クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ちはやふる -下の句- 関連記事

  • 前回配信より、中央左から野村周平、広瀬すず、新田真剣佑

    今夜放送『ちはやふる -下の句-』 副音声に松岡茉優が参戦

    映画

     映画『ちはやふる -下の句-』が、今夜放送の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)にて地上波初放送される。副音声には、先週『上の句』の放送で登場した広瀬すず、野村周平、新田真剣佑に加え、新たに松岡茉優が参加し、生トーク&生配信を実施する。@@cutter 前回行われた副音声での生トークは、ツイッターで生配信され、生配信の番組終了直後の総視聴者数は51万人に上り、リプレイでの視聴を含めると91万人以上の視聴者を獲得。松岡が加わる今回は、シリーズの最新作『ちはやふる‐結び‐』に出演した天野ひろゆき(キャイ~ン)も登場し、地上波初放送となる本作について、生でトークを展開する。  『上の句』に続いて登場する広瀬は、「生放送ってこと忘れて、力を抜きすぎてました(笑)。お母さんからは『副音声聞いてるとストーリーが入ってこなかったわ!』って言われ、『でもそれくらい楽しさは伝わった』と(笑)。きっと何も変わらず、変えられず、下の句もお届けすると思います」とコメント。野村は「生コメンタリー企画、はじめての経験でしたが懐かしいシーンを見ながら3人で色んな思い出話ができて楽しかったです」と振り返り、「下の句も是非副音声を聴きながら観てくださいね!」とアピールしている。  新田は「みんなで思い出話をしながらテレビで上の句を見るというのは、映画館で見るのとはまた違う楽しみ方ができました。皆様もそれぞれの楽しみ方で下の句も楽しんでください」とメッセージを伝え、今回新たに加わる松岡は「生でコメンタリーをするからには、皆さんと一緒に居間で見ているようなわいわい楽しい時間にしたいです。撮影したのはもう3年前…。思い出話もできたらいいですね!」と期待を寄せている。  映画『ちはやふる‐下の句‐』は、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、本日21時放送。

  • 『ちはやふる ‐結び‐』ポスタービジュアル

    広瀬すず主演『ちはやふる ‐結び‐』公開日決定! 特報映像も初解禁

    映画

     広瀬すず主演の映画『ちはやふる』の続編にして完結編『ちはやふる ‐結び‐』の公開日が2018年3月17日に決定し、特報映像とポスタービジュアルが公開された。映像には、高校最後の夏を迎えた千早(広瀬)たちが、競技かるた全国大会に向けて情熱を傾ける瑞々しい姿が映し出されている。@@cutter 本作は、末次由紀による“競技かるた”を題材にした累計発行部数2100万部を超える少女コミックス『ちはやふる』(講談社)の映画化第3弾にして完結編。前作の『ちはやふる ‐上の句‐』『ちはやふる ‐下の句‐』二部作から2年後、高校3年生となった主人公・千早たちが高校最後の全国大会を目指す、瑞沢高校競技かるた部の忘れられない夏が描かれる。前作に引き続き広瀬すずが主人公・千早を演じ、幼なじみ役の野村周平、新田真剣佑らも続投する。  映像では、お馴染みの瑞沢高校競技かるた部の面々(上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希)や若宮クイーン(松岡茉優)に加えて、本作で初登場となるかるた部の新入部員・菫(優希美青)や筑波(佐野勇斗)、映画オリジナルキャラクターとなる新(新田)の後輩で準クイーンの伊織(清原果耶)、そして原作でも重要なキャラクターの一人である史上最強の名人・周防(賀来賢人)が初お目見え。さらに、部長としてかるた部を支えてきた太一(野村)が突如やめてしまう場面も。全国大会を目前に、瑞沢高校はどうなってしまうのか。  かるたが繋いだ三人の幼なじみ、千早、太一、新の最後の高校生活を描いた本作のテーマは「卒業」。ポスターでは、競技かるたの試合が始まる前に必ず詠まれる序歌「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花」(=冬の間に籠っていた花が春になったから咲いたよ)と同じように桜が咲き乱れるなか、青春全部をかけて真っすぐに前を見つめた千早が描かれている。    映画『ちはやふる ‐結び‐』は、2018年3月17日より全国公開。

  • 広瀬すず『ちはやふる』クランクアップ「心から感謝しています」

    広瀬すず『ちはやふる』クランクアップ「心から感謝しています」

    エンタメ

     女優の広瀬すずが、3日に自身のブログを更新。映画『ちはやふる -結び-』(2018年公開)のクランクアップを報告するとともに、映画の撮影時の回想や、作品への思いなどを綴っている。@@cutter 約2ヵ月の撮影の期間内に広瀬らは「みんなで今から悪さして どうか撮影を延ばせないかひたすらふざけたことを考えてた私たち そんな風に思う現場は初めてです」と充実した時間の経過を惜しんでいた様子。  「野村氏、萌音ちゃん、森永っち、矢本マンにはやっぱり特別な気持ちも生まれました この4人がいてくれたから 私は千早として生きれたし 1番最初からずっと支えてもらいました たくさん助けてもらいました いろんなものを貰いました」と役柄の中でも共演時間の長かった野村周平、上白石萌音、森永悠希、矢本悠馬の4人に対して、特別な思いを抱いていることを明かしている。  そして「3本も一緒にやった皆とここで終わってしまうのは本当寂しい というか、勿体無いよ!! なので、ちはやふる結びですけど いつか絶対ほどいてください そして、またいつか、結べばいいじゃん」と冗談っぽくも続編を望みながら、作品に関わったすべての人に向けて、感謝の気持ちを綴っている。  この記事には「すずちゃんお疲れ様でした!これからもいろんなところで活躍するすずちゃんを見続けます!」「本当に映画版『ちはやふる』も、たくさんの方々の『愛』が詰まっている作品ですよね」「瑞沢カルタ部の仲間には独特の温かい雰囲気を感じます。また一緒の作品を作れるといいですね」と広瀬をねぎらいながら、映画の公開を心待ちにする声が多く寄せられている。 引用:http://ameblo.jp/suzu-hirose/

  • 佐野勇斗、『ちはやふる』衣装でかるた取りシーンを再現? ※「佐野勇斗」インスタグラム

    佐野勇斗、『ちはやふる』衣装で全身ショット披露 「袴姿かっこいい」とファン歓喜

    エンタメ

     5人組ボーカルダンスユニット『M!LK』のメンバーであり、現在俳優として活躍中の佐野勇斗が15日、自身のインスタグラムを更新。映画『ちはやふる‐結び‐』の撮影で着用した袴姿の写真を披露し、ファンからは「袴姿かっこいい」などの反響があがっている。@@cutter 『ちはやふる‐結び‐』は、昨年公開した二部作から2年後を舞台にした物語。“競技かるた=百人一首”に情熱をかける主人公・綾瀬千早(広瀬すず)たちが、高校生最後の全国大会をめざす姿を描く。13日には、“かるたの聖地”と呼ばれる近江神宮(滋賀県大津市)にて撮影現場取材会が実施され、広瀬や野村周平ら主要キャストが一堂に会していた。  千早たちの後輩として、瑞沢高校競技かるた部へ入部する新入生・筑波秋博を演じる佐野は、「ちはやふる絶賛撮影中です 近江神宮前で!袴姿で!かるたをとってる!筑波くんです」と言葉を添えて、袴姿の写真を投稿。「生で見る近江神宮はすごいです…みなさんもぜひ一度は行ってみてくださいっ!」と感動の気持ちを綴っている。また、今回2枚の写真が投稿され、2枚目はかるたを取るシーンを再現したようなポーズを決めている。  写真を見たファンからは、「袴姿かっこいい」「めっちゃにあってるーーーーー!顔ちっちゃ!」「めっちゃタイプなんだけど! はなじでる」「勇斗くんかっこよすぎ~~」「可愛すぎか!」「めっちゃ似合うじゃん」など歓喜のコメントがあふれている。 引用:https://www.instagram.com/sanohayato_milk/

  • 映画『ちはやふる ‐結び‐』に出演のキャスト、小泉徳宏監督

    広瀬すず、『ちはやふる』続編への願い「みなさんのそばに寄り添う映画に」

    映画

     映画『ちはやふる』の続編にして完結編『ちはやふる ‐結び‐』の撮影が現在、前作同様“かるたの聖地”と呼ばれる近江神宮(滋賀県大津市)で行われており、13日に広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ほかキャストと小泉徳宏監督らへの現場取材が実施された。@@cutter 『ちはやふる ‐結び‐』は、『‐上の句‐』『‐下の句‐』2作となった前作から2年後、高校3年生となった主人公・千早たちが、高校生最後の競技かるた全国大会に熱い情熱を傾ける姿を描く。前作に引き続き広瀬が主人公・千早を演じ、野村周平、新田真剣佑らも続投する。  近江神宮は、毎年、競技かるたの頂上決戦である「かるた名人位・クイーン位決定戦」や「全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会」が開催され、前作でも多くのシーンが近江神宮で撮影された。『ちはやふる ‐結び‐』でも、名人・クイーン戦をはじめ、重要なシーンの撮影が近江神宮で行われている。  取材前に映画の無事完成と大ヒットの祈願としてお詣りをした広瀬は「10代はあと1年。(千早は)今しかできない役です。初主演をした、自分の中で大きな役であり、大きなこの作品が、みなさんのそばにずっと寄り添う映画になったらいいな、と。落ち込んだり行き詰まったりした時に、そばにいてくれるような映画になったらいいな、とお願いしました」と、同作への思いを明かした  また、再び『ちはやふる』の撮影が始まったことに嬉しさがこみあげ、興奮した様子を語る一方、新メンバーの優希美青や佐野勇斗にも「明るくてノリもいいので、すぐ打ち解けました。瑞沢かるた部が一段と大きくなったようで、二人に助けられています」と和気あいあいとした関係を築いているようだ。  野村は新キャストとして参戦する賀来賢人について「抜群の安定感があります。お芝居もプライベートも尊敬できる先輩で、周防名人が賀来さんで本当によかったと共演して思いました」と尊敬の念を抱いているよう。  また新田は、前作以後改名した自身の苗字が、役柄である綿谷新の名に由来することを明かし、「(原作の)末次先生にツイッターのダイレクトメッセージで『名字を探しているんですけど、新を使ってもよろしいですか』と聞いたら、先生から『新を使ってくださるんですか。ぜひぜひよろしくお願いします』と返事を頂きました」と、原作の末次由紀とのエピソードも披露。「日本に来て芝居を志すきっかけになった自分の中で大きな作品なので。『初心忘るべからず』という事も考えて『新田』にしました」と語った。    『ちはやふる ‐結び‐』は2018年ロードショー。

  • 広瀬すず、真剣佑『ちはやふる』続編クランクイン報告 ※写真は『ちはやふる‐下の句‐』にて

    広瀬すず、真剣佑『ちはやふる』続編クランクイン報告

    エンタメ

     映画『ちはやふる ‐結び‐』(2018年公開予定)がクランクインし、同作に出演する広瀬すず、真剣佑がそれぞれのツイッター、インスタグラムを7日に更新。クランクインを迎えた気持ちを綴っている。@@cutter 『ちはやふる ‐結び‐』は、前作から2年後、主人公・千早たちが高校3年生となり、高校生最後の競技かるた全国大会に向けて始動し熱い情熱を傾ける姿を、友情・恋愛・成長~卒業・未来の青春模様を通して描く。主人公・千早を前作に引き続き広瀬が演じ、真剣佑、野村周平ら演じる主要キャラクターも再集結する。  広瀬はツイッターで「やっとこの日が来ました。ずっと待ってた。ずーーっと。」と当日を待ちわびていた様子を明かしながら「みんなはどんな気持ちだったのかな。恥ずかしくて聞けません。でも私は、ほんと、すごく嬉しかったな」とこの日の感想を綴っている。  真剣佑はインスタグラムで、黒板に書かれた『ちはやふる』キャラクターの写真とともに「今日からちはやふる #ただいま」と現場に戻ってきたことをシンプルに綴っている。  2人のSNSには「これから撮影頑張って!またちはやふると言う映画を見れるなんて嬉しすぎる」「みんなも最高に楽しかったと思うよ!ちはやふる結び、楽しみにしてます︎」「やばいやばい!早く見たい!」「楽しみです!!おかえりなさい!」と早くも新作の公開を待ちわびる声が多く寄せられている。  引用:https://twitter.com/Suzu_Mg     https://www.instagram.com/mackenyu.1116/

  • 佐野勇斗、『ちはやふる』続編出演決定に「全力で演じ切りたい」と意気込み

    佐野勇斗、『ちはやふる』続編出演!競技の難しさを吐露するも「癖になるほど楽しい」

    映画

     5人組ボーカルダンスユニット『M!LK』のメンバーであり、現在俳優として活躍中の佐野勇斗が、2016年に公開され大ヒットを記録した末次由紀原作による実写映画『ちはやふる』の続編『ちはやふる‐結び‐』に出演することが決定。「全力で演じ切りたい」と作品にかける思いを語っている。@@cutter 続編『ちはやふる‐結び‐』は、前作から2年後を舞台にした物語。“競技かるた=百人一首”に情熱をかける3年生となった主人公・綾瀬千早たちが、高校生最後の全国大会をめざす姿を描く。出演は、前作に続き、広瀬すずや野村周平などおなじみのキャストが集結するほか、佐野をはじめ優希美青、清原果耶、賀来賢人の4人の新キャストが発表された。  本作で新たに千早たちの後輩として、瑞沢高校競技かるた部へ参加する新入生・筑波秋博役の佐野は、作品の中心である“競技かるた”については「先生方のご指導のもと、とても楽しく練習させていただいています」と、撮影に向けた近況を報告。  さらに、「上の句の最初の文字をすごく集中して聞き取らなくてはいけないので、集中力を持続させることがとても大変」とその難しさを伝える一方、「一字決まりの札を相手より早く、きれいに抜けた時のあの爽快感は癖になるほど楽しいです」と、佐野ならではの手ごたえを感じているようだ。  また、慇懃無礼な筑波というキャラクターについては「ちはやふるファンの皆様が思い描く“筑波秋博”の世界観を壊さないよう、僕なりに精一杯、全力で演じ切りたいと思います」と意気込みを語っている。  映画『ちはやふる‐結び‐』は、2018年に全国ロードショー。

  • 「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」授賞式にて

    菅田将暉、初の主演男優賞に驚き「ちょっと想像していなかったです」

    映画

     俳優の菅田将暉が、13日に都内で実施された「第26回日本映画プロフェッショナル大賞」の授賞式&記念上映に出席。初めて主演男優賞に輝いた菅田は「こうやって賞を頂けるっていうのは、ちょっと想像していなかったです」と語った。@@cutter 『セトウツミ』と『溺れるナイフ』の演技が評価されて主演男優賞を受賞した菅田は、「もうそろそろ高校生役ができなくなってきそうな僕ですけれど、今のうちにちゃんと学生服を着て、こういう賞が取れて、すごくうれしいです」と喜びのコメント。「作風は全然違いますけど、必死に、地道に、1カット1カット大切にやって、本当に良かったなと心から思います」と受賞を噛み締めた。  主演男優賞の初受賞については、「別格に重いといいますか、単純な数で言うと、助演男優賞のほうが、数の難しさがあると思うんですけど。主演以外の方が全員助演なので。でも、主演をちゃんと張るというか、真ん中にいて、お客さんの前に立てるっていうのは、やっぱりすごいことで、その中でもこうやって賞を頂けるっていうのは、ちょっと想像していなかったです。この賞に関しては。それくらい、驚きの喜びです」と感慨深そうに話していた。  菅田と共演した『溺れるナイフ』や、『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -下の句-』で新進女優賞に輝いた上白石萌音は、「2作品で、奇しくも呼び名が同じ『かなちゃん』という同じ役で、こうして賞を頂けたことを、何かのご縁に感じています(笑)」とにっこり。「新進という言葉に恥じぬように、これからも誠実に役に向き合って、お芝居をしていきたいと思います」と決意を示した。    「日本映画プロフェッショナル大賞」」は、1992年にスタートした映画賞で、既成の映画賞とは一線を画しつつ、高い評価を得た作品や個人を中心に、映画関係者30名による選考委員の投票および、実行委員会の独自の評価で贈賞を決定する。この日は、真利子哲也監督(作品賞 『ディストラクション・ベイビーズ』)、間宮夕貴(新進女優賞『風に濡れた女』)らも登壇した。

  • ​広瀬すず、かるた練習を開始!「久しぶりだなぁ」

    ​広瀬すず、かるた練習を開始!「久しぶりだなぁ」

    エンタメ

     女優の広瀬すずが、22日に自身のツイッターを更新。映画『ちはやふる』の続編に向けてかるたの練習を開始したことを明かし、ファンからは「めっちゃ楽しみ」などの反響があった。@@cutter 映画『ちはやふる』は、末次由紀による同名コミックを基に、主人公・綾瀬千早(広瀬)が競技かるたに打ち込む姿と、幼馴染の真島太一(野村周平)や綿谷新(真剣佑)と織りなす恋愛模様を描いた青春ドラマ。『ちはやふる -上の句-』『ちはやふる -上の句-』の二部作で公開され、大ヒットした。  広瀬は「よぉ、久しぶりだなぁキミ」と言葉を添えて、赤く晴れてめくれ上がった、手首のものと思しき皮膚の写真を投稿。ハッシュタグで「♯地味にめっちゃ痛いやつ♯かるた練習#始まりました♯ちはやふる」とも綴っている。  写真を見たファンからは「練習がんばれー!!ちはやふる、楽しみにしてるね」「続編めっちゃ楽しみにしてます!次も白目で寝るんですか?笑」「また袴姿のすずちゃんが見れるね」「頑張った証拠だよね」などの反響があった。 引用:https://twitter.com/Suzu_Mg

  • 柳楽優弥&村上虹郎、今後はコメディにも意欲

    柳楽優弥&村上虹郎、TAMA映画賞特別賞を受賞 今後はコメディにも意欲

    映画

     19日、都内で第8回TAMA映画賞授賞式が行われ、小泉今日子が最優秀女優賞を、村上虹郎が特別賞&最優秀新進男優賞を受賞。『ふきげんな過去』で主演を務めた小泉は「面白い映画ができた」と振り返り、『オーバー・フェンス』出演の村上は「人を笑かせる役柄に出会ってみたい」と今後の抱負を語った。当日は、最優秀男優賞のオダギリジョー、最優秀女優賞の蒼井優らも登場した。@@cutter 本授賞式は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。二階堂ふみと共演した映画『ふきげんな過去』で最優秀女優賞に輝いた小泉は、「あまり見たことのない、でも面白い映画ができた」とにっこり。満員の会場に向かっては、「映画を観る人たちがたくさん育ってくれると、私たちもやることが増えると思う」と笑顔で語った。  映画ファンを魅了した事象に対し表彰される特別賞を、『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督、柳楽優弥と共に受賞し、個人では最優秀新進男優賞を獲得した村上は、「寡黙な役やうぶな役が多い」と自身の現状を分析。「コメディや笑いのユーモアにまだ触れたことがなくて、人を笑かせる役柄に出会ってみたい」と目標を明かし、「脳みそが少しおかしい人を、しっかり演じ切っていきたい」と今後は過激な役への意欲も明かした。  同作で村上と兄弟役で共演した柳楽は「日本の映画祭で授賞式に参加するっていうことが初めで、日本で俳優をやらせていただきたいと強く思っていたので、本当にうれしいです」と白い歯を見せ、「(今後は)ラブコメに出ていきたい」と話して笑いを誘った。また、『ディストラクション・ベイビーズ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』等に出演し、最優秀新進女優賞に輝いた小松菜奈は、「ハッピーな役を演じるのも楽しいんですけど、暗い役を演じるのが面白くて」と話し、「犯罪者とか、本当に救いようがない役をこれからやっていきたい」と目を輝かせた。 主な受賞結果は以下の通り。 <最優秀作品賞>『オーバー・フェンス』/『団地』 <特別賞>『ディストラクション・ベイビーズ』/『ジョギング渡り鳥』 <最優秀男優賞> 三浦友和(『葛城事件』『64‐ロクヨン‐』) オダギリジョー(『オーバー・フェンス』『FOUJITA』) <最優秀女優賞> 小泉今日子(『ふきげんな過去』) 蒼井優(『オーバー・フェンス』『岸辺の旅』『家族はつらいよ』) <最優秀新進監督賞> 前田司郎(『ふきげんな過去』) 小泉徳宏(『ちはやふる‐上の句‐』『ちはやふる‐下の句‐』) <最優秀新進男優賞> 若葉竜也(『葛城事件』) 村上虹郎(『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』『さようなら』) <最優秀新進女優賞> 松岡茉優(『ちはやふる‐下の句‐』『猫なんかよんでもこない。』) 小松菜奈(『ディストラクション・ベイビーズ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』『バクマン。』『ヒーローマニア‐生活‐』)

  • 広瀬すず、真剣佑の誕生日にお祝いコメント

    広瀬すず、真剣佑の誕生日にお祝いコメント「真っ直ぐで純粋な まっけんのままで」

    エンタメ

     女優の広瀬すずが15日、自身のインスタグラムを更新。映画『ちはやふる-上の句-』『-下の句-』で共演した俳優の真剣佑の20歳の誕生日を祝い、「どこまでも真っ直ぐで純粋なまっけんのままでいてくださいな」とコメントした。@@cutter 広瀬は「まっけんおめでとう どこまでも真っ直ぐで純粋なまっけんのままでいてくださいな」と誕生日を祝い、「撮影がんばれー!」と映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の撮影に取り組んでいる真剣佑にエールを送った。  真剣佑は同作の撮影地であるスペインでは、山崎賢人と神木隆之介からケーキで祝われたようで、広瀬と共に『ちはやふる』で共演した野村周平からは「HBD!!!bro」(Happy Birthday. Brotherの略)とお祝いのメッセージが寄せられた。真剣佑は「みんなありがとう。Love you all.」と感謝の言葉をつづっている。  映画『ちはやふる』は競技かるたに打ち込む高校生の青春を描いた作品で、真剣佑は広瀬演じるヒロイン・綾瀬千早が恋する幼馴染・綿谷新を演じた。一方の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では、山崎扮する主人公・東方仗助の敵として登場する虹村形兆の弟・虹村億泰を演じる。

  • 広瀬すず主演『ちはやふる』の後編<下の句>のブルーレイ&DVDが発売

    上白石萌音、広瀬すずのかわいさに「永久保存版!」『ちはやふる』後編の特典映像公開

    映画

     累計発行部数1700万部を突破した末次由紀による人気コミックを広瀬すず主演で実写映画化した『ちはやふる』。前編<上の句>、後編<下の句>の2部作で公開され、合わせて30 億円に迫る大ヒットとなった。既に続編の製作も決定している本作の<下の句>ブルーレイ&DVDが19日から発売となり、セル豪華版に収録されている特典映像の一部が公開された。@@cutter 本作は、ダイナミックな“競技かるた”の魅力と、等身大の高校生たちの熱い青春群像劇を描いた作品。広瀬すず、野村周平、上白石萌音、真剣佑ら旬な若手俳優が起用されたことでも大きな話題を呼んだ。  今回、公開された映像は『ちはやふる‐下の句‐』豪華版ブルーレイ&DVDに収録されている特典映像の一部。広瀬、野村、上白石、矢本悠馬、森永悠希によるシーンセレクトコメンタリー“瑞沢高校競技かるた部編”や、真剣佑と小泉徳宏監督によるシーンセレクトコメンタリー“新編”、上白石による競技かるた解説、大阪で行われたイベントの様子や未公開シーンなど、貴重な映像が収められている。  メイキング映像や本編を見ながらトークを繰り広げるシーンセレクトコメンタリーでは、広瀬のメイキング映像を見て一同が「かわいい!」と声を揃え、上白石が「永久保存版!」と絶賛するなど、和気あいあいとした雰囲気が感じられる。さらに、真剣佑は、「ただとにかく、この作品に関われたことが幸せすぎる」としみじみと語るなど、ここでしか見られない、キャストたちの姿が映し出されている。  豪華版には、このほかにも蔵出しカット満載のブックレット“DIARY OF CHIHAYAFURU”下の句編も封入されており、こちらも見逃せない。  『ちはやふる‐下の句‐』豪華版ブルーレイ&DVDセット(価格5800円・税抜)、通常版ブルーレイ&DVDセット(価格3500円・税抜)は発売中。また、前編となる『ちはやふる‐上の句‐』のブルーレイ&DVDも好評発売中。

  • 『ちはやふる』トップパネル画像

  • 映画『ちはやふる』プチョン映画祭で上映!広瀬すずが舞台挨拶に登壇

    広瀬すず、『ちはやふる』をひっさげ韓国初訪問! 「妖精のよう」現地ファン歓喜

    映画

     広瀬すず主演、映画『ちはやふる』<上の句><下の句>が第20回プチョン国際ファンタスティック映画祭で上映されることが決まった。これに合わせ、7月23日に広瀬は、小泉徳宏監督と韓国・富川を初訪問。舞台挨拶では韓国語を披露して、会場からは終始「かわいい」という歓声が飛び交い、広瀬の魅力に韓国の観客も魅了されていた。@@cutter 本作は、コミックス累計発行部数1700万部を突破した同名青春マンガの実写映画化。前編<上の句>と後編<下の句>の二部作連続で公開され、合わせた興行収入が30億円に迫る大ヒットを記録した。  韓国・富川での舞台挨拶で広瀬は、「こんにちは!広瀬すずです。初めて韓国に来ました。おいしいお肉をたくさん食べたいです!『ちはやふる』、よろしくお願いします!」と韓国語で挨拶し、大歓声を浴びた。そして、「作品の中には日本の文化であったり、強くて美しい瞬間がすごくつまっているので、それが皆さんに伝わればうれしいですし、もっともっと(多くの)皆さんに届けばうれしいです」と話して、韓国での上映を喜んだ。  さらに、この舞台挨拶では観客とのQ&Aも行われた。演技をする上で大変だった点を聞かれた広瀬は、「原作をすごくリスペクトしているので、特に原作の有名なシーンの撮影は、(撮影現場で生まれる)その場で感じた感情を優先するのか、原作通りにするシーンなのか悩みました」と明かした。最後には自撮り棒を使い現地ファンと一緒に記念撮影も行った。  舞台挨拶では、観客からは「本当にきれいで妖精のよう!」「初めて見たけど、惚れてしまった!」など、広瀬を絶賛する声が多数あがり、大盛況のうちに幕を閉じた。  『ちはやふる』<上の句>豪華版ブルーレイ&DVDセット、通常版ブルーレイ&DVDセットは9月28日発売(レンタルは9月21日から開始)。『ちはやふる』<下の句>豪華版ブルーレイ&DVDセット、通常版ブルーレイ&DVDセットは10月19日発売(レンタルは10月12日から開始)。価格は<上の句><下の句>ともに豪華版が5800円(税抜)。通常版が3500円(税抜)。

  • ブルーレイ&DVDの発売日が発表された映画『ちはやふる』上の句と下の句

    広瀬すず主演『ちはやふる』BD&DVDが2ヵ月連続で発売

    映画

     累計発行部数1700万部突破の大人気コミックの実写化で、広瀬すず、野村周平、真剣佑、松岡茉優ら人気若手俳優の出演でも注目された映画『ちはやふる』。続編の製作も決定している本作のブルーレイ&DVDが2ヵ月連続でリリースされることが発表された。@@cutter ダイナミックな“競技かるた”の魅力と高校生たちの熱き青春群像を描いた末次由紀作の同名漫画を実写化した映画『ちはやふる』。2016年3月に前編「上の句」、4月に後編「下の句」が連続公開され、上の句・下の句合わせて興行収入30億円を記録した。  主人公・綾瀬千早役は、本作が映画初主演となる広瀬。千早の幼馴染で同じ高校に通う真島太一役には、現在放送中のドラマ『好きな人がいること』でも注目の野村。千早と太一をかるたの世界に引き込んだ綿谷新役には真剣佑、千早の永遠のライバル・若宮詩暢役には松岡、さらに上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也ら次世代を担う若手キャストが顔をそろえる。そして『タイヨウのうた』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』などの小泉徳宏監督がメガホンをとった。  今回パッケージ化されるにあたり、「通常版」「豪華版」ともに本編ディスクはブルーレイとDVDのセットに。「豪華版」には新撮映像のキャストコメンタリーや未公開シーンなどオリジナルコンテンツが満載。コメンタリーは“瑞沢高校競技かるた部編”(広瀬、野村、上白石、矢本、森永、MC:キャイーン・天野ひろゆき)と、“新編”(真剣佑、小泉監督)を収録。さらに、上白石が“競技かるた”のいろはを解説する新撮映像も収録。イベント映像集や未公開シーンなど貴重映像も見ることができる。  封入特典は、作品プロデューサーの撮影日記、場面写真やオフショットなどで映画を振り返るブックレット、さらに、「上の句」の豪華版は、初回生産限定で上の句・下の句豪華版を収納できる特製アウターケース仕様となっている。  映画『ちはやふる』のブルーレイ&DVDは、「上の句」が9月28日、「下の句」が10月19日に発売。価格は、それぞれ豪華版が5800円(税抜)、通常版が3500円(税抜)。

  • 『ちはやふる』キャストでPerfumeライブへ!

    広瀬すず、野村周平ら『ちはやふる』メンバーでPerfumeライブへ 

    エンタメ

     広瀬すずが、公開中の映画『ちはやふる』メンバーで勢揃いした写真を自身のブログで披露した。この日は本作の主題歌「FLASH」を歌うPerfumeのライブを皆で見に行ったとのことで、広瀬は「とにかく更にPerfumeさんが好きになって。1曲目がFLASHだったの。それもまたテンションMAXだよね」と興奮冷めやらない様子を綴っている。@@cutter 映画『ちはやふる』は、1200万部突破の大人気コミックスの映画化。競技かるたを題材にして、少女漫画ながらも熱いバトルや青春群像劇が描かれる。この日、広瀬が公開した写真にはキャストの野村周平、真剣佑、上白石萌音、森永悠希の姿が。広瀬は「だいすきなみんなと行けたのがまた何より楽しかった」とライブを心から楽しんだようだ。  ファンからは「あらっ、新生Perfumeですか!またみんなで会えてよかったですねー」「今日絶対いると思ってました!会いたかったな~」「おー!いい写真ありがとう」「このメンバー大好きです」「大好きな俳優さんが大好きなアーティストさんのライブに行ったって、感激すぎる」など数多くの反響が寄せられた。

  • 野村周平、『王様のブランチ』人気コーナー初登場 あの“特技”を披露!?

    野村周平、『王様のブランチ』人気コーナー初登場 あの“特技”を披露!?

    エンタメ

     映画『ちはやふる』に出演中の野村周平が、本日放送の『王様のブランチ』の人気コーナー「買い物の達人」に初登場。『王様のブランチ』公式ツイッターでは、「生活雑貨や家電など真剣にお買い物中、ナチュラルなキャラクターが炸裂でした。ボーナスチャンスでは特技を披露、要チェックです!」とツイートしている。@@cutter 『ちはやふる』公式ツイッターでも「楽しいお買い物をしつつ、あの特技を披露!?お楽しみに~」とツイート。そのツイートには、自転車のBMXと一緒にピースサインをする野村の写真も掲載。“あの特技”とはBMXのことであろうと思われる。  これらのツイートには「野村氏!これはお台場か~?わくわく!」「BMXしたんですかーー!?したんですよね!?」「周平くんイケメン過ぎて倒れる」「絶対見る~」などのコメントが書き込まれている。  『王様のブランチ』はTBS系にて毎週土曜日9時30分から放送。

  • GWは、人気コミックのアニメ&実写映画が熱い! 充実のラインナップをご紹介

    GWは、人気コミックのアニメ&実写映画が熱い! 充実のラインナップをご紹介

    映画

     待ちに待ったゴールデン・ウィーク(以下、GW)!今年は、合わせ技で10連休という人もいるのでは?旅行や帰省など長期バカンス計画のある人には、長尺の連休はありがたいが、基本、自宅に居てちょこちょこ出掛けるという人にとっては、少々時間を持て余すかも。そんな時こそ映画館!確かに混んではいるが、予めネット予約もできるし、最近は劇場数が多いシネコンが主流なので、今から間に合うプチイベントとしてはオススメ。今年は、人気コミックのアニメ・実写版がいつも以上に粒揃いなので楽しみだ。@@cutter GW恒例といえば、やはり、コナンとしんちゃん。最新劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』と『映画クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃』はもはや鉄板、文句なしの面白さ。特にコナンは、ゲスト声優史上初、黒ずくめの組織側のキャラクターを女優の天海祐希が演じ、映像もアニメの枠を超えたハードアクションが展開するなど、とにかくオープニングからラストまで度肝を抜かれる。さらに今年は、“遊☆戯☆王”連載20周年を記念して『劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』も公開され、GWの映画館はまさにアニメ戦争だ。  一方、実写版は子供から大人まで楽しめるバラエティに富んだラインナップが見事に並んだ。花沢健吾の人気コミックを実写化し、世界的映画賞を賑わしているパニックホラー『アイアムアヒーロー』(R15+)、2013年版『このマンガがすごい!』オトコ編で1位に輝いたゴキブリと人間が対決する異色SFアクション『テラフォーマーズ』は、かなりグロテスクなシーンが盛り込まれ、基本、アクション好きの男性にオススメしたいが、カップルで、わぁー!きゃあー!スキンシップをはかるのもアリ。デート映画の選択肢の片隅に入れておいていただきたい。  さらに、ヒーローアクション好きに、毛色も製作国も違う、とっておきの2本を。とにかく王道を満喫したい人には、マーベルコミックスの人気キャラクターを実写化した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。なんとキャプテン・アメリカとアイアンマンがテロ絡みで対立するというから見逃せない。王道はもういい、変化球を楽しみたい、というコメディ寄りのマニアには、人気漫画家・福満しげゆきの「生活【完全版】」を映画化した、そのものズバリ『ヒーローマニア‐生活‐』(5月7日公開)がオススメだ。小悪人を退治するズッコケ自警団のユニークな活躍に癒されること間違いなし。    最後は、広瀬すず主演の『ちはやふる -下の句-』。すでに前作『上の句』を観た人は必見だが、未見の方は、まだ上映中の劇場もあるので合わせて観るといいだろう。ただ、『下の句』単体でも、広瀬演じる千早VS. 松岡茉優演じる絶対的クイーン若宮詩暢との白熱の競技かるたシーンや、野村周平、真剣佑との胸キュンシーンも存分に楽しめる内容だ。  人気コミックの映画化、とくに実写化は、コミックファンの思い入れや愛着が強いので、賛否両論が出るのは当然。でも、観る前から否定せず、観てからみんなで感想を言い合う、あるいはきちんとレビューを書いてみる、それも一つの愛の表れ。GWはいろんな意味で、映画館で熱くなってみようじゃないか。

  • 『ちはやふる -下の句-』広瀬すずインタビュー

    広瀬すず、“自分に対してウソがない”『ちはやふる』は「千早そのもので居られた」

    映画

     映画『ちはやふる -下の句-』では、前編の『上の句』以上に広瀬すずが躍動する。むき出しの闘争心で競技かるたに挑むその姿は、まるでスポ根ドラマの主人公のように、観る者の心を奮い立たせる。この熱量はどこから来るのか?胸キュンシーンも気になるところだが、今回はあえて広瀬が魅せた激しくも美しい“カルタ・アクション”について話を聞いてみた。@@cutter 本作は、末次由紀の人気コミックを実写映画化した『ちはやふる』2部作の後編。綾瀬千早(広瀬)と真島太一(野村周平)を中心に、全国大会を目指す都立瑞沢高校・競技かるた部の奮闘をドラマチックに描く。見どころは、なんと言っても千早の前に立ちはだかる絶対的クイーン・若宮詩暢(松岡茉優)との対戦。競技かるたから遠ざかっていた幼馴染みの綿谷新(真剣佑)も福井から駆け付ける中、2人は激しい死闘を繰り広げる。  共演者たちと映画同様の絆をリアルに作ることができたという広瀬は、「このメンバーじゃなかったら、千早を(演者として)生きることはできなかった」と運命の出会いに感謝しきり。「役を演じる時“自分にウソをついてるな”って思う瞬間があるんですが、今回はそれが全くなくて、千早そのもので居られた」と振り返る。メガホンを取った小泉徳宏監督も「撮影が進まない」と呆れるほど仲が良かったというその連帯感こそが、全編に溢れ出る熱量の正体だ。  そして、日々関係性を深めていく競技かるた部の前に、クイーンを演じる松岡が合流。「茉優ちゃんはトークが上手でずっと笑わせてくれた」と語るその一方で、もはや千早として現場を“生きていた”広瀬は、競技かるたのシーンだけはリハーサルから戦闘モード。「茉優ちゃんから“すずちゃん、これテストだからね!”って言われても負けたくないので本気でいった」と苦笑い。演技とはいえガチンコ対決、現場の熱量にも押され、広瀬は「千早の根性を見せる!」と必然的に燃えてきたという。@@separator 今回、1秒間1000コマ撮影できる高性能カメラ「Phantom Flex4K」を導入し、最大の見せ場である千早と詩暢のバトルを鮮やかに捉えているが、そのハイスピード撮影に対応できたのは、広瀬の驚くほどの身体能力があったからだ。柔軟性と体重の掛け方で自分をどう支えるか、フォームにとことんこだわったという広瀬は、「構えまでは一緒ですが、取り方は人それぞれ。千早はダイナミックで男気のあるスタイルなので、取ってそのまま立ち上がり、ヤッター!みたいな(笑)。取った瞬間に足を反り上げるんですが、それがなかなか難しくて。でも、ここが一番の見どころだったので頑張りました」と胸を張った。  そもそも、外で遊ぶのが大好きだったという広瀬は、小学2年生からバスケットボールを始め、中学2年生の時には50m走で7.2秒を打ち出す俊足ぶりを発揮。「学年の女子の中で一番早かったと思います。でも、中3になって陸上部の子が6.9秒出してきて、悔しい!って思って(笑)」と、当時を思い出し悔しがる。『海街diary』のサッカーシーンも見事だったが、今回のかるたのスイングや、部員を必死に追いかけるあの走りっぷりを見ると、アクション映画で大暴れする広瀬も観てみたい。  「やりたいです!蹴ったあとに髪の毛がサァーってなる感じ、憧れます!」と、ややかぶり気味に意欲を見せる姿がなんとも微笑ましい。「試合になったらずっと戦闘モード、もう止まらないタイプ」。自ら負けず嫌いを認めるその目は、映画の中の千早そのものだった。(取材・文・写真:坂田正樹)  映画『ちはやふる -下の句-』は、4月29日より全国公開。

  • 『ちはやふる 下の句』レッドカーペットイベントの様子

    広瀬すず、松岡茉優の「会いたくない」発言に絶句

    映画

     広瀬すずが20日、新宿歌舞伎町のセントラルロードで開催された映画『ちはやふる -下の句-』のレッドカーペットイベントに登場。ファンとの交流を楽しみ、作中で綾瀬千早の敵役である競技かるたクイーン・若宮詩暢(しのぶ)を演じる松岡茉優から、「(かるたを)二度とこの子と練習したくない。もう会いたくない」と思ったことを告白されて絶句する一幕を見せた。@@cutter 本作は、累計1600万部を超える同名コミックを原作とし、競技かるたの世界を描く青春映画。映画前編にあたる「上の句」は3月19日に公開され、後編の「下の句」は29日より公開される。    今回のPRイベントには広瀬や松岡の他、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、小泉徳宏監督が出席。特設された50mの「ちはやふる・からくれなゐレッドカーペット」上で、集まったファンとの交流を楽しんだ。  千早役の広瀬は、「こんなにたくさんの方に集まって頂けるとは…。『上の句』を観て頂いたと実感できる。もったいない幸せ」と感慨深げ。カーペット上で熱心にファンサービスしていた真島太一役の野村は、「僕は恋愛シーンが多くて、すずちゃんに片思いをしてる。下の句は、それがより多く出ているのかな」明かした。  千早と戦う松岡は「1ヵ月ぐらい練習して現場に入って、詩暢ちゃんは絶対に負けないのに、すずには負けてすごく悔しかった。“二度とこの子と練習したくない。もう会いたくない”と思いました」と明かすと、広瀬は驚いた表情を見せ「ウソでしょ!? 私は会いたかった」と声をかけ、ファンから黄色い歓声を浴びた。  広瀬は最後に「どちらかと言うと下の句のほうが好きなシーンが多いです。好きなものに一途になって言葉や関係性がいっぱいいっぱいになる千早がいます。ちゃんと見守ってくれる人たちがいるからここまで頑張れるんだなと現場で感じました。千早のまっすぐな素直な思いがたくさん出ています。キラキラした10代の中で、強く美しく立ち向かっている姿が皆に届けばいいなと思っています」と話してイベントを締めくくった。  映画『ちはやふる -下の句-』は、4月29日より全国公開。

  • 『ちはやふる‐下の句‐』前売り特典のキャストオフショット

    広瀬すず、野村周平のオフショットも!『ちはやふる ‐下の句‐』限定前売特典に注目

    映画

     3月19日に「上の句」が公開される映画『ちはやふる』より、4月29日公開の「下の句」の前売特典が発表。広瀬すず、野村周平をはじめとしたキャストのお宝オフショット満載の“チームちはやふる思い出クリアファイル”内容の一部が公開となった。@@cutter 本作は、末次由紀による累計発行部数1600万部を超える大人気同名コミックの実写化作品。広瀬、野村ほか、真剣佑、松岡茉優、上白石萌音ら若手俳優陣が出演し、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生達の青春を描く。『カノジョは嘘を愛しすぎてる』など青春映画に定評のある、小泉徳宏監督がメガホンをとる。  今回発表された前売特典のクリアファイルには、「瑞沢高校かるた部」通称「チームちはやふる」のメンバーが撮影したオフショットを掲載し、出演者のお茶目な一面や素の表情を見ることができる。3月19日から発売される『ちはやふる ‐下の句‐』劇場前売券1枚購入につき、1枚をプレゼント。全国合計2万名限定となっている。

  • 野村周平&真剣佑『ちはやふる』役衣装での2ショット

    実写映画『ちはやふる』、野村周平&真剣佑の“袴姿”2ショット公開

    映画

     人気コミック『ちはやふる』の公式ツイッターアカウントが13日、実写映画版に出演する真島太一役の野村周平、綿谷新役の真剣佑の2ショットを公開。「太一と新が再会!久々の袴姿にスタッフみんな、キュンキュンしていますっ!」とコメントを添えている。@@cutter 『ちはやふる』は競技かるたを題材に、少女漫画原作ながら“熱い展開”も繰り広げられ、男性からも高い人気を誇る青春群像劇。千早と太一は、幼なじみの新に“競技かるた”と、それにかける情熱、夢を持つことを教えてもらった。しかし、家の事情で新が引っ越して離れ離れになってしまう。「新にもう一度会いたい、会って“強くなったな”と言われたい」…その想いから、高校生になった千早は、太一と共に“競技かるた部”を設立し…。  TVアニメでのヒットなどを経て、遂に二部作として完成した実写映画『ちはやふる・上の句』と『ちはやふる・下の句』。野村と真剣佑のほか、主人公・千早役の広瀬すずを筆頭に、松岡茉優、上白石萌音、矢本悠馬ら人気若手キャスト陣が勢揃いしている。  『ちはやふる・上の句』は3月19日、『ちはやふる・下の句』は4月29日に連続公開。

  • 映画『ちはやふる』広瀬すずが主演に決定

    『ちはやふる』広瀬すず主演で実写映画化! 野村周平、松岡茉優ら若手俳優も出演

    映画

     1200万部突破の超人気コミックス『ちはやふる』が2部作として実写映画化されることが決定。『海街diary』の広瀬すずが映画初主演を務め、共演者として野村周平、真剣佑、松岡茉優、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也ら、次世代を担う若手俳優たちが名を連ねている。@@cutter 『ちはやふる』は競技かるたを題材に、少女漫画ながら“熱い展開”も繰り広げられ、男性からも高い人気を誇る青春群像劇。小学校6年生の千早は、転校生・新を通じて競技かるたと出会う。幼馴染の太一も巻き込み、かるたの魅力に引き込まれていくも、卒業を期に3人はみな別の道へ。4年後、瑞沢高校に入学した千早と太一。千早は「かるたを続けていればまた会える」という昔した約束を胸に、新との再会のためかるた部を設立する。  広瀬は主人公の千早役、野村周平は太一役を演じる、小泉徳宏監督による800人以上参加のメインキャストオーディションをくぐり抜け、新役として真剣佑、その他にも、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也の出演が決定となった。さらに千早の永遠のライバル・若宮詩暢役に松岡茉優、千早が通う瑞沢高校教諭役に松田美由紀、千早の百人一首の師匠・原田役に國村隼といったキャスティングも実現した。  「家族全員で原作の大ファン」だと明かす広瀬は、原作について「千早は、身長が高くロングヘアーで、自分とは違うイメージかなと不安もありましたが、自分にも千早のような熱い部分があると感じました」と触れつつ、「千早の熱をしっかり表現し、少しでも彼女のまっすぐさ、芯の強さに近づいていきたいと思います」と力強く役作りをアピール。  また、広瀬は今回が映画初主演となるが、「あまり意識せずに、キャストのみんなと同じ場所で、小泉監督がつくる『ちはやふる』の世界でイキイキと一番輝いている千早として生きられるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。『ちはやふる・上の句』は2016年3月、『ちはやふる・下の句』は2016年4月に公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access