クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

風に立つライオン 関連記事

  • 風に立つライオン』完成披露試写会に出席した石原さとみ

    石原さとみ、ケニアロケで「人生観が変わった」ハエとの格闘も良い思い出に

    映画

     映画『風に立つライオン』完成披露試写会が24日に行われ、大沢たかおや石原さとみ、真木よう子らキャスト陣が登壇。大沢と石原は、ケニアの過酷ロケを振り返りながらエピソードを語った。@@cutter 第一声、大沢は「完成したばかりのできたてほやほやの作品です。今、緊張しています。ご来場ありがとうございます」と顔をこわばらせ挨拶。石原は、「幸せな時間、人生観が変わった時間を送りました。宝物のような作品です。肩の力を抜いて観ていただければ」とアピールする。  本作は、アフリカ・ケニアで国際医療ボランティアに従事した実在の医師にインスパイアされた、さだまさしの名曲『風に立つライオン』を、大沢が発起人・主演として映画化。青年医師の活動や戦闘で傷ついた少年兵士との触れ合いが描く。日本映画史上初となるアフリカ・ケニアで約1ヵ月の大規模撮影を敢行し、長崎・五島列島でもロケを行った。  大沢は「ケニアロケは過酷でしたが、長崎では温かい人たちに囲まれ、全てがよい思い出です」と振り返り、石原も「ケニアでは、大量のハエと戦いながら撮影しました。しかも、いいシーンに限って、顔にハエが止まるんです」と当時を思い出したのか笑みを浮かべる。長崎ロケが中心だったという真木は「選りすぐられたおじいちゃんとおばあちゃんたちが素晴らしい演技をしてくれた。本当に島の方たちはよくしてくださいました」と述懐した。  最後に大沢は「とにかく皆さんに見ていただいて感じてもらうことが一番。“命のバトン”をテーマに今日まで頑張ってきました。なので、バトンを受け取って帰っていただければと思います。心を込めて作った作品なんで楽しんでください」と自信をみなぎらせていた。  そのほか、当日は萩原聖人、鈴木亮平、さだまさし、三池崇史も出席した。映画『風に立つライオン』は3月14日より全国東宝系にて公開。

  • 映画『風に立つライオン』 現在ケニアロケを敢行中

    大沢たかお、さだまさし原作映画の発起人に! 石原さとみらと共にケニアロケ敢行中

    映画

     アフリカ・ケニアで国際医療ボランティアに従事した実在の医師にインスパイアされたさだまさしの名曲「風に立つライオン」が、俳優・大沢たかおが発起人・主演として待望の映画化。大沢の熱烈なオファーにより、さだが2013年に執筆した同名小説を原作に、鬼才・三池崇監督を始め、石原さとみや真木よう子ら豪華面々が集結。現在、ケニアロケを敢行中だ。@@cutter 「風に立つライオン」とは、ケニアで医療活動に従事した医師をモデルに“かつての恋人の結婚報告に対する返信の手紙”という形で87年に発表された楽曲。同楽曲に惚れ込んだ大沢からのオファーを受け、さだが筆を執った同名小説では、主人公の関係者の証言により、アフリカで巡回医療に携わる青年医師の活動や戦闘で傷ついた少年兵士との触れ合いが描かれた。  本プロジェクトの発起人であり、遠く離れた恋人を想いながらケニアで医療活動に従事する医師・島田航一郎役を大沢が演じる。『解夏』(04)と『眉山』(07)に続き、さだ原作の映画作品に出演するのは本作が3度目となる。そしてケニアで航一郎を支える看護師・草野和歌子役に石原さとみ、日本に残してきた愛する恋人・秋島貴子役に真木よう子と、豪華共演陣名を連ねる。  大沢は「映画製作に携わる一人として、物語を映像で見てみたいし、配役があれば自分が演じたいと思っているので、さださんに原作をお願いした時に映画にしたいと話をしました」と経緯を振り返る。そして「歌から始まって小説、そして映画に至る流れって、なにかに守られているというか、なにかに後押しされているような、そんな風に感じています」と胸中を打ち明けた。  映画『風に立つライオン』は2015年3月14日より全国東宝系にて公開。現在、ケニアで順調にロケ撮影中だ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access