クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

脳漿炸裂ガール 関連記事

  • 『脳漿炸裂ガール』で主人公・稲沢はなを演じる竹富聖花

    「追い込むほど力を発揮する」 引き出しの多い注目女優・竹富聖花の可能性

    映画

     ニコニコ動画にアップされるやいなや話題となったボカロ楽曲「脳漿炸裂ガール」。この独特な世界観を持つ楽曲をモチーフにした同名小説が実写映画化される。主人公のひとりとして選ばれたのは、注目される若手女優のひとり、竹富聖花だ。最近、話題作に出演が続いている彼女の魅力を、本作の青木裕子プロデューサーに伺い紐解いた。@@cutter 楽曲を手掛けた「れるりり」が、「音楽が原作になれる」と言い現わしているように映画版は新しい試み。そんな作品の主人公に選ばれた竹富は、2011年、テレビドラマ『ヘブンズ・フラワー~The Legend of ARCANA~』でデビューを飾って以来、着実にキャリアを積んできた。  出演した近作を挙げてみると、主人公の友人役のヤンキー少女・森下絵里役を好演した『ホットロード』(14)や元気いっぱいな帰国子女・中村莉桜役に扮した『暗殺教室』(15)、“自称・学園のクイーン”の女子高生・山本沙綾役を演じたテレビドラマ『she』(15)など話題作が続く。また、大沢たかおと共演しているキリン「本搾り」のCMでは、いたずらぽく「いひ」と笑う表情がとてもかわいらしく、数秒ながら「あの子は誰?」と思わせるような存在感を残している。  映画『脳漿炸裂ガール』のキャスティングに携わった青木裕子プロデューサーも「作品ごとに印象が変わるのが何よりも魅力」だと話す。「映画『ホットロード』を観た時にいいなと思って調べたら、聖花ちゃんでした。もちろんすでにほかの作品で彼女の存在は知っていましたし、透明感のある女優さんだと気になっていたのですが、この映画で彼女だと気づかなかったのです。作品によってがらりと雰囲気を変えられる、引き出しの多い女優さんだなという印象を受けました」。@@separator 今作で竹富が演じるのは、学校中が憧れる美人で、超絶お嬢様というキャラクターの稲沢はな。監督を始め、スタッフみんなが納得するキャスティングだったそう。  「物語のキーとなる背景を背負っている役柄なので、まずは、キャラターをしっかり理解して、自分のものにしてしまう演技力があることが必要だった。聖花ちゃんなら優等生としての凛とした佇まいや信念を曲げない強さ、心根の優しさなど、複雑な心境を表現できるのではないかと思ったのです。また、聖花ちゃん演じる稲沢はなという人物は、初音ミクへのオマージュという意味合いもあり、初音ミクのトレードマークであるツインテールが似合うことも大切でした」。ニコニコ生放送で流れた現場レポートでの書き込みを見てみると、竹富が登場すると「ツインテかわいいなぁ」「声綺麗」など、ニコ動ユーザーからの反応もまずまずのようだ。  本作を手掛けたアベユーイチ監督も、「役のつかみ方に天性のものがあって、方向さえきちんと示せば確実に体現できると感じました。勘が鋭いのだと思います。また、追い込むほど力を発揮する、力がある女優さんなのだと。今後、さらに女優として開花していくのでは」と竹富の可能性を感じているよう。  監督だけでなく、カメラマンも編集マンも、作品に携わった制作スタッフみんなが女優として惚れてしまう魅力があったと言う。「また一緒にお仕事したいと思うし、期待感がある女優さん」と青木プロデューサーも彼女の才能に惚れこんだひとり。制作スタッフに好かれることも女優として大切なことではないだろうか。スターダムへの階段を着々と登っているように見える竹富聖花の活躍に今後も期待したい。(取材・文:小竹亜紀)

  • 柏木ひなたと竹富聖花のダブル主演が決定したボカロ曲の映画化『脳漿炸裂ガール』

    ボーカロイド楽曲、実写映画が続々発表 アニメ・マンガに続く“実写化”ブームになるか

    アニメ・コミック

     これまでマンガやアニメが実写化されるケースは様々あったが、ここ最近、ボーカロイド楽曲が実写化されるケースが増えつつある。昨年には『脳漿炸裂ガール』の実写化が発表されたが、ボーカロイド、それも楽曲をモチーフにした実写映画がなぜ企画されるようになったのだろうか。@@cutter ボーカロイド楽曲(以下、ボカロ曲)の実写化企画が初めて発表されたのは昨年11月のこと。作品は、ニコニコ動画で大ヒットしたボカロ曲『脳漿炸裂ガール』だ。すでにキャストも発表されており、今年夏頃の公開を予定している。また、今年の3月には、卒業ソングとして知られるボカロ曲『桜ノ雨』の実写映画が今年中に公開されると報じられた。いずれのファンからも賛否両論、さまざまな反応が飛び出している。  ここへきてボカロ曲の実写化が出始めた理由はなんだろうか。まずは、初音ミク誕生から8年が経過し、ボーカロイドのメディアミックス化が行くところまで行き着いたことが考えられる。  「実写映画」とだけ言われると疑問符が浮かぶかもしれないが、実際のところボーカロイドをモチーフにしたマンガやアニメ、ゲーム、小説、舞台などはすでに珍しいものではなくなっており、むしろ「実写映画だけがまだ手付かずで残されていた」という状況だったのだ。  ボーカロイドに馴染みのない人は、そもそも楽曲をモチーフにどうやって物語を描くのか、と疑問に思うかもしれないが、実はボーカロイドとストーリーテリングの相性は悪くない。なぜなら、ボーカロイド自体がプレーンなものだからだ。@@separator 最初にブレイクした初音ミクにしても、公式で定められていたのは見た目くらいで、性格も生い立ちも何もかもがユーザーの想像に委ねられていた。だからこそ、ユーザーは初音ミクにさまざまな物語を投影し、楽曲の中でそれを描いていったのである。  その後発売されたボーカロイドも、この路線を踏襲。ボーカロイドはプレーンな立ち位置で提供され、ユーザーが自由に二次創作する―そんな流れが自然に出来上がっていく。  そうした中、『悪ノ娘』や『カゲロウプロジェクト』など、ボカロ曲の中で物語を描いていくという手法が登場する。人気を得たこれらの楽曲はニコニコ動画を飛び出して多方面に展開し、「ボカロ曲のメディアミックスの成功例」として認知されるようになった。  「ボカロ曲が原作として成立する」のであれば、観客を呼び込める原作を血眼になって探している日本の映画業界が放っておくはずはない。マンガやゲームを原作にした実写映画は、あまりにも増えすぎたせいで、そろそろニュースとしてインパクトを与えるには弱くなってしまっている。何か新しく話題性が欲しい映画関係者にとって、ボーカロイドは期待の「新ジャンル」なのだ。  もっとも、ボカロ曲と実写映画の相性は未知数だ。ボカロ曲には熱心なファンも多く、彼らの目は厳しい。黒歴史化しないよう、しっかりした作品をつくってほしいものである。(文:山田井ユウキ)

  • 映画『脳漿炸裂ガール』柏木ひなたと竹富聖花のダブル主演が決定

    エビ中・柏木ひなた&竹富聖花『脳漿炸裂ガール』ダブル主演決定! 最強キャスト集結

    映画

     ニコ動の関連動画再生回数2500万を超え、“神曲”と称えられる大ヒット・ボーカロイド楽曲「脳漿炸裂ガール」が待望の実写映画化され、ついにキャストが発表になった。主人公の市位ハナ役には、私立恵比寿中学の柏木ひなたが、ハナとともにゲームを戦う同級生・稲沢はな役には竹富聖花が決定した。@@cutter 本作は、ニコニコ動画でアップされるやたちまちユーザーの間で大ヒットしたボーカロイド楽曲「脳漿炸裂ガール」を元にしたボカロ史上初の実写映画。2013年12月にはその世界観が書籍化され、小説「脳漿炸裂ガール」が出版されると、女子小・中・高生を中心にベストセラーとなり、シリーズ4巻の累計発行部数は30万部を突破した。  柏木と竹富のダブル主演のほか、第7回東宝シンデレラ・グランプリの上白石萌歌、『仮面ライダー鎧武/ガイム』でヒロインを務めた志田友美、D‐BOYSメンバーで映画『ガチバン』シリーズの荒井敦史、『テラスハウス』のレギュラーとして大ブレイクした菅谷哲也、『マッサン』で注目の浅香航大といった、超豪華なキャスト陣も決定した。  柏木は、「また新しい自分を発見できると思うとわくわくします!!!!この作品に出会えたのは運命だと思うのでとても難しい役ですが自分自身の挑戦だと思うので頑張ります」と意気込む。一方、竹富は「人はみんな裏があり、何かを考え、悩み、そしてまた誰かに強い思いを抱いたり、崖っぷちまで追い詰められると何をするかわからない。そういう人間の衝撃的な一瞬を映画館で味わってもらえるように集中力を高めて撮影に挑みたいと思います」と作品への思いを明かした。  撮影は3月末から開始する予定で、映画は今夏公開予定。撮影現場からのニコニコ生放送も予定されているだけでなく、ニコニコ動画で公開前の極秘企画も用意されており、話題になること間違いなしの作品といえよう。  映画『脳漿炸裂ガール』は今夏全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access