付けなきゃ行けないところがあるんです」と、今の自分の思いをぶつける場面も。  ミラー監督も深く頷きながら、「映画を作り始めたときは、みんな熱意と情熱だけだったからな!」と同意。その言葉に対し、三池監督は「そうなんです。今回の『マッドマックス』を観て、これから映画を続けるには、辞めるか原点に戻ってもう一回ゼロからやるか覚悟しなきゃいけないと思いました」と、改めて刺激を受けた様子であった。

  • 三池崇史監督、カンヌ不参加の代わりに強烈なサプライズを用意

    三池崇史監督、“極妻”女装でカンヌにお詫び 強烈サプライズ映像にファン熱狂

    映画

     三池崇史監督最新作『極道大戦争』(6月20日公開)が、現在開催中の「第68回カンヌ国際映画祭 監督週間」へ正式招待を受け、現地時間5月21日20時30分に公式上映を実施。今回、映画祭の参加が叶わなかった三池監督は、“世界のMIIKE”を待ち望む映画ファンへ向け、“極妻”風の女装でサプライズ動画を用意した。@@cutter スケジュールが折り合わず、映画祭へ参加できなかった三池監督は、カンヌと世界の映画ファンへ向け、強烈なサプライズメッセージを撮り下ろした。黒の留袖に女鬘とメイク、という完璧な女装を施した三池監督。番傘と“たかし”の名入りのちょうちんを携え、カメラの前で「お集りの皆さん、こんばんは。監督の三池崇史です。今日は極道大戦争にお集りいただき、本当にうれしく思います」と挨拶する。  「本来ならば、そちらにいってご挨拶しなければいけないのですが、私、今年のはじめから、富士山の麓で芸者をはじめまして、いろいろ忙しくそちらへ伺うことができません。いよいよ来週はシリコンをいれる予定です」と、女芸者になりきりコメント。映画祭への参加が叶わなかったことを三池流の演出でお詫びし、カンヌに駆けつけたファンを熱狂の渦に。    また、公式上映の舞台挨拶は、三池監督のサプライズメッセージからはじまり、謎の刺客・マッドドックとして本作に登場するインドネシア俳優ヤヤン・ルヒアンのほか、本作で着ぐるみとは思えない壮絶アクションを繰り広げるKAERUくんが登壇し、会場を沸かせた。  『極道大戦争』は本作は、“ヴァンパイアに噛みつかれた者は、次々とヤクザ化してしまう”という設定の完全オリジナルストーリー。ヤクザヴァンパイアとなった主人公・影山亜喜良を市原隼人が演じる。

  • 『極道大戦争』の坂口茉琴

    現役女子高生がパンチパーマ、三池崇史監督の『極道大戦争』で壮絶アクション

    映画

     映画『TOKYO TRIBE』の本格アクションで話題を集めた女優・坂口茉琴が、三池崇史監督、市原隼人主演映画『極道大戦争』でパンチパーマ姿となり、壮絶なアクションを披露している。親を無残に殺害されたことで、ヤクザヴァンパイアとなって復讐するマサル役を演じる。@@cutter 坂口は、『TOKYO TRIBE』でアクション監督を務め、戦劇者・坂口拓とは血縁にあたることでも有名な匠馬敏郎の元でトレーニングをしていたところを園子温監督に見出された逸材。今年3月で高校を卒業したばかりだが、2014年4月~5月にかけて撮影された本作では、当時現役女子高生ながらパンチパーマで壮絶アクションを披露した。また、パンチパーマは三池監督が行きつけの床屋で仕立てたとのこと。  坂口は「パンチパーマをあてるという貴重な体験をさせていただき、感謝するばかりです。初めて自分のパンチパーマを触った時は女ながらも興奮してしまいました」とはしゃぎつつ、「ビシッと決めた自分の頭に負けないように気合いを入れて挑みました。アクションシーンでは三池監督やアクションチームGocooさんのおかげで、楽しくアクションすることが出来ました。パンチパーマ姿の自分をたくさんの方に見ていただきたいです」と振り返っている。  本作は、“ヴァンパイアにかみつかれた者は、次々とヤクザ化してしまう”という設定の完全オリジナルストーリー。映画『極道大戦争』は6月20日に公開。

  • 『極道大戦争』 成海璃子、リリー・フランキー、高島礼子らの出演も発表

    成海璃子、『極道大戦争』で10年ぶりの三池組!『極妻』高島礼子も“若頭”役で出演

    映画

     三池崇史監督と市原隼人がタッグで贈る最新作『極道大戦争』が6月20日に公開決定。さらに、既に出演が発表されていた市原、ヤヤン・ルヒアン以外のキャスト情報も解禁となった。『妖怪大戦争』以来10年ぶりの三池組参加の成海璃子をはじめ、三池組初参加のリリー・フランキー、同じく初参加であり『極道の妻たち』以来10年ぶりの極道映画出演の高島礼子ら個性派俳優陣が名を連ねている。@@cutter 本作は、“ヤクザヴァンパイアに噛みつかれた人間は、次々とヤクザ化してしまう”という斬新な設定のオリジナルストーリー。三池監督が初心に戻って挑んだ”三池節”全開の極道エンターテイメントだ。市原は、敏感肌ゆえ刺青も入れられない半端者の極道であったが、ある日“ヤクザヴァンパイア”として生きることになる影山亜喜良を演じる。  そして、影山の覚醒を支えるヒロイン・杏子には成海璃子。組長、ヴァンパイア、史上最強という三拍子揃った最強のヤクザ・神浦玄洋にはリリー・フランキー。そして、性別度外視の大抜擢で、神浦組の若頭役を務めるのは高島礼子。ほか、青柳翔(劇団EXILE)、渋川清彦、優希美青、ピエール瀧、でんでんらの出演も決定している。  成海は「10年ぶりに三池組へ参加できて嬉しいです。ヤヤン・ルヒアンさんのファンなので共演できて光栄でした」と話す一方、「私はヤクザ化しなかったので、すこし寂しかったです」と漏らす場面も。また、女性ながら若頭役で異例抜擢となった高島は「現場に入ってしまったら、男が演じるか、女が演じるかはたいした問題ではないんだと気づきました。全てが初体験でとても楽しませていただきました」と振り返った。

  • 市原隼人とヤヤン・ルヒアンが一触即発!『極道大戦争』初スチール公開

    市原隼人がヤヤンにメンチ切り! 三池崇史最新作『極道大戦争』初スチール公開

    映画

     日本を代表する映画監督の一人である三池崇史が、強い個性と演技力を兼ね備えた人気俳優市原隼人とコンビで挑む最新作『極道大戦争』。既に、『ザ・レイド』で世界のアクションファンを唸らせたヤヤン・ルヒアンの出演が報じられていたが、遂に初スチールが公開。市原とヤヤンが一触即発で睨み合う“戦闘寸前”の状態が映し出されている。@@cutter 『極道大戦争』は“ヴァンパイアに噛みつかれた者は、次々とヤクザ化してしまう”という設定の、昨今の日本映画では珍しい、原作なしの完全オリジナル作品。  そんな本作の世界セールスが、先日のカンヌ映画祭を皮切りにスタート。カンヌ国際映画祭の業界紙「Screen Daily」では1面を飾り、世界の注目度を実証した。「三池崇史×ヤクザ×ヴァンパイア」というインターナショナルに強い柱に、早い段階から各国が注目し、すでに大手会社からもオファーが殺到している。  今回解禁された初公開スチールは、敏感肌ゆえに刺青が入れられないハンパヤクサの主人公・影山(市川)と、インドネシアからの刺客“狂犬”(ヤヤン)との、鬼気迫るアクション直前カット。  器械体操の経験から、もともと備わった身体能力にさらに磨きをかけ、目を見張る肉体改造を遂げた日本代表の市原。対するは、前作に引き続き『ザ・レイド GOKUDO』で世界のアクションファンの度肝を抜いたインドネシア代表のヤヤン。両者の鍛えぬかれた鋼のような身体、戦闘モード全開の眼光に、すでに日本映画の枠を超える空気が漂う。  三池監督の原点にして真骨頂・ド迫力アクション、その死闘の果ての結末とは。果たして、人類は生き残れるのか…。『極道大戦争』は2015年公開。

  • インドネシアの格闘術・シラットの達人、ヤヤン・ルヒアンの出演決定!

    『ザ・レイド』ヤヤン・ルヒアン、三池崇史監督×市原隼人主演『極道大戦争』に参戦

    映画

     主演・市原隼人×監督:三池崇史のタッグによる世界初の極道ヴァンパイア映画『極道大戦争』の新キャストが発表された。最強の敵の一人を、『ザ・レイド』のヤヤン・ルヒアンが演じる。@@cutter 『ザ・レイド』で魅せたインドネシアの格闘術・シラットで世界のアクションファンの度肝を抜いたヤヤンが、三池作品ならばと緊急来日。前作に引き続き出演した『ザ・レイド GOKUDO』(11月14日公開)のギャレス・エヴァンス監督が三池監督の熱烈なファンで、監督からも本作への出演をすすめられたという。  ヤヤンが演じるのは、全身が凶器の野性味溢れる殺し屋、通称・狂犬。狂犬は、伝説のヤクザ・神浦を八つ裂きにする国際レベルの殺し屋であると同時に、主人公・影山(市原隼人)の宿敵となる存在だ。完成された肉体に狂犬の刺青を身にまとった姿は、もはやアートの粋を超えている。アクションファンならずとも世界に強烈な印象を与えるに違いない。  ヤヤンは「今回、日本映画に初めて参加させていただきました。そして、三池監督作品に関われたことに感謝いたします。三池監督は、とても有名で大きな監督で、やはり、大きな方はやることも大きいと実感しました」と喜びのコメント。「インドネシアでは、アクション俳優は自分でアクションの振り付けをつくって、振付を練習して、覚え現場で演じるのですが、現場でどんどん変わっていく三池監督の演出方法は初めての体験で楽しかったですし、最高の経験になりました」と“三池組”での撮影にも満足したようだ。  超本格アクションエンターテインメント『極道大戦争』は2015年 公開。

  • 三池監督最新作『極道大戦争』で、市原隼人は極道ヴァンパイア役に挑戦!?

    三池崇史「サヨナラ、退屈な日本映画」 市原隼人と極道ヴァンパイア映画に挑む

    映画

     コメディからホラーまで幅広いジャンルの映画を手掛け、世界が注目をする映画監督・三池崇史と、強い個性と演技力を兼ね備えた人気俳優・市原隼人。この2人が極道ヴァンパイア映画『極道大戦争』でタッグを組むことがわかった。@@cutter 『極道大戦争』は“撃たれても刺されても、死なないという伝説のヤクザの親分は、実はヴァンパイアだった!”という設定の、昨今の日本映画では珍しい、原作なしの完全オリジナル作品。ヴァンパイアに噛みつかれた者は、次々とヤクザ化してしまう衝撃展開の脚本は、三池組の元・助監督で、最近では映画『猫侍』の脚本・監督を務めた山口義高が担当。  主演を務める市原は、伝説のヤクザに憧れて極道に入ったものの、敏感肌で刺青が入れられない主人公・影山亜喜良を演じる。市原は、本作のため肉体改造に挑み、国内俳優の枠を超えた超本格アクションに挑む。  市原は本作に対し「こんなにクレイジーで展開が予想できない作品は初めてです。まさにエンターテイメントの真髄といえる作品に参加、そして尊敬する三池組に参加させて頂き、挑戦する場を与えてくださる事に心より感謝し、現場で暴れたいと思います」と気合十分のコメント。  一方、三池監督からは「サヨナラ、軟弱で退屈な日本映画。誰も望んではいませんが、勝手に初心に戻って大暴れです!…ごめんねみんな、クランクアップまで生き残ろうね」と自由奔放な演出が期待できそうな発言も届いた。  三池監督が原点回帰を誓った、超本格アクションエンターテイメント『極道大戦争』は2015年公開予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access