クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

GAMBA ガンバと仲間たち 関連記事

  • 『GAMBA ガンバと仲間たち』梶裕貴&神田沙也加インタビュー

    梶裕貴「日本アニメーションの底力を感じる」神田沙也加と“GAMBA”の魅力を語る

    アニメ・コミック

     児童文学『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』。1972年の刊行以来、テレビアニメ化などを通して多くの世代に愛される作品である。そして今年、構想15年、製作期間10年の歳月を経た3DCGアニメーション『GAMBA ガンバと仲間たち』の公開に合わせ、主役のガンバを演じた梶裕貴と、ヒロインの潮路を演じた神田沙也加の二人に、作品のみどころやその世界観にまつわる思いを語ってもらった。@@cutter 作品の完成にあたり「日本のアニメーションの底力を感じると同時に、新たな時代へ突入したんだなという感覚もありました」と感想を語る梶。「声優界を代表される諸先輩方もたくさん出演されていて、アニメファンでない方も“この声を聞いたことがある”と胸が躍る作品。親しみやすいと思います」とその印象を話す。  一方、近年は声優としての活躍も目立つ神田は「劇中のキャラたちがみんな魅力的で、その世界の中で“魂をどう込められるか?”と考えつつ演じていました」と、収録当時を振り返る。「収録前に観た映像から完成度が高く、作品内で“潮路を任せて頂いた意味”を常に頭の中で考えていましたね。完成後にはみなさんの声により迫力もさらに増していて、参加できたことへの嬉しさを改めて感じました」とのこと。  本作の映像的な特徴は、人間とは違う視点から観た世界だ。人間が目にする光景とは違った“ネズミたちから見渡す世界”については、梶は「プレスコ(収録時の口元に合わせてキャラの表情を作り上げる製作技法)で作られているので、表情ひとつひとつにも“人間味”を感じられるのが魅力」と見どころ明かす。対して、神田は「ノロイが怖すぎて泣きそうになりました(笑)」と素直な感想を吐露。「フルCGならではの艶かしさもあり、人間から見れば危険を感じるほど怖いものではないけど、魅力的な“悪役”としての存在感がオバケや幽霊より怖く描かれていました」と、悪役・ノロイが強く印象に残ったようだ。@@separator また、劇中ではノロイ一派と対峙するネズミの“仲間たち”の戦いもみどころのひとつ。現実に置き換え、“仲間に支えられている”と実感する瞬間について、「現場のマネージャーさんや作品に関わるスタッフの方々。そして、それをご覧頂く方々からのエネルギーが“今日”に繋がっているので、日々いつでも支えられていると感じています」と梶。神田は「毎日どなたかとの“出会い”がある職種でもあり、後日、他のお仕事でご一緒した時は、初めてお会いした時と異なり“今の自分はどんなことができるんだろう”と思うので、その記憶が今の自分自身へ繋がっている気がします」と答え、梶、神田ともに日々携わる多くの人に“支えられている”と語る。  最後に、劇中の冒険で憧れの“海”へたどり着いたガンバになぞらい、二人に「世界で行ってみたい場所」も訊いてみた。世界遺産を巡るのが好きだという梶は、「スペインのサグラダファミリアへ行ってみたいです。完成前にぜひ一度は足を運んでみたい場所ですね」と思いを伝え、神田は「音楽の都・ウィーンで様々な劇場を巡ってみたいです。また、最近では“アートアクアリウム”を見に行きたいんですよ。光に照らされた魚たちがどう見えるのか味わってみたいです」と、それぞれ願望を告白した。  映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は、2D版・3D版共に10月10日から全国ロードショー。町ネズミのガンバが船乗りネズミたちと共に、ノロイに率いられたイタチたちにより窮地に追いやられた島ネズミたちを救うべく、海を超えて活躍する勇気と冒険心の溢れるストーリー。(取材・文・写真/カネコシュウヘイ)

  • 橋本マナミ、梶裕貴が『GAMBA ガンバと仲間たち』先行上映会に登場 

    声優・梶裕貴、橋本マナミの悩殺ネズミ・コスプレに「直視できない」

    アニメ・コミック

     人気声優の梶裕貴が6日、斎藤惇夫の児童文学『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を劇場アニメ化した『GAMBA ガンバと仲間たち』の先行上映会に河村友宏監督と共に登壇。主人公のネズミにちなみ、子年(ねずみどし)生まれのグラビアアイドルで女優の橋本マナミがスペシャルゲストとして、ネズミの耳と尾を着けた胸元の大きく開いたミニドレスで登場すると、梶が「すごい!」と思わず叫ぶ場面もあった。@@cutter 映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や劇場アニメ『STAND BY ME ドラえもん』の映像製作会社・白組が企画15年、製作期間10年をかけて創り上げたという3DCGアニメ『GAMBA ガンバと仲間たち』。都会暮らしのネズミのガンバが凶暴な白イタチのノロイによって島を追われたネズミたちと出会い、彼らを救うために立ち上がる。ボイスキャストはガンバ役の梶のほか、神田沙也加、野村萬斎、髙木渉、野沢雅子など多彩な顔ぶれが集結。  梶は作品の上映を前に「やっと皆さんにご覧いただけるときが来たと嬉しく思います」と感慨無量の様子。自分が高校生の時に構想が始まったとのことで「声優になりたいと思っていた頃に生まれた原案の映画に自分が主人公役で関われるのは夢のような話です」と顔をほころばせて語った。  河村監督から「ガンバは梶さんしかないと思った」と言われた梶。7年前という声優としてブレイクする前から主役候補として注目されていたようで、アフレコでは「完璧だった」と監督のお墨付きをもらった。  上映会ではネズミにちなみ、橋本がグレイの胸元が開いたミニドレスで登場。「今日はガンバということでネズミを意識して、グレイのワンピースにしっぽをつけてもらいました」と橋本が説明すると、梶がつかさず「耳もついてますよね。いやぁ、ちょっとドキドキしてなかなか直視ができないといった状況であります」とかしこまって報告しつつ、どこか嬉しそう。「もう…素敵です」とニンマリしながら感想を述べた。また、橋本にガンバの声が「可愛かったですね」と言われると、梶は「すげえドキドキしています。ありがとうございます」と改まったが、始終頬が緩みっぱなしだった。  『GAMBA ガンバと仲間たち』は10月10日より2D/3Dロードショー。

  • 『GAMBA ガンバと仲間たち』梶裕貴&神田沙也加が出演決定

    神田沙也加『アナ雪』以来の劇中歌披露! 『GAMBA』キャスト発表、主人公は梶裕貴

    アニメ・コミック

     企画構想15年、製作期間10年、総製作費20億をかけて創り上げた一大プロジェクト、映画『GAMBA ガンバと仲間たち』の声優キャストが発表。主人公・ガンバ役は人気声優・梶裕貴。さらにヒロイン・潮路役として、神田沙也加が邦画声優に初挑戦し、『アナと雪の女王』以来となる劇中歌も披露する。@@cutter 観たことのない海を見に旅に出る街ネズミ・ガンバ役の梶は、「誰もが知る歴史ある作品で、錚々たる大先輩方と共演するのは緊張とプレッシャーの連続でしたが、楽しんで演じさせていただきました」とコメントし、「正義感に溢れ、常に真っ直ぐなガンバたちの姿が、子供達に夢を与え、大人達には幼い頃の気持ちを思い出させてくれると信じています」と気合十分の様子。  一方、島ネズミ・忠太の姉であり、気丈に振る舞いながらガンバ達を支える潮路(しおじ)役に扮する神田は「凄く芯が強くて、心で皆の事を引っ張っていくヒロインでもあると思うので、可愛らしさだけでなく母性も見せていければいいなと思いました」と今回の役作りについて明かし、「懸命にスクリーンを駆け回る彼らを、ぜひぜひ劇場で見守ってあげて下さい」とアピール。  都会の片隅で暮らす街ネズミのガンバとマンプクは、ある日「海は世界で一番広くて大きい」と聞き、見たことのない海を目指す旅に出る。二匹が港で船乗りネズミの宴に参加していると、そこに弱り切った島ネズミの忠太が助けを求めにやってきた。しかし船乗りネズミたちは、敵が白イタチの「ノロイ」だと聞いたとたん、勝ち目がないと逃げ出してしまう。絶望する忠太を見たガンバは、自分だけでも島ネズミを助けようと決心するが…。  映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は10月10日より2D/3Dで公開。

  • 『GAMBA ガンバと仲間たち』ポスタービジュアル(右)

    映画『GAMBA ガンバと仲間たち』24年ぶりの新映像 スリル満点の特報解禁!

    アニメ・コミック

     『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』など数多くの大ヒット作品を世に送り出してきた映像製作会社・白組によるアニメーション映画『GAMBA ガンバと仲間たち』のスリル満点の特報と、アートディレクター・森本千絵が手掛けたビジュアルが解禁となった。@@cutter 同作は、児童小説の金字塔と謳われる斎藤惇夫の「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(岩波書店)が原作のアニメーション映画。映像としては1991年の映画『ガンバとカワウソの冒険』以来24年ぶりであり、白組のトップクリエイター達が3DCGアニメーションで描く勇敢なネズミ・ガンバたちの大冒険活劇。  特報ではガンバとその仲間たちが、猫に追いかけられ、鳥や馬車に乗ったり、船で海を渡るなど、壮大なスケールとともに、ワクワクに溢れた大冒険の様子が描かれる。「仲間って、勇気」の言葉が示す通り、一人一人は小さいけれど、仲間と力を合わせて大きな敵に立ち向かう雄姿に胸が熱くなる。  さらに今回、森本千絵が本編エンドロールの企画・演出をはじめ、プロモーションのためのアートディレクション等、作品をより魅力的に観客に惹きつける演出を手掛けるコミュニケーション・ディレクターに就任。森本が手掛けるポスタービジュアルでは、藪内正幸による原作の表紙イラストをもとに、構図はそのままに新たにデザインされたCGキャラクターたちをコラージュしたビジュアルとなっている。  『GAMBA ガンバと仲間たち』が2D/3Dで10月10日全国公開。

  • 映画『GAMBA ガンバと仲間たち』 10月10日より全国公開

    『ガンバの冒険』24年ぶりに復活 「マーベル・スタジオズ」CEOを招き3DCG映画化

    アニメ・コミック

     『寄生獣』『永遠の0』を手掛けた映像製作会社「白組」が、『スパイダーマン』『アイアンマン』などで知られるプロデューサーであり、「マーベル・スタジオズ」CEOのアヴィ・アラッドをエグゼクティブプロデューサーに迎え、3DCG長編アニメーション映画『GAMBA ガンバと仲間たち』の映画化を発表。構想15年、製作費20億円をかけ、世界市場を見据えたビッグプロジェクトが始動する。@@cutter 本作は、小さなネズミたちが力を合わせて巨大な敵に立ち向かう児童小説の名作『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を、日本の映像技術を先駆ける白組が最先端の3DCG技術を駆使してアニメーション映画化した大冒険活劇。1970年代にTVアニメ『ガンバの冒険』として人気を博していた作品が、映画『ガンバとカワウソの冒険』(91)以来、24年ぶりにスクリーンに復活を果たす。  白組の島村達雄社長は、本作を製作するに至った経緯について、「95年公開のピクサー長編アニメ第1作『トイ・ストーリー』を観て衝撃を受けた。その後、息切れするかと思っていたが、『バグズライフ』『トイ・ストーリー2』と追随し、ドリームワークスも『アンツ』を発表。これ以上3DCG技術で遅れをとったら、アメリカ、特にピクサーの背中が見えなくなってしまう」と説明。  同小説を選択した理由については、企画・総監督を務める小川洋一が、「某サイトで、“ガンバを3DCGで作ったら凄いだろうな”という投稿を見て、動物のキャラクター造形や人間的な感情表現の難しさを踏まえ、挑戦したいと思いました。また、長いプロジェクトになりそうだったので、軸がブレない題材にしたかった」と明かした。  なお、監督は3DCGアニメーション映画『うっかりペネロペ』の河村友宏とPS2用ソフト『Rule of Rose』のムービーを手掛けた新鋭・小森啓裕、脚本はドラマ『リーガルハイ』や映画『寄生獣』の古沢良太が務め、世界的作曲家ベンジャミン・ウォルフィッシュが音楽を担当。ビートルズが録音を行ったことでも知られるアビー・ロード・ スタジオにて、ウォルフィッシュ自らが指揮を取り、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏を収録した。   映画『GAMBA ガンバと仲間たち』は10月10日より全国公開。声優キャストは後日発表される。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access