クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

岸辺の旅 関連記事

  • 柳楽優弥&村上虹郎、今後はコメディにも意欲

    柳楽優弥&村上虹郎、TAMA映画賞特別賞を受賞 今後はコメディにも意欲

    映画

     19日、都内で第8回TAMA映画賞授賞式が行われ、小泉今日子が最優秀女優賞を、村上虹郎が特別賞&最優秀新進男優賞を受賞。『ふきげんな過去』で主演を務めた小泉は「面白い映画ができた」と振り返り、『オーバー・フェンス』出演の村上は「人を笑かせる役柄に出会ってみたい」と今後の抱負を語った。当日は、最優秀男優賞のオダギリジョー、最優秀女優賞の蒼井優らも登場した。@@cutter 本授賞式は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。二階堂ふみと共演した映画『ふきげんな過去』で最優秀女優賞に輝いた小泉は、「あまり見たことのない、でも面白い映画ができた」とにっこり。満員の会場に向かっては、「映画を観る人たちがたくさん育ってくれると、私たちもやることが増えると思う」と笑顔で語った。  映画ファンを魅了した事象に対し表彰される特別賞を、『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督、柳楽優弥と共に受賞し、個人では最優秀新進男優賞を獲得した村上は、「寡黙な役やうぶな役が多い」と自身の現状を分析。「コメディや笑いのユーモアにまだ触れたことがなくて、人を笑かせる役柄に出会ってみたい」と目標を明かし、「脳みそが少しおかしい人を、しっかり演じ切っていきたい」と今後は過激な役への意欲も明かした。  同作で村上と兄弟役で共演した柳楽は「日本の映画祭で授賞式に参加するっていうことが初めで、日本で俳優をやらせていただきたいと強く思っていたので、本当にうれしいです」と白い歯を見せ、「(今後は)ラブコメに出ていきたい」と話して笑いを誘った。また、『ディストラクション・ベイビーズ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』等に出演し、最優秀新進女優賞に輝いた小松菜奈は、「ハッピーな役を演じるのも楽しいんですけど、暗い役を演じるのが面白くて」と話し、「犯罪者とか、本当に救いようがない役をこれからやっていきたい」と目を輝かせた。 主な受賞結果は以下の通り。 <最優秀作品賞>『オーバー・フェンス』/『団地』 <特別賞>『ディストラクション・ベイビーズ』/『ジョギング渡り鳥』 <最優秀男優賞> 三浦友和(『葛城事件』『64‐ロクヨン‐』) オダギリジョー(『オーバー・フェンス』『FOUJITA』) <最優秀女優賞> 小泉今日子(『ふきげんな過去』) 蒼井優(『オーバー・フェンス』『岸辺の旅』『家族はつらいよ』) <最優秀新進監督賞> 前田司郎(『ふきげんな過去』) 小泉徳宏(『ちはやふる‐上の句‐』『ちはやふる‐下の句‐』) <最優秀新進男優賞> 若葉竜也(『葛城事件』) 村上虹郎(『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』『さようなら』) <最優秀新進女優賞> 松岡茉優(『ちはやふる‐下の句‐』『猫なんかよんでもこない。』) 小松菜奈(『ディストラクション・ベイビーズ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』『バクマン。』『ヒーローマニア‐生活‐』)

  • 『岸辺の旅』深津絵里&浅野忠信インタビュー

    深津絵里&浅野忠信「きっと面白いものができる」似た感覚の二人が描く究極の夫婦愛

    映画

     3年にわたる失踪から突如、妻のもとに戻り、「俺、死んだよ」と告げた夫。そこから夫が過ごしたときを辿る最後の旅が始まった。カンヌ国際映画祭ある視点部門にて日本人初の“監督賞”に輝いた黒沢清監督作『岸辺の旅』。黒沢監督が愛を柱に据えて描いた本作で妻・瑞希と夫・優介に扮した深津絵里と浅野忠信は、初めて本格的な共演を果たした。@@cutter 「黒沢監督と仕事ができるのはもちろんですが、相手が深津さんだというのも、やりたいと思う大きな原動力でした」と浅野。続けて「やっぱり、可愛らしいですからね。深津さんみたいな可愛らしい人にそばにいてもらったら、単純に嬉しいですよ」とはにかみながら、「同世代に向けた映画をしっかり作れるチャンスだと思いました。黒沢監督と深津さんだったことで、スタート地点から普段より高い場所から行けた気がします」と明かした。  深津は過去作で少しだけ共演した際に、こんな印象を抱いたという。「すごく自分と似た、近い感覚を持った俳優さんだと感じたんです。作品と自分との温度というか、バランスというか。今回、夫婦というとても密で、ふたりの空気がすべてを物語るような作品だったので、浅野さんとだったら、きっとおもしろいものができるなと」。  死んだ夫との旅……。これまでの黒沢映画にはない、究極の夫婦“愛”を見つめた作品だが、同時に濃厚な黒沢色も持ち合わせているのも本作の魅力だ。黒沢組初参加の深津は、「淡々とした穏やかな人柄で、監督というよりは先生やお医者さんのような佇まいなんです。でも内側にはものすごく熱いものを持っていらっしゃる」と心証を語り、「撮影現場に行くのが楽しくて仕方なかった」と振り返る。  そして「台本から自分なりになんとなく想像して現場に入るんですけど、まったく違うことが待っている。それがとても楽しくて。毎回、すごく高い崖から、『じゃあ、今日はここから飛んでみようか』と言われている感じでした(笑)。この仕事を始めた頃に戻った感覚でしたね」と、心から嬉しそうにほほ笑んだ。@@separator 12年ぶりに黒沢監督と組んだ浅野は「現場ではそんなに変わったとは感じなかったんですけど、出来上がった作品を観て、やはりこれだけ愛を見つめたものを撮られたことは大きいと感じました。それから最初に完成作を観たときは、正直、音楽に違和感を覚えたんです。でもそれも監督の意図だと分かり、監督のチャレンジと強さを感じて心を打たれました。優介役は、僕の中では結構しんどい作業でした。でもしんどい時間を過ごしただけの作品になったと思っています」と、こちらも充足の笑みを見せた。  ちなみに劇中には、深津と蒼井優扮する女性がぶつかり合う場面があるのだが、深津が「ほかのシーンはもしかしたら瑞希の空想かもしれないけれど、あのシーンはすごく現実的でおもしろかったですね」と述懐すると、浅野は「あそこを見ると、みっちゃん(瑞希)を大切にしなくちゃいけなかった理由がよくわかる。しかし、あんなことが起こっていたんだなぁ」と優介目線でしみじみ語り(気になる人は本編で確認を)、深津を笑わせていた。(取材・文・写真:望月ふみ)  『岸辺の旅』は10月1日より全国ロードショー。

  • ちょっぴり大人になった?本田望結、初主演映画『ポプラの秋』予告編解禁

    本田望結、初主演映画『ポプラの秋』予告編解禁! 少し大人になったピュアな魅力

    映画

     『夏の庭―The Friends』『岸辺の旅』の湯本香樹実によるロングセラー小説を、テレビドラマ『家政婦のミタ』などで知られる本田望結の初主演で映画化した『ポプラの秋』の予告編が解禁となった。本田が演じるのは大好きだった父を失い、傷づいた心を抱えてポプラ荘に引っ越してきた少女・千秋。天国に手紙を届けることができるという大家のおばあさんに出会い、次第に心癒されていく姿を描いた感動作だ。@@cutter 原作は、1997年に発表されて以来、アジアのみならず、アメリカ、ヨーロッパなど世界10ヵ国で翻訳・出版され、言葉や文化の壁を越えて愛されている心温まる小説。映画化への期待が高まる中、今回公開された予告編では、手紙を通して描かれる“人と人とのつながり”を、本田が透明感あふれる演技と彼女にしか出せないピュアな魅力を存分に発揮。人気子役から女優へと成長を感じられる映像となっている。  共演は、ポプラ荘の大家のおばあさんに映画出演100作以上の大ベテラン中村玉緒、夫を失い深く傷ついた母親役に大塚寧々。監督は、2014年に公開された『瀬戸内海賊物語』で少女たちの冒険を生き生きと描いた新鋭・大森研一が務めている。  また、音楽は『さよならドビュッシー』で俳優デビューを果たし、本作にも大人になった千秋の元彼役で出演している清塚信也。さらに主題歌「少しだけ」を歌うのは、先日、スポーツトレーナーとの結婚を発表した持田香織で、その歌声が本作に深く感動的な余韻を残してくれる。  映画『ポプラの秋』は9月よりシネスイッチ銀座ほか全国公開。

  • 浅野忠信&深津絵里、スタイリッシュに2ショット

    カンヌ参加の浅野忠信&深津絵里、“めっちゃかっこいい” 2ショット披露

    映画

     映画『岸辺の旅』で、第68回カンヌ国際映画祭に招待された浅野忠信と深津絵里のスタイリッシュなツーショット写真が、浅野のインスタグラムで公開され、ファンから絶賛の声が挙がっている。@@cutter 『岸辺の旅』上映終了後、場外でも拍手喝采を巻き起こる異例の評価を受け、話題となった2人。写真は何の目的に撮影されたかは明かされていないが、抜群のスタイルでスーツを着こなす浅野と、伏し目の深津は洗練された大人の雰囲気を醸し出している。  これを見たファンからは「お2人めっちゃかっこいい」「カッコよすぎ」「画になります」「なんてカッコイイの!この写真大好き」とのコメントが寄せられている。

  • 『岸辺の旅』カンヌ国際映画祭での様子

    カンヌデビューの深津絵里、異例の大喝采に感無量「夢の中にいるよう」

    映画

     開催中の第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式招待された『岸辺の旅』が、現地時間17日に公式上映を実施。W主演の深津絵里と浅野忠信、黒沢清監督がレッドカーペットと舞台挨拶に登場した。上映終了後には、異例の場外スタンディングオベーションも巻き起こり、カンヌに初参加した深津は感無量な様子であった。@@cutter 深津と浅野がレッドカーペッドに登場すると、観客からは大きな声援。そして世界各国から集まった100台以上のカメラのフラッシュがいっせいにたかれ、「クロサワ!フカツ!アサノ!」のコールが。上映終了後には、場内でのスタンディングオベーションのみならず、会場外でも5分以上の熱いスタンディングオベーションが続くという異例の大喝采が巻き起こった。  深津は、「レッドカーペッドは、とても緊張しました」と振り返りつつ、「たくさんの方にとてもあたたかい拍手を頂き、撮影中も夢の中のようでしたが、まさに今日も夢の続きにいるかのような気持ちになりました」と万感の思いを口にする。   浅野も「上映後にあんなに多くの拍手を頂けて、すごく嬉しかったです。多くの方に作品を気に入って頂けて、映画の愛が伝わったと感じました」と喜びを語った。  『岸辺の旅』は、2010年発表の同名小説を原作に黒沢監督がメガホンを取ったラブストーリー。3年間“失踪”していた夫・優介(浅野)が、突然帰宅した。そして誘われるまま一緒に旅に出る妻・瑞希(深津)。それは夫が失踪していた間、世話になった人々を訪ねていく旅だった。優介は、なぜ突然帰ってきたのか。そして、瑞希に伝えたいこととは…。  『岸辺の旅』は10月1日より全国ロードショー。

  • 世界が期待する黒沢清監督最新作『岸辺の旅』。浅野忠信と深津絵里が夫婦役でW主演を務める。

    深津絵里×浅野忠信『岸辺の旅』で初の夫婦役!名匠・黒沢清監督の最新作

    映画

     深津絵里と浅野忠信がW主演を務める映画『岸辺の旅』が、世界的に高い評価を受ける黒沢清監督によって映画化されることが決定した。深津と浅野は本作で、初の夫婦役を演じる。@@cutter 3年間“失踪”していた夫・優介(浅野忠信)が、突然帰宅した。そして誘われるまま一緒に旅に出る妻・瑞希(深津絵里)。それは夫が失踪していた間、世話になった人々を訪ねていく旅だった。優介は、なぜ突然帰ってきたのか。そして、瑞希に伝えたいこととは…。  モントリオール世界映画祭最優秀女優賞を受賞した深津と、ハリウッド映画でも活躍が著しい浅野という、国際的に活躍する2人が初の夫婦役で、“究極の夫婦愛”を演じる。  本作が黒沢監督との初顔合わせとなる深津は「ただただ楽しみです。監督の思い描く、独特な世界にどーんと飛び込みたいと思います。そして自分でも驚くほど似た者同士な浅野さんとの夫婦役。このステキなめぐり合わせを大切にして私たちなりの夫婦になれたらと思います」と意気込みを語る。  12年ぶりに黒沢監督作に出演する浅野は「変わらない演出と今までとは違う、今の監督だけにある想いを感じていきたいです。そして、強烈な存在感を放っている、深津さんとの共演。普通の夫婦役とは違う距離感を保ちながら、深津さんに頼っていければ良いと思っています」とコメント。  撮影前にも関わらず、フランスの老舗配給会社「Diaphana(ディアファナ)」が、異例の決断をし、2015年にフランス国内で100~150館規模での公開も予定している本作は、来年のカンヌ国際映画祭へ向けても大きな期待を集めている。  『岸辺の旅』は2015年全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access